高さ調節のできる椅子のような物を木工を基本として、作りたいと思っているのですが、部品が見つかりません。
http://kenchiku-blog.blogspot.jp/2012/09/magis.h …
この写真のスツールの金属部分。青いスツールなら青色の部分だけ売ってたりしないでしょうか?
すばやく何度も上げ下げする必要があり、無段回調節可能なものが良いです。

木工はいろんな物を作る道具がありますので色々できますが、「すばやく無段回調節」という要求を満たす物が木だけでは作れそうにありません。

高さは普通の椅子より10cmぐらい低い位置が基本で、椅子ほど強度がなくても大丈夫です。軽い物しか乗せませんがピクリともしない安定は絶対必要です。

適合する作り方や、パーツなど 提案をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

異質な方法ですが・・・動画でも似たようなものがあります。



http://woodgears.ca/router_lift/index.html

時間を取らせましたが、この装置を組み合わせて使えば回転数で高さを間違いなく一律に決められます。

3-4個作らなければ ご要望の品物として独立しないでですが・・・

私も、同じものを作って安心してトリマー作業を楽しんでる70歳です。

また、この方のHPは数知れなく公開されていますので時間が出来れば一通り見られることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おもしろい!
でもさすがに手間がかかりすぎるので、私には無理です

お礼日時:2014/07/15 20:14

このような脚立があります。


足の4本ともに高さ調節ができます。
http://www.a-yukichi.com/index.php?module=Defaul …

簡単な構造です、これを基本に 必要な高さまで引き延ばして、ラック

http://hagurumakakou.seesaa.net/category/3247618 …

をお互いに噛み合わせて固定すれば、引き上げるだけで必要な高さにまで伸ばせる。
或いは 4本の脚にその為に付けた各ストッパーを外せば即座に元の高さに戻せる。

写真の脚立では 100kgの重量に耐えるように作られていますのでそう簡単には動かせませんが
手作りで 木工好きな方であれば簡単に作成方法が浮かぶと思います。

足になるものにラック状の切り込みを入れる
その切り込みに合わせて基本の椅子のようなものを作り それにも同じラック状の切れ込みを入れる。
それぞれ4セット作れば・・・。
ラックの間隔が狭ければ狭いほど微調整が出来る。

双方の噛みあったラッくが外れない工夫(ストッパー)は、箱状のワッカを作るか・・・輪ゴムでも必要強度から考えると外れる恐れが無いかも判らない。 強度が弱くなるが 丸棒を差し込んでもラックが動かなければ事足りる。

以上です。
後は、 質問者様の創作にお任せします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく愛が問うございます。
色々試行錯誤してみます

お礼日時:2014/07/15 20:18

自動送りつき旋盤(ウッドレース)があれば済む話だが、手工具でも木製のネジをを製作することはできる。


手間はかかるが、難しいものではない。
http://www.off.co.jp/index.php?id=4&s=11000352
ただし、荷物を載せるモノにSPFなんてヤワな木で作るのは問題外。


ネジにこだわりがないなら、自転車のサドル構造にするのが簡単。
クイックリリースのバインダーボルト形式にすれば、手早い操作が可能。
荷重がたいしてかからないのであれば、自在鉤やシーラントガンのような構造も使える。
    • good
    • 0

何に使うかの用途を示されたほうが良いでしょう。


なぜなら
>すばやく何度も上げ下げする必要があり、
 上げ下げ時に荷物が載っているのか?

>無段回調節可能なものが良いです。
 細かい微調整が必要なのか?

>高さは普通の椅子より10cmぐらい低い位置が基本で、
 で、実際には何cm~何cmの間

>この写真のスツールの金属部分。
 だとくるくる廻るし、とてもじゃないがすばやくは調製できない
 回転したほうが良いのか、しないほうが良いのか?
 また回転によって高さ変わっても良いのか?

>椅子ほど強度がなくても大丈夫です。
 実際には何kg程度。乗せたり下ろしたりするのか??(負荷が変わる)

・・・・まだまだ聞きたいこと山ほどある。何に使いたいかが一番早い
    • good
    • 0

椅子用のアジャスターボルトですね。



ホームセンターやネット通販などで販売されていますので、お使いになりたいサイズのものをお探しになると良いでしょう。

以下、参考商品です。アジャスターボルト

http://www.mekatoro.net/mechatro_parts/vol3/pdf/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家具の高さ調節器具、机の自作、高さ調節。

高さが調節できる机を自作したいと思っているのですが、天板は良いとして、足を50cm~1mくらいまでの高さ調節ができるような構造にしたいのですが、なにか良い器具はあるでしょうか?頻繁に変えると思うので、簡単に上げ下げのできるジャッキのような物があるといいのですが、
空気式のイスの高さ調節の下の部分だけなんかは売ってないのでしょうか?空気式じゃ力不足と思いますが、あげるときは自分で力を加えて助けながらでもあがればOKです。

Aベストアンサー

ご希望には添えませんが一番近いものということで
中古のドラフター(製図板)はいかがでしょうか。
高さの不足分はイスでカバーするとして

ただあまり重たいものを乗せることは出来ません。

Q木材工作「椅子の高さの調節」

こんにちは
この正月休み、木を組み合わせて子供用の椅子を製作しました。

すこし、子供には高かったので、脚を切って短くしようと思うのですが、なんとなく
・同じ長さに切れずにがたつく→さらに切る→繰り返す→とてつもなく短くなる

というようになる予感がします。

うまく高さを合わせるような技をお持ちの方いらっしゃいましたら、コツをお教えいただければ幸いです。
ちなみに椅子の形は以下のホームページに載っているイメージです^^
http://www43.tok2.com/home/loglogbear/

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

キチンと寸法を測る     <-曲尺などなら測定と線引きが同時に可能

切断する位置にラインを引く <-目分量でなくキッチリ水平に

切断する           <-墨つけ線にしたがい、真っ直ぐに切る

多少の凹凸はカンナで調整する <-カンナがない場合は、サンダー又はヤスリで削る

のこぎりなどで切断するにはある程度の幅が必要なので、微妙な幅をのこぎりでは調節できない

出来るだけ正確に切断して、削ることによる調整が少なくて済むようにする


※切断するのは忍びないので、数センチのステップを装備するという逆転の発想はできないのか?
 成長して身長が伸びれば、ステップを取り除くだけで長期間利用できる

Q木工用接着剤と木工用パテ部のオイル塗装について

木製品の塗装を初めて行いました。クリア塗装などが大変そうなのでウレタン塗装はあきらめて、オイルフィニッシュが簡単そうなので、WATOCOのオイル塗装用の塗料で木部の塗装を行ったのですが、接着剤がついている部分がうまく染まらず色が抜けた状態になってしまいました。(パテ部は色はついたがかなり違う感じ、パテで埋めたのがはっきりわかってしまう。)

オイル塗装をする場合は、接着剤を使用した部分はあきらめるしかないのでしょうか?(きれいなオイル塗装をされているものは、極力接着剤やパテを使わないように最初から作られているのでしょうか?)

接着剤とパテを使わないわけにはいかないので、きれいに塗装するには、例えば最初に水性塗料で着色してからオイルフィニッシュするなどすればきれいに仕上がりますか?

またオイル塗装以外に他に簡単な塗装方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

パテは使わないで埋め木をするべきです。前のリンクをごらん下さい。

吸い込むようなパテはありませんし、どうやったって丸見えです。
工作の時に生じた木屑を埋めてごまかすとかはありえますけれど。
どういう状態でパテが必要なのでしょうか?

オイルフィニッシュはオイルを木にしみ込ませて木の上に塗膜を作らないので一般的な塗装とはかなり違います。(図参照)
顔料の混ざったオイルで色付けを同時にすることはできます。オイルステインの乾性油成分の多い物と考えて良いです。オイルステインでの着色でも接着剤の表面についた所はしみ込まないので同じです。オイルステインは顔料と揮発性の油と乾性油少々を混ぜた物です。orukaさんの言ってる方法はニス塗りならそうかなと思いますがオイル仕上げの場合は無理があると思います。色合わせするより接着剤は除去してしまった方が早いでしょう。オイルを塗って気づいてからでも間に合います。

下地に塗料で色を付けてしまう=塗ってしまうと木肌の上に塗膜ができてしまいます。そうすると接着剤がついて膜を作っているのと同じ状態でそこに油はしみ込まなくなります。ですから水性塗料で塗っておくなどとは考えないことです。
オイルステインや顔料入りのフィニッシュオイルは木の導管にしみ込んでいわば染色するわけです。塗膜に色がついているわけではありません。
Tシャツの表面にシルクスクリーンのプリントでごわごわした物を塗り付けている状態が塗装で、染料で捺染したり後染めしている状態がステインや顔料入りオイルでの着色と考えるとわかりやすいでしょう。染料の場合には糸の繊維に染料がしみ込んで色を出すのです。

濃い色で染色すると木目の本来白っぽい部分が濃く染まってしまってネガポジ反転のようになるのを嫌う人もけっこういます。

塗装は面倒ですがきちんとやれば自分なりにできます。何度かやればこうすればこうなるとわかってきますし。ただ我々素人だとその仕事が終わりの頃になってああこうなんだなってつかめてくるようなことの繰り返しですね。

パテは使わないで埋め木をするべきです。前のリンクをごらん下さい。

吸い込むようなパテはありませんし、どうやったって丸見えです。
工作の時に生じた木屑を埋めてごまかすとかはありえますけれど。
どういう状態でパテが必要なのでしょうか?

オイルフィニッシュはオイルを木にしみ込ませて木の上に塗膜を作らないので一般的な塗装とはかなり違います。(図参照)
顔料の混ざったオイルで色付けを同時にすることはできます。オイルステインの乾性油成分の多い物と考えて良いです。オイルステインでの着色でも...続きを読む

Q自転車のハンドル高さ調節について

子供用自転車のハンドルの高さを調節しようとしましたが,ハンドルの真上・中心にあるねじを調節するのか,ハンドルと車輪の中間くらいにある,おおきなねじか,わかりません.少しいじってみたのですが,なんか変な感じです.どうやって調節するのでしょうか.

Aベストアンサー

☆ハンドルの高さ調整は質問に表示されてる、ハンドルの中心と言うか、中程にある六角の形をしたネジの頭を、時計回りの反対、左へ2~3回位回す。

☆その六角ネジの頭の下側ハンドルとの間に、約1センチくらいの隙間ができたら、回すのをやめ(◎回しすぎて、万一ネジが抜けると、専門家の手を必要とすることもあります◎)。

☆その六角ネジの頭の上(ネジの頭のキズ防止)に板をのせ、ハンマーでたたいてください、そうするとネジ頭とハンドルの間の隙間が無くなります、そうしておいて、前輪を左右に動かないように固定し、ハンドルの両端を持って回せば、動く(回る)はずです。

☆もし動か(回ら)なければ、動く(回る)まで、ネジ(左回し)追加戻しをしできた隙間だけたたき込む。

☆動き出したら、ハンドルを動かしながら→引き上げる、または→押し下げる調整ができます。

☆調整調節がすんだら、その六角ネジを確実に(時計回り方向に)締めてできあがりです、簡単ですよ。

Q机やラックの高さなどを調節するボルト 皿ボルト

表題のとおり探しているのですが、なかなか見つかりません。
机のうえにラックを固定しており、ラックが天井にあと数センチほどで届かずに傾くのでなんとか調整したいのです。
机、ラックそれぞれには高さを微調整するボルトがついているのですが、それでも少し足りません。
そこでボルトの芯の長さの長いものはないかと思い、できれば長さ+3~5センチあるような物を探しています。

ちなみに机のボルトの芯の太さは1センチ、支えるお皿は3センチ以上、
ラック用のボルトの芯は6ミリほどで、支えるお皿2センチ以上です。
できれば滑り止めつきのお皿などがついていればいいのですが。
表現が難しくなってすみません。

いずれもメーカー側からないので問い合わせが難しいです。
情報をご存知の方、どうぞよろしくお願いします

※ちなみに底上げも考えたのですが、何かと動かすことも多いため、
ボルトで探しております。

Aベストアンサー

No2と同じく、アジャスターボルトで対応可能と思います。
ホームセンターが近くに有れば、実際に手にとって確認できるのですか、そうも行かないようですね。
アジャスターボルトは、ネジの大きさや長さがいろいろありますので、何とかなるとは思いますが・・・。
それ以外もっと大きな物でしたら、建築用の金属束やプラ束も使えるかも知れません。
一番手っ取り早いのは、材木で下駄を履かせることですが・・・。

参考URL:http://ihc.monotaro.com/p/10700/,http://www.wakaisangyo.co.jp/product/item/g_kanamono/g02-hexasupport.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報