お酒好きのおしりトラブル対策とは

大学の練習問題で出題された問題ですがなぜ説明変数の数が1になるのか理解できません。

「問題」
 単純回帰モデル:y=a+bX+u の推定結果に基づいて、以下の問いに答えなさい。
(  )内の数字は上段が回帰係数の標準誤差、下段がt値を示しています。


Y=14.107+1.224X
(1.863)(0.061)  R2(2乗)=0.9760
(7.751)(20.166)  n=12

という問題で解説が
t検定の自由度はサンプルの数をn、説明変数の数をkとすると
n-k-1=12-1-1=10

となっていてn=12は記載されているので理解できたのですが、k=1が分かりません。
何か計算によって出ているのでしょうか?

得意な方解答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> y=a+bX+u



ご質問に明示されてはいないが、Xは説明変数、uは残差、という意味でしょうな。で、説明変数がいくつあるか数えてみれば1個だけ。それはXです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング