ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

植物の名前を忘れたのですが、だいぶ前から葉がべたべたしており
よく見ると茶色いカイガラムシがついています。
時々拭き取るようにしているのですが、いつの間にか増えている、の繰り返し。

最近少しずつ葉が黒ずんできたり、ぱらぱらと葉が落ちるようになり
半分以上が落ちてしまいました。
ボルンという薬を吹き付けたのですが今更と言う感じで…

治療法有りますでしょうか。
ご存知の方、宜しくお願い致します。

「観葉植物に茶色のカイガラムシが・・・退治」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ボルンを噴霧して改善されましたか。

ボルンはマシン油が主成分で、
カイガラムシには最適な薬剤とされています。ボルンを使用されたの
に未だに改善されていないと言う事は、発生した茶色の害虫の正体
はカイガラムシでは無いと言う事です。マシン油は機械油を水に溶け
易くした物で、通常の薬剤とは異なります。ですから何度噴霧されて
も薬害を起こす事はありません。ただ発生した害虫も死滅する事は
ありませんから、ボルンの無駄使いになってしまうだけになります。

カイガラムシには茶色、白、赤、黄色、黒、オレンジ等があります。
茶色だからカイガラムシと決めつけにはどうかなと思います。
カイガラムシには動くタイプと動かないタイプが居ます。動くタイプでも
一生の間に数ミリ程度で、肉眼では動く姿を見る事は出来ません。
もしかしたらカイガラムシではなくアブラムシやハダニ等の害虫かも
知れません。もう一度確認し直した方が良いかも知れません。

ちなみに画像では何処に発生しているのが確認出来ません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q観葉植物の葉がベトベトするのですが・・・何が原因でしょうか?

葉がベトベトしていて、床に松脂みたいのが垂れてしまいます。
水は一週間に一度はあげているのですが・・・
教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

普通はカイガラムシ、アブラムシの排泄物が主な原因です。

Q室内の植木鉢に大量発生した虫について教えてください

初めての質問です。わかりにくかったらごめんなさい。自宅の室内でウンベラータの木を育てています。土に大量発生した虫の対処法と、木への影響について教えてください。
木の状況(高さ170cm位、すごく元気が良く毎日新芽を出す。葉に虫はついていない)
環境(マンション12階、明るい室内の窓際。週一回ベランダに出す。底に穴の開いた10号陶器鉢)
手入れ(今年3月に自分で土の入れ替え。土は草花用有機培養土に虫除けの成分?が含まれたものらしい。最近活性炭を混ぜました。水遣りは週一度たっぷりと。受け皿の水は捨てています。葉水は3日に一度濡れ布巾で。肥料はスティックタイプの物と、月2,3回コーヒー、紅茶の出し殻を少しあげました。)
虫の特徴(土をわりばしなどでかき回すと、虫が沢山出てくる。ダニの様な2ミリ位の白い虫が沢山。小さなムカデ少し。茶色のダニが少し。黒い小バエのような虫が5匹)
やってみた事(水遣り、肥料を控えた。ティートゥリーオイルを鉢と土にたらしてみたら、小バエは慌てて離れていきました)
以上です。できれば室内なので、殺虫剤は控えたいです。自分でも調べてみたのですが、木酢液を使ってみようと思っています。正しい木酢液の使い方がわからないのでアドバイスしてくださると嬉しいです。あと気になるのが、私はダニにアレルギーがあり、アトピーを発症してしまいます。今まで症状がありませんでしたが、木酢液などで土の中のダニなどが鉢の外に出てきて人をさしたりすることがあるのでしょうか?またハエの幼虫などいたとしたら木の根などに害を及ぼすのでしょうか?すごく大切に育ててきた大好きな木なので、改善できるところがあればご指導よろしくお願いします。

初めての質問です。わかりにくかったらごめんなさい。自宅の室内でウンベラータの木を育てています。土に大量発生した虫の対処法と、木への影響について教えてください。
木の状況(高さ170cm位、すごく元気が良く毎日新芽を出す。葉に虫はついていない)
環境(マンション12階、明るい室内の窓際。週一回ベランダに出す。底に穴の開いた10号陶器鉢)
手入れ(今年3月に自分で土の入れ替え。土は草花用有機培養土に虫除けの成分?が含まれたものらしい。最近活性炭を混ぜました。水遣りは週一度たっ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので、良かったら参考にして下さい。
 とても丁寧に質問して下さっているので、生育状況がよく分かりました。環境は特に問題ないと思います。風通しが悪かったらハダニが発生するようですが、葉水もちゃんとされていますし、風にも当てているようですので問題ないと思います。
 原因ですが、土の排水性が悪い事によって虫が湧いたものと思われます。園芸用培養土には殆ど元肥といって肥料が入っています。有機培養土という事ですので、それがいつも湿っている事によって腐って虫などが湧く事がありますし、たまにはキノコとかが生えることもあります。
>土は草花用有機培養土に虫除けの成分?が含まれたものらしい。
 土は問題ないと思いますが(あまり安すぎると土の質自体が悪い事があります)、鉢底石は入れましたか?鉢底石は排水性を高める為に殆どの植木鉢に必要です。鉢にネットをしてから3cmぐらい入れると良いです。
 また10号鉢は結構大きいですが、植え替えの時以前の鉢より1周り大きな鉢に植え替えたでしょうか?(前の鉢が8号か9号鉢)それが分からなかったら新しい鉢は前の鉢がスッポリ入って左右と下に少し余裕があるぐらいにします。あまり大きかったり、深かったりすると土がいつも湿っている状態になります。
>肥料はスティックタイプの物
 肥料は植え替えられたすぐ入れませんでしたか?培養土は元肥が入っているため、しばらくはその元肥が効きますので、肥料は必要ありません。今回は3月に植え替えられたという事で、時期的には早すぎたと思います。通常観葉植物は5月か6月頃が適期です、沖縄などの暖かい地方でない限り3月はまだ微妙に休眠期ですので、余計に肥料が必要ないのです。過度の肥料は却って植物を痛めます。ベストな植え替えは5月頃に行い、1ヶ月後に観葉植物用の肥料を規定量与えます。
>月2,3回コーヒー、紅茶の出し殻を少しあげました
 これも大要因の1つです。鉢植えには培養土と化成肥料以外与えてはいけません。よく米の研ぎ汁などを入れる方がいらっしゃいますが、土がカチカチになるだけで何の効果もありません。有機物を入れるとキノコの発生や虫の発生を引き起こします。コーヒーの粕なんかは庭植えしていて、ある程度土を掘り返すことが出来る植物に使用します。また卵の殻なんかも同様でコバエの発生要因になりますし。

 植物にとって辛い土の状況になっています。肥料は一切やめて水を控えめにするとある程度収まりますが、私ならいっそのこともう1度植え替えをします。8月はちょっと辛いですが、7月上旬という事ですので、まだ大丈夫だと思います。植え替えは↓のサイトが写真入りで載っていますので参考にして下さい。この場合は根を痛めないように出来るだけ土を取り除いて下さい(上の部分とか)。またムカデは噛みますので、出来たら外でやった方が良いと思います。
http://dictionary.bloom-s.co.jp/etc/kiso7.htm
 私も若干アトピーなのですが、人によってアレルギーに対する反応は様々だと思います。今室内に10鉢ぐらいありますが、特に悪くなった事などはありません。ただ人に対しても植物に対しても、鉢の中の環境はできるだけ清潔にする必要がありますので、培養土と化成肥料のみの清潔な環境を心がけて下さい。
 長文失礼しました。ご参考までにm(__)m。

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので、良かったら参考にして下さい。
 とても丁寧に質問して下さっているので、生育状況がよく分かりました。環境は特に問題ないと思います。風通しが悪かったらハダニが発生するようですが、葉水もちゃんとされていますし、風にも当てているようですので問題ないと思います。
 原因ですが、土の排水性が悪い事によって虫が湧いたものと思われます。園芸用培養土には殆ど元肥といって肥料が入っています。有機培養土という事ですので、それがいつも湿っている事によっ...続きを読む

Qポトスの葉っぱが茶色くなってきました!

部屋の中で育てているポトスの葉っぱが茶色くなってきました。
これはどういうことなのでしょうか?
水は3日に一回くらいあげています。

元のようにきれいな葉っぱにしてあげるにはどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ポトスは条件が良ければぐんぐん育ちますが、空調の風、低温、直射日光、乾燥などに弱いです。
部屋の中でということですので、冷害はないと思いますが、夜間冷え込む場合などは少し注意が必要です。
特に原因が思い当たらなければ、土が乾燥しやすいのかもしれませんので、お水を1~2日に1回くらいに増やしてみて下さい。もし、根付きが悪そうであれば、しばらく水耕栽培に切り替えてみて下さい。
ちなみに、一度葉が茶色くなってしまうと、その葉が元の緑色に復活する事はありません。(もちろん、ツタの先頭は以後も育ちます)

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qカイガラムシ退治

シャコバサボテンにぎっしりとコナカイガラムシと思われるものが付着しています。歯ブラシで少しとりましたが、すべてとるのに大変です。いい方法があればお教えください。オルトラン粒剤を散布するのはいかがでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

サボテンのような多肉植物にカイガラムシが着き、難儀なこととお察しします。
歯ブラシでカイガラムシを駆除するのが効果的とはいえ、葉肉を傷つけないよう
細心の注意を払わねばならないのが、何とも歯がゆいことかと存じます。

カイガラムシの除去を扱ったサイトを色々探しましたが、
多肉植物に着いたコナカイガラムシについては
下記のサイトが詳しく述べているので、添付します。
http://www.mirai.ne.jp/~panther/plants/akuterikku.html
【アクテリック乳剤の使い方 サボテン・多肉植物等のカイガラムシ、コナジラミ駆除】

このサイトによりますと、ただ単に散布するだけでは効果がないので、
効果を最大限に引き出す方法が述べられています。抜粋しますと
>>【温室・ハウスの場合】
>>1 カイガラムシの場合、目に見えるレベルの虫をある程度ハンドリングで掻き落とします。
>>2 アクテリックを規定量(1000倍)に希釈して散布液を作ります。
>>3 温室やハウスであるならば、そのすべての植物に夕方に散布します。
>>4 温室やハウスの扉や窓を閉めて密閉します。
    かなりキツイ匂いがしますので、入らない方がいいでしょう。
>>5 翌日、温室やハウスの扉や窓を開放します。
>>【温室やハウスがなく、植物の数が少ないような場合】
>>1 カイガラムシの場合、まず、目に見えるレベルの虫をある程度ハンドリングで掻き落とします。
>>2 アクテリックを規定量(1000倍)に希釈して散布液を作ります。
>>3 植物に夕方に散布します。
>>4 散布後、ビニール袋を被せて密封し、日陰においておきます。
>>5 翌日、ビニール袋をはずします。
そして、卵(や蛹)には効果がないことから、以下のように定期的な薬剤散布も
奨められています。
>>アクテリックであっても卵には効果がありません。
>>卵は2週間程度で孵化しますので、散布から2週間経ったら、再度アクテリックを散布します。

こうすれば、卵では薬剤をかわしていたカイガラムシも幼虫に孵ったとたん
薬剤散布の波状攻勢にひとたまりもなくやられるでしょう。
カイガラムシによく似た、自由に飛び回るコナジラミもこの方法で退治できます。

この他、カイガラムシを油膜で覆い窒息死に至らしめるボルンや
成虫になるのを抑えることで退治したり、成虫に対しては産卵数を抑えたり、
ふ化しない卵を産ませる作用があるベニカDXやベニカDスプレーも効果があるみたいです。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu06.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00514.html
【ベニカDスプレー】
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00101.html
【ボルン】
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00517.html
【ベニカDX】

駆除用の薬剤を販売店のアドバイスを受けつつ購入し、効果的かつ定期的な散布で
カイガラムシを完全駆逐できることを願っています。

いかがでしょうか。
参考になりましたら幸いです。

はじめまして。

サボテンのような多肉植物にカイガラムシが着き、難儀なこととお察しします。
歯ブラシでカイガラムシを駆除するのが効果的とはいえ、葉肉を傷つけないよう
細心の注意を払わねばならないのが、何とも歯がゆいことかと存じます。

カイガラムシの除去を扱ったサイトを色々探しましたが、
多肉植物に着いたコナカイガラムシについては
下記のサイトが詳しく述べているので、添付します。
http://www.mirai.ne.jp/~panther/plants/akuterikku.html
【アクテリック乳剤の使い方 サボテン・多肉植物等...続きを読む


人気Q&Aランキング