お酒好きのおしりトラブル対策とは

ハリーポッター炎のゴブレットでロンはフラーという人に「大きい声でダンスを申し込んだものの綺麗過ぎて逃げてきた」みたいなシーンがありましたが、これは代表の4人のうちのひとりの人ですよね?
ちなみに死の秘宝パート1でロンのお兄さんと結婚するのもこの人ですか?
原作での馴れ初めはどんな感じですか?

あとハリーポッターは死の秘宝でハリージェームズポッターと呼ばれてるシーンがありますがハリーの父がジェームズではないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再びNo.2です。


御礼を頂き、ありがとうございます。

>何でマグル生まれの魔法使いを魔法省が裁くようなことをするんでしょうか?
こちらも原作を引用して説明させて頂きます。

ヴォルデモート一派は、いわゆる「純血主義」なのです。
ハリー達の世界では
1.魔法族(純血)
2.非魔法族(マグル)
3.マグルより稀に産まれる魔法使い(ドラコ・マルフォイなどは「穢れた血」と呼びます)
4.魔法族とマグル・もしくはマグル出身の魔法使いの結婚により生まれた魔法使い(半純血)
5.魔法族から産まれた魔法を使えない人(原作のみの設定、「スクイブ」と呼ばれる)
以上の種族がいます。

ウィーズリー家やマルフォイ家は1です。
同じ純血な魔法族ではありますが、ウィーズリー家はマグルもマグル出身の魔法使いも快く受け入れる為、「死の秘宝」では「血を裏切る者」と呼ばれていました。
ポッター家も1に該当しますが、ハリーの母は3の為、ハリー本人は4になります。
ハーマイオニーも3ですね。
原作では、ホグワーツ管理人のフィルチは5に該当します。彼は魔法は使えません。
実はヴォルデモートも4に該当するのですが、サラザール・スリザリンが純血主義だった為、スリザリンの継承者を名乗りたいヴォルデモートは純血主義者です。
ちなみにスネイプも4です。(母が魔女・父はマグル)

今までは個人的に純血主義だったりしても魔法省としては1~5までを受け入れていたのですが、ヴォルデモート一派が魔法省を乗っ取った段階で、魔法省は1と4のみ魔法界で受け入れるという方針に変わりました。
(5に関しては、恐らく純血主義に従うと表明すればOKかも。原作でもフィルチは「死の秘宝」で管理人をしていました。しかし、スクイブはマグルとして生きていく事を勧められていた様です)

なので、3の魔法使いは「魔法力を持たないはずのマグルが魔法を用いる事が出来るのは、非合法的な方法を用いて魔法力を奪ったと考えられる」と、意味不明な理由をつけて狩り出されていたのです。

>人拐いとはどういう人達なんですか?
3に該当する魔法使いと「血を裏切る者」を魔法省に連れて行き、賞金をもらっていた「賞金稼ぎ」です。

>死の秘宝の最後でハリーポッターが生き返りましたがあれは蘇りの石のおかげですか?
違います。

「蘇りの石」は、死者を完全に生き返らせる事が出来る訳ではなく、既に亡くなった人の幻影(もしくは魂)を現せる事が出来るというものの様です。

ハリーが生き返った理由ですが、これは一番最初にハリーとヴォルデモートが対峙した時まで遡ります。
ヴォルデモートがハリーを殺そうとした時、母のリリーが命乞いをしますが当然聞き入れられず、我が身を盾としてハリーを守ろうとし、殺されます。
「自身が殺される事を厭わず、愛する者を守ろうとした」この行為は、魔法と同じ様な力を持ち、ハリーの守りの力となります。
リリーがハリーを守ろうとした「想い」が、ハリーの体の中にあるのです。
そして「炎のゴブレット」で、ヴォルデモートが肉体を取り戻す時、ハリーの「血」を使います。
「賢者の石」でクィレル先生がハリーに触れられなかった、あの弱点をハリーの「血」を我が物とし、ハリーの「守り」を自身に取り込む事で克服しようとしたのです。

ところが、それがヴォルデモートにとって最大の「過ち」でした。
ヴォルデモートの中にリリーの「愛の守護の力」がある間は、ヴォルデモート自身がハリーの「分霊箱」の役目を果たす事になってしまったのです。

それと、ヴォルデモートがハリーを殺そうと「アバタケダブラ」の呪文を使った時に使った杖にも問題がありました。

その時に使っていたのは「ニワトコの杖」、「死の秘宝」の一つである杖です。
これをヴォルデモートはダンブルドアの墓を暴いて取り上げ「自分の物になった」と喜んでいたのですが、どうも「最強の杖」とは言い難い違和感がある。
ダンブルドアを殺したのはスネイプだ。
なら、ニワトコの杖の最後の持ち主はスネイプだから、奴を殺せば俺様のものだ!
と考えたのですが、それが間違いでした。

「謎のプリンス」で確かにスネイプはダンブルドアに「アバタケダブラ」を使いましたが、呪いを打つ直前にダンブルドアは絶命していました。
なら最後の持ち主は?

実は、「謎のプリンス」終了時点でのニワトコの杖の持ち主は「ドラコ・マルフォイ」でした。
ドラコがニワトコの杖を持つダンブルドアを「武装解除」した為、ニワトコの杖は誰にも気付かれないうちにドラコに所有が変わっていたのです。

そして「死の秘宝」でハリー達が「人攫い」に捕まってマルフォイ家へ連行された時、逃げる直前にハリーがドラコに「武装解除」をしたのです。
ニワトコの杖は、自分の所有者がハリーに負けた事を知っていたのです。(この段階でダンブルドアの墓の中にあったにもかかわらず)
この為杖の所有はドラコからハリーに移りました。
つまり、ヴォルデモートはハリーに忠誠を誓った杖でハリーに死の呪いをかけた為に、きちんとかからなかったのです。

この二重の過ちのおかげでハリーの命はつながったのです。
けれど、それでも「アバタケダブラ」は十分に強力な呪いであった為、ハリーが望めばそのまま死ぬ事もできたのです。(「アバタケダブラ」後のダンブルドアとの会話より)

ちなみに、ハリーの中にあったヴォルデモートの魂のかけらは、ヴォルデモート自身がかけた「アバタケダブラ」で消えました。

上手く説明できていますでしょうか。
解り難ければ何度でも説明させて頂きます。
    • good
    • 0

こんにちは。



>これは代表の4人のうちのひとりの人ですよね?
はい、そうです。
ボーバトン校代表のフラー・デラクールです。

>死の秘宝パート1でロンのお兄さんと結婚するのもこの人ですか?
はい、そのとおりです。

>原作での馴れ初めはどんな感じですか?
原作では、「炎のゴブレット」で行われる「三大魔法学校対抗試合」の第三の課題の際、各校代表選手の家族が招待されていました。
しかし、ハリーの家族はダーズリー家なので当然来ません。
なので、その代わりにウィーズリー家からウィーズリーおばさんとロンのお兄さんのビルが来たのです。

実はこの時、フラーがビルを好きになったのです。

ちなみにハリーは「炎のゴブレット」で新学期が始まる前にビルに初めて出会ったのですが、その時「かっこいい」という言葉しか出てこなかった様です。

この後「不死鳥の騎士団」で、ボーバトン校を卒業したフラーがグリンゴッツにパートタイマーとして働きに来て、その時ビルに英語を教わっていた様です。
そして「謎のプリンス」でフラーとの結婚を決めてウィーズリー家に滞在させます。
この時ウィーズリーおばさん・ジニー・ハーマイオニーにはとてつもなく不評でした。
その後ドラコ・マルフォイが「姿をくらますキャビネット棚」で死食い人をホグワーツに招きいれた際に、ビルも騎士団のメンバーとして戦ったのですが、フェンリール・グレイバックという狼男に顔を傷つけられ、ビルに一生涯消えない醜い傷を残す事となったのですが、その傷を気にせずに生涯の愛をウィーズリー家の前で堂々と宣言したフラーを、ついにおばさん達は認めたのでした。

ハリーの名前に関しては、No.1様の仰るとおりです。

何か疑問点がございましたら、補足をお願いいたします。
ハリー・ポッター大好きでございますので、喜んでお答えさせて頂きます♪

この回答への補足

ちなみに死の秘宝の最後でハリーポッターが生き返りましたがあれは蘇りの石のおかげですか?

補足日時:2014/07/30 22:15
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
もう1つ疑問に思ったのはハリー達がアンブリッジの持っている分霊箱を奪いに魔法省に潜入した時マグル生まれの魔法使いかと疑って女の人を裁判にかけていましたよね?
何でマグル生まれの魔法使いを魔法省が裁くようなことをするんでしょうか?
人拐いがマグル生まれの魔法使いを探して魔法省に連れて行こうとしてましたが人拐いとはどういう人達なんですか?

お礼日時:2014/07/30 21:04

>ハリーポッターは死の秘宝でハリージェームズポッターと呼ばれてるシーンがありますがハリーの父がジェームズではないですか?



wikipediaに

正式な名前はハリー・ジェームズ・ポッター (Harry James Potter) であり、ミドルネームの「ジェームズ」は父親の名に由来する。

って書いてありますよ。

父親は、ジェームズ・ポッター(James Potter)で、ミドルネーム無しです。

英語圏では「山田太郎の息子の次郎」を「山田太郎次郎」って感じで名付けて、普段は「山田次郎」って呼んで、格式ばった場面で、正式名称の「山田太郎次郎」と呼んだりします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炎のゴブレットでわからない所が、、、 (ネタバレあります)

前の週末、ハリポタをみてわからなかった所があるのでもしよければ教えて下さい<m(__)m>

要は、目がでた男の先生に化けてた人がハリーとヴォルデモートと会わせるために大会で色々とハリーに有利になるように仕掛けていたという話でしたよね?
では、
・その目がでた男の先生に化けてた人は一体だれなんでしょうか?
・あと、学校の先生(?)の息子が裁判(?)にかけられていたようですがそこらへんが全然わかりません^^; 一体なんの裁判なのか?目がでた男の先生に化けてた人と関係あるのか?

ホント乱文で申し訳ありません。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>>学校の庭で倒れていた人いましたよね?あれがクラウチ
>この場面が思い出せません。もう少し詳しく教えて頂けないでしょうか?

お気持ちわかります。
だって、映画ではあんまりにあっさりと流してしまったシーンなので。
場面としては、第二の課題と第三の課題の間のできごとです。
映画での描き方は、唐突にクラウチ氏(ヒゲの生えたおじさん)が倒れていて、それをハリーが発見して、次の場面ではもう校長室にみんないて、死人が出た、大会は中止するべきか・・・みたいな話し合いをしていたと思います。
ここらへんは一瞬の出来事のようにさっと流れたところなので、私も正確には覚えていないんですけど(^_^;)

で、この場面を原作を元に説明すると、代表選手が第三の課題の説明を受けに、迷路を下見しにいきます。
その帰りに、ハリーはクラム(他の学校の男子選手)と二人で森を歩いていたら、クラウチ父が倒れているのを見つけます。
クラウチはまだ生きていて、大変なことをしてしまった・・ダンブルドアに知らせなければ・・のようなうわ言のようなことを言っていました。
ハリーはクラムにクラウチを見ているように頼んで、ダンブルドアを呼びに行きました。
ところが戻ってみると、クラムが倒れ、クラウチは消えていました。
クラム曰く「クラウチに襲われた」
のちにわかるのですが、襲ったのはクラウチ息子で、父は死体で見つかります。

この場面は、かつて裁判でもう息子ではないと監獄送りにしたこと、脱獄後服従させられていたことへの息子の恨みと親心で脱獄させてしまった父親の後悔のようなものが見える、けっこう重要なシーンだと思います。
母親が身代わりなった、ワールドカップで逃げられたという話も映画ではカットされています。
これら一連のクラウチファミリー物語がないと、クラウチ息子はいったい誰?何?ということになってしまって、今回の話自体わからなくさせてしまうと思うんですけどね。
だから質問者さんが、1回みただけで理解できなかったのは仕方ないですよ。

>>学校の庭で倒れていた人いましたよね?あれがクラウチ
>この場面が思い出せません。もう少し詳しく教えて頂けないでしょうか?

お気持ちわかります。
だって、映画ではあんまりにあっさりと流してしまったシーンなので。
場面としては、第二の課題と第三の課題の間のできごとです。
映画での描き方は、唐突にクラウチ氏(ヒゲの生えたおじさん)が倒れていて、それをハリーが発見して、次の場面ではもう校長室にみんないて、死人が出た、大会は中止するべきか・・・みたいな話し合いをしていたと思い...続きを読む

Qハリーポッターの結末・何故ハリーは生き返ったのか

ハリーポッターの結末についての質問です。

ヴォルデモードが意図せず作ってしまった分霊箱のハリーは一度死にました。
しかし何故生き返ってこれたのでしょうか?
「ハリーが生きることを選んだからだ」というような解説を以前見かけたのですが、
普通人は死んでしまったらいくら生きたいと願っても生き返れませんよね?
ハリーの命は「分霊箱」と「自分自身」二つの命をもっていたということでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.pottermania.jp/info/event/log2007/071208JKROfficialSiteUpdate.htm

【FAQ】

 ・ヴォルデモートが(禁じられた)森の中でハリーにアバダ ケダブラを唱えたとき、実際に何が起きたのですか?
ヴォルデモートはハリーの血を自身の体内に入れたことで、ハリーに対するリリーの守りの力を持続させました。したがってヴォルデモート自身がハリーの分霊箱のような役割を果たすようになったのです。このリリーの犠牲の力はハリーを生かし続けるだけでなくヴォルデモート自身にも最後の機会(ダンブルドアがこれについて35章で述べています)を与えています。ヴォルデモートは知らないうちに体内に数滴の善を入れてしまったため、彼が悔い改めさえしたら、深く治癒する(ポッターマニア注:6章でハーマイオニーが話したように魂を元に戻す)ことができたのでした。しかしもちろん、ヴォルデモートはそれを拒否しました。

ヴォルデモートはさらにニワトコの杖(Elder Wand)も使っていますが、これは本当はハリーの杖です。この杖を使って本来の持ち主に魔法をかけてもちゃんと働かないので、ヴォルデモートがハリーに唱えた「磔(はりつけ)の呪文」や「死の呪文」も正しくは機能しませんでした。しかし「アバダ ケダブラ」は強力なためハリーを傷つけ、彼の一部で真に彼のものではない部分―言い換えるとハリーの体内にくっついていたヴォルデモートの魂の欠片(かけら)―を殺すことに成功したのです。同時に、この呪いはハリーをひどく損傷させ、彼は望んだなら死ぬこともできました(ダンブルドアは35章でハリーは目を覚ますかどうか選べると話しています)。しかしハリーは意識を取り戻すことを選び、リリーの”逃げ道”を使って生者の世界に戻ってきました。

ここで重要なことは、私はこれらの魔法(非常に大切な生と死の問題)を基本的に非科学的に捉えているということです。つまり、「ニワトコの杖+リリーの血=生き残りが保証」というような公式は存在しません。最終的に重要なのは、ハリーとヴォルデモート自身の選択なのです。お互いある種の武器と保護手段が与えられていますが、これらの物や過去の出来事の(真の)力は、それがどのように理解され使用されたか、どのように成立したかという点にあります。ハリーはこれらの物や出来事の意味をより深く、より正確に理解しています。しかし、ハリーを救った最も素晴らしい力は、自由意志と勇気、そして確かな道徳心なのです。

http://www.pottermania.jp/info/event/log2007/071208JKROfficialSiteUpdate.htm

【FAQ】

 ・ヴォルデモートが(禁じられた)森の中でハリーにアバダ ケダブラを唱えたとき、実際に何が起きたのですか?
ヴォルデモートはハリーの血を自身の体内に入れたことで、ハリーに対するリリーの守りの力を持続させました。したがってヴォルデモート自身がハリーの分霊箱のような役割を果たすようになったのです。このリリーの犠牲の力はハリーを生かし続けるだけでなくヴォルデモート自身にも最後の機会(ダンブ...続きを読む

Qハリーポッターと秘密の部屋で・・・(映画を見てない人は見ないで!)

ハリーポッターと秘密の部屋見に行ってきました!

最後のほうで、ハーマイオニーが元通りになって、
大広間(食堂?)にいるハリーとロンのところに走っていくシーンがありましたよね?

あのシーンでハーマイオニーは、ハリーには抱きついたのに、
ロンには抱きつくのをためらって、握手だけしましたよね。
あの躊躇したハーマイオニーはどういう心境だったんでしょうね?
本も読みましたけど、それらしいことは書いてなかったような気がしています。

ハーマイオニーはロンと何かあったのかな?
次の映画への伏線かな?と考えてますけど、みなさんはどう思いますか??

P.S. 映画は最後の最後までちゃんと見ましたか??

Aベストアンサー

原作では(1巻か2巻)、「握った手を(もしくは、抱きついてしまって)慌てて離す」みたいな、ロンもハーマイオニーを意識しているくだりがあります。
一行に満たないくらいの短い文で表現しているので、サラッと見逃してしまいそうですが、私は勘ぐりました。さてはロンのヤツ・・・って感じで、暖かく見守ってますよ。
第4巻では二人ともヤキモチを焼いたりして、かなりはっきりしてきます。
恋愛さえもハリーに試練を与えるのでしょうか。それとも、しっかり者のハーマイオニーちゃんの母性本能をくすぐるのは、そそっかしいロンという事なのでしょうか(^^)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報