築30年、木造、2階建
ドアや窓、家のいろんな
箇所がガタついています。
1つ1つリフォームして直すのが
いいのか?
いっその事、建て直した方が
いいのか?
立て直す場合は今回は
平屋にするつもりです。
費用はどちらが高いのでしょうか?
どなたかお応えお願い致します。

また、参考になる
サイトがあればそちらも
お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ドアや窓がガタつくのは建物が変形していることが原因です。

その現象は建物剛性が低いための変形か、基礎が部分沈下しているための変形の可能性があります。その理由はいくつもあるが建物全体に及んでいるのなら重症です。築30年だと建物躯体は新耐震基準で建てられているはずなので理解しずらい現象です。リフォームする場合でも建物診断を行なって根本原因を改善しないと単純なお化粧直しではドアや窓を直してもまた同じことになります。その意味で大掛かりなリフォームになり費用もかさむと思われます。

平屋の新築は年を取ると良いものです。同じ床面積であれば2階建てよりも高くなりますが、床面積を小さくすれば安く建てられます。地盤改良も基礎も建物躯体も30年前とは大違いです。解体費用は延べ床坪に4万円を掛けた値が相場です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても参考になりました。
解体費用の事を考えると
もうし少し検討しようかと…。
でもやはり平屋に
憧れます。

お礼日時:2014/07/11 13:38

掃き出し窓、の件ですが、引違ガラス戸の、鍵と、建付けは、調整は、戸車で、調整します。

サッシの、場合は、プラスドライバー一本で、出来ますが、引違ガラス戸を、締めた時、右上が、開く場合は、左側の、戸車を、高く、調整で、直りますが。タイルは、剥がれた物が、割れていませんか。日曜大工を。しながら住むのも、楽しいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく丁寧にご説明頂きありがとうございます。
有難く参考にさせて頂きます。

お礼日時:2014/07/13 14:00

小さな家に減築をお考えでしたら、思い切って今の家を売って、そのお金で建てるなり、中古で広さが適当で傷みの少ない家を購入という選択肢もありますよ。



建て直しにしろリフォームにしろ、解体費用が大きいですから、その分だけでも割安になるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
新たな選択肢を与えて頂き
感謝します。
なるほど、そういう手があったか。
と納得。
そうすれば解体費用助がうき
助かります。
ただ、自営をしているので
その地をできれば離れたくはない。
色々また課題が出てきますね。

お礼日時:2014/07/11 13:44

>1つ1つリフォームして直すのがいいのか?



築30年ならあと10年か15年は修繕しながら使いましょう。

新築時の性能をアップさせようとすると数百万はすぐに飛んでゆきますので、あくまで修繕の範囲にとどめてください。

そうすれば、いつまでも30年前の性能を享受することができます。
そして、リフォームで一発儲けようなど企む商人たちの餌食にならず、地元で長年営業してきた大工・棟梁を探しだして、「暇なときに修繕たのむよ」と言えるような関係を作っておくのが一番です。


>いっその事、建て直した方がいいのか?

住宅販売ビジネス、注文住宅受注ビジネスの方々は口をそろえて「建て直した方が良い」と言いますが、それが良いのは売る側ですね(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やり方ひとつで結果も
色々あるんですね。
やはり、長年の人の繋がりは
大切にしなくてはと思いました。
また、売り側の考えと
買う側は違うものだとある程度
思って話を聞く事にします。

お礼日時:2014/07/11 13:49

築30年でそんなに、がたつきますか窓はアルミサッシでないのかな平屋建ての方が安く一番違う工事は基礎工事・木工事かな。

箇所のがたつき具体的な内容教えて頂けませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまい
大変申し訳ございません。
玄関ドアは開き戸なのですが、
ドアを閉めてもピタッと閉まらず
隙間があいています。
冬は、ものすごく寒いです。
2階の掃き出しの窓も
開き戸です。
こちらも噛み合わせが悪く
鍵がかけられないです。
風呂場のタイルは剥がれ落ち、
その他、細かい所を言えばきりが
ありません。
ご親切に考えて頂き
ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/13 10:07

見て診断しないと 的確な回答は意味ないでしょう



新築時の是非 維持管理30年の積み重ね 等の条件

地盤 構造 建材 自然環境 建物寿命は大幅に変わります

新築or改築 の費用は考え方でこれまた大幅な域があります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
いずれにしても、見積もりとか、
してもらわないと
金額的なものはわからないですよね。
何からどうすればいいのか?と
思っていましたが、
まずは、リフォーム会社や建築関係の人に聞いてみます。

お礼日時:2014/07/11 14:11

現在の建屋の


1)基礎は何年持つのかを調査(7年前で約20万円)
2)シロアリはいないか
3)水漏れで土が濡れていないか
等の調査の上、
4)基礎の上の部分を解体
5)新建屋に合わせ基礎の手直し
6)最新建築基準法適合の強度増し

で40坪で以上だけで860万円でした。(7年前)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
想像していた以上の内容に
驚きました。
調べるだけでそんなに
かかるとなると、
その結果問題がでた場合は
修繕が必要になるだろうし、
その費用等を考えると、
最初からリフォームか
建て直してしまった方が
いいのかな…。
今の家の状態を知りたいとは
思いますが、金額を聞くと
考えてしまいます。

お礼日時:2014/07/11 13:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q築35年 木造土壁平屋の耐震リフォーム予算

福岡県春日市にある築35年の平屋をリフォームして住みたいと思っています。
確かな床面積などは申し訳ありません、わからないのですが、
個室は6畳2つ、台所、リビング、バス・トイレ、玄関スペース、廊下スペースで構成されています。
そう広くはないこぢんまりした造りです。

最大の問題点は福岡西方沖地震で被害に遭ったこと。
同じ造りのお宅を訪れたとき、
「・・・ガコッ」
という間と音で玄関ドアが開きました(怖い)
玄関ドアのたてつけがややおかしくなるくらいにはガタがきたそうです。
またこの平屋のある場所が警固断層上にあるらしく
警戒しています。

私が考えているリフォーム予算は500万。
最大限に出せて、750万です。
やりたいリフォーム内容ははっきり言って室内全面改装。
壁をとっぱらって水回りは全て新品に入れ替えていじれるものなら屋根裏をロフト的に使えるようにしたい、床板も張り替えたい、壁には漆喰を塗って、窓もドアもつけかえたいし新たな窓もとりつけたい~・・と、盛りだくさんに思っています。

それプラス、耐震補強をしたいのです。
プラスというかそれがまずやらねばならないことかと。

さて・・・ざっとで結構ですので、想定の予算内で実現の見込みはあるでしょうか。
ちなみに床板等の木材は親戚の材木店からの購入を考えており、
家主も親戚、
デザインは縁のない設計事務所に頼みたい希望、
施工は家主ゆかりの建築会社に依頼したいと、
それなりに有利な条件は揃っています。

福岡県春日市にある築35年の平屋をリフォームして住みたいと思っています。
確かな床面積などは申し訳ありません、わからないのですが、
個室は6畳2つ、台所、リビング、バス・トイレ、玄関スペース、廊下スペースで構成されています。
そう広くはないこぢんまりした造りです。

最大の問題点は福岡西方沖地震で被害に遭ったこと。
同じ造りのお宅を訪れたとき、
「・・・ガコッ」
という間と音で玄関ドアが開きました(怖い)
玄関ドアのたてつけがややおかしくなるくらいにはガタがきたそうです。
...続きを読む

Aベストアンサー

平屋でしたら、建物が軽いので地震力も小さいです。
自分の傾きに抵抗する程度の補強でいいので、2階建てに比べると、かなり小規模でいいと思います。
2階建ての1階に比べると、平屋は半分以下の筋違しか必要とされていませんので。

見込みがあるかどうかは、細かい選択と設計によるものだとおもいます。
少し諦めないといけないところが出るように思います。

自分がやりたいことの優先順位をつけて、それを設計者に伝えるようにしてください。

オーバーするなら、あきらめてもいいものも、決めておいたほうがいいですね。

漆喰や自然塗料塗りなど素人でもできるものもありますので、自分たちができることも、検討に入れておくといいでしょう。

Q木造2階建230m2の戸建の排煙窓の要否についての質問です。

木造2階建230m2の戸建の排煙窓の要否についての質問です。
現在、工務店と詳細設計をしておりますが、在来木造2階建で床面積は230m2、1階のリビングは約8帖程吹抜けになっており、吹抜け部分で外に面している窓は全てFIX窓になっています。 また2階の居室(2部屋)からは吹抜けの方に開き戸があります。
昨日、モデルハウスをいくつか見て回ったところ、吹抜けには開閉窓が取り付けられているところが殆どで、その理由は床面積200m2超は法規制により排煙窓が必須とのこと。
今回の私の新築の吹抜けには排煙窓が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法によりますと居室(常時使用する部屋)に床面積の50分の1以上の排煙に有効な開口部が必要になります。もしこれに則れない場合は排煙設備が必要になります。

ちなみに200m2以下では必要ないわけではなく告示の1436号にて緩和されているのでチェックされないだけですね。

例えばリビングの床面積が30m2程度でしたら、その50分の1ですので0.6m2の排煙に有効な開口部を設けなければなりません、他の居室についても同様です。

ちなみにこの「排煙に有効な開口部」と言うのは天井面より下方80cm以内の距離にあるもののみが有効になります。

つまりリビングが吹抜けになっていてる場合かなり高い位置に排煙に有効な開口部を設けなければならないという事になりますね。FIX窓では排煙に有効とはみなされませんのでご注意を。

Q木造平屋家屋の解体費用

築50年くらいの古家の解体をしようと思い見積もりを取ったところ46万円になりました。
外に木の切り株が2つ。
背丈くらいの植木を4~5本伐採というのも含まれての価格なのですが、これって安いほうなのでしょうか?
ちなみに建坪は11坪です。

Aベストアンサー

あくまで数字だけの話ですが、建坪11坪ならまぁまぁの金額ではないでしょうか?
解体時の重機で抜根もできると思います。
但し家屋の中にある箪笥とかに衣類等があると別料金かかりますよ。

Q木造平屋44坪における「設計監理」の内容、範囲。

建築士さんや弁護士さんの目線から教えて頂きたいのですが、設計監理とは、建築士さんがどれ位の範囲で責任を負うものなのでしょうか?

私の親戚が知り合いの大工さんに工事をお願いすることになり、その時、大工さんの知り合い(仕事は1度か2度組んだだけ)の建築士さんを紹介され、家を建ててもらうことになりました。

現在、屋根が終わり、外壁が終わり、造作も終わりかけています。

リビングとダイニングの天井の材料に、真っ白い集成材の梁を使ってもらうように注文したのですが、実物を見てみると、木を継いだ部分の糊が黒く汚れていたり、運んだ時についたと思われる帯のこすれ跡やどろ汚れが目立ちました。大工さんに渡した図面には、「化粧」と記してあったそうです。

このときに責任を負うのが、施工監理者。一般的に大工さんらしいのですが、はたして、建築士さんにも責任はないのでしょうか? 建築士さんに聞いて見ても、「それは施工監理者の責任だから。私は施工監理は受けてないから」と言います。しかし、建築士さんと取り交わした契約書には、設計、施工監理業務委託契約書とかいてありました。 それに、設計監理側から見てみても、梁の品質のチェックの義務があると思うのですが。

それと、建築士さんは「施工管理者でなければ、材木等の発注は出来ない。」と言っていますが、実際は大工さんの知らない所で材木屋さんに、追加の材木を発注していたそうです。その見積もりも大工さんは知らないまま代金の請求だけが来たそうです。

私的には、契約書に施工監理と書いてあったし、発注もしてるので、「施工監理は受けてない」というのは通らないと思うのですが、皆さんはどう思いますか? (1)

あ、それと、建築士さんは建築中、建築主との打ち合わせにおいても変更点があれば、すぐに図面に特記して大工さんに知らせなければいけないと建築士さんに聞きましたが、変更があっても、一度もしていませんし、大工さんも変更を口頭でも知らされていません。これは許されることなのでしょうか? (2)

皆さん、上の(1)と(2)をご存知でしたら教えていただけますでしょうか? 何卒宜しくお願いいたします。

建築士さんや弁護士さんの目線から教えて頂きたいのですが、設計監理とは、建築士さんがどれ位の範囲で責任を負うものなのでしょうか?

私の親戚が知り合いの大工さんに工事をお願いすることになり、その時、大工さんの知り合い(仕事は1度か2度組んだだけ)の建築士さんを紹介され、家を建ててもらうことになりました。

現在、屋根が終わり、外壁が終わり、造作も終わりかけています。

リビングとダイニングの天井の材料に、真っ白い集成材の梁を使ってもらうように注文したのですが、実物を見てみると、木...続きを読む

Aベストアンサー

現場が進んでいるならば、金銭問題がでないかをチェックしてまずは現場をちゃんとさせましょう。
それから建築士の監理について言及するしかないでしょうね。

設計業務は本来ならば工事契約前に完了しているべきものです。
決まっていないことを残して着工した責任は建築士にもありますが、施主にもないとは言えません。
施主は図面どおりの工事を請負契約でおねがいしたのですから、工事の変更は請負工事の契約の変更であり、施主は契約内容の変更を施工業者に申し出るべきなのです。契約の当事者は施工者と施主ですから。
また、一度書いた設計を変更するのであれば、設計監理契約も追加業務が発生し費用が通常発生します。追加業務費用が承認されれば図面や仕様書を建築士が変更して施主に図面承認されそれを施工業者に渡されます。それを見て施工業者は金額の変更と工期の変更を施主に報告し承認を得て工事します。
それに伴い申請が必要な場合は申請を出しなおし、その間工事がストップしなければいけないこともあります。なので、設計変更は費用と時間がかかり工期の変更を伴うことになりがちです。いくらここまでできないとイメージが湧かないからといってもお客様にとって得な話ではないのです。

本来はそういうもので、どの手順が抜けても後で問題がおきる事態になりがちです。
でも、この通すべき筋を通さないで行う追加工事が多いので、結局施主が知らず知らずに費用請求が後から来たとか、工期の遅れはきいてなかったとかになります。ならないときでも、建築士や業者がしぶしぶ利益を削ったり、工期が間に合わなくて突貫工事になったりするのです。長くやってきて最終的に工事中の変更はお客様のためになることはありません。

しかし、この件では設計変更を前提として工事を始めてしまったというのでこの「スジ」が初めからとおっていません。
ですから、責任は設計変更のこの物件特有のルール作りを施工業者、建築士と施主で工事まえに打ち合わせたかどうかもあるでしょうね。
ま、確かに建築士がよい采配やアドバイスをしていないとは私も思います。
司法に基づいてどれだけ責任を負えるかというのは詳細までこの件を理解しないと判断できません。
監理というのは毎日来なくてもいいのです。要所要所で図面と整合確認を行い必要な支持をすればよいのです。どれだけの責任があるかとはここで明言できません。

発注に関しては発注書は切っていないと思いますよ。そんな権限がないのはわかっていると思います。
施工業者ともうまくできていないのでしょうね。たとえば私は、施工業者の発注がおかしければ、業者が納得すれば無償で発注内容のチェックも施工業者と資材業者の打ち合わせにも同行しますし、材料が悪ければ施工業者にまず書面で指示を出し、業者に相談を受ければ材木屋に指摘はしますが交換や補修、加工の何をするかには決定を下しません。施工業者と材木屋で話し合ってもらいます。だって材料買うお金は握ってませんので。

印象としては、材木やが発注だと受け止めたけど建築士はそんなつもりじゃなかったのではと思います。

以上参考になりますでしょうか、賠償等を求める際は出来事を文書にしておいてくださいね。
未決定事項の多い、非常にずさんでよろしくない請負工事契約内容であると思いますのでそれを引き起こした原因の素は良く考えてから訴える必要があると思います。(もちろん建築士が誘導できていないのは大きいと思います)

現場が進んでいるならば、金銭問題がでないかをチェックしてまずは現場をちゃんとさせましょう。
それから建築士の監理について言及するしかないでしょうね。

設計業務は本来ならば工事契約前に完了しているべきものです。
決まっていないことを残して着工した責任は建築士にもありますが、施主にもないとは言えません。
施主は図面どおりの工事を請負契約でおねがいしたのですから、工事の変更は請負工事の契約の変更であり、施主は契約内容の変更を施工業者に申し出るべきなのです。契約の当事者は施工者と施主...続きを読む

Q平屋木造の倉庫を建てようと考えています。

平屋木造の倉庫を建てようと考えています。
倉庫7坪、駐車場4坪ほどです。
いくら位で建てられるかお教えいただければ
と思います。
機械を入れたく床はコンクリート、サッシは
床までのを一つ、窓二つ、入口の戸一つでボードと断熱材くらいです。
電気設備と水道設備の値段はだいたい分かるのでそれは省いてどのくらいで建てられますか?
基礎も含めて知りたいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

質問の規模で22条地域内なら建坪当たり30万円前後見れば良いでしょう。
建築確認申請は、必要となります。
建物の最大梁スパン6m以上だと、確認申請に構造計算書と構造図の添付が必要となります。
建築設計屋さんに相談しながら計画を進めるように。
ご参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報