乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

40代既婚子無し無職主婦です。

私の慢性的な悩みは、好きな事、やりたい
事が全くない事と、人との関わりが上手くいかない事です。

生い立ちにとてもコンプレックスがあります。

私は両親と姉の4人家族で育ちました。

父はとても家族愛が薄い上に社交性もなく、虚弱体質で休日は寝てばかりいました。
あと、極端に機械に弱く、カメラなどが苦手で、車の免許もなく、うちには車がありませんでした。
そんな不器用で頼りない父に母はいつも苛立ち、子供の運動会の記念写真くらいまともに撮れない事と、車が無い為、買い物はいつも母が自転車の前かごと荷台にダンボールをくくりつけ、汗水流して眉間に皺を寄せて疲れ果てて帰って来るのが常でした。

住まいは私が小学校中学年までボロボロで洗面所も風呂もない長屋でした。

母は機嫌の良い時と悪い時の差が激しい人で、根本的には家族の為に自分を犠牲にしてでも尽くす部分があったのですが、怒りに火がつくと、暴力と暴言が容赦なく飛んで来るとてもヒステリーな一面がありました。

私はちょっと変な子供だったらしく、母からしょっちゅう「出て行け」「死ね」「何でアンタなんか生まれて来たん?」「アンタなんか私の子じゃない」と怒られる度に暴力と共に言われ続けました。

母を怒られせると私だけ食事を抜かれ、家が狭いので家族全員が同じ部屋で就寝していたのですが、私の寝相が悪く、就寝中、母を何度も蹴った夜があったらしく、「アンタのせいで夕べ寝られへんかった」と憎々しく言い、布団を被って寝ているのに布団をはがして何度も何度も叩かれた事もあります。

そう言う時、父は母の手を止めるふりはするのですが、本気で止めさせようとしてるようには見えませんでした。

姉も意地悪な面が私の記憶には色濃く残っています。

外で一緒に遊んでいる時、近所のおばさんに私が怒られたりすると、心痛めるどころか笑ながら冷やかしました。

あと、幼い頃、親の目のない所で年上の従兄弟2人の前で全裸にされ、恥部をさらされた事があります。
従兄弟は男兄弟2人で女兄妹はなく、興味津々で身を乗り出して見ていました。
幼い私は何と無く恥ずかしかったと記憶していますが、どうする事も出来ず、無抵抗にされるがままでした。

親類縁者が皆不仲か疎遠でしたが、その当時は比較する対象を知らなかったので、自分の境遇が特別おかしいとは思っていませんでした。が、母からいつも親戚の誰かの悪口を聞かされて育ち、悪口を言っている相手と会った時には仲良くするのが不思議で仕方ありませんでした。

祖父母からも孫の中で特別可愛がられた記憶もなく、祖母が晩年、姉(初孫)の記憶はあるが、私の記憶はあまりないと傷つく一言を親戚の集まりで言われた事もあります。

親姉妹に限らず、幼い頃から人から大切にされた記憶がありません。
いつも邪険な扱いをされ、味方してくれる人もいた事がありません。

塾の先生からも点数の悪い答案用紙を表向きにして前の席の生徒から順番に渡り、私の手元に届く様な返し方をされたり、クラスメートからも皆の前で失礼な事を言われても庇ってくれる人は誰もおらず、私を軽く扱う人が増えるキッカケになるのです。

年齢が離れた男性上司やカーディーラーのセールスマンからもこちらは最大限に気を使って接しているつもりなのに、いつの間にか攻撃対象にされていたりで、四面楚歌です。

夫の両親とも折り合いが悪く、舅からはアンタ呼ばわりで、姑からは夫の実家に帰省すると食事時、必ず、夫と夫の弟の名前だけをわざわざ呼び、「たくさん食べてね」と居心地悪くさせる言動をとられますが、夫は見て見ぬふりです。

夫は私と夫の知人を交えると、いつも私を置いてきぼりにし、私の知らない話を2人でずっとしていたり、夫と知人が並んで歩き、私は2人の背中を見ながら後ろを歩くのです。

夫の友人、知人の中に私を侮辱する様なアダ名で呼んでくる人が居たり、夫と私が2人で居る所にわざわざ来て、私には一瞥もくれず、夫にだけ挨拶する人もいますが、夫は私の気持ちに寄り添う事なく、その人達と変わりなく付き合います。

以前、百貨店の贈答用果物の店でお供え物に買ったみかんが店頭に並んでいる物より一回り小さなサイズだけを箱詰めされていた事があり、抗議の末、代替え品を届けさせましたが、相手を選んでの対応だと思うので、惨めでした。

長年通っていたネイルサロンのネイリストからも不機嫌な時は容赦なく突っかかられ、身長が低い事を「かわいい」との言葉で馬鹿にされました。
彼女の後輩のネイリストからも会話中の相槌に「ウンウン」と言われ、その上、「私、◯◯さんの時、気い抜いてますよね~」と舐めた扱いを受けました。

普通にしていると、攻撃対象にされ、フレンドリーに接すると舐められ、尊重と親しみやすさを同時に手に入れられる人と自分は何が違うんだろう?といつも悩みます。

暫く通っていた鍼灸院の歳上女性鍼灸師からも会話の中で夫が長期出張なのを知ると「置いて行かれたんや~」と、嫌味発言され、私は人の意地悪心を刺激する何かがあるのかな?と感じました。

幼い頃から無表情とか怒ってるみたいと言われ、最近では疲れてると言われます。

もうここまで来ると、人と挨拶以上の会話をするのが恐くなり、半引きこもり状態です。

私の様な境遇はアダルトチルドレンになるのでしょうか?
発達障害も懸念しています。

特定の物に対する執着が強く、身の回りを好きな色の物で固めています。

洗濯物の干し方にも拘りがあり、タオルの上下や裏表が同じ向きでないと直さないと気が済まないのです。

音に敏感で声の大きな人に強い嫌悪感を抱いてしまいます。

人との折り合いが悪いだけでなく、いつも無気力で趣味も目標もありません。

起きている時間の大半が眠しんどく、起きていても活動できない時が殆どです。

潔癖性でもあり、ジムのお風呂や温泉の大浴場も気持ち悪く、公共物を素手で触るのに抵抗があり、スーパーのカゴやカートの取っ手はアルコール除菌シートで拭いています。



とりとめのない文章になってしまいましたが、私の育った環境はやはり普通ではないのでしょうか?

それと人から攻撃や侮辱を受けやすい人と尊重される人との違いも知りたいです。

生育環境が影響しているのかどうかも知りたいです。

生きていても毎日砂を噛んでいるみたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

回答者様は、純粋すぎるのですね。


だから人からされたことや言われたことをまともに受け止めてしまい、
いつまでも頭に残って苦しむのです。
質問者様がしょんぼりしている様を見ると、声をかけて元気付けてあげたくなりますが、
そういうのは質問者様の美質の一つなのでしょう。
人に無関心なのが当たり前のようになっているこの世の中で、
人が人に何か言うなどなかなかないことですし、
(人に何か言って恨みを買うのが怖くて、私はなかなか人にものが言えません。)
人にそう思わせる風情や愛嬌って、
氏育ちや年齢、立場をどうこうして身につけられるものではないです。
本当に怖いのは、こういう質問を立てても相手にされないこと・・・。
なので、質問者様の、人に何でも言われやすいというのは、
悪いことでもあるかもしれませんが、反面、いいことでもあるってことです。

悩みは人それぞれだし、どんなにお気楽そうでも誰でも何かしらあるものではないでしょうか。
私の考え方ですが、何かにつまずいたり悩んだりするのは関のようなもので、
そこを超えないと未来に行けないから悩むしかなかった、そう思うことにしています。

育った環境に関して、
私の知人でも、還暦近くで未だに「親の育て方が気に入らなかった」と言っている人がいます。
無意識下に親にどうこうされた分を他人にぶつけている節があって、
関わった後は、後ろ足で砂を引っ掛けられたような不快感が必ず残ります。
その方の奥様曰く、「成長過程で傷ついて、心に澱が残っているから」だそうです・・・、
未だに昇華しきれなくて周囲になすりつけているのか、元々の性格なのか今となってはわかりません。
からまれるとやっかいと周囲は皆引き気味で、本人は孤独な人ですが、
奥様とお子さん方には繊細によく尽くすので、家族仲は大変良いです。
周囲に気を遣わせ(れ)て、豪勢に、潤沢に暮しています。

でも、一方では、傍から見てても大変だっただろうと思われるのに、
辛いところを出さず、人といい付き合い方だけをされている方もいます。
その方の人との接し方を見ていると、その強靭な精神力と慈悲深さに頭が下がる想いです。
その方は怜悧な方ですが、自分の生い立ちを自分なりに昇華して、糧にされたのだと思います。

どちらのパターンもその人の選択だと思いますし、傍目にはそこそこ幸せそうに見えます。
私が知っているのはこの2パターンくらいですが、他にも選択肢はあるでしょう。
質問者様はどういう風にこれからなりたいと思いますか?


また、ご主人の友人とのお付き合いに関して、
自分個人のお付き合いではなく、ご主人や他人をはさんでの人づき合いとなると
理不尽なこともあるでしょうが、難しく考えたり必要以上に我慢をせず、
関係ない上に不快だからと、ご主人だけでお付き合いしてもらうのも一案ではないでしょうか。
ご主人が自分の都合のいい様に動かないと、その不満を奥さんのせいにしてぶつける、
そういう発想の人っていますよ。残念ですが。
これからは人間関係も含めて、できる限り、自分が快適なもので周囲を囲っていくと
ちょっと楽になれるのではないかしら。
お付き合いを続けられるのであっても、質問者様は質問者様らしくなさっていたら、
ある程度観察眼のある人なら、時間はかかってもそのうちわかってくれるでしょう。

こうしていろんな方にいろいろ意見を言ってもらうことができて
納得できるところもあったでしょうし、
未整理のままでいなければならない部分もあったかもしれない。
悩むだけ悩んだら、また日常に立ち戻っていただきたいと思います。
同世代&いくつか環境の被る立場として、
私から質問者様へのメッセージは、
人生を投げ出さず、お互いこつこつやりましょうね、です。

結局月並みなことしか言えませんでしたが・・・。言葉って難しいですね。
    • good
    • 4

こちらこそ、ありがとうございます。



質問者様は『愛』の意味を知っていますか?

愛は、感情ではなく、意思です。

寛容、親切、人を妬まない、自慢せず、高慢にならず、礼儀に反することをしない、自分の利益を求めない、怒らない、人のした悪を思わない、不正を喜ばない、真理を喜ぶ。
愛は上記のような意思の性質です。

完全な愛を、人に与えることは、とっても難しいことだと思います。

でも、努力をする価値があります。

なぜなら、愛をプレゼントすれば、お返しに愛を与えられるからです。

人間の一番の幸いだと考えます。




2度にわたるご回答ありがとうございます。

自分を愛する事が出来ないと人を愛せない、自分を尊敬できないと人からも尊敬されないと、聞いた事があります。

自分を愛する、自分を尊敬する、どちらも私にはただの一度も味わった事の無い気持ちです。

どちらも度を超えると、ナルシズム、自惚れになるのでは?と感じ、健全な自己愛、自己尊敬との境目がよくわかりません。

人から傷つけらた時、相手が故意であろうと無意識であろうと、どちらでも傷つけらたショックが少し和らぐと、傷つけた相手に対する怒りや憎しみの念を抱いてしまいます。

故意だと意地悪な人、無意識だと無神経な人と感じてしまい、あまりにもショッキングだとこちらから距離を置き、関わらないようにし、私の中で敵が1人増える事になるのです。

仰るとおり、何事においても人それぞれ主観に違いがあるから、摩擦が起こると言うのは私も常々感じております。

こちらも知らず知らずのうちに人を傷つけてしまっている事はあると思います。
勿論、最大限に言葉の端々、仕草や表情にも気を配るようにはしているつもりですが、大人数だと話題の内容そのものが、誰かを傷つける事もあると思いますので、それを考えると、本当に天気の話くらいしかできないのです。

病気の話や、血液型、外見や天性の授かりものに関する特徴、住まいの地域、職業、家族構成などは本当に限られた相手と少人数の時でないとできない話だと思います、と言うのが私の感覚ですが、中にはTPOを弁えずに思いついた事を配慮にかける声のトーンで話す人が少なくないのが現実のように思えます。

その様な人を私は無神経な人と感じてしまいますが、全てにおいて無神経だとまだ許せますが、自分の痛みにだけ敏感で他人の痛みには鈍感な人が許せないのです。

人に何か話す時、自分が言われる立場に立って気持ちを想像するととても口には出せないと踏みとどまる事をする人が多ければ摩擦が起きにくいのではないかと思うのですが、唐突に言いたい事を言い出す人の心理が理解できないと共にその様な人と関わりたいとも思わないので、愛を持って接するなんて到底できません。

愛を持って接するなんてそんなに簡単な事でしょうか?
    • good
    • 2

NO10.12.19です。


なんどもしつこくすみません。
私のことを、弱者とおっしゃっていますが、私はそうは思っていません。
私は人一倍努力しています。仕事ができるようになるため、私はあらゆる努力をしました。
誰もしないことを私が率先してやるのも、いきなりお客様が来ても大丈夫なようにとの思いもあります。
会社の一員として何をどうすればいいのか、よく考えると率先してやること・・となったわけでもあります。
お金をいただくんですよ。お金をいただく以上はがんばって当然ではありませんか?何をおっしゃっているんでしょうか(怒っているわけではございませんのであしからず)
他の方のお礼も見ての回答ですが、質問者さんは、どれぐらい色々がんばられましたか?
死ぬ気で、または寝る間もおしんで、がんばったことはありますか?
私は色々がんばりましたよ。だから、弱者とは思っていません。むしろ強者と思って生きているんです。
砂をかみたくないなら、人の言うことをああだこうだと悪く捕らえないことです。そして、素直に聞いて実践してみることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

4度にわたるご回答ありがとうございます。
しつこいなんて思いません。
私へのご回答にお時間を割いて頂きありがたく思っています。

過去に頂いたご回答を改めて読ませて頂いて感じた事は、やはり文字だけで伝わる事の限界のようなものを感じました。

舅からアンタ呼ばわりされる事を親しみをこめて、とおっしゃっていますが、それまでは名前にちゃん付けで物腰も柔らかかったのですが、アンタに変わった時は態度がそれまでとは別人の様に吐き捨てる様な物言いに変わり、とてもとても親しみをこめてとは思えない空気でした。

後で知った事ですが、私の父が私達の結婚を快く思わないのを先方両親に告げた直後だったそうです。(結婚数年後に夫に聞きました)ですが、私にとっては八つ当たりです。

お礼日時:2014/08/13 05:09

「私の育った環境はやはり普通ではないのでしょうか?」


 
 すべての人が、そうではないという意味では、「普通」ではないでしょうが、あなたのような人も珍しくないという意味では、「普通」です。
  

「それと人から攻撃や侮辱を受けやすい人と尊重される人との違いも知りたいです。」
 
 違いはあるでしょう。「人から攻撃や侮辱を受けやすい」ということと、「尊重される」ことは違うでしょう。
 

「生育環境が影響しているのかどうかも知りたいです。」
 
 生育環境が影響するという研究がたくさんなされています。


「生きていても毎日砂を噛んでいるみたいです」
 
 生育環境が影響しているとして、「だから、どうなのか?」ということです。生育環境が悪ければ、自分の人生を無駄にしますか? 生育環境が悪い→何をやっても無駄→一生、刑務所で暮らす、という人もいます。今、何をするかは、「今の自分」が決めることです。過去のことは、思い出話以上の意味はありません。過去に不満を持つ人は、実は、「現在の自分」に不満を持っているのです。「過去」ではなく、「現在」に問題があるのです。

 誰かに愚痴を聞いてもらいたいという心理は、誰にもあります。そういう友人がいれば、いいでしょうが、いなければ、愚痴を日記に書き発散させる方法もあります。インターネットへの書き込みが、愚痴の発散の場所になっているようです。しかし、それとは別に、自分が何をしたいのかが大切です。たとえば、呼吸をしたいから、今、息をしているのです。食欲は、食べたいから食べるのです。このような欲求は、生きる意欲の一部です。

 



 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

『自分が何をしたいかが大切』

したい事を見つけられずにここまで来てしまいました。

ひょっとしたら、好きな事はあったのかも知れません。
子供の頃から不動産のチラシを見るのが大好きでした。それと、家具屋さんや家庭用品、ベビー用品の売り場を見て回るのが好きでしたが、小学1年生の時、友達と休日に遊んでいる時に、近所のスーパーの家庭用品とベビー用品の売り場を見て回った事を日記に書きました。(担任の先生に毎日提出します)それを母が勝手に読み、

「子供のくせにこんなコセコセしたの丸出しな事、書かんの」

と、その時の自分では気付かなかった事ですが、見ていて楽しいと言うのは興味があると言う事だと思うのですが、その興味を人間性を否定する様な言葉で否定されたのを覚えています。

「アンタはつまらん子や。アンタみたいなつまらん子、どして産まれてきたん?」

と、数え切れないくらい言われ続け、その度にいたたまれない思いをしながらも、行く当てもなく、勿論お金もないので、黙って耐えるしかありませんでした。

不動産やインテリアに興味があるのは何と無く自覚していましたが、10代の頃、進路について母と話した時、不動産が好きな事を告げると、あんなガラの悪い業界に行くなと感情的に怒り出し、何を言ってもは否定ばかりされるので、自分の言いたい事が言えないばかりか、自分の意思や意見すらわからなくなり、自分をとても空虚な人間だと思うようになりました。

今どうしたいか、と言われたら、時間を取り戻し、好きな道に進む為の勉強がしたいと言いたいところですが、もう年齢的に雇ってくれる所もなく、第一以前患った病気が原因の体力の無さもあり、インテリアや不動産関連の仕事に就くのは諦めています。

私は身長が低い割には小学生でブラジャーが必要になるくらい、胸が膨らみ始めるのが周囲の子より早かったのです。

母はその事に対しても、怪訝な表情で、

「触りよったん?触ったらナンボでも大きくなるよ。こんなに早くお乳が大きくなるようじゃ頭に栄養がいかん訳やね」

と、成長に伴う体の変化についても自責の念で支配される様な気持ちにさせる事を言い、初潮がきた時も母には直接言えませんでした。

私はとても萎縮していると思います。
母を父を姉を恨んでいます。

母は他界して10年経ちますが、母の遺影を見ていると今でもムカムカします。

大人になったら、子供の頃の環境のせいにするなと言う趣旨の意見を多く頂きますが、石や岩が川の水で削られて形を生成する様に人間だって、環境で、特に幼少期の家庭環境で、人格が形成されるのではないでしょうか。

お礼日時:2014/08/08 18:34

辛かったですね・・完全なる毒親です。


よくぞ頑張ってこられましたね。
恥部をさらされるなんて耐えられない、どうしていいかわからなかったでしょう。
幼いころって無力ですからね。
今も心の傷が治らないのは当たり前だと思います。
過去のご自分をどうかなぐさめてあげてほしいです。

私はよく小町のサイトを見るのですが、
毒親に苦しんでいる女性がたくさんいます。
こちらにあげますので、良かったら読んでください。
少しはなぐさめになるのではないかと思います。
また、小町で「毒親」と検索すると沢山でてきます。

お互いに頑張っていきましょうね。

毒親育ちのトラウマ、フラッシュバック
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0528/660593. …

毒母の毒に気付いてから怒りが抑えられない
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0616/663970. …

毒親の影に怯えて生きる
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0520/316749. …

毒親のことを今更思い出す
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0530/413516. …



小島慶子 本
解縛―しんどい親から自由になる―

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/book/335111/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり毒親なのですね。
毒親と言う言葉を知ったのは約3年前です。

うちは住まいは貧相でしたが、食べ物をケチられたり、学校で必要な物を買って貰えなかったりする事は無く、習い事も複数させて貰い、成人式には振り袖一式買って貰いましたので、毒親と言うのとは少し違うと思っていました。

ですが、自分の心の声を聞いた時、どうしても産んで貰った事を感謝する気持ちにはなれないのです。

母は私と姉が居る所に声をかける時は姉の名前しか呼ばなかったのです。
寂しくて寂しくて1度母に理由を聞いた事があります。

「何でお姉ちゃんの名前しか呼べへんの?」

「A子ちゃん(姉の名前)って言うたら、B子ちゃん(私の名前)も呼んでる事」

と面倒くさそうに言われ、私の気持ちを理解しようとする姿勢は皆無でした。

うちは月極めのお小遣いをくれませんでした。小学3年生の時に、放課後クラスメイト数人と50円を持ってお菓子を買って皆で遊ぶ約束になり、母に50円欲しいと言ってもなかなかくれず、しつこく頼み込んで渋々貰った事があります。

ある日クラスメイト数人とプールに行く約束をし、300円欲しいと言ったのですが、200円しかくれず、プールの入場料を払ったらジュースも買えず、プールの後に皆がジュースやたこ焼きを買っているのがいたたまれなくて用事があるふりをして1人惨めな気持ちで帰りました。

その日偶然同じクラスの男子のグループとプールで会い、私が1人で帰ってる所に遭遇し、1人の理由を聞かれ、返事に困っていると、仲間外れやろ~と冷やかされ、恥ずかしさと惨めさでいっぱいになり、お金がないってつくづく惨めだと思いました。

その事を母に話したのですが、お金がない時は帰りなさいと言うだけでやはり私の気持ちを理解しようとする姿勢は皆無でした。

高校生になると下校時、突然ファーストフード店に立ち寄る事になったりするのですが、お金がない私にとっては冷や汗の出る瞬間で、またもや用事があるふりをして、友達と別れなければなりませんでした。

高校生になると、制汗スプレーやリップクリームが必要になり、そう言った日用品も思う様に買えないので、2年生から放課後週5日個人経営の蕎麦屋さんでアルバイトする事になりました。

中学生くらいから容姿の良し悪しが異性のみならず、同性の人間関係のポジションにも如実に影響する様な風潮になり、女子の顔の可愛さランキングなるものが学校の壁に落書きされ、私は測定不能と書かれており、容姿にも根深いコンプレックスを抱いていました。

高校は女子高でしたが、入学して間も無い頃、体育館の隅に口紅が落ちていて、友達と2人で見つけたのですが、私が拾い上げて中をみていたら一緒にいた友達が、ニヤニヤしながら、

「似合えへんて、あんたには」

と言い、ブスだと口紅に興味がある事も人前で悟られたらダメなんだと改めてショックを受けました。

その友達もお世辞にも綺麗ではありませんでした。

話が逸れましたが、私はその言葉だけではなく、クラブの先輩からも私にだけ露骨に容姿をけなす発言をされたりしていたので、学校に行く時も眉と目尻に化粧をするようになりました。

でも、元々可愛げに欠けるタイプのようで、バイト先の高齢女性経営者と長年厨房で働いている料理人の男性に目の前で化粧している事を小声でしかめっ面で噂されたりして、決して居心地の良いバイト先ではありませんでしたが、それ以上に月々3万円代のお金が入ってくる喜びの方が大きく、何とか続けられました。

紙幣が常にお財布にあるってなんて自信に繋がるんだろうと言う思いをかみしめ、下校時のファーストフードの約束にも冷や汗をかかずに済むし、友達とお祭りや買い物に行く約束も気軽にできる様になり、お金があるってなんて堂々としていられるんだろうとお金の魅力を痛感致しました。

それまで、お金がない事で惨めな思いを散財しました。

うちの両親は電化製品などにも無頓着で当時皆が持っていたCDプレーヤーはおろか、カセットテープがすぐに絡まってダメになる半分壊れたラジカセが1台あるだけで、友達同士のCDの貸し借りにも入れず、CDを録音してもらったカセットもすぐダメになり、それも辛かったので、バイト代2ヶ月分をはたいてCDラジカセを買いました。

雨の日も風の日も夜8時までのバイトに自転車で通い、原付に乗った痴漢や前かごの鞄のひったくり(未遂に終わりました)など、恐い思いもしました。

帰宅後、その事を父に話しても表情一つ変えず、まぁそう言う事もあるやろ~と言っただけで、釈然としない気持ちはありましたが、親が取り合わないくらいの事だから大した事ではないのだろうとどこかで思っていたのだと思います。

私は自分に降りかかった被害を親に話してもあまり取り合われなかったせいか、被害に対する感覚が今の夫と出会うまで麻痺したままでした。

数々の社会経験を積む中で徐々に自己不全感を感じる様になり、自分の内面と向き合う様な内容の本を読み漁り、その中の一冊に親に大切にされずに育つと自分を無価値だと思う様になり、自尊心が低い人間になると書かれており、自分もその中に当てはまると感じました。

周囲を見ていると、お世辞にも容姿が良いとは言えない人でも親に、特に異性の親に大切にされて育っていると、自分を卑下する事無く生きている様に見える人が多いです。

私の同級生で弁護士の父親を持つ人がいますが、大学受験の際、地方の大学の受験日に泊まるホテルの手配を全て父がし、ホテルから受験校までのルートを全て父が下見すると言うくらい大切にされている人がいました。決して道行く人が振り返る様な人ではありませんでしたが、彼女は女性としての権利を嫌味なく堂々と主張し、重い物を運ぶ時は男子にお願いする事を躊躇なくしていました。

私には一生無理やろな~といつも心の中で思って見ていましたが、それがその時は親からの扱いに起因する事とはしる由もありませんでした。

リンク読ませて頂きました。

涙で文字が歪みました。

この投稿に対して、大人なんだから甘えるな的な回答も沢山頂きました。
人それぞれ感覚も考えも違うので様々な意見があるのは当然だと思いますが、同じ目にあっていてもダメージの度合いも人それぞれだと思います。

無力な頃に受けた辱めの心の傷を理解して下さる様なご回答に心がほぐれました。

お礼日時:2014/08/06 03:58

No.10,12.です。


教えてとのことでまた回答します。
私は裁縫が趣味です。色々作ります。ですが、中学時代家庭科1でしたよ。でも、大人になり興味を持ち、ミシンをしてみたら、色々出来るようになりました。手先は不器用ですが、気にしないでやっています。
不器用でも、どうしたらスムーズに出来るのか創意工夫すればなんとかなりますから。

私だって、私が甥っ子や姪っ子とレストランにいけば、すごく嫌な対応されますよ。何度も声をかけてもわざと無視され、やっと聞いてもらえて水をほしいとお願いしても、忘れられてしまう(いやわざと忘れたふりとしか思えない)なんてこともありました。いまだにそうですよ。原因は、安い店に行くからですが。
今の会社の先輩パートには入社当時は相当いびられました。私を見るとイライラして酔いたくなるって言われたこともありました。でも、地道にコツコ必死にがんばったら、あなたと仕事したいといわれるまでになりました。
今は勝手に掃除係りになってて、誰もしないトイレ掃除は私の役目になってます。階段やら何やら誰もしないので私一人でがんばってます。掃除したらきれいになって気持ちがすっきりするので、正直押し付けられているなとは思うけど、すっきり感でまあいいかとなっています。早く掃除するコツもつかめてくると、逆に楽しくなったりしてます。
相手は私を良いように利用しているとか悪く考えすぎるのを断ち切りませんか?
また、親がこういうからというのにしばられすぎです。質問者さん。
いい大人でしょう?親はこういうけど、私はこう思うんだ、こう楽しく生きたいんだ、こう思うと楽しくなるんだって生きていきませんか?
相手が私をどうしようと気にしないでおこう。相手がどうであれ私は貴重な体験を色々出来ているんだからって思いませんか?
みなさんの意見、聞いているようで聞いていない質問者さん。今のままでは死ぬまで辛いですよ。
私も母に、あんたは何一つ出来ない子、だめな子といわれ続けて育ちました。今、私が咳をすると、持病もちの姪が咳をしたのかと大慌てですっとんできて、私の咳だと知ると、迷惑なやつと怒られますよ。いやいや私発作起こしそうになったんだけど?それはどうでもいいんか?姪には色々心配しても私の心配はしませんよ。
でも、楽しいことはいっぱいありますよ。
なぜか?
何でも良いように考えてしまうからです。これしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3度にわたりご回答下さいましてありがとうございます。

jinnse1様と私は物事の捉え方が違うと感じました。

レストランで嫌な対応、水を忘れたふり、の原因がお店のランクにあるとされていますが、安いお店でも皆に対してその様な対応をするとは正直考えにくいです。

私が同じ目に遭うと間違いなく、相手を選んでの対応と感じ、元々低すぎる自尊心が更に傷つき、傷ついたまま終わるのでは腹の虫が治まらないので、退店後に最高責任者に一報入れると言う形でリベンジすると思います。

ご回答を読ませて頂く限り、会社でも皆が嫌がる仕事を押し付けられていると心のどこかでお感じになられていらっしゃるようですが、掃除をして綺麗になった階段に爽快感を感じ、手早く綺麗にするコツを見出した事に喜びを感じると言うのはある意味、自分を楽にする為の発想の転換だと思います。

大変失礼ですが、jinnse1様も私も弱者だと思います。
が、違う所はjinnse1様は弱者の自分を受け入れ、今の居場所に居づらくならないような物事の捉え方をする術を身につけており、対する私は弱者の自分を虐める相手に摩擦が起ころうと、居場所を無くそうと仕返しし、どこまでも納得のいかない事に対して折れずに、どこかで虚しさを感じながらも徹底的に争うところに大きな違いを感じます。

私は幼少期の親、姉を初めとする親類縁者、近所の大人、誰一人からも丁重に扱われなかっただけでなく、今までの人生で人との関わりで良い思いをした事は一度もなく、ぞんざいな扱いばかり受けてきたと自分では感じています。

jinnse1様のご回答を読ませて頂くと私は自分で自分を辛くしているようですね。
何でも良いように考えると言うのも自分を楽にする一つの方法かもしれませんが、病気を患っているのに病気に気付かないふりをして治療しないのと同じように思えて仕方ありません。

jinnse1様もご回答を読ませて頂く限りお母様から大切にされず、けなされてお育ちになられたように思えますが、人から抱かれる印象も元々の性格もソフトな方なのではないかと想像してしまいます。

私は決して威圧感はないのでしょうが、気性は穏やかな方ではないと思います。

何事も突き詰めて掘り下げて考えてしまい、真実を追求しようとするから苦しいのだと頂いたご回答で感じました。

何事も良いように考える、直ぐには難しいですが、私にとっては目からウロコです。

ミシン頑張って下さいね。
私も何か楽しい事、探してみます。

お礼日時:2014/08/04 03:30

ありがとうございます(^_^)



『生い立ちを悔やんでも過去を悔やんでもどうにもならないのはわかっているのですが、現在を、未来をと考えても人を信用できず、環境が変わっても結局、周囲の人の嫌な所が目についてしまい、徹底的に争う事になる相手ができてしまうのです。』

人の嫌なところが目につくときは、自分の嫌なところも目につきます。
よって、まずは自分のことを愛することが必要なことだと思います。


『新しい出会いがあると、いつも相手を不快にさせない様気遣い、尊重して接しているつもりなのですが、相手は少しするとすぐ馴れ馴れしくなったり、失礼な言動をとったりする様になり、相手を憎む気持ちと、舐められているとの思いから自尊心の更なる低下とコミュニケーションを遠ざける事に繋がってしまうのです。』

質問者様が考えている尊重と、私の考えている尊重は違います。

どっちが良い悪いの問題ではなく、種類が違います。

どのような人であれ、尊重に対する主観は違います。

相手を不快にさせないよう、どんなに気を付けても、主観や感受性が違いますから、無意識のうちに人を傷つけてしまうことがあります。

質問者様は、人から傷つけられたことはありませんか?

人から傷つけられたとき、その人は故意的にしたのか、無意識のうちにしたのかなど、分かりません。

ですので、質問者様が無意識のうちに誰かを傷つけてしまうこともあると思います。
(無いという人は、偽善者です。)

無意識のうちに誰かを傷つけてしまい、相手からも訴えがないとき、どうやって相手に償いますか?

私は償えません。理由が分からないのですから。

そして、私自身も相手を傷をつけてしまうことがありますから、相手が私を傷つけても、許します。
『許す』は水に流す、ということです。


『私の場合、相手を尊重しても、相手からそれが返ってくる事は無く、相手が増長してしまい、こちらの我慢の限界が来て絶縁か争う事にばかりなり、前向きな関係が築け、続いた事は1度もないのです。』

この場合も、相手と自分の主観や感受性は違いによって生まれる摩擦です。

愛をもって戒め合えば、本当の友達になります。
愛を持たずに戒め合えば、本当の友達になれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度にわたるご回答ありがとうございます。

自分を愛する事が出来ないと人を愛せない、自分を尊敬できないと人からも尊敬されないと、聞いた事があります。

自分を愛する、自分を尊敬する、どちらも私にはただの一度も味わった事の無い気持ちです。

どちらも度を超えると、ナルシズム、自惚れになるのでは?と感じ、健全な自己愛、自己尊敬との境目がよくわかりません。

人から傷つけらた時、相手が故意であろうと無意識であろうと、どちらでも傷つけらたショックが少し和らぐと、傷つけた相手に対する怒りや憎しみの念を抱いてしまいます。

故意だと意地悪な人、無意識だと無神経な人と感じてしまい、あまりにもショッキングだとこちらから距離を置き、関わらないようにし、私の中で敵が1人増える事になるのです。

仰るとおり、何事においても人それぞれ主観に違いがあるから、摩擦が起こると言うのは私も常々感じております。

こちらも知らず知らずのうちに人を傷つけてしまっている事はあると思います。
勿論、最大限に言葉の端々、仕草や表情にも気を配るようにはしているつもりですが、大人数だと話題の内容そのものが、誰かを傷つける事もあると思いますので、それを考えると、本当に天気の話くらいしかできないのです。

病気の話や、血液型、外見や天性の授かりものに関する特徴、住まいの地域、職業、家族構成などは本当に限られた相手と少人数の時でないとできない話だと思います、と言うのが私の感覚ですが、中にはTPOを弁えずに思いついた事を配慮にかける声のトーンで話す人が少なくないのが現実のように思えます。

その様な人を私は無神経な人と感じてしまいますが、全てにおいて無神経だとまだ許せますが、自分の痛みにだけ敏感で他人の痛みには鈍感な人が許せないのです。

人に何か話す時、自分が言われる立場に立って気持ちを想像するととても口には出せないと踏みとどまる事をする人が多ければ摩擦が起きにくいのではないかと思うのですが、唐突に言いたい事を言い出す人の心理が理解できないと共にその様な人と関わりたいとも思わないので、愛を持って接するなんて到底できません。

愛を持って接するなんてそんなに簡単な事でしょうか?

お礼日時:2014/08/04 02:33

これで最後にします


何度もごめんなさい。
今の時代を自分の育った時代と同じに考えるから被害者なんです。
私も同じような年齢です。それだけに貴方が特別苦労したなんて思いません。
育った環境がまともとも思いません。
飴の意見もあったでしょうから本音で行きます。
社会人になってからは貴方の力不足と甘えです。
過去を言い訳に生きる人の特徴
言い訳だけで自分に責任を持たない人。
今生きているのは今の自分なのに過去に責任を押し付け被害者ぶる。
今の自分がダメなのは過去でなく現在
それが分かれ目なんだと貴方の言葉を聞き感じました。
そうは今の自分の立ち位置に不満はあるが責任は無い
悪いのは私でなく過去の私を取り巻く環境である。
言い逃れでは第三者に同情される話ですね。
しかし同情なんて何の意味の無いです。
自分の環境に不服があるなら変えるのはあなたなんです。
過去はしょせん他者の言葉を聴けない都合のいい言い訳です。
待っていても何も変わりません。
環境を変えることはあなたの心を変えることです。
私はそのために自分のカウンセラーになれるだけの知識を身に着けました。
高卒の私が医学書を含めありとあらゆる本を読みあさりました。
自分を理解し癒せるのは私だけだからこそ勉強しました。
(元々本は大好きで小学生の頃に六法全書を意味も解らず読んでるぐらい読むことはスキでしたから)
こんな所でどうにかすることより自分自身でとことん学んでみては?
人の言葉よりも自分で這いずり回り調べたことは身につきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご回答頂きましてありがとうございます。
私の投稿に関心を持って頂いているだけで嬉しいです。

何か私にお怒りなのですか?

文面からとても感情が高ぶっていらっしゃる印象を受けました。

社会人になってからは私の力不足と甘えとの事ですが、確かに人と良好な関係を築く力は不足しているのは自覚しています。

ですが、初めての就業先でも入社早々、上司にあたる男性と2人の部署で、上司がいないと仕事が回らない様に(それは凄く後から気付きました)私には何一つ教えてくれず、仕事の全体量を知らないので、何を教えられていないのかも分からないまま時間だけが過ぎ、閉ざされた部署内の細々した出来事を誰も知らず、そう言った事情を上手く外部に伝える術もない私は仕事に広がりがないとの烙印を押され、社内に相談出来る人も部署もなく、仕事が出来る=人権が認められる、と言う暗黙の空気の中、自分より後から入社した歳下の社員やパート従業員からも軽く扱われ、そこから這い上がる手段を見つけられずもがき続けていました。

全ては上司との関係不全が原因だと思います。
他支店の気が合う人と業務連絡に便乗して社内の噂話をニヤニヤ顔でヒソヒソ話し続ける様な水面下で陰湿な攻撃をする様な最初からこちらも好きなタイプではありませんでした。

何故こんな人とばかり接触を回避出来ない立場で出会うのか?

そしてそう言った相手からは徹底的に理不尽に当たられたり、責任をなすりつけられたり、私の話には全て反論と言う形でのイジメを受けました。

当時若かった私はそこで支店長から性的関係を強要する様なセクハラを受け、社員旅行で就寝中、女子社員にあてがわれていたホテルの部屋を50前の独身のお局さんが、部屋呑み用として他の女子社員の許可をとらず勝手に男子社員を招き入れ、就寝時間になっても終わらないので就寝したい旨を告げると別の部屋を使えとの事でもう1人の女子社員と別の部屋で寝ていたら、夜中に支店長が私の布団に潜り込んで来、着衣を脱がそうとするので目が覚め、抵抗しました。

その日を境に付きまといが始まり、通勤路で待ち伏せしてはついて来る様になり、社員旅行の出来事を初め、親に相談しても一大事としては取り扱って貰えず、私にとっては嫌で嫌で仕方ない事でしたが、親が取り合わない位の事なので、自分の怒りと嫌悪感の正当性を判断できず、我慢するしかありませんでした。

支店長のセクハラは次第にエスカレートしましたが、こちらはずっと無視し続けているとその内、退職に追い込む意図のあるパワハラへとシフトし、取引先の担当者の前でも

「やらしてくれへんのやったら、辞めてもらわなあかんな~」

と言ったりするので、取引先の担当者からも冗談のつもりと言って逃げれられる程度の性的要素を含む様な失礼な発言が始まり、その場に居る男子社員からは私の反応を面白がる様なニヤニヤ顔で囲まれ、八方塞がりでした。

支店長の嫌がらせは仕事していても突然、皆の前でニットを来た女性の上半身から上が写っているテレカを取り出し、

「この娘、あんたよりおっぱい大きいわ。
形もこっちの方がええんかなあ」

と言い、またもやニヤニヤ顔に囲まれました。

それから数ヶ月もしない内に会議室に個人的に呼び出され、退職強要されたので、地域の無料法律相談に行き、今までの事を洗いざらい話すと、偶然ですが女性の人権問題に力を入れている弁護士だったので、社員旅行での出来事や付きまといは完全なセクハラでその後の事は私の予測通り、意のままにならない事への復讐だとの事で、民事調停を起こし、慰謝料請求と退職強要の取り下げを求めました。

こちらの希望通りの額の支払いは叶いませんでしたが、人が変わった様に私の機嫌を伺うそぶりを見せる様になり、それまで上司が握っていた仕事を取る事も支店長の口利きで叶いましたが、上司の教え惜しみは相変わらずで、その上、支店長が私に法的に負けてから私に何も言えなくなった事が面白くない様でニヤニヤ顔すら見せなくなりました。

社会人スタートがこんな感じです。

環境や他人にばかり責任転嫁すると仰いますが、人格形成って大人になってから出来るものではないのではないでしょうか?

私は助けを求めても助けられた事がなく、いつも私に非があると言われ続けて来たので、自分の怒りが一般的に正当なのか過剰なのか未だに判断できません。

その後の社会経験でも良い思い出は一つも無く、自らの意思で退職したのは一度だけで後は全て先方からの契約打ち切りです。

私に言わせれば、男女問わず日和見主義な人が多く、転職を繰り返し、社歴の短い私の味方になってくれる人はおらず、力のある人が私と不仲だと先方に加勢して私の敵になり、私にとっては争う相手が増える事ばかりです。

私は親からも親戚からも中高時代の友人や教師からも箸の上げ下ろしに至る様な細々した事を時と場を選ばず遠慮なく、面と向かって注意される事が多かったせいか、手をあてずに咳をする人や人差し指やペンで人や物を指す人が誰からも注意されずにいたりするのが、心の中で許せずに激しく憎んでしまいます。

不躾な人が自分を解放し、それによって他人を傷つけたり、不快にしたりしても注意されるどころか気付かず、堂々としていても周囲から顰蹙を買わないのも自分とは何が違うのか不思議でたまりません。

私は常に鎧を着ている様なもので、言葉一つ動作一つにもいつもいつも神経を尖らせており、近くにいる人に至近距離で背面を向けざるを得ない時は一言「失礼致します」、高い所から話さざるを得ない時は「高い所から失礼致します」と断り、電話も相手より先に切らない様にといつも緊張しているのですが、ネイルサロンやエステでの終了時、店先でスタッフ数人に見送られる時も背を向けて挨拶するのは失礼だと思い、必ず相手と向き合ってお辞儀をするのですが、時々失笑され、凄く傷つきます。

どこで誰と接していても注意されるか、失笑されるかと言う事が多々あり、本当にどうして良いのかわかりません。

どうしてこんなに人から憎まれ、蔑まれ、いつもボロボロなんだろうと悩み、一冊の本に辿りつきました。

発達障害の事が書かれた本で、私の症状と酷似している箇所が多々あり、専門医の受診を望みましたが、その本はアメリカの話を日本語翻訳されており、あとがきに発達障害に関する診断、治療はアメリカより数十年の遅れがあり、おまけに専門医が少ないとの事で、ネットで情報収集し手当たり次第問い合わせたのですが成人してからの初診を受け付けている病院が本当に少ないのです。

でも、成人の初診を受け付けている病院を見つけ予約したのですが、一年待ちで、まだ数ヶ月先です。

失敗しても失敗しても40歳までは職に就いていました。

40歳で大病を患い、体力が激落ちしたので、現在は無職です。

私は甘えてるつもりはないですが、これでも甘えと捉えられれば、またお時間がありましたら、ご回答頂けますと嬉しいです。

お礼日時:2014/07/29 19:41

http://sanmarie.me/lovelight
これ読んでください。
むやみやたらにがんばってもだめだそうです。
これにあるおむつただれは、あなたの場合、人のことを何でもかんでも悪く考えることでしょうね。
それを直して、一生懸命生きてください。
応援しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

加藤諦三さんの本は過去に何冊か読みました。この方はお父様との関係に悩んだ子供時代を過ごされたのですね。

20代の頃、就業先に既婚で42歳の中高2人の娘さんの母親でもある女性が中途採用で入社してきました。

私の主観ですが、その人は1人の女性として認められたい欲求が人一倍強い、とても対抗心の強い、油断も隙も無い様な人でした。

様々な会社での就業経験と既婚者なのに同じ会社の既婚男性を狂わせたと女性としての性的魅力に関する自慢話を所構わず相手構わずするので、皆から馬鹿にされ、疎まれるのに時間はかかりませんでした。

その人も時代は違えど子沢山で貧しい家庭の末っ子として生まれ、家庭の事情で小学1年生の時に歳の離れた既婚のお兄さん宅で暮らす事になり、義姉さんから邪魔に思われているのを偶然立ち聞きした事があり、その事を誰にも告げず近所の海岸で泣き明かしたそうです。

それから、姪のオムツの洗濯(洗濯機がないので、手洗いで)を自ら買って出、居候と言わせないだけの事はしてきた、と熱く語られました。

同じ会社にいた頃、その人のお母さんは晩年を迎え少しの期間、自宅で面倒を見たそうですが、相当恨んでいた様で、顔を合わすとお母さんへの恨み節を聞かされました。

お風呂とトイレの使い方が汚い、
耳が遠くて声が大きいから煩い、
居るだけで用事が増える、
などを毎日毎日聞かされました。

お母さんの事は「アンタ」と呼んでるそうで、敬意も愛情もないのがよく伝わりました。

その人も私以上に物事を邪推し、すぐに誰かを味方に取り込もうとして「ここだけの話よ」と言っては色んな人に近づいては失敗し、疎まれた結果数年後にリストラされました。

元々の性格もあるのかも知れませんが、やはり幼少期の親から大切にされずに過ごした経験が人に近づいても逃げられる様な事をしてしまう人間性を作り上げてしまったのだと感じてしまいます。

親子ほどの歳の差の私から見ても、とても見苦しく滑稽な人でした。そして、哀れでした。

人に近づいてはすぐに醜い本音をさらけ出し、長所があっても短所が強烈すぎて長所を見てもらえない損な人だとも思いました。

きっと本音で話せる人がいないまま歳を重ね、自分の何が人を遠ざけるのか気付こうとすらせず、100%相手に非がある様な事ばかり言って、自分を正当化するので、誰もその人に話しかけられたら逃げ腰なのが誰が見てもわかる位露骨でした。

ある意味前向きですが、本人の居ない所で名前で呼ばれない、侮辱の意図が感じられる様な陰のあだ名があり、あんな風に歳は重ねたくない反面教師的な存在でした。

その悪循環で彼女も物事を邪推する負のスパイラルから抜け出せないのだと改めて思います。

私は人から暗くて退廃的な印象を持たれるみたいで、結婚前に夫の地元の友達に紹介され一緒に遊びましたが、皆私と目が合うと一瞬で表情が硬くなるのです。

それは夫の友人だけに限りません。

スーパーのレジでも私にだけ仏頂面で

「いらっしゃいませ。ありがとうございました」

がなかったり、お弁当屋さんでも私の注文を忘れたふりして通さなかったりされた事は数知れずあり、自分の人に与える印象を具体的に知りたいと今でも強く願います。

夫の友人の1人がずっと後になって私を初めて見た時の印象を語った事があります。

「豹柄の毛皮が付いてるワンピース着て、肩で風切って歩いて感じ悪い女やな~、なんで◯◯(←夫の名前)も注意せえへんねん。」

と言うのが本音だそうです。友人達は口を揃えて私が夫を騙していると言ってたとも言ってました。

でも、その友人は夫と縁が深く、地元を離れた今、しょっちゅう会える所に住んでいるので、私を交えて食事する機会が何度もあり、

「最初は嫌な女やと思ってたけど、めっちゃ純粋やわ」

と言っていました。

私にしてみれば、他人を攻撃する気など毛頭ないのですが、人には無視出来ない程の不快な感情を抱かれるみたいで、目があっただけで睨みつけられたり、1人だけ待遇を悪くされたりする事があまりにも多くて、人と関わる事が煩わしい事になってしまいました。

折角応援して下さっているのに今のままでは解決の糸口すら自ら見つける術がありません。

お礼日時:2014/07/29 04:40

こんばんは。



育った環境が普通かどうかという点ですが、個性の範疇で、
まあまあ普通に入るんじゃないかなと私は思いました。
そりゃあ、教育的で最上という訳ではないかもしれないけど、
質問文を読ませてもらった限りでは特別に悪いとも感じられません。
私も質問者さまと同世代なのですが、思い出してください、昔の昭和の頃を。
昔って、情報量が今よりかなり少なく、何事も今よりかなり大雑把ではありませんでしたか?
今の価値観と知識、情報量で昔のことを振り返るので違和感があるのではないでしょうか。

また、人から攻撃や侮辱を受けやすいという件ですが、
私もどちらかというとなめられる方なので役に立つことが言えないのですが・・・。
人が良くてぼんやりおっとりしていて、上げるべきときに声を上げない人は
計算高くて自分勝手な人に利用されやすいのかもしれません。
総じてすみっこに追いやられてしまうことが多いように思います。
都合のいいときだけ引っ張り出されて引っ掻き回され、
そういうことを繰り返しているうちに、
人付き合いというものが苦手になってしまうのでは?
私はそういうパターンなんですよね。
なので私は、他人の合わない部分とは極力折り合いをつけるようにしていて、
どうしても合わない部分は何か言ってこられてもはねつけるようにしています。
中には丸ごと合わないわ~という人も、実はたくさんいます・・・。
そういう人には、笑顔で挨拶、会釈、そして個人的な用件はバッサリです。
ただ、人には(もちろんその人たちにも)心はあるので、
心を尽くしてお付き合いしているうちに
相手の事情や気持ちがわかってきて、まあいいわと思えたり、
相手もこちらの何かを感じ取って心を見せてくれることがあるかもしれません。
思うに質問者様は、今は、これまでのことが思い出されて、
何となく人づきあいから引き気味な心境になっているんじゃないでしょうか。
元気が出たら、ちょっとしたことで少しずつ人づき合いで成功体験を積んでみるとか
ネイルサロンや鍼灸院でリベンジしてみるとか、
夢中になれるものを探してみるというのはどうでしょうか。

それで、夢中になれるものの探し方ですが、
人によって探し方があるので自分に合った方法で探してみて下さい。
がむしゃらに何にでも飛び込んでみるのもいいですが、私の方法は、本を読んで想像することです。
本を読むと、自分も本の中の世界に入っていって、何が好きで何が嫌いか、どんなことができるのか
擬似体験できます。それでやってみようかなと思うものがあれば、体験してみます。
まずは、図書館や本屋で背表紙を眺めてみることをおすすめします。
ただ、本が嫌いという人にはこの方法は向きません。
私の友人は、何でも身一つで飛び込んでみる性質で、これぞというものを見つけるまで
まあ~、ずいぶん私も話を聴いたものだし、
彼女もお金を時間をずいぶん投資したのではないかしら、
探し続けた甲斐あってか、現在は幸せにやってます。
これも、「継続は力なり」「求めよ、さらば与えられん」というやつでしょうか(冗談です。笑)。

ネイルショップや鍼灸院でのやりとりは気にしなくていいと思いますよ。
彼らはただおもしろいことを言って質問者さまを笑わせようとしたけど失敗しただけです。
冗談というのはそもそもある程度気心が知れているとか、言葉のセンスが似通っていないと
単なる失礼な言葉に聞こえてしまうことがあるんですよ。

育った環境や経験で人には得意不得意なことや、傷や業、癖というものができますが、
私は、人は半生かけてそういうものを作り出し、
残りの半生をかけてそれに打ち克っていくものだと思ってます。
まあ、ネイリストも鍼灸師も、質問者様も私も、皆さん修行中なんですよ。
成長の方向や速度はひとそれぞれです。
ゆっくりとでも成長しているのなら、良しとしましょうよ。

井戸端のような話を長々と失礼しました。
言いたいことが色々あって、これでも駆け足での回答です。
回答になってなかったら読み飛ばしてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに現代は何かあるとスクールカウンセラーなどを配置する学校が珍しくなく、昭和と比べると子供の心のケアに対する手厚さの違いを感じます。

小学1年生の時に担任の先生が、

「テストの点数が悪かったらお母さんがえらい目にあわしはる(こっぴどく怒ると言う意味です)人居たら立ちなさい」

と、言った事があり、私を含めクラスで3人だけでした。後の2人は男の子と女の子各1人でしたが、どちらも萎縮していて、女の子の方は先生に名前を呼ばれる度に怒られると思ってかとても強張った表情で返事していました。

うちは点数が悪かったり、学校からの通知物を渡し忘れ、他の子のお母さんからの情報で通知物の渡し忘れが発覚すると、ランドセルを初めとする学用品全てを玄関のたたきに「お前なんか学校やめぇ」と言う激しい口調の暴言と共に投げ捨てられ、その後は私への髪を引っ張ったり、ひっぱたかれたりの体罰が暴言と共にしばらくの間続くのがいつもの事でした。

勿論泣きます。すると、近所に泣き声が聞こえると言って更に体罰を加えられるのです。

投稿にも書いていますが、うちはお風呂も洗面所もないボロボロの長屋で、おまけに車がなく、重い買い物や出先で突然の悪天候に見舞われたりするとどうしても母に負担がかかり、雨に打たれ濡れて帰らざるを得なかったりで、母も慢性的にイライラしていたのだと思います。

近所の戸建てに住んでいる家の奥さんから
挨拶を返してもらえない事などがあると、母はうちの住まいが貧相だから下に見られていると時々こぼす事があり、子供心に狭くて古い長屋住まいと車のない事を恥じる気持ちが芽生え、自尊心の低さの一因にもなっていると思っています。

上記のテストの点数が悪いと母にキツく叱られる子の共通点は住まいがうちと同じ様な狭くて古いアパートでした。

母には弟が2人いるのですが、すぐ下の弟は特に子供への接し方が母とそっくりで
私の従兄弟にあたるのですが、叔父の事を凄く嫌っており、親父が死んでも泣かないと就学前から言っていました。

勿論、彼もとても萎縮しており、私と同じ40代ですが、未だ独身でアルバイト以外の就労経験もなく、バイク、車などのスピードの出る乗り物の運転が恐いそうでどちらの免許もなく、引越屋さんのアルバイトをした時も車の運転が出来ないとの事で、低賃金で助手扱いのままだったそうです。

私の身の周りだけでも親からの愛情を感じず親に常々恐怖心を抱いて育つと萎縮、低い自尊心などが災いし、そこから脱出出来ないまま成人すると社会に出てからも様々な人から食い物にされ、浮かばれないまま一生を送る事になるのではないかと思います。
食事や衣服を与えられ、学校にも通わせてもらっていると虐待されている事に周囲も本人も気付かない場合が殆どだそうです。

本人に至っては親の事を怒らせたら恐いくらいにしか認識せず、虐待に気付くのは大人になって精神を病んで病院の診察で医師から告げられ、そこで初めて自分が被虐待児だったと知る事になるケースも少なくないそうです。

おっしゃるとおり、お人好しだと狡い人間に都合良く引っ張り出され、引っ掻き回され、用がなくなると、無視されたりする目に遭いやすいのは身を持って感じます。

根が真面目で愛情と賞賛と人からの関心に飢えていると何度も痛い目に遭わないと相手の打算に気付かないのですよね。

私も本が好きです。小説も読みますが、人の心理が詳しく分かる内容の物に惹かれます。

ネイリストや鍼灸師の件ですが、ネイリストはサロン内でも毒舌で通っているらしく、後輩から「◯◯さん今毒吐いた」と、角の立たない言葉でキツい性格を揶揄されるそうです。

鍼灸師は初対面の時から薄ら笑いを浮かべた様な目が好きになれず、予想通り意地の悪い人でした。不調があるから通っているのに、不調の状態を告げると、
「それは、お婆さんやわ~」
と言ったりで、全てにおいて意地悪発言ではなく、好意的な態度の中に時々、意地悪発言があるので余計に質の悪さを感じ、しょっちゅう傷ついて帰りました。

鍼灸師も母親が生理痛に対する理解がない厳しい家庭だったそうです。

鍼灸師に限らず、質素な食事しか与えられず、食生活に欠乏感を感じて育った同級生が何人か居ましたが、人のお弁当のおかずを狙ったり、学校では仲良くしているのに校外で出会うと学校とは別人の様な態度を取るなど、教師や周囲に知れない様な陰湿なイジメの被害に遭った子がクラスに居ました。

極度の愛情不足や飢餓を味わいながら育つと、苦しみを自分1人で抱えたまま人間関係を避ける様になるタイプか、他人を攻撃して子供時代と逆の立場に立って、傷を癒そうとするタイプかに分かれるのかな?と感じています。

私は間違いなく前者だと思いますので、ずっと苦しいままなのだと思います。でも、後者にはなれません。

せっかくご回答頂いたのに何一つ前向きな事が書けませんでしたが、頂いたご回答に感謝致します。

お礼日時:2014/07/29 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 呼吸不全のまとめページ

    高齢者での特殊事情  呼吸不全とは、動脈の酸素濃度がとても低くなっている状態です。大きく急性呼吸不全と慢性呼吸不全に分けられます。高齢者の場合に注意すべき点を記載します。  呼吸不全かどうか調べるには、動脈血液ガス検査やパルスオキシメーターで酸素濃度が下がっているか見ます。息苦しいかどうかも重要ですが、高齢者の場合は症状が少ないことも多く、診察してもどこが悪いのかはっきりしないこともよくあります...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛情不足な環境で育った人間はどう成長するか。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかった...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所...続きを読む

Q愚痴だらけの人の心理。教えて下さい。

母親が毎日愚痴ばかりをこぼします。
聞きたくないので、聞きたくないと言っても、また忘れているのか、同じ様な愚痴を言い続けます。

子供の頃からで大変な時期もあった為、愚痴をまともに聞いて過ごしていたんですが、数年前、真剣に自分が聞いていたのに、相手はそうはとっていなかった事を知りました。
(アドバイスしていた事を、そうとはとられていないとか、あなたには迷惑は掛けてないとか・・・そう言った事を言われました)

それからは、想像以上のショックを受け、母にも「聞くのは嫌」と伝え、まともに聞かない様にしているのですが、それでも愚痴ってきます。
日常会話で入るので、止めきれるものでもなく、大変しんどいです。
また、止めると拗ねるのか無言になり圧力をかけてきます。
(それが耐えられなくて、子供の頃から聞いていた習慣もあったので、今でもそういう風になると自分が罪悪感に捕らわれるという感じになり辛いです。他の人にも同じ感覚になるので、重症だなと思います。)


拒否しても愚痴を言い続けるのは、いったいどういった心理なのでしょうか?
答えを求めていないのは、充分わかっていますが、ストレス発散で喋っているという感じとも少し違う感じがします。

愚痴をいう人は寂しい人だと、何か聞いた事もあるんですが、本当でしょうか?
それなら、私は母の寂しさを紛らわす道具ではないので、余計聞きたくないなと思います。

愚痴ばかりいう人達って、どういった心理が隠されているのでしょうか?
なんか、そういうのが、分かるとこっちも違った目で見られるようになって、楽になれそうな気がするので、どうか教えて下さい。

母親が毎日愚痴ばかりをこぼします。
聞きたくないので、聞きたくないと言っても、また忘れているのか、同じ様な愚痴を言い続けます。

子供の頃からで大変な時期もあった為、愚痴をまともに聞いて過ごしていたんですが、数年前、真剣に自分が聞いていたのに、相手はそうはとっていなかった事を知りました。
(アドバイスしていた事を、そうとはとられていないとか、あなたには迷惑は掛けてないとか・・・そう言った事を言われました)

それからは、想像以上のショックを受け、母にも「聞くのは嫌」と伝え、...続きを読む

Aベストアンサー

臨床心理士です。
あなたのお母様に当てはまるかどうかわかりませんので、一般論としてお聞きください。
フロイトは「我々が承認できない感情を抱き、これに正面から立ち向かい得ない時、我々はその感情が存在しないものと思い込もうとする」と述べています。
これは「抑圧」と呼ばれ、抑圧は精神によくない影響を与えます。
誰でもこのような感情は持っており、それをコントロールするために人は趣味、食事、スポーツ、恋愛、娯楽、相談など様々な方法で抑圧から逃れようとします。
その中の方法のひとつに「愚痴」があります。
逆説的に述べますと、「愚痴ばかり言う」人は上のような「様々な方法論」を持っていない人です。
しかもひとつの方法に固執すればするほど、他の方法を行わなくなります。なぜならその方法で抑圧からの
開放が十分できているため、「あえて他の方法をためす」必要が無いからです。
(以上のことは全て無意識下で行われていることがほとんどです)
「愚痴」をストレートに止めてしまうのは精神状態が悪くなる恐れがあります。
抑圧からの開放を愚痴に特化する人は自己中心的性格が強い方が多い傾向にあります。
「愚痴」をやめさせるには「愚痴以外の抑圧開放手段」をコツコツ提示してあげるという地味な作業が必要になります。

臨床心理士です。
あなたのお母様に当てはまるかどうかわかりませんので、一般論としてお聞きください。
フロイトは「我々が承認できない感情を抱き、これに正面から立ち向かい得ない時、我々はその感情が存在しないものと思い込もうとする」と述べています。
これは「抑圧」と呼ばれ、抑圧は精神によくない影響を与えます。
誰でもこのような感情は持っており、それをコントロールするために人は趣味、食事、スポーツ、恋愛、娯楽、相談など様々な方法で抑圧から逃れようとします。
その中の方法のひとつに...続きを読む

Q冷え切った夫婦の間で育つ子供

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、まともに取り合おうとしません。大の男が無視なんて・・・とはじめは怒る気持ちもあったのですが、夫に対しては何の感情もありません。
夫のように無視、一緒にいても見もしません。
本当に最悪の環境です。
修復なんて不可能のように思えるし、万に一つも夫と修復の努力をしてみたところで、その先に待っているものなんてあるんだろうかと空しさを感じます。

そんな環境の中、心配なのは、まだ幼い子供たちです。

夫も私も子供たちを愛しているのは変わりないので、子供たちのためだったら、お互い親としてすべき責任をきちんと果たそうと日々努めています。
夫は仕事熱心で、きちんとお金を家に入れてくれて、私と子供たちが生活に困ることなどありませんし、私も母親としてすべきことは、完ぺきとは言えないまでも、子供のことを一番に考えて、最大限の努力をしているつもろいです。
子供の前で罵り合いのけんかなどしません。
これくらいのことは、子供を持った人間なら最低限すべきことだとは思いますが・・・。

こんな冷え切った夫婦の姿を子供たちに平気で見せていることに、ものすごく苦しい思いをしています。子供は両親の関係を見て、いろいろなことを学んでいくと思うのです。夫婦でお互い愛情を持って思いやりながら、家庭を築いている両親を持った子供は、異性を思いやる気持ちを持った優しい人間になるのでは、そうでないうちのような家の子は、ひねくれてまともに愛情を表現できない人間になったり、将来家庭をもっても私たち夫婦のように冷え切った家庭になってしまうのでは・・・などと漠然と不安を感じ、子供たちに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そうはいっても家族が皆で一緒にいれば、私たち夫婦が無視し合っているだけで、私も夫も子供たちとは賑やかにしゃべったり、子供たちも好きなようにふるまって、父親や母親に甘えたり・・・と、今のところは大きな問題になっている様子はありません。
今は子供たちが小さいのでまだ救われているという感じです。

正直何度も離婚を考えていますが、子供たちがまだ小さいこともあり(未就学児)、離婚して、仮に私が子供を引き取っても、再就職も難しく、金銭的に不安なこと、夫が子供を引き取っても仕事をしながら、母親のような世話をするのは困難だろうこと、を思うと離婚に踏み切れないでいます。
夫も今は離婚することは考えていないようです。おそらく子供たちのことを考えてだと思いますが。

何より一番上の子供が、私たちの状況を薄々感じていながらも、お父さんもお母さんも一緒がいいと言います。

それでも、ときどき親の顔色をうかがったり、気を遣ったりしている様子がわかると、こんな小さい子に気を遣わせて、と親として情けなく子供たちがかわいそうになります。

夫にそれを言っても、頭ではわかってはいるでしょうが、私のことが心底嫌だという感情が理性で抑制できないようで、せめて子供たちのまえだけでも普通にふるまうことができそうにもないみたいです。

どうやっても行き場もなく、やりきれない思いで日々過ごしています。
こんな親に育てられた子供たちは不幸になるでしょうか?子供たちに申し訳ないです。
生活が苦しくても、離婚して、親の不仲を見せつけるような今の状況から脱したほうがいいのか、
子供なんてそのうち親から離れていくのだから、夫婦仲が悪く、親としての理想からはかけ離れていても、それまでは不自由なく育ててやるのがいいのか、どちらがいいものなんだろうと悩んでいます。

似たような境遇にある方、私たちのような親に育てられたという方の経験や、ご意見を伺ってみたいです。

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、ま...続きを読む

Aベストアンサー

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生まれ持った性質だと私は思います。

両親の不仲というものをどう捉えて育って行く子なのかはお子さん自身の力にかかっていると言えます。
食べさせ着せて教育を受けさせてもらえればとりあえず子供は育ちます。
それだけで親の存在価値はあると言って良いわけです。
両親の関係というものが人間形成に大きな影響を及ぼすことは否めないけれど、それでも夫婦協力しあって子供を育てて行くという事には変わりはないものだと思います。

お子さんがこの先いろいろな問題を抱えた時に「やはり夫婦がうまく行ってないからだ」という事に終結することなく、決して諦めず努力して行く態度というのが重要なのではないでしょうか。
昔は非行や不登校は家庭に原因があるものとされてきましたが、近年はそうとばかりは言えません。
何不自由ない家庭で育った子ですら様々な問題を抱えます。
夫婦の不仲を解消できないなら、その逆境のなかでも精一杯子供に向き合って行こうとする姿勢が大事なんじゃないでしょうか。
その結果として結婚を継続するか、離婚を選択するかも答えを出したら良いのじゃないでしょうか。

ご自身も、離婚のネックとなっている経済力にたいしての努力が必要と思います。
その必要があれば離婚という選択肢もある状況を作り出すことです。
離婚できないからしないのでなく、できるけれども選択しない、という状況で結婚を続けることがより健全な家族関係を築ける礎となるのではないでしょうか。
お子さんがある程度大きくなったら社会に出るという準備をすすめてみる事ではないでしょうか。

最後に、夫婦仲が悪い場合、その負担が子供に行く大きな原因となるのが母親の子供への依存です。
お子さんはおそらく両親の不仲を察知して自分が鎹になろうと、離婚を食い止めようと、必死に良い子を演じると思います。
その努力が功を奏して出来の良いお子さんになる可能性も高いでしょう。
そうなると知らずのうちに母親は子供を頼り心のよりどころとし依存してしまうようになります。
これは将来的に本当にお子さんの負担になりますので絶対に避けたいことです。
お子さんを成人させるまでが夫婦の責任と割り切るなら、子供が巣立った後はすっぱりと子離れして自分の老後の生活を確立しましょう。
その心構えを今からできるのなら、仮面夫婦も悪くないのではないでしょうか。

私自身も円満な夫婦に育てられてはおらず両親は熟年離婚しております。
夫の両親は不仲でこそありませんでしたが問題多き親で、早くに親元を離れた夫です。
そんな私達夫婦は、世間様に羨まれるぐらいの家庭を築けたと自負しております。
今年、結婚30年目。反面教師という親も、悪くないものだと思います。

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生ま...続きを読む

Q不仲な親、家族不仲で育った子供への影響

幼い頃から両親が不仲、父親の無関心と無干渉、母親の過干渉とヒステリック、幼少の頃から母親から父親の愚痴や悪口を聞かされて育った子供への影響について考えられる事を教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1の方のおっしゃる通り「自己肯定感を持てずに育つので自分に自信を持てない、人とのコミュニケーションがとれない等の影響」が大きいです。
親からも愛されずに育つと自分自身がこの世で生きてていい、という自身の根源になるような感情が持ちにくいと思います。



>両親が不仲
自分が悪い子だから両親が喧嘩してると思うがある。そうするといつも周りに気を使い過ぎたり、相手が沈黙すると自分が何か悪いことしたのか?などと思ったりして他人とコミュニケーションが取りづらくなる。

>父親の無関心と無干渉
これは娘の将来の男性観を破壊しやすいかな。父親と同じ年齢くらいの人と結婚する人が多い気がします。(父親を求めてるんでしょうね。)
息子は見本となる父親像が欠ける。

>母親の過干渉とヒステリック
行き過ぎるとまた子どもに影響が…。いつもああしろこうしろと言われると子どもは自分の意見に自信がなくなり、無意識レベルで親が選びそうなものをあたかも自分が選んだかのように考えるようになる。これ日本に多い気がします。

>幼少の頃から母親から父親の愚痴や悪口を聞かされて育った子供
これもよくない。まず子どもは言い返せない。
例えば母親が子どもに父親のことを愚痴っておいて、父親の前では母親が父親に良い顔してたら子どもは混乱しますからねぇ…。「え?あんなにお父さんのこと悪く言ってたのはなんなの?」って感じですよね。しかも、子どもは大人の事情はわからないからなおさら混乱。人を信用できなくなりますね…。


ちょっと語ってしまいました。オーバーな表現もありますし、家族機能が不全な場合一個だけじゃなくていろんな問題が複雑に絡んでるので、どのように影響でるかはわかりません…子どもの素質にもよるし…。

ただ、愛されて幸せに育った人間と明らかな「差」は出ると私は信じています。
子どもはその家族で生きていく為に適応します。歪んだ家族で適応した性格は社会では必要なかったりして苦労することが多いように思います。



臨床の知識がない多くの人は「親のせいにするな、自分さえしっかりしてれば問題ないはず」と言うものかと考えていたので気になりました。

↑こういう人がほとんどじゃないかなぁ。日本は親を悪く言ってはいけない宗教みたいな感じですからね。

No.1の方のおっしゃる通り「自己肯定感を持てずに育つので自分に自信を持てない、人とのコミュニケーションがとれない等の影響」が大きいです。
親からも愛されずに育つと自分自身がこの世で生きてていい、という自身の根源になるような感情が持ちにくいと思います。



>両親が不仲
自分が悪い子だから両親が喧嘩してると思うがある。そうするといつも周りに気を使い過ぎたり、相手が沈黙すると自分が何か悪いことしたのか?などと思ったりして他人とコミュニケーションが取りづらくなる。

>父親の無関心と無干...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q人の行動を干渉してくる人の心理。

人の行動を干渉してくる人の心理。

人の行動や、発言などをいちいち分析してきたり、ああだこうだと意見してくる人(割と否定的な意見が多い)って、いったいどういう心理状態なんでしょうか?

なぜ人の事を干渉したがるのでしょうか?
詳しい方がいたらご説明くださいませんでしょうか。

Aベストアンサー

そういう人は恐らく、現状の自分に満足出来ていない方ではないかと思えます。

自分に自信が持てないから、そしてそういう状態の自分を誤魔化したいので、人のことに首をつっこみ、おせっかいな助言をするのではと思います。

本当に乗り越えないといけないのは自分の弱さであるのに他人に上から出ることで何か自分が偉くなったような錯覚に陥りたいのでそうするのでしょう。又、人に干渉して弱い自分から逃げたいという心理ですね。

いずれにしましても弱虫の心理だと言って良いように思えます。

Qカウンセリング料金が高くて困っています。アダルトチルドレン。

私は今IFFに通っています。
頻繁にカウンセリングに行ったほうがいいのはわかっていますが、保険がきかないので高くて、なかなか通えません。
AC治療で、保険を使えるところはやはり無いのでしょうか。
50分で12,000円払っています。
長い目で見たら決して高い金額ではないというのはわかっていますが、
一般OLの私には少々厳しい金額です。
保険がきかないにしても、もう少し手ごろな金額のところがあれば教えていただきたいです。
埼玉・都内希望です。

また、精神科というのは、ACは理解してもらえないものですか?

Aベストアンサー

 
心療内科、精神科関係に通われたことはありますか?
そのときにどのような診断をされたのでしょうか?

AC(アダルトチルドレン)は精神医学用語ではありません。
社会心理学用語です。

私の主治医は「自分に名前をつけるな」と言います。
名前というのは病名であったり、状態名(今回出されたACなど)です。

自身がどんな病気であれ、今の苦しさをどうにかするには、
自身が変わらないといけないのだからと先生はおっしゃいます。

私は千葉県在住ですが、保険適用内で
週に2回50分(合計100分)のカウンセリングを受けています。
都内では医師が余っているので、
保険適用外というところが多いかもしれません。
都内で臨床心理士さんのカウンセリングを受けられるところを知っていますが、
ここで名前を出すことは問題かな???という思いもあるので、
敢えて明記しないことにします。

カウンセリングといっても、値段だけでなく、相手との相性もありますので、
難しいと思います。
情報サイトを閲覧しても、それが正しい情報であるとは限りませんし。
評判の良い病院でも、そこに在籍する医師全員が良心的な医師ばかりとは限りませんし。
カウンセリング機関においても同様です。

カウンセリング機関を探すよりも病院への通院、診断を先決になさった方がいいと思いますよ。

もし、通院暦があって、その時の診断名がわかりましたら、補足して下さい。
 
 

 
心療内科、精神科関係に通われたことはありますか?
そのときにどのような診断をされたのでしょうか?

AC(アダルトチルドレン)は精神医学用語ではありません。
社会心理学用語です。

私の主治医は「自分に名前をつけるな」と言います。
名前というのは病名であったり、状態名(今回出されたACなど)です。

自身がどんな病気であれ、今の苦しさをどうにかするには、
自身が変わらないといけないのだからと先生はおっしゃいます。

私は千葉県在住ですが、保険適用内で
週に2回50分(合計100...続きを読む

Q母親の暴言や性格が異常な気がします

私の母親(57歳)はすごく口が悪く、一緒にいると疲れます。自分が壊れていく感覚があります。
よくあることですが、先日も母と口論になり、家を出ました。
するとその間、母はあることないことを嫁いだ姉に電話で話し(私が姉のことを侮辱したようなことを言っているとか、自分に対していつも汚いことばを吐く、お金を盗むなど)私は姉に注意されました。
実の母親がこんなことを言うのかと、わけがわからず、とても驚き、傷つきました。
私はいつも姉の文句を母親から聞き、いやな気分になることが多かったので姉をかばって『そんなことはない』と言い、このことでもよく母と言い合いになっていました。どうやら、私に言っていた姉の話を、姉には私が言ったかのように話していたようでした。
姉のことを母親から汚いことばで何度も何度も聞くのはとても苦しいものです。グチのレベルなら聞き流せますが、恨み辛みのすごく重いもので、本当に耐え難いことを母親は平気で言い続けるのです。
そして私はそのことをいままでどんなに母にむかついたときも姉にはいいませんでした。
姉も母の口の悪さや性格を理解していると思っていたのですが、私の言い分はほとんど聞き入れられず、私に対しての不信感だけが募っていったようでした。信じてもらえないショックと情けなさ、今までのたまっていたものが私の中で溶け出し、家族に対して努力していくことができなくなっている自分がいます。冷め切っているもうひとりの自分がいます。
もう姉には相談できないことを悟りました。
何度もこんなことがあり、限界を感じています。
母のことばの汚さや病的な性格は直るのでしょうか?
こんな母親とどうかかわっていけばよいのでしょうか?
アドバイスをお願いします。

私の母親(57歳)はすごく口が悪く、一緒にいると疲れます。自分が壊れていく感覚があります。
よくあることですが、先日も母と口論になり、家を出ました。
するとその間、母はあることないことを嫁いだ姉に電話で話し(私が姉のことを侮辱したようなことを言っているとか、自分に対していつも汚いことばを吐く、お金を盗むなど)私は姉に注意されました。
実の母親がこんなことを言うのかと、わけがわからず、とても驚き、傷つきました。
私はいつも姉の文句を母親から聞き、いやな気分になることが多かっ...続きを読む

Aベストアンサー

 それ、更年期障害じゃないかな。体の不調だけでなく、精神の不安定もよくあり、うつ病になったりするケースもありますが。支離滅裂な言動を始めるのも、50を過ぎた頃、まさにアナタのお母様の年頃の女性に多いのです。このHPでの質問にも母親のそういう暴言・精神異常?に対する質問をいろんなカテゴリーで見かけますよ。しかもほとんどが50過ぎの女性です。

身近な50過ぎの女性たちにも、みんな同じような時期がありました。本当に周囲は迷惑な時期です。振り回されます。ですが60を過ぎる頃から落ち着いてきますよ。ああ、この人は今 病気なんだな、って一歩引いているのがいいですよ。嵐が過ぎるまで。

そしてね、落ち着いたら、元のような人格に変わってきます。あら、私そんなこと言ってた??なあんて、逆にこちらが怒りたくなるようなことも(笑)。とにかく、まともに相手にしないことですよ。今は、可能な限り、母親を避けなさい。

お姉さまも、おいくつかは存じませんが、50過ぎの実母を持つ歳ならば、『自分の人生に忙しい時期』でしょう。そういう話は気分が乗らないのでは??そういう意味で、実母も実姉も放っておきなさい。そっとしておきなさい、そしてアナタも無関心でいなさい、しばらく。傷つく必要はありませんよ。相手は病気だと割り切ってこの時期を乗り越えてくださいね・・。陰ながら応援しています。

 それ、更年期障害じゃないかな。体の不調だけでなく、精神の不安定もよくあり、うつ病になったりするケースもありますが。支離滅裂な言動を始めるのも、50を過ぎた頃、まさにアナタのお母様の年頃の女性に多いのです。このHPでの質問にも母親のそういう暴言・精神異常?に対する質問をいろんなカテゴリーで見かけますよ。しかもほとんどが50過ぎの女性です。

身近な50過ぎの女性たちにも、みんな同じような時期がありました。本当に周囲は迷惑な時期です。振り回されます。ですが60を過ぎる頃から落ち着いて...続きを読む

Q自分の親に対し 早く死んでほしいと願うのは間違っていますか?

自分の両親は60歳で定年退職しました。以後、家に入り浸りです。

運動も何もしてません。食事に気を使うわけでもなくぶくぶく太ってます。

ウォーキングすらしません。足腰が痛い、痛いと60代なのに言ってます。

このままだと75歳ぐらいにはおそらく車イス生活か寝たきりになるでしょう。

 私はたかだか75歳の年齢で、そんな状態になる親の面倒など見たくありません。

かなり迷惑です、さっさと死んでほしいです。

そう考える私は、間違っていますでしょうか?

私はまだ40代です。50代で親の介護の為に仕事を制限する羽目になったら私の人生も終わります。


みなさん どう思いますか?
定年したら後は自由。家で一日ひきこもっててもOKなんでしょうか?

1時間のウォーキングすらしない。10分すらしない親に怒りを覚えてます。

Aベストアンサー

ごく普通の感情だと思います。

私も、80歳で認知症になって老人ホームに入所した母に対して、同じ思いをいだきました。

そして、半年後に願いが叶ってしまいました。
外泊のさいに、老人ホームの玄関で転んで骨折し、そのまま還らぬ人となったのです。

正直、ほっとしました。
これで、介護生活が終わり、フリーになれるって。

ひどい話かもしれませんが、それが人間の真実です。

現在勤務している老人ホームにおいても、認知症高齢者の家族は「早く逝ってほしい」というのが、偽らざる心境のようです。

私は、認知症を生きる意味を、考えつづけていますが、
今のところ、自分が認知症になったら、安楽死したいと望んでいます。

さらには、勤務先でも
認知症高齢者が、静かに逝けるお手伝いをしていますね。

認知症高齢者に、自立を求めるのは間違っていると考えています。
だれも望んでいないですからね。

Q夫が私の実母にキレました。感想だけでも結構ですので

9月に双子を出産し、9月から12月末まで里帰りをしていました。

夫は里帰り中、土日に実家に来ていました。その時は夫と私の母は普通に接しているようでしたが、


(1)私の母がよく「~したら、いいんちゃう?」と、私たちの生活についてや、子どものことについて、雑談程度に話すことがありました。(本気でそうしろと言っているわけではなく、提案みたいな感じです)

(2)また、里帰り中は双子で寝かしつけや、夜中に起きたときにおむつ交換をするのが大変ということで、私が子どもたちと寝るときには母にも隣でいっしょに寝てもらっていました。なので、今も、私たちが実家に帰り、子どもたちが寝た後に私たちがリビングでくつろいでいると、母は「私があやしてくるから、ゆっくりしとき」と言って、あやしに行ってくれることがありました。(いつも子どもたちが寝ている部屋はリビングの横の和室で、私たち夫婦も寝るときはその部屋で寝ます。

(3)また、母はかなりの節約家で「トイレットペーパー200円!」とか、「~が得した」とか、「ガソリンスタンドで~をもらえる」とか、「○○スーパーいつも土曜日に20円引きをしてるから、土曜日に買い物するのがいい」、(私は育休中なのですが、)「育休中に手当がもらえるなんていいね~」など、人よりお金の話題が多いです。

そこで、今回も家族一家で私の実家に行っていたのですが、そこで、子どもたちが寝た後、私たちがリビングでご飯を食べているときに子どもが泣きだし、私が行こうとすると。母が「私が行くからご飯食べときといって代わりに行ってくれました。私はたまにのことだし甘えようとおもって「お願い」といって母に任せました。その後、ご飯を食べ終わったので、和室へ行き、ありがとうと声をかけると「こっちも泣き出したよ~((笑))」と少し大きめの声で言っていました。その後、私たち夫婦もすこし和室におり、3人で話をしていました。私が依然冗談で、「男の子やから、坊主かわいいよね」という話をしていたのもあって、母が、「この子達大きくなったら坊主にするの?」ということを言い、私は「坊主にしたいな~」という話をしていたのですが、そこで夫が「坊主はあかん~!髪質が変わるから」と笑いながらいっていました。そこで私が母に「坊主かわいいやんな~?髪質変わるなんて聞いたことある?」というやりとりをしたいたところ、旦那が「いい加減にしろ!!」と切れてしまいました。うちの母が、

「そんなに怒らんと、気に入らんことを言ってしまったんやったら、ごめん。家に帰らんでもいいやん。子どももないてるよ。落ち着いてよ~」と必死に止めてくれましたが、母を振り払って出ていき、私も説得しましたが、「俺は今までもお母さんのこと、合わないって言ってたよ?その一言で気付や!」といわれ、子どもを寝かしつけるのに私の母に行ってもらったことや母が「寝ない~」と言って少し大きい声で言っていたことを「子どもを、おもちゃにしか思っていない」と怒ってって、車をのドアを開けるときにもわざと壁にぶつけながら出ていき、そして、「明日の朝10時に迎えにきますんで」といって、一人で車で家に帰っていきました。
次の日10時に迎えにきたのですが、私の実家には上がらず、子どもを連れて出てきてとメールで連絡し、母にも父にも合わずに帰ることになりました。私もどうしたらいいかわからず、母と父には落ち着いたら連絡するとだけ言いました。

夫は上記の(1)~(3)のことでうちの実家に嫌気がさしていたとのことでした。私は他家は他家で嫌なところはあっても親戚なんだから、そんなに拒否することもないのではないかといったのですが、公共の場以外ではもう私の家族とは会いたくないそうです。もちろん一連の騒動についても謝る気はないとのこと。
私も旦那の実家に対して多少は嫌なところもあるけど、せっかく親戚になったのだからと、嫌なところには注目せずに仲良くしようと思っていましたが、どうして私ばかりが頑張らないといけないのかと、つらくなり、夫がうちの家族と公共の場でしか合わないというなら私もそうさせてもらうことを伝え、現在は話がまとまりました。
しかし、実家の父母にどのようにこのことを伝えればいいのか、私の対応が間違っているのか、どうすればいいのか、本当にわかりません。

この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。

9月に双子を出産し、9月から12月末まで里帰りをしていました。

夫は里帰り中、土日に実家に来ていました。その時は夫と私の母は普通に接しているようでしたが、


(1)私の母がよく「~したら、いいんちゃう?」と、私たちの生活についてや、子どものことについて、雑談程度に話すことがありました。(本気でそうしろと言っているわけではなく、提案みたいな感じです)

(2)また、里帰り中は双子で寝かしつけや、夜中に起きたときにおむつ交換をするのが大変ということで、私が子どもたちと寝るときには母にも隣...続きを読む

Aベストアンサー

【この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。 】

二人子育てしました。
すでに成人ですが。

双子・・・というのは大変だろうと思いますので、ご実家の援護を受けるというのもわかりやすいですが、
私は、実家での出産というのをしてませんので、実家という便利さ・ありがたさを体験したら「抜けだせない」トラブル
を回避できました。

問題は、双子は大変ですが、あなたが実家を頼りすぎたということの姿勢だとおもう。

どこかで父親の家庭内での働きを一本立ちさせなくちゃいけない。
それは未経験ですから、あなたの実母様にかなうわけは無い、でも、父親として子育てに参加する気持ちがあるなら
まかせてくれる時を待っているのではないかとおもう。

二人ベビーがいるんだから、ママが何も手早く全部をすることなく、一人はパパでもいいわけだし。
ママが、悲鳴をあげて、パパ助けてとね。

それに、土日休みに来ているということは、パパの休みは義母と一緒の育児訓練、説教の週末だという言うこと、
思い至ったほうがいいかもしれない。

だから、(1)の提案的、ばばさまの発言も、何も手出ししてないできない、やらせてもらえないパパは
最初はともかく、3ヶ月ただの土日のお泊りだけなら、ベビーをいじりたい欲求不満がたまるでしょう。

(2)の寝かしつけだって、ご夫婦の語らいのためにばばさまの配慮だとはわかる。
でもね、新米ママとパパがやりなさいと私がばばちゃんならするでしょう。
気遣いは気遣いとして、なるべく新米を一人前にするためには自分たちで何とかしなさいというのも必要です。

(3)のお金に関しては、面白おかしく話として聞ければいいですが、そういう節約パターンをみみっちいとして
嫌うこともありです。 
 かなり方向性は違うが、「馬鹿との」を面白いと思うか、嫌いと思うかとか、
大食い選手権を面白く見られるか、なんてことを・・・とおもうかとか、価値観の相違です。

だから、これを得意顔して毎週末に聞かされるパパとしては、「なんだこの、貧乏くさい話は、ドコがおもしろいんだ」と
考えて、我慢していたとしてもおかしくないです。
ましてや、新米ママにそれをすりこむようなことだと、「俺の嫁もこうなるのか?」とね。

いえ、別にあなたの実母様を否定するわけではないです。
年齢的にも私は実母さまに肩入れしますが、ただ、できることをするのではだめなんです。
責任者は【親】だから。

任せるべきは「パパ」であって、援護するなら、直接的なベビーの世話をじじ・ばばが手出ししちゃだめだと思う。

双子で大変だとはおもう、でも、どこかで、その大変さを二人して、二人だけで乗り越えて、
大変だったねといえるために「ばば」の手を切らないと、あなたが楽するだけのこと。
そして、「パパ」の一本立ちの妨げです。

あなたの体調が悪いとはドコにも書いてないです。
ならば、必死にあなたが、育児すれば、「パパ助けて」と言えばいいだけのこと。

ばばさまは自分が楽しい、そして、それを誇れる、そして、教えるという責務だとおもっておぼれている。
坊主の件は、昔はいい髪の毛を生やすためには一度、剃ってまで坊主にしたということもありますが、
「パパ」は自分の子供なのに、なにも自分の意見が通らないことに悲観したんです。
誇るばばさまの前には無力な自分でしかないと。
表明する「演技態度?」にはいかがなものかということはありますが。
そこまで「坊主」には切羽詰った象徴的なものを見たのでしょう。

だって、かわいいベビーそれも、自分の嫌いな坊主をずっと見せ付けられるのかと・・・・想像してみてください。
あなたの大嫌い(・・だと想定して)などピンクのシャツでも厄除けだからとでもいう理由で、
あなたの義母様がベビーに毎日着せることを強制したらとでもイメージしたらわかりやすいですか?

年齢が近いだけに、私には自戒すべきことと思える。
もちろん、我が家の娘なら、「もっと面倒見てよね」と思うかもしれないが、体が許す限り自分ですることは
【自分たち】でするほうが育児戦争としての戦友としても、「パパ」を見直す好機を失うことになるでしょう。

もっと、親戚は仲良く・・・とか、どうでもいいことを考える前に、
もっと、もっと、お二人の子育て、二人で必死になってやってみたら?
あなたが体調不良で倒れたりしたら、初めて、実母様に登場してもらって、起きられるようになったら
すぐに「ママ活動」開始です、もちろん、実母様にはありがとうです。

育児、生活とはそういう、ものです。

【この文章をよんで感想だけでも結構なので、ご意見ください。お願いします。 】

二人子育てしました。
すでに成人ですが。

双子・・・というのは大変だろうと思いますので、ご実家の援護を受けるというのもわかりやすいですが、
私は、実家での出産というのをしてませんので、実家という便利さ・ありがたさを体験したら「抜けだせない」トラブル
を回避できました。

問題は、双子は大変ですが、あなたが実家を頼りすぎたということの姿勢だとおもう。

どこかで父親の家庭内での働きを一本立ちさせなくちゃい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報