今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

足腰の動きが非常に悪く、仕事をしばらく休まねばならないほどになりました。診断のために整形外科に行ったのですが‥
それまでに行った整体や整骨の話だと骨盤がずれてそれに伴って筋肉が固くなっているとのことでした。また以前の整形外科ではヘルニアによる神経圧迫ではないか?とのことでした(多分違う)。
紹介状無しで大きめの病院行ったのが良くなかったと思うのですが、整形外科は大して話も聞いてくれず脊椎の稼働検査?(側面から体制を変えながら撮る4枚撮るレントゲン)を取って異常なし、多分何でもないけど一応腰部のMRIを取る、という流れになりました。正面から見たの背骨の曲がり、また足の付け根の腸骨、仙骨あたりを見て欲しかったのに的を外されている感が否めません。主に困ってるのは足の動きなのですが‥腰(背骨)の稼働性検査?だけで良いのか?
そこでお伺いしたいのですが、腰部MRIと言うと仙骨、腸骨くらい下の方まで見てくれるのでしょうか?また、骨の曲がり、骨盤のずれや筋肉の固まっている状態は、MRIで診断可能なのでしょうか?腫瘍やら明らかな異常がなければやはり問題ないとされてしまう?

的外れな検査ならお金と体力と時間の無駄なのでやりたくなく、次の治療をしたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

整形外科医です



>普通足をみて異常なければ腰の検査をしてみる、という流れだと思いますが‥
>足はレントゲンすら見ていないのに。正確には下腰や大腿骨あたりですが。

脚は診ていませんでしたか?大腿部痛で大腿骨のレントゲンを必要とすることは少ないです。病歴、診察所見などから大腿部のレントゲンは不要であると判断したのでしょう。


>正面から見たの背骨の曲がり、また足の付け根の腸骨、
>仙骨あたりを見て欲しかったのに的を外されている感が否めません。
4枚のレントゲンは正面、側面、前屈、後屈の4枚ではないでしょうか。
それならば、正面から見て側彎がないかは評価できているはずです。
前後屈は稼働検査ではなく、前後屈で腰椎のすべりがないかを見ています。すべりがあれば坐骨神経痛の原因となりえます。腰椎すべり症で、腰痛はないが臀部痛や大腿部痛があることはよくあります。変形性股関節症がないことは確認すべきかと思いますが、これについては腰椎正面のレントゲンでついでに見られるように撮影することもあります。


文章から断定はできませんが、きわめて標準的な診察・検査の流れのように見えます。むしろ、骨の曲がり、骨盤のずれを気にしている方が的外れです。

>整形外科は大して話も聞いてくれず
ここに一番の問題がありそうです。患者さんに「的を外されている感」を与えないようにしっかりとコミュニケーションをとることが欠けていたのかもしれません。
ただ、最近は、整体などの医療類似行為者から「骨盤が歪んでいる」などの間違った認識をしっかりと植えつけられてしまっている患者さんもよくいらっしゃいます。このような場合は、まずその認識に医学的根拠がないことから順に説明しなければならないので、非常に時間と労力を要します。次の患者さんを長く待たせない範囲でできるかぎり説明しますが、それでも不十分であったなと反省することは私も多々あります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました。
ただ、やはり腰を見るにしても足を合わせてみるのが正解だと思います。大病院だと少ない時間で患者をたくさんさばかなければいけないから、きっとこういうコミュニケーションのずれが生じるんでしょうね。

お礼日時:2014/08/01 16:44

no.2です。


検査は必ずあるだろうという予測で行う場合と
除外していくために行う消去法的な場合とあります。

手足のしびれの原因がその調子の悪い部位にあることよりも
脊髄に影響があることの方が多いから
先に腰を検査することが多いと思います。

X線撮影について補足すると
腰椎のX線撮影においては仙椎までは見えています。
仙椎と腸骨の繋がりである仙腸関節も観察しています。
また、正面像では脊椎の歪みも観察しています。
足の付根(股関節)は見えてません。
ヘルニアなど椎間板の様子や神経の様子はX線写真では観察できません。
なのでMRI検査をすることになります。

たしかに費用はかかりますが
現状、他に調べる方法が無いのでね…

原因がわからなければ対症療法しか出来ませんよ
    • good
    • 1

たまに居らっしゃいますね、


「おれは腰じゃなくて足の動きが悪いから、足の検査をしてくれって人」
脊髄から枝分かれした先の神経がどうにかなるより
大元が影響していることがよくあります。

よくある症状が坐骨神経痛です。おしりの辺りがしびれたり痛くなったりします。
これも腰椎が原因だったりします。

話がそれましたが

腰椎MRI検査では腰椎~仙椎までしか調べません。というか調べられません。
筋肉の固まり(コリ)は判りません。骨盤の歪みも判りません。
歪みが原因なら整体とかで改善するかもしれませんが、ヘルニアや椎間板が原因では治りません。
いずれにせよ調べなければ、そうなのか…違うのか…すら判りませんよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

普通足をみて異常なければ腰の検査をしてみる、という流れだと思いますが‥足はレントゲンすら見ていないのに。正確には下腰や大腿骨あたりですが。
現在の整形でもこれまで行った整体も背骨が原因である可能性は低い所見なのに、せめて足の付け根まで合わせて検査するべきだと思います。
「おそらく違う」ということを証明するために身体にも負担もかかる大がかりな検査をするという流れはおかしいと思いました。

御回答で現状でMRIを撮っても異常なしで終わる可能性が高い事が分かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/24 17:28

やってもらった方がいいのでは。


的外れというか、一つずつ確かめて、確定するか除外するかしていく方が
確実なことがわかりますし

整形外科でわからなければ整骨、接骨、という形で
まずは骨や関節→神経など、と器質的な所から調べて問題がないことがはっきりしないと
逆に、手探りで予測していく整形や整骨の見立てが「的外れ」であることもありますよ?

なぜ整形や整骨が正しくて、整形が的外れと感じているかはわかりませんが…

動きが悪いというと神経の圧迫などが疑われるのは当然かと思います。

ゆがみも、神経の圧迫で動きが悪いことで片方に偏った使い方をして堅くなってしまうことも
そのためにゆがみがひどくなって行くこともあると思います

動かないとか痛みがある→かばって不自然な姿勢、不必要な処に力が入る
→姿勢がゆがむ、→筋肉が拘縮する
などです。

動きが悪いのは、腰から下均一に悪いのでしょうか。
ゆがみという表現から、片方の足などが特に重たいとか動かないのでしょうか

もし片側であれば、割合のんきだなと言うか
まずは脳梗塞なども疑って検査された方が良いのではと思います。

今まで一度もヘルニアや神経についてMRIなど実際の状態を確かめていないなら
一度撮ってみて次に行くことをおすすめします

「正解を一発で当てる」のではなくて「確実に違うということがわかる」という段階も
必要だということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

神経圧迫ならば4枚のレントゲンでほぼ分かったはずなので‥

きっかけは自転車転倒で最初左足の動きが悪いところから始まりました、今は両足になってます。左足をかばってた負担が右にも来た?脳梗塞も一応疑ってはいるのですが内科であなたの年齢(現在31)でまずないと言われました。

とりあえず腰のMRIで筋肉の凝りや歪み、また背骨だけでなく下腰を見てもらえないか知りたいです。

お礼日時:2014/07/24 09:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q股関節が痛く、今度MRIをとるのですが・・・。

今までに何度か股関節に痛みを感じ、歩くのも座っているのも辛いので、病院に行っています。一度目は町医者、2度目は総合病院の整形外科です。一度目の医者でとったレントゲンでは、股関節に点のようなものがあるというようなことを言われましたが、2度目の整形外科でとったレントゲンでは、股関節に異常はないとのことでした。

今年に入って、2月にまた痛みが発生したので、また別の病院に行っています。やはりレントゲンに異常はないのですが、痛みを感じる角度をみてもらい、MRIをとってみましょうという話になりました。それが1週間前くらいで、MRIの予約は来週です。

股関節の痛みは、足に負荷のかかる動作(長時間のウォーキング、重たい荷物を持っての移動が重なるなど)でぶり返しますし、痛いときは歩くのがきつくてひきずってしまうのはもちろん、座っていると気持ち悪くなってきます。直近の痛みは2週間前ですが、その2週間前にも痛みを感じており、痛くなる間隔が短いのも気になり、MRIはぜひ受けたいと思っているのですが、現在、股関節にほぼ痛みがない状態なのが気になります。(痛みは大抵1~2週間ほどでおさまります)

こういう状況でMRIを受けた場合、原因てわかりづらくなるものでしょうか?やはり、痛みがあるときの方がはっきりするのですか?
経験談で構いませんので、教えていただけると嬉しいです。
(金額もかかる検査なので、心づもりだけでもしておこうと思い・・・)

今までに何度か股関節に痛みを感じ、歩くのも座っているのも辛いので、病院に行っています。一度目は町医者、2度目は総合病院の整形外科です。一度目の医者でとったレントゲンでは、股関節に点のようなものがあるというようなことを言われましたが、2度目の整形外科でとったレントゲンでは、股関節に異常はないとのことでした。

今年に入って、2月にまた痛みが発生したので、また別の病院に行っています。やはりレントゲンに異常はないのですが、痛みを感じる角度をみてもらい、MRIをとってみましょうという...続きを読む

Aベストアンサー

整形外科医です。
股関節の疾患の場合、関節炎や筋炎以外、基本的には痛みがなくてもMRIの結果には関係ないので、そのまま受けられて良いです。
MRIをとると、単純レントゲンではわかりづらい病気(初期の大腿骨頭壊死や関節唇損傷、転移性骨腫瘍など)も、わかります。
大腿骨頭壊死や腫瘍であれば、早期加療が重要ですし、関節唇損傷ですと手術しないとよくならない場合もありますので、疾患にもよりますがMRIは有用です。

QMRIとったら、腰の原因・病名すぐわかる?

いつもお世話になっています。

今朝は痛みで目が覚めました

今どこが痛いかというと、

右の腰、右のふともも、右のふともも側面、お尻の側面

です。。。

ピキーンっとなるというか・・・ほんとにいたくて
また体が左右非対称です。。。
くびれがおかしいというか。。

うまくあるけなくて、痛くてほんとにつらいです。
自然と涙が出てきちゃいます。

でも仕事は休めないし今がんばりどころというときで・・・。
どうにか腰を治したいんですが
医者は痛み止めを処方していつまでもMRIとってくれないから
こんなことになったと医者を恨んでます。。

とりあえずまた今週の金曜にいこうとおもってるんですが、
そのときMRIとってもらって、MRIとってすぐ結果ってわかるもんなんでしょうか?

こんなにいたいのにまたガマンなんてもういやなんです。

MRIだけでなく痛みをどうにかしたいし、歩けるようになりたいです。
まぁなんとか歩いてはいるんですが、おかしな歩き方でゆっくりとしか歩けないんです。
おかしいですよね・・・。

家族からは老人のよう、といわれてます。

教えて下さい。

いつもお世話になっています。

今朝は痛みで目が覚めました

今どこが痛いかというと、

右の腰、右のふともも、右のふともも側面、お尻の側面

です。。。

ピキーンっとなるというか・・・ほんとにいたくて
また体が左右非対称です。。。
くびれがおかしいというか。。

うまくあるけなくて、痛くてほんとにつらいです。
自然と涙が出てきちゃいます。

でも仕事は休めないし今がんばりどころというときで・・・。
どうにか腰を治したいんですが
医者は痛み止めを処方していつまでもMRIとってくれないから
こん...続きを読む

Aベストアンサー

症状より判断して坐骨神経痛だと思います、坐骨神経痛は病名ではなく症状を言います、坐骨神経痛を起こす原因として、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症、腰椎スベリ症等が考えられます、いずれもレントゲンとMRIの画像検査にて確定できます。現在鎮痛剤としてロキソニンを飲んでいるみたいですが効いてないみたいですね、薬を変更しましょう、新薬でトラムセット配合錠と言うのが有りますので、新薬の為最高2週間までしか処方されますせん。又はリリカカプセル(25mm、75mm、150mmが有ります)でもいいですね。腰は出来たら脊椎・脊柱の専門医(指導医)の診察を受けましょう、左記の通りで検索すると病院と先生の名前が判明できます。大きな病院はMRIは放射線技師が最初に判断して次に担当の先生が画像を見て最終判断しますので出来たらMRIは開業医ではなくきちんとした病院で検査した方が良いですよ。

Q腰痛なんですが、レントゲンやMRIで異常がなくても、足や膝の痺れ・脱力

腰痛なんですが、レントゲンやMRIで異常がなくても、足や膝の痺れ・脱力などが起こることはありますか?

また、もし軽度の椎間板ヘルニアだった場合、絶対安静なんでしょうか?それとも少し歩いた方がいいんでしょうか?足の筋力減少が心配で…

Aベストアンサー

 去年の今頃から、三月末まで、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で治療していました。
 そのころ、勉強したところでは、腰痛患者のうちレントゲンやMRIで原因場所が特定できるのは三割無いんじゃなかったかな。
 また、腰痛のある人と無い人をMRIで検査するとヘルニアのある率は変わらないという調査結果もあったと思う。痛くならないヘルニアもあるのだ。
 腰痛は、要するに痛みであって、痛みというのは、筋肉痛もあるし、神経が過敏に反応する物や、心理的な葛藤による物など、原因が沢山あって、骨格系をメインとする整形外科の治療の対象になる物は実はそのほんの一部らしい。

 腰痛の原因として、多いのは加齢と生活習慣から、背筋や腹筋といった、脊椎周りを固めている自前のコルセットが弱体化して、ちょっとした無理をきっかけに痛みを生じる物なのだが、それが慢性化するのは、痛みを気にして、運動を控え、好きなことも諦めて内にこもる生活を始めることだという話だ。これにより肉体と精神が更に弱体化して、腰痛の症状を悪化させるのだという。
 オーストラリアのある州で、住民全体に「腰痛を恐れず普通に生活する」ことをキャンペーンで呼びかけたところ、腰痛での保険申請が大幅に減少したという。(^o^)わははは・・・

 もちろん痛みがあるときに無理をしてはいけないが、ある程度安定したらなるべく身体を動かした方が良いらしい。私も歩いた方が坐骨神経痛の痛みが取れるので、理屈は判らないが毎日散歩をしていた。
 しかし、腰に対する配慮は大切だ。例えば物を持ち上げるときは、きちんとしゃがんで足の力で持ち上げること、衝撃を避けるため舗装道路ではクッション性能の良い靴を使用することは大切だと思う。

 三十年ほど前の私の母親が腰を痛めた頃とは、腰痛の治療に関する常識は、ほとんどひっくり返ってしまっているので、なるべく新しい本で新しい知識を仕入れた方が良いと思う。
 NHKの今日の健康でも、半年に一度ぐらい腰痛特集は放送しているので、図書館でテキストを探せば参考になるのではないだろうか。

 なお、私は専門病院で脊椎の問題箇所に硬膜外ブロック注射と思われる麻酔を打ってもらったところ、炎症を起こしていた神経系統が沈静化したらしく、ほとんど症状が無くなったので、腰には注意しながら、身体を動かすことは心がけている。

 去年の今頃から、三月末まで、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で治療していました。
 そのころ、勉強したところでは、腰痛患者のうちレントゲンやMRIで原因場所が特定できるのは三割無いんじゃなかったかな。
 また、腰痛のある人と無い人をMRIで検査するとヘルニアのある率は変わらないという調査結果もあったと思う。痛くならないヘルニアもあるのだ。
 腰痛は、要するに痛みであって、痛みというのは、筋肉痛もあるし、神経が過敏に反応する物や、心理的な葛藤による物など、原因が沢山あって、骨格...続きを読む

Q骨盤のゆがみを治すにはどこへ行くべき?

23歳女です。
骨盤の歪みが半端ないです。
数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。
恐らくこれも骨盤のゆがみのせいかと思いますが、上半身はかなり痩せているにも関わらずお尻や太ももが全く痩せません。
またむくみをとってもとってもまたむくみ、リンパマッサージやツボ押しをしたり、毎日筋トレ、スクワットや腹筋、土日にはスポーツを必ずして、水を毎日1リットル飲んではいますが、上半身が恐ろしく痩せていくばかりで下半身は微しか痩せませんのでバランスがとれていません。
また冷え性もひどく生理痛も半端ないのと慢性の便秘です。
この場合、整体に行くべきでしょうか?整骨院、接骨院、ヨガ、整形外科、いろいろありますが、どこへ行けば治りますか?
もちろん日頃の癖は直していくつもりです。
いち早く、確実に治る場所を教えて下さい。
自身の努力は惜しみません。

Aベストアンサー

骨格・骨盤の歪みはレントゲンがなくては絶対に分かりません。骨盤とは外からその半分も触れることが出来ません。整体師やマスコミが色々なことを言っていますが、レントゲンが撮れない彼らには絶対に無理です。あることないこといい、お客さんがお金を落とす動機付けを作っているだけです。


>数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。

まずこの言葉忘れてください。例えレントゲンを撮っていても、骨盤や骨の分野は整形外科です。内科医に正確な判断は出来ません。それどころか付け焼刃の専門外の知識で、時々ありえないことを言う医師も実際に多くいます。とりあえず整形外科医の判断を仰ぎましょう。


骨盤が歪むとは例えば、四角い積み木の上部に割り箸を一本、底面に割り箸を二本挿したものを想像してください。四角い積み木が骨盤、一本の割り箸が背骨、二本の割り箸が脚です。背骨や脚に見立てた割り箸が曲がれば、四角い骨盤は傾きます。正面から見て正方形に見えていたものが、(四つの角が直角な)ひし形に見えたとします。さて、果たしてこれは骨盤が歪んだことになると思いますか?

正方形がひし形になるのは、形が変わったからでなく骨盤が歪んだとは言いません。その上下の骨格の異常で骨盤が歪んで見えているだけです。例えば正方形が平行四辺形に見えたり、三角に見えれば、骨盤が歪んだと言えます。

これは実際でも同じことが言えます。側弯症など背骨に原因がある場合、股関節、膝などに異状がある場合です。整体師やカイロプラクターは、脚の長さの左右差や、骨の表面的な高さ、のみで骨盤歪んでいると判断することが多いです。しかし上記の例のようにこれでは正確な判断とは到底言えません。

私の知り合いにも元整体師が数人いますが「骨盤矯正はセールストーク」と言い切っていました(汗;
彼らは言葉巧みに、根拠のない治療を受けるように言い寄ってきます。中には首への治療のように危険なものも含まれています。これは厚生労働省でも警告しています。医療まがい(根拠が無い)のセールストークには十分お気をつけ下さい。


>整骨院、接骨院、ヨガ、整形外科、いろいろありますが、どこへ行けば治りますか?

●整体・カイロプラクティック
公的な資格は一切ありません。無資格治療院です。
ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。
病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には
細心の注意が必要です。リラクゼーションと位置づけ
るのがベストでしょう。

●接骨院・整骨院
柔道整復師という国家資格者ですが、この資格は
 打撲・捻挫・挫傷 以上のいわゆるケガの治療
をするライセンスです。腰痛や肩コリ、膝痛の治
療は出来ないのでご注意ください。また保険が使
えるのも “急性のケガ”のみです。多くの整骨
院は、このシステムを悪用して不正を働いていま
す。その金額は毎年、なんと4000億円です。この
お金は全て、我々が納めた保険料です。

●あんまマッサージ指圧
あんまマッサージ指圧と謳えるのは国家資格のみです。
巷に溢れている整体、カイロプラクティックをはじめ、
ソフト整体、タイ古式、英国式、ボディケア、クイック
リラクゼーション、エステなど大体無資格者です。

●鍼灸院
国家資格です。鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりは
しないので実は体に一番やさしい治療方法になります。
不調の原因特定は出来ませんが、分からないときは一番
安心の出来る治療方法になります。

●整形外科
内科、循環器科、皮膚科などと並び病院の診療科
目のひとつです。もちろん医師です。レントゲン
は病院でしかとれませんから、膝痛などの原因は
絶対に整形外科でしか分かりません。ちなみに脱
臼や捻挫でも、骨折を伴っている場合があります
ので、病院でレントゲンを撮りましょう。

もうお気づきとは思いますが、これらを同じ土俵で比べること自体間違っています。今回のケースによらず何か症状があれば、必ず整形外科に行かれてください。病院の治療を基本とし、他に何か治療をお考えなら、鍼が一番無難かつベストな方法だと思います。ヨガは体操教室です。治療を目的としているところでありませんので、体に何か不調のある方は悪化する可能性があります。実際の臨床の現場でも 「ヨガで・・・」 方が非常に多いです。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

骨格・骨盤の歪みはレントゲンがなくては絶対に分かりません。骨盤とは外からその半分も触れることが出来ません。整体師やマスコミが色々なことを言っていますが、レントゲンが撮れない彼らには絶対に無理です。あることないこといい、お客さんがお金を落とす動機付けを作っているだけです。


>数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。

まずこの言葉忘れてください。例えレントゲンを撮っていても、骨盤や骨の分野...続きを読む

QMRIではどこまで解るのでしょうか。

MRIではどこまで解るのでしょうか。
度々体調が悪く、脳神経内科にてMRIを受けたところ、特に問題なしでした。
悪心、頭痛、腹痛、めまい(意識障害)等が、数ヶ月に幾度か、回数を増して起きていました。

実検査では異常なく、今も度々起きています。

結局診療内科ゆきで、現在休職中ですが、
最初のMRIで、どこまでわかるものなのかと、不安になり、質問に至っております。

MRIで継続的な意識障害までわかるものなのでしょうか。

今は、安定剤と睡眠剤を飲みながら生活しておりますが、
(もともと不眠気味でしたので)
詳細な脳検査を受けるべきなのか、悩んでおります。

ご回答のほど、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

MRIも(原理は違いますが)CTも,「かたちを見る」検査だと思ってください。
たとえるなら,メロンを買うときに,大きさやどれだけきれいな丸かを見るようなものです。中身も見ることができるので,妙に種が多いなあ,ということも分かります。
でも,甘さまでは分かりません。

もし,脳に異常が生じて,形が変わってしまい,そのために症状が起きているなら,MRIやCTで発見することができます。
脳梗塞や脳腫瘍などが典型的です。腫瘍ならどれぐらいの大きさかはもちろん,形の変化を見ることである程度素性も分かります。
しかし,頭痛や,あるいはけいれんといった,脳の機能については,MRIやCTでは分かりません。
まして,考えている内容などは分かりません。
PETなどによって,機能も見ようと試みられていますが,まだ確実とはいえません。

しかし,MRIやCTで「異常が見つからない」ことが分かれば,心療内科で症状を抑えていくことができます。
これが逆だと大変です。症状を抑えていたら脳腫瘍だった,となったら生命に関わりかねません。
なので,まず形を見て,目立つ異常がなければ,他の原因を考える,ということになります。

ご質問を見ると,脳には異常がないのに,症状が続いているので,心療内科で対応するほうが良いだろう,という医師の判断かと思われます。
「不眠を見たらうつを疑え」というぐらいなので,年齢にもよりますが,ご質問の症状を最初から心療内科が扱うことも多いです。

MRIも(原理は違いますが)CTも,「かたちを見る」検査だと思ってください。
たとえるなら,メロンを買うときに,大きさやどれだけきれいな丸かを見るようなものです。中身も見ることができるので,妙に種が多いなあ,ということも分かります。
でも,甘さまでは分かりません。

もし,脳に異常が生じて,形が変わってしまい,そのために症状が起きているなら,MRIやCTで発見することができます。
脳梗塞や脳腫瘍などが典型的です。腫瘍ならどれぐらいの大きさかはもちろん,形の変化を見ることである程度素性も分か...続きを読む

QMRIで映るもの、映らないもの

先日胃カメラで逆流性食道炎と診断されました。
他にもいくつか症状があって、貧血、めまい、息切れ、唾液の過剰分泌などです。
先生からは自律神経性ではないかと言われました。
これらは職場でタバコの煙を大量に吸ってから起こりました。
他にも婦人科などが心配です。
MRIでは何でもわかると聞きましたが、婦人科の病気もわかりますでしょうか?

MRIで映るもの、映らないものを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MRIは病変の形のみでなく、その性質まで診断することが可能なのです。特に脳・脊髄、子宮・卵巣、前立腺、四肢の病変の診断に有用とされています。この他に、肝臓病変の検出や胆管・膵管の描出、心臓の動きをみることもでき、さらには、乳がん検査においては、MRI検査でしか描出できない多発乳がんが存在することも報告されています。
また、CT検査では造影剤を用いることで血管を描出しますが、MRI検査では造影剤を使用せずに血管を3次元で描出することが可能であり、脳動脈瘤を調べるための脳検診においては欠かせない検査です。また、必要であれば造影剤を使用し、病変の性質を調べたり、大血管、下肢の血管など、より多くの情報を得ることができます。

決して脳外科ではなく、整形外科・外科・内科でも多様されています。
CTよりMRIの方が優れている事は言うまでもありません。

Q腰椎のMRIの撮り方について教えて下さい。

私は、0-100の追突事故の被害者なのですが先週、頚椎のMRIを撮ったところヘルニアが確認され今度は腰椎のMRIを撮ろうとしているのですが撮った病院のMRI室の空調が壊れていて頚椎の時は汗だくで気持ち悪くなりました。
で、もし腰椎も頚椎と同じように頭から入る方法だとしたら違う病院でMRIを撮ろうと思ってます。
でも、腰椎の場合は足からMRIに入るのであれば顔は外に出ているので多少、暑くても我慢できるので前回の病院でMRIを撮ろうと思っているので腰椎の場合は頭からなのか足からなのかを教えて下さい。
宜しくお願いします。
くだらない事で申し訳ありません。

Aベストアンサー

腰椎目的のMRI経験はありませんが、子宮筋腫でMRIを撮ったときは足からで、頭はぎりぎり外でした。
腰椎も写っていたので、ポジション的には同じかと。
なお空調ですが、人間のためというより機械のために至急修理すると思うんですけど・・・。(それとも今の機械は強くなっているのかなぁ)

Q座骨神経痛?お尻の片方だけ激痛

35歳男なのですが、2~3日前から
片方(右側)のお尻だけ激痛が走ります。

座っていて立ち上がる時、車から降りる時、立てないぐらい激痛が走ります。
サイトで調べていると座骨神経痛?という症状と一致する気がしますが、これになった原因と対処法はあるのでしょうか。

痛みは、何か間接が外れているのではという骨の痛みのような感じ?で、太ももの裏や膝の裏にも筋が違ったような痛みもあります。

座っていても、寝ていても痛いです。
しかし、一度立ち上がり、痛みを乗り越えると痛みが引き、
あとは歩いても走ってもいたくありません。
(かがんだりしたら痛みますが・・)

リハビリと思いウォーキングを始めました。
実は、1ヶ月前にもこの症状になり、ウォーキングしたり、
運動しているうちに3~4日で痛まなくなり忘れていました。
しかし、再発です。

座りっぱなしの仕事ですし、車の移動ばかりで運動不足からこのような事になったのかと思い運動しています。
このまま運動を続けてよいものでしょうか・・

Aベストアンサー

私は、臼蓋形成不全という病気です。私の場合は足の前側に痛みが出ました。インターネットで調べたのですが、足の裏側(ふとももの裏、膝の裏とか)に痛みが出るのは腰椎椎間板ヘルニアの可能性があるとありました。しかし、坐骨神経痛もおっしゃている箇所に痛みが出るようです。今、まだ一時期の痛みで収まっているようですので、早めに病院へ行った方がいいと思いますよ。
ヘルニアだと寝返りもうてなくなるし、坐骨神経痛だと立っているのが辛くて通勤電車とかに乗れないと経験者から聞いた事があります。
多分、そのサインは前兆のような気がします。
私も、運動不足と思いだいぶほっておいて歩くのが辛くなってから病院に行ったのですが、今となって考えれば前兆があったように思います。
階段を昇るのに片足だけが鉛のように重くて、駅階段の乗り換えさえ途中で休もうかと思う程足が上がらなかったとか、平らな道で片足だけ頻繁につまずくようになったとか・・・

Q右太ももの付け根に走る鋭い痛みについて

お世話になります。同じような質問が投稿されていた場合はご容赦下さい。

私は30代男性です。
体型は、筋力があるとは決して言えない痩せ型です。
10日ほど前から、右太ももの付け根(鼠径部?)に、電気が走るような、鋭く激しいズキッとする痛みが走るようになりました。筋肉痛とも関節痛とも違う痛みです。
スポーツなどはしておらず、突然痛みを感じるようになりました。とくに決まった体勢のときに起こるものでもありません。
頻度は不定期で、一日痛みを感じないこともあります。突然、ズキッズキッもしくはビクッビクッと瞬間的に痛み、数秒から数十秒程度で治まります。
しこりなど、表面的な変化は今のところ見受けられません。

とりあえず整形外科でレントゲン撮影をおこない、医師の触診を受けましたが、股関節や筋肉に異常は見受けられないとのこと。
紹介状を書いてもらい、次に外科を受診したところ、大腿ヘルニアの可能性があると診断されました。
ひとまず痛みを抑えるための塗り薬を処方してもらい、様子を見るように言い渡され、現在に至るのですが、全く良くなる気配がありません。
外科医からは、悪化するなど場合によっては手術も・・・と、聞かされておりますが、“~の可能性がある”という言葉から、原因が特定されたわけではないようで、神経質な性格から、(医師を疑うわけではありませんが)他に何か悪い病気ではないかと日々不安を募らせております。

ちなみに私は、病院にかかるほどのものではないものの、軽い腰痛持ちで、日常生活ではほとんど気にならないのですが、就寝時にベッドに横になった時など、腰に違和感を感じます。
仕事で夜勤があるため、出勤前に仮眠を取る際もベッドではなく、カーペットを敷いた床にそのまま横になることもあります。(数年来、このような生活です)
パソコン関係の仕事柄、長時間椅子に座っていたり、休憩中も椅子を並べて仮眠をとるなど、腰や関節には決してよいとは言えない生活をせざるを得ない状態です。

なお睡眠時は、眠っていて気づかないのかもしれませんが、太ももの痛みは感じません。
たまに朝方、太ももの付け根の痛みで目が覚めることはありますが。
この、あまり自覚のない腰痛も、何か関係しているのでしょうか。
次に診てもらうとしたら何科を受診すべきでしょうか。

同じような症状を経験されたことがある方、もしくは原因についてご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけたら幸いです。

長文になりましたが、以上、よろしくお願いいたします。

お世話になります。同じような質問が投稿されていた場合はご容赦下さい。

私は30代男性です。
体型は、筋力があるとは決して言えない痩せ型です。
10日ほど前から、右太ももの付け根(鼠径部?)に、電気が走るような、鋭く激しいズキッとする痛みが走るようになりました。筋肉痛とも関節痛とも違う痛みです。
スポーツなどはしておらず、突然痛みを感じるようになりました。とくに決まった体勢のときに起こるものでもありません。
頻度は不定期で、一日痛みを感じないこともあります。突然、ズキッズキッもしく...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


整形外科的見地から、股関節付近の痛みとしてまっさき考えらるのは、股関節疾患と腰痛疾患です。しかし股関節に何か異常のある場合は、特定の動作で必ず痛んだりしますし、急に痛くない日があるというの考え難いです。痛みのない日があることや痛みの感じから、神経の症状に近いのかなあと思います。下肢の神経は全て腰が大本ですから、腰に何か異常があればこのような症状が出てきます。


>本日、整形外科で2回目の診察を受けまして、腰の正面と横からの2枚を取ってもらいましたところ、影響するほどの症状は見られないとの診断でした。

正直二枚では完璧とはいえません。本来左右斜めも含め4枚でレントゲン上の正確な判断が出来ます。どうのような意図を持っているのかわかりませんが、MRIなども含め再検査をお願いするか、セカンドオピニオンをお求めになっては?


>ネットでも調べてみたりしますが、なかなかこれといったものもヒットせず。

腰からの原因では特別珍しい症状ではありません。現状原因が分からないですからなんともいえませんね。どこか押して痛いとか(例えば腰やお尻のほっぺ)ありますか?

貴方は仰向けに寝た状態で、誰かに足を上げて(膝を曲げずに)もらってください。その際貴方は足の力を抜いてください。これでどこか痛みや痺れが増したりしますか?

No.1です。補足ありがとうございます。


整形外科的見地から、股関節付近の痛みとしてまっさき考えらるのは、股関節疾患と腰痛疾患です。しかし股関節に何か異常のある場合は、特定の動作で必ず痛んだりしますし、急に痛くない日があるというの考え難いです。痛みのない日があることや痛みの感じから、神経の症状に近いのかなあと思います。下肢の神経は全て腰が大本ですから、腰に何か異常があればこのような症状が出てきます。


>本日、整形外科で2回目の診察を受けまして、腰の正面と横からの2枚を取っても...続きを読む

Q筋肉の筋を痛めた場合なかなか治らないのは何故?

技能職(ほとんど肉体労働)に転職して1年です。必死に頑張っていますが、先日荷物運搬時に腕の肘の筋を痛めました。4月に痛め9月の現在もほとんど回復していません。地域で最も信頼されている病院で観てもらったところ「テニス肘」ということで気長に湿布で治すしか無いと言われました。
プロ野球のピッチャーも肩の筋を痛めたらなかなか治らないと言われています。筋肉痛は直ぐに治るのに筋の場合なかなか治らないのは何故ですか?

Aベストアンサー

>地域で最も信頼されている病院で観てもらったところ「テニス肘」ということで気長に湿布で治すしか無いと言われました。

正式には上腕骨外側上顆炎といわれるものですね。一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 “テニス肘” いいますが実際は介護、土木、スーパー陳列や運送など荷物の上げ下ろし、乳飲み子を抱えた母親に多いですね。病名とは異常のある個所の名前から付けておりますので、ゴルフをしているのにテニス肘というのはおかしいということにはなりません。

今はお薬のみですか?電気などのリハビリはしていませんか?やはり毎日使うところなので、痛みが無いように使うというのがもっとも大切です。タオルを絞ったり、物を上から掴むと痛みが出ると思います。ですから手のひらを上に向けて物を掴む(下から抱え込む)というのは一般的ですし、痛い動きはなるべく他人に手伝ってもらうなど、いろいろ工夫してみましょう。

病院では注射、ぬり薬、シップ、電気などのリハビリですね。リハビリは一回の効果が薄いので、重ねることがもっとも大事です。週三回以上できれば毎日通いましょう。エルボーバンドは処方されませんでしたか?処方されていないなら聞いてみましょう。注射もステロイドだと思いますが、ステロイドにも種類があります。効き目のよいものもあるので相談してみてください。比較的即効性のあるものは注射ですから、一度病院に相談されてみるといいでしょう。

あと、個人的にお勧めなのは鍼治療です。これは結構有効的ですので、興味があればやってみてください。鍼は週一回ほどで十分だと思いますが、一回二回の治療で治るものではありません。これもほかの治療同様、根気よく通ってください。できれば、病院の治療と並行して行ったほうが効果的だと思います。


>筋肉痛は直ぐに治るのに筋の場合なかなか治らないのは何故ですか?

テニス肘は一年近くかかる患者さんがほとんどです。筋肉痛は “一時的に” 普段使わない筋肉やいつも以上に負担がかかる為に起こります。対してテニス肘は普段がよく使う部分に異常がおこります。それに手という場所は生きている以上は必ず使う場所なのでなおさら治りにくい個所になります。もちろん症状はだんだん良くなるでしょうが、焦って悪化させることが無いよう気長に治療に取り組んでください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>地域で最も信頼されている病院で観てもらったところ「テニス肘」ということで気長に湿布で治すしか無いと言われました。

正式には上腕骨外側上顆炎といわれるものですね。一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 “テニス肘” いいますが実際は介護、土木、スーパー陳列や運送など荷物の上げ下ろし、乳飲み子を抱えた母親に多いですね。病名とは異常のある個所の名前から付けておりますので、ゴルフをしているの...続きを読む


人気Q&Aランキング