『聖書』と『論語』を読みたいと思うのですが種類が多くてどれを読んでいいのか迷っています。
そこでどうせなら経営者と同じものを読みたいので例えば藤田田(日本マクドナルド)さんは『聖書』のどこから(出版社名)いつ(出版時期)でたものを読んでいるとか、『論語』だったら誰が誰の注釈者のものをよんでいるかなど、できるだけくわしく教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も聖書は原典、しかも文語体聖書で読むことをオススメします。

口語体と文語体とでは、格調がまるで違いますし、文語体の方が後々まで心に残ります。

論語に限らず、中国の古典は、「明治書院」などから出ている、漢文注釈本がいいのではないでしょうか?原文が分からなかったら、日本語の注を読めばいいのです。比較対照すると、漢文も読めるようになります。

個人的には、孔子より老子、孫氏、韓非子の方が好きで現代に通じるものがあります。何れも「明治書院」の注釈本がいいです。
    • good
    • 0

論語に関してですが。


大阪大学名誉教授で、現東亜大学学長の加持伸行先生の書いた論語の解説書はわかりやすく、かつ評価の高いものです。一般向けには講談社現代新書か、中公新書の「儒教とは何か」あたりが手頃だと思います。いわゆる保守的な思想ですが、それでもどのような価値観を持っていても、彼の価値観に学ぶことは多いと思います。あと、貝塚茂樹京都大学名誉教授の本もいいですね。これも入門書は講談社の現代新書から出ていたと思います。あと、岩波新書からも別な本が出ていたと思います。(ただしこれは孔子の活躍した時代背景を論じることが多いのですが)

注釈本は数ありますが、入門書を読んでからの方がすんなり入っていくと思います。(もっとも、その著者のバイアスを受けるというリスクはありますが)

と、入門書をあげましたが、そのくらいの知識がある、という方だったらごめんなさい。初心者向けの本をあげたまでです。
    • good
    • 0

 聖書も論語も、注釈書を就職面接目的で読んで分かった気になれるほど、底が浅いものではありませんよ。

かえって付け焼刃を指摘されて致命的ダメージをこうむる恐れが大です。

 注釈書よりも、とにかく原典(岩波文庫などから出ています)を開いてみましょう。必ず、あなたの心に残る言葉があるはずです。それを自分のこれまでの経験を絡めて語る、というのはどうでしょうか。あくまで自分の感性・自分の言葉で勝負です。面接官は知識よりも表現力を重視すると思いますし。


……だけでは不親切なので本を一つ紹介します。

長尾剛『日本がわかる思想入門』(新潮OH!文庫)

という本を読むと、昔から日本人が論語を吸収し、利用し、乗り越えるためにいかに苦労してきたかがわかります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q論語に関しての基本図書を教えてください。

論語の読書会をしています。
テキストには明治書院の漢文大系と宮崎市定の論語を使い、
学生時代、国文科の授業(古典籍の翻刻などが中心でした…)でやっていたように
古注などを参考にして読んでいます。
しかし何しろ門外漢なので、テキストの選択、参考図書などは
高校で教員をしていた時に使っていたものなどが中心になっています。
中文、あるいは哲学の方はどのように論語を読んでいるのでしょうか。
基本的な論語の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

読書会ということなので、あまり参考にならないかも
しれませんが、私がおこなった「論語」の読み方を
紹介いたします。
私は、「論語」の注釈書にあたりました。
「論語集注」「論語正義」「論語会箋」などです。
「論語」についていろいろ解釈してるんですが、
それぞれ論が違っていておもしろいです。
でも漢文で書いてあるのを自分で書き下して読んでいかなくては
ならないので大変でした。
・・基本図書ではありませんが参考まで・・。

Q聖書の次に読まれている本って何でしょう?

世界中で一番読まれているのは、聖書だということです。では、二番目に読まれているのは何でしょうか?

Aベストアンサー

出版部数で言えば、一般的にサン=テグジュペリ著「星の王子さま」と言われていますね。

Q論語 高橋和巳 中島敦

高橋和巳は、論語のことを説教くさく、道徳的でつまらないと思っていました。しかし、中島敦の論語について書いている本を読んでから、論語の面白さに気づき、感動を覚えたそうです。
そのことについて書いている本が出ているようです。
その本の名前分かる方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

「論語 ― 私の古典」 という随筆であろうと思われます。

  儒教的倫理や制度は激しく攻撃され、『論語』は青年の
  手にする書物ではなくなっていた。
  それを手にした機縁は、道学的な関心ではなく、むしろ
  文学的なものだった。硬質の文体で知慧の悲しみとでも
  いうべきものを描き続けた中島敦の『李陵』という作品
  が私を中国文学に接近させ、『弟子』という作品が『論
  語』に開眼させたのだった。    (高橋和巳「論語」)

『高橋和巳全集 第十ニ巻 評論2』(1978年 河出書房新社)に収められています。

なお、Amazon と紀伊国屋で検索してみたところ、入手できなくなっています。わたしは図書館で借りて読みました。おもしろかったです。

Q新風舎という出版社で共同出版された方

新風舎という出版社から、共同出版で本を出された方、いらっしゃいますか?

友人が、自費出版よりはお金がかからないと言われ、出版を検討しているそうなのですが、詩集80ページちょっとで120万円と言われたそうです。
近所のおじさんが他社で自費出版しているのですが、かなり厚い小説を20年くらい前に100万円で作ったと言っていました。

自費出版で100万円に比べて、共同出版で120万円は、かなり高いと思うのですが、相場はいくらくらいなのでしょうか。
内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
騙されているのではないかと心配しています。
新風舎について色々検索してみたのですが、いいことしか載っていないような気がしました。
経験者の方のご意見を拝聴したいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)置いてもらえること。
それから流通コードをもらえることです。自費出版は出版社が印刷した、ただの印刷物ですが、流通コードがあれば出版物と認められ、全国の書店から注文できます。おまけに、国会図書館は全ての出版物を保存しているそうですから、お友達の本も国会図書館におさめられますね。これはちょっとうらやましい。
ですから、サービスがいいぶん共同出版のほうが高めのこともよくあります。もちろん安いこともありえます。

で、値段なんですけどこれはピンからキリまで。20年前の自費出版と今の共同出版では比べ様がないですね。
詩集の相場にはくわしくないけど、小説でしたら300ページぐらいで150~300万円と聞きます。
ただ、詩集はまったく売れません。商業出版でも新人の小説の初版は5000部ぐらいに対し、詩集で300部ほどという差がすでにあります。

120万で詩集ということなので、印刷数は100冊ぐらいでしょうか。たぶんもっと少ない気もしますが。
ためしにこれで計算してみましょう。
120万で100冊ということは一冊の原価が1200円となりますね。(この価格で素人の詩集を購入する人はまずいないでしょうが)

印税は新人だと5%ぐらいです。共同だともっと低いかもしれません。
1200円の5%=60円

自費(共同)出版で10冊売れればベストセラーと言われています。詩集ですから、3冊ほど売れれば奇跡の大ベストセラーと言えるでしょう。
その奇跡をおこしたとして、入ってくる印税は180円。120万払って儲かるのは180円。悲しいけどこれが現実です。
書店から返品された本を自分で友人知人、ご近所親戚に売りつければもう少し売上があがるでしょうが、皆に嫌われます。

お友達が費用を回収できるのは2万冊以上売らなければいけません。現実にプロの詩人でもこんなに売り上げがある人はいません。

もっと印刷冊数が多ければ原価も下がり、当然印税もさがってさらに費用回収は困難でしょう。かといって原価を上げればますます買う人は減るでしょう。

共同出版の現状からすれば120万は法外に高すぎる値段ではないと思います。(それが現実問題として妥当な値段かどうかは別として)
新風舎は自費出版系として有名ですし、なによりきちんと契約どおり出版されれば詐欺とはいえません。
ですが思ったように本が売れず、借金だけが残って騙されたと感じる人も多数いることでしょう。
そのことを考慮して決めるよう、友人に話してみてあげてください。

ちなみに
>内容の良し悪しで高くなったり安くなったりしますか?
これは作品の内容というより、本の品質で変わるようです。
出版社は本の売上で利益を得ようとしているのではなく、本の出版費用で利益を稼いでいますから。よほど内容が良ければありえるかもしれませんが。
先に書いたように詩集はまったく売れませんから、いかに今まで見たこともないようなすばらしく感動的で、まさしく天才の作品であっても、詩である限り内容で割引されるとは考えにくいですね。そこまですごい作品なら、話題になって商業出版の話が持ち上がるかもしれません。
ただ、値引きはわりしてくれるとも聞きます。
それから、120万は印刷代だけ、あと編集代としていくら、表紙のデザイン代でいくら、宣伝費(書店に本を置く代金)がいくらかかると後で金額を追加されないよう、最初の話し合いはきっちりとしてください。

共同出版で出版したことはないけど、作家を目指しているんで共同出版の話はよく聞きます。

まず共同出版だからといって自費出版より必ずしも安いとは限らないということ。
自費出版は悪名が広がりすぎたのか、断る人が多いので最近は出版社が提案する件数は減ったように思います。

かわりに出てきたのが共同出版ですが、名前のとおり出版社が費用の半分を共同で持つということは、まずありえません。
じゃあなにが共同かといえば、ひとつは出版社が契約している全国数十の書店に一定期間(一ヶ月ぐらい)...続きを読む

Q論語は役に立ちましたか

日本人なら少しは誰しも読むだろう、名著「論語」
その論語は役に立ちましたか?

Aベストアンサー

ANo.1さんの言われる通り、別に「論語」を意識したわけではないが・・!
後から出典をを確認してそれと分かった・・!

「温(レ)故而知(レ)新」
「剛毅木訥近(レ)仁」
「言思(レ)忠」
「見(レ)得思(レ)義」
「不(レ)怨(レ)天、不(レ)尤(レ)人」
「己所(レ)不(レ)欲、勿(レ)施(二)於人(一)」
----------------------
(レ):返り点
(二)(一):一二点
・・・の意!
----------------------
・・など、当方が"そうありたい"と意識したりする事はある・・!
なので「役立っている」と言えると思う・・!

Q本を読むとき声に出して読むのは私だけですか?

本を読むとき声に出して読むのは私だけですか?
マンガも少し前までは声に出して読んでいました。
しかも、感情とか込めて読んでいます。
こんなの私だけでしょうか?
又、やめた方が良いでしょうか?
お願いします。教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
私はよく会社で声が小さいと注意されることがよくありました。また研修結果を発表する際も上手く言葉に出来ない時がありました。
そんな時先輩から言われたのが「本や新聞を声に出して読め」でした。
そこで毎日新聞の記事を声に出して読んでいたら
注意される事が少なくなり、また自分が言いたいことが言葉になるようになりました。
本を声に出す事はとても良いと思います。
余談ですが、私は野球が好きなので野球の記事ばかり声にだして読んでました(笑)

Q孔子の論語について書かれた本でオススメの本を・・・

孔子の論語について書かれた本でオススメの本を教えてください。
最近、孔子の論語に興味があります。
なので、孔子の論語について書かれた本を読もうと思っています。
私は小学六年生なので、小六でもわかるような、難しすぎないものがいいのですが、どれがいいでしょうか?
教えてください。よろしくおねがいします。

(多少難しくても理解できると思うので、みなさんぜひ回答をおねがいします)

Aベストアンサー

アマゾンで「論語 こども」または「まんが 論語」などで検索すると
たくさんヒットします。

例えば、こんな本があります。
「小学生のための論語」齋藤孝 著

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%82%DC%82%F1%82%AA%81@%98_%8C%EA#/ref=nb_sb_ss_i_6_6?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E8%AB%96%E8%AA%9E+%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82&sprefix=%E8%AB%96%E8%AA%9E+%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82&rh=n%3A465392%2Ck%3A%E8%AB%96%E8%AA%9E+%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%82%DC%82%F1%82%AA%81@%98_%8C%EA&x=21&y=23

アマゾンで「論語 こども」または「まんが 論語」などで検索すると
たくさんヒットします。

例えば、こんな本があります。
「小学生のための論語」齋藤孝 著

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%82%DC%82%F1%82%AA%81@%98_%8C%EA#/ref=nb_sb_ss_i_6_6?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E8%AB%96%E8%AA%9E+%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82&sprefix=%E8%AB%9...続きを読む

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm

Q論語について

論語を家庭で教えなくなったのは明治の後半くらいからですか?またその理由は強いて論語が問われることもなくなったからですか?

Aベストアンサー

湯川秀樹は子供のときに、お祖父さんから毎日論語の素讀をさせられたらしいですよ。この素讀が後々に非常に役に立ったさうです。
でも論語を家庭で教へてたのは、武家の家に限られるやうです。

學校では戰前まで、漢文が科として獨立してました。ですので、戰前教育を受けた世代は論語に限らず漢文の素養があります。

Q以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思

以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思い出せずに困っています。


幸せな恋人生活の後に、最終的には彼女が彼氏を殺してしまう話だった気がします…はっきりとしておらずすみません。


その本には最後に結構なページ数を割いた番外編のようなものがついていました。
本編から何年か経った後、彼氏を殺してしまったことを悔い、北海道の宗谷岬に旅立つ話です。

番外編の題名は「イヨマップ」でした。
『アイヌ語で「愛してる」って意味なんだよ』みたいなことを言っていたのがやけに印象的で、そこだけはっきりと覚えています。


学校の図書館に新書として入ってきたのを読んだのが三、四年ほど前なので、発刊もそれくらいだと思われます。



僅かな情報ですが、ほんの少しでも心当たりのある方の書き込みをお待ちしてます。

Aベストアンサー

「ラストスマイル」菊池誠(2004年発売)

この作品の第二部の題が「イヨマップ」です。

質問者様の記憶と同じく北海道が舞台になっていますので一度ご確認ください。

お探しの本だといいのですが・・・。


人気Q&Aランキング