システムメンテナンスのお知らせ

今度、合唱コンクールで
ゴスペラーズ・松下 耕 共同制作
安岡 優          作詩
安岡 優・松下 耕    作曲
の「言葉にすれば」を歌います。

その時、音楽家の課題で歌詞の意味を書くという宿題があります。
なのですが、全くわかりません。

言葉にすればの歌詞の意味はなんですか?
「個人の意見にとらわれたくない」とかは別にいいので、教えて下さい。

gooドクター

A 回答 (2件)

今 歌詞を検索してみてきました。



これ、「願いを」を「言葉にすれば」に頭に付けたら分かりやすくならないかな?
そうすると、別れた人への歌っぽい。


でも、一見、別れた恋人へのみたいだけど、なんかおかしい。


孤独の部屋を~から、更に解釈。
未来に出会う人への言葉 そうなると、「願いを」じゃなくて、『未来を』が頭に付くのかな。

あえて「仲間」と解釈 青春ぽく (恋人なら これから出会う運命の恋の歌ですよね)
そうすると、旅立ちの歌


今までの小さな世界から、怯えながらも旅立つ人々へのエール

これから僕たちは未来へと一歩踏み出す。心を通させる大切な人と巡り合えると解釈しました。
    • good
    • 3

この何回も繰り返される題名の「言葉にすれば」が曲者と思う


前後の詩と繋がってるようで繋がってないのが性悪ですね
「すれば」⇒「結果こうなる」じゃないもんね正直意味不明だ

解釈しやすいように弄ってみた。

あの頃、僕達はめぐり逢い、數えきれない未來を語り合った
いつまでも果てしなく夢を見ていたいと願っていた
僕は震える声で別れの時を告げ、あなたは孤独の部屋を出てゆく
遠くへ遠くへ

まるで砂の城のように儚く、時の波にさらわれても
最愛の友は世界のどこかできっと、終わらない夢を運びゆく
かつて僕達はめぐり逢い、語り尽くせぬ想いを分かち合った
けれども誰もみな地図なき旅に飛び立ってゆく
手にした言葉集め新たな出会いを求め、ただ当て所もなく

耳を澄ませば思い出がよみがえる
見知らぬ街で、あの頃のあなたと擦れ違った僕だったけど
今振り返ることはしない、ひたすら進むんだ明日へ明日へと

心に一つ約束があればいい
小さな願いを叶えたあなたの話を聞かせて、いつか僕に聞かせて
もしもあなたが空を渡る星のように、永い旅を続けるというなら
見上げていた光がまた生まれ変るまで

あの頃僕達はめぐり逢い、夢を語り合った
一人じゃないと確かめ合える時を共に過ごした
あの頃僕達はめぐり逢い、数え切れない未来を語った
互いに見つめ合った日の高鳴る喜びは、やがてあなたと僕との
重なり合うだろう夢が、未だ見ぬ未来の扉の向うに映ったから
互いの瞳にあの頃の願いが具現化されたから


あの頃僕達はめぐり逢い、夢を語り合った
さあ聞こえる、今すぐ新たな未來がめぐり逢う(果)
夢を見ていたい、果てしなく
    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング