実家の家の隣に、所有者不明の土地があり、何十年も父名義で管理しております。
今度実家に戻ることになり、そこに家を建てたいと思います。
明治に遡っても所有者は不明、名義は私にはならないけど建てることは問題ないと
市役所に確認した建築業者に言われました。
特に名義にこだわっておりませんが、父が亡くなりますと当然管理は私がしていく
ことになります。
将来的にトラブルになる可能性を避けたいので、家を建てる前にきちんと書面か
何かを作っていたほうが良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず最初に、その土地には「地番」があると言うことなので、法務局に行き登記簿謄本を取り寄せ、現在の所有権者が誰なのか、これをしっかり把握して下さい。


それからのことです。
おそらく、先代の者で、登記簿上そのままと思います。
その場合は、先代から現代ので戸籍簿で誰がどれだけの持分権が、これを調べ、1人を残し、他の者全員権利の放棄してもらわないと、建物を建てることが出来たとしても問題は残ります。
また、数十年管理してきたと言うことですから、時効取得も考えられます。
そうだとしても、訴訟しなければならないので、相手を確定する必要があります。
そのためにも、冒頭の調査して下さい。
「家を建てる前にきちんと書面か何かを作っていたほうが良いでしょうか? 」と言うことも、相手が誰と誰がどれだけの持分権(持分権とは数人で所有する共有財産)か、それを法律上確定する必要があります。
決して「所有者不明」ではありませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2014/08/19 12:02

<父が亡くなりますと当然管理は私がしていく


ことになります。>
何が当然なのかわかりません。人の土地を勝手に相続は出来ませんよ。

自分の物でも無い土地の税金を払う行為も謎です。
一度実家に帰って事実関係をはっきりさせるべきです。
将来的にトラブルにならないようにするには、権利関係を司法を交えてはっきりさせることです。

この回答への補足

私名義にはならないことや相続できないことも知っています。
が、私が詳しい経緯(なぜ父が管理して税金を支払っているか?)は理解しておらず、質問させて頂きました。
もっと詳しく聞いてから質問すべきことでした。

補足日時:2014/08/08 23:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/08 23:13

役所が言ったのは、建てる手続きの建築確認申請には土地の所有者は関係ないので手続きができる、ということ。


確認が取れても、何ら土地の権利を取得できるものではない。
明治時代にさかのぼりますね。
相続の対象の権利者は子供から孫へと引き継がれますので、区分所有者は数十人になりますよ。
全員の居所を突き止められますか。
弁護士に相談すれば、時効取得の方法を教示されると思います。
    • good
    • 0

#2です。


>父が管理者名義となっており、毎年名目はわかりませんが、税金支払っているそうです。
●まず誤解が無いように説明しておきますが、誰が税金を払おうが当該不動産に対する権利は発生しません。
本来の所有権者に対して償還請求できるだけのことです。
で、管理者名義というのは意味不明ですが、法的に認められた占有権者でない限りは建物を建てることはできません。

実家に帰られて、詳しく分かればまたご質問ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。帰って良く聞いてみます。

お礼日時:2014/08/07 18:02

市役所が誰の土地かわからないのに建てて良いなんて言うわけがない。


建築業者を信用せずに、あなた自身の耳で市役所から聞くべきです。

おそらくそこはゼロ番地だと思われます。
ゼロ番地とは法務局にいって調べても所有者がいないという土地で、まれに存在します。
だからといって、勝手に建物を建ててもいいことにはなりません。

父名義で管理とは、いったいどういう意味なのか分かりませんが、父が何十年も占用していたとすれば悪意の取得時効20年が成立しますので、まずは法的手続により父所有名義の土地にすべきでしょう。
建てるのはそれからです。

この回答への補足

有難うございます。番地はあります。また、父が管理者名義となっており、毎年名目はわかりませんが、税金支払っているそうです。(私が子供のころにおばあさんが住んでいましたが、子供がおらず、その後父が管理しています)
取りあえず、今度実家に帰った際に詳しく聞いてきます。
有難うございました。

補足日時:2014/08/07 11:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2014/08/07 11:57

税金を、払っていましたか、税金を10年間、払っていれば、払った人、名義ならできるかな。

表示登記の時に貴女名義に登記可能かな、事前に、家屋調査士と、打合せを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2014/08/07 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地が親名義、家が息子夫婦名義

 3年ぐらい前に家を新築し、同居をしています。土地はもともと主人の親の家がたっていたもので名義はそのままです。当初、家のローンはすべて払いなさいといわれ6LDK(50坪)の家をたてたのに、一切お金を出してもらっていません。しかし、その分、光熱費・食費はすべてだしてもらって一緒に食事をしています。
 しかし、この不景気でバランスが崩れそうになっています。先日、姑が収入がへったので、光熱費・食費を半分だしてくれといわれてしまいました。主人のお給料もすくなっくなっているのに、出せないというと、「だったら、土地をうる!!」って言うんです。しかし、私から見ると舅も年金とこずかい程度のパート収入があり、姑は契約社員として労働してます。決して収入は少ないほうだとはおもいません。それに姑は平日は仕事があるので仕方がないのですが、毎週外出していて、月に2度ぐらいしか一緒食事をとりません。本当にお金がないのならそんなに外出もできないとおもうんです。
 そんなことをいきないいわれてしまったので、とてもビックリしています。もし詳しい方がいらっしゃったら、回答お願いします。

 3年ぐらい前に家を新築し、同居をしています。土地はもともと主人の親の家がたっていたもので名義はそのままです。当初、家のローンはすべて払いなさいといわれ6LDK(50坪)の家をたてたのに、一切お金を出してもらっていません。しかし、その分、光熱費・食費はすべてだしてもらって一緒に食事をしています。
 しかし、この不景気でバランスが崩れそうになっています。先日、姑が収入がへったので、光熱費・食費を半分だしてくれといわれてしまいました。主人のお給料もすくなっくなっているのに、出せな...続きを読む

Aベストアンサー

あまり自信はないのですが。
日本では更地でないと、土地を買う人は先ずいません。
ましてや、その土地に地主以外の「他人名義の不動産」が
登記してあれば、その土地を買う人のメリットは何でしょう。

買った人はご主人名義の家も同時に買って自らが住むか、
あるいは「地主」としてyureiさんご家族から地代を取る以外、
利益になることがないですね。
そのような土地(失礼)を、赤の他人が買うでしょうか。
ご安心下さい。きっと「訴えてやる式」の捨てぜりふのような
ことだと思います。

それでも不安が残るなら、義理の親御さんとyureiさん達の間で
土地使用に関する「賃貸契約」を結び、地代を支払って法的にも
明確にしておけば如何でしょうか。自宅を建て替えされた時の
不動産会社にでもご相談されてはどうですか。

こちらがそのような対応をするとハッキリすれば、
親御さんたちも考えを改めるかもしれません。
本当なら、親子仲良くが大切ですが、そうも言っておれない現実が
ある事は、私にも充分に分かります。



まず、親御さんが土地を売る前にご主人と土地名義人
(この場合は父親ですか?)との間で、土地使用について
一般的な賃貸借契約を結び、毎月、地代を親に支払うように
することです。
これで、土地が売却されてもあなたが土地を使用する法的な
権利が保証されると思います。

あまり自信はないのですが。
日本では更地でないと、土地を買う人は先ずいません。
ましてや、その土地に地主以外の「他人名義の不動産」が
登記してあれば、その土地を買う人のメリットは何でしょう。

買った人はご主人名義の家も同時に買って自らが住むか、
あるいは「地主」としてyureiさんご家族から地代を取る以外、
利益になることがないですね。
そのような土地(失礼)を、赤の他人が買うでしょうか。
ご安心下さい。きっと「訴えてやる式」の捨てぜりふのような
ことだと思います。

それで...続きを読む

Q認知症の父名義の家の建替え

 自宅の建替えを考えています。現在、母は亡くなり、認知症の父と同居しています。父は全く何も解かりません。私は長男で姉と妹がおり、それぞれ家庭を
もっています。私は家内と子供2二人です。
 現在、父の名義の土地と家に住んでいいます。

 ○家を建替える場合、どのような手続きがいるので  しょうか。
  認知症の父名義の問題、相続権の問題。後顧の
  憂い無く、円満に建替えるには、どのような手順
  で、どのようなことをしていけばよいのでしょう  か、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「成年後見人制度」は“利用できる”というような何か得があるようなものではないのです。

成年後見人制度の目的は「本人の財産の保全」です。本人の財産を家族やその他特定の人に使わせないようにするものなのです。ですから、成年後見人制度を使って「後見人」になったとしても「お父様の財産を後見人の判断で使ってよい」というものとほど遠いのです。

まず、お父様が自分の財産の管理ができないほどの痴呆症である場合、財産管理の必要が出てきた場合には「成年後見人制度を利用しなくてはならない」のです。実際には手続きが非常に面倒なので、利用数は少ないのですが、原則は「後見人を指定しなくてはならない」のです。土地の名義変更や担保設定の手続きが出てくれば「成年後見人制度を使わなくてはならない」のです。

手続きは煩雑で最短でも3ヶ月はかかります。

また、後見人には通常は扶養していたりする親族があたりますが、多額のローンを抱えていたり、利害関係があったりすると認められません。後見人となるには相続権のある親族の了承がないと「後見人選定」の裁判となります。

後見人になった場合、お父様の財産(不動産と現金)について詳細は出納簿をつけ、定期的に役所へ報告しなくてはなりません。

最も頻繁に問題となるのが、後見人になるまでに「(本人の生活費以外に)年金を使い込んでいた」という場合です。同居していた家族の生活費にお父様の年金が使われていた場合、贈与税の問題は別として、「後見人として不適格」という大きな理由となります。実際には、年金の流用が発覚することを恐れるのが後見人制度の利用が少ない後見人側の最も大きな理由なのです。

また、先に書いたように、後見人に指定されたとしても、後見人に財産使用の決定権が与えられるものでは全くないのです。それを誤解している方が多いのです。つまり、お父様の土地を担保に入れるようなローンを後見人が勝手に組むことはできないばかりか、そのようなケースでは家庭裁判所が綿密な吟味をします。つまり家建築に他の相続権者に異論が無いか、家建築は本人(お父様)のためになっているのかどうか、などです。

成年後見人制度は不動産がらみで利用されることが圧倒的に多く、しかも特定の親族の利益になる場合が多いために、後見人の選定や手続きがスムーズにならないことも多いのです。同居者は金銭的利害関係がある場合は、同居をしているだけで後見人となる、とは一概に言えません。

◆結論は、お父様の土地の担保設定などの必要があれば成年後見人制度を使うしかありません。そして、財産の管理の詳細は役所の検閲下となり、後見人にさえも自由に使うことはできません(もともと自由に使えない)。

◆この場合、お父様は認知症ですので生前贈与の手続きはもうこの時点ではできません。

お考えになるより、あるいはネットや印刷物で調べるよりずっとずっと面倒です。けれども成年後見人制度を使うしかない状況です。

なぜ面倒か、というと「人の財産を他人が利用する」ということはたとえ親兄弟であっても憲法に違反する犯罪行為だからです。ですから法律は非常に厳密です。

「成年後見人制度」は“利用できる”というような何か得があるようなものではないのです。

成年後見人制度の目的は「本人の財産の保全」です。本人の財産を家族やその他特定の人に使わせないようにするものなのです。ですから、成年後見人制度を使って「後見人」になったとしても「お父様の財産を後見人の判断で使ってよい」というものとほど遠いのです。

まず、お父様が自分の財産の管理ができないほどの痴呆症である場合、財産管理の必要が出てきた場合には「成年後見人制度を利用しなくてはならない」ので...続きを読む

Q妻側名義の土地に自分名義の家を建てることはどう思いますか

旦那さんに聞きたいのですが、妻側名義の土地に自分名義の家を建てることはどう思いますか。

Aベストアンサー

特別なこととは思いません。
よくある話ですし、私も1,2の方と同じように思います。

ひっかかったのは、“妻側名義”とされている点です。
土地が妻名義ではないようですので、あなた・妻・土地の所有者の3人の内、誰が先に亡くなるかによって、少し問題になるかもしれません。
土地の名義人を仮に妻の父と考えて、妻が先に亡くなると、義父の土地にあなたの家があることになります。
続けて義父が亡くなると、権利関係が複雑化します。
妻側が誰なのかわかりませんが、相続の検討はされた方がよいかもしれません。
既出以外の問題をあげるとすればそんな可能性もあるのではないでしょうか。

Q夫名義の家に、姑も名義人として加わりたいそうですが...

夫が所有する家の名義について、ご相談があります。

夫所有の家は地方にあり、現在義母のみが住んでいます。
私たち夫婦は仕事が都内の為、アパートを借りています。

夫は高校卒業後から7、8年、都内の職場の寮に住んでいました。
ですが、約3年前に義母は離婚し、それまで住んでいた家を
出る事になり、住む所がないというので、夫が30年ローンで
家を買い、夫と義母それと当時結婚前の義妹が3人で、新しい
家に住んでいました。夫は職場まで、2時間半かけて電車で
通勤していました。夫が家を買ったのは、結婚前の事です。

私たちは約半年前に結婚し、二人の職場が都内で、また夫も
毎日の長い電車通勤で腰を痛めたせいもあり、二人でアパートを
借りる事にしました。

現在、夫の家の名義人は夫のみですが、義母も名義人に
入りたい、と言っています。そうしないと、もし夫が死んだら
家が私のものになってしまうからだと思いますが。

家のローンは夫が全て払い、アパートの生活費は二人で分担して
払っています。夫は毎月2,3万しか余らないので、貯金や
大きな買い物は、私の給料からです。

夫が買った家なので、夫が決めるべきだとは思いますが、普段
夫の生活を支えている私には何も残らないのも、疑問に思います。
ですがそこに住んでいるのは実際義母なので、義母の財産に
なるものなのかな、とも思い、判断がつかず、みなさんの
ご意見を伺いたいと思っています。

それともし義母も名義に入れた後、義母が亡くなったら義妹にも
家が分けられるのでしょうか。

長々と申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

夫が所有する家の名義について、ご相談があります。

夫所有の家は地方にあり、現在義母のみが住んでいます。
私たち夫婦は仕事が都内の為、アパートを借りています。

夫は高校卒業後から7、8年、都内の職場の寮に住んでいました。
ですが、約3年前に義母は離婚し、それまで住んでいた家を
出る事になり、住む所がないというので、夫が30年ローンで
家を買い、夫と義母それと当時結婚前の義妹が3人で、新しい
家に住んでいました。夫は職場まで、2時間半かけて電車で
通勤していました。夫が家...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

苦しい生活の中、お義母さまが勝手な事を言い出すのを
ちょっとイラっとしているようですね。
それは、自分達が節約しているのに、お義母さまが無償で
家を借り、好き勝手に生活している事に対しての割り切れ
なさでしょう。

お義母さまが名義をかえろと言うのは、ichkaoさんが、
旦那様(お義母さまから見ると息子)の死後も、「この
家に住み続ける権利が欲しい」ということだけですよね。
(息子夫婦が苦労をして維持していることは失念している)

お義母さまは老後の住処が心配なのでしょうね。
ですので、手っ取り早く、(出費の事を失念して)息子の
名義を自分に書きかえるだけで解決だと、思ってしまった
のでしょう。

しかし、ご自分の状況を、ちょっと勘違いなさって
いるようなので、そこをまず冷静に説明してみては?

住み続ける権利というのは、「自分が出費しないと、
得られないものなのだ」と言うことを、まず、解って
もらわなければいけません。

今現在のお義母さまは、息子の孝行によって、「(無償で)
借りているだけ」の立場であると言う事です。その立場で
「名義を私に」というのは、かなりあつかましい事だ
と言う事です。

ただ、「借りている」と言う場合でも、退去を突っぱねる
事ができる方法が、「正常な代価の支払いによる賃貸契約」
です。

今、ichkaoさんと旦那様は、ローンと自分達の家賃で
苦しい状況と思いますので、それをまず話す。

それから
1.他人に売却してしまう事を考えていると言う
2.お義母さまに買い取ってもらおうと考えている言う

1.の場合は、「売る事を考えている」というジャブを打ち、
「しかし、お義母さんが使っているので売れない。賃貸
契約を結んで、いくらか家賃を入れてくれると、売らずに
済むんだけど…」
と提案してはいかがですか?3万でも5万でも、毎月入ると
助かるのでは?
これで、「息子の死後も立ち退きは迫れない」という
条件は満たします。しかし名義を自分にということの
回答にはなっていません。

2.買い取ってくれと言う場合は、まさしく、「名義を
私にしてくれ」というお義母さまの希望にかなっています。
しかも、無償などという虫の良い事にはなりません。

この場合、お義母さまは一軒買い取るお金は無いでしょう
から、#5回答者さまの仰るとおり、一部を買い取るという
事でよいと思います。

もっと言うと、それで一軒全部1人で使う事も、まだ十分
恵まれているのです。市場の賃貸物件の相場を調べ、
(10-お義母さまが買い取った割合=)旦那様の持分割合を
賃貸するのも、ごく普通の事です。

(例えば、相場が10万円の物件として、お義母さまが
半分の名義を買い取ったとすれば、それぞれの持分割合は
5割。しかし、お義母様は物件を10割使用している=旦那様
の持分5割を「借りている」。
ですので、旦那様はお義母様から、毎月5万円を賃料として
受け取る)

何にせよ、無償で借りて自由に使い、あまつさえ一銭も
払わず名義を自分に…と言う事はあつかましい事だと、
旦那様からお義母様に言ってもらいましょう。

>ですがそこに住んでいるのは実際義母なので、義母の
財産になるものなのかな
→なりません。
出資者=所有者です。
出資¥0=持分は0です。所有者にはなれません。
持分を取る(名義人になる)=出資
無償で持分をあげる=贈与(贈与税がかかる)
…が法律で決まっています。

こんにちは。

苦しい生活の中、お義母さまが勝手な事を言い出すのを
ちょっとイラっとしているようですね。
それは、自分達が節約しているのに、お義母さまが無償で
家を借り、好き勝手に生活している事に対しての割り切れ
なさでしょう。

お義母さまが名義をかえろと言うのは、ichkaoさんが、
旦那様(お義母さまから見ると息子)の死後も、「この
家に住み続ける権利が欲しい」ということだけですよね。
(息子夫婦が苦労をして維持していることは失念している)

お義母さまは老後の住処が心配...続きを読む

Q女性名義で家の購入、改装、家の建築はいけないの?

30代前半の友達(Aちゃん)が知り合いの中年女性(B子さん)に「女性名義で(中古の)家を買ったり、土地を買って家を建てたりしてはダメ。
場所が悪ければ身内の不幸が襲ったり自分にも嫌な事が起きるから」
(あと、「女性のお金で家買ったりしてはダメ」など)と言われたんですが、
本当なのでしょうか...。

※場所が良し悪しは調べればすぐに分かる事ですからそこはまず置いておきます※

Aちゃんのお母さんが2年前の秋に病気亡くなったので今はお父さんと2人暮らしなんですが
来年お父さんが定年退職を機に県内に引っ越したいと言い出してAちゃんも一緒に付いていくつもりでいるため時間の合間を作っては話し合いをしている最中です。
お母さんが亡くなってからお父さんが生活費を出す以外のお金の管理(光熱費の引き落としなど)は全てAちゃん名義で(もしくはAちゃんが仕事を始めてから名義を変えたのかもしれません)、
家を購入するとなればお父さんの名義ではなくAちゃん名義で買うことになると思います。

半年ぐらい前に亡くなった1お母さんが加入していた生命保険の一部でAちゃんは去年部屋の一部を改築していました。
ちょうど知り合いのB子さんに「女性名義で家買ったりリフォームとかしたら身内に不幸起きたりあんたにもいい事ないからね!」とAちゃんは言われていたのですが、
B子さんにいろいろ言われるのも面倒・それを言われて怖かったこともあって、内緒にしていたそうです。
でも、その後に家の中を改築したと明けたらば、「何でリフォームなんかするの!あんた自分の名前で家リフォームしたりなんからいい事起きないよ?!」物凄く叱られたのこと。
(お母さんが亡くなって1年足らずかもしくて過ぎてから家改築したのが悪かったのかもしれませんが...)

今回、お父さんと話し合って市内から県内へ引っ越すことも視野に入れているようですし、
AちゃんはB子さんに言われた事を今でも気にしていて…。
私自身(実家暮らしです)、「女性名義で(中古の)家を買ったり、土地を買って家を建てたりしてはダメ。
場所が悪ければ身内の不幸が襲ったり自分にも嫌な事が起きるから」と聞かされ驚きと同時に初耳でした。
Aちゃんは私の父が霊感が強いことを知っているので父に聞いてくれないかと頼んできましたが、
父も「そんな話聞いた事ない...」と首を傾げるだけで、
私も気になってネットで調べましたがそのような話は見つかりませんでした。
また、他県に住む私の友人(Cちゃん/実家暮らし)はお母さんと2人暮らしで
今Cちゃんが住んでいる家をお母さんが買ったと以前私は聞いていたので、
わざわざCちゃん経由で電話してお母さんにも聞いてみました。
(失礼を承知でしたが)そしたら「じゃあ家買った私は不幸なの? 女性名義で家買ったらいい事が起きないなんて随分失礼なこと言う人がいるもんだね~」と困ったお返事でしたし、
Aちゃんも自分の友人達にも聞いてみたけれどみんな「それは分からない」と。
ただ、1人だけ「女の人のお金で家や土地買ったりしちゃダメっていうのはTVで見た」とは言ってたそうです。


最終的に決めるのはAちゃんとお父さんですし、
当たり前ですけど家は生活に必要ですし、
周りの意見を聞くことも、もちろん必要だとは思います。
ただ、B子さんがそう言ったことに対してAちゃんはまだ気にしているみたいなんですね。


長々と事情を説明してしまって恐縮ですが、
私自身も気になってますので、ご回答をよろしくお願いいたします。

30代前半の友達(Aちゃん)が知り合いの中年女性(B子さん)に「女性名義で(中古の)家を買ったり、土地を買って家を建てたりしてはダメ。
場所が悪ければ身内の不幸が襲ったり自分にも嫌な事が起きるから」
(あと、「女性のお金で家買ったりしてはダメ」など)と言われたんですが、
本当なのでしょうか...。

※場所が良し悪しは調べればすぐに分かる事ですからそこはまず置いておきます※

Aちゃんのお母さんが2年前の秋に病気亡くなったので今はお父さんと2人暮らしなんですが
来年お父さんが定年退職を機に県内に引っ...続きを読む

Aベストアンサー

女性名義だから、何か悪い事が起きるなど、何の因果関係もありません。
そんなことは、全く気にする事はありませんよ。

失礼ですが、そういう話は、最近話題の女性芸人に取り付いている占い師が言いそうな感じですね。

不動産業界に知り合いも多いのですが、女性が自分名義で不動産を購入し始めたのは、意外なほど最近で、統計的にもここ10年位前から、しかもまだ全体の数パーセントそうです。
何か悪いことが起きるといった話は、数字としても傾向としても、まだ捉えようがないわけですから、全く説得力がありません。

強いて言えば、女性名義での土地や建物の購入は、概ね女性の一人暮らしだと分る。
それが無用心だということくらいでしょうが、これは、十分に用心すればいい事です。
場所の良し悪しは、女性に限らず、男性でも同じ条件です。

こういった話は、ほとんどが後付で、こじつけの話が多いです。
たまたま誰かの話を聞いて、その話に尾ひれが付いて、世の中そんな事が一杯あるということになるのでしょう。

迷いがあると、なんでもない事が、気になってくる。そんなことが、こういった話のもとになるのだと思います。
一番大事なのは、取得であれ、リフォームであれ、本当に必要なときには、迷いのない、しっかりとした気持ちで臨む事だと考えます。

Aさんも、家庭の事情に加えて、こういった話を聞かされて大変だと思います。
どうか、いい相談相手になってさし上げてください。

女性名義だから、何か悪い事が起きるなど、何の因果関係もありません。
そんなことは、全く気にする事はありませんよ。

失礼ですが、そういう話は、最近話題の女性芸人に取り付いている占い師が言いそうな感じですね。

不動産業界に知り合いも多いのですが、女性が自分名義で不動産を購入し始めたのは、意外なほど最近で、統計的にもここ10年位前から、しかもまだ全体の数パーセントそうです。
何か悪いことが起きるといった話は、数字としても傾向としても、まだ捉えようがないわけですから、全く説得力があ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報