決算整理前の合計試算表には
消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

とあります。どのような仕訳でこうなるのか教えてください。
ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です
お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入しています。金額は60-13=47です。
消耗品費  47  /現金など  47

これで期中における消耗品費勘定の合計額が60になります。

ここまでが期中、すなわち決算整理前合計試算表に計上されている金額です。


ここから、

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

を用いて、決算整理仕訳、つまり

消耗品 xx  / 消耗品費 xx

と言う仕訳を作成します。今分かっているのはこの決算整理仕訳を行なった後の消耗品勘定及び消耗品費勘定の残額です。それが損益勘定と繰越資産勘定に計上されています。つまり、

消耗品 10  / 消耗品費 10

が求める決算整理仕訳です。


ところで、

>ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です//

答えさせる試算表は決算整理後残高試算表ではないですか?決算整理前合計試算表だったら、既に

>消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60//

と出ているはずですから。私の指摘通り決算整理後残高試算表でしたら、問題として理屈が分かります。
そして、その問題を解答するヒントとして、損益勘定と繰越試算表は決算整理後残高試算表の金額を基に作成されるという事を付け加えておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに分かりやすい説明で感動しております…!
スッキリ解決できて良かったです
ありがとうございます!!!

お礼日時:2014/08/03 01:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレカを会社の通信料に充当した場合の仕訳ですが、貸方は消耗品、借方は通

テレカを会社の通信料に充当した場合の仕訳ですが、貸方は消耗品、借方は通信料と手数料に
なるのでしょうか?手数料分も込みで通信料とするのはまずいでしょうか?

Aベストアンサー

#1の回答者です。

科目は通信費/雑収入(営業外)となります。
手数料用の科目がないとのことですので、そのままテレカの額面を取引金額にしてもかまわないと思います。高額で分けるようなら広義で振込手数料ととらえて振込料を処理するときの科目にするのも方法です。

貸方が雑収入とする理由:過前期のもので今期の支払いに当てたので、今期から見るとテレカの価値分会社は得をしたことになります。(<収入とみる)また、グッツとして購入していたことから質問者さんの事業はテレカを商品として販売して収入を得る事業ではない(<営業外)と考えます。

既存の科目で処理する理由:今回のテレカの処分は在庫の処分をするためで次年度以降頻発すると考えにくいためです。継続的な発生や高額な取引が発生しない限りわざわざ科目を作る必要はないと思います。

経理システムの都合上で上の課目を同時入力できないときは、間に「仮受金」を挟めんで2行で仕分ければできます。
(通信費/仮受金と仮受金/雑収入)

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q決算整理後残高試算表からの売上総利益の算定

50      繰越商品
        売上          1000
600     仕入 
80      棚卸減耗費
10      売上割引

減耗費については60は原価性が認められるので売上原価の内訳科目とする

以上の問題についてですが、ここから売上総利益を算定のとき、
私は売上原価をもとめるときのように、繰越商品を足してしまいました。
(資格試験のために簿記3級をかじった程度の知識しか持ち合わせておりません。売上割引が
この計算に入らないという程度はわかります。)

回答を見て繰越商品を入れないことがわかったのですが、このあたりを具体的に教えていただきたいのです。また決算整理前と決算整理後の試算表の違いもお願いたします。

色々科目が多く、なかなか自分で調べる時間がとれませんので、よろしくご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。相変わらず頑張っておられますね。

>以上の問題についてですが、ここから売上総利益を算定のとき、
私は売上原価をもとめるときのように、繰越商品を足してしまいました。//

それは決算整理「前」残高試算表から計算する場合の方法ですね。
今与えられているのは決算整理「後」残高試算表ですから、ここに出てくる「仕入」勘定が売上原価なんですよ。


>回答を見て繰越商品を入れないことがわかったのですが、このあたりを具体的に教えていただきたいのです。また決算整理前と決算整理後の試算表の違いもお願いたします。//

決算整理前と決算整理後の試算表の違いとは、決算整理をする前かした後か、文字通りのことです。
決算整理とは、
売上原価の算定(後述します)
減価償却費の計上
貸倒引当金等引当金の計上(B/S科目)とそれに伴う引当金繰入額(P/L科目)の計上
経過勘定項目(未収収益、前払費用、未払費用、前受収益)の算定(B/S科目)とそれに伴なう各費用・収益項目の算定(P/L科目)
などがあります。

本問にある「仕入」勘定は上述したとおり、売上原価のことを指します。損益計算書では「売上原価」と表記しますが、仕訳段階とその集計である試算表では、売上原価の算定には「仕入」勘定をそのまま使う事が多々あります。ですから、問われている試算表が決算整理前か決算整理後かを先ず確認することです。

商品の変動を仕入のT字勘定を使って見てみましょう。

     仕入
-----------------------
(a) 期首  |
------------|  
(b)当期   |(d)
      |
      |---------
      |(c)期末
-----------------------      |


>私は売上原価をもとめるときのように、繰越商品を足してしまいました。//

とありますから、売上原価の算定方法が
(a)+(b)-(c)・・・つまり(d)
であることは、ご存知と思います。それは決算整理前残高試算表の仕入勘定の金額が(b)であり、繰越商品の金額が(a)であるからです。ここから期末の帳簿上の商品残高の金額が与えられて、上の式で計算する訳でした。

上述の決算整理の項目の中に、「売上原価の算定」と書きましたが、この(d)を計算する作業こそがこの「売上原価の算定」なのです。それを試算表の中では「仕入」勘定のままで行なっています。
ですから決算整理後残高試算表における「仕入」勘定とは(d)つまり売上原価そのものなのです。


ただ、本問の場合、もう一つ先に問題が進みます。棚卸減耗費です。上記の(c)は帳簿上の期末商品棚卸高ですから、何らかの理由で減耗してしまった商品分も含んでしまっています。所与の数字を用いるとこうなります。

 (c)
 |----------------|------|------|合計130(50+80)
 |        |   |   |  
 | (i)      |(ii) |(iii) |
  ----------------------------------      

(c)期末商品棚卸高のうち80は減耗しており、そのうち60が原価性あり残りの20が原価性なしで、減耗部分を除いた実地棚卸高が50という事になります。すると上の図で、
(i) を実地棚卸高の50
(ii) を原価性のある減耗分60
(iii)を原価性のない減耗分20
とすると、
(c)=(i)+(ii)+(iii)=130で、
このうち、原価性のある(ii)を売上原価の算入します。
従って、損益計算書上の売上原価は
600+60=660
ということになります。

以上より売上総利益は
1,000-660=340
になります。


図表が崩れていたらごめんなさい。ご自分で書いてみてください。

こんにちは。相変わらず頑張っておられますね。

>以上の問題についてですが、ここから売上総利益を算定のとき、
私は売上原価をもとめるときのように、繰越商品を足してしまいました。//

それは決算整理「前」残高試算表から計算する場合の方法ですね。
今与えられているのは決算整理「後」残高試算表ですから、ここに出てくる「仕入」勘定が売上原価なんですよ。


>回答を見て繰越商品を入れないことがわかったのですが、このあたりを具体的に教えていただきたいのです。また決算整理前と決算整理後の試算表の...続きを読む

Q貸借対照表の借方・貸方

今年から青色申告を行うため会計ソフトを購入しましたが、借方・貸方の意味がわからず、決算表の辻褄が合わなくなりました。科目内のデータ記入の際、借方・貸方のどちらに記帳するのか、明確な定義を教えて下さい。

Aベストアンサー

簿記の仕訳の原則です。

借り方          貸方
資産の増加        資産の減少
負債の減少         負債の増加
経費(損失)の発生     利益の発生
事業主貸し         事業主借り
   
このように、なります。
1例として、現金は資産ですから、増加(入金)したら借り方で、減少(出金)したら貸方になります。

資産は、現金・預金・売掛金・備品などの固定資産・車両などで、財産となるものです。

負債は、買掛金・未払金・支払手形・借入金などの借金です。

Q貸借対照表の貸方と借方

ものすごく初心者です。

貸借対照表の左側が借方、右側が貸方であると本で読んだのですが、借方には売掛金、貸方には買掛金が入っていました。売掛金って物は売ったけどまだ現金を回収していない項目のことですよね?だとしたらこれは貸しているほうになるような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

語源からいうと、相手が主語で、
債権(借方)=相手が自分から借りている
債務(貸方)=相手が自分に貸している
ということのようですが、#1の方がおっしゃっているように、コトバにとらわれないほうが理解しやすいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報