母が2年前に肝外胆管癌になりました。
今年60歳になります。
私は嫁にいっており、一緒に暮らしていません。母は仕事は介護士(休職中)旦那は居ますが家庭内別居です。戸籍以外ではほぼ一人暮らしと同じ状態です。長文になりますがどうかお付き合い頂ければと思います。

2年前の3月に黄疸と発熱により発症しました。なかなかはっきり分からず大学病院にて、分かりました。 2年前の5月に肝臓を半分とる摘出手術を12時間かけてし、癌は取り除かれたのですが、1つか2つはの残ってしまい、その後抗がん剤をする事になりました。約1年間は副作用も少なく半年で内服の抗がん剤に切り換えて(TS―1)順調でしたが、昨年の9月に卵巣に転移し片方だけ摘出しました。症状は腹水が溜まったのと、食欲不振でした。ただ思ってる程体調は悪くなかったです。(片方だけにしたのは、正直ただの腹水を回避するだけの手術。できる限り体に負担をかけらないとの事で片方になりました。この時点ではもう片方は腫れていなかった) そして、この時に余命3ヵ月。持って半年と言われました。
正直とても半年だと思えない感じでした。
卵巣摘出後は回復も早く2週間で回復しました。退院後は引き続き、抗がん剤を点滴に戻し続けてました。体調不良として、食欲不振など多少あったもの、仕事に行きなんとか過ごしていました。年末に白血球の数値が悪くて出来ない時が2回くらいありました。(白血球を増やす薬も服用はしていました)そんな中、今年の2月頃もう片方の卵巣がかなり大きくなっており摘出しました。症状は前回と同じ程度。術後も順調でしたが、3日後から熱が出だし、胆管に膿が溜まって炎症をおこしてしまいました。ここで胆膿ドレナージをやり管を付けて胆汁が外に流れるようにしていました。その後、要するに胆管のつなぎ目??のところが肝臓摘出したときに繋いでる為細くなっており、そこが狭くなって胆汁が流れが悪くなり発熱が起きてるとの事。

その後、今年4月~5月あたりにかけて
間2週間くらい空けて2回胆管を広げる為口から管を入れてやる処置をやりました(名前が分かりません。。)結果、2回とも失敗に終わりました。 どうしても入らないので出来ないとの事でした。
その後は胆管が腫れてきたら刺すしか方法はない。(これは胆膿ドレナージの事ですか?)

こんな状況で、5月何もせずに退院しました。ただ体調は悪くなく、胸のあたりが少し痛むのでロキソニンが処方されていました。 自宅に帰り1ヵ月くらい休んで、また仕事を中旬から仕事に復帰予定でした。その際、胸の下のあたりの痛みが少し強くなり始めて、強めの痛み止めを処方されていました。それが医療用麻薬 オキシコンチン 5m 1日 2回  それを飲み出してからふらつきが酷く、血圧が下がり、血小板の数値も悪くなり1人で病院に行く途中かなり酷い状態になってしまい、病院になんとかたどりついて倒れてしまいました。(途中記憶は曖昧です) そのまま即入院になったのですが、麻薬を始めたばかりだとその様な事があると言われました。2、3日は言ってる事も良く変わらない状態で、意識はありますがベットで寝てる事がほとんどで1週間過ごしました。発熱も39から37度を行ったりきたりを毎日。抗生剤点滴やって下がる。また上がるの繰り返し(食事も無し、トイレも管、体重も減)その間、先生から説明を受けたの受けたのですが、胆管に膿が溜まっている。胸の痛みは、膿が原因か癌の痛みかまだ今の所はっきりはしない。このまま急変する事も考えられる。会わせたい人がいれば今のうち。とう、感じでした。勿論、来るとこまで来てしまったんだなと思っています。それか3週間ほど経ちますが思ったより、回復してきています。
トイレは自分で行ける。ただそれ以外はふらつきが有るようで、ほとんど歩いてない状態。5分粥ですが食事もゼロだったのが3分の1か2は食べれるように。メール、電話は出来る様に。ゆっくりやればメールも打てるように。 現在の状況はは熱が毎日繰り返し38度程度出て下がっての繰り返しなのと、先週から黄疸が少し出だしました。白目が黄色くなってきています。 
今後不安なのが3ヵ月過ぎて治療もする事が無ければ病院を出なければ行けない事は承知してます。
母を家に帰すこと考えていません。一人で家に帰す事できません。家族の事情で我が家に連れて来る事は出来ません。介護相談などをやっている看護師さんと少し話もしました。最後はどうするか家族としての希望など。緩和病棟なども考えましたがとても金額的な事も厳しく、考えていません。その様な状態で、最後行ける病院はどのような所でしょうか? 頭に入れて置きたいのと、探せるもならな探しておきたい気持ちもあります。今は本人も癌だという事実は勿論理解はしてるのですが、余命までは考えて無いのとまた仕事に行けると思っています。 私は正直社会復帰は厳しいと考えています。  先生の見解では、恐らく1個目に卵巣摘出から9月で丸1年を考えるととても生命力が強く良く治療も頑張った。本人は思ってる以上病気の重大さに気づいていない。それが生命力に繋がり良かったのかもしれないと言ってました。私も同じ意見です。 家族としては、痛くなく逝って欲しい、ただそれだけです。

これだけでは、何とも言えないかも知れませんがあと何日くらい、何ヶ月くらい生きられるのでしょうか?
これから先どのような症状が展開されるのでしょうか? 

同じような胆管癌になった家族をお持ちの方、医療関係者の方どんな事でも良いです。最後どような感じで逝くのでしょう? 同様な症状が出たら次危険な状態でしょうか?教えて頂ければありがたいです。  


たんたんと、冷静に感じられる文章かも知れませんが、もう十分涙も流しました。私達にこれから起こる事を知っておきたいという気持ちと現実的に逝ったあとの事を考えてないといけません。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お話から、もうあまり長くなさそうです。

内服できなくなったら、貼り薬に変えて点滴をしなければ、そう苦しまず本当にあっけなく亡くなると思います。見た目は若干むくんで哀れかも知れません。緩和病棟が金額的に難しく、その病院を出なければならないのであれば、麻薬を十分使って看取ってくれる療養型の病院を探すしかないです。現在入院中の病院の相談窓口(相談員の看護師さんとかMSWの方)に相談してください。もしかすると、今の病院で看取ってくれるかも知れません。どこの病院でも、例え急性期病院でも、90日以上入院している患者さんがいます。9月までは、在院日数の計算方法の移行期間です。

この回答への補足

回答ありがとうございました。 先日2ヵ月は厳しいと先生に言われました。症状が安定していたこともあり最後の自宅帰宅をどうしますか?と言われましが現実的には厳しいくこのまま病院へとなりました。今のところ今の病院をでなけれ行けないような事は言われてないので大丈夫そうです。 先週末からは倦怠感が酷くなってきました。 療養型の病院もこの先のどうなるか分からないので調べてみようかと思います。家族で出来る限りの事をしたいと思います。ありがとうございました。

補足日時:2014/07/16 14:48
    • good
    • 37

胆管癌が増悪すると、閉塞性黄疸という状態にんり、全身状態が悪化することがあります。

ステント留置術によって症状緩和を測ることもあります。
    • good
    • 14

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

介護認定の申請はしましたか?


末期癌は介護保険分野で特定疾病に認定されていますので、認定が下りるはず。
介護認定が下りれば、訪問看護や療養型医療施設の利用が可能です。24時間で訪問してくれる、定期巡回・随時対応型訪問介護看護もあります。一つの手段として考えてみては?
介護士も看護師もプロですから、家庭内別居状態の旦那様よりは頼りになるかと。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
そうですね。相談してみたいと思います。

補足日時:2014/07/16 14:32
    • good
    • 27

白眼が黄色くなったということでしたら黄疸ですね。



ご存じだと思いますがくりかえしますと胆汁は肝臓で作られます。下流に胆管があって、消化液として十二指腸に流れます。胆管癌だとその流れが妨げられますので、胆汁成分が血液に逆流し黄疸になります。これを閉塞性黄疸といいます。

胆管および転移巣への手術を既になさって再発していますから、根治は困難な進行癌であることは確かです。それでも閉塞性黄疸を解除すると一時的にせよ具合が良くなることは多いです。方法としては二つあって、内視鏡的に胆汁の出口である十二指腸側から管(ステント)を入れて狭窄を解除する。これは既に試みられたのかもしれませんが。もうひとつは狭窄の上流の胆管が肝臓内で広がっていますから、そちらに管を入れて胆汁を体外に排泄する(PTCDといいます)。どちらも癌を治すわけではありませんが、閉塞性黄疸からの感染症による急死を防ぐことはできます。どちらかというとPTCDの方が一般的な手技ですから当然検討されたと思いますが状況から難しいのかもしれません。後悔を防ぐためにもう一度説明して頂いた方がよいでしょう。

この回答への補足

詳しくありがとうございます。 PTCDは先日やって頂きました。 先週末からは倦怠感が酷くなってきました。後悔の無いように家族で頑張って行きたいと思います。ありがとうございました。

補足日時:2014/07/16 14:51
    • good
    • 23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【医学用語】癌とがんの違いが曖昧なので再確認させてください。 川島なお美の肝内胆管癌。 北斗晶の乳

【医学用語】癌とがんの違いが曖昧なので再確認させてください。

川島なお美の肝内胆管癌。
北斗晶の乳癌。

確か癌をひらがな明記するのは皮膚がんだけだった気がします。

肝内胆管がん、乳がんという記載は誤りなので訂正すべきでは?

個人ブログは別に良いとしてメディアは統一すべきだと思います。

どう思いますか?

自分が購読している大手新聞社が乳癌のことを乳がんって書いてたらがっかりしませんか?

他の業界のことも適当なのかなと不安になりませんか?

乳癌だろうが乳がんだろうが気にしないですか?

Aベストアンサー

一般人には「癌」であっても「がん」であっても「ガン」であってもイメージ的には同じようなものだと思いますね。
ただ、医学的にはきちんとわけられています。
癌=上皮細胞が悪性化したものだけを指す呼び方
がん=上皮細胞が悪性腫瘍(癌)を含めて全部の悪性腫瘍を総称した呼び方

ですから病院によっては「癌」といわず「がん」だけに統一しているところもあります。そういう意味では肝内胆管がん、乳がんという記載が間違いとは言えません。実際にその病気にかかったご本人や関係者が医学的な違いをきちんとわかっていらっしゃればそれでいいのであって、それ以外の第三者が使う漢字に特に過剰に反応する必要はないと個人的には思います。

Q胆管がんと原発性硬化性胆管炎を見分けるには・・・

主人のことで相談します!よろしくお願いします。
50代の主人が昨年の秋に黄疸がひどくなり診察したところ胆管がんで余命半年、手術不可能とされステントでの減黄をし現在に至っています。癌と診断の理由は腫瘍マーカーCEAが14,6 CA-19-9が5000、DYUPAN2は16000だからでしたがそれから半年以上経ちますが食欲不振と背中の痛みがありますが肝機能の数値も良く状態は落ち着いていて担当医は原発性硬化性胆管炎かもしれないと言うのです。腫瘍マーカーの数値から言ってそんなことがあるのでしょうか??胆汁で癌を調べたところ1~5で3レベルで判断はつかず困っています。どうか教えて下さい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ご主人さんが癌と診断され半年とのこと、ご苦労いかばかりかとお見舞い申し上げます。

画像診断上は胆管癌と原発性硬化性胆管炎を見分けるのは非常に困難です。
原発性硬化性胆管炎が胆管癌を合併することもあり、臨床的に判断がつかない場合も多いです。

腫瘍マーカーの推移はいかがですか? 黄疸の有無によってCA19-9は上下するので、診断された当時黄疸があって今はないということなら、CA19-9は低下しているかもしれません。
CEAは喫煙によって少し高くなることはありますが、黄疸によっては左右されません。
DUPAN-2は良性疾患でもあがることがありますが、1600は高いようですね。
この3つのマーカーが全て下がっているなら原発性硬化性胆管炎だったのか、あるいは癌があっても比較的落ち着いている状態なのかもしれませんね。

ただ、原発性硬化性胆管炎であったとしても、経過は胆管癌とあまり差はありません。少しずつ進行して、身体の調子を崩される日がいつくるかもしれません。

「癌であるかそうでないか」という鑑別に時間を費やすよりも、せっかくお元気でおられるなら、その時間を有意義に過ごしていただくのがいいのではないかと思います。

実際の余命は医師にも誰にも判らないものです。
これからご主人さんが過ごされる時間が長くても短くても、充実した人生を送っていただければと祈ります。

ご主人さんが癌と診断され半年とのこと、ご苦労いかばかりかとお見舞い申し上げます。

画像診断上は胆管癌と原発性硬化性胆管炎を見分けるのは非常に困難です。
原発性硬化性胆管炎が胆管癌を合併することもあり、臨床的に判断がつかない場合も多いです。

腫瘍マーカーの推移はいかがですか? 黄疸の有無によってCA19-9は上下するので、診断された当時黄疸があって今はないということなら、CA19-9は低下しているかもしれません。
CEAは喫煙によって少し高くなることはありますが、黄疸によっては左右され...続きを読む

Q胆管癌・化学療法について

親が胆管癌になり、手術不可の為に抗がん剤治療をする事になりました。

調べてみると、胆管癌は化学療法が効きにくいとありましたが本当でしょうか?
現在リンパに転移の疑いがあり、手術が難しいそうです。
抗がん剤治療をして、癌が小さくなれば手術するという事らしいですが、そんな事可能なのですか?

もし抗がん剤が効いたとしても、化学療法だけで治すのはやはり難しいのでしょうか・・・
それなら副作用の事などを考えると、抗がん剤をやる意味が薄いのではと考えてしまいます。

わかる範囲で教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。

お辛いですね。心中お察しします。
胆管癌は仰る通り化学療法が効きにくい癌になります。縮小や延命効果もあまり多くありません。

ご本人の体質により抗がん剤の副作用が変わってきますので、ご本人が辛くなければ化学療法を続けるメリットはあるかと思いますが、大変重い副作用の場合はQOLの改善を目指すかどうかをご本人と話し合う方が良いと考えます。

また、大変言いにくい事ですが胆管癌は転移が多くその場合はQOL(生活の質)を向上した緩和治療を薦められる事もある様です。

専門家ではないですが、少しでもお力になれると幸いです。
質問者さんもお身体を大事になさって、無理せずご本人と相談なさってくださいね。

Q肝外胆管癌の手術

7月上旬に64才の母が閉塞性黄疸で入院し、数日前に肝外胆管癌と診断されました。

本来ならば黄疸が出た時点で無理なのですが、母の場合は可能性があるので手術をすると言われました。
手術内容は、左側の肝臓の切除・胆嚢切除・胆管切除だそうです。
この3つを切除すれば治りますと言われました。
大きな手術になるという他には、手術の危険性や術後等の説明は一切ありませんでした。
体力の回復と減黄の様子次第で、お盆前の手術を予定しているそうです。

本当に手術さえ受ければ治るのでしょうか。
この癌は完治するのでしょうか。
このような説明は一般的なものなのでしょうか。

Aベストアンサー

yuzunohanaさん、ご心中お察しいたします。

私は医療関係者ではありませんが同様の経験から参考にしていただければと思い書いています。

>本当に手術さえ受ければ治るのでしょうか。
>この癌は完治するのでしょうか。

*外科的療法のみだけでなく術後の抗ガン剤治療が行われると思います。

左側の肝臓、胆嚢、胆管切除だそうですが、それなら他臓器転移ありですから、ステージも良くないと思います。

胆嚢、胆管ガンの場合なら、もともと、治療が難しいガンに分類されていたと思います。

***********************************
*【ご注意】
*このことは、とても重要なことです。
*経験からは記述していますが、正確でない場合もあります。
*納得されたいのなら、鵜呑みにせず、必ず、担当医の先生に確認して下さい。
***********************************


>このような説明は一般的なものなのでしょうか。
最先端の治療をしている病院ではないようですが、それなら、少し説明不足程度だと思います。

しかし、インフォームド・コンセントから考えれば十分ではないとの印象は受けました。

*本来なら病状の説明から、その治療の選択肢(手術の有無含)と、その結果(効果とリスク)、その選択肢の中で、その病院でできる治療内容を始めに説明してくれると助かるのですが、日本の現状では難しいでしょう。
(病院の忙しい状況や、経験不足、医療方針が患者主体にないなどから考えれば無理でしょうか。)


そこで、セカンドオピニオンの活用を考えられても良いかもそれません。
(医学知識がないことを埋め合わせて、より良い治療を受けさしたい、結果にしたいなどが担当医の先生に伝わりませんと、まだ日本では一般的でなく、誤解から関係が悪くなるかもしれません。)

*病状を一番把握されているのは担当医の先生です。今後の治療内容とその選択肢と、それぞれの目的、効果、リスクを十分相談されてはいかがでしょうか?
(その中の、治療を決定する方法の手助けにセカンドオピニオンがあっても良いと思います。)


そのためには、yuzunohanaさんも一般向きの本は見られているかもしれませんが図書館などで医療関係者入門用の本などが役に立つと思います。
(yuzunohanaさんの今、できそうなことから始めてみてください。)

担当医の先生もお忙しいので、相談される場合
・事前に約束をする。
 (先生の都合に合わせ、何時から何時までか、仕事後30分、1時間など)
・お母様の診察時間に合わせて相談
 (この場合も事前に概略を伝えるなど約束したほうが良いですし、相談が長いようなら別のお約束にしたほうが良いと思います。)

・約束に遅れない、約束の時間(長さ)を守る。
(長くなりそうなら了解を取ります。次の機会にすます。)
・相談内容、過程、結果が有意義と感じれる時間にします。
(これは、それなりに勉強や事前に考えることが多く難しいですが、こちらも頑張っているのが分かり、相談や約束をしやすくなるなど良い関係が築けます。)

これらの約束やマナーは守りましょう。
(守らないと次からの約束や相談、関係に支障がでます。)

お母様と接する時間が一番長いのは看護士(婦)さんや病院のスタッフです。
(先生の前だけでなく、多くのスタッフにも、同様にさりげない気遣いやマナーを守ることに心がけましょう。)

家族で役割分担や合議方法を決めたほうが良いと思います。(患者のお母様も含めてです。)
(皆がバラバラに担当医の先生に相談したり、違う要望をだすことがないようにしましょう。)


*yuzunohanaさんの文章からはでは、お母様にどこまで告知がされているか不明です。
もしかしたら病名告知さえ、ないのではありませんか?(または、うその病名になっていませんか?)
(これは、とても難しい問題です。病気の本人が無視されているのはおかしいくないでしょうか。告知や告知事例から、担当医の先生と相談が必要かもしれません。)
*すでに病名告知されていればごめんなさい。

yuzunohanaさん、お母様のご病気、手術と、ご心配ごとが多いと思います。
しかし、お母様はもっと不安の中で入院されていると思います。できるだけ、ご家族がおいでになるほうが、ご本人も気が紛れるのではと思います。(個室でないなら、くれぐれもご静かに)
(付き添いされないのでしたら、看護士(婦)さんに日常の様子をそれとなく聞くと参考になると思います。)

yuzunohanaさん、ご心中お察しいたします。

私は医療関係者ではありませんが同様の経験から参考にしていただければと思い書いています。

>本当に手術さえ受ければ治るのでしょうか。
>この癌は完治するのでしょうか。

*外科的療法のみだけでなく術後の抗ガン剤治療が行われると思います。

左側の肝臓、胆嚢、胆管切除だそうですが、それなら他臓器転移ありですから、ステージも良くないと思います。

胆嚢、胆管ガンの場合なら、もともと、治療が難しいガンに分類されていたと思います。

*...続きを読む

Q胆管癌のステントについて

身内が胆管癌で、ERCPでステントを入れたのですが、何度も何度も詰まってしまいます。
結局PTCDという、お腹の辺りからチューブを出して胆汁パックに出す方法になりました。

しかし手術は出来ないとの事なので、このままPTCDかERCPがどうしますか?と聞かれました。
ERCPの場合はメタリックステントというのを入れるらしく、今までのステントよりは詰まりにくいそうです。
手術不可の胆管癌の場合、どちらの方がメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

復習
ERCPは内視鏡下で十二指腸まですすみ、胆管にはいります。狭窄部にメタリックステントを留置し広げることで正常な胆汁の流れを作ります。
PTCDはこちらのサイトをhttp://medical-checkup.info/article/96771012.html
外から針を指して胆汁を抜くのて、それを常時携帯してもらうと思います。
どちらも肝臓がんによる合併症なので、本文を見る限りではどちらがいいとは、いいがたいです。
http://ganjoho.jp/public/cancer/liver/treatment_option.html
先生が治療方針の参考にする、肝臓がん治療の分岐です。さんこうになれば幸いです。

Q胆肝癌の再発治療について

胆肝癌の治療で良い方法、良い病院、良い先生をご存知の方は、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

質問者の方がもし、金銭的に余裕があって世界最高水準レベルの治療を考えておられるのであればこういうサイトをチェックされてみるのも手かと思います。使用できる抗がん剤の種類などの面からいえば日本国内の医療はアメリカに大きく水をあけられていると言わざるを得ませんから。。。

参考URL:http://www.mediaison.com/

Q肝内胆管癌とメシマコブ

51歳の母親が、2週間前肝内胆管癌と診断されました。
年明けすぐにオペをし、肝臓が再生する1か月後に、抗癌剤の投与が始まるそうです。検査では転移は見られないのですが、左葉は全部腐っているそうです。詳しいことは、開いてみないとわからないのですが。。。

そこで、その他の併用治療としてメシマコブなどの民間療法に興味があるのですが、肝内胆管癌って珍しいので、資料を集めたいのですが方法が分かりません。あとは、メシマコブの副作用などがもしあれば、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご家族の心中お察しします。

メシマコブに関しては、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#3で紹介したサイトを参考にしてください。

個人的にはいろいろある民間療法のものでは効果がある可能性(!)が高いとは推測しますが、過度の期待はどうかと思います。
良く主治医と相談してください。

◎http://humanbalance.net/gan3/data87/data87.html
(胆道がん)
◎http://humanbalance.net/gan3/data28/data28.html
(肝臓がん)
リンク集です。

ご参考まで。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=710020

Q肝臓癌の末期に付いて 叔父が肝臓癌の末期です。 肝臓転移有り。 先生も、ホスピスに勤めていた、ケ

肝臓癌の末期に付いて

叔父が肝臓癌の末期です。
肝臓転移有り。

先生も、ホスピスに勤めていた、ケアマネさんも、5月まで持つかどうかと言われておりました。
幸い5月を迎える事が出来ましたが、
現在は、うとうとすることが多い、滑舌が悪い、腹水が溜る
2日のペースで抜いて居ます。

加えて便が、1日4回~5回出る。
尿は少ないです。
本人は一週間前に一次帰宅を希望しましたが、リハビリをしてからと言われており、本人は余命宣告を知らずに、リハビリに
励んでおります。

余命ばかりはお医者様でも、予想出来ないのは充分承知ですが、同じようなケースで、余命からの最後を看取られた方がおられれば、どのような状態なのか教えて頂ければ幸いです。

出来るだけお見舞いには行って居ますが、遠方の為、電話でのやり取りも多いです。

娘とは、余り面識が無く、モルヒネを投与しているのかも、解りません。

1日3回の点滴とご飯は普通食ですが、お腹が張り下痢をしているようです。

Aベストアンサー

私も父を肝臓癌で亡くしました。
表れる症状は、人によって違うと思いますが、
質問者様の叔父様は、まだ意思疎通ができるのですね。
それは、幸せであり、同時に、つらいですね。
担当の医師によって、病名告知、余命宣告を勧める方と、そうしない方がおられます。
(私の父の担当医は、本人に告知しても、落胆させるだけで、いいことはないという主義でした)
病院に入院している場合は、宣告された余命より長くなることが多いと聞きます。
私の父も、質問者様の叔父様と同様に、帰宅するつもりでいましたので、
寝たきりになるのをおそれ、病室のトイレに、自分で行ったり、
食事も、食欲はないながらも、食べようとしていました。
しかし、そのうち、腹水がたまり、呼吸が苦しくて、
起き上がることもできなくなり、
苦痛を和らげるため、モルヒネ(?)で、意識レベルを低下させ、
眠り続ける状態になって5日くらいで、亡くなりました。
苦しみながらも、意識がある間は、
いつ最期の時が来るのか、予測が難しいですが、
(強制的に)意識レベルを下げた場合は、その後、間もなくになると思います。
今のうちに、叔父様にいい思い出を、ひとつでも多く作ってあげてください。

私も父を肝臓癌で亡くしました。
表れる症状は、人によって違うと思いますが、
質問者様の叔父様は、まだ意思疎通ができるのですね。
それは、幸せであり、同時に、つらいですね。
担当の医師によって、病名告知、余命宣告を勧める方と、そうしない方がおられます。
(私の父の担当医は、本人に告知しても、落胆させるだけで、いいことはないという主義でした)
病院に入院している場合は、宣告された余命より長くなることが多いと聞きます。
私の父も、質問者様の叔父様と同様に、帰宅するつもりでいましたので、...続きを読む

Q胆管癌の切除範囲等、教えてください

62歳男性。乳頭癌から胆管癌と説明変わる。内科医は胆嚢は取るが十二指腸と胆管の一部の切除と説明。オペが一杯でひとつき待つ。手術の4日前再入院。初めて外科医がきて
胃の4分の1、すい臓の一部、胆嚢胆管十二指腸全摘とせつめい。術後全く話なし。死去する2日前に話しを聞きたいと2時間待ったがオペが入ったと帰される。死去する1週間前に重湯が始まったが翌日嘔吐、腹部より大出血。2日後に又大出血。CTなど検査なし。翌日輸血。翌々日死去。家族が呼ばれ入った集中治療室では、心臓マッサ-ジが行われていた。癌?は外壁1cm未満

Aベストアンサー

外科が専門ではありませんが、乳頭癌、胆管癌では胃・膵部分切除、胆嚢・胆管。十二指腸合併切除は標準的な手術方法だったと思います。消化器外科では最も広汎で難しい手術の一つです。術後は胆管、膵管の外ドレナージで消化液を体外へ誘導し、消化液の漏れなどによる縫合不全や膵炎を予防するなどの処置がとられます。きちんと膵液が誘導されているかなど、術後管理も大変難しいものです。そのため術後急性期の死亡を含む重篤な合併症の率も高い手術です。外科の先生に手術の危険性をしっかり説明していただかれましたか?
(私の母も同じ手術を受け、結局術後管理は私が自分でしました。10年以上たちますが、元気です)

Q末期の肝癌の手術と延命治療に付いて。深刻です。

年齢は45歳男、弟です。B型肝炎のキャリアで、15年程前に発祥し入院して治療。その後、3ヶ月に1度の血液検査で肝機能の検査をしていましたが、昨年1年検査を怠っていました。夏頃から、腹部に違和感を覚えてはいましたが、胃の薬などを飲んで過ごしていました。ところが、1週間ほど前に激しい痛みがあり、その日は医者に行って、胃の薬だけをもらって帰ってきてしまい、それから6日後の一昨日再び激しい痛みがあり今度はレントゲン検査を受けて、気になる影があると言う事で、翌日CT検査を受けたところ、出血の恐れがあると言う事で、その後カテーテルにより造影剤を使って血管を調べました。幸い出血の様子はないとの事でしたが、悪性腫瘍が肝臓の半分位から胃を背中に押しやるほどの大きさ(大人の握りこぶし位だと言う事です。)にまで大きくなってしまっていて、末期の、それもかなり重度の肝癌と診断されました。そのCTの写真を見ましたが、素人が見ても分かるくらいに大きく、しかも、その一部が大動脈に食い込んでいるような状態で、もし癒着していると、手術は不可能だと言われました。後はカテーテルを通すのと同じ要領で、幹部に直に抗がん剤を投与すると言う延命治療を
行うかどうかって状態で、まだ本格的な検査は2日後から始まるようですが、手術は実際に不可能なのかと言う事と、仮に手術が出来たとして、それ程大きくなってしまった悪性腫瘍をすっかり取り除く事が出来るのかと言う事。それをリスクも含めて教えて下さい。かなり深刻な状況です。また、その状況から完治するまでには至らなくても、治療する事によって、社会復帰できる位まで回復できる可能性はあるでしょうか。他へと転移は今のところ見られないようですし、本人は痛みも無く、食欲もあり、まったく普通の状態です。セカンドオピニオンの話も聞かれる昨今ですので、できれば知識のある方のご意見をお聞かせ下さい。

年齢は45歳男、弟です。B型肝炎のキャリアで、15年程前に発祥し入院して治療。その後、3ヶ月に1度の血液検査で肝機能の検査をしていましたが、昨年1年検査を怠っていました。夏頃から、腹部に違和感を覚えてはいましたが、胃の薬などを飲んで過ごしていました。ところが、1週間ほど前に激しい痛みがあり、その日は医者に行って、胃の薬だけをもらって帰ってきてしまい、それから6日後の一昨日再び激しい痛みがあり今度はレントゲン検査を受けて、気になる影があると言う事で、翌日CT検査を受けたとこ...続きを読む

Aベストアンサー

弟です、とのことですので、質問者は患者さんのご兄弟でしょうか。

(1)手術が不可能かどうかですが、説明されているように、動脈に癒着、浸潤しているのであれば、無理と言わざるを得ないでしょう。大動脈以外にも浸潤していれば、それだけ手術も難しくなるでしょうから。
(2)手術が可能と言う判断は、全て取り除けるという判断と同義と考えます。ですが、目に見えない(現在の医療で検出できない)癌が全身にばら撒かれていて、転移で再発してくる可能性はあります。
(3)リスクはやはり、肝機能と思います。肝機能、肝臓の予備能力がどれだけ残っているのか、現在の栄養状態は?手術をして、残った肝臓だけでやっていけるくらいあるのか?などですね。肝機能が落ちてくると、出血が止まり難くなります(血小板や血液凝固因子が減少する)ので、それだけ出血のリスクも高くなります。
また、B型肝炎ウイルスの影響で、残った肝臓から癌が発生してくる可能性も否定できません。
(4)社会復帰は難しいのではないかと思います。手術がうまくいき、経過が順調であれば、出来るかも知れませんが。カテーテル治療だけでは、根治は出来ないと思います。

残るは専門外となりますが、肝臓移植という方法もあるかもしれません。ただし、これは提供者があっての話です。質問者がご兄弟であり、「質問者が肝臓を提供する意志がある」のであれば、医師と相談してみてください。

弟です、とのことですので、質問者は患者さんのご兄弟でしょうか。

(1)手術が不可能かどうかですが、説明されているように、動脈に癒着、浸潤しているのであれば、無理と言わざるを得ないでしょう。大動脈以外にも浸潤していれば、それだけ手術も難しくなるでしょうから。
(2)手術が可能と言う判断は、全て取り除けるという判断と同義と考えます。ですが、目に見えない(現在の医療で検出できない)癌が全身にばら撒かれていて、転移で再発してくる可能性はあります。
(3)リスクはやはり、肝機能と思います。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング