旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

「不登校に悲観」祖母が15歳孫を殺害未遂、首絞め金づちで殴る

孫の中学3年の男子生徒(15)の首を絞め、金づちで殴って殺害しようとしたとして、和歌山県警和歌山北署は30日、殺人未遂容疑で、和歌山市木ノ本の無職、井澤敏子容疑者(72)を逮捕した。男子生徒は頭部から出血したが、軽傷とみられるという。

 逮捕容疑は、30日午前4時半ごろ、自室で寝ていた男子生徒の首をビニールひもで絞め、抵抗されたため金づちで頭を殴ったとしている。男子生徒は井澤容疑者から金づちを取り上げ、同署に助けを求めた。

 同署によると、井澤容疑者は容疑を認め「不登校になり、家族に暴言を吐いたりする孫の将来を悲観した」と供述しているという。

==============================
この事件 どう思いますか?
はたして悪いのは祖母なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

祖母の年齢を考えると、悲観したのは『孫の将来』ではなく『自分の世間体』だと思います。


不登校の理由は二の次で『みっともない』とか言いまくってたのではないでしょうか。
だとすれば暴言を吐かれてもやむを得ないかと。

>引きこもりの自己中なクズです。
本当にクズなら、祖母から金づちを取り上げた時にやりかえしていてもおかしくありません。

不登校になった背景も考えず、一方的に少年をクズ呼ばわりする事に恐怖さえ覚えます。
もう少し想像力を働かせましょう(続報も無いし……)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(感謝)

>不登校になった背景も考えず、一方的に少年をクズ呼ばわりする事に恐怖さえ覚えます。


ここ近年、引きこもりや登校拒否児に対し「優しく見守ってあげよう」的風潮が強いですが、

統計的にはどういう結果になっているのでしょうか?


個人的にすごい興味がありますが、恐らくその大半は引きこもりやニートから脱出
できていないと思っております。

「優しく見守る」といえば聞こえは良いですが
悪くいえば「無関心」、場合によっては「ネグレクト」になっているケースも多いのでは
ないでしょうか?


だって学校に通わせないで家に一人で居ても、精神衛生上悪くなることはあっても
良くなることは無いと思います。下手すれば一日ゲームや漫画やネットでもやって
「怠惰」な人間を作りだす可能性があります。


結局、長期社会不適合者を作り上げているだけです。

お礼日時:2014/07/31 19:37

>はたして悪いのは祖母なんでしょうか?



はたしもてもくそも、
中学生の首を絞めたり、
金づちで殴って殺そうとするような
くそ婆あですよ。

将来を悲観というのは、
態のいい言いわけですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(感謝)

暴言の内容は判りませんが、言葉1つで人は殺意を抱いたり、強烈な憎しみを持つ場合もあります。

今でこそ核家族ばかりの家庭が多いですが、祖母が子供の事を心配するのは普通の感情です。

もちろん、だからと言って殺意を抱くのは間違ってるのかもしれませんが、

結局、引きこもりや登校拒否児の大半はそのまま、社会不適合者になるのではないでしょうか?

詳しい統計は知りませんが、大人(親)の言う事を聞かず引きこもる子供の処分は必要だと思います。

認知症患者に安楽死が必要なように、社会不適合者にも的確な処分が必要と私は思ってます。


もう、そういう連中を野放しにするのは止めましょうよ。

どうして何の罪も無い人が強姦に遭ったり、通り魔の被害に遭ったり、病的な人間に殺されたりしなければ
ならないのでしょうか?


 私はね「更生」するのは、本当に一握りの人だけだと思ってます。

お礼日時:2014/07/31 19:31

なんというか祖母が孫の将来を悲観ってところが引っ掛かります。



親ならまだ分かるのですが、将来を見る前に死ぬかもしれないのに、何をそんなことと思ってしまう。

善悪よりもこの祖母が何をそこまで孫に期待していたかが分かりません。

甘いって言ってしまえばそれまでですが、中学生なんて暴言くらいみんな吐いてるんじゃあないでしょうか?

白黒つけるのはあまり好きではありませんが、しいて言うならまだ可能性があるかもしれない子供を殺そうとする、あとは死ぬだけで特に世の中に貢献するわけでもない祖母が悪いと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます(感謝)

恐らくですが、祖母は客観的に見れる立場であったからではないでしょうか?

この子供は引きこもりで両親に対し暴言を吐いていた。

その様子を祖母はずっと見てきた訳です。

暴言の内容は判りませんが、日に日に暴言が酷くなっていたのかもしれません。


また、祖母だからこそできる事ってあると思うんです。
今でこそ核家族が増えたから、そういう役割は減りましたが、祖父母の役目というのは
確実にあったと思います。


>甘いって言ってしまえばそれまでですが、中学生なんて暴言くらいみんな吐いてるんじゃあないでしょうか?

まぁ、反抗期真っただ中ですからね。

でも、引きこもっているというのは、やはり異常な状態な訳で
将来を悲観する祖母の気持ちも理解できます。


ここ近年、引きこもりや登校拒否などの子供達をそっと見守ってあげようという風潮が高いですが、
その結果、どうなったか!?

 詳しい統計は知りませんが、結局、社会不適合者になる確率が上がるだけだと思います。

補足日時:2014/07/31 19:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不登校に暴言する子供です。

引きこもりの自己中なクズです。

将来を悲観して取った祖母の行動はそんなにいけないことでしょうか?


将来、暴言だけでなく暴力も振るうクズニートになる可能性もあります。

クズは小さいうちに潰しておくべきです。

お礼日時:2014/07/30 19:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不登校の中学生を持つ親です。私自身ノイローゼ(うつ病)になりました。

中学3年生の子供が不登校になり、ひきこもりになりました。
家族の中に流れる空気が非常に重苦しいものになっていまして、
私も抑うつ状態になりました。
最近心療内科とカウンセリングに通いはじめました。
不登校の子供を持つ親で、私と同じように
精神的にうつ状態になってしまった人はいませんか?
子供も人間不信と劣等感で精神的にダメージを受けている状態です。
その上、私まで心労のあまりノイローゼになりました。
子供の不登校の解決の問題もそうですが、
私自身、ここでノイローゼでダウンするわけにもいきません。
しばらくは心療内科医やカウンセラーに指示を仰ぐだけでいいでしょうか?

Aベストアンサー

私も同じ不登校の中3の子供を持つ母親です。
やはり同じ境遇でないとわからない部分がかなりあると思います。
私も自分を責めたり、やり場のない怒りをどこにぶつけたらいいのかと
本当に悩み続けました。
特に、不登校になり始めの頃は子供も親もどうしたらいいのかわからず
ぶつかることもあり、その度に子供が心を閉ざし 親子関係にも溝が深まってきました。
なかなか誰にでも相談できることではないので、私は不登校関連のサイトを利用して相談したり 地域にある児童相談所で話を聞いていただいたりしました。
でも、1番良かったと思うのは他に興味を持つ事だと思います。
仕事でも、趣味でもなんでもいいです。
子供だって親以上に悩み、いろいろ考えているはずです。
そこへ親がごちゃごちゃ言ったら、余計に混乱するのではないでしょうか?
それに、子供は親が暗い顔してたら 自分のせいだとさらに自分を責める。
だから、私はなるべくアホな母を目指してます。
アホなことばっかり言ってたら、明るい家庭が戻り 子供にも笑顔がでるようになりました。
上を見たらキリがないし、長い人生たった数年じゃないですか。
生きていてくれてるだけで良し。
だけど、うちもまだ解決はしていないので 正直不安はありますが
長い目で子供を見守っていきましょう。

私も同じ不登校の中3の子供を持つ母親です。
やはり同じ境遇でないとわからない部分がかなりあると思います。
私も自分を責めたり、やり場のない怒りをどこにぶつけたらいいのかと
本当に悩み続けました。
特に、不登校になり始めの頃は子供も親もどうしたらいいのかわからず
ぶつかることもあり、その度に子供が心を閉ざし 親子関係にも溝が深まってきました。
なかなか誰にでも相談できることではないので、私は不登校関連のサイトを利用して相談したり 地域にある児童相談所で話を聞いていただいたり...続きを読む

Q子供の不登校についてアドバイスお願いします。

はじめまして、中学3年の男子を持つ父親です。

子供が2学期から不登校になってしまいました。
今までほとんど学校を休んだことも無く、明るく活発な性格です。成績も中の上くらいだと思います。
中学3年になってからは、大好きだったパソコンもやめ、本当に一生懸命勉強をしていました。
私もその姿を見て頼もしく思っていました。
ところが、7月の進路相談で「志望校は無理だ。」
と先生に言われてからは、人が変わったように全く勉強をしなくなりました。
部活も塾もやめてしまい、インターネットゲームばかりする毎日です。
夏休みも宿題だけは何とかしましたが、それ以外の勉強はしませんでした。
私が怒鳴りつけても無視をするか反抗的な態度をとるだけでした。
たまに私が手を上げることもありましたが、一向に聞き入れませんでした。

9月に入ると全く学校へ行かなくなりました。
朝は叩き起こして家から送り出すのですが、共働きのため日中は家に誰もいません。
家が留守になるのを見計らって戻ってきていたようです。

9月の末になって、やっと「自分の子が不登校になった」ことを受け入れました。
それからは不登校に関する本を読んだり、学校やカウンセラーの先生と相談して、取り敢えず黙って見守り、子供が言うことはできるだけ聞き入れようといています。
先日も「小学生からお年玉などを貯金していたのが10万円ほどあるから、自分専用のパソコンを買う。」と言うので、納得できなかったですが買わせました。
本当に良かったのか今でも疑問です。

ただ何故不登校になったのか理解できず、苦しんでいます。
子供は何も話してはくれません。
「志望校が無理だ」と言われたのはショックだと思いますが、同じことを言われる子供は世の中にたくさんいるわけだし、それはただのきっかけにすぎないと思います。
家族(家内と長男(高2))とも話合いました。
思い当たることは、
・進路で悩んでる子供に対し、その傷ついた心に塩を擦り付けるような 罵声を毎日のように浴びせたこと。
 それも酔払って。(最低の父親です。反省して10月から禁酒しています。)
・この4月から家内の仕事が変わり忙しくなったため、以前に比べて構ってやれなくなったこと。
・長男が、悪ふざけて勉強をしている弟にチョッカイを度々かけていたこと。
・地元の公立高校入試では内申点が重視され、2学期の実力試験・中間試験を受けていないので全日制の普通科が絶望的になったこと。
・学校内でのいじめ(学校で調査して頂いたところ、そういう事実は無 いとのことですが…)
考え出すと切りがありません。

今、子供は自分の部屋に閉じこもり、ひたすらインターネットゲームをしています。
20時間ゲームをし、10時間寝るという繰り返しの生活です。
成長期真っ只中の子供がこんな生活をしていてもいいのでしょうか。
本当に時間が経てば立ち直ってくれるのでしょうか。

早く子供の笑顔が見たい、彼の苦しみを分かち合いたい、楽にしてやりたい… そう願うばかりです。
何もしてやれない自分が本当に情けない。

子供の心境・これからの我々家族の彼に対する接し方などについてアドバイス頂ければ幸いです。
どうかよろしくお願いします。

はじめまして、中学3年の男子を持つ父親です。

子供が2学期から不登校になってしまいました。
今までほとんど学校を休んだことも無く、明るく活発な性格です。成績も中の上くらいだと思います。
中学3年になってからは、大好きだったパソコンもやめ、本当に一生懸命勉強をしていました。
私もその姿を見て頼もしく思っていました。
ところが、7月の進路相談で「志望校は無理だ。」
と先生に言われてからは、人が変わったように全く勉強をしなくなりました。
部活も塾もやめてしまい、インターネット...続きを読む

Aベストアンサー

ここの情報だけでお答えできることは、どれも仮説程度のことでしかありませんが、それをふまえた上で少しでも参考にしていただければ幸いです。

日本の受験制度は世界的に見るときわめて過酷です。
韓国もなかなかの状況ですので、世界で1、2位を争う厳しさと言って良いと思います。

その中で、「好きなことを封印しなければ親や先生の期待には応えられない」と考えてがんばったとしたら、とても真面目な性格であると思います。
そして、考えられる範囲で全力を尽くしたにもかかわらず、それを無駄な努力扱いされたとしたら、「もっとがんばろう」とは思えず、やけになってしまうのも、きわめて当然の反応と思います。

「成長期真っ只中の子供がこんな生活をしていてもいいのでしょうか。」はごく自然の感想でしょうが、子どもの側に立てば、「成長期真っ只中の子供に、こんな無味乾燥な受験競争を強いてもいいのでしょうか。」と先に質問したいところです。

言い換えれば、一見怠惰に思われる、ネット漬けの生活も、大人たちへの「これ以上がんばれない、助けてほしい」というヘルプメッセージであるかもしれないのです。

まして、すでに反省されている通り、本人がヘルプを出し始めた頃に、無理矢理親の思惑に近づけようとしたのですから、心の傷は浅くないでしょう。

子どもによるいじめがなかったとしても、学校や親が代わりに本人をいじめていたということはなかったでしょうか。
「こうすればできる」という子ども目線の具体的なアドバイスなしに、「できなかったらつらい立場に追い込む」という「指導」だけだとしたら、例え善意から出発していたとしても、それはいじめに近いと思います。

とはいえ、過ぎたことは取り戻せません。
幸いなことに、現時点では、禁酒まで決意して反省されているわけですから、望みは十分あるでしょう。

スクールカウンセラーの友人はよく「医療人は数年~数十年のおつきあいなのに、学校の先生は1年で答えを出そうとして短気すぎる」と言っていました。

まず、今までの常識を一度全部リセットしてみてください。

学校とは行かなければならないところなのでしょうか。
普通科の高校が偉くて商業高校や工業高校では身分が低いのでしょうか。

本人自身が、実はそのような固定観念にとらわれていて、「ダメな自分」を実感し、その結果、それをつきつけられるであろう学校社会から逃避しているというケースは少なくありません。

不思議なことに、「学校は行かなくてもいい」と思えたとき、気楽に登校できるようになる事例がたくさんあるのです。

とりあえず「学校以外のどこでこの子は輝けるのだろうか」という見方で可能性を追求してみてはいかがでしょうか。

まず家族のひとりひとりが充実した生活を送ることです。
周囲の充実した生き方がヒントになって、立ち直りのきっかけをつかむこともあります。

そして、お子さんを王様扱いする必要はありません。
できないことはあっさりあきらめ、できることをさがしましょう。

家族でPCが苦手な方がいらっしゃるようなら、お子さんに教えてもらうという方法はどうでしょうか。
「自分が得意な分野で他人と関わる」のが基本です。

不安があるから逃避するという論理から言えば、周囲が本人を見て「このままでは人生が終わる」というような悲壮感を出すほどに、逃避は強まるのでしょう。

長期戦であることだけは断言できます。
どうか、ひとりで重荷を全部背負うことがないように、協力者を増やすこともお考えください。

そして、不登校をきっかけにして、今まで見えなかったお子さんの真実が少しでも見えてくれば、きっと「不登校は問題行動ではない」と実感できると思っています。

ここの情報だけでお答えできることは、どれも仮説程度のことでしかありませんが、それをふまえた上で少しでも参考にしていただければ幸いです。

日本の受験制度は世界的に見るときわめて過酷です。
韓国もなかなかの状況ですので、世界で1、2位を争う厳しさと言って良いと思います。

その中で、「好きなことを封印しなければ親や先生の期待には応えられない」と考えてがんばったとしたら、とても真面目な性格であると思います。
そして、考えられる範囲で全力を尽くしたにもかかわらず、それを無駄な努...続きを読む

Q不登校と反抗期

中学生で不登校の人は
お母さんがいなくなれば
今の甘えた生活から
イヤでも抜け出せると思いませんか?

Aベストアンサー

よく親や大人が勘違いしていることには、「甘やかすとダメになる」「厳しく躾なきゃだめ」といった情報です。
子供は、甘やかすからダメになるのではありません。又、子供は厳しく躾ければ立派な大人になる。といった昔から常識として、なんとなくインプットされた考え方です。
そもそも甘やかすとは何でしょうか?
又、厳しく育てるとは何でしょう?
殆どの親は、あまり理解していないと思います。
子供を育てる上で、甘やかすも厳しくするも、まず親がそれだけの人間性と行動性を有しているのか?それが疑問です。大抵の親御さんは、子供より立場が上だとか、あらゆる面で自分の方が優れていると信じているかも知れません。
不登校になる、子供にも、様々な原因があるかも知れません。しかし、多くの原因となるものは、ただつまらないというよりも、学校という場がその子供にとって脅威であり、楽しくないというものです。その原因を見ずに、厳しくしよう、とか甘やかしてはいけないなどと親が子供を突き放すことが解決策になるのかは、はなはだ疑問です。
子供そのものが原因であると思っているとしたら、大きな過ちを犯していることになるでしょう。
なぜならば、その子供に不足していることは、「理解」なのです。
人生とは、人と人とが理解し合いながら、生きていく、歩みを進めて行くものだという「理解」です。
これは、親との付き合い方が基盤となります。もし、形ばかりの家族の中で、この人と人とが、親と子が理解し合う喜び、安心感、信頼、自尊心と貢献など、家庭の中で社会での生存に必要な基礎を得ることのないまま成長して来た子供は、困難に出くわすとその問題解決が出来ないことによって社会から後退してしまうしかないでしょう。
その子供に必要なものは、何でしょうか? 本当の自分が考えていることを理解されている。受け取られているという他者への信頼と安心感に他なりません。
それを理解せず、親が上から、「ああしなさい!」「これはするな!」「こうすべきだ!」「あれがいけない」「こうだああだ」とモノを言っても、それは子供からすれば、自分を理解してもらえないのに、親は自分をやたらとコントロールしてくる身勝手な生き物だと思うかも知れません。また、逆に親がその子がかわいそうだから、何も言わない。良い子だから可愛い可愛いで育てる。親は愛情たっぷりに育てているつもりでも、やはりその子供は理解というものを知らないまま、只ワガママな要求を叶えて貰おうとするかも知れません。どちらも、自立心や協調性の足りない大人へと進んでいくかも知れません。
子供が必要としているのは、上からモノをいい命令するお偉い大人ではありませんし、何でもかんでも放任し、一方的に愛情を押し付けてくる存在でもありません。
子供が必要としているのは、本当に自分を理解してくれる親も含めての友人なのです。
子供が何を考えているのか分からないという親御さんは珍しくありません。
さも、子供に問題があるかのように仰る親御さんも居ます。人と人とを結ぶ要素とは、「理解」です。これは、親と子、双方があって成り立つものである以上、親にも責任があるのです。むしろ責任は親にあるのです。
では、理解とはどのように育てていくのかという問題ですが、これは普段の会話、コミュニケーションです。
子供の興味に、常に関心を持つことは、一番近い家族、親にとってとても重要です。コミュニケーションとは、そのような関心の諸事様々なことを通して交わされるものだからです。
だれでも、自分の考えや関心に興味や好意を寄せてくれる人を好みます。
そして、子供は自分の考えや関心を親に理解してもらおうと一生懸命に話しをします。この会話、コミュニケーションで最も重要なことは何でしょう?
話す、聞く、こと以上に注意する点があります。それは、「返事」です。
返事をすること。評価も否定も含まない、好意的な返事は、他者に存在感を与え、関係を育てる最も強調するべき要素なのです。
返事もせず、それはどうだね!とかよくないね!面白くないね!つまらない!うるさい!…こういったネガティブな返事は、逆に相手を抑圧し、関係を破綻させる要因です。
ながなが書きましたが、質問者様が仰ることが子供を助けるとは思いません。その逆に友人として、理解を育むコミュニケーションを重ねていくことが、閉ざした子供の心と生命力を解放するための鍵と言えるでしょう。
学校に行かないのは、理由があっていかないのですし、またその子の考えを無視したまま、コントロールし続けることは、その子の生きる力を奪ってしまうでしょう。
子供が抱える多くの問題は、親とのコミュニケーションや付き合い方から生じがちです。今一度、親御さんご自身の子供との付き合い方を見直す機会と捉え、一緒に成長していこうという前向きな視点で捉えてみては如何でしょう。
また、家を掃除することは、見落としがちなことですが、それは生活の最も基本となるものです。不要なモノを捨て、常に整理整頓された綺麗な住居環境を保つことは、最も効果的な精神衛生の向上を齎します。
コミュニケーション、理解が不足してしまっている子供は、憤りや悲しみ、無気力に苛まれています。その子供の精神と生命力を回復向上させてあげるために、良き友人となるよう、根気よく努めることは、親とさて、大人としての義務と考えます。
まずは、家の掃除、会話での相槌などに注意を注いでみては?
日本の平和は、平和な家庭からですね⁈

よく親や大人が勘違いしていることには、「甘やかすとダメになる」「厳しく躾なきゃだめ」といった情報です。
子供は、甘やかすからダメになるのではありません。又、子供は厳しく躾ければ立派な大人になる。といった昔から常識として、なんとなくインプットされた考え方です。
そもそも甘やかすとは何でしょうか?
又、厳しく育てるとは何でしょう?
殆どの親は、あまり理解していないと思います。
子供を育てる上で、甘やかすも厳しくするも、まず親がそれだけの人間性と行動性を有しているのか?それが疑...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報