痔になりやすい生活習慣とは?

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d14 …

ピカピカのうちにパックしてみたことがありますが経年とともに色が変わってしまいました。

この品は、どうやって60年以上の期間このような状態を保てたのでしょう?
不思議です。

クレンザーで磨くと光りますが、表面に細かい傷はつきます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>溶けてしまいませんか?


日本銀行のコインの洗浄液はもっと強い塩酸使いますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのですか。

お礼日時:2014/07/29 18:11

簡単なのは油に漬けて置くことでしょうか…



他にもいろいろ方法はあると思いますが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

60年も前から保管しようとして油につけるとは。

お礼日時:2014/07/29 18:12

>この品は、どうやって60年以上の期間このような状態を保てたのでしょう?



別に難しい事ではありません。小瓶に油(防錆油)を入れ、その中に硬貨を入れて保存したまでです。

例えば、日本刀は鉄で出来ています。鉄は錆びやすい金属です。何百年も錆びさせないのは、油を塗って、時々古い油をぬぐい去り、また、新しい防錆油を塗る事を繰り返し、「手入れを重ねて」居るから、何百年も「ピカピカ」を保って居るのです。

若しも、手に入れた硬貨が、光っていない場合は、酸洗いをすれば、たちまち「ピカピカ」になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

60数年前から硬貨を保存した方もすごいですね。
昭和26年の世の中 まだ貧しい国だったと思います。
10円の価値も今の100円以上でしょうね。

お礼日時:2014/07/29 14:16

十円磨くのにクレンザー使う人はいませんよ。


酢につければ一発でピカピカになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2014/07/29 14:14

こんなもん酸化銅を落とすだけなら、サンポールたらしてほっておけば、こする必要もありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

溶けてしまいませんか?

お礼日時:2014/07/29 14:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング