仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

学術論文における謝辞は重要なものである、
と、インターネットでも検索すると沢山ヒットします。

そう思って、自分が論文を書くときには、
感謝すべき人の名前を忘れることのないよう、気をつけて書いてきました。
もしくは、ある種の箔をつけるものだから、
お世話になっている大物研究者の名前を忘れてはならないとも言われてきました。

自分が書くときはそれで間違いがないと思っているのですが、
自分の名前を謝辞に入れてもらうとなったとき、
はて、謝辞に入れてもらったらどんな意義があるのだろう、
と疑問に感じてしまいました。

なんとなく嬉しい気はしますが、それが業績にできるわけでもなし、
もしかしたら書いている側の自己満足なのではないかと思ってしまいました。

自分の名前を謝辞に書いてもらった場合、
ふつうはどんな反応をするものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>自分の名前を謝辞に書いてもらった場合、


>ふつうはどんな反応をするものなのでしょうか?

その分野で、とても偉い先生に、
「先生のお名前が、謝辞にありますが、すごいですね」と言ったら、
「単なる社交辞令だから」と言われました。

あとで、まあまあまの業績の先生に話を聴くと、
「謝辞じゃなく、権威あるジャーナルに論文が載るか、自分の書いた論文の引用件数が多いかで、学者・研究者は自分の仕事を評価されるから、その先生の社交辞令という説明は当たっているよ」というようなことを言われました。

そんなもんみたいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

やはり最低でも共著者でなければ業績としては扱われませんよね。

深い意味をもっているわけではないけれど、
表面的には上手く付き合っていかなくてはならない、
という意味で社交辞令と呼ぶのに相応しいのかなと感じました。

お礼日時:2014/08/04 09:18

「あなたはこの研究に一切関与していないが、あなたがいなかったらこの仕事を思いつきもしなかった」


「あなたは「技官」として不可欠だった、頭は使って貰って居ないけど、ありがとう」
「この研究が壁にぶつかったときあなたのひと言は先を照らしてくれた、飲み会の席だったから連名にしないけど一生忘れない」

なんてとこかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

謝辞は、研究生活に限らず、人付き合いを円滑にするための機会だということでしょうか。

お礼日時:2014/08/04 09:10

口頭発表なんかでも、謝辞をぱぱっと飛ばして軽視するような人は、共同研究者を大事にしないのかな、と思います。

逆に、冒頭謝辞から始めるような人は、ちょっとやりすぎだけど悪い人じゃなさそう、と思います。そんな感じで、謝辞をきちんと書くのは当然でありプラスの効果はあまりないと思いますが、きちんと書かなかったときに悪い印象を与えるのではないでしょうか。

「謝辞に書かせてもらいました」と言われたら、「それは光栄です、ありがとう」とかが普通なのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

> 謝辞をぱぱっと飛ばして軽視するような人は、共同研究者を大事にしないのかな、と思います。
> 逆に、冒頭謝辞から始めるような人は、ちょっとやりすぎだけど悪い人じゃなさそう

面白いですね。
僕なんかは、あんまり丁寧に謝辞を言う人を見たら、
媚びを売ろうとしてるんじゃないかなと邪推してしまう気がします。
分野や業界あるいは研究テーマによって共同研究者の重みや形も変わってくるんでしょうが。

> 当然でありプラスの効果はあまりない

謝辞は加点法ではなく減点法だということですよね。納得です。

お礼日時:2014/08/04 09:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q論文の肝になるデータを提供したのに謝辞だけ?

昔の話になりますが、私がある地方自治体の研究機関にいた時、ある大学の人たちから共同研究の話を持ちかけられました。それで、私が取得したデータや作成した図を提供しました。
その後、異動がありその研究機関を離れたのですが、数年後に何の気なしにネットサーフィンをしていると、その時の人たちの論文を見つけました。見つけた時からすると2年前に出版された論文でした。
すると、そこには肝になるデータとして私が提供したものが使われ、私が提供した図もほぼそのまま使われていました。そして謝辞に「○○(私)には現場調査結果を頂いた。感謝します。」ってな感じのことが書かれていました。
論文に使用するとの断りは何もありませんでしたし、それだけ貢献したのに、つまり私のデータがなければ成立しない論文なのに謝辞だけ???ととても腹が立ちました。
これって、研究倫理上どうなんですか?

ちなみにこの人たち、その後も調査研究の便宜を図って欲しいというようなことで私に接触してきましたが、今度は体よく断っておきました。もちろん、その時、データを無断使用した論文については何の言及もありませんでした。

昔の話になりますが、私がある地方自治体の研究機関にいた時、ある大学の人たちから共同研究の話を持ちかけられました。それで、私が取得したデータや作成した図を提供しました。
その後、異動がありその研究機関を離れたのですが、数年後に何の気なしにネットサーフィンをしていると、その時の人たちの論文を見つけました。見つけた時からすると2年前に出版された論文でした。
すると、そこには肝になるデータとして私が提供したものが使われ、私が提供した図もほぼそのまま使われていました。そして謝辞に「○○...続きを読む

Aベストアンサー

アカデミックの世界は、そんなものではありませんか? 教授の論文で、中身は助手や院生のデータというのは日常茶飯事でしょう。「謝辞」に名前が書かれただけ、良心的なのではないでしょうか。

>論文に使用するとの断りは何もありませんでした
>その時、データを無断使用した論文については何の言及もありませんでした。

共同研究でデータを提供したのなら、その研究成果の論文にデータが使われるのはある意味当然で、「共同研究に協力」した時点で「使われることに同意した」と解釈したのでしょう。「データ提供」は研究の一部とは考えていないのだと思います。(著者を連名にしなかったという点でも、共同で研究を実施したとは思っていないのでしょうね)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報