平成20年、実父が亡くなり相続が開始しました。私は、幼少の頃、養子に出された身で、相続人は私と兄弟の合計3人です。実父は、家業で質屋を営み兄弟は一緒に働き、平成18年には実父は取締役を退き、兄弟が取締役に就任しています。

実父は、遺言公正証書を残しており、そこには私の一切名前は無く、内容は「不動産は、各々特定遺贈の形で兄弟に相続させる。家族経営の会社への貸付金、自営会社の株などは、割合的包括遺贈の形で兄弟に1/2ずつ相続させる」というものでした。私は、遺留分減殺請求を行いました。

遺産には、預金・現金は一切ありませんでしたが、私が父の銀行口座を調べて見ると、兄弟によって多額の預金が引き出されていました。銀行を訪ね引き出し伝票を見せてもらいましたが、兄弟が下しにきていることが明確に記載されていました。

そのため、現在は多額の引き出された預金が遺産に含まれることを確定するために、遺産の範囲を定めるために係争中です。その後、割合的包括遺贈の遺産の権利を確定するために、遺産分割協議→遺産分割調停→審判、それと同時に、不動産について共有物分割訴訟という手続きが必要と弁護士から説明されています。(兄弟は不動産について価額弁償の抗弁は主張しないと言っています)

実父は、平成16年頃、脳梗塞を患い日常の生活もままならず、弟が介護をしていたようです。実父は、施設に入る事を嫌い自宅療養を続けていたと聞きました。

そこで質問なのですが、今後、遺産分割協議の中で、兄弟から寄与分を主張されると思うのですが、その場合、寄与分は認められるのでしょうか?それとも、最低限の権利である遺留分は守られるのでしょうか?

寄与分の主張は、
(1)実父の質屋の経営を助け実父の資産形成に貢献したもの。しかし、兄弟たちは、多額の給与を受け取っており、取締役就任時には退職金も受け取っています。
(2)平成16年以降、実父の介護を続けてきた事。寝たきりではなかったようですが、トイレや入浴の手伝いなどをしていたようです。
が想定されます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

全然平気だと思います。



ただ、私の勉強した部分の家族法、財産法が変わっていればの話ですが・・
遺留分を侵害する寄与分を認定可能なんですが、負けずに生前贈与分を含めた請求をすりゃ良いです。

養子に出された為に受けた損害、受けれなかった利益も請求しましょう。

生前分与なら 例えば、2人の兄弟は塾に通いながら私立の高校に行き私立の大学に通いその後、車も買って貰った・・
これは、生前分与に当ります。 相続遺産の先渡し分です。
向こうが寄与分を請求して来たら生前分与分を請求しましょう。

別の兄弟は、既に生前分与を受けていたのですからその想定金額は引くべきです。
貴方は、生前分与分は実父から受けていないのですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
生前分与という考え方は初めて知りました。
大変、参考になりました。

お礼日時:2014/07/20 14:00

 遺留分を侵害する寄与分を認定することが「法的」に可能かどうか、という点については「可能」です。



 ただし、家庭裁判所の実務運用では、遺留分を侵害する寄与分の認定は行わないという「実務運用」をしているようです。

 質問の件について、遺留分を侵害する寄与分の認定が行われる可能性はとても低いと考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/14 19:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産相続で寄与分を主張したい

相続という問題に直面している最中なのですが、
生前、私は父から無償で土地を借りていました。
その土地に家(私名義)を建てたのですが、その際に元々農地だった土地が宅地となり、 評価額が50万から600万まで上昇しました。
私はこの上昇額550万円を寄与分として他の兄弟に主張したいと思っているのですが、 私のこの言い分は正当な物なのでしょうか?
また、兄弟から反対を受けた際は調停も視野に入れているのですが調停で認められる可能性は高いでしょうか?

実際、私が家を建てなければ農地だった土地が、家を建てた事により宅地となり市の評価額(資産税)が上昇したので、その上昇額は寄与分になる、と私は思うのですが皆さまの意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

No.6です。
農地が宅地となったために評価額が上がり、資産価値が上がった訳ですが、ご質問者の建築という行為が相続法上の寄与分に相当するかどうかという問題です。

土地評価額の550万円の増加が果たしてご質問者の建築という行為だけが寄与したのかということです。それを認めた父上やご兄弟は関係ないのでしょうか?

寄与分が認められれば、本件寄与部分以外の遺産相続は兄弟均等、寄与部分はすべてご質問者にということになりますが、それが妥当かどうかの問題です。

一方、無償で土地を借りた事による特別受益とは、無償で借りたことによって資産価値が減少した、つまり借りた人がそれだけ利益を先取りした、したがって相続時に先取りの利益を清算するということです。

どの程度の特別受益かは先にも書きましたが、時価の20~30%程度(本ケースの場合なら500万円前後)で、これを受益者であるご質問者が遺産分割に当たって支払うという計算をして合計額を均等分割することになります。

しかし、以上は厳密な基準としてご説明したことで、相続人間で了解があればお互い納得づくで分けられれば良いと思います。まあ、通常こういった場合なら、寄与も特別受益も主張せずに一切均等ということだと思われますが、ご参考まで。

No.6です。
農地が宅地となったために評価額が上がり、資産価値が上がった訳ですが、ご質問者の建築という行為が相続法上の寄与分に相当するかどうかという問題です。

土地評価額の550万円の増加が果たしてご質問者の建築という行為だけが寄与したのかということです。それを認めた父上やご兄弟は関係ないのでしょうか?

寄与分が認められれば、本件寄与部分以外の遺産相続は兄弟均等、寄与部分はすべてご質問者にということになりますが、それが妥当かどうかの問題です。

一方、無償で土地を借りた事に...続きを読む

Q包括遺贈の登記

Aが死亡したが相続人不存在 相続人でないBに財産全部を遺贈する旨の
遺言書あり(遺言執行者指定なし)。 
この場合、包括受遺者がいれば相続人のあることがあきらかでないことに該当しないので
相続財産法人とならないとあります。 とすると、通常、包括受遺者は単独申請できないと
思いますが、このケースでは単独で自己への遺贈の登記申請ができるのでしょうか? 
お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

家庭裁判所に遺言執行者の選任を申立ます。↓
http://www.courts.go.jp/vcms_lf/31933002.pdf

Q相続について…寄与を主張されました。

去年父が無くなり相続という問題が発生しました。
土地がいくつかあり、そのうちの1つに妹夫婦の家が建っています。
家の名義は妹の旦那です。

実は、妹夫婦が家を建てる際に農地(評価80万ほど)を宅地に変更しました。変更手続き自体は所有者の父が行なったのですが宅地に地目変更したことにより評価額が800万ほどに上がりました。

分家申請をし、妹夫婦は家を建てたおかげで農地から宅地に項目が変わり80万から800万に評価が上がったのだから差額を『寄与分』として認めろ、と言ってきました。

家を建てた→宅地になった→評価が上がった→寄与分

というのが妹夫婦の言い分なのですが順序的には父が地目を農地から宅地に変えたおかげで妹夫婦の家を建てられたと思うのですが妹夫婦が言う寄与分というのはまかり通る物なのでしょうか?

そもそも資産と評価額というものは同一なのでしょうか?
評価額の上昇=資産の増加なのでしょうか?

妹達が家を建てた土地は父名義のもので無償で父が貸していたものです。

なので私としてはこの寄与分というものが正当なのか疑問を感じます。そもそも自分の家を無償で土地を借りた上で建てただけなのに…。
皆さまのご意見お願いします。

去年父が無くなり相続という問題が発生しました。
土地がいくつかあり、そのうちの1つに妹夫婦の家が建っています。
家の名義は妹の旦那です。

実は、妹夫婦が家を建てる際に農地(評価80万ほど)を宅地に変更しました。変更手続き自体は所有者の父が行なったのですが宅地に地目変更したことにより評価額が800万ほどに上がりました。

分家申請をし、妹夫婦は家を建てたおかげで農地から宅地に項目が変わり80万から800万に評価が上がったのだから差額を『寄与分』として認めろ、と言ってきました。

家を建...続きを読む

Aベストアンサー

何の評価価格かわかりません。固定資産材の評価価格でも路線価でもありません。時価=原則売買価格を参考にする。
建物を建築したからと言って、売買価格がそれほど上昇すると思いません。
妹のもらう相続財産から、土地の使用料(借地相当額)を差引かなければなりません。
時価800万円とすると年間40万円程度を差引くべきです。
他の人同じで、寄与分は認められないと思います。

Q相続欠格-遺贈不可 廃除-遺贈可 ?

相続欠格者は遺贈を受けることが出来ないのはわかりますが、廃除された場合どうして遺贈を受けることが出来るのですか?
廃除するって事は相続させたくないって事だから遺贈するって事はないと思うんですけど。遺贈するって事が無いから、わざわざ規定しなくてもいいって事ですか?

Aベストアンサー

当時、廃除された方は、戸籍に廃除が、記載されています。

廃除取消をしますか。そこまでしなくても。--

また、戸主が、さかのぼって失踪宣告を受けた時は、
今でも、家督相続しますよ。
 取消すると相続関係がややこしくなります。
指定家督相続人が、失効します。
 戸主ーー出征により生死不明
  妻ーー夫の失踪宣告を希望せず、死亡した。
 弟 --失踪宣告の手続きを県知事に依頼する。
   昭和19年戸主死亡とみなされる。
 今年、指定家督相続人たる弟が、家督相続。
 長女 出もどりしているとする。取り消すと長女が
  家督相続する。 

Q遺産相続の寄与分の割合を教えて下さい。

A氏が20代で精神分裂病(統合失調症)になり、享年84歳まで、入院してました。A氏の遺産は(障害年金等-入院費)の預金です。
B(A氏の男兄弟の子)、C(ウチ・A氏の女兄弟の子なので別性)、D(別性)、F(別性)で財産を分ける事になったのですが、寄与分が何%程度なのか教えて下さい。
A氏をB家の親とC家の親で面倒を見ていました。C家は親が亡くなってからは疎遠でした。その後B家の親が去年亡くなりました。B家の言い分は、C家の親が亡くなってから31年間面倒を見た(夏服と冬服を届けたりしたそうです)と言っています。
B氏は墓を今後守り続けるのでA氏の供養も引き続き行っていくそうです。(ただしB氏の親も同じ性なので同じ墓に入っています。)
多少の寄与分を考えていたら、B氏は弁護士を雇い好戦的になってきたのでこちらも意地になってます。
正直たいした額ではないのですが、B氏の態度に腹が立ったので、、教えて下さい。   よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 寄与分は「被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与」(904条の2)があった場合に認められるものです。
 今回の場合、お話の限りではとても認められるようには思えません。

 あと寄与分があろうとなかろうと、話し合いにおいてはそれを考慮するもしないも当事者の合意次第です。合意ができない場合は調停や審判となります。
 また、祭祀の承継に関しては慣習により、一般の相続財産とはやや異なった取り扱いを受けます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報