忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

 こんにちは。
 私は占いはあまり好きなほうではなかったのですが、この間友達が見てもらいたいと行ったところへ付いていきました。で、結局見てもらいました。
 すると、「今年は天中殺の年だから、何をやっても駄目な年です。引越し、転職は絶対に失敗します。結婚もできません。今年出会った男性とは結婚までに至りません」と言われました。ちょっとショックだったので、「ここ数年で私にとって一番いい年はいつだったのか?」と聞くと、平成11年だったのですが、平成11年は、それこそ私は職場内での激しい嫌がらせや、長引く病気など波瀾の一年でした。ですので、「そんなこと信じられません!だったら今年は私は何もできないじゃないですか!転職も考えてたのに・・・」と思わず言ってしまったのですが、「今、転職しても絶対にうまくいきませんよ!長続きしません!」と一生懸命語る占い師さんを見てると、なんか怖くなりました。(^^;;
 しかし、今年何もするなと言われても、転職も結婚もしたいと思ってるのに我慢できません。
 天中殺とか、大殺界などといわれて、本当にそのとおりになった方、いらっしゃいますか?
 ちなみに占い師さんは、私に「あなたはこういう性格です」と言いましたが、全然違うような気がしたので、「全然違うと思う」と言ったら「あなたの生年月日は本当にこれで正しいんですか?戸籍が間違ってるんじゃないの?」と真剣に聞かれました。(-_-;)
 天中殺、大殺界、って本当に何もしたら駄目なんですか?こういう時期に転職や結婚した方、本当に後悔するような結果でしたか?いろんな方のご意見を賜りたいです。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

気にすると当たったように思い、そのせいにできる。


責任を転嫁したいのなら、信じることです。

#5さんも書かれていますが、最近同じような質問ありましたよ。ひとつは「引越し」ひとつは「結婚」。
両方とも答えました。
私は後悔する結果ではなかったので、ほぼ同じ回答を書きます。

私は「天中殺」「大殺界」+「女の厄年」が同じ3年間でした。
1年目「結婚」2年目「長女出産」3年目12月「次女出産」と人生の大イベントやりました。
それからもう10数年,もう1度「大殺界」あったはずですがすっかり忘れ現在に至るです。
別に大きい病気もせず、嫁姑問題もなく、子供も別に問題なく、いたって普通に過ごしております。

人類を何パターンかに分けるなんて、変でしょう?
「十人十色」という良い言葉があります。
細○○子女史やほかの占いの先生方を儲けさせても仕方ないでしょ。
占いを参考にするのは良いかな?と思いますが「信じきる」のは「危険」では・・。

と、占いをみてもすぐ忘れ、日々主婦しているオバちゃんでした。
    • good
    • 10

こんにちわ



その占い全然当たってないのでしょう?
気にする事ないんじゃないでしょうか。
もし、何も言ってない段階でズバリあなたが誰にも話してないほどの悩みや事実を言い当てるような人から今年は新しい事始めちゃだめですよ!といわれたならともかく。
悪い事言われて、開運のための変なもの売りつけられなくて良かったですよ。
これで厄払いしたと思ってはどうですか?
占なってもらっても、最終的に決めるのは自分ですから。
知人に、事業を起こしてから毎年占い師に、その年を見てもらっている人がいますけど、結婚するときは自分で決めてました。絶対この人と結婚すると決めたから占いは必要ないって言ってました。

天中殺の答えじゃなくてごめんなさいね。
    • good
    • 4

○私もそのような占いに凝っていた時期があり、本も購入して勉強(?)してたことがあります。



ですが、今言えることは、そんなこと全く気にしなくてよいということです。

私の結婚時期も確かその占いによると悪い時期だったようですが別にこれといって問題や後悔する事もなく仲良くやっていますよ。(たまに夫婦ケンカはしますが)

大殺会だから何か悪いことが起きるのではないかというマイナスのイメージが悪いものを引き寄せ結果として悪い運気になるのではないでしょうか?

○一年に四季があるように人生にも確かに良い時期や悪い時期もありますよ。でもその時期は1人の人間や占いで推し測れるようなものでは決してないと思います。

元々占い自体は人間がつくったものです。
人間は占いという小さな世界を指針にして生きているわけではなく、自然の摂理の中で生かされていると思います。

人間で決まっているのは「生まれてくることと死ぬこと」だけです。せっかく親や先祖から頂いた命なので占い等の小さな事は「まぁそういう考え方もあるのだな~」程度に見ておいて、早く自分らしく生きる道を確立する方がよっぽど有意義な人生が送れると思いますよ。

実際に悪い事については
自分に乗り越えられない困難は訪れないと思いますし、その困難な時期があったからこそ今の自分があると思えるようなこともあります。(まだ人生そんなに生きていませんが) また今は理解できなくても十年か二十年先にその意味がわかる日がくるとお気楽に構えています。

だからご質問者さんも「難事は決して悪いことではなく自分を成長させてくれる良い事なんだ えぃ!」と積極的に受け止めてみたら如何でしょうか?

あまり答えになっていない気がしますが、自分を信じて頑張ってくださいね。

最後に#5の方が書いているようにたまにTVで見かける大先生の発言は「自分の権威付けのための発言」に聞こえて気分の良いものではありませんね。占い師の本来の役目は人を不安に陥れることではなく、落ち込んでいる人を勇気付けたり、その人の人生に明かりを照らすことではないかと思います。
    • good
    • 7

最近良く似た題に回答アドバイス致しました。


誰しも自分の将来像は?運勢は?・・と気になるもの。
占い師はそういう人間心理をうまく利用した職業です。
テレビで名前は知りませんが女の人が出演者をつかまえて「天中殺、大殺界があなたには・・・」と偉そうに講釈を言っていますが、どんなに悪く言われても、なるほどというような顔をして反論もせず「先生、先生」と言って聞いているのを見ると馬鹿らしくなります。
何を根拠にしているのかよく判りませんし、例えば生年月日であるならその日に生まれた人は皆同じ運命になりますよね。
自分も初詣でおみくじをひいたりとかはしますけど、占いはあまりはまらないのがいいのでは。
    • good
    • 3

細木数子先生が言っていました



占いが好きだ。占いのとおりにすれば幸せなのか
ラッキーアイテムは何か?
って言う人は大嫌いだと・・・

占いばかりに頼って良い占いの結果が出たからといって何も努力しなければ良くならない
悪い占いが出ても努力によっていくらでも未来は変える事が出来る

だから占いは一つのアドバイス的なもの・・・
    • good
    • 7

四柱推命の立場でお話しさせて頂きます。



大殺界, 天中殺の事を、四柱推命では空亡(くうぼう)と呼びます。
空亡の年には、屋移り, 新築, 転職, 縁談など、人生が大きく変わるような事柄には向かない年とされています。ただ。なにがなんでもダメ。と言う訳ではなく、例えば方位を選ぶなどすれば、空亡を免れたり、和らげたりすることも可能です。
また、吉凶神殺星に特定の吉神星がついている場合、空亡であっても、良い働きに変わる場合もあります。

ただし。空亡の力も、本人が元々持っているパワーの大小により、左右されるものなので、あなたが非常に強い運勢(例えば、強い身旺の運勢である。とか。)である場合には、単純に空亡だからダメと言えない場合があります。

占法の違いにも依ると思いますが、四柱推命の場合、希なケースとして、本当の誕生日の1日前の日を利用する場合があります。また、節日に産まれている場合には、誕生時間(分単位で必要)や産まれた場所も考慮にいれる必要があるケースがあります。
なので、場合によっては日付がずれていた。と言うケースも考えられるのかも知れません。

四柱推命の立場で考えると、やはり空亡の2年間は身を慎むのが理想だと思います。が、空亡だからなんでもダメ。なんて事はありません。

生年月日が分かれば、命式を作成することも可能ですが、OkWebでは個人情報の記述は禁止されているので、多分ここで直接僕が占うことはできないと思いますが、ご心配であれば、四柱推命の専門家に見ていただいてはいかがでしょうか?
    • good
    • 2

こんにちは。


えーと、「天中殺」とか「大殺界」とかって、
わざわざ占いしなくても調べられますよね。
生年月日で分かるなら。

あれは確かおみくじみたいな奴でしたが、以前に大殺界だかなんだかだったことがあります。
うわーまずいなーと思って随分へこみましたが、
残念ながら信心深くないので其の事を忘れてしまい、いつもとたいして変わらぬ凡庸な一年を過ごしました。
そんなもんです。

占い師ってやはりある程度自分の占いに自信があるはずです。
しかも手相とか面相とかじゃなくて「生年月日」なら、はっきり答えが書かれている訳ですしね。
こだわりたくなる気持ちも分からないではありません。ただ、それってお前の力関係無いじゃん、という。(苦笑)
教科書と違ったら疑うなんてね。その教科書が全てなのか、と。個人的には占いってのは「アドバイス」だと思ってます。「命令」ではない。
それに、あなたがやる事全てがあなた個人の問題なわけじゃない。関わる人がたくさん居る訳で、「運」があるなら、その人たちに出会う事で変わる運があってもおかしくない。
あるいは相殺されてしまうかもしれない。

占いを信じるのが悪とは思いませんが、振り回されるのは愚かだと思います。

占いが一番有効なのは、「どっちでもいいけどどっちか選ばなければいけない時」くらいでは無いでしょうか。例えば次の参院選とかね。(笑)
    • good
    • 4

当たるも八卦、当たらぬも八卦。



私が結婚した年は天中殺でした。
あらかじめ、悪いと言われている事が正しいとして、
気をつけるようにしましたが、何と言う事も無かったようです。

何でもかんでも占いや、霊の責任にしたくは無いので自分の判断を信じています。

「断じて行けば、鬼人もしりぞく」です。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天中殺中の就職活動

今月から月の天中殺に入ります。
やはり天中殺中に就職すると後々トラブルなど起こる可能性があることはわかっているのですが生活の為どうしても職に就かなければなりません。
待遇が良ければバイトや派遣でも構わないのですがどちらにしても新しい環境に入ることは良くないでしょうか。
この不況の時期にそんなこと…と思われるかもしれませんがやはりこれまで天中殺中はあまり良いことがなかったことが忘れられずにいます。
少しでもトラブルを回避できたらと思います。
算命学、四柱推命にお詳しい方どうかご教授いただきたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。月の天中殺は気にすることはありません。年の天中殺のときはさけた方がいいです。でも、天中殺中だから悪い事がおるわけではありません。ここを誤解してあるかたがおおいのですが、時期(運気)でいえば冬、時間では深夜になると思います。このときのすごし方をかんがえられたらわかりやすいのですけど要は内面の充実(準備期間)をはかる時期で、例えば準備も出来ていないのに旅行に行けばどうなるかです。
この期間のトラブルは決して悪い物ではありませんトラブルをとうして自分が向上できるのですから。それを苦ととらず、出来ればどうやって乗り越えるか楽しみながらかんがえられるようになればいいのですが。これが真のトラブルの乗り越え方ですから。
でも時期が悪いのに職につかなければならない時どうするかですが。次に進むためのステップとわりきることで、その間に勉強し資格を取ったりして時期を待つのがいいのではないかとおもいます。天中殺だからよくないということではなく悪い事が起きた時に、良く考えたら就職した時期が天中殺だったというのがけっこうあります。でも何もない人もいるわけで100%そうなるのではありませんので安心してください。

こんばんは。月の天中殺は気にすることはありません。年の天中殺のときはさけた方がいいです。でも、天中殺中だから悪い事がおるわけではありません。ここを誤解してあるかたがおおいのですが、時期(運気)でいえば冬、時間では深夜になると思います。このときのすごし方をかんがえられたらわかりやすいのですけど要は内面の充実(準備期間)をはかる時期で、例えば準備も出来ていないのに旅行に行けばどうなるかです。
この期間のトラブルは決して悪い物ではありませんトラブルをとうして自分が向上できるのです...続きを読む

Q天中殺の年ですが空亡がない人と言われました。結婚して大丈夫ですか?

算命学で今年は天中殺と言われ、結婚を延期していたのですが、友人から四柱推命当たるよと聞き、占ってもらったところ、空亡がない人だから結婚していいと言われました。天中殺と言われてるんですが…と尋ねたところアッチより正確だから!と、なぜか怒られました(笑)
この場合四柱推命で大丈夫だから結婚してもいいと考えていいんでしょうか?

Aベストアンサー

未だに天中殺なんで言ってる人いたんですねぇ。驚きです。
天中殺は空亡の変形です。四柱推命は[年][月][日][時]の4つの柱で運気のリズムを見るものです。正確と言うか、四柱推命を習ったけれど、昭和生まれでは時間が不正確なことが多かったため、「時」を外して三柱で占いをしようと考え、その中の誰かさんかが「天中殺」とか「大殺界」とかを造っちゃったわけですよ。
でもね、2月4日生まれとかって立春ですよね。だから占いを知っている人ならご存知だろうけど、今年は三碧木星の年ですが、2月3日生まれだと昨年の四緑木星の生まれとして見ます。これは月でも同じこと。2月は五黄ですが、3日までは六白になります。(あくまでも例ですからね)
つまり平成27年2月3日生まれの人は年が四緑木星、月が六白金星。2月4日生まれの人は年が三碧木星、月が五黄土星という具合です。これだけ違ったら運勢もぜんぜん違ってくる。

それに占いの月替わりは真夜中じゃないんです。例えば今年なら午後1時頃が説入り。つまり同じ2月4日生まれでも、午前中に生まれた人と、午後に生まれた人では運勢が変わってしまうわけです。
ところが「時」を見ないとその違いが出てこない。年が四緑の人を三碧と見てしまうわけです。
だから四柱推命の方が正確だと言う事になるのです。

実際私はあの叔母さんの占いでは全く当たらない方に入ってしまっています。ところがおばさん、近年になって二つに分け始めた。時が見れないための対応策ですね・・・残念ながら私は当たって居ないけど。
だから三柱ではダメというのが四柱推命の鑑定士の主張です。

空亡は無に帰すといって凶事が起きると言う意味ではなく、努力したことが徒労に終わるかもしれないよと言う意味です。もちろん中には凶事がおきて無に帰す人もいるでしょうが、そうでなくても無に着る事は善くあることです。

ただし、男女においての空亡は難しい。でもないならないでいいですよ。
私と妻は空亡の年に結婚しました。空亡同士だと腐れ縁になることもあります。それが四柱推命での見方。おかげさまで私達はもう直ぐ銀婚式です。

それに四柱推命は大きな流れを見るだけです。実際の運気は、その人の行動や生活によって祐気剋気を得て変化しますから、四柱推命だけで決めるのはあまりよろしくない。まぁ、せいぜい苦労するか比較的楽かの違いしか判りません。と軽く考えて置きましょう

未だに天中殺なんで言ってる人いたんですねぇ。驚きです。
天中殺は空亡の変形です。四柱推命は[年][月][日][時]の4つの柱で運気のリズムを見るものです。正確と言うか、四柱推命を習ったけれど、昭和生まれでは時間が不正確なことが多かったため、「時」を外して三柱で占いをしようと考え、その中の誰かさんかが「天中殺」とか「大殺界」とかを造っちゃったわけですよ。
でもね、2月4日生まれとかって立春ですよね。だから占いを知っている人ならご存知だろうけど、今年は三碧木星の年ですが、2月3日生まれ...続きを読む

Q大殺界中に転職、引越しをしてしまったらどうすればよいでしょう?

私は細木数子さんの六星占術によれば火星人のーなのですが、去年は年運、月運ともに停止という真っ只中に転職と引越しをしてしまいました。これは後で知ったのですが振り返れば大殺界中に二台もの車を廃車にしてしまったり、仕事でのトラブルが続発したりと散々だったことから、あまり軽視はできないような気がします。
そういった大殺界中にしてはいけないことをしてしまったときの解決方法というか対処方法はどうすればいいのか調べてみてもよく解りませんでした。
どなたか知っている方がいれば教えて下さい。不安で仕方ないので助けてください。また転職は必要なのかと考えています。

Aベストアンサー

こんにちは。
もうご存知かもしれませんが、斉門見さんの四柱推命占いのメールマガジンです。
無料相談コーナーがあり、それぞれの相談やそれに対する専門家の斉門先生のアドバイスが参考になります。
もしご存知なかったらどうぞ。
バックナンバーも公開されています。

参考URL:http://www.mag2.com/m/0000098704.htm

Q大運天中殺と宿命大殺界について

大運天中殺は宿命大殺界と同じですか?
私は宿命大殺界を今年抜けます。最後の5年で結婚、出産しました。これは、よくなかったのでしょうか?詳しい方教えてください!!お願いします!

Aベストアンサー

 「天中殺」は、別名「空亡」と言います。

 これは、干支暦という十干と十二支を用いて年月日時を表す暦を基に、人の「命」を判断する占術の、『四柱推命(中国では『子平』とか『八字』などと呼ばれます)』や『算命学』で用いられる用語です。
『算命学』では主に「天中殺」と言い、『四柱推命』では主に「空亡」と言っています。

 昭和50年代に、和泉宗章氏が『算命占星学入門』と『天中殺入門』という本をお出しになり、その中に、

 「天中殺の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始めても必ず後に破綻することになる。」
 「天中殺の期間中は何をやっても思うようにならない。だからその期間中はおとなしく天中殺の時期が過ぎるのを待つべきだ。」
 「天中殺の人がいると、家族を含め周囲の人がそれに巻き込まれる」
 「大運天中殺は運勢を逆転させる。大運天中殺の直前に幸運だった人は大運天中殺の期間中にその反動で不運に見舞われ、場合によっては命を落とす。逆に、直前に不運だった人は幸運に恵まれる。しかし、大運天中殺の期間中に幸運に恵まれた場合、あまりに度の過ぎた幸運に恵まれると大運天中殺が終わった時にその反動で不運に見舞われ、場合によっては命を落とす。」

というようなことが書かれていました。

 これらを読んだ人の中に、「自分は今、天中殺だから、何をやっても上手く行くはずがない。」「天中殺の自分がいると家族に迷惑がかかる」「幸運だった自分はもう直ぐ大運天中殺に入るから死ななければならない」などと、私からすれば訳の分からない理由で自殺する人が相次ぎ、日本中を巻き込んでの一種の社会現象・社会問題となりました。

 その後、和泉氏は、当時読売巨人軍の監督に就任した長島茂雄氏に関する占いを外したことをきっかけに、「占いは当たらない」宣言をして占いから足を洗い、『算命学』はそれまでのブームの反動からか、人々から白眼視されるようになりました。

 その後、1年ほどして出て来たのが細木数子氏の『六星占術』で、内容は、和泉氏の本の中から天中殺の要因のみを取り出して、人々を6種類または12種類に分け、天中殺の期間を十二支で1個分増やして名前を「大殺界」とし、

 「大殺界の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始めても必ず後に破綻することになる。」
 「大殺界の期間中は何をやっても思うようにならない。だからその期間中はおとなしく天中殺の時期が過ぎるのを待つべきだ。」

と、天中殺(大殺界)の期間中の行動などについては和泉氏の本に書かれていたのと全く同じことを書き、ただ、

 「何事も思うようにはならないけれども死んではいけない」

と書いて和泉氏の二の舞になることを防いでいました。
 ただ、和泉氏の本は天中殺以外の部分の内容については比較的信頼性の高い占術の判断方法を紹介していたのに対し、細木氏の本の方はまるでデタラメで、自己流に滅茶苦茶にアレンジして、大殺界の他にも中殺界やら小殺界やらと、単に悪い時期というのを増やして人々の恐怖をあおって自分の商売にしているだけのものでしかありません。

 そして、細木氏は最近になって和泉氏の『天中殺入門』に書かれていた大運天中殺の部分のみを取り出して『宿命大殺界』という本を書いて売り出したようです。
 ただ、さすがにこれまで今までの大殺界の手法と同様に十二支で一個分悪いとされる期間を増やしてしまうと、全部で30年間も悪い時期ができてしまうことになるために気が咎めたか、元々の大運天中殺の時期とこれだけは全く同じにしています。そして、その時期の過ごし方については和泉氏の本に書かれていた内容をほとんどそのまま流用し、その他に、彼女の常套手段として、先祖供養などの独自の宗教的哲学的内容などを加味してもっともらしい体裁を整えて本にしています。

 しかし、細木氏が基にしていると思われる、和泉氏の本の「天中殺」の考え方自体がそもそも間違っているのです。

 「天中殺(空亡)」は、干支暦を用いて人の「命」を判断する占術においては確かに重要な判断要素の一つではあります。(もっとも、台湾の明澄透派という流派の系統の『四柱推命』だけは、「空亡」の要素を最初から全く見ないようですが・・・)

 しかし、「天中殺(空亡)」は、その「天中殺(空亡)」に該当する干支(かんし:十干と十二支のこと)が存在しない、または、力が半減している、などとして観命作業を進めて行くためだけのものであって、他の要因と合わせて考えることによって初めて具体的な意味を成すものであり、「天中殺(空亡)」の要因だけを取り出して何らかの判断をしようとしても、それだけでは良いとも悪いとも、具体的には何も判断することはできないのです。

 それを和泉氏は、「天中殺に該当する干支が存在しないものとして、或いは、力が半減するとして判断しなければならない」ということのみに着目して、「自分に対して作用するものが無くなったり力が弱まったりするのだから、その時期は不安定で何が起こるか分からない」というように発想し、その考えを基に本にまとめられたのだと思われます。

 しかし、実際には、自分に作用するものが例えば全く無くなったとしても、自分が生まれながらに持っているものまで消えてなくなるわけではないため、そのような場合には本来の自分が持っているものがもっと明確に現れて来るだけのことであって、それ以上でもそれ以下でも無く、この時期が運勢的に不安定になると決まっているわけでもなければ、悪いことが起こると決まっているわけでもないのです。

 さらに言いますと、『四柱推命』でも泰山流では大運の「空亡(天中殺)」は見る必要は無いと考えていますが、私もこれまで多くの方を見させて頂いた経験上、大運の天中殺は見る必要が無いという結論を得ています。

 いずれにしろ、和泉氏の判断方法はそもそも間違っていたのであり、同じ『算命学』の流派の中でも和泉氏の本の内容に賛同する方はほとんどいません。ましてや、それを基にして人々の恐怖を煽って自分の商売にしているだけの細木氏の書いていることや言っていることなど、真に受けて振り回されるだけ馬鹿を見るとお考え下さい。

 しかし、どうしても不安で仕方が無いとお考えでしたら、信頼の出来る占術研究家の方に鑑定を依頼なさればよろしいのではないかと思います。
 『算命学』は『四柱推命』の判断要素のうちから生時の要因を除外して判断するもので、他の12星座占いや動物占いなどから見れば信頼性は高い部類の占術ですが、『四柱推命』に比べれば精度などの点で格段に劣ります。しかし、『四柱推命』を看板にはしていても入門書程度の知識のみで商売している人も多数おられるため、誰が信頼できるのかは素人の方には判断がつきかねると思います。

 そこで、有名どころで言えば、gooのバナー広告にも出ている黒門氏(高根黒門氏)などは私としては信頼できる方なのではないかと考えています。他に、苔峰洞人氏なども信頼できるのではないかと考えていますが、苔峰洞人氏は現在本の執筆中でお忙しいようですし、基本的に占いの依頼は受けない方のようなので、依頼しても無理かもしれません。しかし、そのHPの内容は、素人の方には少し難しいかも知れませんが、お読みになって参考になる点は多いのではないかと思います。

 どちらの方も、gooやYahooで検索すればHPが分かるはずです。

 或いは、街中やインターネット上で『四柱推命』を看板に掲げている方の場合でも、その人が信頼できるかどうか判断できる方法があります。それは、生年月日までは分かっていても生時が分からない場合、その人の身体的特徴や家庭環境、これまでに経験した事象の発生時期とその種類などの情報から、生時を特定できる方であれば信頼できると考えられます。仮に、生時が分からない場合、「生時が分からなくても運命にはほとんど影響はありません」として判断する人や、生時を軽視する方は信用できないとお考え下さい。生時が変われば、全く性格も運命も何もかもが変わるのです。

 しかし、私としては結局のところ、天中殺など素人の方は全く気にしなくて良いのではないかと思いますが、どのようにお考えになるかはstarmanstarmanさんの自由だと思います。

 「天中殺」は、別名「空亡」と言います。

 これは、干支暦という十干と十二支を用いて年月日時を表す暦を基に、人の「命」を判断する占術の、『四柱推命(中国では『子平』とか『八字』などと呼ばれます)』や『算命学』で用いられる用語です。
『算命学』では主に「天中殺」と言い、『四柱推命』では主に「空亡」と言っています。

 昭和50年代に、和泉宗章氏が『算命占星学入門』と『天中殺入門』という本をお出しになり、その中に、

 「天中殺の期間中は新しいことを始めてはいけない。何か始...続きを読む

Q大殺界(停止)で転職をすると 本当に良くないんでしょうか。

大殺界(停止)で転職をすると 本当に良くないんでしょうか。

Aベストアンサー

運気が一番悪い時だそうなので、焦らず現状維持に努めた方がいいらしいですよ。
霊合星人であれば、まだマシだそうですが…。
厄年を信じるか、信じないかと同じようなレベルかもしれませんが、「大殺界ってけっこう当たっているかも」と経験上、私は思っています。

Q空亡(天中殺)中の転職

空亡(天中殺)中の転職

こんにちは。
よかったら教えてください。
最近占いに興味を持ち、空亡というものがあり、空亡中は新しいことを始めるのはよくないと知りました。

私は牛未空亡で、月だと5・6・7月がそれに当たるらしいのです。
しかし今、まだ決まってはいないのですが、社内で異動になるかも・・という状況で、私もできるなら今の職を変えたいと思っています。
(最初は人事の方から異動の話があったのですが、今の部署が人手不足ということで話が一度はなくなってしまいました。しかしそれを機に私自信も異動したいと思うようになり、今度は自分から動いてみようと思っているところです。)

もし、転職(社内の異動)が決まる場合、空亡中に始まったかそうでないかの判断は、「決まった時点」なのか「実際に働き始めた時点」なのか、どちらなのか教えていただきたいです。

占いですべて決めているわけではありませんが、転職という節目なので、できるなら良い方向に向かいたい・・と思っていて、気になっている次第です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

空亡は、自分から動いた場合に、それが結果が伴わず空しく亡くなる・・・。という意味と捕らえています。
ですので、自分の意思とは無関係な人事からの働きかけ自体は、空亡の対象ではないかと。
また、空亡の時期はチカラを溜める時期、とも捉えています。

天からの助けは、誰かしら人を通じてくるものですから、人事からの声は、そういうお誘い、
と言う風にして捉えればよいと思います。やるかやらないかは別として。

Q天中殺に結婚、出産をしました。

初めて質問をさせていただきます。ヨロシクお願い致します。

先日、旦那さんと占いをしてもらいました。どうやら私が天中殺(2004年)の時に結婚式、出産をしたみたいです。でも、お付き合いを始めたのが2003年で入籍したのが2004年2月だから大丈夫よと言われました。占いでは何月から何月までが1年なのでしょうか。天中殺に新しい事を始めるといい結果が出ないと聞きました。知らなかったので仕方がないのですが、なんだか不安になりました。知らないで天中殺に結婚、出産をした人はたくさんいると思うのですが、どう過ごしたらいいのか分からなくなってきました。ある程度は占いを信じたほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

ハハハ・・・、先輩です。

私は「天中殺」「大殺界」「厄年」の3年が同時でした。1年目結婚、2年目長女出産、3年目次女出産と周りから見るととんでもない事かもしれませんが、何もありませんでしたよ。「厄落とし」に生まれた次女も中2。頭のほうはさておき、すこぶる健康、私も少し太り気味はご愛嬌ということで何にも無くすごしてまいりました。

占いに惑わされていたらやってられませんよ、子育て・・・。

頑張ってくださいませ。

Q大殺界と仕事について

上京してもう3年ぐらいになるのですが、最初はプログラマーを目指していました。しかし、半年で3社ほど辞めてしまいました。原因は不眠症、遅刻、人間関係、仕事が向いてなかったなどです。確か上京した時は財成という年で良かったはずなのですが・・・。それから1年ほど就職活動しても決まらず、精神的に鬱になっていました。去年ぐらいからテレビなどのメディアで細木さんを知って自分が来年いっぱいまで大殺界だというのを知りました。思い起こせば12年前の時も良い事がなかったように思います。しかし、運気がいい年でも仕事をすぐに辞めてしまった事がありました。現在はやりたいと思う仕事がないのと仕事をしていない2年ほどのブランクでどうしていいか分からない状態です。さらに大殺界という占いに呪縛されてる感じです。占いでは新しい事は始めない方がいいと言っていますが、この呪縛を解くにはどうすればいいでしょうか?
大殺界の時に就職、転職したと言う方に体験談を聞きたいです。

Aベストアンサー

はじめまして。
なんだか、大変ですね。私も大殺界なんていわれたときは、なんだかぎょっとしました。他の占いでもたまたま悪いときがつづいてましてね。
 でも、なにはともあれ仕事はしなくては、生きてはゆけません。ただ、あなたは仕事についての考えがちょっとゆがんでいるので、なやんでらっしゃるのではないかと思うのですが、どうでしょう?
 あなたにとって仕事とはなんですか?親や友達に認められる会社で安定した収入を得ること。なんて考えているのではありませんか?
 それは、違います。仕事とはあなたと世の中を生かすためにすることです。
 大雑把に例を出すと、戦後の日本で占いで悪いと出たから仕事をしないなんて人間いないはずですよ。だって、働かなきゃ、本当に死んでしまうのですからね。
 ま、こんな豊かな世の中でそこまで追い詰められる人はそういませんが、多少ゆたかで食い物の心配をしない分、悩みが深くなるのですよね。動物的に生きられる分、心が生きているかわからなくなる人がおおいんですから。
 今のあなたは心がいきてますか?いえ、もし充実してるなら悩んだりしませんね。
 まずは、自分らしく生きるとはどういうことなのか、考えてみてください。そして、そのためにあなたが世の中にどうかかわれるのか。
 別に、世間でいうような立派な仕事でなくても、ホストでも、愛人でも、それも立派な仕事だと私はおもいます。
 仕事に呪縛をしているのは、細木さんではなく、あなたをとりまいた環境とあなたです。大殺界はそんなあなたの心配を大きく投影しているだけです。
 この手の占いは、運気にアップダウンがあって、殺界を超えれば、かならずいい運気の時代がくるものです。
 ただ、厳しい冬を越えなければ、桜が美しく咲けないように、いま、ちゃんと自分と向き合えなければ幸運期にも五部咲き人生のままですよ。
 そんなにきになるなら、この一年、立派な就職を考えなくても、アルバイトで命をつなぎつつ自分探しをしてみたっていいし、おへんろさんでもしてきたっていいじゃないですか。
 仕事は、自分を生かす事です。自分を追い詰めるためにするものではけしてないのですから。そんなにあなたをいじめないでやってください。
 こうやって、質問できるあなたは、まだちゃんと世の中とかかわろうと努力できるひとなんですから。道が理解できれば、あなたの本当に望む目的地までたどり付けるはずです。
 ロータスというプログラムを作った人も昔はヒッピーをしていたと聞いたことがあります。ちょっと横道をそれたとして、それが必ず転落の道とはかぎりません。
 とにかく、まずは心から休息して、元気なってでなおしてみてください。

はじめまして。
なんだか、大変ですね。私も大殺界なんていわれたときは、なんだかぎょっとしました。他の占いでもたまたま悪いときがつづいてましてね。
 でも、なにはともあれ仕事はしなくては、生きてはゆけません。ただ、あなたは仕事についての考えがちょっとゆがんでいるので、なやんでらっしゃるのではないかと思うのですが、どうでしょう?
 あなたにとって仕事とはなんですか?親や友達に認められる会社で安定した収入を得ること。なんて考えているのではありませんか?
 それは、違います。仕事...続きを読む

Q大殺界の転職と引っ越し

私は大殺界の時に希望の仕事に転職し、2年ほど楽しく過ごしていました。
しかし現在は、突然の不慮の事故で転職をよぎなくされています。無給でケガが治るまで現在の会社に在籍は可能です。
しかし最近になって希望だった転職先の会社の面接が合格になりました。

そこで大殺界の 転職と引っ越しについて皆様どうおもわれますか?

今回は大殺界の最後の年で おとなしく変化せず現状維持が最適だと、どの占いにもかかれています。
しかも転職先の方角も九星占いでは絶命でした・・・。

占いなんて信じるタイプではなかったのですが、こうして いきなり仕事ができなくなったりして・・・
やはり2年前の転職が間違いだったのかなとも思うときがあります・・・。

やはり現状を維持し転職は控えたほうがいいと思いますか?

アドバイスお願いします★

Aベストアンサー

私は今月末で大殺界が終わります。
占いは良いことだけ信じるようにしています。

では質問者様は、転職した時は大殺界ではなく運気の良い年だった、
そして現在も12年で最も良い運気の年と仮定してください。
たぶん
「事故にあったのが、大殺界の年だったらきっと命を落としてたに違いない。
運気の良い年だったからこの程度で済んだんだ・・・」
と思いませんか?
同じ出来事でも、「今は良い運気or悪い運気」という思い込みで
こんなにもとらえ方がかわるものです。

転職後、もし不運が続けば・・・
「やはり大殺界に決断したのが間違いだった」と思うでしょう・
現状維持しても、もし不運が続けば・・・
「本当は転職すべきだったのに、あの時は大殺界だったので、
判断力が鈍り、間違った判断をしてしまった。」と思うでしょう。

占い大好きな私でも、占いは後付けでなんとでも言えますから
結局自分が責任をもって決断するしかないと思います。

>やはり現状を維持し転職は控えたほうがいいと思いますか?
>アドバイスお願いします★

ここからは占いではなく、現実的なアドバイスをします。

>無給でケガが治るまで現在の会社に在籍は可能です。

現在は無給なんでしょうか?ちゃんと傷病手当は貰ってますか?
会社でちゃんと健康保険に加入しているなら、
健康保険組合から傷病手当がもらえます。
http://tt110.net/11kenkouhoken/H-syoubyou-teate.htm
まだ手続きをしていないなら
すぐに加入している健康保険組合に相談しましょう。

とりあえず傷病手当をもらえば無給ではなくなります。
お金にゆとりができれば、心にゆとりもできます。
ゆとりのある心で、次の会社は自分にとって良い転職かを考えて決断されるといいと思います。
お大事に。

私は今月末で大殺界が終わります。
占いは良いことだけ信じるようにしています。

では質問者様は、転職した時は大殺界ではなく運気の良い年だった、
そして現在も12年で最も良い運気の年と仮定してください。
たぶん
「事故にあったのが、大殺界の年だったらきっと命を落としてたに違いない。
運気の良い年だったからこの程度で済んだんだ・・・」
と思いませんか?
同じ出来事でも、「今は良い運気or悪い運気」という思い込みで
こんなにもとらえ方がかわるものです。

転職後、もし不運が続けば・・・
「や...続きを読む

Q天中殺のど真ん中で就活、不安です。

息子は大学3年生、今月から就活生です。
ところが、先日、昔から知り合いの占い師の方に会って占ってもらったら息子は2014~2015年のおよそ2年間、天中殺だということがわかりました。
天中殺では、新たな事はするな、という話ですが…どうしたらいいでしょうか?
非常に心配です。

Aベストアンサー

天中殺も大殺界も中途半端な知識から生まれたものであることは古来の占術占学をやっている人にとっては常識的なことです。
もともとの解釈のマイナス面の一部だけを取り上げたものですから、出し方、解釈の両面からすれば半数に満たない的中率となります。

占いにはまるでスウィングバイのように凶運を利用して運気を上げる方法もあるんです。
ですから占い師もコレを使えるくらいの能力のある人に頼るべきで、悪くなる事も余りありませんし、避けるだけでは良くはなっていかないのです。

私は妻との結婚を天中殺同士で反対されましたが、正しい考えを説明し、乗り越えました。
結果30年を超えるまで子にも恵まれ、平穏な生活を送っています。

占いを重視するなら、中途半端な占いに頼らずマトモなものをまともな先生に習いましょう。
そうでなければ気にしないのが一番ですよ。

運命は決められたものではありません。
運勢はバイオリズムのようなもので、全体の運気を上げておけば運気低迷期でも余り影響を受けずに済みます。
天中殺を気にするよりも全体の運気を上げる努力をした方がいいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング