スキレットという鋳物のフライパンが欲しいのですが、ロジックと100均のものでは仕上がりにどれぐらいの違いがでるものでしょうか?

価格があまりにも違うので悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご補足ありがとうございます。


また回答いたしますが、あまりお役には立てないと思います。なぜなら私は鉄製のポテンシャルを活かしきれていないと思うからです。
この連休の初日も、午前中はスキレットを再度シーズニングしたりしていました。
なんかすごく連休っぽい…vとか悦に入っていましたが、上手に使っている人はこんないいかげんな使いかたしないと思うので。
でも最初にご質問を拝見したとき、まだ売ってるとこあるの?!再販?即買いだよ!私だったら…絶対逃さないのに!2つ…いや、4つは買うのにー!と思いながら回答してました。
そういう回答者で恐縮ですが。

今までテフロンのフライパンをお使いだと鉄フライパンは扱い方が違うので戸惑うと思います。
たとえばこちらのアマゾンの鉄フライパンのレビュー。
http://www.amazon.co.jp/RIVER-LIGHT-%E3%83%95%E3 …
700人近い「参考になった」を押されているレビューに、コツを細かく書いてあります。
この方の通りすればだいたいこびりつき等なく、レベルの違うというほどのお店っぽい焼き加減で感動できます。

が、ぱっと見た状態で「今180度ぐらいの適温」とわかるものでもないので、何度も使って「だいたいこれが適切な状態」というのを覚えていかないといけません。
これができないと、いつまでたっても油が多く必要でヘルシーじゃない、こびりついてもったいない、なんか焦げついてぜんぜん上手く焼けない、洗うのが大変、こんなはずじゃなかった…あの高評価はなんなの…、
という不満を持つことになります。
鉄フライパンのレビューの中には「やはりテフロンに優るものはない」と書いている方がいるのはそのためでしょう。
テフロンみたいになんとなく使っても不可な焼き上がりができない鍋ではないです。
なので大きなスキレット、あるいは板厚の鉄フライパンに切り換える場合は、本腰を入れて性質を覚えないと使いこなせずイヤになってしまう可能性が高いように思います。

ですが、100スキは、鉄フライパンに切り換えるほどの覚悟も必要なく、もし使いこなせなかったとしても値段的に惜しくはないし、食卓にステーキレストランみたいに熱々の料理を出す皿としてだけ使ったって十二分に活用していると言えます。
というより、100スキは大きさ的に個人用の小さい鍋だと思います。
なので、もし今後見かけることがありましたら、お試しに買ってみてとおすすめしたいです。

ロジックのスキレット、確かに重いです。
10と1/4インチは2.4kgもあるので、材料が入った状態でふりまわせる人は相当力持ちに限られると思いますし、そんな人でもてっとりばやく腱鞘炎になりたいのでもなければあおることはおすすめしません。
ただ、こちらの方の質問への回答に書いたのですが、http://oshiete1.nifty.com/qa8236951.html
フライパンには2種類あると分かりました。
西洋料理でおなじみの「じっくり焼く」のに適した厚く重いフライパンと、中華のようにあおりを入れる料理をつくるための薄手のフライパンです。
最低でも2種類必要だと思います。
鉄は酸に弱いため、トマトソースをフライパンでよくつくる人は別途ソースパンと、アルミのフライパンも必要ということになります。
スキレットは前者の、いちどコンロに据えたらどっしり据えたまま動かさずに焼くことに特化したフライパンです。
ロジックやユニフレームの分厚さは熱を蓄えるのに必要だからの厚みです。
最初の回答でふれた蓄熱性能、保温性と書かれることもあるこの性質、正確には比熱容量が高い低いと表現します。
比熱容量が高いと素材を入れた時に鍋肌の温度が下がらないので、適温で調理できます。
比熱容量の高い低いは鍋の質量(重さ)に比例するので、スキレットは分厚くつくってあります。
なので、「じっくり焼く」ためのフライパンで薄いのや、サイズダウンはおすすめしません。
ただこの比熱容量の高さは扱い難さにもつながります。
あっ、温度上げすぎた…というときに、なかなか下がらない。朝忙しいときに、前もって加熱をはじめないと適温にならない。
この点で100スキは扱いやすいとも言えます。

比熱容量が高くなるということと、質問者さんと同じ、取っ手の反対側に持ち手があったほうがいいという理由で10と1/4インチを選びました。
取っ手は確かにあったほうが便利です。9インチでも材料が入ると両手でないと持ち上げるのは厳しいと思いましたが、取っ手がないと持ち上げられないです。
持ち上げられないと、油返しで油を捨てるときがめんどくさい。キッチンペーパーで吸い取る式しかできないから。
ということと、セットで買った極の26cmのフタが10と1/4にぴったりだったのでこの大きさにしました。
重いけれど、ストウブもほしいですし、重さに理由があるとわかったのでそういうものだと割り切れた上で買いましたので、私は重いことにストレスは感じません。
60代になったらテフロンに戻すか、アルミか軽いステンレスだけにすると思いますが、だからあと30年は使うつもりです。
いいかげんに扱って焦がしちゃった、魚がこびりついた、とか、パンだからいいやって洗わずいたら赤錆浮いてきちゃった、ということはやらかしていますが、上手く焼けたときはぱりっと仕上がって美味しいですよ。

10インチ以上必要なら、100スキにはない大きさなので、結局きちんとしたメーカーのものになると思いますが…。

手入れが面倒、特に洗ったあとに油を塗るのがイヤ(べたべたしてくる、虫が寄ってきそう)なら、スキレットよりさらに高価になりますが、リバーライトの極の板厚をおすすめします。
上の質問を添付したのは、この質問の質問者さんの選んだ理由が理に適っていて感心したからです。ぜひごらんになって、同じように感心してほしいです。
素材の鉄そのものが非常に錆びにくい加工をしてあるとかで、手入れがとてもラクです。錆びても、表面加工ではないので遠慮なくこすり落としができますし。

他に、スキレットではなくても「焼くためのフライパン」には評価の高い山田工業所、海外ならデバイヤーや鍛造のターク(ドイツに旅行に行くときについでに買えば、重いけど現地価格は日本の数分の1です)などもあります。

長くなりましたが、ぜひ、鉄フライパンのことをよく調べて、そしてはまってほしいです。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

こんなにも詳しくお答えいただきありがとうございます。

私も、自分なりのこだわりや経験上のことを回答したいと思う質問などを見つけたりもしますが、文章にする事の難しさとかかる時間などを考えると結局そのままになってしまうことが多いので本当にありがたく思います。

参考URLも読ませていただきましたが、皆さん詳しくてびっくりしてしまいました。
いまでは「極」が欲しくなってしまいました!
回答者様も鉄のポテンシャルを生かしきれないとは仰るものの、フライパン以外にも調理道具やお料理に関してもかなりの知識と腕前をお持ちと見ました。
フライパンだけに関らず、ハンドミキサーやフードプロセッサー、ホームベーカリーから美味しいマヨネーズの作り方までお話を伺ってみたくなってしまいます。

鉄のフライパンは一度5000円位のものを購入したのですが、もう「錆びる」「くっつく」で空焼きしたり水につけたりしてみましたが、しまいには底が変形したりして使いこなせませんでした。
オムレツや焼きそばなどテレビで見るように作ってみたいものです。

しかし我が家には2つの大きな問題があることに気づきました。

一つはコンロが自動で温度感知して弱火になってしまうこと。解除が出来ないのでフライパンを熱するということが出来ません。
もう一つは主人の使い方が滅茶苦茶なことです。テフロンなども長持ちさせるためにはある程度のコツを守らないといけないのですが、空焼き、熱いまま水につける等、注意してもこのような使い方をするのですぐに駄目になってしまいます。

そう考えると、鉄のフライパンのほうが向いているのか?とも思いますが、以前の焦げ付きフライパン(私が使いこなせなかっただけなのですが)のこともあり、手が出せない状態でした。

その点、「極」は軽い、ガシガシOKとのことでスキレットはどこへやら、購入候補の筆頭になってしまいました。

スキレットもお好み焼、餃子などに是非使ってみたいので、またよく見比べてみます。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2014/07/23 14:59

通称100スキですか?


もうどこの百円ショップでも取り扱いがなくなったと思っていました。

私はロジックのスキレット10と1/4インチのものを使っています。フタは極のですけど。
100スキ、ときどき探してはみるのですが、一度も見かけたことがないです。
どこの百円ショップかわからないので、一般的なことを。

鉄の鍋としての優れているところは、熱伝導率が高くもなく低くもなく、蓄熱性能がそれなりにあるところです。
そのため食材を鍋を充分加熱してから油返しをして食材を入れれば鍋肌の温度があまり下がらず、「美味しい」とされる160~180度でむらなく美味しく焼けます。

100スキがロジックやユニフレームのものに劣るとしたら、薄く造っているでしょうから質量が少ないところです。
蓄熱性で劣るということになります。
温度が低い大きな食材を入れると鍋肌が下がってひっつきやすく、またぱりっと焼けなかったりすると思います。
ただ、ごらんになった100スキが数年前に人気になったダイソーやセリアのものより薄かったとしても、価格が数倍ある他メーカーと比べて仕上がりも数分の1というほどではないと思います。
厚みも価格差と同じぐらい薄くって小さなフライパンでしかないというのなら別ですが…。
もともと100スキはサイズが小さいので、入る食材の量が限られるからです。

もしスキレットに興味をお持ちだけれどまだどれも買ったことがないのでしたら、良い入門鍋になるでしょう。
店頭で二つ合わせてみて、蓋になりそうなら偶数で買われることをおすすめします。蒸し焼きができます。

それで鋳鉄鍋に慣れたら、ロジック等ほかのメーカーのものを100スキにない大きなサイズで買うなど使い分けをなさるといいと思います。

この回答への補足

とても詳しく説明していただきありがとうございました。
あるブログで「ロジックのスキレット」を知り、なんだか欲しいなーと検索していたら「100スキ」なるものを見つけ、以前100均で目にしたことがあるので今も普通に売られているのかと思っていました。
もう販売していないのですね。なぜでしょうね??

迷惑でなければ教えて頂きたいのですが、ロジックのスキレットはいかがですか?
口コミを見るとやけに「重い」というのが多くて躊躇しています。
蓋は揃いのものでいいかと思うのですが、もっと使いやすいものがあるのでしょうか?

サイズも10インチかそれ以下か・・。
私は二人家族なので8か9でも十分かと思いましたが、10以下だと持ち手の反対側の持つ部分がないので更に重く感じるともあったり、大体の料理は少し多めに作るので10インチはあったほうがいいかと思ったりなのです。

重いし手入れは面倒だしで、使わなくなってしまうのも悲しいし、でも一生もののフライパンも捨てがたいし・・うーーーん。

ア、アドバイスいただけると助かります。

補足日時:2014/07/22 13:46
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキレットのシーズニングについての質問です。家庭用ガスコンロでスキレットの空焼きを行ったのですが、

スキレットのシーズニングについての質問です。
家庭用ガスコンロでスキレットの空焼きを行ったのですが、ある程度までスキレットの温度が上がるとガスコンロの火が弱火になってしまうのですが、シーズニングの空焼きは弱火で出来るのでしょうか?
また、薪や炭の炎でもシーズニングは出来るのでしょうか?
回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

センサー付きだとそうなりますよね。
圧延鉄板のフライパンではなく鋳鉄なので青く焼くより油なじませる。で良いですよ。
一番簡単なのは天ぷらやコロッケ(冷凍でも良いですよ)なんか揚げるのにしばらく使って下さい。

Q100均(ダイソー)のフライパン

100均(ダイソー)にフライパンって、売っているでしょうか??
小さくてもいいのでできれば鉄製がいいのですが・・

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足です。
うちの近所のダイソー(わりと大きな店舗)には普通の丸型と、卵焼きなんかに使う角型の鉄製フライパンが置いてます。
昔、使ってたんですが(やはりテフロン加工などないので)それはそれはよくこびりついてくれまして・・・
短期間で使うのをやめた経験があります(^^ゞ

Qフライパンとスキレットの違いを教えて下さい。 軽いフライパンではなく、わざわざ重いスキレットを使う理

フライパンとスキレットの違いを教えて下さい。
軽いフライパンではなく、わざわざ重いスキレットを使う理由は何でしょうか?

Aベストアンサー

保熱性と熱が均一に伝わりやすいこと、あとは遠赤外線の効果によつて、素材に熱が均一に伝わりやすく、料理がおいしく仕上がります。

Q鉄フライパンの購入を考えています。柳宗理ファイバーライン鉄フライパンとリバーライト鉄フライパン極で

鉄フライパンの購入を考えています。
柳宗理ファイバーライン鉄フライパンとリバーライト鉄フライパン極で迷っています。
どちらがイイでしょうか?それとも他にもっといいものがありますか?
色々アドバイスを頂けたらなと思います。

Aベストアンサー

私は極を使ってます
友人はエンボス加工(ファイバーライン加工と同義)
一長一短有ります
フライパンとして使うには 柳宗理
中華鍋は極だと思います 

柳宗理は 脂の馴染みが良いので 焦げ付きにくくあおらなくても焦げにくいです
食材を触らずの調理が出来ます
鉄鍋の最終の手入れが必要です

極 鍋をあおる料理に向いてます 軽くて扱いやすい
手入れは不要錆びない(錆びにくい)ので楽です

両製品は家庭用で 凄く使いやすくなってます
焼いた物を直接オーブンで加熱を続けたりは不可能です
極は軽くて使いやすいですが 取っ手が貧弱ですが十分使えてます

Qルクルーゼのスキレット、グリルについて教えて下さい。

ルクルーゼのスキレット、グリルについて教えて下さい。
フライパンを買い替えようと思うのですが先日オーバル(日本仕様)を購入しとても気にいっているのでスキレットかグリルをと思っています。
色々ネットでも探していますが、気に入る大きさはどれも並行、又は正規輸入品です。
日本仕様に特にこだわる必要はないのでしょうか?
また、使いかってはどうでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前のQ&Aです。
使い勝手については多少参考になるかと思います。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5924436.html


>フライパンを買い替えようと思うのですが
グリルはフライパンの代わりにはならないですね。
スキレットは何cmくらいをお考えですか?
20cmを持っていましたが、本当に重いです。
私は結構力がある方だと思いますが、オムレツを作る時、片手でトントンしようにもキツイです。
コンロに置いたままで使用するならば、重さはあまり関係ないかも…ですけどね。


>日本仕様に特にこだわる必要はないのでしょうか?
ココットロンドですが、両方使用しています。
よく、並行品は「サビやすい」と言われますが、どちらもこれと言った違いはありません。
普通に使用していれば、そうそうサビなんて浮いてこないみたいです。
一番古いもので20年くらいですが、サビの一つも浮いていません。
使用頻度の高いモノ(10年くらい)は蓋の裏側に若干サビ色になっている箇所がありますが、浮いてはいません。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5924436.html

以前のQ&Aです。
使い勝手については多少参考になるかと思います。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5924436.html


>フライパンを買い替えようと思うのですが
グリルはフライパンの代わりにはならないですね。
スキレットは何cmくらいをお考えですか?
20cmを持っていましたが、本当に重いです。
私は結構力がある方だと思いますが、オムレツを作る時、片手でトントンしようにもキツイです。
コンロに置いたままで使用するならば、重さはあまり関係ないかも…ですけどね。


>日本仕様に特にこだわる必要はないので...続きを読む

Q100均にもあるというパスタ茹で容器

 使ったことある方いらっしゃいますか?
水と塩と乾燥パスタを入れて、電子レンジでチンをする
専用の容器です。
使ってみたいのですが、「茹るの?」という疑問があります。
鍋ですと、「たっぷりの湯で茹でる」と書いてあるじゃない
ですか。
あんなに少ない水でも、もっちりと茹でられますかねー。
 教えて下さい!

Aベストアンサー

私も半信半疑でしたが、使ってみたら意外と美味しかったのでびっくりです。
容器に水ではなく、60度以上のお湯(湯沸かし器の最高温度位でOK)を
入れて電子レンジで加熱すると上手く行きます。

参考URL:http://portal.nifty.com/2010/04/05/a/index.htm

Qロジックか100均か?スキレット

スキレットという鋳物のフライパンが欲しいのですが、ロジックと100均のものでは仕上がりにどれぐらいの違いがでるものでしょうか?

価格があまりにも違うので悩んでいます。

Aベストアンサー

ご補足ありがとうございます。
また回答いたしますが、あまりお役には立てないと思います。なぜなら私は鉄製のポテンシャルを活かしきれていないと思うからです。
この連休の初日も、午前中はスキレットを再度シーズニングしたりしていました。
なんかすごく連休っぽい…vとか悦に入っていましたが、上手に使っている人はこんないいかげんな使いかたしないと思うので。
でも最初にご質問を拝見したとき、まだ売ってるとこあるの?!再販?即買いだよ!私だったら…絶対逃さないのに!2つ…いや、4つは買うのにー!と思いながら回答してました。
そういう回答者で恐縮ですが。

今までテフロンのフライパンをお使いだと鉄フライパンは扱い方が違うので戸惑うと思います。
たとえばこちらのアマゾンの鉄フライパンのレビュー。
http://www.amazon.co.jp/RIVER-LIGHT-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3-26cm-12K26/product-reviews/B000R8KIRA/ref=sr_1_5_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1
700人近い「参考になった」を押されているレビューに、コツを細かく書いてあります。
この方の通りすればだいたいこびりつき等なく、レベルの違うというほどのお店っぽい焼き加減で感動できます。

が、ぱっと見た状態で「今180度ぐらいの適温」とわかるものでもないので、何度も使って「だいたいこれが適切な状態」というのを覚えていかないといけません。
これができないと、いつまでたっても油が多く必要でヘルシーじゃない、こびりついてもったいない、なんか焦げついてぜんぜん上手く焼けない、洗うのが大変、こんなはずじゃなかった…あの高評価はなんなの…、
という不満を持つことになります。
鉄フライパンのレビューの中には「やはりテフロンに優るものはない」と書いている方がいるのはそのためでしょう。
テフロンみたいになんとなく使っても不可な焼き上がりができない鍋ではないです。
なので大きなスキレット、あるいは板厚の鉄フライパンに切り換える場合は、本腰を入れて性質を覚えないと使いこなせずイヤになってしまう可能性が高いように思います。

ですが、100スキは、鉄フライパンに切り換えるほどの覚悟も必要なく、もし使いこなせなかったとしても値段的に惜しくはないし、食卓にステーキレストランみたいに熱々の料理を出す皿としてだけ使ったって十二分に活用していると言えます。
というより、100スキは大きさ的に個人用の小さい鍋だと思います。
なので、もし今後見かけることがありましたら、お試しに買ってみてとおすすめしたいです。

ロジックのスキレット、確かに重いです。
10と1/4インチは2.4kgもあるので、材料が入った状態でふりまわせる人は相当力持ちに限られると思いますし、そんな人でもてっとりばやく腱鞘炎になりたいのでもなければあおることはおすすめしません。
ただ、こちらの方の質問への回答に書いたのですが、http://oshiete1.nifty.com/qa8236951.html
フライパンには2種類あると分かりました。
西洋料理でおなじみの「じっくり焼く」のに適した厚く重いフライパンと、中華のようにあおりを入れる料理をつくるための薄手のフライパンです。
最低でも2種類必要だと思います。
鉄は酸に弱いため、トマトソースをフライパンでよくつくる人は別途ソースパンと、アルミのフライパンも必要ということになります。
スキレットは前者の、いちどコンロに据えたらどっしり据えたまま動かさずに焼くことに特化したフライパンです。
ロジックやユニフレームの分厚さは熱を蓄えるのに必要だからの厚みです。
最初の回答でふれた蓄熱性能、保温性と書かれることもあるこの性質、正確には比熱容量が高い低いと表現します。
比熱容量が高いと素材を入れた時に鍋肌の温度が下がらないので、適温で調理できます。
比熱容量の高い低いは鍋の質量(重さ)に比例するので、スキレットは分厚くつくってあります。
なので、「じっくり焼く」ためのフライパンで薄いのや、サイズダウンはおすすめしません。
ただこの比熱容量の高さは扱い難さにもつながります。
あっ、温度上げすぎた…というときに、なかなか下がらない。朝忙しいときに、前もって加熱をはじめないと適温にならない。
この点で100スキは扱いやすいとも言えます。

比熱容量が高くなるということと、質問者さんと同じ、取っ手の反対側に持ち手があったほうがいいという理由で10と1/4インチを選びました。
取っ手は確かにあったほうが便利です。9インチでも材料が入ると両手でないと持ち上げるのは厳しいと思いましたが、取っ手がないと持ち上げられないです。
持ち上げられないと、油返しで油を捨てるときがめんどくさい。キッチンペーパーで吸い取る式しかできないから。
ということと、セットで買った極の26cmのフタが10と1/4にぴったりだったのでこの大きさにしました。
重いけれど、ストウブもほしいですし、重さに理由があるとわかったのでそういうものだと割り切れた上で買いましたので、私は重いことにストレスは感じません。
60代になったらテフロンに戻すか、アルミか軽いステンレスだけにすると思いますが、だからあと30年は使うつもりです。
いいかげんに扱って焦がしちゃった、魚がこびりついた、とか、パンだからいいやって洗わずいたら赤錆浮いてきちゃった、ということはやらかしていますが、上手く焼けたときはぱりっと仕上がって美味しいですよ。

10インチ以上必要なら、100スキにはない大きさなので、結局きちんとしたメーカーのものになると思いますが…。

手入れが面倒、特に洗ったあとに油を塗るのがイヤ(べたべたしてくる、虫が寄ってきそう)なら、スキレットよりさらに高価になりますが、リバーライトの極の板厚をおすすめします。
上の質問を添付したのは、この質問の質問者さんの選んだ理由が理に適っていて感心したからです。ぜひごらんになって、同じように感心してほしいです。
素材の鉄そのものが非常に錆びにくい加工をしてあるとかで、手入れがとてもラクです。錆びても、表面加工ではないので遠慮なくこすり落としができますし。

他に、スキレットではなくても「焼くためのフライパン」には評価の高い山田工業所、海外ならデバイヤーや鍛造のターク(ドイツに旅行に行くときについでに買えば、重いけど現地価格は日本の数分の1です)などもあります。

長くなりましたが、ぜひ、鉄フライパンのことをよく調べて、そしてはまってほしいです。

ご補足ありがとうございます。
また回答いたしますが、あまりお役には立てないと思います。なぜなら私は鉄製のポテンシャルを活かしきれていないと思うからです。
この連休の初日も、午前中はスキレットを再度シーズニングしたりしていました。
なんかすごく連休っぽい…vとか悦に入っていましたが、上手に使っている人はこんないいかげんな使いかたしないと思うので。
でも最初にご質問を拝見したとき、まだ売ってるとこあるの?!再販?即買いだよ!私だったら…絶対逃さないのに!2つ…いや、4つは買うのにー!...続きを読む

Q米研ぎ専用のボールってどうですか?(100均のではなく)

最近ステンレス(アルミ?)でできた米とぎ専用のボールを見ました。
ボールの側面には穴はなく、底の部分だけに穴があいています。
水を流しながら、米が研げて楽そうだし、米とぎ以外にも使えるしいいなーと思いましたが、2000円ぐらいしたので、まだ購入には至っていません。
あれって、使い心地はどうですか?
あと、購入するとしたら、私は一度に6・7合を研ぐのですが、その場合何センチの大きさのものが良いでしょうか。

Aベストアンサー

質問者さんのおっしゃっているのと形状が違うのですが、
米研ぎ専用ボウルを使っています。
うちで使っているのは、↓みたいなやつです。
http://www.bellne.com/shp/srvlt/PBelProductDisplay?storeId=10001&catalogId=10001&langId=-10&productId=553974

スーパーで棚卸商品として半額近い価格だったので、
試しにと買ってみました。
結構便利に使っています。

それまでは、電気釜の内釜で洗っていたので(洗ってOKのものでした)
水を切るときに米を流してしまうこともありましたが、
専用ボウルにしてからは、そういうことがほとんどなくなりました。
(たまにあるのは、おっちょこちょいのせい(^^;)
内釜も傷がつきにくいようで、コーティングのもちもよさそうな気がしてます。

底の部分に穴があいているものでも、
使い勝手は悪くないような気がします。
専用ボウルの利点は、ザルとボウルを2つ使わずに、
米が洗えて、米を流さないように楽に水切りできることだと思います。

うちでは、米研ぎ専用ですが、置き場所にさえ困らなければ、
便利な商品だと思っています。

6~7合の米を研ぐのに丁度いい大きさは、ちょっとわからないです。
私の持っているものでは、今まで5合研いだのが一番多いですが、
問題なく研げました。(径約21、高さ約12.5cm)

サイズが選べるならば、もう一回り大きい方が
研ぐときに勢いよくザッザッと混ぜられて
便利かもしれないですね。

質問者さんのおっしゃっているのと形状が違うのですが、
米研ぎ専用ボウルを使っています。
うちで使っているのは、↓みたいなやつです。
http://www.bellne.com/shp/srvlt/PBelProductDisplay?storeId=10001&catalogId=10001&langId=-10&productId=553974

スーパーで棚卸商品として半額近い価格だったので、
試しにと買ってみました。
結構便利に使っています。

それまでは、電気釜の内釜で洗っていたので(洗ってOKのものでした)
水を切るときに米を流してしまうこともありましたが、
専用ボウルに...続きを読む

Qスキレットが焦げつきます!

所持しているルクルーゼのスキレットなんですが、
何を焼いても張り付いてしまって手に負えません。

弱火がいいのか、それとも強火なのか?
油は少量、それとも大量に?
食材はじっと我慢?それとも揺する?

全て前者でやっていますが、これが間違いなんでしょうか。

シーズニングが欠けている、ということであれば、
どの程度の作業が必要なのか、こちらも教えて下さい。

Aベストアンサー

一度、たっぷりな油でエスカロッペでもお作りになって、そのまま洗わないでスキレットが冷えるまでほっておきます。そうすれば油がなじんで使いやすくなります。必ずスキレットは熱く焼いてから油をふんだんに使って料理をします。

Qフライパンの選び方、お気に入りのフライパンは?

フライパンを買う時に
いろいろなものがいろいろな値段で
販売されていて、よくわかりません。
長持ちして、お手入れが簡単な、
IH対応ではないフライパン
(ガスコンロなので)
は、どんなものがあるか
教えてください。
また、お値段が高ければ
丈夫で長持ちするのでしょうか?
お気に入りのフライパンも
教えてください。

Aベストアンサー

 先日、リバーライトの鉄製フライパンを購入しました。

 まず、テフロン加工か、鉄かで悩んでいました。
 思えば、テフロン加工って意外に長持ちしないです。
 油を敷かなくて良いのは、最初だけでした。
 そして、野菜炒めがべちょべちょ。
 出来上がった後、水がフライパンに溜まっているのです。
 ずっとテフロン加工を使っていたのでこれが当たり前だと思っていましたが、
同じようにやっているのに、鉄製フライパンだと野菜炒めが上手に出来ました。

 鉄製フライパンは、使用前後のお手入れ(油を塗る)さえすればこびりつかず、洗うのも楽でした。
 鉄製だったら何でも良いのでは、とも思ったのですが、リバーライトは鉄の上にコーティング(塗装)をしていないので、もし焦げ付きクセがついたとしても、紙やすりで削って空焼きしなおせば良いというところが気に入り、リバーライトを購入しました。
 (詳細はHPで!)

 もし、お手入れが苦でなければ、リバーライトをお勧めします。

参考URL:http://www.furaipan.com/shouhin/15furaipan/ribaaraito/furaipan60.html,http://www.kodawariyasan.com/river/r&l.htm

 先日、リバーライトの鉄製フライパンを購入しました。

 まず、テフロン加工か、鉄かで悩んでいました。
 思えば、テフロン加工って意外に長持ちしないです。
 油を敷かなくて良いのは、最初だけでした。
 そして、野菜炒めがべちょべちょ。
 出来上がった後、水がフライパンに溜まっているのです。
 ずっとテフロン加工を使っていたのでこれが当たり前だと思っていましたが、
同じようにやっているのに、鉄製フライパンだと野菜炒めが上手に出来ました。

 鉄製フライパンは、使用前後のお手...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報