グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

こんにちは、
簿記3級を受験します。
過去問の合計試算表を行っていると、それだけで1時間半掛かってしまいます。
試算表作成時の裏技や時間短縮の方法があるのでしょうか。
簿記3級を合格された先輩方の良きアドバイスをお願いします。

いくども繰り返し勉強していますすが、壁に当たって疲れています。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#1、5です。

再びお邪魔します。
#1のお礼ありがとうございます。
&お礼をしっかりもう一度読んでみました。

3級は簿記の基本になります。
3級でまず覚えるのは、何といっても仕訳です。
仕訳がないと試算表もできないですね。
最後の決算処理も仕訳がないと出来ません。
・・・ということは、簿記の基本が仕訳といってもいいと思います。
仕訳をしてその上で試算表も存在できます。
2級1級と進んでいくうちに、あるいは3級を充分していくうちに仕訳の大切さがわかってくると思います。

かといって、仕訳さえ理解しておけばいいということでもありません。

T字を利用した仕方を理解していないと2級、1級になると???になってくることもあります。
2級、1級をしているときには3級で充分仕訳をしたことによって頭の中だけで仕訳が出来るようになってきます。
それだけ仕訳が基本なのであろうと。
(掛け算も割り算も基本は足し算と引き算でしょ?それと同じです。基本は足し算と引き算=基本は仕訳。割り算するとき、大人、慣れてる人は頭の中で足し算と引き算を瞬時にしてますよね)

追伸(1)に関しては#5で回答はしていると思いますので・・・。

(2)(3)に関して。
これは今回の回答でも先にいっているように、仕訳が基本です。
これさえ出来れば問題はさほどないように思います。
採点ポイントを抑えるといっても、その部分だけ解こうと思っても出来ないのが簿記というものだと思っていますが。
1から始めないと最後の10の問題も途中の問題も解けないと思います。

これは私個人の感想です。↓
3級の試験って親切に習った順番に問題があるんだなぁ・・・と思いました。
勘定科目をど忘れしても1問目でいろいろな勘定科目が記載してあったり・・・。

やはり、理解することも大事ですが、どれだけの問題に挑んでいたかによって違うのだと思います^^;
では^^
    • good
    • 18
この回答へのお礼

今、日商簿記2級も勉強しています。
3級を学習したので商業簿記は理解しやすいです。
工業簿記なれるにしたがて、色々な原価計算のパターンはほぼ同じで似ている事が分かれば大まかな違い理解でき学習が進みます。

簿記検定が出来上がりのスピードを競う試験って思ってもみませんでした(^^;

試算表作成の時間を短縮する裏技がないって事がよくわかりました。
6月の検定まであと20日ほど、頑張って見ます。
11月までには合格したいです。

どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/26 19:17

14年6月1日までの合計残高試算表は存在する。

以下は6月中の取引。6月30日現在の合計残高試算表を作成せよ。

平成14年6月中の取引
(1)仕入取引
(a)掛仕入高 ¥20
(b)現金仕入高 ¥10

(2)売上取引
(a)掛売上高 ¥50
(b)現金による売上高 ¥20

(3)売掛金および買掛金の決済等(上記(1)(2)に含まれるものは除きます。)
(a)現金による売掛金回収高 ¥30
(b)現金による買掛金支払高 ¥10



この問題で私がすることは、まず仕訳です。以下↓(*1)

1) 仕入  30  /  買掛金  20
           /  現金   10

2) 売掛金  50 /  売上  70
   現金  20  /  

3)A) 現金  30  /  売掛金  30
3)B) 買掛金 10  /  現金   10
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
借方合計    140 / 貸方合計  140

上記のように短縮できるものはしておきます。
次の作業で以下↓になります。(いわゆる、T字を利用して記入することです)(*2)
仕入  30  /
売上      /      70
売掛金 50  /      30
買掛金 10  /      20
現金  50  /      20
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
借方合計 140 / 貸方合計  140

この時点で、借方、貸方が合計が一致しています。
間違いがないことを確認できます。
でも、私の場合、いわゆるT字を利用して仮記入ということはしません(*2はしない)。
時間短縮のために省きます。*1があればどの時点でも再確認は出来ます。

*1をしておけば、あとは電卓です。
しかし!!*1で借方貸方の各合計をだして確認をしておかないと計算ミス、仕訳ミスには気付かないで進む確率は高くなります。
この*1を最低限しておけば(白紙の部分を利用して記入しておけば)、どこが違っているのか確認できます。

例題には、重複した問題(取引)はないです。
重複した問題(取引)の記入のある問題文の場合は、始めに重複している片方を消しておきます。

注意:人によって癖があります。自分がどのようにすれば時間短縮に出来るかを見つけるのがいいかと思います。(上記の解き方は私の癖です。これがいいとは限りません)
気持ちの上で後ろは向かないようにね^^
苦手なものは繰り返し、何度も挑んでみる。
今の試験の仕組みなどはよくわかりませんが、チョイ前の試験を受けたときは30分あれば充分でした。
もちろん、個人差はあります。私の場合は電卓の利用は早いと自分でわかってます。何はともあれ 頑張れ~^^  的外れな回答でしたらすいません。#1でした。
    • good
    • 7

追伸ですが


簿記検定は知識の程度を調べると言うよりは、作業が時間内に出来るか出来ないか、を調べるものです
普通の「テスト」ではありません
作業能力が問われているのです
そこを念頭に置いて試験に臨まないと、知識はあるのに、どうして合格しないんだぁ
ってな事になります
練習問題をやる時には、とにかく時間との戦いでタイムにこだわりましょう
だんだん早くなってくると、それが楽しくなってきます
100マス計算と同じだと思ってね
知識の検定だと勘違いすると、普段の勉強も楽しくありません
これは1級になっても同じです
簿記検定は、職人を育てるためにあるんです
日商や税理士の試験だって、簿記は大して難しくありませんよ
圧倒的に時間がないだけです
会計学は別ですけどね
    • good
    • 6

ぼくも緑色の過去問題集で、間違ったところを重点的に繰り返しやって、いざ試験で合格しました。

 ほんと理屈あんまりわからなかったけれどなんとかでした。 以上10年以上まえの話です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
試算表はどのタイプも、仕訳してT字勘定仕に記入し、重複を消去して、各勘定を合計し、試算表に記入しています。
過去問題では、仕訳と転記にとても時間が掛かっています。
手順は
(1)期中合計がある場合は、先にT字勘定仕記入へ転記

(2)仕訳(コピー紙)手書き、記入項目には日付か記号を付けます。

(3)T字勘定記入(コピー紙に折り目を付けて使用「64マス」)
・記入ミス防止の目的で、T字勘定の上方へ、試算表各科目順に記しています。
・記入金額には、日付か記号を付ける。
・T字勘定を集計し、試算表へ記入
・試算表を集計する。

追伸
(1)仕訳が混雑する部分は、商品の売買「現金、当座預金、 手形、掛売り、売上」で他は数行で終わっています。
 試算表作成のために、何度も仕訳や転記をしなければならないのでしょうか?かえってミスをするので、良い方法はありますか。

(2)試算表は部分配点との事ですが、もし全て解答する時間がない時、出来るだけ点を取得するにはどのように考えればよいでしょうか?
(3)検定の本番で、試算表は後で取り掛かる方がよいですか
 他の問題をしっかり得点すれば、試算表の得点が6割取れていれば合格するように思えるのですが

最近、会計も世界標準で改定が相次ぎ難しくなっていそうです。
日商3級簿記、内容は簡単ですが、ボリュームが増して、実作業の分量が多いですね。

お礼日時:2004/05/25 19:21

とにかく仕訳を書きます


同じ科目があったら金額を合計し、チェックを入れます
科目が左右にあったら加減します
それを試算表に書き込めば完成
訓練です
ひたすら訓練
簿記は頭を使っているようではダメ
考えるより先に手が動くまで訓練します
それと
やったもの、書いた物は絶対に間違えてはいけません
でないと、芋ツルで点数を失います
難しい物はそれ程ないはず
試験は時間との戦いです
コツももちろんあるんですが、具体的に見てみないと何とも言えません
でも、要は訓練です
解答にならないか・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

簡単に思えた3級簿記も、いざその分量を知ると大変ですね。
何か方法や要領や注意や考え方があるのでしょうか。
教育や啓蒙の試験と言うより落とすための試験に思えてきます。
頑張りますので、どうぞよろしく、
回答ありがとうございます。

お礼日時:2004/05/25 19:40

合計試算表↓



http://www.mezase-bokizeirishi.jp/kouza/tb1.html

残高試算表↓

http://www.mezase-bokizeirishi.jp/kouza/tb2.html

合計残高試算表(合計試算表と残高試算表が一緒になったもの)↓

http://www.mezase-bokizeirishi.jp/kouza/tb3.html

↑この中の合計試算表でいいですか?
合計試算表のどの部分で一番時間がかかっているか、もう少し説明してもらえるといいのですが。
例えば、問題文を読んで仕訳している時とか、仕訳は済んでその後の計算のときとか・・・。
(決算前の試算表作成問題ですよね?違ったかな?^^;)

今言えることは、仕訳で時間がかかっているのでしたら、仕訳する問題を出来るだけいっぱい解いてみる(慣れる)。
計算のときなら同じ勘定科目の合計を出すときに必ず自分がわかるようにチェックを入れるとか・・・だと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
やはり、部分練習を積み重ねる必要があるのでしょうか。
本番と同じレベルで部分練習ができる練習問題の本は無かったので過去問題を主に行っています。
短期講座を受け簿記の基本は習得しています。

試算表ですが、どのタイプの問題も、仕訳してT字勘定仕に記入し、重複を消去して、各勘定を合計し、試算表に記入する方法で作成しています。
過去問題では、いつも仕訳と転記と集計とてもに時間が掛かっています。
勘定科目が多いので転記のミスが発生し易いです。
仕訳はミスを発見し易いので大丈夫です。

手順は
(1)期中合計がある場合は、先にT字勘定仕記入へ転記

(2)仕訳(コピー紙)手書き、記入項目には日付か記号を付けます。

(3)T字勘定記入(コピー紙に折り目を付けて使用「64マス」)
・記入ミス防止の目的で、T字勘定の上方へ、試算表各科目順に記しています。
・記入金額には、日付か記号を付ける。
・T字勘定を集計し、試算表へ記入
・試算表を集計する。

追伸
(1)仕訳が混雑する部分は、商品の売買「現金、当座預金、 手形、掛売り、売上」で他は数行で終わっています。
 試算表作成のために、何度も仕訳や転記をしなければならないのでしょうか?かえってミスをするので、良い方法はありますか。

(2)試算表は部分配点との事ですが、もし全て解答する時間がない時、出来るだけ点を取得するにはどのように考えればよいでしょうか?
(3)検定の本番で、試算表は後で取り掛かる方がよいですか
 他の問題をしっかり得点すれば、試算表の得点が6割取れていれば合格するように思えるのですが

最近、会計も世界標準で改定が相次ぎ難しくなっていそうです。
日商3級簿記、内容は簡単ですが、ボリュームが増して、実作業の分量が多いですね。

お礼日時:2004/05/25 19:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精算表&試算表が苦手(克服法)

2/26に日商簿記検定試験2級を受けますが、精算表&試算表がどうも苦手です。どこかを必ず間違えていて、あれこれ試行錯誤しているうちに時間ばかり過ぎていきます。(完答まで1時間ぐらいかかります)それでも間違えています。たぶん30~40分で解かないと本番ではキツイのだと思います。

3級の時も全部できたつもりで半分しか点数が取れていませんでした。(とにかく苦手意識が払拭できません)

どうしたらミスを少なくして、速く解けるようになるでしょうか?

・間違い易い(注意すべき)ポイント&克服法
・ミスを少なくするため習慣づけるべきこと
・精算表&試算表にまつわる失敗談
・その他

どんなことでも構いませんので、参考にさせていただきたいと思いますので、お話をお聞かせください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>どうしたらミスを少なくして、速く解けるようになるでしょうか?

精算表や試算表に限らずP/LやB/Sの問題でもいえることですが、決算整理事項や誤処理、未処理などがたくさんあり、また相互に関係するような論点があることがミスを起こしやすく苦手意識をもちやすい原因だと思います。

解くときのポイントとしては

(1) わかるとこから解き、わかったところは解答用紙に記入する。

これは簡単なようですが、実は重要かつ難しいと思います。なぜなら論点が他の部分と関係する場合はその部分だけでは実は正確な解答を導きだせないからです。
例えば貸倒引当金設定の問題はその指示どうり計算すればすぐに『貸倒引当金勘定』や『貸倒引当金繰入額勘定』などを埋めることができます。しかしもし他の部分で未処理などがあり、売掛金や受取手形の金額が変ってしまうような場合には、これを考慮したあとの金額を使って算定しなければなりません。
このため、せっかく引当金を計算し解答用紙に記入したにも関わらずまた計算しなおさなくなり混乱してしまったりします。
そのため他の部分と関わりがあるかないかをしっかり見極め、関わりのないものから解いていき、解答用紙に記入していくことが大事です。

・解く前に問題をざっと見ておくこと(だいたいどことどこが関わりあっているかなどを読み取る)

・解く順番にこだわらないこと

・線を引くなどして、解いた所とまだ処理してない所とを明確に区別すること

などがポイントではないでしょうか。

(2)貸借を一致させることを意識しすぎない

これも(1)と本質的には同じなんですが、自分は全てをきちんと解き、貸借を一致させることを意識しすぎて、貸借が合わないとどこが間違っているのかもわからず時間が足りなくなったりすることがよくありました。勉強しててわかると思いますが、簿記は部分的に点数がつくため、貸借をきれいに合わせ、完璧に解かなくても0点にはなりません。なので(1)でも書いたようにひとつひとつ処理できるところから処理することが大切です。これは貸借があわず間違えを探すときも同じで、がむしゃらに見直すのではなく論点がまたがっているような間違えやすい部分を中心に見直すと効率がいいと思います。

(3)下書き用紙をうまく書けるようにする。

全ての仕訳を書いていては時間が足りなくなってしまいます。どの部分は仕訳を書いたほうがいいか、他の部分と関わる論点であるため、忘れないように何かマークをつけておくなど、自分なりに工夫することが大切だと思います。

まとめ

上記のことはどれも意識したからといってすぐにできるようになるものではありません。上に書いたようなことを意識しながら反復して問題を解くことにより、スムーズに解けるコツのようなものを得ることができると思います。
合格目指してがんばってください☆

>どうしたらミスを少なくして、速く解けるようになるでしょうか?

精算表や試算表に限らずP/LやB/Sの問題でもいえることですが、決算整理事項や誤処理、未処理などがたくさんあり、また相互に関係するような論点があることがミスを起こしやすく苦手意識をもちやすい原因だと思います。

解くときのポイントとしては

(1) わかるとこから解き、わかったところは解答用紙に記入する。

これは簡単なようですが、実は重要かつ難しいと思います。なぜなら論点が他の部分と関係する場合はその部分だけでは実...続きを読む

Q簿記3級は本当に誰でも取れるのですか?

簿記全くの素人で、簿記3級を取得したものです。

受ける前は、「勉強すれば誰でも受かるよ」「簡単」と言われていました。実際、学校にも通い、試験が近づくと必死で勉強し、なんとか83点で合格できましたが・・・私は少なくとも「簡単」とは思えませんでした。また、先日受けた試験の合格率は50%くらいだったと思います。

私としては、「誰でも受かるほど簡単」とは思えません。皆さんはどうですか?

Aベストアンサー

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです。
そんな私が仕事のためとはいえ、簿記を勉強することには、周囲から『無謀だ』と猛反発を受けました。
しかし、職業柄、どうしても受からねばならない事情があったのです。
私にとっては、初めて独学で、本格的に目指す資格試験。
大学受験以来のプレッシャーでした。
手の使い過ぎで腱鞘炎になるし、
本試験日までは、寝不足や食欲不振に悩まされる日々が続きました。
試験会場には、商業高校生らしき若者が大勢詰め掛けていて、
教師らしき人々の励ましを受けていました。
制服姿の学生に混じっての孤独な社会人受検。気後れしたものです。

そして無事、簿記3級に合格したものの、
父親からは『なんだ、まだ3級か』
『うちの会社の経理のコは、みんな持ってるよ』と云われて
何となく、カチンときたのを憶えています。
会社の同僚からも、『あら、なぁに?2級じゃなかったの?』との声。
不思議だったのは、簿記を勉強した経験のある人からは
『頑張ったね。大変だったでしょう?』と、労いの言葉を戴いたことです。

質問者さまの、簿記3級に合格したものの、
3級って、大したコトないの?自分は3級でも、けっこう大変だったんだけどな…。
という今の心境は、何となく、お察しいたします。
当時の自分を見ているようです。

今思えば、周りからの"簿記3級は簡単!”という批評は、
簿記3級なんか…と軽視する意図などは、一切なしに、
また、簿記3級だから云々…という理屈も抜きにして(簿記って何?という輩も少なくない)、
俗に言う"検定試験を履歴書に活かせるのは、何でも2級レベルから”という認識の強さが、
無責任に、口にさせた台詞だったのかもしれません。
(会社によっては、何級からでも、ひとつの資格として認識されますが。)

他のかたが仰るように、周りの言葉に、変に過敏にならず、
努力した自分を一番よく知っている自分が、今までの努力を褒め称えてあげればよいのです。
お仕事されながらの受検は、大変だったことでしょう。
苦境を乗り越え、合格を勝ち取ったことは、自分の中で、ひとつの自信になったはずです。

しかしながら、国家試験を目指す人などが、これから簿記にチャレンジする初心者相手に、
訳知り顔で『日商簿記くらい簡単に取れないとね。』と、
あからさまに、上から物を見た言い方をするのを、巷で耳にするたび、
『たかが簿記で、そこまで偉くなれるのか?人間が小さい奴だな…』
と、(失礼ながら)私は、醒めた目で見ることにしています。
たまに、『自分には簿記のセンスがない。向かない。』と悲観的になる人もいますが、
センスの有無とは、個々の五感に係わる問題です。
誰しも、電卓片手に、生まれてきたわけではありません。
簿記で扱う数字は、算数とは違って、公式だけの感覚で解くものではないし、
簿記の根底に在る理論は、国語のように、日常生活に当たり前に転がっているものではないため、
わざわざ勉強時間を作って、一歩ずつ知識を身に付けてゆくしか、方法はないのです。
3級でも、2級でも、1級でも、センスなどに頼らず、こつこつ努力しないといけないのは、みんな同じです。

ただ、補足するとしたら、
簿記1級の資格試験や、税理士・会計士等の国家試験は、
簿記の知識を問うものでも、2級までの資格試験とは、採点方式等が異なるため、
合格のためには、個人の努力だけでなく、試験戦略・運の要素も絡んでくることになります。
簿記3級は、過去問題を制限時間内で70点取れる練習を、何度も積んでいれば、
本番での過度の緊張やケアレスミスに襲われない限り、充分に合格圏内を目指せるかと思います。

簿記2級となると、試験員が、ごくたまに、範囲外のようなイジワル出題をすることがあったり、
さらに、簿記1級では、周りの受験生の出来具合により、採点箇所が変化するらしいため、
死ぬほど努力していても、時として、その実力が充分に発揮できない状況が、足を引っ張ります。
人格が変わるぐらい勉強し、恋人を捨て、人生をかけて挑戦してさえも、
合格の実現が厳しい難関試験の前に、打ちひしがれる人を、私は、目の当たりにしています。
そのような『勉強しても受からせてもらえない、リスクの大きい試験』から比べれば、
簿記3級は、努力すれば受からせてもらえる良心的な試験だと言えるのかも知れないな…とは思います。

『簿記3級なら、がんばれば、誰だって合格できる』という言葉の裏には、
簿記3級は、ひとりひとりが実行可能な労力を惜しみさえしなければ、
誰にとっても、その努力が充分に報われる要素のある試験なんですよ。って気持ちが込められています。
私が友人に、受検を励ます意味で、その言葉をかけるとしたら、そうした意味を込めて用います。

簿記を好きになれると、自信を失くす時があっても、また立ち直って頑張れます。
華やかな勉強ではないし、あまり理解を得られない面もありますが、
私自身は、簿記学習を通じて、『算数キライ』の苦手意識を克服でき、根気や忍耐力もついて、よかったかな?と思います。

身の上話が長くなり(苦笑)、申し訳なかったですが、
あなたに簿記の勉強を続けてみようというお気持ちがあるのならば、
何とか、自信を持って、ご自分の道を歩んで頂きたく、この回答を書きました。

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです...続きを読む

Q試算表や精算表を速く解くには

私は、27日の日商簿記3級を受験する者です。

今受験に向けて過去問題集などをやっているのですが、いかんせん試算表や精算表の問題を解くのにすごく時間がかかってしまいます。

試算表や精算表を速く解くコツはないでしょうか?
仕訳をする時は、勘定科目を略してかいたり色々工夫はしているんですが。

仕訳しないで直にT勘定に書いていくやり方は苦手です。
また、電卓で合計など集計を計算していく時、たまに計算ミスしてしまいます。

速く解くコツはないでしょうか?
また試算表を解く時の計算用紙としてもらえる紙の効率よい使い方や、精算表を解く時のコツ教えて下さい。

試験まで時間がなくて。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受験テクニックについて

試算表や精算表では、自動的に移記する勘定科目があります。
それらはさっさと移記してしまってから問題文を検討すると余裕が生まれます。

日常の記帳における勘定科目が消耗品か消耗品費なのか決算時にでどう変わるかなどのルールも覚えておけば、改めて考えなくてもこれはここという具合に記入できます。

こういうことをマスターするには、過去問の解説(解き方)をよく読むことです。

計算ミスに関しては、初めから完ぺきを求めないようにしたほうが良いでしょう。
時間が限られていますから。


計算用紙は、試験開始直後に折り目を入れます。

こうすると、仕訳の下書き時に線を引かなくても貸借が混乱しません。

どのように折るかは自由です。
私は4つ折りにしたものをさらに半分に折りました。

Q簿記検定3級を受けますが、1ヶ月の勉強で何とかなりますか?

 こんばんは、今度、2月末に簿記検定の3級を受けることにするのですが、ちょっとした都合で1ヶ月しか勉強できませんが、何とかなる範囲でしょうか?
 ちなみに僕は普通高校出身で、簿記の知識はまったくありません。
 よろしくお願いします(^^ゞ

Aベストアンサー

可能です。私も1ヶ月の勉強で取りました。
しかも普通科出身で特になにも簿記の学校に通うこともなく独学でした。ただし、簿記を知っている友人はいましたが、、、
確か・・
参考書:「10日でうかる!日商簿記最速マスター」
    (東京リーガルマインド)のみ

   ⇒読み見やすく覚えやすい。理屈を覚える。
   (短期間の場合は複雑に書いている参考書は
    理解に時間かかる為、避ける事)

問題集:過去問題(試験と同様の用紙の分)

   ⇒試験イメージをつける。
   (時間もはかり実施)

勉強方法:参考書1冊、丸々20日ほど真剣に覚えてから、試験直前に過去問題を8回分を2回繰り返してします。
仕事もしていたので長時間の学習は無理でしたが合格できましたよ!参考書も過去問題もいずれも間違えた問題は再度しました。ヤル気と気合と集中力で頑張ってください!

Q簿記3級は落ちたら恥ずかしい?

会社の上司からの命令で
日商簿記検定を取得するように言われ
とりあえず3級から挑戦することにしました。

高校では商業科で1年半ほど簿記を習いましたが
在学中には全商の簿記を一つも合格することが
できませんでした。
他のワープロや情報処理などは1級を取得できたのですが、簿記だけはチンプンカンプンでした

簿記をかじっているにもかかわらず
日商の3級を2回連続で落ちました。
もちろん、勉強はしました。
ただどんなにやっても70点台がやっとのレベルでした。

損益や振替などの意味もわかりません。
法則性でいつも埋めるだけで
意味は理解していません。
(これのときは右、左といった感じで)

前置きが長くなってしまいましたが、
この6月にあったのを自己採点したら
落ちていました。
以前も受けて落ちたので2回連続で
日商3級に落ちてしまい
会社の上司に報告するのが億劫です

今回はしっかり勉強して合格レベルまで
いったと思っていたのですが…

大体のことは少し勉強すれば
理解できるほうだったのでショックが大きいです

これでクビにされるという訳ではないのですが
上司や周りの社員に頭が悪いとバカにされるのが嫌で吐き気や頭痛がします。

ちなみに、わたしは事務員ですが
他の社員は簿記とは無縁の職種で
簿記の検定を持っている人は居ません。


もし、自分の会社に2回連続で
簿記の3級に落ちている同僚あるいは部下が居たら、頭がよくないんだとやはり思いますかね?
というか、事務に向いていないのでしょうか、、

会社の上司からの命令で
日商簿記検定を取得するように言われ
とりあえず3級から挑戦することにしました。

高校では商業科で1年半ほど簿記を習いましたが
在学中には全商の簿記を一つも合格することが
できませんでした。
他のワープロや情報処理などは1級を取得できたのですが、簿記だけはチンプンカンプンでした

簿記をかじっているにもかかわらず
日商の3級を2回連続で落ちました。
もちろん、勉強はしました。
ただどんなにやっても70点台がやっとのレベルでした。

損益や振替などの意味もわかりません。
...続きを読む

Aベストアンサー

正直、簿記は個々人の適性や適応力で、いとも簡単に数週間程度で合格する方もいれば、大卒でも
3級が何度も受からず受検するということもザラにあります。ですので発達障害がどうとか、頭の
良さがとうどかは、あまり関係ないと思います。ただ一つ言えるのは、学校の試験とか、マークシ
ートの択一試験と違い、基本全部記述式かつ機械的に仕訳したり、数値をはじき出したりという「
作業」の繰り返しなので、実際に手を動かし、頭だけではなくて、体というか感覚的に身について
こないと中々厳しいだろうということです。これは自分もそうだった(2級を3回目にして受かっ
た今でも、その点にイマイチ自信がありません・・・)ので、その思いが強いです。一方、情報処
理系は1級をお取りになっている訳ですので、その方面は人並み以上に優秀な事も間違いありませ
ん。情報処理系も簿記と同じく、かなり適性や適応力が能力や試験等の出来を左右します。この差
はやはり「興味の強さ」かな、とは思います。誰でも好きなことは熱心にやって、早く上達したい
ものですし、実際上達も早いですよね(習い事やスポーツ、ゲーム等でも)。ですので、何とか簿
記に前向きな興味を持てるキッカケを見つける必要がありそうです。出納帳を付けるとか、株式を
買って、その会社の損益や株価推移に一喜一憂するとか(決して、勧めている訳じゃないですけど)
、ちなみに最後の方で他の社員の目を気にしている記述がありますが、他の社員はそのチャレンジ
もしていないので、質問者さんをバカにしたり、批評する権利は元々有していません、質問者さん
は他の社員よりその点では既に優位に立っているのですから、少しくらい結果がでなくても卑下せ
ず、堂々と結果報告し(そこで少しでも前回より得点が向上していれば何とでも言えます)諦めず
のに頑張ってほしいです・・・諦めたら、そこで何とか、と言いますよね・・・

正直、簿記は個々人の適性や適応力で、いとも簡単に数週間程度で合格する方もいれば、大卒でも
3級が何度も受からず受検するということもザラにあります。ですので発達障害がどうとか、頭の
良さがとうどかは、あまり関係ないと思います。ただ一つ言えるのは、学校の試験とか、マークシ
ートの択一試験と違い、基本全部記述式かつ機械的に仕訳したり、数値をはじき出したりという「
作業」の繰り返しなので、実際に手を動かし、頭だけではなくて、体というか感覚的に身について
こないと中々厳しいだろうというこ...続きを読む

Q簿記3級は暗記が大事ですか?勉強のコツは何ですか?

お世話になります。

簿記の3級に取り掛かっています。
まだ勉強を始めて数日なのですが
左右に何と言う名前が来るのか、さっぱり分かりません。
入る金額は簡単なのでわかるのですが・・・

資産が増えると左、減ると右とか
大まかな言葉としては覚えたのですが
どんな科目が入るのかが分かりません。

何回も繰り返して暗記するしかないのでしょうか?

3級をクリアしてる人に聞いたら
3級は2週間程度の勉強で受かると言われました。
しかし私には到底無理なようです。

簿記の勉強のコツとかがあったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/現金500
となるわけです。(数字は適当です)

簿記は仕訳段階では引き算を使わずに、足し算だけで
表現しますので、現金が減るという引き算を使わず、
反対側に数字を載せることで現金の増減を表すので、
ここらが迷いやすいところなのです。

>どんな科目が入るのかが分かりません。

あとは、ほぼ日本語通りです。
下の言葉をさらに便宜上細かい勘定科目に分けているに過ぎません。
資産・・・現金・預金・土地・建物・売掛金
負債・・・借入金・買掛金
費用・・・○○費

ちょっとややこしいのは、同じ言葉で資産と費用の区別があるものでしょう。
これは最重要項目の決算書、清算表の問題には必ず出てきて、
配点に大きくかかわりますので、いくつかのパターンを全部覚える必要はあります。
家賃(費用)―前払家賃(資産)
支払い利息(費用)―未払い利息(負債)―前払い利息(資産)
など。

どんな勘定科目があるのかは、いちいち勉強するより、
どこかの会社の決算書でも見たほうが早いです。
みるのは費用項目くらいでよろしいでしょう。
どういうものがあるのか、さらりと3つ4つみるだけでいいです。

あとは、一通りさらってみたら、(全部理解できてなくてもよい)
一度、過去問を1つ解いてみることです。
そして、理解できていないところだけ見直します。
そして、その過去問の問題が理解できたら、次の過去問をやり、
また、わからないところだけ復習します。

だいたい10問くらい過去問をやり、理解を十分にしておき、
初見の問題をやって9割取れれば、ほぼ3級は合格できます。
(これは2級も同じです)
合格ラインは7割なんで、自宅で7割では問題によっては
落ちる場合もありますので、9割理解を目指してください。

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/...続きを読む

Q日商簿記3級って何に使えるんですか?

私は現在就職活動中の大学3年です。彼女が日商簿記3級を目指して今月半ば頃から勉強をしだし、私に「一緒にやろうよ」的なことを言って来た直後に「あー就活中だし、テスト近いし無理だね」と言われ、むかついたのでやってやろーじゃんって思ったんですけど、実際、日商簿記3級って何に役立つのか教えてもらえませんか?
一応、知っておいて損はないかなー程度に考えており、また就職活動中なので、面接等において「自分に限界を作らない」みたいな事を日商簿記3級を通して言えればなーと思い頑張っております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の知識は、経理では必須ですが
あなたが金融機関を志望しているのであれば、たとえ営業でも、簿記3級はとっておいて損はないでしょう。
実際、金融機関では、営業でも入社2年以内に簿記3級を取得のこと、としているところもあります。
中には2級取得を課しているところもあります。

金融機関でなくても、営業で取引先の信用度を調べる際に
取引先の会社の状況を知るのに
簿記の知識は役に立つと思います。
まぁ、そのための知識としては、3級では役不足なんですが
それでも、働き出して、一から勉強するのと、ある程度の知識があって
それの積み増しをするのとでは、労力はまったく違います。

簿記は経理のみならず、営業でも必要となる知識です。
営業では、財務諸表分析というものが役に立ってくるのですが
その基礎となるのが、簿記になります。

蛇足ですが、金融機関志望であれば、ファイナンシャルプランナー(FP)の取得を
目指されるのもいいと思います。

Q試算表を解くコツ3

 こんにちは、私は今簿記の試算表で困っています。前回は試算表の解き方を質問させていただき解き方はわかったのですが、取引の発生→仕訳→総勘定元帳の転記の順番で解いていくと時間がかかり過ぎてしまうのです。仕訳をしたら貸借の計算をして、総勘定元帳へ転記したらまた貸借の計算をしそれから試算表、この通りやると1時間以上かかってしまうため本番の試験で他の問題を解く時間がないと思うのです。
 このやり方が一番正確なのはわかるのですが、
 誰かもっと早く試算表を解く方法を知らないでしょうか?
 教えてください。困っています。

Aベストアンサー

3.2級ととったものです。

そのやり方が一番正確で、結果的には早いのです。
なんだかんだで、仕分けに間違いや、転記ミスが発生します。
試験の時間的な余裕のない、焦った状況ではなおさらです。

そんな時に、大きな字で、綺麗に書かれた仕訳の一覧を作っているのと
作っていないのとでは、後々、正確さにおいて大きな差が出ます。

直接、記入していくようなやり方は、訂正時にわざわざ
間違うようなもので、お勧めはできません。
そういう作業を間違いなくできるようなレベルの高い人は、
転記しても20-30分程度で問題をこなしてしまうでしょう。

自分も試算表問題は40分程度を目途にやりますが、
大抵、見直すとどこかしら間違いを起こして、あとから
10分程度はあーでもないこーでもないとやり直す羽目になります。

そんなときに、仕訳を別表で作成していないと、
どこでなにをどーしたやらと悩むことになります。
まあ、間違いのもとです。

それよりも仕訳のスピードをあげるのが一番の早道です。

Q簿記三級だってつらい

きちんとやれば受かるものだということはわかります。

回りの言い分も、「一発で受かるのがあたりまえ、受からないのは勉強していないからだ」という感じが暗に伝わります。

だからこそつらい。独学でやってきたので、理解に時間がかかったし要領も悪かったと思いますが、自分なりに懸命にやってここまできました。だから「簿記三級は簡単・受かってあたりまえ」とはとてもおもえない。

過去問を重ねて解いて、時間内にできるようにはなったし、合格レベルにはあると思うのですが、問題を解いていて、たまにケアレスミスが重なり合格点に満たない時があると追いつめられたような感じになります。24日受けるので、試験までもう何日もありませんが、この漠然とした不安感が抜けません。皆様はどうしてましたか?直前にやったことで何かよいことなどありますか?あと気持ちの持って行き方など教えて下さい。

大変申し訳ないのですが、「三級なんて簡単」とか「ちゃんと勉強していればそんな不安もでないはず。勉強が甘いだけ」とかさらに追いつめるような回答は勘弁下さい。

Aベストアンサー

前回3級合格者です。私も勉強始めて想像してたより難しいと思ったので気持ちわかります。

私が直前にやったことですが、もう1回テキストをはじめからざ-っと読み直しました。
あまり試験には出ないと言われていた計算法も一応覚えておきました
(これが功を奏して、売上原価の計算を売上原価勘定で計算する問題で得点することができました)。
気になるところは虫の知らせなのか、出題されたりするもんです。
あとはやっぱり、過去問の数をこなして自信をつけました。

知ってるかもしれませんが、、受験テクニックを書いておきますね。
・まずは最初に問題全体を見る
・1.3.5問から解く(20点・30点・30点と左記3問解ければ合格)
・問題文はよく読む(勘定の指定、試算表のフォームに注意)
・時間がかかりそうなところは後まわしにして、すぐ次へいく
(他をやり終わって戻るとすんなり解けたりする)
・精算表は決算整理したところを、一行ずつ損益計算書・貸借対照表欄まで記入してしまう
(配点箇所は修正・整理記入欄ではなく上記欄のことの方が多い、
後でまとめて書こうと思っていると時間切れになる)

最後に...これが一番効くテクニック!?でした。
「最後まであきらめないこと!!」
終了15分前まで残高試算表の貸借が合わずあせってたんですが、この言葉を思い出し、
あきらめずに見直したら間違いを発見できました。

naonyonさんの合格をこころから祈ってます。
そうそう、受験料2,500円だと思えば不思議と緊張しませんよ。

今回2級は4,500円なんで少し緊張してます(笑)
お互いがんばりましょうね。

前回3級合格者です。私も勉強始めて想像してたより難しいと思ったので気持ちわかります。

私が直前にやったことですが、もう1回テキストをはじめからざ-っと読み直しました。
あまり試験には出ないと言われていた計算法も一応覚えておきました
(これが功を奏して、売上原価の計算を売上原価勘定で計算する問題で得点することができました)。
気になるところは虫の知らせなのか、出題されたりするもんです。
あとはやっぱり、過去問の数をこなして自信をつけました。

知ってるかもしれませんが、、受...続きを読む

Q簿記2級、どれくらいで受かりましたか?

11月の試験に何がなんでも簿記2級に受かりたいと思っているものです。
インターネットを見ると、簿記2級なんて、1週間勉強して取れるくらい簡単な試験だよというのを見たりとか、1年しっかり勉強しないと、どんどん難しくなっているからというのを見たりとかしましたが、実際、教えて!gooを閲覧している方で、こんなに短期で受かったよ、もしくは真面目に勉強して1年くらいかかりましたなどの情報を頂けたら、幸いです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

私は8年ほど前に、参考書と問題集の独学で、期間3ヶ月ほどで合格しました。商業簿記と工業簿記が選択制だと試験四日前まで勘違いしており、商業簿記しか勉強していませんでしたが、四日間で工業簿記を勉強(通勤時間、昼休み、仕事後の時間全て勉強)し、合格しました。

人それぞれですが、必要なのは集中力でしょう。
応援しています。頑張って下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング