旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

産後3年間、ずっと、育児による疲れや睡眠不足で貧血なのだろうと思い込んでいたものが、先日の検査で、メニエール病の疑いがあると分かりました。

ひどい時に吐き気や回転して起きれない・・ということはあるものの、症状は強くありません。
ただ、四六時中くるくるふわふわしていて血の気が引いている感覚で、気分が悪く疲れやすいです。

様子を見るために、普段服用する薬はジニファドールを処方されています。
数週間様子を見て再度受診することになっていますが、薬が効いている感覚は薄いです。

メニエール病は難病指定されていると調べました。

過度のストレスが原因とありますが、確かに妊娠中に同居を始めたことと、初めての育児、非協力的な旦那と、過干渉な姑に対するストレスは大きいです。数年経てば私も図々しくなり慣れてくると思っていたのですが、姑の足音がするだけで指の先が冷たくなりしびれてくる感覚があるほど、緊張します。

これが日常なので、ストレスは発散される回数より積み重なった方が多いと感じています。

ただ、ストレスは誰にでもありますし、他に原因がないだろうか考えています。
次に受診したときに先生に聞けばいいことですが、聞き逃すことも踏まえ、予習のためにお聞きしたいです。

まず、産後から1年過ぎくらいのとき、初めて倒れるほどのめまいを起こしました。そしておう吐も。
1年間、夜も授乳をしていたので、かなりの睡眠不足の中、休む間もなくパタパタと家事をこなしていたのは確かです!!誰もほめてくれませんが。

倒れて初めて産婦人科を受診したところ、血圧も相当低く、育児による睡眠不足と疲れ、授乳による貧血・・とにかく休みなさい!!と言われました。
卒乳し、家事を手抜きすれば症状は治まると思っていたのですが、一向に良くならず、3年たってから再度受診しましたところ、メニエール病の疑いと言われてしまいました。

疑い・・なので定かではないと思いますが。

ストレス以外の原因が分からなければ完治しないと思ったので、考えられる要因をアドバイスいただけませんでしょうか?分かりにくい説明で申し訳ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

再度、補足のご質問を拝見いたしましたのでコメントさせて頂きます。



「死の恐怖」を感じた事がなく、不安神経症の方の体験談を読んでも思い当たるところがなかったということであれば、不安神経症の可能性は少なくなってくると思います。

ただ、森田療法で言っているのは単なる気の持ちようということではありませんので、この点は補足させて頂きます。

森田療法は誤った認識を正し、努力方向の軌道修正をしていく中で不安や症状に対する「とらわれ」が解消することを目指したものなのです。

また、不安神経症の場合は、めまいや吐き気が起こった時に、「これは大変だ」と考え、うろたえてしまうことで、ますます不安や症状を強くしてしまうのだと思います。

つまり、人前で気を失ったり倒れたりして無様な姿をさらしたくないというのも「死の恐怖」の1つになるのです。

ですから、この点も補足させて頂きます。
    • good
    • 0

薬のジニファドールを検索してみましたがなぜか該当がありません。



メニエールにつきましては治らないと言う事になっていますが、参考までに私の経験も含み記します。
以下3つのサイトをご覧ください。上は一般的なことを記され、次は抗ウイルス薬の投与で良い結果が出る可能性、下はそれを否定する内容です。
簡単に言えば、抗ウイルス剤で治る事実を述べたものに対して、理論がはっきりせず患者がそれを求めてこられても困るということです。
http://inoue-jibika.jp/meniere/index.html
http://shichinohe.web.fc2.com/
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~ent/Topics/menier …

それと、私の経験した例ですが、総合病院の内科の看護師さんが長年メニエルでした。
常に霧笛のような耳鳴りがあり、ひどいめまいの発作が定期的に起こります。その時にはプロですからステロイドの点滴でやり過ごす繰り返しでした。
私の勧めで副作用もないハスミワクチンを試され、発作はすぐに起きなくなり、耳鳴りは10ヶ月でぴたりと止まって治癒されました。ハスミワクチンはがんワクチンですが、様々なウイルスが関与する疾患に効果があります。それは間違いありません。
http://bsl-48.com/hasumi.html#con1
ハスミワクチンは東京が受診窓口ですが、地方の協力医がおられましたら手続きも出来ましょう。
それにつきましては友の会がございますので、お聞きになられたらよろしいかと思います。
http://hv-tomonokai.jp/tomonokai

抗ウイルス剤はウイルスの増殖を抑制できる場合も有り、
ハスミワクチンというものは自身の免疫を活性化させることから、何らかのウイルスも排除するようになる。
ということになります。

難しい内容でしょうが、先々のため知っていれば、本当にメニエルであっても、そのほかの病気であっても、医師を頼らず治すつもりがあれば試みられたらよろしいかと思います。早ければ早いほど多くは治ります。
それと、病気の原因の多くをストレスで片付ける場合がよくありますが、
ストレスが免疫の低下になり、その隙にウイルスが体内で増えて病気になることもあり得ると考えるべきで、
ストレスを全ての原因とするような考えは間違いです。
ご家族の葛藤も有りましょうが、お互いを尊重する中で、割れない程度の喧嘩もあっても良いわけで、できれば思いやりを忘れずにやっていただきたいものですね。
どなたも人間である以上、自己を認めてもらいたい訳でしょう。
    • good
    • 0

補足のご質問について感じたことを書かせていただきます。



初めに、今かかられている耳鼻科の先生は強気な先生のようですから、不安神経症のことを言っても理解してもらえない可能性が高いと思います。
ですから、聞かない方が良いように思います。

また、「時々、何の前触れもなくドッックン!!ドッックン!!という、心臓の動きが見えるんじゃないかと思うくらい鳴る」と書かれていますが、これも不安発作の典型的な症状であり、心臓神経症と言われている不安神経症の症状になると思います。
ですから、命に関わるようなことにはならないと思います。

なお、今のあなたの症状はストレスとか耳鼻科、心臓自体の問題ではなく神経症という心理的な問題だと考えた方が良いと思います。
特に不安神経症の場合は、このまま死んでしまったらどうしようという「死の恐怖」に対する「とらわれ」が出来た状態だと言われています。

ですから、病院に行かなくても森田療法の学習や認知行動療法によって、この「死の恐怖」に対する「とらわれ」が和らいでくれば、これに伴って治ってくると思います。

簡単ですが、追加の回答とさせて頂きます。

この回答への補足

ありがとうございます!

死の恐怖というものは感じたことがありません。
不安神経症の方の体験談も読みましたが、思い当たりません。

森田療法、気の持ちようということだとしたら、今すぐにどうこうできないのがちょっと辛いです。

補足日時:2014/08/05 16:44
    • good
    • 0

めまいや吐き気のため産婦人科で診てもらったところメニエール病の疑いと言われたんですね。



しかし、あなたの書かれているご質問の内容からは、不安神経症の可能性もあるのではないかと感じました。

めまいや吐き気、動悸、息苦しさといった症状が不安神経症の場合に良く見られるものですが、めまいに関してはメニエール病と誤診されることも多いように思います。

そして、不安神経症は心配性や完全欲の強さ、負けず嫌いといった神経質性格の特徴を持っている人がかかりやすい症状だと言われています。

ですから、もし、あなたに、こういう傾向がある場合は不安神経症の可能性も考えてみた方が良いのではないかと思います。


的外れな回答になっていたらお許し下さい。

この回答への補足

ご丁寧にありがとうございます!的外れどころか、そうかもしれない!と思い当たることばかりです。

私が受診したのは耳鼻科だったのですが、先生に不安神経症などと自分で調べたことを聞くのは失礼になるでしょうか?
前回、お薬のことでただ単純に質問したら、勝手に判断しないで下さい!と注意されてしまったのですが、どんな聞き方をすればいいでしょうか?

普段感じる動悸は、緊張からくるものなので、小心者だなと呆れるばかりです。
ただ心配なのは、時々、何の前触れもなくドッックン!!ドッックン!!という、心臓の動きが見えるんじゃないかと思うくらい鳴る時はとても怖くなりました。

耳鼻科では、過度のストレスはないかと聞かれました。そして、もし耳鼻科系じゃないとすると、心臓も診ることになると言われました。

再度、お気づきになることがありましたら、どうかお願いいたします!

補足日時:2014/08/04 00:29
    • good
    • 0

No.1です。


お礼、ありがとうございます。

メニエールになってから、麻酔しての虫歯の治療ってたまたま一度もしてなかったのです。
定期的に検診とクリーニングを受けていたので…。

最近歯医者に定期検診に行ったら、虫歯が出来ていて
金属の被せものも取らなくてはならず、麻酔して、ガリガリ。
何度もうがいをするので、その度に起き上がり、しまいには目眩が…。
何とか家に帰ることが出来ましたけど、
回転性めまい自体初めての経験でした。
後日耳鼻科に定期受診でかかり、その話をすると、よくある話ということでした。
    • good
    • 0

私も一年に一回くらいの割合で、めまいが発症します。


大概はめまい止めの点滴をして、一日で治ります。
でも浮遊感は数日残ります。

もともと低血圧で、そのためのめまい(気を失いかける)、
もその前にありました。

メニエール氏症候群のめまいは耳の三半規管からくるものと、
脳のほうからくるものがあるようで、
原因が特定できず、難病になっているのです。

効いているかわからないような薬はなるだけ飲まないほうがいいと思いますよ。
    • good
    • 0

私の母がメニエール病です。


母も、出産後徐々に症状が出始め、
今では救急車でしょっちゅう運ばれてるみたいです。

母の場合は、血液の細胞が、通常の人よりかなり少ないとか・・・。
名前は忘れましたが、例えば普通の人の血液の細胞が10個あるとしたら、
母は3個くらいしか無いみたいです。

こんな感じで、発症のきっかけは何にせよ、血液の病気です。
ですから血圧が低かったり、貧血になりやすいんです。

母は完治していないので、完治する方法については熟知してませんが、
母が医者に言われたことは、とにかく栄養のある食事をしっかり3食とること、とのこと。
お弁当、外食、冷食なんて食べていても、当然栄養なんて取れませんから、
玄米、ほうれんそう、レバー、を始めとする鉄分をつくる食材と、+で魚や赤身の肉等。
少々面倒ですが、一般の人より極端に細胞が足りていない訳ですから、その分一般の人より食に拘り、食に神経質になったほうがいいみたいです。

後、あまりに酷いようだと、定期的に点滴を打って、その細胞を一時的に体内に増やしてあげたほうがいいそうです。
(母はそれをやっていないので、しょっちゅう運ばれるのだと・・・)

曖昧な回答ですみません;
ご参考までに。
    • good
    • 0

メニエール歴3年以上です。


わたしはその前に突発性難聴と感音性難聴があって、
3度目の難聴の時に問診で、めまいは?と聞かれて
「そういえばありました。」という程度です。
それで目眩の検査と聴力検査をして、診断が付きました。

わたしはイソバイド(液体)、アデホス(顆粒)、メチコバール、メリスロン、イソメニールを
1日3回、それぞれひとつずつを基本に服用しているので、
余程のことがない限り、最近はめまいを起こしていません。
(歯医者で虫歯の治療をしたときは死ぬかと思いましたが…)

ところで耳鼻科は受診されていますか?
メニエールは耳鼻科です。

わたしは他の病気のクスリの関係もあって、ステロイド(プレドニン)は飲めなかったのですが
また別の病気でプレドニンが処方されて飲むようになってからは、
何かの理由で聴力は下がっても、自然に上がります。

この回答への補足

早々とありがとうございます!耳鼻科で受診しました。神経外科なのか内科なのか分かりませんでしたが、めまいで検索すると耳鼻科・・と出たので選びました。経過次第では、心臓も診て見なければならないかも・・と先生はおっしゃっていました。
難聴や耳鳴りはありませんが、片方の反応が気になる・・と言われました。

ところで、歯医者での治療をしぬかと思った・・とおっしゃっていますが、どうしてですか!?
近々、歯医者にも行こうと考えていたので!!!!
ぜひ教えてください!!

補足日時:2014/07/29 17:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

デパス0.5mgを1日1~2錠で、だいぶ精神的に楽になるということは…

たいした精神的不安ではないということですよね?

辛い人は1~2錠では効かないんですよね?

Aベストアンサー

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうしても増える。
そうなると飲む量も多くなる。
長期連用すると依存の副作用が現れる可能性も高くなります。

私はデパスのジェネリック薬を頓服で使っています。
あまりにも精神的不安が強い時だけに使います。
デパスは薬の切れ際がハッキリ判るので
切れた際、不快感や不穏が出てくることが有ります。

精神的不安が長く続く時は、同じ高力価で中時間作用のワイパックスを使います。
作用時間が12~14時間位です。
等価換算表ではデパス1.5g=ワイパックス1mgで同力価(量が少ない方が強い)ですが
眠気や筋弛緩作用の副作用が強くありません。
デパスに比べると効きがマイルドな感じで
効いてるのか切れてるのか、あまり感じませんので重宝しています。

余談ですが、デパスは日本で創薬された坑不安薬(旧吉富製薬)で
確かアメリカ・カナダでは販売未承認のはずです。
海外ではサプリ並みという事はないと思います。

>辛い人は1~2錠では効かないんですよね?
デパスの1日最大処方は3mgです。

デパスは副作用の(骨格)筋弛緩作用が強いので
結構、効く実感を感じる方が多いようです。

坑不安剤の中では効能強、作用時間短のタイプです。
坑不安剤の中では、ワイパックスと並ぶ高力価の坑不安剤です。

健康な人で薬の半減時間が6時間ですから
効いている時間は4~5時位です。

短時間作用薬の方が問題になる事も多いです。
短時間作用薬は薬の切れるのが早い
だから、ずっと効果を維持していく為には
薬を飲む回数がどうして...続きを読む

Q痰が常にひっかかっています

いつも喉の奥の痰に悩まされています。 
少量の痰なので咳で出すこともできず、飲み込むこともできません。
呼吸時にも、その痰がへばりついているせいで息をしにくいし、つばを飲み込む時もスムーズに飲み込めません。
こういうのって、耳鼻咽喉科にいけば取ってもらえるんでしょうか?
それか自分で治すいい方法があったら教えてください。
よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

父が喘息もちで、知人から教わった方法をご紹介します。粘性のある痰の場合は、コップ一杯のぬるま湯(ごく薄めの食塩水)で水分補給すると、数分後には粘性が緩和されて痰も切れやすくなります。これでかなり取れます。

しつこい場合は、肺の輪郭を円を書くようにゴリラがゴッホゴッホと胸を打つ要領でこぶしで叩きます。上から下に向いて、外側から内側に叩きます(左手は、時計回り、右手は半時計回りにです。)胸の周りが暖かくなってきたところで、お尻を高くして(土下座する感じで、お尻をもっと高くします)いつも痰を切る要領の呼吸をします。(深く息を吸って、はッ!と吐く感じです)

仰られる通り、耳鼻咽喉科で、とってもらえますが、痰を切ることより、痰が出来る原因を調べてもらったほうがいいようにおもいます。単なる気管の問題ではなくて、内臓から来る場合もあります。

お大事にされてくださいね。

Qメニエール病について

メニエール病について
29歳男性です。
彼女26歳が「メニエール病」と診断されました。
現在入院治療中です。
昨年12月18日から現在まで入院治療中です。
退院のめどが立ちません。
病状は日によって「良くなったり、悪くなったり」
時々、めまいや耳鳴りがあります。
現在の治療: イソバイド(飲み薬)・カウンセリング
もうすぐ入院して6ヶ月になり、本人もイライラし始めてるみたいです。
私もメニエール病の専門医とかにメールで相談をしてますが、何かいい方法はありませんか??
メニエールに詳しい方御回答願えれば幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

治療方法としてコレといった確立されたものはないですが,
友情車酔い止めの「トラベルミン」とか,他の眩暈止めの薬を使うのが通常でイソバミドは教科書的に用いられていますが,経口投与は機器が弱いし,作用が逆のような気がします。そのほかいろいろな薬を使うことがあります。
メリスロンとか,中枢神経系の薬を静脈注射して習慣くらいで眩暈が取れる場合があります。
物理的な要因(父は戦争で帰国途中被弾。右耳に損傷。メニエール病と同様の症状が発症。昨年たまたま行った内科医を受診し,ある薬(それがおそらくメリスロンと思いますが,まだ確認できていません。田舎なので医師がいない)でも改善し,外出も出来るようになりました。ただ,毎週静脈投与を受けているようですのでイマイチ。しかし経過良好。

「メニエール病110番」という経験者が無料で改善する情報提供するサイトを立ち上げていますが,かなり参考になると思います。
本サイトの規定上確認できていませんのでURLは添付いたしません。

精神的に落ち込まず,考えすぎないで睡眠を良くとり,何でも良く食べ健康的な生活を心がける。党のことが基本みたいです。

薬の情報が分りましたら自問自答でこのサイトに記載しておきます。

気楽に行くようケアしてあげてください。それが一番かも!

治療方法としてコレといった確立されたものはないですが,
友情車酔い止めの「トラベルミン」とか,他の眩暈止めの薬を使うのが通常でイソバミドは教科書的に用いられていますが,経口投与は機器が弱いし,作用が逆のような気がします。そのほかいろいろな薬を使うことがあります。
メリスロンとか,中枢神経系の薬を静脈注射して習慣くらいで眩暈が取れる場合があります。
物理的な要因(父は戦争で帰国途中被弾。右耳に損傷。メニエール病と同様の症状が発症。昨年たまたま行った内科医を受診し,ある薬(そ...続きを読む

Q【脳・頭・意識】一瞬落ちる。一瞬グラっとする。

一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。

初めてなったのが3年前くらいです。ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。その時、会話は継続してできていました。友達の声も聞こえています。なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。
時間は0.3秒くらいです。
頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。
エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。
周囲は暗くなっていません、見えています。
お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。
金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。
身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。体勢はしっかりとしています。
3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。
現在まで、20回程度です。

おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。
自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0.3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。
いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。
また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。
とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。(気づかれません)


【症状説明】
*エレベーターを一階分落ちるような感覚
*会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。
*頭がグラッと落ちる感覚。
*周囲の音が一瞬絞られるような感覚。
*症状が一瞬(0.3秒くらい)
*意識はある。
*症状の最中も会話はできている
*音も聞こえる
*吐き気・頭痛はまったく無し。
*倒れない。
*3ヶ月に一度くらい(20回程度)
*脈は正常
*どうき・息切れの経験無し。(どうき・息切れの症状がイマイチわからない)

【プロフィール】
*男
*30代後半
*身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。
*意識を失う経験は無し。
*人生いままでずっと血圧正常。
*大きな病気無し。
*服用している薬無し。
*酒やらない
*タバコ1日、1箱未満。
*過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている)


ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。
過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。
もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。
もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。

宜しくお願いいたします。

一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。

初めてなったのが3年前くらいです。ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。その時、会話は継続してできていました。友達の声も聞こえています。なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。
時間は0.3秒くらいです。
頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。
エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。
周囲は暗くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。
人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。
心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。
心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓(血液凝固)を生じます。血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症(脳卒中の一症状)を起こします。
極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。加齢と共に血管老化により危険度は増します。血栓が大きくなると,極めて危険です。血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。
大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤(いわゆる『血液サラサラ薬』)の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。
血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。
循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。

一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。
人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。
心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。
心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓(血液...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報