『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

紫の鏡、紫手鏡、ムラサキカガミの菊人 形、赤い沼、赤い池、イルカ島、血まみれのコック、銀色のナイフ、紫の亀 、呪いの亀、黄色いミイラ、黄色い(黄色の)ハンカチ、赤い薔薇、青い手、青いイルカ 、血まみれのこっくりさん、こっくりさん、緑色のナイフ、赤い鏡、黄色い鏡

この言葉たちを20歳まで覚えていると死ぬか呪われる、不幸なことが起こる。

インターネットから見ました。
本当でしょうか?

A 回答 (4件)

本当ですよ


二十歳とは決まってませんが人間誰しも寿命があり,いずれは死が訪れます

普段でも使う&聞く単語も入ってますよね?
二十歳過ぎてもそんな意味不明な伝承話に怯えて言葉に詰まってると
社会人として二流三流扱いされていずれは不幸な事が起こるでしょう
例えば学校では秀才で通ってたのに社会に出るとポンコツな人っています
会社でポンコツに見られると昇進しにくい=不幸なことが起きる訳です

気にしぃは気疲れするので深~く考えないようにしましょ?
    • good
    • 0

その通り。

永久に死なない気でいる人だって、まず生きてはいられないでしょう、100年後にはね。
    • good
    • 0

大人なら誰でも知っているような単語も入っていますね。


これで死んでいたら、日本に大人はいませんな。
    • good
    • 0

 


本当です
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング