これからの季節に親子でハイキング! >>

今日の朝、新聞の第1面で大きく報じられていました。


「えっ!?また佐世保?
」というのが、正直な感想です。



私が、何故、「えっ!?また佐世保?」と思ったかと言うと、10年前(2004年)に、同じ佐世保市で【小6女子児童殺害事件】が起きていたからです。

この10年間、佐世保市は、子どもたちに【命の尊さ】を懸命に伝えてきたようですが、このようなことになってしまい、結果としては、功を奏さなかったということですね…。

しかし、そういうのは 加害者の少女を死刑にして、 子供に 【命の尊さ】を教えるには 加害者を死刑にして 命は命で償うという思想を教えた方が よっぽど 効果的だと思うんですが、みなさんは どう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>みなさんは どう思いますか?



普通の人は「命の尊さ」の教育などしなくても、
普通にわかっていると思う。

で、サイコパスなど一部の異常者には
「命の尊さ」の教育などしても
無意味で、

また、死刑も意味をなさないと思う。

早い時期に発見して、世間から隔離するとか、
物理的に犯行に至れないような措置をとるとか。。
なにやら、視点がずれているから何をやっても
効果はないんだろうなと。

逆に、自分が異常だと気付いていない人にとっては、
その手の人権教育は疎外感を増すだけで
逆効果のような気もしないでもないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/28 21:52

そもそもの話ですが,命の尊さというのは義務教育で学ぶべき事柄でしょうか?



本来命の尊さというのは自分の生活の中で身に付けていくものだと思います.
最初にそれを実感するのは親しい人が亡くなった時でしょうね.
例えば祖父母が亡くなるとか.こういった経験はそれなりの年齢であれば経験している方も多いでしょう.

そういう観点で考えると近年の核家族化というのは命の尊さを教えるのにマイナスなのかなと思います.

>しかし、そういうのは 加害者の少女を死刑にして、 子供に 【命の尊さ】を教えるには 加害者を死刑にして 命は命で償うという思想を教えた方が よっぽど 効果的だと思うんですが

これは私は一理あると思いますが,根本的な解決とは言えないと思います.
つまり,「相手を殺したのであれば,自分も(罰で)殺されても仕方ない.」という認識または恐怖であって,なぜ命は大切なのか・尊いのかを問われていないように感じたからです.
少なくとも加害者は死の恐怖を理解できるでしょうが,命の尊さを理解できるとは考え難いです.

命の尊さを知るのは悲しみを味わうのと表裏一体な気がします.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/29 17:21

自分に対して価値を見いだせない人間に「(他人の)命は大事」など教育したところで無意味でしょう。


このての事件が起きると決まって命の尊さを言われますが、それ自体がそもそもピンぼけた方向ではないかと思いますね。
極端な話、自分の命が大事だから周りを破壊するんではないでしょうか?周囲の環境により心理的に自分が押しつぶされてしまう前に。人を殺してみたいというのも自分を取り巻く環境を破壊し、自分を助けたい衝動ではないかと思いますけど。
命の尊さを教えるのはいいですが今の教育はただ黙って耐えろと言っているようにしか聞こえないですね。なぜ人を殺さなければならないかというところまで掘り下げて考える必要があると思いますが、今の日本では難しいでしょうね。事件が起きればモノのせいにしがちですからね。ですから今後もこのような事件は起こると思いますし、むしろ増えてくると思いますよ。
なるべくしてなった、起こるべくして起きた事件といったところではないでしょうか。
加害者を死刑にした方がいいかというと色々あると思います。
命の尊さは伝わるかは何ともですね、特にこれから事件を起こそうとする人間には。
ただ私も死刑はありかと思いますね。少なくとも死刑という宣告により否応なしに、現在の自分から切り離されざるを得ない(ある意味解放)となることを期待できるからです。それによって初めて自分を客観視できるのではないかなと思います。
たまに更生したのだから死刑にしなくてもとか言われますが、それは死刑になったから初めて更生が可能になったのではないかなと思います。極論になりますけど少年犯罪の方がむしろ死刑を必要とするんではないでしょうか。
    • good
    • 0

質問者さんの意見に概ね賛成です。



子供の数が1万人居れば0.5%位は不良品や箸にも棒にもかからない出来損ないが居る事を我々大人は理解しなくてはいけません。

その昔の神戸で起こった「サカキバラ」事件でも分かるように子供でも異常者は居るのですよ。

「命の尊さ」をカリキュラムに組み込んで教育?

普通の子供には必要無いと思う、ってか無駄な時間や労力なんだよね。それが証拠に今回の佐世保市の事件だろう?

普通の大人が教育出来るのは普通の子供であって、異常者に対しては無理です。

命の尊さを教えるとは「命には命で償う」大人だろうがガキだろうが関係無いと思う。

もしも加害者であるその異常者にも人権が有るなんて言う輩には「それ言うなら殺させれた被害者の人権回復してから言えよ!」って言ってやる。生き返らせてから言えよってね!

精神異常者だから無罪?違うだろう?精神異常者だから抹殺して廃棄すべきですね。二次被害者出さないためにもね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q命の尊さとは

動物を特集した番組を見て考えたことです。
動物愛は人間愛にもつながり、教育的によく言われる「命の尊さ」の刷り込みに利用されている気がしました。

しかし、一口で「命」と言いいますが、それはどういう対象を指しているのでしょうか。

生物学的にはそれこそ、バクテリアも「命」の対象に入りますよね。それならばたとえば人間にとって害を及ぼす害虫、細菌のようなものまで、尊い命という風に考えなければ不徹底でしょう。普通の感覚では、犬はかわいがるが、蚊やハエは見るなり退治しようとします。もしかしたら蚊を殺すに忍びないと言う人でも、疫病の病原菌生物を愛護しようとは思わないでしょう。本当の「命」愛護家なら、自分の肉体を病原体微生物に与えるのでしょうか。

そう考えると、その線引き、尊い命とそうでない命のボーダーはどこにあると考えたらいいのでしょうか。
また、このような不徹底な人間中心主義的なおごった考えを、さも正論のようにかざす無神経さはなぜ批判されないのでしょうか。

Aベストアンサー

がると申します。立脚点としては「神秘主義を学んでいる人間」って感じなので、例外的に見ていただけると。

んっと。まず「命の定義」なのですが。例えばそこらへんにある無機物とかに「命がない」かといわれると、私は「そうとも限らない」と考えています。
例えば。小さな子供にとって、愛用のぬいぐるみはきっと「生きている」でしょうし。だからこそ、例えば致命的な破損が起きたときに「**ちゃんが死んじゃった;;」なんて発言が存在しうるんだと思うんです。

で。私にとって「尊い命」……というか「大切にしたい命」ってのは「自分にかかわっている命」です。それは自分自身であったり、自分にとって大切な人やモノの命であったり。
ええ。非常に傲慢で、自分勝手な定義だとは我ながら思いますが。

で。
> このような不徹底な人間中心主義的なおごった考えを、さも正論のようにかざす無神経さはなぜ批判されないのでしょうか。
については。やはり「きれいごと」だからではないでしょうか?
中身がどんなに壮絶であろうとも。表層のきれいさやそういったミスリーディングに引っかかりやすいのが、人の常だと思うです。

がると申します。立脚点としては「神秘主義を学んでいる人間」って感じなので、例外的に見ていただけると。

んっと。まず「命の定義」なのですが。例えばそこらへんにある無機物とかに「命がない」かといわれると、私は「そうとも限らない」と考えています。
例えば。小さな子供にとって、愛用のぬいぐるみはきっと「生きている」でしょうし。だからこそ、例えば致命的な破損が起きたときに「**ちゃんが死んじゃった;;」なんて発言が存在しうるんだと思うんです。

で。私にとって「尊い命」……というか...続きを読む

Q命の尊さについて

命の尊さについて
子供たちに語ることになりました
伝えることはだいたい決まってます

ただ命の尊さを分かりやすく理解してもらうためにたとえ話が欲しいと言われました

誰かそのような話はありませんか
中学一年生なのであまりにも幼稚っぽい話はダメですし
たとえばこういう夢を見て命の大切さを思い知らされたとか
テレビで見たとか自分で作った全くの空想の話でもいいです
出来れば物語のようなものがいいです
最近 命を大切にしない子供が増えています 私は一人でも多くそのような子供の間違った考えをなくしてほしいと考えています
がその話をする会まで日にちがあまりありません
物語風でだれか手を貸してください
子供たちの将来のためにも
お願いします

補足
命は失うとそれっきり元に戻らないだから尊いものだしだから失うのが怖いものだと思います
これが私の考えを簡単にまとめたものです
.

Aベストアンサー

人間は死ぬとタンパク質の固まりになるそうです 家庭教師の時の教え子が聞いて来て感心してました。

ただ動植物の命と人間の命の違いが大きな所で

人間の命は人間の人間存在、精神、心を実現しています。心があるから理解し合い 愛し合えるのです

だから人間の命は貴重なのです。


人気Q&Aランキング