イギリス英語が好きで、アメリカ英語は好きではないという方、いますか?


僕は、アメリカ英語がどうも好きになれません。
Rの発音がきついですよね。

イギリス英語のRP発音は心地良いです。
イギリス英語以外で響きが綺麗だなと思う言語は、フランス語ですね。
フランス語の響きはセクシーです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

イギリス英語は楷書の雰囲気がします。

はっきりしていてジュリーアンドリュースのような。

それに対しアメリカの英語は手書きで、場合によっては殴り書きで読めないってとこまでいきますか。

黒人英語なんて落書きのようなもの。筆圧が強くて紙がベロベロに。

フランス人の英語は草書体。何言ってるかわかんねーよ。

インド人の英語は丸文字で間違いがたくさん。

韓国人の英語はハングルです。

そして日本人の英語はカタカナ、ですよね、やっぱり。
    • good
    • 0

イギリス英語と一口に言っても、日本語に東北弁や関西弁があるように、いろいろなアクセントがあり(あるスコットランド人が自分の親世代のころは、アクセントでどのブロックに住んでいるか分かった、というくらい細分化されていた地域もありますから)、全部のイギリス英語が好き、とも言えませんし、特にアメリカ英語がきらいでもありませんが、私の場合、基本的にイギリス英語の方が聞き取りやすく、発音しやすいです。



今現在はイギリス英語圏で暮らしているので単純にそのせいとも言えますが、日本にいた時もアメリカアクセントで話そうとする方が疲れる・・・という感じはありました。質問者さんと同じRのせいかもしれませんね。
時々、同じ単語などでイギリス英語とアメリカ英語で発音が違うときに、日本人だからアメリカ英語の発音の方が楽なんじゃない?これも正しいよってアメリカ英語の発音を教えてもらうこともありましたが、アメリカ英語の発音ができず、びっくりされたことがありました・・・。日本人はアメリカ英語を話すイメージのようです。実際、私もボキャブラリーは英米かなりごっちゃですが。
まあ、音楽の好き嫌いやカラオケで歌いやすいとか歌いにくいとかそんなのと同じだと思っています。

ちなみに友人は、アメリカの大学を卒業しましたが、ベッカムが何を言っているのかわからないと申しております。そして、フランス人の友人たちの話す英語は聞き取るのが非常に難しいです。
    • good
    • 0

私もイギリス英語の方が好きでした。


好きでし「た」とは、ハングル、中国語など、近い国の言語から学び進めたいと思い、あえて英語の勉強をしない様にしているためです。

大学4年生の時に、本来は受講できない英文科の講義を、先生にお願いして、受講したことがありました。
内容は、『カンタベリー物語』でした。
音の響きがきれいで、とても感動した覚えがあります。
しかし、数回の講義の後、先生の咳がひどくなり、私も卒論の準備が忙しくなったために、受講を止めてしまいました。
takakaka2さんも、興味を持たれるかな・・・と思い、音声を検索で少し探してみましたが、見付かりませんでした。
文章の一部は、↓このページにあります。
http://isyoichi.seesaa.net/category/20166945-1.h …
同じページの下の所に、
「懐かしの J.B.Bessinger,Jr. の朗読を貼り付けておきます。」
として、音声がありますが、私が聞いたカンタベリー物語の音は、もっと柔らかくて、流れる様な感じで、この朗読とは、大分、違います。

イギリス英語を勉強されるのであれば、
↓この様なページで、勉強される方法もあります。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglis …
    • good
    • 0

私は言語好きなので、イギリス英語もアメリカ英語も好きです。


脱力して発音するかのようなあの音の響きが好きです。
学校ではアメリカ寄りの発音で勉強するので、発音はアメリカ英語の方が聞き取りやすいですし、発音しやすいですが。

また、私はインド周辺のことを大学で専攻していたので、インド英語も好きです。
あのRを強く言う感じ(笑)。thを反転音(舌を口蓋に付けて発音する)のDやTで発音するところ。
尻上がりなイントネーション。
ただ、「自分達はブリティッシュイングリッシュを使っている」と盲信しているのは聞き捨てなりません。
いいじゃない、インディアンイングリッシュで!!と思ってしまいます。

イタリアとかラテン系の人達の英語も、中東の人達の英語も趣があります。

日本人のカタカナ英語も好きです。
    • good
    • 0

1。

  イギリス英語が好きで、アメリカ英語は好きではないという方、いますか?

    いますよ。イギリス、とかイギリスの旧植民地、イギリスかぶれの外国人などたくさんいます。

2。  僕は、アメリカ英語がどうも好きになれません。Rの発音がきついですよね。

    R にも色々あるので、烏賊はどうも好きになれません、と言う人もいますからいいんじゃないですか。

3。  #1はん、ええこといわはりますなあ。おおきに。(京都で聞いたイギリス英語です)
    • good
    • 0

好きだというのでしょうから、それについては"いいですね"としか言えないです


私もイギリスの発音は好きですし、基本的にrを発音しないnon-rhoticです
ただ、お伝えしたいのはたぶんRPというのを勘違いしてらっしゃるということ

イギリス英語 = RP ではありません
Standard British English = RP ではありません
BBC English = RPではありません
過去にはBBC = RP でしたが、今はいろんなアクセントを使っているようです
時代は変わっています
現在大事なのは、発音ではなくて、grammatical correctnessです

RPというのは1970年代で3%としか話されておらず、現在に至ってはどれぐらいかわかりません
皇室の人たちも時代に合わせて自分の発音を変えているようです

とにかくRPというのはold-fashionedなわけで、RPを習得する人はイギリスの中でも寄宿学校でも成績上位の生徒ぐらいしか使わなかったはずです
現代版も存在してはいるようですが昔のように権威の象徴となるものではありません

RPはシェークスピアに出てくる貴族らが話すような発音であり、日本では時代劇のお殿様が部下に威厳をもってゆっくり話すようなものです
外国人がRPで英語を話した場合どう思われるのでしょうか
注目を浴びるでしょうが、どういう意味でかは想像できるでしょう

RPそのものもどのようにできあがったかはわからないところがあるようです
限られた人間だけが使う発音として、独自に発展した部分もあると思います
どのように発音すれば、人に威厳を保てるかということを考えたに違いありません

とにかく、RPというのは一般的に使われている発音ではないので、普段気軽に耳にするような発音ではありません
General Americanのようなアメリカ発音とは、根本的に異なりますので対比することは間違っています

ちなみに、アメリカ英語では語尾のrを発音しますが、rが強い地域もあれば、弱い地域もありますし、rを発音しない地域もあります
私も強いrは苦手ですが、慣れてくれば一つの個性であるということがわかって親しみがわきます

関連のYoutubeを上げますので、RPがどういうもので、一般的にどういう評価がされているかを確かめた方がいいと思います
ただ、"好きだ"ということを否定する意図はありませんのであしからず

https://www.youtube.com/watch?v=yNKQdAScTL8
https://www.youtube.com/watch?v=3pQnFOIixl0

この回答への補足

アメリカ英語が嫌いというより、強いRの発音が嫌いなだけなのかもしれません。どこの英語を学ぶにしても、自分はnon-rhotic accentを通せばいいのかなという気がします。

補足日時:2014/08/04 00:17
    • good
    • 1

アメリカ人の多く(大半とは言いませんが)は、同じように感じていると思います。

けれども、母語でもないイギリス英語で話すといやらしいので、アメリカ英語で話すのです。東京人が、本当は京都弁にあこがれているのに、東京弁で話すのと同じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校で習う英語はアメリカ英語ですよね?イギリス英語ではないですよね? アメリカ以外で、アメリカ英語が

高校で習う英語はアメリカ英語ですよね?イギリス英語ではないですよね?
アメリカ以外で、アメリカ英語が使われている国はどこですか?

Aベストアンサー

アメリカ英語を基準にしているのは、日本・韓国・中国・フィリピンなどの太平洋沿岸諸国です。マレーシアあたりからは元々イギリスの植民地だったために、イギリス英語が主流になります。

Qアメリカ英語とイギリス英語のRとLの発音

こんばんは!
いつもお世話になっています。
RとLの発音なんですが、アメリカ英語とイギリス英語でそれぞれちがってくるんでしょうか??
(イギリス英語にはLは2種類の音があると聞いたことがある気がしたんですが定かではないので…)

それと、例えばletterをアメリカ英語で発音する場合、tの音ははほとんど消えるのは分かるんですが、
どうして『レラー』のようになるんでしょうか??
発音記号を見る限り、『レ^アーr』のようになると思うんですが、ネイティブの方が発音しているのを聞くと『アーr』ではなく『ラー』に近い音が存在しているようですが、このへんがよく分かりません!

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問や補足内容を拝見すると、何か発音記号をよく理解していらっしゃらないのでは・・・という感じがしました。
別に私が完全に理解しているわけではないんですけれど。

発音上、消える音(省略可能な音)は発音記号上カッコで(t)と囲まれているか、斜体で書かれることが多いと思います。
普通にtとあったら、米語でも英語でも「消え」はしません。

米人がcenterやwinterを速く言うと、セ(ン)ナー、ウィ(ン)ナーのように聞こえることはありますが、素人的にはtを発音しないのではなく、力を抜いて「タ」「ナ」「ラ」の間ぐらいの曖昧な感じの音、という気がします。

brotherの発音記号は、お手元の辞書ではどうなってます?
thの部分は特に英米で変わることはないと思いますが・・・・。

差異にこだわるなら、細かいけどこのくらいは読んでおいたほうがいいでしょう。
  ↓
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/dic/ej02/ej2.html

http://tool.zaq.ne.jp/dic/hanrei_eiwa.html

http://manabu.s15.xrea.com/english/i01.html#02


米語発音に関してはこのへんもご参考までに。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2010723

ご質問や補足内容を拝見すると、何か発音記号をよく理解していらっしゃらないのでは・・・という感じがしました。
別に私が完全に理解しているわけではないんですけれど。

発音上、消える音(省略可能な音)は発音記号上カッコで(t)と囲まれているか、斜体で書かれることが多いと思います。
普通にtとあったら、米語でも英語でも「消え」はしません。

米人がcenterやwinterを速く言うと、セ(ン)ナー、ウィ(ン)ナーのように聞こえることはありますが、素人的にはtを発音しないのではなく、力を抜いて...続きを読む

Qイギリス英語とアメリカ英語の発音の違い

英語の発音に詳しい方にお尋ねします。
アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いについてです。日本は学校でイギリス英語の発音を習っていると思います。
私はごく大雑把に言うと違いは二つだと思っています。
1.アメリカではRの音が強い。
たとえばパークならイギリスではほぼパークですが、アメリカではパRRRクとなります。

2.イギリスではOをオと発音するが、アメリカではアと発音する。たとえばイギリスではホット、ショットと言いますが、アメリカではハット、シャットと発音する。

上記の点について教えてください。

Aベストアンサー

皆さんへのお礼を拝見しました。ご質問の2点については、概ねですが、その通りであり、またその2点が英米の発音の中でもひときわ大きな違いと言えるでしょう。

ただし、今の日本の中学と高校の「英語の授業」では間違いなく、アメリカ英語を教えている学校のほうが公立でも私立でも圧倒的に多いです。それは個々の学校に確認していただければわかりますし、私は1970年代にたまたま、珍しくイギリス英語を教えている私立中学に通っていて、その存在の特殊性を知らされていたので間違いありません。例えば「ショット」という日本語は国語の授業であくまでも「ショット」と習いますが、英語の授業では「shot」のことを「シャー」のような発音として教える学校のほうが主流です。

なお、明治時代の日本では確かに、イギリス英語ももっと多く教えられていました。ただし、カタカナ表記のいわれは、そういうこととは、あまり関係がありません。例えば、ヘボン式ローマ字の生みの親であるジェームス・ヘボン(Hepburn)さんは、江戸時代に来日したアメリカ人宣教師ですが、自分の名前をアメリカ風の「ヘップブルン」に近い発音ではなく「ヘボン」と読ませています。それはおそらく、そのほうが日本人にとってなじみやすい発音だと判断したのでしょう。ちなみに、同じHepburnという姓が、のちには「キャサリン・ヘップバーン(アメリカ人)」「オードリー・ヘップバーン(イギリス人)」に代表されるように「ヘップバーン」と読まれるようになります。で、それでもジェームスさんは「ヘボン」のままです。

かと思うと、黒船でやってきたペリー(Perry)提督は当初、日本で「ペルリ」と呼ばれていたんです。これは彼の母国アメリカの発音に近いような気がしますよね。しかしこれもやがて「ペリー」になりました。一方でビートルズ(Beatles)は、英米どちらの発音にも属しません。イギリスでもアメリカでも「ビートーズ」という発音に近いので。そのビートルズの名曲「Helter Skelter」も、イギリスでは「ヘオタ・スケオタ」のような発音で、アメリカでは「ヘオトゥRR・スケオトゥRR」のような発音なのに、日本では「ヘルター・スケルター」です。おそらく「ル」は綴りから来ているのでしょう。詩人Wordsworthの読み方なんて、今の「ワーズワース」に至るまでに4つか5つの変遷をたどってきたらしいですね。カタカナに関しては、その都度その都度、好都合な表記を選んできただけで、イギリス主流とかアメリカ主流ということとは、必ずしも関係ないと思います。ご参考までに。

ちなみに、私は日本の高校や大学の英語の授業では、アメリカ人のことを「アメRRRリカン」と発音すると習いましたし、現役高校生の息子もそう習っています。

皆さんへのお礼を拝見しました。ご質問の2点については、概ねですが、その通りであり、またその2点が英米の発音の中でもひときわ大きな違いと言えるでしょう。

ただし、今の日本の中学と高校の「英語の授業」では間違いなく、アメリカ英語を教えている学校のほうが公立でも私立でも圧倒的に多いです。それは個々の学校に確認していただければわかりますし、私は1970年代にたまたま、珍しくイギリス英語を教えている私立中学に通っていて、その存在の特殊性を知らされていたので間違いありません。例えば「シ...続きを読む

Qアメリカ英語とイギリス英語は、どのように発音して練習すればよいでしょう

アメリカ英語とイギリス英語は、どのように発音して練習すればよいでしょうか?


英語を勉強しています。
将来英語を使う職種で働いてみたいと思うため、家でNHKやDUOを使用しながら勉強しています。

アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いで分からなくなってしまったため、教えてください。

下記のように、『コ』と『カ』において発音が違う気がします。

constitution
イギリス英語は、コンスティテューション
アメリカ英語は、カンスタテューション

combine
イギリス英語は、コンバイン
アメリカ英語は、カンバイン

compromise
イギリス英語は、コンプロマイズ
アメリカ英語は、カンプロマイズ

※読み方をカタカナで記載しておりますので若干違う面もあると思います。

  ・日々の練習や勉強は、どちらの発音を参考に勉強したらよいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカ英語とイギリス英語の一番の違いは、発音の強さとイントネーションです。
単語の一音一音をはっきり発音するイギリス英語に対して、アメリカ英語は流れるように話します。
たとえば「Water」を例にあげると、

イギリス → ワター

アメリカ → ワラー

というかんじで「T」の発音が全く違います。

ほかにもアメリカ英語では「R」は思い切り巻き舌で発音しますが、
イギリス英語はそうでもないです。


あと、イントネーションで言うとイギリス英語は疑問文の語尾を下げることが多いです。

私の場合、主人がアメリカ人なので自然と自分の英語もアメリカ英語ですが、
イギリス英語も意識すれば話せます。(たぶんかなり下手ですが・・・)

ただ、個人的な意見としては、同じ英語とは言え同時進行で
イギリス・アメリカ英語を一緒に勉強するのは、かなり無理があるかと思います。
一番いいのはやはり自分の好きな方を勉強するのがベストです。

好きな俳優さんがアメリカ人だからアメリカ英語を・・・とか、
ハリーポッターシリーズが好きだからイギリス英語・・・というふうに。

どうしても両方に挑戦したいと思われるのであれば、
基本をマスターした上でもうひとつの勉強してみてはいかがですか?
順番的にはアメリカ英語→イギリス英語の方が比較的覚えやすいのではないかと思います。
理由はイギリス英語は単語の発音が明瞭なので分かりやすいですが、アメリカ英語はかなりくだけていますので、早い英語に慣れたあとにイギリス英語をマスターする方がベターかなと思います。

ご参考になれば幸いです^ ^

アメリカ英語とイギリス英語の一番の違いは、発音の強さとイントネーションです。
単語の一音一音をはっきり発音するイギリス英語に対して、アメリカ英語は流れるように話します。
たとえば「Water」を例にあげると、

イギリス → ワター

アメリカ → ワラー

というかんじで「T」の発音が全く違います。

ほかにもアメリカ英語では「R」は思い切り巻き舌で発音しますが、
イギリス英語はそうでもないです。


あと、イントネーションで言うとイギリス英語は疑問文の語尾を下げることが多いです。

私の場合...続きを読む

Qイギリス英語とアメリカ英語の発音記号…

発音記号について復習しています。
イギリス英語の発音記号とアメリカ英語の発音記号について比べているような、良いサイトの記載などご存知ですか?
例えばどれとどれが記号は違うが同じ発音とか…。

また、イギリス英語発音記号、アメリカ英語発音記号についてお勧めサイトなどあれば教えてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「発音記号の発音の仕方」が変わるのでなくて、同じアルファベット綴りの単語で、発音記号が変わります。

まあ、併用しているのも多いみたいですね。。
紙の辞書を見ると2種類発音の仕方が書いてあったりしますが、区別していない場合もあるのかな。

以前の話題から少し、ご参考まで。

質問:アメリカ英語とイギリス英語のRとLの発音
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2034075

質問:イギリス訛を学びたい!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1814595


上のトピックに載せたものと同じです。

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/dic/ej02/ej2.html

http://tool.zaq.ne.jp/dic/hanrei_eiwa.html

http://manabu.s15.xrea.com/english/i01.html#02

引用ばかりでごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報