小学生なのですが、中原中也のある一篇の詩を読んで感動しました。他の詩も読みたいと思ったのですが、僕が感動したものは詩というより散文のようで、他の詩は意味が分からなくて昨日から唸りっぱなしです。

どうしたら詩を理解できるようになりますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まだ小学生だからわからないという詩もあると思います。

逆もあるかもしれないけど。

いろいろ難しいことに出会ったり、悲しい出来事があったり、美しい自然に気づいたり、自分がだれにも理解されていないんではないかと思うような経験とか、自分が世界でいちばん幸福ではないかと思ったり、人間にはどうしようもないこと、この先たくさんあるであろうそういうことにしっかり向きあって行けば段々わかることも増えるのではないでしょうか。
それと言葉を考えて大事にして行くことを併行して行くと好いのでは。心と言葉を大事にして行くことが必要でしょう。

とは言ってもやはりどうしても合わないとか、本当に面白くない作品もあると思います。

でも、前はなんとも思わなかった作品がなんでこんなに好いんだろうとか、ああこういうことだったのかとわかるようになる体験もあります。おもしろいものです。

短歌や俳句などの場合「鑑賞」といって、作品によって自分の中に描き出されたその歌の世界や解釈を描き出す作業があります。
これは絵や写真に付ける言葉と同じでその作品をひとつの見方に決めつけるのではなくて、ああそういう見方もできるんだなと世界を膨らませるすぐれた物もありますから、嫌わずに読んだ方が良いと思います。その同じ見方をする必要はありませんけれどそれによる発見もあります。
一見なんのことやらわからない、気分ででたらめに書いたように見える世界でも実は昔の文学作品や別ジャンルの作品を踏まえていたり、そうやって芸術の世界もできています。

岩波ジュニア新書に茨木 のり子の「詩のこころを読む」という本があります。まだ見てなかったら。
http://www.amazon.co.jp/%E8%A9%A9%E3%81%AE%E3%81 …

とりあえず今わからない物は、心の端に音楽のような音の並びとして、しまっておけば良いのではないでしょうか。あとでああこういうことだったのかと思う・腑に落ちる瞬間がきっとあると思います。
    • good
    • 0

世の中にはいろいろな人が居て、いろいろな育ち方をする。

ですから、一つの物を見ても、いろいろな解釈、いろいろな理解が成立する。絶対的にこれと断定することはいけない。

いろいろな理解を認めようという態度が大切だと分かれば、詩の意味を知ろうなどとしなくなる。ただただ、詩を感じれば良い。

中也だって、この詩の意味はこうと決め付けられたくないと思うよ。もっともっと、いろいろな解釈、もっと深い部分を感じ取って貰いたいかも知れないよね。だから、もっと大人になると、違う読み方、違う感じ方が出来るかも知れないしね。

詩は理解しようとせず、それを読む人が、自分勝手に、何かを思ったり、何かを考える契機になったりすれば、最高。「誤読」で良いのです。周囲から、それは間違った理解、間違った解釈と言われようと、そのように読んだ読者にとっては、「誤読」内容こそが真実なのです。そういう自分を信じる感覚、感性を大切にして、個性豊かに生きてみませんか。

それとも、学校の先生が示す一律の解釈を暗記して、平均的な型に嵌った生き方をしますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
しばらく好きなように誤読してみようと思います。

お礼日時:2014/08/01 15:17

いろんな本をたくさん読むことです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中原中也でどの詩が好きですか?

中原中也の詩で、一番気に入っている詩を教えてください。
タイトルと、何故気に入っているのか、どこが他と比べて抜きん出てるのか、というより違うのか、等々教えてください。

Aベストアンサー

「生ひ立ちのうた」です。
~私の上に降る雪は 真綿のやうでありました~
(1)
幼少時・・真綿のやうでありました
少年時・・みぞれのやうでありました
二十三・・ひどい吹雪とみえました
二十四・・いとしめやかになりました・・・

わずか三十年の人生を生き急いだ中也ですが
弱冠二十四歳にして悟りの境地なんて
悲しすぎますね。
この詩の(2)も
純真無垢な詩人の魂が感じられて
とても心にしみ入ります。

日々の雑念、煩悩に追われる中
彼の詩を読むと自分に素直になれる気がします。

Q中原中也の詩に詳しい方お願いします!

ほとんどうろ覚えなのですが、以下の詩が載っている詩集教えていただけないですか?
タイトルは確か「二月」。
子供が死んだような内容で、「さう!」という一文が入っている。
早春、とか歩き出そう、とかいうような単語が入ってたような気がします。
ほぼうろ覚えで申し訳ありません。
探しても「二月」というタイトルの詩は入ってなくて・・・。
他の方の作品なんでしょうか?

中也が子供を亡くしたときに作った詩ってありますか?

Aベストアンサー

ひょつとして、これ?
http://www.nextftp.com/y_misa/tatihara/tatihara_12y.html

Q中原中也の詩の漢字読み

「寒い夜の自画像」という詩が好きです。音読したいのですが、発声をすると急に「この読み方で合っているのかな?」と疑問が湧いてきます。たとえば、タイトルの「夜」も「よ」なのか「よる」なのか。
こう思うというご意見でも結構なので、()の部分の読みが合っているか添削頂ければ幸いです。

寒い夜(よる)の自画像

きらびやかでもないけれど
この一本の手綱をはなさず
この陰暗の地域を過ぎる!
その志(こころざし)明らかなれば
冬の夜(よ)を我は嘆かず
人々の焦燥のみの愁(かな)しみや
憧れに引廻される女等(おんなら)の鼻唄を
わが瑣細(ささい)なる罰(ばち)と感じ
そが、我が皮膚を刺すにまかす。

蹌踉(よろ)めくままに静もりを保ち、
聊(いささ)かは儀文(ぎぶん)めいた心地をもつて
われはわが怠惰を諌(いさ)める
寒月(かんげつ)の下(した)を往きながら。

陽気で、坦々として、而(しか)も己(おのれ)を売らないことをと、
わが魂の願ふことであつた!

Aベストアンサー

こんばんは。
私でしたら、
・寒い夜(よ)の自画像
・罰(ばつ)と感じ
・寒月の下(もと)を往きながら
と、読むと思います。
私は読みが分からないときは、
(1)字数を数えて、語呂の良いほうを選ぶ
(2)前後の文脈に合った方を選ぶ
この2点で大体判断します。
日本の詩は、五七調が多いので、それにのっとって読むと、『寒い夜の自画像』の題名は、『よる』より『よ』の方が適当である、と判断できます。
後の二つは、何度か読んでみて、その方が読みやすく、詩の内容を頭に描きやすいと思ったので、
添削させて頂きました。
ということなので、正解かどうかは分かりません。
失礼致します。

Q中原中也の詩「含羞」の「あすとらかん」について

おりしもかなた野のうえは
あすとらかんのあわい縫う
古代の象の夢なりき

ここの意味がどうしても理解できません。詩である上に夢の話だから普通の理屈にはあわないと言われればそうかもしれませんが、どのようなイメージを思い浮かべたらいいのでしょうか。あすとらかんとは「ロシアのアストラハン地方に産する カラクール種の生まれたばかりの子ヒツジの毛皮」。古代の象とはマンモスでしょうか。子羊の毛皮の間を縫うマンモスとはどういうことなのか、あまりにシュールで分かりません。現代詩と違い、中也の詩ではこんなに分かりにくい箇所はあまりないと思うのですが。

Aベストアンサー

象徴主義の影響を受けて書かれたものなので、語の意味よりも、音楽性が問題になります。この部分の解釈も、人により様々です。下の資料も参照してください。内容は少し難しいです。

http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10129/4315/1/KokubungakuKaishaku_37%283%29_71.pdf

Q中原中也や山田かまちのような詩人

中原中也や山田かまちのような詩を書く詩人がいたら、教えた欲しいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問がかなり漠然としていますが、なんか刹那的で激しく短い人生を送った人たちの詩がお好みなんでしょうか?

だったら、ありきたりですがフランスの詩人アルチュール・ランボーがオススメです。20歳にも満たないガキの頃にすさまじい喚起力をもった象徴詩を書き散らして、その後早々と詩をやめて武器商人になってしまったわけのわからない大詩人で、中原中也なんかにも大きな影響を与えたようです。
邦訳は、中也の友達の小林秀雄が訳した「地獄の季節」が岩波文庫で出てますが、これはうすいし安くておすすめです。

日本人だと、萩原朔太郎くんなんかの詩は、絶望的な雰囲気にドップリつかれてサイコーです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報