ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

 私はB型肝炎の検査で
HBs抗原マイナス
HBs抗体2048(倍?)の数値が出ています。

HBe抗原やHBe抗体についての数値は分かりません。
私の場合、母子感染においてセロコンバージョンしたのでしょうか?
それともセロコンバージョンではない?
自分なりに分かる範囲で調べてみたところ、
セロコンバージョンだと HBe抗原がマイナス、HBe抗体がプラスの状態を言いこの場合は、感染しているがウィルス量は少なく感染力が弱い状態だということまでは分かりました。

だとすると、HBs抗体が陽性であるということは既に「現在は感染していない」状態であり、
今現在セロコンバージョンの状態であるということはあり得ないのでしょうか?(HBe抗体がプラス=感染している。 のならば)

または、セロコンバージョンしたのち、今の私のような状態の数値になるということはありますか?

分かりにくい聞き方ですみません。
ちょっと聞き方を簡潔に変えてみます。


「HBs抗体がプラスなので、HBe抗原も抗体もマイナスでありセロコンバージョンの状態とは言えない」のでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

セロコンバージョンしたと言えます。



HBe抗原陽性、HBe抗体陰性→HBe抗原陰性、HBe抗体陽性も確かにセロコンバージョンといいますが、
その後に、HBs抗原陽性、HBs抗体陰性→HBs抗原陰性、HBs抗体陽性という状態がきます。
ただ、これは、人によってかなり時期によって違いがあり、若くしてそうなる人もあれば、高齢になってそうなる人もいます。

このs抗原・抗体のセロコンバージョンは、e抗原・抗体のセロコンバージョンの後にきます。

なお、HBs抗原 陰性、HBs抗体 陽性とは血中における状態を示しており、血中にはウイルスはいませんが、肝臓内にはウイルスがいる可能性はあります。血中にウイルスはいないので他人に感染性はありませんが、例えば、協力な免疫抑制剤や抗がん剤と投与すると、血中にでてきて肝炎をおこすことがあります(de novo肝炎)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

s抗原・抗体の場合でもセロコンバージョンと言うのですか。

私は母子感染かどうかは分かりませんが、母親が感染力の弱いキャリアだと聞いています。
でも私が生まれた時は母がキャリアだという事は知りませんでしたので、私が垂直感染かどうかは確定できません。

HBe抗原・抗体の値やセロコンバージョンについては、HBs抗原が陽性だった場合に調べてみて分かるものだと思っていたので、順番はいまいち理解できないでいます。

回答の通りに考えると、、
HBe抗原(+)、HBe抗体(-)(感染力強)キャリア?
      
      ↓セロコンバージョン

HBe抗原(-)、HBe抗体(+) (感染力弱)キャリア?
      
      ↓

HBs抗原(+)、HBs抗体(-)  キャリア?
      
      ↓セロコンバージョン

HBs抗原(-)、HBs抗体(+) (キャリアではない?私の現在の状態)


一番知りたいことは、私は今現在キャリアであるのかどうか。。ということです。
もし母子感染で一度キャリアになったのだったら、S抗原・抗体において、セロコンバージョンしてもキャリアはキャリアのままなのか?
(病院では特に経過を見せに来なさいとか、あなたはキャリアだから人にうつすとは言われず、
「うつすことも、うつされることもない」と言われましたが・・)

それとも、母子感染でキャリアになるとは限らないのだろうか?
セロコンバージョンがキャリアにしか起こらず、キャリアは一生キャリアのままなのだとしたら、今の私はキャリアという事??と混乱しています。

すみません、、理解が足りなくて・・

もしよければ 教えていただけると嬉しいのです。。

よろしくお願いいたします。
今の私の状態は「キャリアではない」のかどうか??ということです。

お礼日時:2014/08/04 20:16

質問をするのは、ちゃんと回答を読んでからしてください。


回答No.3に記載してあるとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理解がたりずすみませんでした。
#3と#4の回答をかいつまんで考えると、
キャリアとは言わず、血中にウィルスが居ないので他人にうつすリスクはないということで思っていて良さそうなのかなと思いました。


度々ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/07 17:19

母子感染によるキャリアでもHBs抗原・HBs抗体のセロコンバージョンをおこす人は普通にいます。


60歳とか高齢でおこる人もいますし、高齢になってもなかなかおこさない人もいます。

キャリアの定義にもよりますが、一般的にはHBs抗原陰性ではキャリアとは呼ばない慣習になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
最後に一つ、お聞きしてもよろしいでしょうか・・すみません。

母子感染のキャリアからのHBsにおいてのセロコンバージョンをしたとして、キャリアだった人が
そのセロコンバージョンによって「キャリアとは呼ばない」状態になり、結果的に「治癒した状態である」と言えるのでしょうか?

なぜ気になるかと言うと、私は人をお世話する仕事に就きます。私の状態でも人のお世話をしていいのかどうか?キャリアであったり、うつしたりする危険があれば、やめた方がいいのではないか・・と悩んでいます。もやもやしたままではいけないと思って・・
(肝臓内にウィルスがいる可能性があることは、なんとなく分かりました)
気になるのが、他人にうつすかうつさないかということです。

何度もすみません。よろしくお願いします。

お礼日時:2014/08/05 22:44

(Q)恐らく(3)の人が(4)の状態に移行したものが


セロコンバージョンであって、どちらもキャリアであると考えていいのでしょうね。
(A)私の(1)~(4)は、HBs抗原・抗体について述べたもので、
セロコンバージョンとは、HBs抗原が陽性である場合、
つまり(3)で、HBe抗原・抗体の精密検査をした場合に
わかるのです。
(4)は、感染中なので、セロコンバージョンではない。

つまり、質問者様は、HBs抗原が陰性なので、
セロコンバージョンとは、「無関係」です。

質問者様は、肝炎を発症することなく、
ウィルスを押さえこむことに成功した少数派だと考えてください。

肝炎を発症した人が、治ったと勘違いするのが、
セロコンバージョンです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明をくださって、本当に感謝しています。

そして、私が
>HBs抗原が陰性なので、
セロコンバージョンとは、「無関係」です

ということが分かり、すごく安心しました。

今まではもう大丈夫だと思っていただけに、
私がセロコンバージョンの状態だと別のサイトで聞いてとても頭が混乱してしまったのですが
やはり色々なことを自分でも勉強したり、他からもこうして教えてもらいながら考えていくことが正しい知識につながっていくんだなあと分かりました。

HBsのことは考えないで書いた方がいいのかもしれませんが・・自分なりにまとめてみると・・

セロコンバージョン=無症候性キャリア
・HBs抗原プラス HBs抗体マイナス
・HBe抗原マイナス HBe抗体プラス

という事なのでしょうね。e抗原がマイナスになることで治癒したと勘違いされて認識されていた時代があったのかも?・・と解釈してみました。
う~んそれにしても、素人には難しいものですね。
もっと知りたいという気持ちも湧いています。

本当にありがとうございました!!

お礼日時:2014/08/03 13:17

(Q)「HBs抗体がプラスなので、HBe抗原も抗体もマイナスでありセロコンバージョンの状態とは言えない」のでしょうか?


(A)セロコンバージョンとは言えません。

まず、セロコンバージョンとは、
HBe抗原がマイナス
HBe抗体がプラス
という状態です。

HBsのことは、忘れてください。

セロコンバージョンは、治癒とは違います。
かつては、この状態を治癒だと「誤解」していた時期もありますが、
今は、無症候性キャリアと呼ばれ、
いつ何時、再び、暴れだすかわからない状態
というのが正しい解釈です。

(1)
HBs抗原がマイナス
HBs抗体がマイナス
問題ない

(2)
HBs抗原がマイナス
HBs抗体がプラス
過去に感染したが、現在は問題ない
(つまり、質問者様の状態)

(3)
HBs抗原がプラス
HBs抗体がマイナス
要精密検査
初期の感染、無症候感染などが疑われる

(4)
HBs抗原がプラス
HBs抗体がプラス
「現在」感染している。要治療。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>HBs抗原がマイナス
HBs抗体がプラス
過去に感染したが、現在は問題ない
(つまり、質問者様の状態)

お答えいただいたように、私の場合はHBs抗原がマイナスでHBs抗体がプラスということなので「セロコンバージョンしたということではない」、と思って良いのでしょうか?

そもそも、セロコンバージョンはキャリアの人がキャリアのまま感染力が弱くなっただけのものだと理解していました。
他サイトで、私の状態がセロコンバージョンしたと思われるとお聞きして頭が混乱しています。(母はキャリアですが、私が母子(垂直)感染したものだったのかどうかは定かではありません)

回答を読んでみた限り、
恐らく(3)の人が(4)の状態に移行したものが
セロコンバージョンであって、どちらもキャリアであると考えていいのでしょうね。

あと、母子感染でも治癒はあり得ると分かったのですが、私の場合は母子感染かどうかは分かりませんが、キャリアでもなく、治癒した状態と思っていて大丈夫ですよね・・・(ウィルスは肝臓内に存在しているかもしれないけど)

不安になっています。。すみません。

お礼日時:2014/08/03 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

QB型肝炎キャリアのHBS抗体・抗原について教えてください。

こんばんは。
私は母からB型肝炎のキャリアと聞いています。

先日、違う件で血液検査をしたのですが、HBS抗原とHBS抗体が両方とも陰性でした。
その時は、膠原病の疑いで検査をしたため、抗核抗体の数値のことで頭がいっぱいで、医者にB型のことを聞くのをわすれてしまったんです。

キャリアだと思っていたので、産婦人科に通ったときも前もって「私はキャリアです」と話していたのですが、その後すぐ流産してしまい、B型の検査はしませんでした。

そこで質問なのですが。
ネットで調べたところ、マイナスだと陰性(正常値)とありました。
これは、私は既にキャリアではないと言うことでしょうか?
母子感染をしたが、知らない間にウィルスが消えていた…なんて事があるのでしょうか?
それとも、キャリアであることを調べるには、もっと他の検査が必要で、キャリアだけど発症をしていないだけなのでしょうか?
7月に、血液検査に行く予定があるのですが、必要ならば夫と共に近いうちに検査をしたいと思っています。
まずはアドバイスを頂ければと思い、投稿しました。

Aベストアンサー

HBs抗原・抗体共に陰性ということですから貴方はB型肝炎のキャリアーではありません。どうしてお母さんがキャリアーだと言ったのでしょうか?お母さんはキャリアーですか?

もし母子感染によりB型肝炎ウイルスに感染しているとすればHBs抗原が陽性になります。母子感染による感染後にウイルスが消えることもあります。しかしその場合でもHBs抗体が陽性になります。

HBs抗原とは現在B型肝炎ウイルスが体内に存在しているかどうかを診る検査です。これが陽性ということは肝炎ウイルスに感染しているということなのです。HBs抗体はウイルス感染後に肝炎が起こり、その肝炎が治癒した場合に出てきます(キャリアーの場合は若干違いますが)。抗体が陽性ということはウイルスが体内に存在していない状態です。

Q『B型肝炎抗体あり』は気をつける事あり?なし?

16年前に父を、劇症肝炎で亡くしました。直後、私自身の血液検査を行った所、B型肝炎の抗体が出来ているとの結果が・・・。抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?その後、結婚し子供もいますが、何か気を付けなければならない事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?

B型肝炎ウイルスに対する抗体にはいくつかの種類(HBs抗体、IgG-HBc抗体、IgM-HBc抗体、HBe抗体)
があって、どの抗体価が高いかによって解釈が異なります。

少なくとも、質問者さんがB型肝炎の予防接種を受けたことがない限り、抗体が陽性であることは「過去に何らかの形でB型肝炎ウイルスに感染した」ということの証拠になります。

「過去に何らかの形で感染した」ということについて少し詳しく説明します。これには感染した時期によって多少意味が異なります。

3歳未満の時に感染すれば将来にわたって体内にウイルスを保持(キャリアと言います)する可能性が高くなります。
3歳以上での感染であれば急性肝炎を発症しそのまま治癒してしまうことが多いです。
成人になってから感染すると、肝炎の症状がでないままウイルスが撃退され(不顕性感染といいます)治癒することが多いです。

キャリアという言葉が気になるかもしれませんが、我が国の8割以上のB型肝炎ウイルスのキャリアは出産時の母子感染によると言われています。
また、キャリアであれば時期によって変動はありますが抗体だけでなく抗原(HBs抗原、HBe抗原の2つがあります)も陽性になります。

血液検査の詳しい結果がわかりませんが、医師がB型肝炎ウイルスのキャリアを疑えばしっかり検査をしてそれを証明するでしょうから、
「抗体が陽性という結果=どこかで感染し治癒した」と考えていいと思います。


私は学生で医師ではありませんので、その点をご理解の上参考にしていただければ幸いです。さらに知りたいことや、気になることがあれば専門の医師に尋ねるとよいかと思います。

>抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?

B型肝炎ウイルスに対する抗体にはいくつかの種類(HBs抗体、IgG-HBc抗体、IgM-HBc抗体、HBe抗体)
があって、どの抗体価が高いかによって解釈が異なります。

少なくとも、質問者さんがB型肝炎の予防接種を受けたことがない限り、抗体が陽性であることは「過去に何らかの形でB型肝炎ウイルスに感染した」ということの証拠になります。

「過去に何らかの形で感染した」ということについて少し詳しく説明します。これには...続きを読む

QB型肝炎 抗体+ 肝炎 性行為

B型肝炎 抗体+ 肝炎 性行為

お尋ねします。
先日、健康診断でB型肝炎抗体+と出てました。
これは、放っておいても問題ないですか?
またパートナーにうつす可能性はありますか?

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

B型肝炎抗体が”HBs抗体”であれば、血中にはウイルスがいる可能性は極めて少ないので、パートナーに感染させる可能性はほぼ0と言っていいです。キャリアとはいいません。
ただ、肝臓内にはウイルスはいる可能性はありますので、将来、抗がん剤治療とか大きな手術を受けた際には再燃する可能性があります(de novo肝炎)。

なお、検診での抗体が”HBe抗体”陽性であれば、精査が必要です。キャリアの可能性があります。

QHBs抗体について教えてください。

HBs抗体について教えてください。
先日、会社の健康診断で、HBs抗体/PHという項目が基準値8未満に対して、検査結果が2048でした。
基準値8未満に対して、2048とあまりにもかけ離れる数値のため不安になってきました。

他の方の質問を見ていると、プラス(陽性)、マイナス(陰性)という表現をしていますが、
今回の私の場合は、基準値の8以上の数値なのでプラス(陽性)ということでしょうか?

HBs抗原/MATという項目は基準値8未満に対して、結果は8未満で問題ないようです。

Aベストアンサー

こんばんは。
まずは、抗原の意味ですが、抗原とはウイルスや細菌など(外界から体内に侵入するもの)そのものを意味します。
抗体とは、抗原(ウイルスや細菌など)に対して、免疫作用を有する物質というか抗原を攻撃するものいえば解りやすいでしょうか?

なので…
HBs抗体:2048倍⇒免疫作用を有する物質の力価が、2048倍ある。
HBs抗原:8未満⇒ウイルスそのものの量がそれ未満。
なので、「ウイルスは身体にはいないけど、抗体はあると。」考えられます。

ちなみに、PH、MATは検査方法で良いと思います。
もし心配なら、検診ではなく、内科にかかればイロイロ相談に乗ってくれると思いますよ。

QB型肝炎のe抗原マイナスなら感染力無し?

数年ぶりで献血したらB型e抗原+でした。半年後に再検査したらe抗原マイナスでした。この間肝炎を起こした様子は無し、「あの検査はほんとだったのかな?」と言う感じです。
家族との接触について、他人への感染の危険は無くなったのでしょうか。
血液中に居ないけど肝細胞や核の中にはまだウイルスが残ってる可能性があるのでしょうか。これはただの興味。
過去の質問や医療ページを見たのですがはっきるわからなくてアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

HBe抗原(+)は、ウイルス量が多く、感染力が強いだろう
事を意味し、HBe抗原(-)となっても、ウイルスが消えた
という証明にはなりません。

家族や他人への感染性を問題にするのであれば、HBs抗体
(抗原ではありませんので、お間違いなく)を調べる必要が
あります。

HBs抗体(+)であれば、それは感染の終結=治癒を意味します。

QB型肝炎HBe抗体について

私は現在HBs抗原陽性で、HBe抗体陽性の状態です。
今の状態でSEXによって彼女にB型肝炎はうつるのでしょうか?
HBe抗原陽性だと感染力は極めて弱いとお医者様からお聞きしたのですが、
もしかしてって事がありますので、やはり彼女のことが心配です。
ちなみに、彼女とは近々結婚の予定もあります今後の事もかねて、
詳しい方どうかご教授宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

混乱するといけないので補足させていただきます。
まずB型肝炎の無症候性キャリアーの定義ですが、B型肝炎ウイルスにより持続性のウイルス血症をきたしているもので、一般的にはHBs抗原が6ヶ月以上、持続的に陽性となっており、臨床的に全く自覚他覚症状を認めない人のことをいいます。肝炎を発症している人や肝機能障害のある人はキャリアーであり、かつ有病者です。急性肝炎の場合はウイルスを持っていてもキャリアーという呼び方はしません。
キャリアーの定義にHBe抗体が陽性かどうかは関係ありませんが、HBe抗体が陽性かどうかによって感染性に大きな差が出ますので、HBe抗原陽性キャリアー、HBe抗体陽性キャリアーとに分けて考えるのが実際的なのです。ですからtk4さんの場合は、HBe抗体陽性のキャリアーということになります。
HBe抗体が陽性になったからキャリアーでなくなったということではありませんし、人に対する感染性は著しく減りますがなくなるわけではありません。

一旦キャリアー状態が成立すると通常はこの状態が持続します。HBs抗原が消失してHBs抗体が出現しキャリア状態から脱する例は非常に少ないのです。ですから、HBs抗体が出来るのを待つというのは現実的ではありません。

婚約者の方にワクチンの接種を受けていただくのが最も現実的な方法です。

混乱するといけないので補足させていただきます。
まずB型肝炎の無症候性キャリアーの定義ですが、B型肝炎ウイルスにより持続性のウイルス血症をきたしているもので、一般的にはHBs抗原が6ヶ月以上、持続的に陽性となっており、臨床的に全く自覚他覚症状を認めない人のことをいいます。肝炎を発症している人や肝機能障害のある人はキャリアーであり、かつ有病者です。急性肝炎の場合はウイルスを持っていてもキャリアーという呼び方はしません。
キャリアーの定義にHBe抗体が陽性かどうかは関係ありませ...続きを読む

QB型肝炎ウィルスキャリア=慢性B型肝炎?

家族がB型肝炎ウィルスキャリアです。
定期的に血液検査に通っていますが、ウィルス量も少なく肝臓の数値も異常がなく安定しているので治療の必要はない、悪化の心配もないといわれております。

医師から慢性B型肝炎との診断は受けていませんが、キャリアであれば、症状がなくても慢性B型肝炎と判断されるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合、質問者のご家族と同じ状況です。数値が安定しており特別に治療の必要はないわけですが、ただそうでない人よりは、肝炎や肝硬変などの病気に掛かる確率が多いと、専門医から聞いております。
よって、定期的に血液検査や、エコー検査を受けていますが、
基本的に普通の生活をしています。 大丈夫です!。

質問の回答とすると、慢性B型肝炎とは判断されないと思います。

あとご家族への注意ですが、血液感染という可能性も考えられるので、血液の付着したもの(しそうなもの・・髭剃りなど生活用品含む)の
取り扱いをきちんと処理する と聞いたことがありますので参考まで。

QB型肝炎を理由に離婚…悩んでいます。

B型肝炎ってうつってもいいものなのでしょうか?
また、B型肝炎を隠されたことを理由に離婚してはいけないのですか?

結婚直後、夫からB型肝炎キャリアであることを告白されました。
それを理由に離婚しようとしたところ、そんなことで離婚と言い出す私が悪いと責められました。

決めるのは自分だし、そんな相手を選んでしまったのも自分なので仕方ないのですが、気持ちの整理がつかないので、ご意見を頂けるとありがたいです。

以下は夫の言動です。

『B型肝炎であることを言わなければと思っていたが言えなかっただけ、隠していた訳ではない。』と主張し、私にB型肝炎を伝えていなかったことは、言えなかっただけで言おうと思っていたので、悪くないらしいです。
隠していたことを責める私が悪いみたいで耐えられません。そもそも『隠していた』というと怒ってしまうのです。

また、B型肝炎の知識が全くなく、自分がどんな状態か全く知らない。ただ、『うつらないから平気』としか言わないのです。
『子供にうつるから…』と言うのに、『私(妻)にはうつるはずがない』と言う時点で、矛盾があると思うのですが…
日常生活でうつるとは思っていませんが、夫婦生活や怪我をした時などは別なはずです。

さらには、『治るのだから風邪と同じ』、『今は医学が進歩していて、うつったって治るからいいじゃないか』、『検査するまでうつっているかわからないのだから、心配したって仕方無い』と言い、私が不安でたまらない時に思いやりのかけらもなかったのです。

当初、息子をたしなめていた向こうの親も『B型肝炎は結婚前に言う必要のない病気、それを言おうとしてあげただけ。』と開き直りました。
それも許せませんが、実際には結婚に際しても言う必要のない病気なのでしょうか?

妻である私にうつしてもいいと言い、なおかつ調理の仕事をしていて手を切ったりすることもあるのに、自分の病気の知識が全くないなんて信じられません。
そんな無責任で思いやりのかけらのない人だとわかり、幻滅してしまったのもあります。

離婚とまで言い出した私が大げさなのでしょうか?
言いにくかったのはわかるのですが、私のことを思うなら言ってくれるはずだし、医学が進歩しているのならワクチンを打って感染を防げばいいだけと思ってしまいます。
うつってもいいというのは本心ではないと信じたいのですが、隠したことは許せないし、他にも隠しごとがあるのではないかと勘ぐってしまう、今後も重要なことを言ってくれないのではないかと心配になってしまいます。


何を言われても、隠されても、離婚を言い出した私が悪いのでしょうか?
心配と迷惑をかけてしまった自分の家族にも、お祝いしてくれた人に申し訳ない思いでいっぱいで…

ほぼ愚痴のようになってしまいましたが、どう気持ちの整理をつけていいのかわからなくなってしまったので、アドバイスお願いします。

ちなみに、検査したところ感染していませんでした。

B型肝炎ってうつってもいいものなのでしょうか?
また、B型肝炎を隠されたことを理由に離婚してはいけないのですか?

結婚直後、夫からB型肝炎キャリアであることを告白されました。
それを理由に離婚しようとしたところ、そんなことで離婚と言い出す私が悪いと責められました。

決めるのは自分だし、そんな相手を選んでしまったのも自分なので仕方ないのですが、気持ちの整理がつかないので、ご意見を頂けるとありがたいです。

以下は夫の言動です。

『B型肝炎であることを言わなければと思っていたが言えなか...続きを読む

Aベストアンサー

B型肝炎がどうのということもありますが、

自分や相手の健康管理に関する根本的な価値観が異なる

というのは離婚理由としては打倒だと思います。


ちなみに日本のワクチンは予防力そんなに高くないですよ。
性交渉などウィルスの暴露を減らすのがもっとも確実な感染予防です。

劇症肝炎で死亡する可能性もあるのに、「うつらないだろう」「うつってもいい」というのはあまりにも無責任です。パートナーの健康リスクを著しく損なう行為です。

婚姻を続ける方が難しいでしょう。

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む


人気Q&Aランキング