最新閲覧日:

ここでも名前が出てくるポリテクセンターで、一種は実技試験の制限時間が長いわりに課題の内容が二種と大差なく楽で簡単だと聞きました。本当なんでしょうか?

A 回答 (3件)

sceanaさん、otoyanさんに補足して回答します。


1種の実技試験は技術的には2種と大差がありません。ただ、年度により異なりますが、変圧器のV結線やマグネット周りの結線が出題されますので複線図がすぐ書けるように勉強が必要です。
また、保護継電器試験方法など受変電設備に関する問題が出題されますので、受変電設備に関しての勉強が必要となります。
1種の場合、2種と違い、合格しても実務経験がなければ即免状の交付とはならないのですが、1種の合格証(1種の免状よりもカッコイイ)と同時に認定電気工事従事者の講習の案内が送られてくるので、この講習を受講すれば(たしか1万円ぐらいすると思います)、とりあえず認定電気工事従事者になれますので、2種を飛ばして1種から受験するのもいい考えだと思います。
    • good
    • 0

私は昨年、電気工事士の一種と2種を続けて受験しました。


 その経験と、一昨年私同様続けて受験した先輩の経験談から申しますと、おっしゃる通りだと感じました。 実技の内容はほとんど同じで、時間は2種が28分で、一種は60分だったと思います。 ですから実技そのものは2種に合格出来る位の実力があれば全く問題なく出来ると思います。 
 ただし2種の場合も同様ですが、致命的なミスだけはしないよう注意する必要が有ります。 またそれ以上にとまどったのは実技の前の等価実技試験です。 私の勉強不足のせいだとは思いますが、以外と難しく感じました。 
 ということで実技そのものは、もし2種をお持ちでしたら何も心配はいりませんが、等価実技試験の勉強は少しばかりやった方がいいと思います。
    • good
    • 0

第一種の場合は、受験資格は特にないけれど、合格したあとの免状交付には実務経験が必要だったはずですが・・・。


試験内容は、本屋さんで問題集を比較してみれば分かると思います。

参考URL:http://www.shiken.or.jp/dkou1.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報