人間は水無しでどれくらい生きられるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

”人間は食物をたべなくても何週間かは生き続けることができますが、水を飲ま


ないと、からだは数日間しかその働きを続けてゆくことはできません。”

以上は参考URLの一節ですが、どうも個人差があるのは否定できないようですね。
それでも2,3日は生きながらえるようです。
乾きはかなりきついものですが、体から抜けていく水を極力抑えれば、もう少し生きられるかもしれません。
砂漠などに放り出されたことを想定しますと一日が限度かも知れませんね。
水無で生きる条件にもよるでしょう。

参考URL:http://www3.synapse.ne.jp/youshou/kangensui/jibu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 15:36

数年前に北海道でトンネルの入り口で落石事故がありましたよね


覚えてます?
あのときに「人間は水なしで5日間が限界」と言っていたのを覚えています
限界が5日ですから、実質3日ぐらいでしょうか
    • good
    • 0

旧日本軍731部隊を扱った著書で森村誠一著「悪魔の飽食」で読んだことがあるのですが、その中で人体実験について記述されている部分があり、水無でパンのみ食べている状態で約1週間とのことでした。


もう、10年くらい前に読んだ本なので、記憶があいまいですが。
    • good
    • 0

一日持つかな?


最低一日3リットルは必要とのことですよ!
ア!もちろん何も食べてないんですよね!食べるということは水分の補給になりますからね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【哲学・人間の生と死について】人間の生と死について質問です。 "死は生きることの一部であり、死から

【哲学・人間の生と死について】人間の生と死について質問です。

"死は生きることの一部であり、死からは逃れられない"

"早くても遅くても、人間が死ぬことには変わりがない"

"よって、人間は平等である"

この思想をどう思いますか?

矛盾はありますか?

Aベストアンサー

矛盾は無いけど、「平等」の要素は他にもあるはずなので、一面的な事実を言っているにすぎないと思います。

Qスライムを作るのに食塩水がいるのですが、食塩水って、塩と水でつくるんですか?笑それともどっかにうって

スライムを作るのに食塩水がいるのですが、食塩水って、塩と水でつくるんですか?笑それともどっかにうってるんですか?

Aベストアンサー

普通は作るね。
そのスライムの作り方に、水何リットルに、
食塩何グラムとか書いてありませんか?
または何%の食塩水とか?
普通WT%だから、1L=1000gの水に塩10gで1%ってこと。

Qぬるま温の水を作るときに お湯と水で作ります。 その時に お湯が先なのか水が先なのかが分かりません

ぬるま温の水を作るときに
お湯と水で作ります。

その時に
お湯が先なのか水が先なのかが分かりません。

母や祖母は水を先に入れてお湯を入れたらいけないって言います。

実際、どっちでもよくないですか?
回答をよろしくお願いします!

Aベストアンサー

理科的には、どちらでも同じです。

 現実的には、「湯を作るもの」(やかんやビーカー)と「混ぜてぬるま湯を作る器」が別な場合には、「耐熱性」を考えれば「水に湯を加える」方が制約が少ないです。
(理由)100℃近くまでの耐熱が必要なのが、「湯を作るもの」(やかんやビーカー)だけで済むからです。熱湯では変形したり有害物質を析出するようなプラスチック容器でも、ぬるま湯が作れます。
 これを「湯に水を加える」方法で作るには、「混ぜてぬるま湯を作る器」の方も100℃近くまでの耐熱が必要となります。

 一方、湯(熱水)に殺菌・消毒効果を求める場合には、逆に「湯を先に入れて殺菌し、そこに水を入れてぬるま湯を作る」方がよいでしょう。赤ちゃん用の粉ミルクなどを作る場合です。

 また、「混じりやすさ」という点では、温度の低い水は比重が大きいので下に行こうとすることから、「上から湯に水をたす」方が大きな対流が起こって混じりやすいです。(逆の場合には、上から静かに湯を注ぐと、湯が上の方に滞留して下の方の水と混ざりにくい)

 以上のように、状況に合わせて、より合理的な方法を採用すればよいと思います。

 ただし、そういった理科的な理由とは別に、特に日本では、No.1さんのような「社会通念上」「生活習慣上」の理由も存在します。特に年寄りがいたり、古い習慣の残っている地域では、そういったことも考慮が必要でしょう。
http://www.sougiya.biz/kiji_detail.php?cid=135

理科的には、どちらでも同じです。

 現実的には、「湯を作るもの」(やかんやビーカー)と「混ぜてぬるま湯を作る器」が別な場合には、「耐熱性」を考えれば「水に湯を加える」方が制約が少ないです。
(理由)100℃近くまでの耐熱が必要なのが、「湯を作るもの」(やかんやビーカー)だけで済むからです。熱湯では変形したり有害物質を析出するようなプラスチック容器でも、ぬるま湯が作れます。
 これを「湯に水を加える」方法で作るには、「混ぜてぬるま湯を作る器」の方も100℃近くまでの耐熱が必要となりま...続きを読む

Q【将来的に人間の仕事の多くはロボットに奪われて多くの人は失業し、人間は高度な専門職だけの仕事が残ると

【将来的に人間の仕事の多くはロボットに奪われて多くの人は失業し、人間は高度な専門職だけの仕事が残ると言われているが】

現在の流れから見ると、

多くの仕事がロボットに奪われて、残る仕事はロボットを導入するより単価が安い単純労働だけが人間の仕事になると思っています。

高度な仕事ほどロボットが奪っていき、単純労働ほどロボットを導入するより人間を使った方が安上がりになる。

さらに文明が発展するとやっとここにきて単純労働もロボットに職を奪われる。

だから、ロボットに仕事を奪われるのは単純労働者より先に高度な専門職の方だと思う。

というか高度な部分だけロボットに奪われて、最後に単純労働だけが残るって話です。

将来的に医者は要らなくなって、最後には単純労働の注射を打つだけの人が生き残るみたいな感じになると思う。

Aベストアンサー

すべてのことをロボットが人に代わって行うならば、人間のすることはないので、人は働くこともしないですんでしまうので、自由な時間に自由な事をして遊んで暮らせます。

Q人間の濾過技術。 人間の身体はコーヒーなどの着色物を摂取しても尿になって排出されるときは黄色になっ

人間の濾過技術。

人間の身体はコーヒーなどの着色物を摂取しても尿になって排出されるときは黄色になっています。

茶色い飲み物を飲んでも黄色になって出てくる。

これってあの茶色はどこに消えたのですか?

緑色のファンタジュースを飲んでも黄色。

不思議です。

緑色の着色料はどこに消えたのでしょう?

Aベストアンサー

オシッコは、血液から老廃物なんかが濾過されたもので、飲んだ水分が、オシッコになるわけじゃないですよ。
尿管は、腎臓から出てます。胃や腸と直接つながってないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報