「だが断る!」

と言ったかどうかしりませんが、反原発の立場から、放射線治療は拒否するうようです。

でもがんが見つかったって、ことはレントゲンか何か受けたってことだよね?

今まで散々電気使いまくりでがんにかかったのでしょうか?
それともNYの水が合わなかったのか?

坂本龍一氏のご冥福をお祈りします。

これで反原発教の神になれますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「原発反対」と「放射線治療拒否」に、合理的,論理的な関係性が一切見出せませんので、中身が全く無い、単なるパフォーマンスなんだろうけど・・。



原発反対派でさえも、「それとこれとは別では?」とか「さすがにやり過ぎ?」と考える人が多いのではないかと。
従い、一般論的には「彼は・・アホか?」くらいの感想じゃないですかね?

彼の勇気ある判断は、結局のところ「原発反対派は、やっぱり論理性が低く、変人が多い」と結論付けられるのでは無いかと思います。

さもなきゃ癌が、脳に転移してるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宗教上の理由かも知れません。

回答ど~も

お礼日時:2014/07/10 13:17

どうせなら、福島に行って、原発の中に入って、率先して作業でもしたらどや、そんな気概もナシか、どうせその程度の奴よのぉ。


あっ、すみません、回答になってませんで…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ど~も

お礼日時:2014/07/10 19:49

これですか。


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/201 …

>でもがんが見つかったって、ことはレントゲンか何か受けたってことだよね?
そうでしょうね。CTなんかはX線使いますし、がん検診ならPETもやってるかもしれませんね。
PETなんかやってたら、それを聞いただけで発狂しそうなものなんですがね。
だって、放射性物質を数億ベクレル単位で体内に導入してガンを特定するんですから。

>今まで散々電気使いまくりでがんにかかったのでしょうか?
>それともNYの水が合わなかったのか?
不摂生なのか、(発症箇所から見て)職業病なのか。
ただ、62歳ならば、がんになっても不思議はないでしょう。

>坂本龍一氏のご冥福をお祈りします
まだ死んだわけじゃないから気が早い。

>これで反原発教の神になれますか?
「信念に沿って行動した」となれば、神になるかどうかはわからないが、持ち上げられるんじゃないですか。

ただ、私に言わせれば、「放射線治療の拒否」(=被ばくの拒絶?)が「反原発」になるとは微塵にも思えませんし、
質問者がいうように、レントゲンやCT(両方ともX線)、PETはどうなのよ?と思います。

それとも「原子炉で作った放射線源はイヤ!!」とでもいうことなのか?
そこまで区別しているならば大したものなんですが。
(X線は通常専用の真空管で発生させる。PETにつかう放射能トレーサー薬はサイクロトロンで生成する。)
(それに対して放射線治療につかう放射線源は、たいてい特定元素を原子炉にいれて中性子で放射化して作る。)
(アンチ原発がアンチ原子炉に発展しているならば、行動としてはスジがとおっているともいえるが…。)
それだったら最先端であるサイクロトロン照射でも、うけたらいいんじゃね?と思うんだが。


以上、私見ですが参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

太陽光も放射線ちゃ~放射線でしょう?

地球上なら何等かの影響下にはどこでもある。
NYでもね。

でもなんで日本に住んでいないのに、日本で反原発活動なのさって思います。

回答ど~も

お礼日時:2014/07/10 11:13

反原発と放射線治療は全く別だと思うのですが、命を懸けての主張は凄い。


やっぱり、一流の人は違うんですね。
立派です、でも、死んでしまったら意味が無いので、良い治療を受けて、完治してほしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

YMOって、80年代でしょ?
いいよ終わって。

回答ど~も

お礼日時:2014/07/10 11:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q癌の終末期医療について教えて下さい。

私の父親は4年半前に大腸癌が見つかり手術をしました。大腸の癌は取り除けましたが肺に転移しており、こちらは完治は難しいと言われました。余命は一年を覚悟する様に言われましたが、本日まで抗がん剤を含め色々と治療を頑張ってきました。しかし遂に癌が進行してしまい呼吸困難な状態になりました。
現在、某大学病院に入院しておりますが、本日主治医に呼ばれ「今は麻薬で痛みを押さえているが、今日明日にでも呼吸が止まってもおかしくない危険な状態」と説明を受けました。
続いて主治医からは「年明けに自宅か緩和ケアが出来る施設のどちらかに移ることを決めて下さい」と言われました。
私の家族は両親と私の三人家族ですが、母親も大分弱っており、歩くのがやっとという感じです。私は今は年末年始休暇で時間が取れますが、平日は会社へ出勤する為、日中に介護の時間を取るのは難しい状況です。(但し休暇の取得の可能性があり検討しております)

癌による終末期医療は、在宅が良いのかホスピスなどの緩和ケア施設が良いのか判断に困っております。単純に考えれば家でゆっくりさせてあげたいと考えるのですが、十分なケアが出来ない等の理由で父親が辛い思いをすることも避けたいです。

10日程前に一緒に食事に行ったときは、自分で車を運転する程元気だった父が急に酸素マスクが無いと生きられない状態になり、心も含め全く準備が出来ておりません。

この様な質問の仕方は失礼かと思いますが、実際にご家族で終末期医療を経験されたことがある方にアドバイスを頂ければ幸いです。
決して裕福ではありませんが、出来るだけのことはしてあげたいと費用も用意したいと思っております。

どうぞ宜しくお願い致します。

私の父親は4年半前に大腸癌が見つかり手術をしました。大腸の癌は取り除けましたが肺に転移しており、こちらは完治は難しいと言われました。余命は一年を覚悟する様に言われましたが、本日まで抗がん剤を含め色々と治療を頑張ってきました。しかし遂に癌が進行してしまい呼吸困難な状態になりました。
現在、某大学病院に入院しておりますが、本日主治医に呼ばれ「今は麻薬で痛みを押さえているが、今日明日にでも呼吸が止まってもおかしくない危険な状態」と説明を受けました。
続いて主治医からは「年明けに自宅...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。お父様の病状、ご心配ですね。

主治医の先生が「ご家族が決めなければ」と仰られたのも、お父様に選択を委ねるには
『最後の時をどこで過ごしたいか?』という内容になる為、気を使われたのではないでしょうか?
けれど、お父様もご自分の状況を解っていらっしゃるのであれば、ご本人の意向に
添いたいというご家族の気持ちもとてもよく解ります。
緩和ケア病棟は、確かに見取りに向けてのコーディネートはプロです。
終末期に現れる様々な困った症状へのアプローチにも長けています。
ご家族の心残りが無いよう、お世話の負担が無いよう、ケアしてくれます。
肺がんという事であれば、酸素吸入に加え痰の吸引も必要になるかも知れませんし、
正月の連休明けに自宅で看取る為に必要な環境を、レンタルにしたって
すぐに揃えられるか・・・といえば、確かに難しいところもあるでしょう。
それを考えると自宅での見取りはお母様も高齢である事を考えたとき
現実的ではないように思えます。
けれど、おそらくご本人にとっては自宅での最後が一番だろう・・・
ご家族もそんな思いで心が揺れ動き、悩んでいらっしゃるのでしょうね。

ただ、色々なご家族を見てきて思う事は
無理をして「望むように自分が精一杯見てあげなくては」とがむしゃらなご家族よりは
上手く周りに甘え(利用し)自分達が出来るところは精一杯に・・・
といったご家族の方が、最後も穏やかに死を受け止めていらっしゃるように感じます。
がむしゃら過ぎると身も心も疲れてしまい、気持ちが落ち着かないままに
最後の時が来てしまって呆然としてしまったり。
それでは、ご本人もご家族も報われませんものね。

私としては、お世話は緩和ケアのスタッフにお任せして
最後の時を迎えるまでの大事な時間を一緒に過ごす事だけに
ご家族は専念された方が良いのではないかと思い、書き込みさせて頂いた次第です。
『家』では無く、ご家族がいらっしゃる場所こそ『我が家』だと思いますよ。
残された大切な時間を、お父様との後悔を残さないよう紡いで下さい。
応援しています。

こんばんわ。お父様の病状、ご心配ですね。

主治医の先生が「ご家族が決めなければ」と仰られたのも、お父様に選択を委ねるには
『最後の時をどこで過ごしたいか?』という内容になる為、気を使われたのではないでしょうか?
けれど、お父様もご自分の状況を解っていらっしゃるのであれば、ご本人の意向に
添いたいというご家族の気持ちもとてもよく解ります。
緩和ケア病棟は、確かに見取りに向けてのコーディネートはプロです。
終末期に現れる様々な困った症状へのアプローチにも長けています。
ご家族の心残...続きを読む

Q汚染水は反原発派の仕業?

汚染水騒ぎが続いていますが、通常考えられない状況から
作為性を感じます。実際反原発派の工作員がいろいろな
トラブルを引き起こして原発推進の妨害をしようとしている
ことはないのでしょうか?

監視カメラは十分あるのでしょうか?

よろしくお教えください。

Aベストアンサー

こうなることが分かっていたから、「浄化して海に流させて」ってお願いしてたジャン?
そしたら各自治体が「風評被害が風評被害が」言って受け入れなかったでしょ?
でも汚染水はどんどん出ているわけで、そうなるとどっかに溜め込むしかないわけで
タンク作らなきゃいけないけど、そんな時間もコストもなかったわけで
だからその場しのぎの急造タンクを量産するしかなかったわけで
そんなことだから老化も早く漏れ出した。

まあこれをまた東電のせいだと騒ぐわけでしょ?なんだかねぇ・・・・

Q癌の終末期医療にはどれぐらいお金がかかりますか?

積極的な治療ではなく緩和を目的とした医療の、月々の支払いを心配しています。
まだ仮の話ということもあり全く現状を知りません。どれぐらい備えがあればいいものか(どのような保険に入ればいいかも含め)、将来の参考にしたいと思っています。
自宅の場合や専門の病院(ホスピス)に入院した場合など、終末期医療に関するお金の話をご存じでしたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ターミナルケアも通常の入院と同様に、高額療養費制度の適用となります。
高額療養費制度=
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
75歳以上で、一般の方の場合には、
上限は44400円です。

ただし、これは純粋な医療費についてであって、
差額ベッド代、入院食事代、雑費は別途計算となります。

ターミナルケアの場合、一般でも差額ベッド代を取らない個室の場合が
少なくないのですが、差額ベッド代を取る個室も多くあります。
大部屋ということは、あまり、ありません。
つまり、選択肢が少ない。

差額ベッド代が必要となると、個室であることも考えれば、
1日1万円ぐらいを用意しておいた方が無難でしょう。
ターミナルケア病床を持っている病院は、HPで検索できますから、
ついでに、差額ベッド代を調べておいてください。

自宅の場合、言うまでもなく、差額ベッド代などの周辺費用が不要ですから、
その分、費用負担は減ります。
ただし、往診が必要となりますから、来てくれる先生を確保することが
重要になります。

保険ですが……
医療保険、がん保険であれば、ターミナルケアの入院も認めてもらえると
思います(例外があるかもしれないので、確かめてください)。
1日1万円であれば、自己負担は軽くなります。

自宅でのターミナルケアの場合……
医療保険は、通院特約が付いている保険が少なく、
しかも、入院後の通院となるので、あまり、役に立たないでしょう。
がん保険では、ターミナルケア特約のある保険があります。
さらに、入院を伴わない通院を保障する保険もあります。
往診は通院扱いとなるのが普通ですが、これも、例外がある
可能性があるので、確認してください。

ご参考になれば、幸いです。

ターミナルケアも通常の入院と同様に、高額療養費制度の適用となります。
高額療養費制度=
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
75歳以上で、一般の方の場合には、
上限は44400円です。

ただし、これは純粋な医療費についてであって、
差額ベッド代、入院食事代、雑費は別途計算となります。

ターミナルケアの場合、一般でも差額ベッド代を取らない個室の場合が
少なくないのですが、差額ベッド代を取る個室も多くあります。
大部屋ということは、あまり、ありません。
つまり、選択肢が...続きを読む

Q米が中国を追い込もうとすると、問題が起こる怪。

まったく関係は無いと思います。当方の勝手且、単なる思い込みですが、少し前に、アメリカへのハッカー攻撃が相次いで起こり、中国と断定し、矛先を向けようとした時に、NSAによる個人情報収集問題が、CIA元職員のスノーデンにより暴露され、中国に向けた矛先が鈍った事がありました。今、また南沙諸島や尖閣諸島、その他東アジアにおける覇権争いが起こっており、看過出来ないアメリカが乗り出し、一気に中国を押さえ込もうとした矢先に、またまた、今度は米が、債務不履行に陥るというデフォルト問題が起こっています。単に中国が、運が良いだけかも知れません。また、今回も単に先送りになるだけで、近々に片付く問題とは思いますが、あまりにタイミングが良すぎ、天が中国の味方をしているかの印象を持っています。この件、裏は無いのでしょうか?それとも痕跡すら残さぬよう用意周到に仕組まれた"中国の罠"なんて事はありませんよね?

Aベストアンサー

裏が「全く無い」と証明するのは困難だし、また「無い」と言うのは楽観論で、少なくとも「可能性は有る」と考える方が、危機管理的には正解です。

ただ、たとえば米議会の空転(民主党と共和党の対立姿勢)に関して申せば、中国が加担するとしますと、主に野党(共和党)側になり、与党との対立を煽る方向と考えられますが・・。

その共和党は、やや直情的ではありますが愛国主義的で、言わば「中華思想」に近い考え方なので、中国の乗せられやすいかも知れませんが、対立も対立しやすい政党です。

あるいはスノーデン氏事件でも、中国は同氏をあっさり国外へ脱出させてしまうと言う失態を演じ、「トンビ(ロシア)に油揚げをさらわれた」形です。
これが中国の謀略としますと、結末がお粗末すぎではないか?とは思いますよ。

中国の仕掛けってのは、割と大雑把で、手っ取り早く「ハニートラップ」とか、逆に尖閣における領海・領空侵犯など、根気強いと言いますか粘着質と言いますか、とにかく「時間を掛けてりゃ、いずれは有利になる」と、気長で悠長なものが多いです。

さもなきゃ、潜水艦でも無人偵察機でも、あっさり発見されるのと同様、メディアに「中国の謀略か?」などとスッパ抜かれ、いまいち謀略になっていない様なモノも多いです。

一方では、サイバー攻撃などに代表される「数撃ちゃ当たる」的に、年柄年中、何かやってるのも事実ですから、「疑い」は尽きませんが。

こと謀略の類いに限って言えば、結局最後はバレちゃう様な、割と「間抜け」とか「おちゃめ」な謀略が多いとは思います。

裏が「全く無い」と証明するのは困難だし、また「無い」と言うのは楽観論で、少なくとも「可能性は有る」と考える方が、危機管理的には正解です。

ただ、たとえば米議会の空転(民主党と共和党の対立姿勢)に関して申せば、中国が加担するとしますと、主に野党(共和党)側になり、与党との対立を煽る方向と考えられますが・・。

その共和党は、やや直情的ではありますが愛国主義的で、言わば「中華思想」に近い考え方なので、中国の乗せられやすいかも知れませんが、対立も対立しやすい政党です。

あるいはス...続きを読む

Q93歳の母、終末期の症状でしょうか・・・

12年前脳内出血で、倒れ
入退院を繰り返している93歳の母を、自宅で介護しておりました。

昨年 大腿骨骨折にて手術・現在リハビリ入院中です。
そして 9月に 誤嚥肺炎になり、10月16日に医師より
『あと数日です』と言われ、毎日見舞に行っていますが、
本当にもうだめか・・と思う日もあれば、
ものすごく元気で、良く話をする日もあります。
医師に聞くと、『奇蹟的な生命力です。肺炎も治ってます。』言われました。

おとついの水曜日はものすごく元気にまともな会話をしていたのに、
昨日は、目も薄目しかあけられず、返事もしませんでした。
足もかなり浮いていましたし、昏睡状態のように思いました。

しかし、今日は 『腰が痛いから、さすって』と言われ
さすっていると、『痛い~~』と非常に大きい声で怒鳴られました。
そして、看護師さんが、お茶を飲ましてくれたのに、
『お茶の出が悪い~~』とまた大きな声で怒鳴るのです。
認知症状はないのですが、こんなに怒鳴る元気があるのかと
驚いています。
この症状は終末期の症状なのでしょうか?
御経験者のかた、ご存知でしたら教えてください。

12年前脳内出血で、倒れ
入退院を繰り返している93歳の母を、自宅で介護しておりました。

昨年 大腿骨骨折にて手術・現在リハビリ入院中です。
そして 9月に 誤嚥肺炎になり、10月16日に医師より
『あと数日です』と言われ、毎日見舞に行っていますが、
本当にもうだめか・・と思う日もあれば、
ものすごく元気で、良く話をする日もあります。
医師に聞くと、『奇蹟的な生命力です。肺炎も治ってます。』言われました。

おとついの水曜日はものすごく元気にまともな会話をしていたのに、
昨日は、目も薄目し...続きを読む

Aベストアンサー

回答1のkifanです。

あなたのコメントを読みました。

コメントに書かれている
「一日一日母の表情を見て、『もう安心。大丈夫だ』とか
『ひょっとして?朝まで大丈夫だろうか?』と眠れない夜を過ごしています。
そして、介護している私に対して暴言をはかれたりすると、
私はこんなに心配していたのに~と、
そして、また、そんな風に思う自分に自己嫌悪したりで。。。
少々精神不安定状況でした」
の内容もよく分かります。

私は息子です。母には子供の頃からずいぶんと可愛がってもらいました。しかし母は88歳の頃には私のことが分からなくなっていました。ご近所の方たちに「へんな人が家に入り込んでるので警察を呼んでほしい」と嘆願していました。母も必死だったのでしょう。
そのような母を見てて、老いるということはこういうことかと改めて学びました。

人生、いくつになっても学ぶことが多いですね。

Q宙に浮いた年金記録の怪 4000億円の使い道

「宙に浮いた年金記録」の問題で、未だに持ち主が分からない年金記録が2000万件以上あることが厚生労働省などの調べで分った。

年金の加入記録に漏れや誤りがあるため、年金記録の持ち主が分からず、年金を受給できないケースは、発覚当初、およそ5000万件あり、日本年金機構などが解明に向け照合作業を行ってきた。

田村憲久(タムケンとお呼びください)厚労大臣いわく
「5000万件のうち、まだ2100万件ほどが記録がつながっていない。今年度でほぼ終了ということになりますが、国民の皆様に対して、大変申し訳ない、そのような行政をしてきた分、しっかりと信頼が回復できるように、これからも頑張ってまいります」

国は、(年金記録問題の解明)に、これまでおよそ4000億円の経費を投じているらしい。
4000億円って凄すぎ・・・。何にこんな大金が当てられたのか見当が付く人がいたら、1000万円を拾った事がある私に、誰か教えてください。
http://www.youtube.com/watch?v=SuFScoO4tb0

Aベストアンサー

 結局「年金問題で明らかになったこと」は
(1)問題を解決できなかったこと
(2)その解決を図るために社保庁を日本年金機構に移行させたが、その年金機構も業務内容で面倒な部分を民間会社に丸投げしていただけ話だったこと
(3)記録を回復させるための作業と称して、自らは仕事をせず派遣業者などに業務委託していただけの話だったこと
 等のまことに情けなくそして時間と予算を無意味に費やしただけでした。やはりこの国は「官僚と東大」を解体することから始める以外にはどうしようもありませんね。システムと根幹をなす意識に巣くう金属疲労もここまできたとの証拠とブラックユーモアにはなりましたが 爆!

Q癌終末期の義母の介護で悩んでいます。

大腸癌末期の義母を在宅看護でみております。
肝臓に転移した後、脳に転移し、脳出血をおこし半身麻痺で話すこともできません。
3日前から飲み込みが悪くなり水を飲むとむせてしまい飲むこともできなくなってしまいました。
こうなるともう口の中を湿らすぐらいしかできないのでしょうか?
現在モルヒネを皮下に点滴で入れております。モルヒネ副作用で飲み込みが悪くなっているのでしょうか?
水分も取れない状態では後どのくらい生きることができるのでしょうか。
往診の医師は水分補給の点滴は考えていないようです。

Aベストアンサー

去年、義母が末期癌で亡くなりました
在宅ホスピスで同じ状況です。
水分が摂れないとなると食事も出来ていませんよね
口を湿らせてあげて下さい
死前ゼロゼロと言って、たんを絡んだような呼吸の音がしてたら長くありません
水分補給の点滴をしても尿を出せないようになっていたら逆に大変なので医師はしないのでしょう

Q放射線量の比較

放射能量の安全性をX線写真の放射線と比較しますが、X線写真は1秒足らず、通常の放射線は一日とか、単位となる時間が違うのになぜ比較するのでしょう?

Aベストアンサー

放射線量の蓄積を問題としているからです。

放射線には他の方もおっしゃっている様に、いろいろな種類がありますが、各種放射線の性質(係数)を考えた値が最近よく耳にする「シーベルト」という単位です。ですから、シーベルトという単位を使っている時点で放射線の種類は問いません。

線量を水に置き換えてみましょう。
放射線を浴びる度に水がたまっていって、一年経った水から排出される。としましょう。

例えば、CTは機種や撮影範囲にもよりますが、6mSVだとすると、「短い時間で」6も放射線を浴びる事になります。それだけ強いって事です。
今回、「毎時6mSv」と測定されたとすると、1時間かけて6浴びるわけです。

1秒で6リットルの水を浴びるのと、1時間で6リットルの水を浴びるのでは全く違いますよね。

でも、放射線の影響は蓄積されるので、両方とも「6mSv」なんです。

Q終末期医療

医学には素人ですが、終末期医療なるものがあると聞いたことがあります。いろいろ検索してさまざまなウェブを見てちょこっとは聞きかじってみました。が、ほとんどが特に「がん患者」に関するものでした。

鬱病に関しては終末期医療はないのでしょうか。

いかに人生を終えるかという点からもケアができるのではないかと思います。いよいよ余命の期限が迫ったときに、無理に苦痛の中で生きながらえるよりは・・・というくだりはがん、うつに限らずどの病気でもいえることだと思います。

Aベストアンサー

なるほど。

でも私の考え方はちょっと違います。
終末期医療が治る見込みのない(死に隣接している)患者に与えられる治療だということは
すでに書いたとおりですが、鬱病が死に隣接しているかというとそれは患者自らの選択肢で
あって、癌患者のものとはまったく違います。
鬱病患者が死を選びたがるのはその病気の症状の一つであり、また、苦痛の種類はまったく
違うものです。
死を選ぶと言うことと、苦痛に耐え死を待つしかないと言うことはまったく違うことだと
思いますが。

Q核分裂の放射線について

福島原発の放射線漏れが問題になっています。
原子力発電はウラン235の原子核に中性子が1個当たると2種類の原子核に分裂し
同時にガンマ線、中性子2~3個、質量欠損相当のエネルギー200MeVが放出され
この質量欠損相当のエネルギーを利用し蒸気を発生させてタービンを回し発電してると
以前習った事があります。

そこで本題ですが、今放射線漏れが問題になっています。
何μシーベルト漏れたがこれは普段レントゲン等で浴びている放射線程度・・・。
などとよく聞きます。レントゲンはX線、この放射線漏れはガンマ線であるのに
比較してよいのでしょうか?
自分の中ではガンマ線の方がが遥かに危険と認識しているのですが・・・。
お手数ですがご教授ください。

Aベストアンサー

お答えします

X線とガンマ線の違いはその発生する元が違います。ガンマ線は核内のエネルギー準位の変遷によるもので軌道電子の遷移を起源とするものをX線と呼びます。若干エネルギーはガンマ線の方が高い領域がありますがほとんど同じです。ですので比較してもあまり問題はありません。

それから、人体に対する影響を考えるときは、放射線加重係数や組織加重係数など様々なファクターを考慮して行いますので、その値を比較するのです。

参考までに
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/Yougo/h_kajyu.html
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/Yougo/s_kajyu.html

同じサイトに色々載ってますからご覧下さい。他の質問で出ている物の答え等もここにあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報