『聖書』と『論語』を読みたいと思うのですが種類が多くてどれを読んでいいのか迷っています。
そこでどうせなら経営者と同じものを読みたいので例えば藤田田(日本マクドナルド)さんは『聖書』のどこから(出版社名)いつ(出版時期)でたものを読んでいるとか、『論語』だったら誰が誰の注釈者のものをよんでいるかなど、できるだけくわしく教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も聖書は原典、しかも文語体聖書で読むことをオススメします。

口語体と文語体とでは、格調がまるで違いますし、文語体の方が後々まで心に残ります。

論語に限らず、中国の古典は、「明治書院」などから出ている、漢文注釈本がいいのではないでしょうか?原文が分からなかったら、日本語の注を読めばいいのです。比較対照すると、漢文も読めるようになります。

個人的には、孔子より老子、孫氏、韓非子の方が好きで現代に通じるものがあります。何れも「明治書院」の注釈本がいいです。
    • good
    • 0

論語に関してですが。


大阪大学名誉教授で、現東亜大学学長の加持伸行先生の書いた論語の解説書はわかりやすく、かつ評価の高いものです。一般向けには講談社現代新書か、中公新書の「儒教とは何か」あたりが手頃だと思います。いわゆる保守的な思想ですが、それでもどのような価値観を持っていても、彼の価値観に学ぶことは多いと思います。あと、貝塚茂樹京都大学名誉教授の本もいいですね。これも入門書は講談社の現代新書から出ていたと思います。あと、岩波新書からも別な本が出ていたと思います。(ただしこれは孔子の活躍した時代背景を論じることが多いのですが)

注釈本は数ありますが、入門書を読んでからの方がすんなり入っていくと思います。(もっとも、その著者のバイアスを受けるというリスクはありますが)

と、入門書をあげましたが、そのくらいの知識がある、という方だったらごめんなさい。初心者向けの本をあげたまでです。
    • good
    • 0

 聖書も論語も、注釈書を就職面接目的で読んで分かった気になれるほど、底が浅いものではありませんよ。

かえって付け焼刃を指摘されて致命的ダメージをこうむる恐れが大です。

 注釈書よりも、とにかく原典(岩波文庫などから出ています)を開いてみましょう。必ず、あなたの心に残る言葉があるはずです。それを自分のこれまでの経験を絡めて語る、というのはどうでしょうか。あくまで自分の感性・自分の言葉で勝負です。面接官は知識よりも表現力を重視すると思いますし。


……だけでは不親切なので本を一つ紹介します。

長尾剛『日本がわかる思想入門』(新潮OH!文庫)

という本を読むと、昔から日本人が論語を吸収し、利用し、乗り越えるためにいかに苦労してきたかがわかります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上前淳一郎『読むクスリ』掲載のジョークについて

十年ぐらい前に読んだ上前淳一郎著の『読むクスリ』の中で面白いジョークが乗っていましたが、内容を忘れてしまいました。
判る方、是非教えてください!

確か、「理想の生活」をテーマにした国際的?ジョークでした。
最高の生活とは、日本人の妻を持って
        イギリス人の家に住んで
        アメリカ人のサラリーをもらって
        中国人の料理人をやとって
        スイス人の会計士をやとって(このあたりから記憶が怪しいです)
        フランス人の恋人をもって
        ・・・・
というのが何項目も続いて、最悪の生活というのが
一つズレタもの、という内容でした。

日本人の家に住む、イギリス人の料理を食べて中国人のサラリーをもらうか中国人の会計士を雇うとかが最悪な生活だったと思います。
読んだ当時は物凄く衝撃を受けていたのを覚えています。

このジョークの全文が知りたいのですが、出来たら何巻に掲載されているかも教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内容が載せられているブログがありましたので、ご参照下さい。

タイトル「男の理想」
http://kakugen.oisiso.com/?search=%C6%FC%CB%DC%BF%CD

なお、掲載されているのは13巻だそうです。

Q聖書の次に読まれている本って何でしょう?

世界中で一番読まれているのは、聖書だということです。では、二番目に読まれているのは何でしょうか?

Aベストアンサー

出版部数で言えば、一般的にサン=テグジュペリ著「星の王子さま」と言われていますね。

Q中学生・国語『残されたフィルム』の作者は誰

昔、国語(中学生)の教科書に掲載されていた小説に関しての質問です。

「残されたフィルム」という小説が教科書に載っていました。

この小説を再び読んでみたいのですが、作者や収録されている書籍名が分かりません。(教科書も処分してしまいました)

もし、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけたら嬉しいです。

------------------------------------------
【ストーリー】
(記憶があやふやなので間違えがあるかもしれません。ご容赦下さい)

・主人公が中古のカメラを購入する
・カメラの中にフィルムが残されていた
・現像した所、人物が写っていた

・写真の手かがりから、この人物に写真を届ける事はできないだろうか?(教科書はココで終わります)
------------------------------------------

主人公が、写真の人物を捜すところで教科書は終わるのですが、続きがあるのか気になっています。(もしかしたら短編小説で、ここで終わりなのかもしれません)

昔、国語(中学生)の教科書に掲載されていた小説に関しての質問です。

「残されたフィルム」という小説が教科書に載っていました。

この小説を再び読んでみたいのですが、作者や収録されている書籍名が分かりません。(教科書も処分してしまいました)

もし、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけたら嬉しいです。

------------------------------------------
【ストーリー】
(記憶があやふやなので間違えがあるかもしれません。ご容赦下さい)

・主人公が中古のカメラを購入する
...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 実はここの質問で出ています。やはり教科書に採用された作品は印象が強くなるようです(↓は教科書ではありませんが)。
http://okwave.jp/qa1079557.html
 それで、この回答にある『人びとの忘れもの』はいまだに絶版のままで、探すとすると古書店か図書館になります。国会の目録は内容の細目が無いので検索しても結果がありません。
 古書店だとここで見つかるものが一番安くなっています。
http://www.newgenji.co.jp/cgi-bin/sieta.pl?gf=name&rp=http%3A%2F%2Fsgenji.jp%2Findex.html&gk=%90l%82%D1%82%C6%82%CC%96Y%82%EA%82%E0%82%CC&ff=1&rc=50&of=1&sm=s&CID=1
ほかにはアマゾンのマーケットプレイスなどにあります。
 図書館の検索はこちらでどうぞ。
http://www.jla.or.jp/link/public.html

Q新風舎という出版社で共同出版された方

新風舎という出版社から、共同出版で本を出された方、いらっしゃいますか?

友人が、自費出版よりはお金がかからないと言われ、出版を検討しているそうなのですが、詩集80ページちょっとで120万円と言われたそうです。
近所のおじさんが他社で自費出版しているのですが、かなり厚い小説を20年くらい前に100万円で作ったと言っていました。

自費出版で100万円に比べて、共同出版で120万円は、かなり高いと思うのですが、相場はいくらくらいなのでしょうか。
内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
騙されているのではないかと心配しています。
新風舎について色々検索してみたのですが、いいことしか載っていないような気がしました。
経験者の方のご意見を拝聴したいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)置いてもらえること。
それから流通コードをもらえることです。自費出版は出版社が印刷した、ただの印刷物ですが、流通コードがあれば出版物と認められ、全国の書店から注文できます。おまけに、国会図書館は全ての出版物を保存しているそうですから、お友達の本も国会図書館におさめられますね。これはちょっとうらやましい。
ですから、サービスがいいぶん共同出版のほうが高めのこともよくあります。もちろん安いこともありえます。

で、値段なんですけどこれはピンからキリまで。20年前の自費出版と今の共同出版では比べ様がないですね。
詩集の相場にはくわしくないけど、小説でしたら300ページぐらいで150~300万円と聞きます。
ただ、詩集はまったく売れません。商業出版でも新人の小説の初版は5000部ぐらいに対し、詩集で300部ほどという差がすでにあります。

120万で詩集ということなので、印刷数は100冊ぐらいでしょうか。たぶんもっと少ない気もしますが。
ためしにこれで計算してみましょう。
120万で100冊ということは一冊の原価が1200円となりますね。(この価格で素人の詩集を購入する人はまずいないでしょうが)

印税は新人だと5%ぐらいです。共同だともっと低いかもしれません。
1200円の5%=60円

自費(共同)出版で10冊売れればベストセラーと言われています。詩集ですから、3冊ほど売れれば奇跡の大ベストセラーと言えるでしょう。
その奇跡をおこしたとして、入ってくる印税は180円。120万払って儲かるのは180円。悲しいけどこれが現実です。
書店から返品された本を自分で友人知人、ご近所親戚に売りつければもう少し売上があがるでしょうが、皆に嫌われます。

お友達が費用を回収できるのは2万冊以上売らなければいけません。現実にプロの詩人でもこんなに売り上げがある人はいません。

もっと印刷冊数が多ければ原価も下がり、当然印税もさがってさらに費用回収は困難でしょう。かといって原価を上げればますます買う人は減るでしょう。

共同出版の現状からすれば120万は法外に高すぎる値段ではないと思います。(それが現実問題として妥当な値段かどうかは別として)
新風舎は自費出版系として有名ですし、なによりきちんと契約どおり出版されれば詐欺とはいえません。
ですが思ったように本が売れず、借金だけが残って騙されたと感じる人も多数いることでしょう。
そのことを考慮して決めるよう、友人に話してみてあげてください。

ちなみに
>内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
これは作品の内容というより、本の品質で変わるようです。
出版社は本の売上で利益を得ようとしているのではなく、本の出版費用で利益を稼いでいますから。よほど内容が良ければありえるかもしれませんが。
先に書いたように詩集はまったく売れませんから、いかに今まで見たこともないようなすばらしく感動的で、まさしく天才の作品であっても、詩である限り内容で割引されるとは考えにくいですね。そこまですごい作品なら、話題になって商業出版の話が持ち上がるかもしれません。
ただ、値引きはわりしてくれるとも聞きます。
それから、120万は印刷代だけ、あと編集代としていくら、表紙のデザイン代でいくら、宣伝費(書店に本を置く代金)がいくらかかると後で金額を追加されないよう、最初の話し合いはきっちりとしてください。

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)...続きを読む

Q【漢文の読む方法を教えてください】 漢字だけの漢文はどうやって読めば読めるのですか? 一ニレとかは読

【漢文の読む方法を教えてください】

漢字だけの漢文はどうやって読めば読めるのですか?

一ニレとかは読むための補助で実際の漢文には一ニレとか書いてないんですよね?

これは後で読みやすいように日本人が追加したものですよね?

最初から書かれているものなのでしょうか?

漢文の読むルールを教えてください。

日本語にない漢字が出て来ませんか?

日本語にない漢字が出て来たときはどうするのですか?

Aベストアンサー

>漢文の読む方法を教えてください

白文を読んで理解できるようになるには、漢文法、漢字の意味、固有名詞、中国の歴史等、全てを覚えてしまうしかないと思います。


おすすめ情報