ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

四国の第11師団(第55師団)は、軍備更改計画では、師団司令部、特科部隊の衛戍地は善通寺です。
歩兵第12連隊も善通寺です。
日清戦争時の歩兵第10旅団、歩兵第12連隊は、丸亀が編成地、衛戍地です。
日露戦争時では、第11師団までも、丸亀、善通寺とする資料が混在し、歩兵第10旅団、歩兵第12連隊も混在します。
昭和になっても、丸亀には連隊区司令部、練兵場が所在した資料があります。
ちなみに、ウィキでは、歩兵第12連隊が、明治44年に丸亀に移駐となっています。
昭和7年の国防大辞典の常備団隊配備表によると、歩兵第12連隊が丸亀。
歩兵第10旅団、特科部隊が善通寺となっています。
太平洋戦争開戦時の第55師団では、第55歩兵団、歩兵第112連隊の衛戍地が、丸亀、善通寺とする資料が混在します。

この四国師団の流れの本当のところは、どうなのでしょうか?
アジア太平洋~を見ても、イマイチ見つかりません。
戦史叢書にも見つかりません。

教えて下さい。
よろしくお願いします。

戦史資料室へ行けは、お断り。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 『陸軍常備団隊配備表』『軍編合竝配置表』によって衛戍地の変遷をしめしますと、



1)明治29年3月16日 送乙第963号

 第11師団 司令部:丸亀 

       歩兵第22旅団:丸亀  歩兵第12連隊:丸亀 歩兵第43連隊:丸亀

       歩兵第10旅団:松山  歩兵第22連隊:松山 歩兵第44連隊:松山


2)明治40年9月18日 軍令陸第4号

 第11師団 司令部:善通寺 

       歩兵第22旅団:善通寺 歩兵第43連隊:善通寺 歩兵第44連隊:高知

       歩兵第10旅団:徳島 歩兵第12連隊:丸亀 歩兵第62連隊:徳島


3)大正11年9月23日 軍令陸第10号

 第11師団 司令部:善通寺 

       歩兵第22旅団:善通寺 歩兵第43連隊:善通寺 歩兵第44連隊:高知

       歩兵第10旅団:徳島 歩兵第12連隊:丸亀 歩兵第62連隊:徳島


4)大正14年3月27日 軍令陸第1号

 第11師団 司令部:善通寺 

       歩兵第22旅団:徳島 歩兵第43連隊:徳島 歩兵第44連隊:高知

       歩兵第10旅団:善通寺 歩兵第12連隊:善通寺 歩兵第22連隊:松山


5)昭和15年7月10日 軍令陸乙第19号「中部軍編合竝配置表」

 第55師団 司令部:善通寺 

       第55歩兵団司令部:善通寺 

       歩兵第112連隊:善通寺 

       歩兵第143連隊:徳島

       歩兵第144連隊:高知

 
 付け加えますと、団隊の衛戍地が移転することは特異なことではありませんでした。 

 ついで、団隊の衛戍地移転に関して完了できない部隊は、表規定外の衛戍地に在ることを得とされました。丸亀の場合、支那事変中から部隊を編成補充していたため、太平洋戦争中も補充業務をしていました。


7)第55師団留守部隊 特臨編第8号 「陸軍部隊調査表其一」

 留守第55師団 司令部:善通寺

         歩兵第112連隊補充隊:丸亀

         歩兵第143連隊補充隊:徳島

         歩兵第144連隊補充隊:高知


8)善通寺師管区部隊 軍令陸甲第34号 のち四国軍管区部隊 

  善通寺師管区司令部:善通寺      

        善通寺師管区歩兵第1補充隊:丸亀

        善通寺師管区歩兵第2補充隊:徳島

        善通寺師管区歩兵第3補充隊:高知

 

 また、丸亀連隊区司令部は、昭和16年4月に高松連隊区司令部と改称されましたが、これも引き続き同地区から徴集業務を継続しています。

  

       

 

この回答への補足

ありがとうございます。
戦史叢書の陸軍軍戦備とかからの表ですね。
つまり、司令部機能は丸亀→善通寺に移駐した。
歩兵連隊の兵舎は、大正時代から、太平洋戦争中も善通寺と丸亀に分駐してたって事ですかね。

補足日時:2014/07/30 17:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2014/08/10 08:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦死者名簿は閲覧できるか。

祖父の兄の事について調べています。
過去帳をみると、昭和12年7月21日・45歳に亡くなったと書いてありました。

父はその人は戦死したと噂で聞いたといっていましたし、なんとなくその年代、死亡の歳からして戦死であろうと思っています。

厚労省、沖縄の平和の礎、靖国神社のどれかで戦死者の閲覧ができますでしょうか。

ちなみに、その祖父が亡くなった後、弟である祖父が当家を相続しております。
戸籍謄本を提示すれば閲覧も可能かと思います。

Aベストアンサー

地域によっては戦死された方の名簿は出版されたものがあります。
これは市町村または県単位で遺族会とか戦友会といった団体が作成したもので、戦死した場所や日付が簡単に記載されています。この程度の内容でよいなら捜してみる価値はあるでしょう。
一般に明治10年の西南戦争以降の戦死者が掲載されています。戦死された当時の住所地(市町村)から出版されているので、そこの図書館に尋ねてみるとよいでしょう。「忠魂録」「英名録」など色々な名前になっていますし、市史や町史に掲載されていることもあります。通常、普通の図書と同じ扱いなので閲覧に制限はないはずですし、貸し出しも可能かもしれません。

Q後備歩兵連隊

日露戦争の後備歩兵連隊について調べています。

全部で57流の軍旗が授与され、日露戦争後全て皇居に返納されました。
その後、演習に一部が再親授されて、また返納されました。
その後、陸軍の特設師団を編成する計画になり、、後備連隊旗は用済みとなり、皇居の櫓倉庫に保管されました。
終戦時、皇居の倉庫に保管されていたのは、この後備57流と、再発見されてダブった乃木の2流目の第14連隊旗、再動員されなかった第103連隊旗の計59流。
これらは、終戦時、侍従武官により、こっそり奉焼された。

確定している事は・・・
・後備歩兵連隊は、第1次~第3次に別れて編成された。
・第2次の番号は49~60で、兵役法変更により捻出された後備兵で編成され最初から3コ大隊編成だが、各編成地、補充担任が分らない。
・第1次の野戦軍に配属された、後備歩兵連隊は、編成、補充担任は分かっている。
・しかし、韓国守備軍や、遼東守備軍に配属された独立配備の後備歩兵連隊は、資料が見当たらず、番号すら分らない。
・中には、最初から4コ後備連隊を編成し、3コを後備歩兵第旅団として、大陸に送り、4コ目は独立して要塞守備に配属された師管もある。
・後備第3連隊は、編成されなかったのでは無く、後備歩兵第1旅団に所属しなかったが、横須賀要塞に配属された。
・各師管区は3コ連隊しか編成しなかったのでは無く、4コ目の連隊を第1次か第3次として編成しているらしい。
・旭川師団は、後備歩兵第25連隊を編成している。
・中には、連隊とは名ばかりで1コ大隊の物も存在した。

以上が分かっています。

一部は、明治天皇記から、宮中の軍旗授与式の日付、後備歩兵連隊名を調べました。

質問は、
(1)第1次~第3次の後備歩兵連隊の編成状況、編成地、
(どの後備歩兵連隊が編成され、独立して要塞守備、韓国守備軍、遼東守備軍に配属されたか?)
あまり知られていない、独立して配属された、後備歩兵連隊について。
(2)そして、第2次後備歩兵連隊の編成地。
教えて下さい。


戦史叢書読みました。
明治天皇記読みました。

防衛研究所行きは、お断り。・

日露戦争の後備歩兵連隊について調べています。

全部で57流の軍旗が授与され、日露戦争後全て皇居に返納されました。
その後、演習に一部が再親授されて、また返納されました。
その後、陸軍の特設師団を編成する計画になり、、後備連隊旗は用済みとなり、皇居の櫓倉庫に保管されました。
終戦時、皇居の倉庫に保管されていたのは、この後備57流と、再発見されてダブった乃木の2流目の第14連隊旗、再動員されなかった第103連隊旗の計59流。
これらは、終戦時、侍従武官により、こっそり奉焼された。

確定してい...続きを読む

Aベストアンサー

 第2次後備歩兵連隊の編成地。(補充担任も同)について

 後備步兵第四十九聯隊:東京

 後備步兵第五十聯隊:弘前

 後備步兵第五十一聯隊:仙台

 後備步兵第五十二聯隊:名古屋

 後備步兵第五十三聯隊:大阪

 後備步兵第五十四聯隊:広島

 後備步兵第五十五聯隊:熊本

 後備步兵第五十六聯隊:弘前

 後備步兵第五十七聯隊:金沢

 後備步兵第五十八聯隊:姫路

 後備步兵第五十九聯隊:丸亀

 後備步兵第六十聯隊:小倉

 後備步兵第六十一聯隊:大阪

 後備步兵第六十二聯隊:仙台


 (1)の質問ですが、歩兵連隊の個々についてわからないことが多く、このほか近衛の後備連隊もあり、連隊番号にかんしても通常の歩兵連隊とは異なる変遷があったようですが、それらを書くのは本欄では無理です。

Q旧日本軍の師団・連隊の所在地

・・・がわかるHPはないものでしょうか?

Aベストアンサー

『日本の歴史学講座』
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/

『同上:日本陸海軍事典』
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaiguntop.html

『同上:同上:日本陸軍常備兵力』
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaigun22.html

『同上:同上:陸軍師団総覧I』
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaigun.html

『同上:同上:陸軍師団総覧II]
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaigun2.html

参考URL:http://homepage1.nifty.com/kitabatake/

Q旧日本陸軍の階級、序列について

 私の妻の父は4年前に84歳で亡くなりましたが、昭和14年から軍隊に入り、ビルマのインパローと言う所で終戦を迎えました。

 生前、軍隊時代の事を色々尋ねると、雄弁に話していました。
 その義父は陸軍曹長まで昇官したそうです。
 その上は将校(少尉)になるので、それ以上は成れないと言っておりました。
 下士官から将校になれないのは何故でしょうか?
 義父から聞いたのですが、下から二等兵、一等兵、上等兵、兵長、伍長、軍曹、曹長、少、中、大尉、少、中、大佐、少、中、大将の階級があると聞いたのですが、これで間違いないのでしょうか?

Aベストアンサー

下記のアドレスを参考にしてください。私もじいちゃんからいろいろ聞いたことあります。話し出すと長ーくなりました。(^_^;)
http://www.ne.jp/asahi/masa/private/history/ww2/class/japan.html

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/masa/private/history/ww2/class/japan.html

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qホンダオイル「G2」「G1」「E1」について

スカイウェイブCJ46Aに乗っています。

先日、初めて購入店でオイル交換を行いました。
オイルは量り売りなので安価、さらに工賃が525円と助かるのですが、オイルフィルター交換に
パーツ代と別に工賃900円が必要と言われました。
ボルト3本ゆるめて閉めるだけなのに、ちょっと高いかなと思います。

工賃の件もありますが、そのお店ではピット内に入れてくれないのでオイルの状況等を見せてもらえません。
他の客の預かり車両があるからとのことです・・・。
さらに、作業する方は会話が下手なのかなかなか状況を教えてもらうことができません。
私が用語を理解できないのではなく、的外れなことをごにょごにょ言うばかり。
なので、工賃節約以外に自分で確認する意味もあって、今後は自分でオイル交換を行いたいの
ですが、どのオイルを使用するか悩んでいます。

入手しやすいホンダ純正の「G2 10W-40 MA」「G1 10W-30 MA」「E1 10W-30 MB」で検討しています。
取説の指定オイルは「エクスタ10W-40」となっていますが、近所のバイク用品店にもありません。

春先に「G2 10W-40」を、秋の終わりに「G1」と考えていますがどうでしょうか?
もしくは年間通じて「G1」もしくか「E1」でも問題はないでしょうか?

壊れることはないと思いますが、水冷250ccシングルに「G1」を使って悪影響がないか気になります。
他にスペイシー100も持っているので、「G1」は2本で1年で使い切ります。
「S9」が良いのはわかっていますが、あまりに高価なので手が出ません。

バイクの用途は、毎日数キロの通勤と買い物。
月に1回くらいツーリング等で100kmくらい乗る程度で、。
年間走行距離はおそらく2000~2500kmと思います。
ちょい乗りが多いので、乳化が考えられるため、距離より時間で交換するつもりです。

また、先に挙げたスクーター用とされる「E1」と「G1」では、MBかMAの違いくらいですか?
他に変わらないなら「G1」を使用します。


長文で失礼しました。簡単にまとめます。

1.春~「G2 10W-40」 秋~「G1」 ← 検討中
2.春~「G2 10W-40」 秋~「G2 10W-40」 ← ちょっと割高感
3.春~「G1」 秋~「G1」 ← もっとも安価
4.春~「E1」 秋~「E1」 ← G1よりやや高いが、性能は変わらない?

上記の4案から、もっともコストパフォーマンスに優れて効果的なのはどの組み合わせでしょうか?


※勝手言いますが、整備士もしくは実際にスカイウェイブ等のビッグスクーターを
使用している方のみのご意見をお待ちしています。


私のスキル目安は、バイク歴は4気筒、2stオフ等で10年以上、車は20年程度いろいろ整備経験があります。
キャブ、フォークのオーバーホールやタイヤの手組もやってきましたが、ビッグスクーターは
初めてですので質問させていただきました。

スカイウェイブCJ46Aに乗っています。

先日、初めて購入店でオイル交換を行いました。
オイルは量り売りなので安価、さらに工賃が525円と助かるのですが、オイルフィルター交換に
パーツ代と別に工賃900円が必要と言われました。
ボルト3本ゆるめて閉めるだけなのに、ちょっと高いかなと思います。

工賃の件もありますが、そのお店ではピット内に入れてくれないのでオイルの状況等を見せてもらえません。
他の客の預かり車両があるからとのことです・・・。
さらに、作業する方は会話が下手なのかなかなか状況を...続きを読む

Aベストアンサー

友人が大学の通学にスカイウェイブに乗ってるけど、入れているオイルは余っていた車用です。
なのでG1でも十分だと思います。

個人的にはG1は高級な部類のオイルですね。私の周りではろくなオイルも入れないで平気で乗っているのが多いけどエンジンから異音も無く普通に走っているので不思議です。

Q赤紙(召集令状)と入営通知書の違い

赤紙(召集令状)と入営通知書の違いは何でしょうか?
赤紙は、役場の兵事係が配送しますが、
入営通知書というのは郵送で、ハガキか封書(映画「戦争と人間」)だったようです。
なぜ郵送したのか?
郵送では郵便事故もありえます。
両者の違いについてご存知の方、ご教授願います。

Aベストアンサー

No.8の続きです。だんだん結論に近づいてきているでしょうか。「召集令状」や「現役兵証書」は役場から手渡しであるのが大原則ではあるけれど、やむを得ない事情の場合は電報による通知や封書での郵送(ただし十分な配慮がされている)もあったということが、質問者さん自身の努力のおかげで確認できました(ハガキによるものはまだ未確認です)。今度は入営通知の件です。

> 入営通知書というのは「入営を命ず」と書かれた書類の総称であるらしい

いずれにせよ、一番最初の質問だった「入営通知書」というのは正式な名称ではなく、一部の人による俗称あるいは通称の域を出ないということでよさそうな気がします。いかがでしょうか。

> 具体的には「現役兵証明書」と「入営命令書」

「入営命令書」の根拠らしきものが見つかりました。そして「入営が間近くなると入営命令書が届くシステム」というyoshinobu_09さんの考えは正しいようです。No.7の冒頭で否定したことをお詫びして訂正します。

1944(昭和19)年11月に出された「昭和二十年ニ於ケル徴兵事務等ノ特例ニ関スル件」(陸軍省令第51号)の第7条で、現役兵証書の表面には「入営部隊、入営部隊所在地、入営期日及時刻ハ時宜ニ依リ之ヲ記入セザルコトヲ得」、つまり入営に関する諸情報は記入しなくてもよいと定められたんですね。そして第7条ではつづいて「此ノ場合連隊区司令官ハ(中略)別ニ入営部隊、入営期日及時刻等ヲ本人ニ達スベシ」としています。これが「入営命令書」になると考えて間違いないのではないでしょうか。また同じ陸軍省令第51号の第2条で、1945(昭和20)年の徴兵検査は1月15日から4月30日までと前倒しすることが確認できました。ですから「入営命令書」は昭和20年の4月ごろからの日付が見受けられるのも当然といえるでしょう。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961856/1
http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/image_C01007597400?IS_KIND=SimpleSummary&IS_KEY_S1=%E6%98%AD%E5%92%8C%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%B9%B4%E3%83%8B%E6%96%BC%E3%82%B1%E3%83%AB%E5%BE%B4%E5%85%B5%E4%BA%8B%E5%8B%99%E7%AD%89&IS_STYLE=default&IS_TAG_S1=InfoD&

徴兵検査の日程は官報に徴兵署開設日割という情報が出て大体わかるようです。あまり戦争と縁がない昭和ヒトケタの時代は、きちんと4月16日から7月いっぱいで終わるように日程が組まれているのが確認できます。それが1944(昭和19)年のものを見ると、8月までずれ込んでいるのも見受けられます。そして1945(昭和20)年の場合は、上記の陸軍省令第51号により1月からという日程になっていることが確認できます。補足で例として挙げられた満州の青年が2月に徴兵検査を受けた話は、まさに定められたとおりだということがわかりました。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957425/5
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961663/10
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961908/6

つぎに私が疑問だった、なぜ1945(昭和20)年という戦争も終盤(当時の人は誰も8月に終戦になるとは知りませんが)の混乱した時期に、わざわざ「現役兵証書」と「入営命令書」という二度手間にするかについてです。陸軍は上記の陸軍省令の頃から本土決戦に向けて師団をどんどん急造する計画をたて始め、2月以降には新しい師団ができてきます。このへんの事情は防衛庁(当時)防衛研究所戦史部による『戦史叢書 陸軍軍戦備』(朝雲新聞社 昭和57年7月30日発行)の462頁以降に詳しく書かれています。またインターネットでは「帝国陸海軍作戦計画大綱」というキーワードで検索すればいろいろな話が出てきます。そういった新たな大量の師団編成に追われてギリギリまで誰をどの部隊へ入営させるか軍も決めかねて、まずは現役兵証書だけを交付する、その後で目処がついた部隊に入営させるため命令書を出すということかもしれません。

ただし・・・

> 翌(昭和20)年1月私にも入営通知が届きました。
> http://www.pref.tottori.lg.jp/80236.htm

この例は前年の徴兵検査によるものであり、それまでと同じ「現役兵証書」のことだろうと考えます。

> ネットで検索した結果、他にも入営を命じる書類があった可能性を感じます。
> 「入営令達書」「入営兵令達書」なるものも登場します。

このへんは何ともいえないですね。昭和20年以降のものなら上記の省令では「入営部隊、入営期日及時刻等ヲ本人ニ達スベシ」というだけですから、各連隊区司令部の判断で書状の名称をつけてもよいのかもしれない、と考えれば「入営命令書」以外の名前の可能性も残るでしょうか。しかし、yoshinobu_09さんが補足で例として出された昭和14年や17年のものはどうでしょうねぇ・・・。しつこく書きますが、公文書の文言でもない個人の思い出話の中に出てくる単語は、記憶違いであったり、それを書いた人が勝手に呼んでいるだけというおそれが十二分にあります。ですから「入営令達書」や「入営兵令達書」という正式名称のものがあったかどうかはわかりません。やはり現物か、そうでなくても裏付けとなる別の史料と合致しないと、本当にあったかどうかは決められないでしょう。

以上、ダラダラとこんな細かいことを、自分以外に興味を持つ人がいるかどうかわかりませんが、yoshinobu_09さんの質問をきっかけにして、今回調べてみていろいろわかったことがあったので自分のための備忘録も兼ねて書いてみました。

No.8の続きです。だんだん結論に近づいてきているでしょうか。「召集令状」や「現役兵証書」は役場から手渡しであるのが大原則ではあるけれど、やむを得ない事情の場合は電報による通知や封書での郵送(ただし十分な配慮がされている)もあったということが、質問者さん自身の努力のおかげで確認できました(ハガキによるものはまだ未確認です)。今度は入営通知の件です。

> 入営通知書というのは「入営を命ず」と書かれた書類の総称であるらしい

いずれにせよ、一番最初の質問だった「入営通知書」というのは...続きを読む


人気Q&Aランキング