ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

海外輸出入に関して教えて下さい。
貨物の流れとしては通常はメーカー(中国)⇒商社(日本)⇒顧客(日本)⇒最終顧客(ベトナム)となるのですが、今回送り先がメーカー(中国)から最終顧客(ベトナム)への直送となったのですが、ベトナムの通関で荷物がSTOPしてしまい停滞している状況です。というのも最終顧客へ荷物を渡す場合、お金を支払わないと受取れないということだそうです。

対応策として、メーカー(中国)でノンコマINVOICEを作成してもらい、ベトナム通関で差し替えれば通関は通るとの事なのでメーカーへ依頼したのですが、メーカーが有償の物を無償にすると違反になるという事で拒否されてしまいました。ちなみに中国から輸出する際はノンコマではありませんでした。(これが問題なんでしょうか?)

ここでお聞きしたいのが、有償の物を無償にすると違反になってしまうのですか?(金額が大きい小さいに拘わらず)それから、今回のように直送の場合、顧客に負担をかける事なくスムーズに通関を通るにはどのように対応すればいいのでしょうか。

申し訳ありませんが、海外輸出入に関して全くのド素人なので、教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

具体的な内容がありませんので確実ではありませんが、中国は輸出に関しても関税がかかるという特別な法律があります。

ですから、他の国と違って輸出時にも税関を通っています。この時に既に記録を提出しているはずですから、その提出とは異なる書類を新たに作成すると、違法となるのです。

もうひとつ考えられるのは今回は直送ということですから輸出者が中国企業となっているのであれば、既に有償として提出しているものを急に無償に変えると、今後の輸出に規制がかかる場合があり、それを恐れているということも考えられます。しかし文中の「差し替えれば通関は通る」と行っているのが通関ブローカーであるのならまだ税関には通っていないのでその心配はありませんよと中国企業側に説明することもできますが、前述の問題がある場合には何を言っても聞いてはくれないかもしれません。

この回答への補足

配送業者によっては荷物を出すとき輸出用と輸入用のINVOICEを2枚で対応可能な所もあるそうなのですが、これも違法になるんでしょうか?

補足日時:2014/07/31 16:53
    • good
    • 0

中国側が有償のものを無償に変えたがらないのは


たぶん、、、増値税の還付がらみじゃないでしょうか?

無償(サンプル扱い)にするといっても
普通に物は出荷され、それなりの数量もあるわでしょう?
それを書類上、無償にしてくれっていうのは
かなり無理がありますよ。

技術的には可能だとしても、有償で輸出しているものを
無償に変えるっているのはそりゃ中国・ベトナム双方の税関で
「怪しい」って判断するでしょう。

また、よく分からないのは質問者さんはどの立場の人なんですか?
今回、中国→ベトナムの直送だったらお宅様はどこから
回収されるんでしょうか?今回の契約はサービス?

シンプルに考えれば支払いはベトナム→中国になりますよね?
もしそうなら、ベトナム・中国間で交渉してもらえればいいだけのことで、
お宅様が間に入る理由はないかと・・。

また中国に関しては輸出入ともに難儀な国で
いかに役人に「小遣い」を渡すか、で決まります。
日本の乙仲業者が言ってましたけど、
「帳簿外の出費が痛い・・」って。

つまり何が言いたいかと言いますと、
今回の件は後でじっくり調べて検証するとしても
中国側(あるいはベトナム)の税関がうるさいなら
黙らせればいいだけのことです。
    • good
    • 0

まあ、税関は、違法な物を見つけるだけではなく、そもそも関税を取ることがお仕事です。



ですから、課税対象になるものの価格がもともとあった有償のものを通関するのに、それを無償にして無税で通関させよう、といっても道理が通りません。

いつも、日本からベトナムへ送って通関させているのと同じ書類や書式で準備して、いったん、ベトナム側の輸入者にベトナム税関への関税支払いをさせないと仕方ありません。(輸入者に、関税支払いや各種規制の遵守義務が課せられますから)

その関税分を、あとで補填するかどうか、っていうのはまた後日でもできる話です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q荷物をメーカーから直送する時のproforma-invoice

こんにちは。聞く人がいないので教えて下さい。一般的にどうなのか?という判断がつかないので・・・
輸入商社(個人経営に近い)に勤めています。
仕事は広く浅くですので、輸入事務に関しては初心者です。たまに輸出パターンもあったり。
小口現金の管理があったり・・・秘書業務的なことがあったり・・・
お聞きしたいのは、third partyに荷物をメーカーから直送する時のproforma-invoiceの件です。
日本の客先Aから、パーツの発注を受けた場合、通常でしたら、海外のメーカーから弊社宛に直送してもらっていますが、そのAの会社の海外の顧客Bに直送依頼が出た場合、proforma-invoiceの価格を海外メーカーに差し替えてもらうように依頼するのってよくあることなのでしょうか?
何も言わないでいると、メーカーは弊社宛にquoteした価格のINVOICEつける時があるので、心配です。
その場合、"priceはcustomes clearance用"とREMARKに入れてくれるように頼むというかんじでいいのでしょうか?
素人質問で、恐縮ですがお願い致します。
過去レスを見たのですが、微妙に状況が違っているので
改めてお聞きします。
ちなみに支払いはT/Tで、ex-works。DHL便です。

こんにちは。聞く人がいないので教えて下さい。一般的にどうなのか?という判断がつかないので・・・
輸入商社(個人経営に近い)に勤めています。
仕事は広く浅くですので、輸入事務に関しては初心者です。たまに輸出パターンもあったり。
小口現金の管理があったり・・・秘書業務的なことがあったり・・・
お聞きしたいのは、third partyに荷物をメーカーから直送する時のproforma-invoiceの件です。
日本の客先Aから、パーツの発注を受けた場合、通常でしたら、海外のメーカーから弊社宛に直送してもらって...続きを読む

Aベストアンサー

>メーカーに売金額開示は可能ですが、B社にばれるのは、A社への手前、困りものです。

A社へ、発送前に差し替えINVOICE(PROFOROMA INVOICEとしたほうがいいか、正式でないという意味で)を送り、それで発送するよう交渉しましょう。B社に仕入れ価格(A社価格)がばれるのは絶対まずいでしょうから。

>商品代金が5万足らずの場合は、なおさら思いますし、上記のINVOICE差し替えをメーカーに頼むとしても、安い金額だと、頼みづらいなあと感じてしまいます

上記価格ばれの問題に絞ってもいいかもしれないですね。
日本では輸出輸入通関が発生しないので、税務署等に、入金額と通関額を比較チェックされる機会が無いので。

頼みづらい気持ちは分かりますが、A社B社ともに嫌われ商権が無くなる可能性があります。相談できる上司はいないのですか。単なる手続きやルールの問題でなく。

Q無償貨物と有償貨物の違いについて

有償貨物(Commercial Value)と無償貨物(No Commercial Value)の違いについて教えてください。

内製ソフトのCD-ROMを'No Commercial Value'として中国に輸出(発送)しました。
基本的には全て業者さんにお願いしているため、発送の詳細等は業者さん任せなのですが、中国の荷受企業から「'Commercial Value'でなければならないのでは?」と連絡がありました。
今まで他国には同様にCD-ROMを発送していたのですが、特に何の指摘もなかったために、全く意識したことがありませんでした。
そこで、'Commercial Value'と'No Commercial Value'の違いについてと、実際どうするべきなのかを教えてください。
素人の質問で大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

有償であれば通関金額(通関時申告金額)と決済金額が一致するという原則があります。(例外はあるが)
また経理的には、その会社の売上金額(輸出なら)と、あるいは仕入金額(輸入なら)と通関金額が一致するはずです。

輸入国側で、無償のINVOICEで輸入通関すると、決済(送金)できないことになります。無償とはそういう意味ですから。日本では外為自由化が進んでいるので、輸入貨物代金の送金といえば通関書類のチェックまで銀行はしませんが、無償輸入通関なのに送金が出えてくればおかしい。事後に税関や税務署の監査があれば、おかしいことがばれます。

逆に、輸出通関が無償になているのに入金すると上記同様おかしい。ただ監査が常時行われる大手企業と違い、小さい金額ならそこまで考えなくてもという意見もあるかもしれません。輸出の修正申告はこの意味で言いました。

Q「ご依頼する」の使い方 日本語の使い方について

部外用の文書での敬語、丁寧語の使い方で質問です。
相手方からの依頼は、「ご依頼の件」や「ご依頼いただきますよう・・」などと表現するのはわかりますが、こちらからのお願いについて、「ご依頼いたします」という言い方は正しいのでしょうか?。「ご依頼する」という表現がなんとなく引っかかるのですが。上司がこの表現を使って対外文書を出そうとしているのですが、間違っていたら恥ずかしいので調べております。
どなたかお詳しい方ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%BE%9D%E9%A0%BC&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=01409001211000
「する」をつけて漢語のサ変動詞「依頼する」です。

これに「ご」をつける場合、
・相手が「依頼」する時は
「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。
・自分が「依頼」する時は
「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。
「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。

理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。
参考------------------------------------------
・「日本語なんでも相談室」:Q&A
http://nihongo.ashir.net/qandaDisp.php?id=152
[「質問」「依頼」は、その行為自体は相手に向かっていますが、話し手の一方的な行為であったり、相手にとって恩恵をもたらしたりしていませんから、謙譲語は使えません。]

・メールマガジン【 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 】:「ご依頼」その2< 敬語の使い方(2)
http://blog.livedoor.jp/kamigaki2005/archives/51463425.html
[ですが、自分からの依頼や質問などは、
 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、
 謙譲の「ご(お)」は不要です。]

・教えてgoo:「[ご]の使い方について」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3394656.html
回答No.3
[ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。]
----------------------------------------------

上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。
(余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。
ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、
謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。重要なのは「立てている」事です。
つまり「”向かう相手”がある言葉」が[謙譲語 I ]なのでなく、「”向かう相手”を立てている言葉」が[謙譲語 I ]です。誤解のないよう^^。
例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。
「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も
「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。)
(別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。)


これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は
専ら「ご依頼申し上げる」と使います。「ご依頼する」は使いません。
(難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。)

参考------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『依頼という言葉にごをつけると丁寧語になるのか?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415757794
ベストアンサーの中の
[(注)「ご依頼」は、名詞や、謙譲語 I の一般形「ご~する」の形では用いられず、専ら謙譲語Iの
ほかの一般形「ご~申し上げる」の形で用いられます。]

Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317159548
 補足2の中の
[「お/ご~申し上げる」は、同じ謙譲語Iである「お/ご~する」とほぼ同じ意味・用法を持ちます。その両方が使える場合(「ご連絡申し上げる」と「ご連絡する」など)が多く、その場合は「お/ご~申し上げる」の方が敬度が高いといえます。
ただし、その一方しか使われない語もあります。例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」
とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。]
----------------------------------------------

上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。
自分側からの「ご依頼」については既出の「敬語の指針」の中の
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf
27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お(ご)……申し上げる」
の形しか使わないと理解しています。

(ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。
Yahoo辞書「申し上げる」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%94%B3%E3%81%97%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=20252818189000
「日本語オンライン」BBS
http://nihongo-online.jp/bbs/discuss.cgi?id=01&mode=part&page=0&num=582&sort=1&back=tree
              )



ではなぜ「依頼」は「ご依頼申し上げる」だけは使うのかと考えた時に、その理由としてNo.4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。
なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。
つまり”特別”に「ご依頼申し上げる」はOKという事です。



次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、
これは「敬語の指針」
20ページ------------------------------------------
[【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】
謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で,
両方の性質を併せ持つ敬語として「お(ご)……いたす」がある。
「駅で先生をお待ちいたします。」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。」と同じ
内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。これは,「お待
ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I)
と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる]
28ページ------------------------------------------
[【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の
[上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お(ご)……いたす」がある。]]
--------------------------------------------------
にある「お(ご)~いたす」の形です。
ここにあるように「お(ご)~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。まず謙譲語 I の「お(ご)~する」が成立しないと成り立ちません。



ここが「依頼」の悩ましい所だと思います^^。
さぁどう解釈するかです。

私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。なので「ご依頼いたす」は無いです。
ただし下記のような方もいます。
--------------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『「ご」の使い方 3例』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110822451
[とにかく、理屈から言えば、「依頼」はI~IIIのすべての謙譲語になれるはずですから。
~~
理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない]
Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217107332
[ただし、サ変動詞「依頼」するの場合、「ご依頼する」という形ではなく、「ご依頼申し上げる」という形のほうが落ち着きがよいのでよく用いられます。]
--------------------------------------------------

この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。
本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。


正直日本語の謙譲語は難しく、『自分がする「依頼」』の「ご」については特に難しい部類であり、私も「ご依頼いたす」が絶対に不可とは言い切れません^^。
ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。

ただ一般的には自分が依頼する場合は、
題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では
「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」
「〇〇していただけないでしょうか」
「〇〇していただいてよろしいでしょうか」
などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://...続きを読む


人気Q&Aランキング