出産前後の痔にはご注意!

定年近くで会社を辞めて(辞めさせられて?)、自己破産の手続きをしている人がいます。
その人は、ずっと会社員でしたので、それも大きな会社でしたので厚生年金に入っていたと思います。

住宅ローンや消費者金融に多額の借金があるみたいなのです。
この人が自己破産をした場合、すべての借金がなくなって身軽になって、年金が支給される年になれば、年金が支給されるのでしょうか?

また、自己破産をするためのお金を貯めるためにアルバイトをしていたとのことですが、自己破産するのにお金が必要なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自己破産も年金も個人の権利ですから


どちらも権利は、守られます。

年金はもらえる・・・と。

それと、こんな疑問を持つ人は
現在年金受給中だが、自己破産するとどうなるか?
ということも気になっているようです。

年金は差押禁止債権とされているので
そもそも破産手続き上は、債権ではない。
なので、今までどおり年金は、もらえる・・・と。

じゅあ自己破産で今までの年金滞納分はちゃらか?

いえ、違います。
,公租公課については、もともと,破産,免責の対象外です。
ですから、官公庁と個別に支払い交渉をして
乗り越える問題です。

滞納している税金からは、逃げられない。

関係ないですが、平成17年から自己破産についての法律
が新しくなりました。
これにより、破産者有利の制度に一新されました。

自己破産は、案外お金がかかります。
予納金 というのが中でも高いです。

簡単には
自分でやる・・・5万円~
弁護士に依頼・・・どうかな?30万~
司法書士・・・約20万円くらい~
ざっくりですが。。

ですから、自己破産をしても 裁判所がちゃらにしてくれなかった
場合は、さらに借金が増えることになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
年金は個人の権利なので、権利は守られるのですね。
年金受給中でも、年金は差し押さえ禁止債権なので年金はいままでどおりもらえるのですね。
公租公課は破産、免責の対象外なのですね。
公租公課という意味が分からなかったので、コトバンクで調べました。(国や地方公共団体の徴収する租税を公租と呼び,それ以外のいろいろな公共的な性格を有する金銭的な負担を公課と呼ぶ)
破産するのにも、お金がかかるのですね。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/07/29 14:59

支払い期間次第ですね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/29 14:59

自己破産しても、


国民年金・厚生年金・公務員共済は、でます。
だって、自己破産しても税金・健保・年金は免除されず、
請求書取り立てされますから\(^^;)...マァマァ



■裁判所に納付する費用 

申立手数料  1,500円(収入印紙)
郵便切手  4,000円(同時廃止・即日面接・管財事件)
予納金  *同時廃止事件
  即日面接事件 10,290円
  即日面接以外 15,000円
 *管財事件
  少額管財  20万円+個人1名に付き16,090円
  債務者本人 50万円(5000万円以下の場合)


弁護士に依頼する場合の費用は、これらにおよそ20~40万円を足した額が自己破産時の費用になります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
自己破産しても、年金はでるのですね。
自己破産するのにも、お金が必要なのですね。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/07/29 14:48

自己破産の申し立てをすれば必ず借金がなくなるわけではないです。


免責が認められなければ借金は残ります。


年金ですが、必要支払い期間を超えて払っていたのなら、自己破産しても支給されます。


自己破産する場合、裁判所へ申し立てしますので、その申し立ての印紙代
確か1500円

予納郵便代
予納郵便代が3000円~(借金先の数が多ければ金額も増えます)

予納金
大体2万前後、
その後、免責が認められれば、追加で1万程度の支払いがある場合がある。
免責が認められなければ、50万~の支払いが待っている。

そのほか、破産管財人を選任する場合は20万円~50万円程度の費用が必要になります。

弁護士に依頼すればさらに弁護士費用が発生します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
自己破産を申し立てれば、必ず借金がなくなるわけではないのですね。
年金は必要支払期間を超えていれば、自己破産しても支払われるのですね。
自己破産するのに破産管財人という人を選任すると20万円~50万円くらいかかるのですね。
いろいろお教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/07/29 14:43

年金を管理する機関は支給対象になっている人が破産しているかどうかを調査することはありません。

生存していて、支給年限が来ていると認定された人には全員支給されます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
年金は破産しているかどうか関係なく、生存していて支給年限が来た人には、全員支給されるのですね。
お教えいただき助かりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2014/07/29 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結婚しようとしている彼の親が自己破産しています。

結婚しようとしている彼の親が自己破産しています。

彼38歳、私32歳です。
彼は、現在普通のサラリーマンです。

親が破産したのんは、彼が学生時代の時で、その後何年かして、また親が商売を始めようとした事があったらしく、
その時、彼が会社勤めして貯めていた貯金をすべて親にあげたらしいのです。
なので、今彼の貯金もない状態です。

私の両親に話すと反対されました。
彼自身はとても良い人だと思うが、
彼の父(片親です)が、仕事が出来なくなったときや、病気になったときなど、
保険なしで、少ない年金でやっていけるのか。

何も出来なくなった時に、彼の親の生活費を全て仕送りするなり
一緒に生活するなりで、面倒みれるのか。
子供を作ったらその倍の費用がかかるが大丈夫なのか。

彼字自身の貯金もないのに、面倒みれるのか。
こちらの稼ぎをあてにされてないか。
彼の親に現在借金は本当にないのか。
などなど、沢山言われました。
お金の面では、かなり苦労することになるが、自分は覚悟できいるのか?と。
正直そこまで言われると、不安です。
彼の年収はそこまで良くありません。

妹の結婚の時は旦那の給料は少なく、預金どころがローンが
あった程でしたが、家の両親は反対しませんでした。
なぜなら、その旦那の親は、しっかりした所に勤めており、
自分達(彼の両親)の将来のことなどしっかり考えていそうだという見方でした。
面倒見るにしても、その資金は0ではないということでしょう。
贅沢しなくとも、食べていけるだけの稼ぎがあるなら
結婚は問題なしということでした。


自己破産の親をもつと、
今は良いが、彼の親が働けなくなったとき、全ての金銭でのめんどうは
みなけければならないと言うのです。

自己破産するのは、よっぽどのことがないとありえない。と、言います。

彼は来年には40歳になりますし、
家を買うにも、長いローンはくめない状態です。

なんとかなるものでしょうが、
自己破産した親を持つと、他にどんなに大変なことが
こちらに降りかかってくるのでしょう?

なにもしらないので、教えてください。
よろしくお願いします。

結婚しようとしている彼の親が自己破産しています。

彼38歳、私32歳です。
彼は、現在普通のサラリーマンです。

親が破産したのんは、彼が学生時代の時で、その後何年かして、また親が商売を始めようとした事があったらしく、
その時、彼が会社勤めして貯めていた貯金をすべて親にあげたらしいのです。
なので、今彼の貯金もない状態です。

私の両親に話すと反対されました。
彼自身はとても良い人だと思うが、
彼の父(片親です)が、仕事が出来なくなったときや、病気になったときなど、
保険なしで、少...続きを読む

Aベストアンサー

自己破産についてですが、かなり前の話であるという点から、その債務があなたに降りかかる可能性は極めて低いと思われます。
ただ、依然彼のご両親の生活は苦しいということですから、仮に結婚された場合、あなたのご両親が心配なさっている通りの事が、現実としておきてしまう可能性はあると思います。

私事ですが、以前結婚を考えていた人がいました。
あなたの相談内容とまったく同じ状況だったのですが(彼の両親も事業に失敗して破産、その後も生活は安定しておらず、彼が親の住宅ローンの名義人となっていました。)
私は別れを選びました。
彼自身には何の問題もないため、非常につらい選択でした。

あなたの相談内容を読みますと、「彼と結婚すること」については前向きの様ですね。
はじめにも書きましたが、10年以上前の親の自己破産があなたに影響する可能性は低いと思います。
彼に親の債務がふりかかるケースとして想定されるのは、彼が親の借金の保証人となっていた場合です。
そういった点も相談してクリアにしてみたら良いと思います。

また、仮に現在、親に借金があったとしても相続放棄ができるはずですので。

ただ、彼が割り切るタイプの方でなければ、本人(彼)に債務がなくとも、親の面倒をみること(金銭面で)となる可能性はあります。
これについてはどこまであなたがその状況を許せるかというところにかかってくると思います。

長い割に明解な回答ではないですが・・頑張ってください。

自己破産についてですが、かなり前の話であるという点から、その債務があなたに降りかかる可能性は極めて低いと思われます。
ただ、依然彼のご両親の生活は苦しいということですから、仮に結婚された場合、あなたのご両親が心配なさっている通りの事が、現実としておきてしまう可能性はあると思います。

私事ですが、以前結婚を考えていた人がいました。
あなたの相談内容とまったく同じ状況だったのですが(彼の両親も事業に失敗して破産、その後も生活は安定しておらず、彼が親の住宅ローンの名義人となってい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報