たくさんたまった写真の保存について困っています
97年から撮った写真をパソコン内(CD-R)に保存しています
カメラはカシオ製で97年から使っています
当時のものですので、画像の状態もあまりよくはありませんが
写真はもう二度と撮れないもので大事なものです
カシオのカメラ専用のソフトでパソコンにおとしてCAMという拡張子
のファイルで保存されています
ところがソフトのバージョンアップなどはしておらず、パソコンを
新しくしたためその古いソフトをインストールするべきか迷って
います
今CAMを扱えるソフトは入っていないので、画像形式をそのままにして
古いソフトを入れるべきか、画像の形式を変えて保存するべきかどうか
迷っています
今は新しいカメラの購入も検討していて、今度はカシオ製ではないと
思います
どなたか、いい方法を教えてください
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ソフトに致命的な不具合が無いのなら、古いソフトでも


インストールして問題は無いと思います。
ただし、OSが9x/Me → NT/2000へアップグレードしたの
であれば、ソフトが16bit仕様の場合支障が出る可能性は
否定できません(たぶん違うとは思うのですけど)。

もし不安でしたら、「Susieプラグイン」対応のソフト
を使われる事をおすすめします。
"CAM" 形式用のプラグインもリリースされていますの
で、とりあえずそれがあれば見る事は可能になりますし、
ソフトによっては別形式での保存も可能です。

個人的に愛用しているのは「ViX」。
サムネイル&ツリービュー管理可能で、BMP、JPG、PNG
という汎用フォーマットへの変換可能なので重宝して
おります。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/k_okada/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございます
プラグインソフトも検討してみます
とにかくかなりの量なので、方法をきちんと決めてからはじめたい
と思っています

お礼日時:2001/06/08 07:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古いAD/DAの修理

AD/DAが壊れたのですが、古い機器の為メーカー修理不可能との事でその他知っている楽器やさん等を探しましたが見つかりません。どこか修理してくれる所や見積りしてくれるお店を知っている方教えて下さい。どうぞ宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

http://www.eonet.ne.jp/~audio/

http://www.geocities.jp/tsoka/index.html

http://www.ne.jp/asahi/sound.system/pract/index.html?

どちらの方面にお住まいか判りませんが
無線関係のショップなら直せると思いますが
電機店とか楽器店では無理かも??

Q携帯の音楽の形式

パソコンに入ってる曲を携帯(auのSH009)のSDカード(マイクロ)に入れたいのですが、
ファイル形式?がわかりません><

探したけどあまり意味がわからなくて・・・
分かる方いませんか?

Aベストアンサー

・音楽のファイル形式は携帯の取り扱い説明書で確認です。

・携帯のSDカードに音楽ファイルを取り込むのには手順が必要です。
(詳細は取扱い説明書で)
(1)ドライバーのインストール(付属のCDに入ってます)
(2)取り込むのにはソフトが必要です、付属のCDに入ってます、無い場合は
 Windows Media Player11 を使用します。

Q古いCDPと現在のCDPとの比較

現在手持ちのCDPを買い替えようと思っています。
20年ほど前の例えばDENON DCD-S10と現在の5万前後ものと比較して
どうでしょうか?技術の進歩は速いといいますので現在のものの方が
高音質に再生できるでしょうか?どなたか買い替えた方、或いは比較可能
な方で参考までによろしくお願いします。

Aベストアンサー

オーディオ製品はバブル期のものが一番性能がいいです。

とは言ってもいくらバブル期の製品でも安価なものはそれなりで、さすがに高級機と言われたものは現在でもとても良い音を出します。
当時何十万円もしたCDPなら現在のものにも負けません。
そもそもいくらお金がかかっても、音や品質にこだわった物造りをしてた時代ですからね。
当時はフラッグシップモデルには定価以上にお金がかかっていたそうです。

CDPのDACなど今でも当時の高級機のものを越えられていません。
ボンネットを開けて見るととてつもないパーツを手造りで組み立てたような中身です。
ピュアAクラスのアンプなどとんでもない大きさのトランスやコンデンサーが並んでます。
レアアースではなく、純度の高い金、銀、銅の宝庫のような中身ですしね。
オーディオケーブルだって1mあたり数万円のものもあった時代ですからね。
しかし現在のオーディオにはそのようなものは残念ながらありません。
いくら時代が進歩してパーツの品質が良くなろうとデジタル処理の技術が進化しようと、当時の高級機が元々持ってるパフォーマンスは現在でも通用します。

音質といっても人の耳で聞くのと測定器で計るのとでは全く次元が異なります。
そこまでの音を聞き分けられる耳を持ってるかどうかとリスニングルームの出来で完璧に違いは出ますが、そういった高次元での話でなければ音の差は感じられないと思います。
かつてのオーディオはセッティング次第で音も変わりましたが、現在のオーディオでは差は感じません。

スピーカーもかつての大口径モデルは今の機種と遜色ありません。

オーディオ製品はバブル期のものが一番性能がいいです。

とは言ってもいくらバブル期の製品でも安価なものはそれなりで、さすがに高級機と言われたものは現在でもとても良い音を出します。
当時何十万円もしたCDPなら現在のものにも負けません。
そもそもいくらお金がかかっても、音や品質にこだわった物造りをしてた時代ですからね。
当時はフラッグシップモデルには定価以上にお金がかかっていたそうです。

CDPのDACなど今でも当時の高級機のものを越えられていません。
ボンネットを開けて見るととてつもない...続きを読む

Q古いAV機器がいくらくらいで売れるか教えて欲しい

古いAV機器がいくらくらいで売れるものなのか調べて欲しいと、知人に頼まれました。

インターネットでいろいろと検索したところ、海外に1点のみ見つかったのですが、その価格を信用していいものなのか、日本での評価額はどの程度なのかが知りたいと思います。

対象機器は以下のとおりです。

マークレビンソン
 電源トランス PLS-150 POWER SUPPLY
 プリアンプ ML-IL PREAMPLIFIER

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ML-1L(当時価格75万円)の某大手ネットオークションの落札相場価格は状態の良いもの(動作品、美品、付属品・説明書・箱付、ワンオーナー)で概ね35万~38万。
外観がキズ・汚れ・喫煙で劣ったり、複数オーナーになると価格はぐっと下がり、動作未確認・一部故障状態で8万といったケースも。

QFLAC形式の曲をxrecode II で音量調節したいのですが…

FLAC形式のファイルを89.0dBに揃えたいのですが
教えてgooで親切に教えていただいたのは
xrecode II というソフトウェアでした。

確かに、このソフトで音量調節はできたのですが
FLAC形式で保存しようとすると、再圧縮がかかってしまうようです。
私の操作や設定が悪いのでしょうが、もし再圧縮なしで保存できるなら
その方法を教えていただきたいと思っています。

以上となります。
どうぞ皆さん、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再圧縮、二重エンコード、といった言葉に惑わされてらっしゃる気がします。
再変換とは、具体的には、

・FLACを一旦デコードしてリニアPCMに戻し、
・それを改めてFLAC形式にエンコードする、

という処理です。(そして音量変更はリニアPCMの状態で行われています)
別に、「二重に」圧縮を掛けてるとかじゃないですよ。

デコード工程では可逆、非可逆に関係なく音質劣化はありませんよね。
エンコード工程もFLACなら当然音質劣化はありません(あったら、可逆とは呼べない)。
従って「殆ど」問題はありません。

但し厳密に言うと、再変換に起因するものではなく、音量変更による丸め誤差に起因する非常に僅かな劣化はあります(これはMP3Gainでも発生しますが、MP3Gainは元に復元できるのに対してFLACでは復元できません)。人が聴いて感知できるとは思いませんが、音質云々を言う方々の中には頭でっかちになりすぎて「聴いて判らなくても理屈上劣化するのはイヤ」という方が多いのも事実です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1238007127
それさえも気にするならReplayGainを使うべきでしょうね。と言うか、FLACならReplayGainを使うのがむしろ一般的でしょう。ただ、携帯音楽機器用だとFLACに対応してるのにReplayGain非対応、というおざなりな製品が多いので、好むと好まざるとに関わらず再変換による音量調整しか選択肢は無いと思います。まあそこまで気にするなら音量変更なんてするなよ、というのが正論でしょうね。

再圧縮、二重エンコード、といった言葉に惑わされてらっしゃる気がします。
再変換とは、具体的には、

・FLACを一旦デコードしてリニアPCMに戻し、
・それを改めてFLAC形式にエンコードする、

という処理です。(そして音量変更はリニアPCMの状態で行われています)
別に、「二重に」圧縮を掛けてるとかじゃないですよ。

デコード工程では可逆、非可逆に関係なく音質劣化はありませんよね。
エンコード工程もFLACなら当然音質劣化はありません(あったら、可逆とは呼べない)。
従って「殆ど」問題...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報