柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

先日、歴史のカテゴリーに「海賊のシンボルがドクロな理由は?」と言う質問が、興味深く読みました。その回答のなかに、次のような解説がありました。

<同様に海賊も、海賊行為を行う者であることを明示しないと、純然たる悪質犯罪者と見做されて、海賊行為以上の処分を受けても文句はいえません。海賊行為以上の処分とは、略式裁判すらないこと以外に、所属すると見做された国家や組織にも及ぶことを指します。海賊に見えない偽装した私掠船は、故国からも追われ、攻撃されることになるわけです。>

上の引用分からみると、海上での犯罪者には
<純然たる悪質犯罪者>
とはべつに、海賊が分類されているのですね。そして、海賊に対する処罰は、純然たる悪質犯罪者に比較して、軽減されているのですね。
ここらへんを、解説して下さい。

A 回答 (1件)

> ここらへんを、解説して下さい。


私掠船とかの事情を考えての事では。

有名なのは、フランシス・ドレークあたりでしょうか。

スペインの沿岸付近で船や村を襲い、海賊として大いに有名となり、当時スペインと敵対していたイギリスから海軍提督任じられ、軍事的行動としてその後もスペインの船や村を盛大に襲った人物ですね。

さて、彼がスペインに捉えられたとしたら、海賊と言う犯罪者として裁かれるのか、軍人として捕虜として扱われるのか、捕虜交換等により無罪放免になるのか、そこらへんの話のことを表しているのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<私掠船>
が関係しているのですね。もし、海賊が私掠船であれば、軍人としての処罰になることもあるのですね。(もちろん、単なる海賊ともみられることもあるのでしょうが) 裁判はややこしかったのでしょうね。
ソマリア沖で警備についている自衛艦も、(これだけでなく多方面にわたって)難しい場面に遭遇していることでしょうね。

お礼日時:2014/07/31 19:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング