ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

USJのハリ-ポッタではほうきに乗り空飛べるのでしょうか
それでしたらいきたいなと思っているのですけど
魔法の学校みたいなのがあって,いけば魔法使いになれる
コツでも教えてくれるのですかね。
無理ですか。
宜しくお願いします。

A 回答 (6件)

 貴方の夢の中なら飛べますよ・・・・



 それでは、夢の中でお会いしましょう
    • good
    • 0

練習頑張って

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2014/07/14 23:07

こんばんはぁ~



私は200回も 飛びましたぁ~

ほうきが飛べば 私もとべまぁ~す

先輩も 海の向こうに 飛ばされましたぁ~

後輩は 私を 飛び越えましたぁ~

...........m(_ _)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうやって飛んだのですか。

お礼日時:2014/07/14 23:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/14 23:04

流石に ほうきでは無理だから 掃除機を改良して 翼を着け ジェットエンジンに すれば 飛べるかも?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

チャレンジしてみるのは前進ですよね。

遠い未来では車が空飛んだり、バイクが空
飛んでいると思いますよ。

お礼日時:2014/07/14 20:51

あなたがするべきことは、ほうきで空を飛ぶ方法を探すことではない。


いざ空を飛べるほうきに出会ったときに、実際に跨いで柄が股間に食い込む痛みに負けないよう鍛錬することだ。
でないと無様にぶら下がって飛ぶ姿を晒すことになる。
小学校の校庭には鉄棒がある。それを使って毎日練習しなさい。意外と難しいぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本でも魔法使いのサリ-とかは、ほうきに
乗り空飛んでいましたよね

お礼日時:2014/07/14 20:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間は「気」で空を飛べるのでしょうか?

メキシコのほうで人間のような形をしたものが飛んでいたという報告がありました。ほかにもそういう情報持ってるかた教えてください。
それと気を高め、コントロールしたら飛べるようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

「気」かどうかは知りませんが、歌手のさだまさしさんが子供の頃飛んだ経験があるそうです。
『噺歌集』(新潮文庫だったと思います)というステージトークを集めた本に掲載されてます。
子供のエネルギーは凄いもので、まだ世間の「そんなことできるわけない」という常識に支配されてないと、信じられない現象を引き起こすことがあるそうです。
大人になると常識が邪魔をするので、脳が活性化せず、修行をしなくちゃならないそうです。
人間は脳の本来の力を数%も使わないうちに死んでしまうそうですが、超人と呼ばれる人たちは通常の人より脳を活性化させているそうなのです。
ですから、「気」も脳の活性化だとすると、飛ぶことも可能じゃないでしょうか。
その方が夢が会って楽しいし、ワクワクします。
飛べたらいいですよね。

Q魔法使いになりたいです。

魔法使いになりたいです。
もう20歳の、女ですが、魔法使い、魔術師になる勉強をはじめようと思っています。
しかし、どこからはじめたらいいのかがわかりません。。

まずは本をたくさん読んで色んな方面から魔法、魔術に関する知識を得ることからはじめようかと思うのですが、私はどのような本を読むべきなのでしょうか?
また他に何をすべきでしょうか?

魔法、魔術に関する入門図書などでおすすめの物があれば教えていただきたいです。

箒にまたがって空を飛ぼうなどとは考えていません。
でも最終的には、自分が魔法使いだと名乗れる自信と知識を身につけたいと思っています!
釣りではありませんし、理解されがたいことも承知ですので、
中傷や冗談などの回答はご遠慮おねがいします。

Aベストアンサー

う~んそうだなぁ~・・・
どんな理由か分からないけど、魔術の知識が欲しいなら、適当に本を読むのも悪くは無いけど、初心者には多分理解しづらいんじゃないかな?
生命の木(セフィロトとかパス)はかなり面倒だしね。

有る程度知ってる人ならともかく、初心者がいきなり「黄金の夜明け魔法大系」とか読むと全く理解出来ないと思う。

初心者向けの「実践魔術講座」や「魔法入門」は今なかなか手に入らないからねぇ。
あぁ、実践魔術講座はダウンロード版が有ったかも。
最初は「実践魔法カバラー入門」「魔法修行」あたりが妥当かな。
んで、有る程度理解して、実践してみて気にいったら色々やってみたら?

特別な能力が欲しい場合、魔術に拘って無いなら、「仙道」「ヨーガ」「密教」「神道」とかでもいいと思う。(だって魔術は基本西洋人向けだから)
西洋人なら魔術を勧めるけど、東洋人なら密教とかの方が合ってる可能性が高いと思う。(勿論、例外も居るし、苦手でも出来ないわけじゃ無い)

とりあえず、魔術に絞ると、他にはデイヴィッド・コンウェイの「魔術 理論編、実践編」とかを読むことを勧める。(間違ってもアレイスター・クロウリーのは買わないこと。)
それ以外は、やっぱ結社入るしか無いね。
そういや、魔術堂でたまに魔術教室やるみたいだけど。

それと、黒魔術(低次魔術)をやる気が無いなら、最初から高等魔術の修行だけするってのも手じゃない?(難しいと思うけどね)

う~んそうだなぁ~・・・
どんな理由か分からないけど、魔術の知識が欲しいなら、適当に本を読むのも悪くは無いけど、初心者には多分理解しづらいんじゃないかな?
生命の木(セフィロトとかパス)はかなり面倒だしね。

有る程度知ってる人ならともかく、初心者がいきなり「黄金の夜明け魔法大系」とか読むと全く理解出来ないと思う。

初心者向けの「実践魔術講座」や「魔法入門」は今なかなか手に入らないからねぇ。
あぁ、実践魔術講座はダウンロード版が有ったかも。
最初は「実践魔法カバラー入門」「魔法...続きを読む

Qなぜ魔女や魔法使いは、ホウキで空を飛ぶのでしょうか?

なぜ魔女や魔法使いは、ホウキで空を飛ぶのでしょうか?
ホウキなんて物を使わなくても、魔法使いならば、そのまま空を飛べるような気がするのです。
西洋では、ホウキに特別な意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

絵にしやすいという理由が大きいでしょう。
またフロイト的に言えば、男根の象徴となるでしょうか。

古い文献では必ずしもホウキに乗るとは限っていなかったようです。
「香油を塗りたくって、空を飛ぶ」とか、
「フクロウに変身して飛ぶ」など。

ある漫画で、魔女の女の子がホウキを壊して困っていると、弟が
「ホウキがないと飛べないの?」
「飛べるわよ」
「じゃあホウキなしで飛んだらいいじゃん」
「外に出るのに靴を履かない人がいる?」
というやりとりがあって、妙に納得しました。

Q魔法を使うには…物理的に…

魔法を使うには、例えば……
人が火を起こして敵に投げつけたり、誰かの体力や病気を回復したりだとか、テレポートしたりだとか、
この世の物理法則が、どうであれば実現できると推測されますか。
例えば、ニュートリノの十倍早い粒子が当たり前に認知されているとか、それに伴って、時間をどうにかできるとか、ヒッグス粒子が当たり前に扱えるとか……。
雑談的にお答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

幻惑系は現状でも実現できなくもないでしょうが、とりあえず「エネルギー保存則」が成立しない世界なら、他の大抵の魔法も実現できるでしょう(後述の通り、そんな世界ではむしろ「ただ存在する」って事の方が難しくなるでしょうけど)。生と死の区別さえ曖昧になりそうです。

何もない所からローコストハイリターンでエネルギーを取り出せるなら、火炎・爆発系,電気,風系といった魔法が行使できますし、エントロピーを縮小させる方法があれば冷却系・闇系の魔法もOKです。
位置エネルギーや慣性といった運動エネルギーを無視できるならば、浮遊系も瞬間移動(空間入れ替え)も時間移動も透明マントも実現できるでしょうし、保存則を無視できるって事は原子レベルの変容を認める事ですから錬金術だって思いのまま。

比較的難しいのは「動物と自由に話す」とか、姿かたちを大きく変容しても感覚・意識は元のまま保つなんて魔法です。
あなたはネズミと政治について語りあったり、突然タコになって8本足を自由に動かすなんてこと出来ると思います? ま、変容が当たり前の世界だったらさしたる問題はないかもしれませんうが、その場合は「自分」を認識する事ができるかな…?


摩擦や抵抗による発熱・エネルギー供給といったE保存則からくる問題をクリアできるならば、モータ一つで自由に空を飛び回る竹コプターだって実現できるんですけどねー。

幻惑系は現状でも実現できなくもないでしょうが、とりあえず「エネルギー保存則」が成立しない世界なら、他の大抵の魔法も実現できるでしょう(後述の通り、そんな世界ではむしろ「ただ存在する」って事の方が難しくなるでしょうけど)。生と死の区別さえ曖昧になりそうです。

何もない所からローコストハイリターンでエネルギーを取り出せるなら、火炎・爆発系,電気,風系といった魔法が行使できますし、エントロピーを縮小させる方法があれば冷却系・闇系の魔法もOKです。
位置エネルギーや慣性といった運動エ...続きを読む

Q魔女がほうきに乗って空を飛ぶのはどうして

西洋の魔女の伝統では、魔女はほうきに乗って空を飛びます。
魔法使いのドラマや映画でも半で押したようにほうきに乗りますね。
このユニークは発想はいつごろ、誰が考えたことなのでしょうか?
出典などわかれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

魔女が空を飛ぶ時に使うものは箒だけではありません。熊手、杖、豚、果ては山羊の尻尾に掴まって飛ぶとされています。

尤も魔女が実際に飛行する、という概念が定着したのは15世紀あたりの事だったようです。
それ以前、特に10世紀頃には「魔女が飛行を行う事は不可能である」という説が大勢を占めていました。
小児の脂、トリカブト、大麻などで調剤された軟膏を全身に隈なく塗り、それによる幻覚作用で擬似的飛行体験をするのだ。という説です。
後の1960年に民俗学者のエーリッヒ=ポイケルト教授が実践しており、それによると当時の魔女裁判の記録にみられる魔女達の飛行経験と同じ体験をしたとのことです。
しかし当時それを明確に否定し、魔女は実際に飛行するものだ、とする書物が発表されました。
1486年に発刊された「魔女への槌」というものです。
これによって魔女への迫害が加速するわけなんですが…。
私は同書を読んだ事がないので、魔女と箒について書かれているかが解りません。ただ、魔女を明確に『キリスト教的な悪』と言い切った書物なので、限りなく怪しいとは思うんですが…。

元来、箒には呪術的・神秘的な意味合いというか、信仰対象というか、そういったイメージがあったようです。
元々魔女はシャーマンや巫女的な役割を持った人の事を言いますので、そこらへんと箒の持つイメージが習合したんじゃないでしょうか。

魔女が空を飛ぶ時に使うものは箒だけではありません。熊手、杖、豚、果ては山羊の尻尾に掴まって飛ぶとされています。

尤も魔女が実際に飛行する、という概念が定着したのは15世紀あたりの事だったようです。
それ以前、特に10世紀頃には「魔女が飛行を行う事は不可能である」という説が大勢を占めていました。
小児の脂、トリカブト、大麻などで調剤された軟膏を全身に隈なく塗り、それによる幻覚作用で擬似的飛行体験をするのだ。という説です。
後の1960年に民俗学者のエーリッヒ=ポイケルト教授が実践...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報