アイデンティティーの正しい保ち方について教えてください

(1) 他人のアイデンティティーを損傷し、自分のアイデンティティーを保つ。競合するしないに関わらず、他者を排除するのではなく、損傷することで自己を保てば
最強のアイデンティティーを保持できる

(2) 他者と競合しつつ存在することでアイデンティティーを保つ。他者と協力し、依存しあうことで、だが各自のアイデンティティーは分離して存在する

(3) 他者のアイデンティティーを奪い取り自己のアイデンティティーとする。奪い取った後、同じ物がふたつ存在することになる。競合とは違う。
その後、互いの了解済みのあとに似たようなものとして両者とも存在し続けるか
奪った罪であるいは用済みであるという罪で排除・損傷しあい、残った奴が本物である

(4) アイデンティティーを保つためには他者と違う事をしならない。他者と違う事を行う事でアイデンティティーとして分離した自己を発見する

(5)あまり気にしなくてもアイデンティティは存在する。自然に存在している自分を意識することで存在を確認する。それは生存しているという行為の中で変化しながら存在しつづけるものだからきにしない

(6) 競合するアイデンティティを排除することで自己の存在を唯一無二のものとし、それを保ち続ける

他に方法があったら教えてください
あるいはアイデンティティー自体についてご意見お聞かせ下さい。そんなものいらないでしょとか

・アイデンティティーの損傷は人権侵害である?
・精神異常はアイデンティティーを意識しているから発生するのではないか?
・アイデンティティーが破壊され尽くした場合とは度のような場合なのか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

後半のみへ。


・アイデンティティーが破壊され尽くした場合とは度のような場合なのか。
裸の王様だったことに気づいた裸の王様。
・精神異常はアイデンティティーを意識しているから発生するのではないか?
ちがいます。
・アイデンティティーの損傷は人権侵害である?
人格権の侵害は人権侵害ですが、用語であそんでるように見えます。アイデンティティーは自己がしっかりと持ってるものであり、他者によって損壊されるものではありません。普通。  損傷というのが、他動詞として使われてるのも不自然ですしね。

もう一度、質問を練り直して、質問しなおしてもよいのでは??
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアイデンティティーとは、どういう意味ですか?

本を読んでいて、
「自分のルーツはどこにあるのかというアイデンティティーを探す旅に出る。」
「個人の記憶やアイデンティティーを伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」

この言葉自体の意味が分からないので、まずアイデンティティーの意味を上記の文章にも当てはまるように分かりやすく教えてください。
当てはまらないようであれば、意味だけをお願いします。
僕は、自分が自分であるという認識などと考えたりしましたが、やっぱり正しく理解したいので、平易に回答していただけると嬉しいです。

最後に他に例文を教えてくださるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

ちょっと、頭良さそうに聞こえるから、書いてみた。
という文脈では、アイデンティティー=自分と読み替えると意味がわかります。
「自分のルーツはどこにあるのかというアイデンティティーを探す旅に出る。」
「自分のルーツはどこにあるのかという自分探しの旅に出る。」

「個人の記憶やアイデンティティーを伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」
「個人の記憶や自分を伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」
という感じです。

Q認知療法とアイデンティティ

少し前から心療内科に通っています。
現在4回の通院が終わり、次は2週間後です。

診断結果は対人恐怖症とアイデンティティの不確立です。
先生からは「寝る時見る夢からヒントをもらったり、
僕(先生)と話したりして本当の自分を見つけていきましょう」と言われました。
私としてはかなり鬱っぽいと思っていたので
そこで鬱病と診断されなかったのには「あれ?」と思いましたが
こういうのは判断が難しいんだろうなと思い、一応納得しています。
薬はワイバックス1mgとルボックス50mgを処方されています。

心療内科に通い始めても相変わらず心は苦しく
今日は非常に落ち込み、鬱鬱と死にたいと考えていました。

こんな状態でいつになったら自分は楽になれるのかと不安になり
なにか他の事を試してみたいと思いました。
そこで以前ここで質問した時に教えていただいた
認知療法を自分でやってみようかなと思ったのですが
これは認知の歪みを治していく方法ですよね…?
先生がおっしゃってるアイデンティティの確立と平行して
いいものでしょうか?
そもそもアイデンティティを確立するとはなんでしょうか?
先生に質問してみたのですが、よくわかりませんでした…。

長くなりましたが教えていただきたい事は
○アイデンティティの確立とはなんですか?
○認知療法を平行して自分でやってもいいでしょうか?
ということです。
よろしくお願いします。

少し前から心療内科に通っています。
現在4回の通院が終わり、次は2週間後です。

診断結果は対人恐怖症とアイデンティティの不確立です。
先生からは「寝る時見る夢からヒントをもらったり、
僕(先生)と話したりして本当の自分を見つけていきましょう」と言われました。
私としてはかなり鬱っぽいと思っていたので
そこで鬱病と診断されなかったのには「あれ?」と思いましたが
こういうのは判断が難しいんだろうなと思い、一応納得しています。
薬はワイバックス1mgとルボックス50mgを処方されていま...続きを読む

Aベストアンサー

アイデンティティという言葉は、一口に説明するのが難しい言葉ですね。
説明する先生も大変だったと思いますので、
一度に理解できなくても仕方ないと思いますよ。

アイデンティティは「自我同一性」「自己同一性」とも言います。
エリクソンという学者が提唱した言葉の一つで、
自分が何者か、社会から何を期待されているのか、何をするべきかが
自分の中で確立され、はっきりとしている状態ですね。
エリクソンは、アイデンティティは青年期に社会的役割を
果たすことで獲得されると言っています。
つまり、社会とかかわりを持つ中で

●自分が自分以外の何者でもないことを知る、
●誰にも流されない、自分の考え方をしっかり持つ
●自分の長所も短所も客観的に見ることができる
●社会の中での自分の役割を知る
(日本人としての自分、○○という地域住民としての自分、
学生または社会人としての自分、親または子どもとしての自分、
友人・知人の中での自分、趣味や社会活動を行う自分、など)

といったことが獲得・達成できるということです。
他者が自分をどう見てるかを知ることで、
他者の評価や考えを「自分を写す鏡」にして自分を見るということです。
でも、誰でも青年期には自分のやりたいことが見つからなかったり、
将来の進路や職業選択を先延ばしにしたがる(モラトリアムといいます)
ことって誰でもありますね。それが人によって悩み過ぎたり
考え過ぎたりしてこころに問題ができてしまったり、
ニートになってしまうというパターンもあります。
従って、人格障害とはあまり関係ありません
(自己同一性障害という言葉は精神医学にありません)。
医師が言いたかったのは、社会と少しずつかかわれるようにしながら、
自分探しを一緒にしましょうね、ということだと思いますよ。

認知行動療法は対人恐怖症には有効ですが、
自分の考え方のクセを客観的に見なければいけないので、
医師のアドバイスや指示をいただきましょう。
最初から独学だと、自分の考え方のクセに気づくのに
余計な時間がかかり、負担になる恐れもあります。

アイデンティティという言葉は、一口に説明するのが難しい言葉ですね。
説明する先生も大変だったと思いますので、
一度に理解できなくても仕方ないと思いますよ。

アイデンティティは「自我同一性」「自己同一性」とも言います。
エリクソンという学者が提唱した言葉の一つで、
自分が何者か、社会から何を期待されているのか、何をするべきかが
自分の中で確立され、はっきりとしている状態ですね。
エリクソンは、アイデンティティは青年期に社会的役割を
果たすことで獲得されると言っています。
...続きを読む

Qアイデンティティーについて

アイデンティティーの正しい保ち方について教えてください

(1) 他人のアイデンティティーを損傷し、自分のアイデンティティーを保つ。競合するしないに関わらず、他者を排除するのではなく、損傷することで自己を保てば
最強のアイデンティティーを保持できる

(2) 他者と競合しつつ存在することでアイデンティティーを保つ。他者と協力し、依存しあうことで、だが各自のアイデンティティーは分離して存在する

(3) 他者のアイデンティティーを奪い取り自己のアイデンティティーとする。奪い取った後、同じ物がふたつ存在することになる。競合とは違う。
その後、互いの了解済みのあとに似たようなものとして両者とも存在し続けるか
奪った罪であるいは用済みであるという罪で排除・損傷しあい、残った奴が本物である

(4) アイデンティティーを保つためには他者と違う事をしならない。他者と違う事を行う事でアイデンティティーとして分離した自己を発見する

(5)あまり気にしなくてもアイデンティティは存在する。自然に存在している自分を意識することで存在を確認する。それは生存しているという行為の中で変化しながら存在しつづけるものだからきにしない

(6) 競合するアイデンティティを排除することで自己の存在を唯一無二のものとし、それを保ち続ける

他に方法があったら教えてください
あるいはアイデンティティー自体についてご意見お聞かせ下さい。そんなものいらないでしょとか

・アイデンティティーの損傷は人権侵害である?
・精神異常はアイデンティティーを意識しているから発生するのではないか?
・アイデンティティーが破壊され尽くした場合とは度のような場合なのか。

アイデンティティーの正しい保ち方について教えてください

(1) 他人のアイデンティティーを損傷し、自分のアイデンティティーを保つ。競合するしないに関わらず、他者を排除するのではなく、損傷することで自己を保てば
最強のアイデンティティーを保持できる

(2) 他者と競合しつつ存在することでアイデンティティーを保つ。他者と協力し、依存しあうことで、だが各自のアイデンティティーは分離して存在する

(3) 他者のアイデンティティーを奪い取り自己のアイデンティティーとする。奪い取った後、...続きを読む

Aベストアンサー

後半のみへ。
・アイデンティティーが破壊され尽くした場合とは度のような場合なのか。
裸の王様だったことに気づいた裸の王様。
・精神異常はアイデンティティーを意識しているから発生するのではないか?
ちがいます。
・アイデンティティーの損傷は人権侵害である?
人格権の侵害は人権侵害ですが、用語であそんでるように見えます。アイデンティティーは自己がしっかりと持ってるものであり、他者によって損壊されるものではありません。普通。  損傷というのが、他動詞として使われてるのも不自然ですしね。

もう一度、質問を練り直して、質問しなおしてもよいのでは??

Qアイデンティティについて

アイデンティティが拡散していると言われました。
アイデンティティについて調べても中々理解することができません。
アイデンティティが拡散していると言うことは自我が自分の中で形成されていないと考えていいんですか?
また、アイデンティティが拡散するのには何か原因が存在するのでしょうか?


アイデンティティについて詳しく教えてください。

Aベストアンサー

どういうことで「拡散」と言われたか書かれていないので、一般的な回答になってしまいます。それで、「拡散」の反対の言葉というと「自我同一性」です。それはどういうことかというと、学問的な言葉の説明では何だか分からなくなるので、私の言葉で説明します。端的に言うと「自分にはいろいろな欠点があるが、そんな自分が好きだ。」と言うことです。もっと身長があれば、もっと美人であればと他人と比較してしまいます。しかし、そんな自分が良いと思うことです。
私自身も振り返ってみると、大学時代に同一性が確立されたと思います。自分の性格として、妙に細かいところがあると思えば、大雑把なところがあり、自分自身としては二重性格かなと悩みました。しかし、それは自分の性格を「円」と見るのでなく、「楕円」として見ると言うことで解決しました。円には中心は1つしかありません。しかし、楕円には焦点という2つの点が必要です。繊細と大雑把という2つの焦点によって私という楕円が成り立っていると考えました。

2つ目の質問ですが、「アイデンティティが拡散していると言うことは自我が自分の中で形成されていないと考えていいんですか?」は全くその通りだと思います。自分という物差しが確立されていれば、他人は他人と考えることができると思います。できていなければ、あの物差しがいいとか、この物差しがいいとか他人に左右されるのではないでしょうか。

3つ目の質問の原因はと言う質問に対しては、エリクソンの発達課題が回答になると思います。アイデンティティと言うのは彼が言い出した事ですが、生まれてから死ぬまでに人はそれぞれの時代に解決しなければならない課題があると言っています。今の課題が解決できなければ、次の課題が解決できないとされています。青年期の自我同一性の問題に滞っているというのは、児童期の「勤勉性」「劣等感」という課題が解決していないかもしれません。

余談ですが老年期の発達課題は、「自我の統合」です、私も後10年で定年です。それで、「定年まで10年どう生きて行くか」ということで少し黄昏症候群になっていました。その時にエリクソンの本を読み、「今まで生きてきた自分を振り返りこの時期に自我の再統一を図る」と書かれていました。なるほどと思いました。空の巣症候群、初老性鬱病、黄昏症候群など中年の危機と言われるものは、この自我の統合の失敗かなと思います。

どういうことで「拡散」と言われたか書かれていないので、一般的な回答になってしまいます。それで、「拡散」の反対の言葉というと「自我同一性」です。それはどういうことかというと、学問的な言葉の説明では何だか分からなくなるので、私の言葉で説明します。端的に言うと「自分にはいろいろな欠点があるが、そんな自分が好きだ。」と言うことです。もっと身長があれば、もっと美人であればと他人と比較してしまいます。しかし、そんな自分が良いと思うことです。
私自身も振り返ってみると、大学時代に同一性...続きを読む

Qアイデンティティー

ニートにアイデンティティーってあるんですか?

アイデンティティーの意味合いからすると、矛盾するような気がします。

Aベストアンサー

ニートであることそのものが、もうすでにひとつのアイデンティティーでしょう。

アイデンティティーの意味合いの上でいささかも矛盾していません。

Q住んでいる場所とアイデンティティの関係について

自分が住んでいる街や環境と、アイデンティティは関係があると思いますが?
どこにすんでもいっしょっていう考え方もあるとおもいますが、
ここに住んでいる(育った、もしくは大人になってから住んだ)ことで自分のアイデンティティが形成されたってひといますか?
友人が、大人になってから引っ越して、初めてふるさとと思える場所に出会えた。
ずっとここに住みたい。と、話していました。
自分が嫌いで、自分が何者かわからず流れ着いた場所で、
自分を形成するような、心のふるさとに出会った人っていますか?
友だちの話をきいてそういうことはあるんじゃないかなっておもいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
自分も同じことをよく考えます。答えから先に言うと「関係ある」と思います。むしろみんなそうだと思います。
そこには生い立ち、人間関係、住んでいる環境などたくさんの要素が複雑に絡まって、自分自身が思ってもみないことが無意識のうちに潜在意識の中に刻まれていき、やがてそれが何かのきっかけで顕在化、つまり意識として表面化していくんだと思います。自分が生まれ育った、或いは長く暮らし続けた場所が自分のアイデンティティに影響を及ぼさないはずがありません。ですが多くの人はそんなことまで考えたりしないでしょう。恐らく何かしらの出来事があってそういった考えを持つに至った、と思うのですが。
人間は変わり続ける生き物です。同様に身の回りの環境も変化し続けます。その中で自分のアイデンティティを証明できなくなれば、たとえ自分の生まれ故郷に長年住んでいたとしても適応障害などにならないとは言えないと僕は思います。あくまで持論ですけど。僕がまさに今そういう状態です。今の環境では自分のアイデンティティを守るどころか、このままでは全てを否定され続けて身も心もボロボロになるという強い危機感に苛まれています。ならば自分から変えていかない限り状況は変わらないんです。
ご友人の言葉は自分が自分らしく生きられる場所に出会えたという風に解釈するとして、まず自分を好きになることからアイデンティティの(再)形成は始まらなければなりません。自分を嫌いなままアイデンティティを(再度)形成しようとすれば、必ずどこかで歪みが発生します。

こんばんは。
自分も同じことをよく考えます。答えから先に言うと「関係ある」と思います。むしろみんなそうだと思います。
そこには生い立ち、人間関係、住んでいる環境などたくさんの要素が複雑に絡まって、自分自身が思ってもみないことが無意識のうちに潜在意識の中に刻まれていき、やがてそれが何かのきっかけで顕在化、つまり意識として表面化していくんだと思います。自分が生まれ育った、或いは長く暮らし続けた場所が自分のアイデンティティに影響を及ぼさないはずがありません。ですが多くの人はそん...続きを読む

Qアイデンティティー

学校とは別の僕の進路指導の先生が「あなたのアイデンティティー」についてノート1ページにまとめて来いとおっしゃったのですが、無知な僕にはまったく言葉の意味がわからなく、辞書でひくと、主体性、自己同一性、身分証明などとでてくるのですが、まだわかりません。「アイデンティティークライシス」で自己喪失、「自分は何なのか」「自分にはこの社会で生きていく能力があるのか」という疑問にぶつかり、心理的な危機状況に陥ること。という意味なのでこのことから「自己」ということになるんですけど、、、「個性」ってことですか??わからないのでわかる方教えてください。

Aベストアンサー

例えば、
誰かがAさんの性格、癖、考え方を
すべて「おかしい、間違っている」と言ったとします。
Aさんはアイデンティティを全否定され大変傷つきます。

そのように、AさんがAさんであるための要素、
言い換えれば
自分を自分たらしめるもの。
自分自身。
自我。
そういったニュアンスではないかと。

個性(=特徴)とは少し違うんじゃないかな?

Q「他者に理解求める生活」は苦しみますか??><

なんか、

私は、どうしても、「メンタルヘルス的」な事や、いろいろな自身の事を、

「理解してくれ!!!!!!!!」

っていろいろとなってしまって、なんていうか、「他者の理解のうえの生活」

って言うか、そんな感じですが、

これでは、苦しくなりますか?

ってか、「他者に理解を求めない」ってどういう事ですか?

イメージ不可能です><;;;

Aベストアンサー

失礼いたします。

私はアスペルガー症候群です。手帳もいただいており、障害者雇用の枠で就労することもできました。なので、これからの回答文はあまり説得力が無いものかもしれません。あしからず。

質問者様の文章を読みますに、私には「理解」=「自身への労わり・配慮」と読めるのですが、如何でしょうか?
思い当たるところはありませんでしょうか?
「他人に自分を分かって欲しい」と思い続けるのは、やはり苦しいかなと思いますよ。だって、相手が本当に自分のことを理解してくれたかなんて、調べようがないし、もしかしたら自分が思っている「理解」と相手の「理解」は違っているかも知れません。
ある程度は望まざる得ないですが、あまり過度に理解して、自分の辛さに配慮してと思うのは、無いものねだりではないでしょうか。
手に入らないと、余計辛くなりますよ。

>ってか、「他者に理解を求めない」ってどういう事ですか?

言い方は自信なり自己肯定なりいろいろあるのでしょうが、私は「自分を知っている」ことだと思います。他人に確認を取らなくても、自分はこういう人間だといえること。芯が通っているとか確固たる自我とも言い換えられるかもしれませんね。
他人を鏡として使う必要が無い。自分が知っているから十分と思えれば、周囲が無理解でもやっていいけるのかなと思います。

参考になれば幸いです。

失礼いたします。

私はアスペルガー症候群です。手帳もいただいており、障害者雇用の枠で就労することもできました。なので、これからの回答文はあまり説得力が無いものかもしれません。あしからず。

質問者様の文章を読みますに、私には「理解」=「自身への労わり・配慮」と読めるのですが、如何でしょうか?
思い当たるところはありませんでしょうか?
「他人に自分を分かって欲しい」と思い続けるのは、やはり苦しいかなと思いますよ。だって、相手が本当に自分のことを理解してくれたかなんて、調べ...続きを読む

Qアイデンティティーと自我って違うのですか?

日本では「個人」についての意識が希薄で、アイデンティティーに相当する言葉がなかったという話を聞いたことがあります。「自己同一性」というのはアイデンティティーに合うように作った言葉ですからね。

しかし、「自我」という言葉がありますが、アイデンティティーと一緒ではないのでしょうか?
日本にもそれに相応する言葉があったということでしょうか・・

Aベストアンサー

>アイデンティティーと自我って違うのですか?
アイデンティティーと自我って違うのですか?

      ↓
類似語であり、アイデンティティーを自我と同じ様なシチュエーションで使われる場合も多く共有・包含されているケースもアリと思います。

微妙に違い、共通と思えないのは

◇自我        :自己・自分、他人との区別を意識して使う

◇アイデンティティー:存在証明や同一性、自分が自分である事の証明

私見ですが、私は「自我」は外観・内面や精神面も含む自分自身の対しての総合的な一人称に対し、「アイデンティティ」は内面的・精神&思想信条的な自分の存在や主張を意図したり表したい時に個人・個性を強く持つ意識で用います
それ以外は、どちらを使うのか葉→前後の文節や全体の表現の中での漢字やカタカナ(外来語や擬音)のバランス・リズム感に配慮して、使い分けているように思います。

Q禅あるいは瞑想について

「生理的な効果として大脳皮質の興奮が低下し、自律神経が沈静化して心身が安定する。心理面の効用としては充実感、不安や緊張の軽減、自己中心性からの脱却が可能」と言われる禅や瞑想ですが、一方で現実感覚が希薄になる、幻覚が現れる、神経症を悪化させる、などのマイナスとも言えそうな効果もあると指摘されています。そこで体験された方に伺いたいのですが、実際のところどうなのでしょうか?メンタルヘルスという点で回答をいただければ嬉しく思います。

Aベストアンサー

>こういう状態になったら危険!とかいう指標

禅とかで、「魔境」と呼ばれる「妄想」が出てきて、それに「とらわれ」てしまう状態が危険です。
「妄想」「魔境」そのものはどうしても出ます。それに「とらわれる」のが危険なのです。
大は神や悪魔、仏菩薩の妄像が出てきて惑わし、一般的なところではとんでもない屁理屈を思いついて自分は天才だとうぬぼれたり、高慢になって他人を見下したりします。
総じての特徴は「実体がない」ということです。実体がないから実生活には何ら好影響を及ぼしません。ですから、妄想魔境に振り回されてしまうと、実生活を破壊的な方向に持っていってしまうのです。
例えば、妄想の世界で天才になっても、実体がありませんから、類友でもない限り他人は誰もそれを認めません。それでも自分は天才だと思い込んでいて、そのように振る舞ったり、処遇を要求したりしてたら他人にはどう映るでしょうか?オウムの一連の事件など、このあたりに本質があるのがお判りになると思います。
一番良いのは、「何も求めない」ことです。瞑想を始める動機は色々有っても良いでしょう。しかし、一度始めたなら、瞑想には「何も期待しない」のです。誰にでも妄想魔境は起こり得ますので、常にそのことを心掛けて、その時その時に軌道修正していくようにすればよろしいと存じます。
あと、心の澱みたいな物が浮かび上がることによって、生理的な不調が現れたり病気になったり、あるいは嫌になったり落ち込んだりとか言うのがありますが、これはやり過ごせば大丈夫です。

>こういう状態になったら危険!とかいう指標

禅とかで、「魔境」と呼ばれる「妄想」が出てきて、それに「とらわれ」てしまう状態が危険です。
「妄想」「魔境」そのものはどうしても出ます。それに「とらわれる」のが危険なのです。
大は神や悪魔、仏菩薩の妄像が出てきて惑わし、一般的なところではとんでもない屁理屈を思いついて自分は天才だとうぬぼれたり、高慢になって他人を見下したりします。
総じての特徴は「実体がない」ということです。実体がないから実生活には何ら好影響を及ぼしません。で...続きを読む


人気Q&Aランキング