痔になりやすい生活習慣とは?

CDトランスポートを持ち、CDのリッピングとCD再生ができるということで、WEISSのMAN301というネットワーク・プレイヤーに関心があります。

http://www.az-audio.jp/cn16/pg186.html

しかし、どこかのサイトで、CDプレイヤーとしての再生能力は価格(約150万)程のものはない、といったコメントを目にしました。このコメントに対するコメントがあれば、お願いいたします。

また、この製品以外に、ひとつの機材で同じようにCDのリッピングとCD再生ができるものはないでしょうか。ご推薦いただけるものをご存知でしたら、お願いいたします。とりあえず、価格には制限をつけないこととします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No,1 & 4 です。

何回もすみません。
質問本来の回答からはずれてくるのですが・・

>理屈の上では、リッピングソースの方が情報の落ちがなく、音がいいであろうことは理解できる

そう思われている方は多いのですが、それは誤解です。普通、CDを再生しても、リッピングしても、情報の欠落はありません。

CDプレーヤーのデジタル出力をパソコンで録音して、リッピングした無圧縮のファイルと比較すれば、1bitの違いもないことがわかります。
http://juubee.org/BJ/sokutei15_spdif2wav/sokutei …


>音的には確かに密度が上がり、よりソリッドになるのはわかるのですが、どうも音楽として迫ってこないように感じてしまいます。

私も同感です。なので、CDはまだまだ手放せません。
http://www.pc-audio-fan.com/regular/20140402_580 …


メーカーの策略であったり、PCオーディオにくびったけの一部の人が流した「CD再生には情報の欠落がある」というデマは、オーディオにとって、とても不幸な出来事だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたご回答ありがとうございます。

>CDプレーヤーのデジタル出力をパソコンで録音して、リッピ
>ングした無圧縮のファイルと比較すれば、1bitの違いもない
>ことがわかります。

そうなのですか。知りませんでした。では、音が変る(少し良くなる?)のは、リッピングによるというよりも、違う機材(PC-DAC)を通して再生することによる変化と考えるべきということですね。

となりますと、これまで考えていたことが大分変ってくる可能性が大きいです。リッピング機材に150万もかけるというのは、ちょっと?になってきますね。

LINNなどが早くからCD再生を辞めてしまったのは、音質の向上というよりは、ネットワークプレーヤーの音楽再生における利便性を優先したと考えるべきなのですね。

貴重な情報をありがとうございました。少し考えなおしてみます。

お礼日時:2014/08/12 05:00

No,1 ふたたびです


あまりオーディオ機器に詳しくないので、大きな漏れがあるかもしれませんが・・

単体でリッピングから再生までこなすオーディオ機器はだいぶ前からありますが、なぜかあまり多くなく、細々と続いていますね。
少し前だとOliveなどありましたし、今だとSONYのHAP-Z1ESあたりでしょうか(もっとも、後者は他でリッピングしたファイルを持ってくるらしいですが)。

現在、最も一般的なPCオーディオのオーディオ機器(こういう言い方があるのかどうか)はLINNに代表されるネットワークプレーヤーでしょうね。パソコン初級者のオーディオマニアには、ネットワークの構築と設定の敷居が高く、ショップにお任せする方が多いそうですね(安価なネットワークプレーヤーではショップの工賃が取れないとも・・w)。

単体でリッピングも再生もこなすPCオーディオのオーディオ機器は、この点は楽チンですが、長年使った後故障した場合、交換できるHDDがはたして存在しているのか?とか、貯めた音楽ファイルのバックアップが大きな問題ではあります。従来のオーディオ機器より寿命はずっと短いのではないかと思います。

一方パソコンですが、簡単に導入できるし、それなりのDACを使えばそれなりの音になっちゃうのですが、長年のオーディオファンは「パソコンはノイズが多すぎて使えない」と思っている方が多いと思います。

私も同様で、実際、常用パソコンのWindows7にFireWire(USBには見切りをつけたので・・w)でM-Audioの1814を使っていますが、20年ほど前の今となっては超ロースペックなパソコンと安価なサウンドカードにvoyageLinuxを入れただけのほうがずっと良かったりします。

比較的ロースペックなAlixやCuboxなどのハードでvoyageLinuxやLightMPDなど軽い音楽専用のLinuxを使うと、割と安くて音もそこそこなネットワークプレーヤーを組めるのですが、パソコンのスキルもそこそこ要求されます。
http://www.yung.jp/bony/

自作系?のオーディオでは、SDカードトランスポートなるものもあります。中華系でもありますが、国内では、ちあきさんのを試聴屋さんが時折頒布しています(もっとも、私の場合はNANDメモリーにも見切りをつけたので使いませんが・・w)。
http://www.qlshifi.com/en/products.htm
http://www.chiaki.cc/index.html
http://www.tachyon.co.jp/~sichoya/SDTrans/SDTran …

あと、リッピングですが
普通のCDであれば、デジタル的な正確さに拘る必要はありません。特別なことをしなくても正確にリッピングできます。特別なことをする必要があるのは、酷い傷や汚れなどがある一部のCDのごく限られた部分だけです。
これは、WaveCompareで2つのWAVを比較したり、ExactAudioCopyやdBPowerampCDRipperなどにあるAccurateRipを使ってリッピングしたりして確認できます。
http://efu.jp.net/soft/wc/wc.html
http://juubee.org/pcaudio3/ripping/ripping_digit …

しかし、デジタル的に同じだからと言って再生音が同じとは限りません。リッピングソフトやリッピングドライブなど諸条件の違いで再生音も違ってきます。原因はよくわかりませんが、個人的には、記録状態のアナログ的な違いが再生音に現れていると考えています。微妙な違いなのでわからない人も多いでしょう。

ただ、この違いに拘りすぎるのは考え物です。拘りすぎると、ファイルのコピーもできませんし、10年後の音が同じとも限らないのです。なんなら、デジタル的に同じで再生音が違うと感じる2つの音声ファイルをネットワークストレージに預けたりダウンロードしたりを5回ほど繰り返した後、比較してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご回答ありがとうございます。

いろいろお詳しく、かつ試されていらっしゃるようで、とても参考になります。また、いろいろなリンクをご紹介いただき、ありがとうございます。少し勉強させていただきます。

確かにちょっと以前にOliveというのがありましたね。少し心が動いた記憶がありますが、結局購入にはいたりませんでした。最近、あまり聞きませんが未だ存続しているんでしょうか。私が求めているのはまさにああいったイメージです。

理屈の上では、リッピングソースの方が情報の落ちがなく、音がいいであろうことは理解できるのですが、PC-DACの再生音が、何といいますが、音楽としてこなれていないように感じることが多いです。音的には確かに密度が上がり、よりソリッドになるのはわかるのですが、どうも音楽として迫ってこないように感じてしまいます。

まあ、私のPCオーディオは片手間のなんちゃってPCオーディオですので、きちんと突き詰めていないのですが、やはりノイズ関係、電源関係がネックになっているように思います。では、それをどうやってつきつめていくのか。10年、20年前なら、いろいろ試行錯誤しながら突き詰めていく気力も暇もあったでしょうし、また、それが楽しいのだと思うのですが、最近めっきりめんどくさがりになり、ちょっと気力が湧きません(笑)。

オーディオはトータルでクオリティーを出していくものだと思っていますが、どうも全体の中でPC-DAC部分がこなれておらず、その潜在的な能力を活かし切っていないという言い方もできるかもしれません。そういった点でWEISSの機材は、パソコンだが音楽再生に特化しており、オーディオ機材としてかなりこなれているのかなという印象をもった次第です。また、この機材の場合、ストレージは外付けのようですので、HDDの故障などにも対応しやすいようです。でも高いですよね。

お礼日時:2014/08/08 18:13

質問の主旨からは外れる事なのですが・・・


リッピングはパソコンの方が優れていると思います。
ソフトとの合わせ技でエラーが皆無でリッピング出来ます。

Windows7ならWASAPI(排他モード)で高音質の音楽再生が可能です。
高額のCDプレーヤーを購入する前に、3000円くらいの中華製のUSB DAC
を購入して、パソコンでの音楽再生を試されては如何でしょうか。

こんな記事は御存知でしょうか、発売当時は「さすが・・・のプレーヤ・・・」
など、すこぶる評論家諸氏の評価は良かった機器です。
http://homepage1.nifty.com/iberia/column_audio_g …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ご指摘の通り、本機とPCでのリッピングに差が余りないであろうことは、なんとなく理解できます。現在もPCでリッピングし、外付けDACを通して時々、再生していますが、専用のPCを設置するには至っておらず、毎回、接続等のセッティングが煩わしいと感じておりました。

PCオーディオ用にPCを一台しつらえることも考えましたが、そもそもオーディオ機器ではないPCを使って再生することにやや違和感を感じておりましたので、オーディオ機器として作られたものがないか、また、いろいろな機材が部屋に並ぶことを避けられないかと探しておりましたら、この機材を見つけた次第です。

この機材も要はLinuxベースのオーディオに特化したパソコンであり、ネットワーク・プレーヤーとしての使い勝手が考慮されたパソコンと理解しています。自分のニーズにあったものなのですが、いかんせん高い。これだけの価格で、CDの再生がいまひとつ、などと聞くと、はたしてどうしたものかと思ってしまった次第です。

お礼日時:2014/08/06 17:43

リッピングに関しては、たぶん1万円しか出せなくても、100万円出しても大してそう変わりはないと思います。


再生能力はDACの能力だけでははかれないでしょうから、数万円のものと100万円越えのものでは、明らかに能力が違います。なので、一つの器材で両方まかなおうってのは間違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
オーディオはそれなりに好きなんですが、いろいろな機材が並ぶのは苦手でして、できれば適当な水準で機材がまとまってくれている方が個人的にはいいんです。

そういった意味で、この製品はなかなかおもしろいと思っていますし、今後、こういった製品が増えるのではないかと思っています。現時点でこうした機器のチョイスがあまりないと思われるなかで、皆さんのお知恵を拝借しようと思った次第です。

でも、CD再生の場合もダイレクトにCDからの再生でなく、一旦SSDに入れてから再生ということですので、原理的にはリッピングからの再生と同じではないかと思うのですが、それでいてCD再生能力云々というのは、はたしてどういうことなのだろうかという疑問があります。

お礼日時:2014/08/05 23:44

金額的に私とは縁がない機器ですが、PCオーディオ評論家?の御田さんが折に触れて書いていらっしゃいます。


http://www.eonet.ne.jp/~audio-interior/onGDiary2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報ありがとうございます。この方のサイトの最初の部分に見覚えがあるので、以前閲覧したことがあると思うのですが、ここまでいろいろと言及されているとは知りませんでした。まだ全部目が通せていませんが、当該機のCD再生能力といった点での話がないか、確認してみます。

金額的には私もあまり縁がないのですが、特に他に趣味があるわけでもなく、車1台買うことを考えれば、まあ、許される範囲かと。むしろ家族との関係で、家庭内決裁が下りるかどうかが微妙です(笑)。

お礼日時:2014/08/05 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリッピングは、CDプレーヤーから?PCのトレーから?どっちが良い音質になるの?

CDをPCへリッピングするとき、CDプレーヤーー>オンキョウ、SE-U55SX->USB接続 で取り込んだ音と、PC付属のCD(DVD)トレーからCDを直接取り込んだ音では、CDプレーヤーからの取り込みのほうが、良い音でリッピングできるのでしょうか? PC付属のトレーからだと、何らかの干渉で、雑音を拾うような気がするのですが? CDプレーヤーから、光ケーブルでSE-U55SX経由、USB接続のほうが、デジタル信号をピュアに取り込めるような気がするのですが、確信がもてません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://community.phileweb.com/mypage/entry/643/20091009/14428/

どちらでも同じらしい。
だったら、手順が簡単な方が楽だよね

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

QUSBから同軸デジタルへ変換したい!

現在ノートPCにUSB-DACを繋いで音楽を楽しんでいます。しかしUSB接続だと16bitまでしか対応していません。光もしくは、同軸だと24bit96khzまで対応します。そこでノートPCには無い光又は同軸デジタルにUSBを変換してDACに繋ぎたいのです。

アンプ機能などの余計な機能は無く単純に
DDC機能だけで24bit96khzに対応した安価な
アダプターのようなものご存知ある方教えて頂けませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アマゾンにこんなのがありました。

http://goo.gl/TAF9Dm

DDCはDAC以上にマニアックな機器なので、製品のバリエーションはDACよりもぜんぜん少ないです。ただ、探せば上記以外のものもまだまだあるはずなんで、これがベストだと言うつもりはないです。


人気Q&Aランキング