利用規約の変更について

QAサイトでよくみられますが…
たとえば質問が知りたがっているような関連リンクを貼り、

「簡単に見つかりましたよ?本当に探しましたか?探す手間を他人に頼っただけとか止めてくださいね」

と回答するような人についてです。

質問者はそのリンク先を探してなどと質問や回答者に頼んでいません。
自分の意思で探したのは回答者です。頼られて面倒なら、そもそも回答もしなければよいのにとも思います。

このように自分の意思で実行したことなのに他人の怠慢さを指摘し、それを利用して被害者ぶって同時に攻撃するのはどのような動機や心理が働いているからでしょうか?
またこのような心理が何らかのアーキテクチャーとして名づけられているだとしたら、その名称についても教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自分のことばかり書いてしまいました。

すみません。

「簡単に見つかりましたよ?本当に探しましたか?探す手間を他人に頼っただけとか止めてくださいね」と書く人に、どのような動機や心理が働いているかは、

・質問者の立場や事情を想像していないのかもしれない(自分勝手。自分本位)。

・掲示板ではこのように振る舞うべきだ、という考えが強い(強固な観念。ルールに厳格すぎる)。

(「教えて君」とか「ググレカス」という俗語もありますが)

・自分はきちんとしなければならないと考えていて、そうでない人を見るとイライラする人(これは何だろう。「シャドウ」とか??)。

・人によっては被害者意識でなくて、そんなのを見続けてウンザリしているだけの場合もあるかもしれない。

・人によっては、怒りや被害者意識とは違う理由で苦言を呈している場合もありうる。


あくまでも「可能性」です。

ややこしくしてしまってごめんなさい。
では、失礼いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も「シャドウ」だと思いました。

いろいろ挙げてくださってありがとうございます。

お礼日時:2014/07/29 20:15

#2です。



勝手に答えて勝手に怒っている人も確かにいます。
中には「心配させられている」「面倒をかけさせられている」という受け身の感じ方の人もいるのかもしれません。
ただ、私はそこまで受け身になっているわけではないです。そんなのそれこそ、人の勝手でしょう。

(それと、#3さんは質問者の自由についてもちゃんと触れてらっしゃいます)

私の場合は情報を提示して、自分の見解を述べているだけであって、「こう考えろ」と強制しているわけではありません。「こういう考え方もありますよ」ということです。

何を取捨選択するかは質問者の自由だし、選択結果は質問者が負うのです。良くても悪くても。
それが「人のせいにしない」ということですよね。


同じ出来事に遭遇しても、人それぞれ受け取り方や反応の仕方が異なります。

被害者意識の強い人、強くない人がいます。

ネット検索を「労力」と考える人と、「たいした作業ではない」と思う人といます。

表面的には同じ「苦言を言う回答者」に見えても、考えの中身が同じとは限りません。

人それぞれ違います。

今だって、質問者と回答者の見解が噛み合っていませんよね。感じ方が違うからです。

認知の仕方とか境界線とかいう言葉が思い浮かびました。
共依存という言葉をご存じならきっと心の境界線のこともご存じでしょう。

この回答への補足

再度のご回答ありがとうございます。

>#3さんは質問者の自由についてもちゃんと触れてらっしゃいます

私には分かりませんでした。どの個所のご指摘でしょうか?

補足日時:2014/07/29 16:43
    • good
    • 1

> このような心理が何らかのアーキテクチャーとして名づけられているだとしたら、


名前をつけている人がいるかもしれませんが、一般的に広く通用する呼び方はないと思います。
 
> このように自分の意思で実行したことなのに他人の怠慢さを指摘し、それを利用して被害者ぶって同時に攻撃する
質問サイトに、「関連リンクを貼り、簡単に見つかりましたよ?本当に探しましたか?探す手間を他人に頼っただけとか止めてくださいね」と回答するのは、通常の行為の一種です。特別の行為ではないです。
学校の教員や司書教員、コンサルタント、指導員、アドバイザーなどの職として働く場合でも、調べ方を教えるという方法は一般的です。その方式をとるのは「質問者の知識のなさや怠慢を指摘する」こととセットです。そうした行動を見て、「攻撃している」と受け取るのは若干変わっています。また「回答者や教員、指導者、アドバイザーが被害者ぶっている」と受け取るのはかなり変わっています。
質問サイトを誰がどんな状況で何を目的に使うのかは自由であると思います。宿題を自分でやらず他人を利用して済まそうとするのも自由です。それに対して解答代行作製を買ってでるのも、それをたしなめるのも、自分でやるやり方を見せるのも回答者の自由です。
個々のケースでも色々変わるでしょうが、「リンク先を探してなどと依頼してないのに、その依頼をたしなめるのは、被害者ぶって同時に攻撃する行為である」と一般論でいえるようなことはないと思います。
 
回答:問いかけに対して、答えや考えなどを述べる
解答:テストやクイズなどの問題を解いて答えること
このように仮に分けたとすると、(解答=提示した条件に論理的に整合する事柄などの選択)で(回答=相手のぶつけてきたものへの対応)と極端に考えることも出来ます。
意見のぶつけ合い、政治論争、社会的な行動や政策、人間関係、方法論などは、回答を求めているのであって、正解があるのではないのでしょう。学術的、専門的見解に対するものでも、意見や考えを求めているのであれば、回答を求めていることになります。
婚姻届の出し方や数学の問題の解き方と答え、「猿と猴、猩の違い」の説明を求めるというような場合は、正解がある、普通のやり方がある、一般的な説明があるというもので、解答を求めていると考えられますが、それに対して「………だよ」と解答(回答)するばかりが対応ではないです。友人や親、先輩、教師でも、解答を求められたとわかっていても、対応方法を述べ説明して回答とするというのは、ごく一般的な対応としてよく見かけるものです。
質問している側でも、解答を求める型式の表現をとってはいるものの、即物的解答そのものよりは、調べ方や考え方をセットで知りたかったり、解答よりは解答を自分で導くやり方を教えてもらうことが良かったりすることは多いものです。
質問する側が即物的解答そのものを強く求め、自分でやるやり方を教えられるのはいらだつと反応するような場合でも、当人の自立や成長発達、その後のことを考えれば、解答を自分で導くやり方をメインに回答できる場合には、そうした方向で回答する方がイイと思います。
質問サイトは、即時性はさほど重要ではないし、他の回答や解答も制限されていないものですから、回答する場合には、即物的解答を示すよりは、簡単なことなら自力でweb検索や辞書を牽けとアドバイスする・意見する・諭す・イヤミを述べる方が妥当な対応だと思います。
イヤミなどない方がイイに決まっているように思いますが、イヤミばかりが多くの回答者から寄せられれば、質問サイトに頼らずに自力で調べるという方向に向かう可能性もあります。その結果、自分で解答を見いだせれば、自分の力が増すことにも繋がります。
簡単な内容なのに、自分で考察しない、調べないで他人を利用するという習慣を増長させては、本人が後で困ると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>学校の教員や司書教員、コンサルタント、指導員、アドバイザー

ご回答者様は特定の職業で「すり替え」をしておられますね。

回答No.1のお礼で私が述べたのは「ネットの匿名性」の話です。無論そのようなアドバイザーが攻撃性を特徴とした職業などとは思っておりません。

相手や第三者にとって攻撃と捉えられても仕方がない態度は2ちゃんねるで数え切れないほど展開されていますよね。

>怠慢を指摘する

にしても、相手のために少しの時間と労力をとられるわけです。怠慢を批判するのであれば、その怠慢を自分が代行するときには多少の怒りも生じます。それでもなぜやるのかということが要でょう。

たとえば縁もゆかりもない相手に共感を覚えて、無償の働きをすることに納得しているのらば、そのような怒りは覚えないはずです。
相手の怠慢を利用して恩義を着せるような場合は自慰行為にすぎません。

そして相手がどういう選択をするかは、相手の自由意思に任せます。真に相手を思っての無償の行為ならばそこまで自分の行動に責任がとれるはず。
しかし、それが無償の行為だと思い込みつつ、心のどこかで見返りを期待をしている人間のそれが、無償か有償かであるのは、相手が自分の思い通りの反応をしなかったときの自身の感情(怒り)によって思い知ることでしょう。

と、このような理由から私は「被害者ぶって同時に攻撃する行為」と考えました。

>宿題を自分でやらず他人を利用して…回答者の自由です。

ご回答者様は回答者の自由ばかり指摘してらっしゃいますが、質問者の自由については触れておられませんね。

お礼日時:2014/07/29 13:22

最初からいきなりそういうものの言い方はしませんが、「全然わかりません」という人に対して、検索したらすぐありましたが・・・・とリンクを貼ったり、調べていますか?と書くことはありますよ。



海外旅行カテゴリーで、「一人でツアーでなく個人旅行したい」という方に対してです。
そんな状態で外国に行って現地で困らないか?ツアーにしたほうがいいんじゃない?というのがあるので。

この場合、回答者は被害者意識から怒っているのではなく、「老婆心」や「余計なお世話」で口を出しているだけです。別の言い方をすれば、心配をしているのです。現実的に危ないですから。
(私だけでなく一般的に)
回答者(経験者)から見れば他の回答者が言っていることが理解できるんですが、当の質問者には伝わらない事も多いようです。
視点の違いもあるだろうし、共感できるかどうかは経験の有無もあると思います。

ただ、文句を言いたくなる人の気持ちも解らないではないです。
回答者側から見るとそういう調べない人が多いからなんですよ。またかよ、と思ってしまう。被害者意識でなくて、たんにウンザリしているだけだと思いますよ。

でも質問する人がいないとこういうサイトは成立しませんし、それこそ面倒なら回答しなければいいって話になるんですけどね。

同じ質問者が何度もそういうことをやっていると、いい加減調べ方を覚えたらどうかな~とは思います。まあ結局は質問者の不利益になるのだし、回答者側の知ったことではないのですが。


しかし、いきなりその例のように怒ってくる人は、相手の立場を想像していないのかもしれません。
みんながみんな同程度にパソコンやインターネット検索に慣れているわけではないでしょうし(年齢も経歴も仕事環境も様々なはずです)、知らない分野のことをネットで調べるのは結構難しいのです。

えーと、心理学的にはアサーティブでない態度とか・・・・

この本は、「お互いに頭の中で考えていることまでは見えないので、すぐに相互理解できるとは限らない」「お互いの前提が違う」などの例が出てきます(なか見検索で少し読めます)。
 ↓
http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E8%8 …

※こういう考え方がある、と知っているだけで、別に自分がうまくできるわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>「老婆心」や「余計なお世話」で口を出しているだけです。…心配をしているのです。

いい方がきつくなるかもしれません。また、ご回答者様を特定して述べるのでもありませんが、一般的な話として。

これこそ「余計なお世話」かもしれません。

「心配」という言葉があがっていますが、このような言葉で相手に恩をきせることも心理的なプレッシャーを与えることもできます。それは過干渉する自分を誤魔化すこともできる「キレイゴト」にもなりえます。

「心配させやがって」とよく聞くあのセリフ、私は好きではありません。故意でない限り心配させるようなことはしていない場合でも聞かれます。これは心配した自分に対して何らかの見返りを求めていることもあるかもしれません。
ましてやネットなら「心配させる」ような情報の真偽のほどすら分かりませんし。

つまり、二次元の世界にリアリティを感じすぎるとあまりよくないのではないかと思います。
まずこういう環境では対話する相手が見えない。その話もどこまでが現実的であるのかを検討する基準すらありません。そういう一方的なコミュニケーションに対し、一方的にリアリティを感じ、感情的になりすぎるのはネット環境に翻弄されてしまっていると思います。

私も昔このサイトで、ある特定のユーザーと共依存的な関係になってしまい、別のあるユーザーから「ネットの住人」になってしまったと詩的されてから本当に反省しました。

お礼日時:2014/07/29 12:47

こんにちは。



名称は知りませんが。

あまり深く考えなくて良い事かと思いました。
たとえば、あなたが何かの質問を見て、その事についてググった時、初回の検索であっさり出てきた。
普通であればここにありましたよ~的な回答になりますが、たまたまあなたの部下か誰かが調べれば分る事を調べるのが面倒なのでいつも自分に聞いて来る。
これを繰り返している人と自分の機嫌が悪い時に一緒に仕事をしている景色を想像した場合、この人にイラッとする心理位は想像ができると思います。

世の中には繰り返さなくても初回でダメ出しをする短気な人も居ます。
そういう人があまり自分の事は考えずにググった時に一発で出てきたときの「なんだよ!」感をそのままぶつけているだけ。

まぁ調べれば良いじゃんという意見も否定しない立場ですが、あまりまともに受け止める必要もない低レベル発言な可能性がかなり大きい発言ですからあまり気にしないのがよいかと。



社会で人に認められる為に人格を磨く人も居れば能力を磨く人も居ます。
後者にこういう人が多いので、そういう発言をする人の多くは能力に意識が向いている。ここでネガティブ反応が出やすいのは能力がコンプレックスになっている可能性も結構あり、その場合とどのつまり「俺は人に認められる為に能力を磨く事に精を出しているんだからお前も楽せずに自分でやれよ!」的な発言と読み取れる。
この場合、能力なんか低くても人間的に良い人であれば社会を形成できる人が相手だと単なる価値観の押しつけ。しかも押し付けるのは能力を磨かないと人に認められないから能力を磨く。
言い換えると人の評価に右往左往している可能性も結構ある人物像が浮かび上がるという事です。

あくまで一可能性の話しです。
実際には色々なパターンがあるでしょうが、こういうサイトでそういう発言をする人の多くはおおかたそんなとこかなって感じに思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ネットの匿名性ですよね。
匿名性のために人格を隠すことができるといわれていますが、そのような同じ条件が与えられているからこそ隠すこともできないと思います。

>ネガティブ反応が出やすいのは能力がコンプレックスになっている可能性も結構あり

同感です。私もつい反応してしまいますが(笑)
でもそういう人たちは自分に対して怒っているわけですよ。また、面倒なことをやってあげている自分を認めて欲しいか。それとも感謝されるレス欲しさにやっているのでしょうか。
相手がどういう態度を取るか分からないわけですから「面倒なことを相手にやらせる回答者」というように設定し、それに対して正当に怒る自分というのを演じたいのか…もしそうならばむしろ相手のネガティブな反応を期待しているのではないか?と思いました。

お礼日時:2014/07/29 02:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング