アウトドアに興味を持って、OPINELナイフの購入を検討しております。
炭素鋼とステンレス刃があると思いますが、炭素鋼刃は黒錆加工を施さないとすぐに錆びてしまうと書かれているのをよく見ます。
そこで質問ですが、黒錆加工はナイフを使うたびに施さなければならないものなのですか?

また、初回の1度だけ施せばいいのですが、上記の様に毎度使用後に黒錆加工を施すのはめんどくさいのでステンレス刃を考えています。

ステンレス刃の方でも質問があります。
ステンレスの材質は錆びにくくても、傷があると保護膜のないそこから錆びると聞いたことがあります。
つまり、切れ味が悪くなったと思い、安易に研ぐと錆びやすくなるのではないかと考えてしまいます。

どちらの刃が良いと思われますか

お詳しい方、OPINELナイフを実際に使っている方、ご意見をお聞かせください。

A 回答 (4件)

毎回やる必要はありませんが、研げば落ちます。

刃物なので研がなきゃ話にならない。というわけで、うちにも30年近く使っているオピネルがありますが加工はしていません。
使わない間は錆びてるし、使うときはあらかじめ研ぐ。使用中は油を引く(と言っても気が向けば、程度のものですが)。
ステンレスは切れ味も研ぎ味も悪いので嫌いです。

いずれにしても、失くしても惜しくない使い捨てナイフに近いものですから丁寧に扱いすぎるよりガンガン使い倒す方が似合ってるナイフだと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

鉄製は、やはり錆が回るのが早そうですね。

>うちにも30年近く使っているオピネルがありますが加工はしていません。

すばらしいですね。
一般的な#7~8の購入を検討しているので30年も研ぎながら使ったら、研ぎ過ぎて跡形もなくなってしまいそうだと思ったのですが、そんなことないんですね。

ガンガン使っていきたいので鉄の方がいいのかな・・・?

お礼日時:2014/08/08 13:46

炭素鋼でもいろいろあって、硬さ優先の鋼材だと錆びやすいものもありますが、OPINELはそんなに錆びやすいとは感じませんよ。


逆に黒錆び付けても、錆びるときは錆びるし(笑)
見た目のデザイン性の目的の気がしますね。

ステンレスは、そもそも錆び自体が膜になって赤く錆びないように保護してます。
ステンレスのOPINELは使ったことがないので判りませんが、
安価なステンレスは赤く錆びます。
また、錆びないステンレスでも組成が変化して錆びることもあります。

#30とかドでかい製品もあるみたいですよ

最近はカッターナイフの方が出番が多いです(爆)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

いろいろ難しいですね。

お礼日時:2014/08/12 12:56

OPINELナイフで鉛筆でも削るのですか?



私は、アウトドアーの自然観察や写真撮影では、少し柄の長い鉄の鎌と、ステンレス製の鉈を使い分けています。
休憩場所作りや、山道の枝払いにはナイフは使えませんし、万一猿やイノシシが出てきたらナイフで家族を守れるか?と言うことです。
ステンレスの鉈をお勧めします。

普通の家の台所に、鉄製の包丁は無いでしょう、錆で切れなくなるから。
刃物はステンレスの方が錆びないので、切れ味が長続きします。台所ではステンレスが常識ですね。
鎌は切れ味が必要なので鋼製ですが、使うたびに軽く研いで椿油を塗ります。面倒です。
ステンレス製品は、汚れがついていると錆びますので年に数回研ぎます。

ステンレス刃物は普通、全部がステンレス鋼ですので研ぎにくいですが、アーミーナイフのように2段の刃角をつけますと切れるし、次の研ぎも楽です。
砥石の選択を誤ると早く研げません。刃先角は自分の用途によって変えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

さすがにOPINELナイフでマチェットの様に藪を払ったりやトマホークみたいな薪割りに使うことは致しません。
せいぜい食材を切ったり、ロープを切ったりといった程度の使い方を想定しております。

ステンレス刃の研ぎ方が鉄の研ぎ方と違うようなので調べたいと思います。

お礼日時:2014/08/08 13:40

オピネルはいくつも持っていますが・・・



鉄も不働態を形成します。
 博物館にある日本刀はビカビカと独特の光沢を放っていますよね。あれは、オキシ水酸化鉄や酸化鉄(II,III)の不働態によるものです。
 一方、防錆目的の黒錆(酸化鉄(II,III)と酸化鉄(II))は鉄を高温にして水蒸気雰囲気に置けば形成されますが、そんなことしたら鋼が焼きなましされて刃物でなくなります。

 研いだ後に塩分を完全に洗い落とし、薄く油を引いて乾燥した場所に保存しておけば表面に不働態が出来ます。黒錆を作ったらなまくらになる。(^^)--道具屋
 『「その鋸はな、火事場で拾ってきた奴なんだ。紙やすりで削って、柄を付け替えたんだよ」( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%85%B7% …(%E8%90%BD%E8%AA%9E) )』

 ステンレスは、確かに錆び難いですが、錆びないわけではない。ステンレスが錆びない理由はクロムの酸化皮膜による不働態ですから「傷があると保護膜のないそこから錆びる」なんてことはありません。
 しかし、切れ味は炭素鋼の物に比較して格段に落ちます。

 オピネルの炭素鋼は焼入れが極端に硬いために研ぎ難いことと、折れやすいことですね。パキって真っ二つになる事があります。日本の「肥後の上」と比較されるナイフですが、ナイフとしてはやはり、鍛接鋼である日本の肥後の上( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E8%82%A5% … )のほうが格段に上ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

結構サイトを見て回ったのですが、防錆加工として酢や紅茶につけて黒錆をつける方法が紹介されておりましたが、あまりとらない方がいいんですかね。

悩みます。

お礼日時:2014/08/12 12:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刃物等の黒さびのつけ方

  のみとかの大工道具には黒さびがついていて、錆から守っていますが、どのようにして黒錆をつけるのか教えてください。不養生で黒錆のとれた道具にもういちどつけたいと思います。素人でもできるものなのか、詳しい方法などお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。 間違っているかも知れませんが、よかったら参考までに。

刃物などの表面に黒く付いている色は「さび」ではないと思います。
表面処理の方法の1つに「黒染め」という技法がありますが、それではないでしょうか。

(1)鉄素地を酸化剤(忘れました)を入れた苛性ソーダの水溶液に入れる。
(2)140度程度に加熱し、表面に四三酸化鉄の黒色皮膜を付ける。

という方法だったと思います。
ただ、防食性はあんまりないはずなので、防錆油は塗られた方がいいと思います。

また、現在では確か「黒染め液」か何かが販売されているはずなので、その方面の
溶剤屋さんとかに詳細は聞いてみるといいんじゃないでしょうか。

苛性ソーダは危ないし、体に悪い薬品ですからねぇ。

こんな程度でしょうか。  参考になれば嬉しいですが・・・(^-^;

QOPINELはいつから高くなったんですか?

私が最初にOPINELに出会ったのが1996年頃だったと記憶してます。その当時は各サイズとも安価で8,10、12とそれぞれ何本か持って、切れなくなったらその辺にある粗めの石ころで研いで使ったものです。記憶が定かでないのですが1本500円もしなかったように思います。直ぐに錆びるのでほとんど使い捨て感覚で何度か買い替えました。
その後仕事が忙しくなったりですっかりアウトドアから離れていましたが、年末の大掃除でOPINELの8が二本出てきました。どちらもヒンジ部が固着し中々開けられなかった上ブレードは赤錆まみれで見るも無残な姿でした。
そんなことがあって何気にネットで検索したら8でも1500円くらいになっていてビックリ!一瞬、希少価値でも生まれたのかと思いました。あれから20年近くなりますが何がどうなったんでしょうか?

Aベストアンサー

あれはもともと日本で言うと「肥後の守」に相当するものだったので安かったそうですが、最近は人気が出ているようなので値段が上がっているのだと思います。勿論円安もあるでしょうね。

Q黒錆の発生原因

黒錆の発生原因
 建築設備で用いるダクト(溶融亜鉛めっき鋼板製)から黒錆が発生する可能性はありますか。ある場合、どんな原因が考えられますか。ダクト内は冷水もしくは蒸気コイルにて温められた空気が流入しています。

Aベストアンサー

 錆びの発生原因

 (1).亜鉛メッキが剥げて鉄が露出し、赤錆(Fe2O3)となる。
 (2).空気中でFe2O3が黒錆び(Fe3O4通称マグネタイト)に変化する。
 (3).一旦黒錆になると錆びは進行しないので故意に黒錆びを作り防錆することも
   行われている。
 (4).Fe3O4は磁石に付くが、Fe2O3は磁石に付かない。

   蛇足ですが、市販されている錆び防止液で赤錆に塗ると黒くなるのもがありますが
   これは赤錆がタンニン酸(お茶や渋柿にふくまれている渋みの原因物質)鉄(黒色)
   になり、防錆効果を発揮しています。

Qコールマン購入を検討中。なぜたくさん種類が…?

先日、近くの大型スポーツ用品店にぶらりと立ち寄ったら
キャンプコーナーが設置してありました。
普段は素通りですが、子供が大きくなるにつれ、ふとキャンプなどで
自然に触れ合うことも必要かなぁと思い、購入を検討し始めました。

コールマンが「キャンプの王者」?と、素人ながらに思っていたので、
カタログを手に帰りましたが、テントだけで何種類も…。
4人~5人用で考えてるんですが、何がどう違うのか。
ハッキリ言ってわかりません。(微妙に形が違うけど、どれも似てるし)
説明文には簡単設営&撤収だとか、通気性抜群とか、物によって様々な特徴らしき説明が…。

どなたか“通”な方。
判り易く教えて頂けないでしょうか?
できれば「これとこれは同じような物。でも、コストパフォーマンス的にはこちらの方がオススメ」みたいな。
または「季節によっては、もしくは設営場所によってはこれ」みたいな。

長文になってしまい申し訳ありません。
お願いします。

Aベストアンサー

テントの種類は使用している生地やポールの材質によって差別化されていませんか?
たとえば安い機種にはグラスファイバー製のポールですが、高いものはジュラルミン(アルミ合金)が使われているとか。


以下個人的見解ですので聞き流してください。

コールマンのテントはディスカウントショップでも扱われており、実際にキャンプ場に行くと迷子になるほど氾濫しています。ベテランのキャンパーほどコールマンのテントを敬遠する傾向にあると感じます。(品質が悪いということではありません)
一度先入観を取り払って、Snowpeak、UNIFLAME、小川テントなどの国産品も含めて検討されてはいかがでしょう。その上でやっぱりコールマンというならそれでもいいと思いますが、もしかしたらもっと自分の使い方にマッチするものやコストパフォーマンスのよいものが見つかるかもしれません。

もし「コールマン」というブランドにこだわりをお持ちなら、買う価値があるのはランタンとストーブくらいです。そのほかはほとんどがOEMやコールマンジャパン独自の製品です。(コールマンのロゴが付いているだけ)
コールマンが「キャンプの王様」という意見に反論はありませんが、アメリカのコールマンとコールマンジャパンは区別して捕らえたほうがよろしいかと思います。

ちなみに私は何台かのストーブのほかに、椅子やテーブルもコールマンですが、品質にはそれなりに満足しております。

テントの種類は使用している生地やポールの材質によって差別化されていませんか?
たとえば安い機種にはグラスファイバー製のポールですが、高いものはジュラルミン(アルミ合金)が使われているとか。


以下個人的見解ですので聞き流してください。

コールマンのテントはディスカウントショップでも扱われており、実際にキャンプ場に行くと迷子になるほど氾濫しています。ベテランのキャンパーほどコールマンのテントを敬遠する傾向にあると感じます。(品質が悪いということではありません)
一度先入...続きを読む

Q赤錆が黒錆に?

賃貸マンションに住む知人に大家さんから次のような連絡があったそうです。「給水管が古くなったので対処したい。方法はオゾン洗浄で、そのあと磁石を使った機械を管に設置して、菅の中の赤錆を黒錆にして強化する」。「磁石を通った水で赤錆が黒錆になる」という点を「?」と思った知人が大家さんに確認すると「営業マンも、黒錆に変わるというのは、公に証明されていないと言った。けれども今までの施行例では実際にそうなっているし、苦情もきていないという説明だった」とのこと。私には直接は関係ありませんが、本当にそんなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

公に証明されていないものを、事実のように偽ってものを売るのは「不当景品類及び不当表示防止法」いわゆる景品表示法の「不実証広告」にあたる違法行為です。
このような場合、「磁石を通った水で赤錆が黒錆になる」を証明しなければならないのは業者側のみの責任であり、大家さんやboat2006さんが「磁石を通った水で赤錆が黒錆になることはない」を証明する必要は一切ありません。無いことの証明はあることの証明より格段に難しいためです。

私ならそのような業者には頼みません。高いだけで技術に不安がありますから。

消費者センターに類似の苦情がきていないかお確かめください。

Qメレル社のカメレオンラップ ミッドの購入を検討しています。

先日、フリーランニング用のシューズで上高地を散策してきました。
河童橋から横尾の往復でしたが、やはり足裏に疲労が出ましたので、今後登山を始めていく上で登山靴の購入を検討しています。
自分は、まだ初心者ですし、当面は夏山の2,000メートル級を登って行きたいため、メレル社のカメレオンラップのミッドタイプを購入しようと思います。
そこで、購入に当たりやはり他の登山靴のように通常履いているサイズより大きめの靴を買うべきかどうかを経験者の皆様にお尋ねさせて頂きたいと思います。
ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 先のご質問でメレルのカメレオンラップとハンワグのクラックセーフティを薦めた張本人です。

 もちろん足に合うのが大前提の話なので、カメレオンラップもクラックセーフティーもそれぞれのカテゴリーの代表モデルという意味合いでお薦めしているのですが、そもそもナイロン生地が主体のアッパーの靴はオールレザーの靴ほど足形にはシビアではありません。ましてカメレオンラップは街用のスニーカーに毛が生えた程度の靴ですから、よほど変わった足形をしていない限り、まず普通に履けると思います。

 先々週、家族で涸沢テント泊で奥穂高岳に登ってきたのですが、カミさんがカメレオンラップのミッドを履いてました。
 涸沢への入下山の日は共に土砂降りの雨で涸沢ヒュッテ手前には雪渓も残っており、奥穂高登山の日もほぼ1日レインウエアを着て行動していたくらいの天候だったのですが、カミさんは何の問題もなく行動しています。
 私もカメレオンラップのローカットを持っていて、これは街履きにしているのですが、濡れたタイル等でも問題を感じたことはありません。この靴も去年は長男が立山で履いてます。

 カメレオンシリーズのウエットグリップが低いということは確かによく聞くのですが、私は他のビブラムソールの靴とたいして変わらない、と思っています。ビブラムのソール自体が、深いラグパターンでグリップを稼ぐ設定で、ゴム質自体は耐摩耗性重視でグリップそのものは"タコ"と言って良いレベルですから、ビブラムソールの靴であればどんな靴を履いていても濡れた岩では滑ります。濡れていようが乾いていようが、フラットな岩の面でのグリップはたいしたことありません。

 保温性についてはゴアテックスは保温材ではないので、"性能"ではなく"仕様"でしょう。濡れれば冷たいのは当然ですが、濡れない限りは大丈夫、ということです。

 ミッドでもカットは比較的浅いので、雨の日や水溜まりに入った時など、本格的なトレッキングシューズより足首から浸水しやすいのは当然です。
 今回の穂高でも、カミさんだけが靴下を濡らしていました。まあこれは濡れるのが嫌ならスパッツを着ければ良いだけの話です(私は無雪期にはスパッツを着けません)。

 アッパーが柔らかく剛性はとても低い靴なので、荷物が重いと疲れやすく歩行も不安定になる靴だとは思いますが、今回の穂高で体力はとても弱いカミさんがテント装備担いで(といっても8kgほどに加減してやってましたが)、土砂降りの雨の中をほぼコースタイムで歩けているので、普通に登山で使うのに問題はないでしょう。

 まあ私もカメレオンラップのミッドがベストだと薦めたわけではないのですが、これとクラックセーフティー(要するにアイゼン対応の超軽量アルパインブーツ)があれば、沢登りと厳冬期の3,000m級以外は快適に対応可能、という意味合いでお薦めしたわけです。

 さて、ソックスですが、厚手のモノは必要ありません。かといって普段履いているような薄手のものも具合が悪いのですが、登山用品店で"登山用としては薄手"のソックスがベストマッチだと思います。これだと普段のソックスで街履きしても違和感がほとんどないですし。
 というわけなので、ことさら大きめのサイズを選ぶ必要はありません。
 ショップで靴をフィッティングする時に、ソックスも買ってそれで合わせるのが一番です。

 ちなみにソックスに限らないのですが、山のウエアに綿製品は不適です。綿は繊維自体が吸水しますので、せっかくゴアテックスのウエアや靴を着用していても汗が水蒸気となって排出されず、ゴアテックスの意味がなくなってしまいます。
 なので山のウエアはソックスも含めてポリエステル系の化繊が基本です。ソックスも化繊のものを選べばいいでしょう。

 ウールも綿と同じく繊維が保水します。
 ただ、ウールは保水すると発熱する性質があるので、「濡れた状態での保温性」は抜群なのです。なので化繊全盛の現代でも、冬山用のウエアやソックスはウールの人気が根強いです。
 靴だと、冬山ではアッパーに雪が付着してバリバリに凍ったりするので、ゴアテックスだろうがなんだろうが関係ない状態になります(氷の層はさすがに水蒸気を通さないから)。なのでソックスは湿気てかなり厳しい状態になりがちなわけですが、こういう時にウールが真価を発揮するわけです。
 というわけなので、夏山では別にウールでなくてもまったく差し支えありません。まあ雨でソックスがびしょ濡れになっても、ウールならそれほど冷たくはならない(それなりに冷たくはなる)、という程度のものです。

 私が登山を始めた30年前は革の重登山靴しかなくて、それで夏の低山から剱岳での岩登り、厳冬期の北アルプスまで全てをこなしていました。
 重登山靴は保温性も今のアルパインブーツに比べると「皆無」と言って良いレベルでしたし、クッション性もほぼゼロで足への当たりもきつかったので、ウールソックスの2枚履きが標準でした。
 今は靴の性能(保温性とクッション性)が別世界と思うほど向上してますし、目立たないのですが実はソックスの性能向上が素晴らしいものがあります。パイルの編み方の技術が飛躍的に向上しているので、薄手のソックスでもクッション性が素晴らしく向上しています。
 なので、カメレオンラップのようなソフトな靴にパイル地のウールソックス、という組み合わせは柔らかすぎてソリッド感がなくなるので私は好みません。クラックセーフティーですら、冬は厚手のウールソックスを履いていますが、夏はもっと薄手の化繊ソックスを履いてますから。
 これだけ厚みの違うソックスを履き分けると、普通なら靴のサイズが違ってきてしまうのですが(サイズは当然厚手ソックスで合わせてある)、靴紐の締め方を変えれば夏でも何の問題もなく履ける、というあたりがこの靴の美点です。
 よほど変わった足の人でない限り、クラックセーフティーは「合わない」なんてことはないんじゃないかな、と思う根拠もそのあたりです。

 クラックセーフティーですが、いわゆる軽量アルパインブーツの他にこんなモデルがあります。

http://www.hodaka-ski-mountain.co.jp/mountain/shoes.html

 このページの中で、「高山無雪期長期・残雪期短期・低山積雪期登山向き」とカテゴライズされている靴が該当します。クラックセーフティーも紹介されてます。

 先のご質問でメレルのカメレオンラップとハンワグのクラックセーフティを薦めた張本人です。

 もちろん足に合うのが大前提の話なので、カメレオンラップもクラックセーフティーもそれぞれのカテゴリーの代表モデルという意味合いでお薦めしているのですが、そもそもナイロン生地が主体のアッパーの靴はオールレザーの靴ほど足形にはシビアではありません。ましてカメレオンラップは街用のスニーカーに毛が生えた程度の靴ですから、よほど変わった足形をしていない限り、まず普通に履けると思います。

 ...続きを読む

QOPINELナイフの黒錆加工について

アウトドアに興味を持って、OPINELナイフの購入を検討しております。
炭素鋼とステンレス刃があると思いますが、炭素鋼刃は黒錆加工を施さないとすぐに錆びてしまうと書かれているのをよく見ます。
そこで質問ですが、黒錆加工はナイフを使うたびに施さなければならないものなのですか?

また、初回の1度だけ施せばいいのですが、上記の様に毎度使用後に黒錆加工を施すのはめんどくさいのでステンレス刃を考えています。

ステンレス刃の方でも質問があります。
ステンレスの材質は錆びにくくても、傷があると保護膜のないそこから錆びると聞いたことがあります。
つまり、切れ味が悪くなったと思い、安易に研ぐと錆びやすくなるのではないかと考えてしまいます。

どちらの刃が良いと思われますか

お詳しい方、OPINELナイフを実際に使っている方、ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

毎回やる必要はありませんが、研げば落ちます。刃物なので研がなきゃ話にならない。というわけで、うちにも30年近く使っているオピネルがありますが加工はしていません。
使わない間は錆びてるし、使うときはあらかじめ研ぐ。使用中は油を引く(と言っても気が向けば、程度のものですが)。
ステンレスは切れ味も研ぎ味も悪いので嫌いです。

いずれにしても、失くしても惜しくない使い捨てナイフに近いものですから丁寧に扱いすぎるよりガンガン使い倒す方が似合ってるナイフだと思いますよ。

Qアウトドアのロープ結びの質問

ロープワークにはまってる男性です。
ネットで調べる程度なので、出来る結びは大してありませんが、
勉強する前は蝶著結びや方結びしか知りませんでした。
そこで質問なのですが、物を固定するのに僕はバケツ結びやプルージックが殆どです。
しかし巻き結びはテントの設営や丸太を縛るのに良いと書いてあったのですが、
自分としては馬鹿の一つ覚えからか、これらのやり方でしかやってません。
結び方はいろいろありますが、やはり巻き結びなども必要なのでしょうか?
イマイチ初心者の自分にはどれでもいいと思ってしまいます。

Aベストアンサー

結び方は、それぞれの特性がありそれを意識して使えれば
数種類で充分実用には足りることが多いです。

ロープワークの書籍は結構たくさんでていますが、用途に対する結び方しか書いていない物が多く、
結び自体の性質や特性が書かれているものは少ないです。
質問者さんのおっしゃる「巻き結びはテントの設営や丸太を縛るのに良い」というのも
なぜ良いのか?というところが書かれていないので、応用することが難しくなってしまいます。

実用だけで言うと、自在結び、かた結び(×縦結び)、もやい結び、巻き結びが出来れば充分。
あとは応用したり、組み合わせたりすればOKです。

プルージックは、フリクションヒッチとしてしか使ったことがないですね。
ものを締め付けるには緩んでしまいますし、綱を張る場合にも張力が弱ると緩みやすいです。
引っ張られる方向が動いてしまう場合にも向きませんね。
固定する対象物が滑りやすい物の場合も駄目だと思います。
巻く回数の割には、確実性が低いですね。
トゥハーフヒッチの方がすばやく確実かもしれません。

蝶結びは、かた結びを引き解けに応用した物ですね。
かた結びはとてもメジャーな結び方ですが、滑りやすい紐では締めにくく、
同じ太さでつながなければ緩みやすく、きつく閉まるとほどけにくいといった特徴があります。
基本の結び方ではありますが、外科結びの方が使いやすいと思います。
ところでバケツ結びって何でしょう?もやい結び?

結び方は、それぞれの特性がありそれを意識して使えれば
数種類で充分実用には足りることが多いです。

ロープワークの書籍は結構たくさんでていますが、用途に対する結び方しか書いていない物が多く、
結び自体の性質や特性が書かれているものは少ないです。
質問者さんのおっしゃる「巻き結びはテントの設営や丸太を縛るのに良い」というのも
なぜ良いのか?というところが書かれていないので、応用することが難しくなってしまいます。

実用だけで言うと、自在結び、かた結び(×縦結び)、もやい結び、...続きを読む

Q赤錆が黒錆に? 

賃貸マンションに住む知人に大家さんから次のような連絡があったそうです。「給水管が古くなったので対処したい。方法はオゾン洗浄で、そのあと磁石を使った機械を管に設置して、菅の中の赤錆を黒錆にして強化する」。「磁石を通った水で赤錆が黒錆になる」という点を「?」と思った知人が大家さんに確認すると「営業マンも、黒錆に変わるというのは、公に証明されていないと言った。けれども今までの施行例では実際にそうなっているし、苦情もきていないという説明だった」とのこと。私には直接は関係ありませんが、本当にそんなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

化学のカテゴリで質問してみたら専門家の回答が得られやすいのではないでしょうか?

Q大雪山の旭岳・黒岳の縦走は旭岳から黒岳へ縦走した方が楽ですか。それとも

大雪山の旭岳・黒岳の縦走は旭岳から黒岳へ縦走した方が楽ですか。それとも黒岳から旭岳へ縦走した方が楽ですか。教えてください。さらに、車を行く手の駐車場に運んでくれるサービスがありますか。

Aベストアンサー

回送サービスはあるようです。
http://www.sangaku-skip.jp/page1.html

ルート的にはどちらが楽か。というのは
さほどないように思います。

ただ、最後に厳しい旭岳越えを残すのはどうかな。という気はします。
最初にがっつり登っておけば、あとはゆるゆるとした下りですし。

黒岳岩室は毛布やシュラフのレンタルもあるので、
時間に余裕がない場合に緊急避難的に泊まりやすい
という意味でも旭岳からのアプローチのほうがいいかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報