[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

既発債の特に、10年物の債権利回りが上昇すると言うことは、当然、価格が下落していると言うことで、言ってみれば、買い手がつかないと言うことで間違いないと思うのですが、
1,利回りが上昇すると、通貨が買われる
2,利回りが上がりそうだと予想して、その国の通貨を買うから通貨高にあんるのか、
どちらでしょうか?

それと、利回りが下落すると言うことは、その国に資本が流入していると言うことでいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 なんの既発債かわかりませんが、通貨と絡んでいるのでたぶん国債のことだと思います。



 となると、

> 1,利回りが上昇すると、通貨が買われる
> 2,利回りが上がりそうだと予想して、その国の通貨を買うから通貨高にあんるのか

 のどちらもあり得ます。

 どちらになるかは、通貨を売買する人間・組織が、慎重かどうか(慎重な人は大もうけできない)しだいでしょう。多くの人・組織は、「予想」で動いていますので、2が多いと言えると思います。

 しかし逆に、「利回りが上昇すると通貨が"売られる"場合」も、「利回りが上がりそうだと予想して、その国の通貨を"売る"から通貨安になる」場合もあります。

 場合もあるというか、「利回りの上昇」は、ふつうその国の信用に不安が出ているということなので、利回りが上昇しそうだと予想された時点で「通貨は売られる」のがふつうです。


> 利回りが下落すると言うことは、その国に資本が流入していると言うことでいいのでしょうか

 一般の経済の動きと同じく、一概には言えません。例えば、単純に資金に対する需要がない(不景気)なダケだったりするかもしれません。

 まあ、ここ数年の新興国での金利の動きで、金利が下落したのはたしかにその国に外貨が流入したせいです。

 あまりに多額の外貨が入ると、国内ではインフレが起きますので、新興国は金利を下げて過剰な流入を防いでいました。

 ところがアメリカの景気回復に伴って、ドルが新興国から逃避しつつある(アメリカ回帰)ため、新興国は外貨の逃避を防止するために政策的に金利を上げているようです。

 これは、政策の結果ですので、「金利が上がると通貨が買われる(金利が上がっても通貨が売られることはない)」ケースです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すばらしくわかりやすかったです。

お礼日時:2014/08/03 00:36

債券価格だけであれば国際的な資本収支には直接影響しません。

通常は債券安の局面では株高になります。日本国債の利回りが低いのは銀行のBIS規制において自国国債の信用リスクが0と扱われている事に依ります。が、ギリシア問題で国債の償還リスクについて問題視しつつあります。これをカウントするようになれば銀行は保有している日本国債を売却して日銀預金にシフトするでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すばらしくわかりやすかったです。

お礼日時:2014/08/03 00:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング