忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

求人倍率22年ぶり高水準=失業率は3.7%に悪化―6月調査

厚生労働省が29日発表した6月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント上昇の1.10倍となり、19カ月連続で改善した。1992年6月(1.10倍)以来22年ぶりの高い水準となった。一方、総務省が同日発表した労働力調査(季節調整値)によると、6月の全国の完全失業率は前月比0.2ポイント上昇の3.7%だった。悪化は10カ月ぶり。
 景気の緩やかな回復を背景に、労働市場の需給は逼迫(ひっぱく)しつつある。6月は製造業や医療・福祉業で新規求人が大幅に増加した。
 労働力調査は就業者数が前月比横ばいの6359万人、完全失業者数が11万人増の244万人となった。求人の増加を受けて、職を求める女性や自発的な離職者が増えた。
 有効求人倍率は求職者1人に何件の求人があったかを示す指標。都道府県別では愛知が最高で1.57倍、最低は沖縄の0.68倍だった。正社員の有効求人倍率は前月比0.01ポイント上昇の0.68倍にとどまった。 

===========================
この件 どう思いますか?

実際の失業率はもっと高いと思いますし、求人倍率についても「非正規」という条件がついてます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

求人倍率で増えているのは「景気の調整弁」である非正規雇用・・・一方、条件がいい求人を期待して自発的に離職するものの、実現できたのはほんの一握り・・・これが現実でしょうね。


政府は肝心なところを隠して、都合のいいことばかり喧伝しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。


私が良く行くコンビニでは30代と思われる男性店員が居ますが、彼らは人生を諦めてしまっているのでしょうか?

お礼日時:2014/07/31 22:45

失業率なんて意味の無い話ですよ、例えば求職活動していたけど見つからない人とかは


結果的に正社員につけない、バイトや派遣すれば就職できたとはいえないと思いますけどね
それに長期失業者とかは対象になってはいないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

仰る通りだと思います。


ハローワーク行って無い人多いですよね。
ネットで自分で探す人多いし。

お礼日時:2014/07/31 22:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング