ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

A病院のX医師から、B病院宛の診療情報提供書を発行して頂いた(2月)のですが、事情があってC病院を受診(6月)することになり、C病院で前述の診療情報提供書を受け取ってもらい、診察を受けました。

C病院では治療が必要である、という診断結果でしたが、ひとまず様子を見て症状が悪化した場合、再度受診することにしました。
今日になって、A病院の医療連携室からB病院の予約が9月に成立した、という連絡を受けました。
B病院は大学病院で、診療情報提供書を必ず受診時に持参することになっています。

1.この場合、診療情報提供書の再発行をA病院にお願いすることになるのでしょうか。
2.B病院を紹介してくれた、A病院のX医師は、3月末でA病院を退職され、D病院へ異動されました。現在、A病院のY医師に診てもらっていますが、もし再発行をお願いする場合、Y医師にお願いしなくてはいけないのでしょうか。D病院にいるX医師にお願いするにはどうしたらよいでしょうか。(病気の性質上、安易にA病院からD病院へ転院することができません。)

ご教示頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足をありがとうございます。


だんだん、見えてきました。

A病院でホルモン治療
C病院で疼痛治療
という分け方なのですね。
これならば、同一疾病とは言えないので、
問題ないと思いますが、
B病院でも疼痛治療となると、
B病院とC病院は、選ぶ必要があります。

つまり、BかCか、決める必要があります。
B病院で診察を受けてから、BかCか決める
B病院を受診するには、やはり、紹介状が必要でしょう。
そうしないと、B病院で、また、最初から検査などを
繰り返さなければならないと言うことになりかねません。

それよりも、
B病院が大学病院となると、紹介状がないと
門前払いという可能性があります。
大学病院というは、他の病院では手の負えない患者を
診るという病院なので、紹介状があるのが当たり前なのです。

A病院の医師に事情を説明して、Y医師に紹介状を
書いてもらうしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご親切に回答を頂き有難うございました。
「A病院がB病院に診察申し込みのFAXを送らなかった」ということが事の始まりで、こんな些細なことが、どんどん自分にとって大きな悩みと苦悩を生むことは予想だにしていませんでした。

FAX送信がされていなかった事が発覚するまでの4ヶ月の間、私は何度かA病院の連携室に直接出向いて、返事の確認をいたしましたので、私に落ち度はなかったと思います。
B病院に勇気を出して自分で電話をして確認するまで、その事実も発覚しなかったわけですから・・・。

A病院から謝罪の文は送られてきたメールの中にありましたが、そこいきつくまでに、私がB病院との電話の中でこういったことが悪い、のようなことを言われ、さらには、B病院はあなたが電話でこう言っていたからこうなった、みたいな、まるで「子供の伝言ゲーム」状態になり、A病院もB病院も自分の中では既に「ロクな病院ではない」存在です。

せめてA病院の医師だけでも親身に相談に乗ってくれるかと思いましたが、「他の医師のしたことは知らない」というような返答をされ、それでは患者は一体どうすればよいのだろうか?と悩みがどんどんと大きくなるばかりです。
「知らない」という医者に、何も非のない自分が敢えてお願いする事は多分しないと思います。

激怒している夫と相談して、熟考したうえで、どうするか決めたいと思います。
どうも有難うございました。

お礼日時:2014/08/11 10:18

実際のところ、何がどうなっているのか、


良く分からないですよ。

A病院からC病院へ紹介状で、検査を受けた
なのに……
今、治療を受けているのは、A病院のY医師
ということは、
同一疾病で、A病院とC病院の両方で治療を受けている
ということになるのですが……
これって、違法ですよ。
これに、さらにB病院で治療をうけるとなると、
さらに、ややこしいことになる。

紹介状に対する返答は、礼儀であって、義務ではない。
なので、C病院からA病院へ返答が行っているのかどうか、
定かではない。

しかし、これは、日本での話。
「海外在住のため継続的に治療に通うことが困難で、様子を見るということで、一度だけの受診です」
そもそも、A、B、Cの病院は日本にあるのですか?
ないのですか?
質問者様は、日本に居るのですか? 居ないのですか?
質問者様がいる国で受けられる治療は、
一体、A、B、Cのどの病院なのでしょうか?

治療が必要な病気のために、
「継続治療ができない」病院の診察を受ける意味が分かりません。
今すぐ、治療が必要だと言われたら、
どうするつもりだったのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。説明不足だったようです。大変話がややこしいため、詳細を書く事は避けますが、部分的にでもご理解頂ければ助かります。

>同一疾病で、A病院とC病院の両方で治療を受けているということになるのですが……

A病院(乳腺外科)・・・・乳がんの治療(ホルモン療法)  
C病院(ペインクリニック科)・・・・術後の疼痛症に対する治療

同一疾病ではないと認識していますが、素人なのでわかりません。A病院の医師が普通に「痛みの治療はここではなく、痛みの専門医で・・・」ということで紹介してくれました。(A病院にはペインクリニック科がないのでB病院で・・・と言われました)  

>これって、違法ですよ。
これに、さらにB病院で治療をうけるとなると、さらに、ややこしいことになる。

よくわかりませんが違法になることを私は医師や病院側から勧められた、ということなのでしょうか。

>紹介状に対する返答は、礼儀であって、義務ではない。なので、C病院からA病院へ返答が行っているのかどうか、定かではない。

そうなんですか・・・・。それではA病院のY医師のもとには届いていない、ということもあるのですね。

>そもそも、A、B、Cの病院は日本にあるのですか?

全て東京です。
夫の仕事で赴任で海外に在住していますが、乳がんのしこりを見つけて急遽昨年5月に帰国して手術を受けました。
当初、化学療法も含めてフルコース、フルセット治療が必要、と診断されたため、仕方なく東京に住居を構え、住民票も取り戻して東京の病院で手術を受けました。
しかし、術後、どうやらそれほど高リスクではないらしい・・・とされ、ホルモン療法だけとなり、3ヶ月に一度の通院をしています。
ただ、家族は海外にいるため、治療を受けながら東京と海外を行き来しています。
言葉の問題、経済的な問題、その他諸々の問題があるため、全て住み慣れた日本で治療を受けています。

>治療が必要な病気のために、「継続治療ができない」病院の診察を受ける意味が分かりません。今すぐ、治療が必要だと言われたら、どうするつもりだったのでしょうか?

A病院では「B病院のペインクリニックは貴重な存在なので皆さん、長く待ちます」と言い続けられ、何ヶ月も待たされました。なので、今すぐ治療が必要という類の疾病ではそもそもなかったのではないかと思います。
C病院では、「寒くなった時、天候などによって症状が厳しくなることがあるかもしれませんので、その時に治療しましょう」と言われ、ひとまず様子を見ることになりました。「継続治療ができない」というのは、例えば6ヶ月続けて毎週通う、という類の治療が家庭の事情で難しい、ということです。
C病院の先生にはそのあたりの個人的な事情も含めて全て理解していただき、1年間は自分で予約が可能だから困ったらいつでもいらっしゃい!と暖かいお言葉を頂き、途方にくれていたので涙が出ました。

医療に関して全く素人なので、病院間の文書等のやりとり、合法か違法かなどよくわかりません。病院で言われるがままにしていたらこうなった・・・・ということです。

お礼日時:2014/08/11 00:02

(1)質問者様は、B病院で診察を受けるつもりがあるのでしょうか?


ないのならば、予約の取り消しをしなければなりません。
そうすれば、B病院で診察を受けたいと思っている人の順番を
繰り上げることができます。

(2)B病院で診察を受けるならば、C病院での診察を打ち切らなければ
なりません。
同じ病気で、2つの医療施設を同時に受診することはできません。
C病院を打ち切るならば、B病院あての紹介状をY医師に
書いてもらうようにお願いしなければなりません。
B病院では、当然、紹介状があると思っているはずで、
その条件で予約を取っているでしょうから。

まずは、これを決めなければ、なりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答を頂き有難うございます。ど素人なので病院間でどのようなやりとりがされているのか全く知識がなく、困っていますので、大変参考になり感謝しております。

(1)質問者様は、B病院で診察を受けるつもりがあるのでしょうか?

迷っています。
B病院ペインクリニックは、乳房切除後疼痛症候群を専門的に治療を行ってくれるということで、X医師が紹介してくれました。医療連携室から予約FaXを入れるとのことで、連絡を待ち続けましたが、病院間の連絡が成立していなかったことが6月になって発覚しました。
仕方なく、自分で予約できるC病院のペインクリニックを探し当て、診察を受けました。C病院のペインクリニックも国内ではペインセンター的な役割をしているそうで、上記の事情を理解して快く対応して頂いたので、良いご縁に恵まれたと感じ、痛みが改善されない時はこの病院で治療を受けたいと思っていました。
ところが昨日、B病院への予約が成立したと、申し込みをしてから半年の月日を経て、A病院の医療連携室から連絡がきたので、かえって困惑することになりました。(X医師は長く待っても2、3ヶ月で診てもらえる、と言っていました)
抱えている病気を治すことを第一に優先させるならば、B病院を受診するべきだと思いますが、上記の件でA病院、B病院ともに、やりとりをしていく中で、自分の中に不振感を感じていることも事実です。
A病院は手術を受けた総合病院ですが、正直なところ、今後、がんセンターなどの他施設に転院したいとも思っています。

>そうすれば、B病院で診察を受けたいと思っている人の順番を繰り上げることができます。

6ヵ月も待たされた(多分、順番がかなり後回しにされた)のですから、安易にB病院受診のキャンセルを伝える気持ちにはなりません。

2)B病院で診察を受けるならば、C病院での診察を打ち切らなければなりません。 同じ病気で、2つの医療施設を同時に受診することはできません。

C病院では「治療が必要」との診断でしたが、海外在住のため継続的に治療に通うことが困難で、様子を見るということで、一度だけの受診です。
B病院を受診する場合は、B病院でその後の治療をしてもらい、C病院に戻ることはないと思います。

>C病院を打ち切るならば、B病院あての紹介状をY医師に書いてもらうようにお願いしなければなりません。

予約FaXが何ヶ月も宙に浮いていたのは、そもそも私の責任ではないですし、「他の医師が紹介したから知らない」と言われたY医師にお願いする気持ちになりません。

>B病院では、当然、紹介状があると思っているはずで、その条件で予約を取っているでしょうから。

別の質問で、紹介状の返事がC病院からA病院に送られている、ということを知りました。ですので、発行した紹介状をC病院で消費した、ということは、当然、A病院は知っていることだと思うのですが如何でしょうか。
こちらから「お願い」しなければいけないことなのでしょうか。

お礼日時:2014/08/10 21:36

このような情報は、診察した医師が書くことが原則です。


しかし、最初に書いた医師は、別病院にいって、
手元にカルテなどの資料がないので、書くのは不可能。
現在の病院の医師は、質問者様を診察していないので、
書くのは不可能。

A病院に事情を説明して、どうすれば良いか、相談してください。

この回答への補足

質問文の情報が不足していたようで補足させて頂きます。

>このような情報は、診察した医師が書くことが原則です。現在の病院の医師は、質問者様を診察していないので、書くのは不可能。

現在かかっているA病院は、昨年乳がんの手術を受け、現在ホルモン療法、経過観察中です。
異動されたX医師は、初診時、術後検診をして頂いた先生で、Y医師には、手術と、X医師が異動されたあとは術後の検診をして頂いています。
X医師がB病院のペインクリニック科を紹介して診療情報提供書を作成してくれました。
Y医師にペインクリニック科の診察について質問したところ、「自分が紹介したわけではないので知らない、連携室へ行ってほしい。」と言われたので、Y医師に再発行をお願いすることはできない(こちらの都合で起きた出来事ではないのでお願いしたくない気持ちもあります)のではないかと思い、ここで質問しました。

C病院のペインクリニック科の受診の際、X医師発行のB病院宛の文書を持って行きました。
宛先が違っても、こちらの事情を説明したところ、快く受け取って頂き、診察して頂きました。

補足日時:2014/08/10 11:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早朝よりご回答頂きましてどうも有難うございました。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2014/08/10 11:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病院の紹介状は有料?

病院で、他の病院への紹介状を書いてもらうと
診察代の他に料金がかかるのでしょうか?
かかるとしたらいくらくらいなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誤解されている方が多いようなので、もう一度書きますが、紹介状(診療情報提供書)は保険診療の対象なので、患者さんの負担は保険の負担割合分だけです。従って、3割負担の方なら、診療所から診療所への紹介の場合で660円、診療所から病院への紹介の場合で870円です。最大でも病院から診療所へ紹介した場合などの1560円です。

Q紹介状について

こんばんは。
教えてください。
持病で通院しています。
事情により、転院したいと考えていて、紹介状を書いてもらおうと思っています。
そこで、転院先(病院)を指定して紹介状を書いてもらう場合と、
とりあえず転院先を指定せずに紹介状を書いてもらい、
その後、自分の都合に合わせて病院を決めた場合
とでは、内容に違いはあるのでしょうか?
(つまり、宛名有りと宛名無しの紹介状では内容に差があるのか)

今通院している病院では、同門関係にある病院を薦めたがっているのですが
私はもう少し考えてから決めたいと思っているのと
今通院している病院が少し遠方なので、今度診察に行くときに
一緒に紹介状を書いてもらえたらと思っているものですから・・・。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療機関に勤める者です。

宛名ありと宛名なしの紹介状(診療情報提供書)で、内容に差はないはずです。
#1さんの回答にあるように「診療情報提供書」は決まった様式(もしくはこれに準じた様式)でなければいけませんし、その内訳は傷病名、紹介目的、既往歴及び家族暦、症状経過及び検査結果、治療経過、現在の処方を記入するような様式になっています。

ただし、その提供書をもらうにあたっては「診療情報提供料」となるわけですが、この提供書を発行した医療機関の施設規模が大きいか小さいかと、その宛先の医療機関の大きいか小さいかで点数は異なってきます。
施設規模を診療所(開業医)、病院というふうに分けて考えられており、診療所から診療所や病院から病院など、同じ規模の医療機関へ紹介となると220点、診療所から病院へは290点となります。
そして病院から診療所へ紹介になると500点や520点といった点数になります。
この点数の違いは、各種医療機関の患者の住み分け等を狙ったものであるわけです。
そして、紹介先はこの診療情報提供書に基づいて初診時に「紹介加算」を算定するわけです。この紹介加算も医療機関で異なり、初診の患者数のうち「紹介状を持ってきた」数の割合が高い医療機関ほどこの紹介加算が高く設定できます。
同じ紹介状を持参して受診しても、紹介率が高い病院かそうでないかで、初診料が違ってくるのです。

担当医が同門先を薦める理由とは違いますが参考までに…

ちなみに#1さまの回答にある「病院独自の料金設定」ではなく、診療報酬点数の定めにより「病院の規模」で点数が変わることを補足させていただきます。

そして、勤務先にも宛名のない紹介状をお持ちになる患者様は結構いらっしゃいますのでお気になさらず…

医療機関に勤める者です。

宛名ありと宛名なしの紹介状(診療情報提供書)で、内容に差はないはずです。
#1さんの回答にあるように「診療情報提供書」は決まった様式(もしくはこれに準じた様式)でなければいけませんし、その内訳は傷病名、紹介目的、既往歴及び家族暦、症状経過及び検査結果、治療経過、現在の処方を記入するような様式になっています。

ただし、その提供書をもらうにあたっては「診療情報提供料」となるわけですが、この提供書を発行した医療機関の施設規模が大きいか小さいかと、そ...続きを読む

Q施設入所者が病院にかかる際の医療費について

老人保健施設に入所している者は検査代が全額自己負担というのは本当でしょうか。
父(90才)が血尿が出たと施設から連絡があり、施設が指定した泌尿器科の個人病院で診察を受けました。その病院での初回の支払い額の内訳を確認したところ、検査代は保険がきかないので全額自己負担と言われました。
父は(1)老人保健法:医療受給者症(1割負担との記載あり)
  (2)国民健康保険被保険者証
  (3)介護保険被保険者証
を持っており、病院側も1割負担が可能なものは1割負担にしているが
検査は保険がきかないと決まっていると言って、厚労省が決めたものだというリストを見せられました。コピーを依頼すると父とは違う施設の書類だからと断られました。そして、この件については施設から説明を受けるように病院の受付の方から言われました。
役所の介護保険係に問い合わせたところ「検査は医療行為のひとつで保険がきくはずですよ」との回答でした。
初回検査内容は聞けなかったのですが、次回する予定の検査は「点滴排泄腎盂検査(レントゲン)」「膀胱鏡」です。これについても病院受付で「全額自己負担ですから1万円以上はかかります」と予告されています。
当方も年金生活で毎月の施設代だけでも苦しく、高齢者のため病気にかかることは仕方ないのですが、今回の件は合点がいかなく、病院側が言っていることが本当に正しいのか教えて頂きたく質問させて頂きました。よろしくお願いします。ちなみに血尿が出てからこれらの検査をするまでの期間は20日間もあり、未だに病名も処置もなされていません。急を要しないとの医師の判断なのでしょうが、この点でも不安に感じています。

老人保健施設に入所している者は検査代が全額自己負担というのは本当でしょうか。
父(90才)が血尿が出たと施設から連絡があり、施設が指定した泌尿器科の個人病院で診察を受けました。その病院での初回の支払い額の内訳を確認したところ、検査代は保険がきかないので全額自己負担と言われました。
父は(1)老人保健法:医療受給者症(1割負担との記載あり)
  (2)国民健康保険被保険者証
  (3)介護保険被保険者証
を持っており、病院側も1割負担が可能なものは1割負担にしているが
検査は保険がきか...続きを読む

Aベストアンサー

細かな規定があって非常に説明しにくいので
少し整理して、細かな例外を省いて「原則」を
説明します。

老人保健施設:常勤の医師がいる
→入所中の基本的な医療は老健で担うことになっている
(入所中の医療も介護報酬に含まれているということ)
→外部の医療機関に受診した場合、定められた医療行為(例えば緊急度の高い手術など)以外は医療保険で請求できず、施設側の負担となる

特別養護老人ホーム:医師の配置義務はあるが非常勤でよい(嘱託医として入所者の健康管理を行う)
→日常療養上の医療は施設の医師が行う
→嘱託医の専門外科目への通院や入院加療が必要な場合の医療費は医療保険から支給される

このように、同じ介護保険を利用する施設であっても、医療に関するスタンスは大きく異なります。介護保険係へのお問い合わせの際に、この点が正確に伝わらないと、回答は異なってきます。

補足でおっしゃっている
・「介護保険を使っていると」医療保険を使える物と使えない物がある
・「施設入所者」の医療費は介護保険から賄われる
→あくまで「老人保健施設に入所中は」「老人保健施設入所者」ととらえる必要があります

病院側が「検査は保険がきかないと決まっている」といったとすればこれは誤解を招く表現ですが、正確に言えば
「老健入所中の方が老健外の医療機関で受ける殆どの検査は保険請求が出来ず、原則施設側の負担である」となるでしょう。

参考
「介護老人保健施設入所者に係る往診及び通院(対診)について」(平成12年3月31日老企第59号)
http://www2.airnet.ne.jp/fno/Acrobat/rouki20000331_59gou.pdf


ここからは私見です。
受診した病院が老健の併設病院だと扱いは別ですし、本人やご家族が強く検査を望んだ場合などは微妙なところですが、今回の件に関して言えば老健側の説明不足(または理解不足)が大きな原因のように感じます。

まずは施設の相談員とよく話をなさることと、お父様の次回受診については、現在の病状の説明を受け、受診や検査の緊急性を医師に確認してから判断されるといいと思います。

細かな規定があって非常に説明しにくいので
少し整理して、細かな例外を省いて「原則」を
説明します。

老人保健施設:常勤の医師がいる
→入所中の基本的な医療は老健で担うことになっている
(入所中の医療も介護報酬に含まれているということ)
→外部の医療機関に受診した場合、定められた医療行為(例えば緊急度の高い手術など)以外は医療保険で請求できず、施設側の負担となる

特別養護老人ホーム:医師の配置義務はあるが非常勤でよい(嘱託医として入所者の健康管理を行う)
→日常療養上の医療...続きを読む

Q同じ病院内で医師の変更可能?

今両親がかかっている総合病院の内科担当医が、毎回両親に向かって
心無い言葉を言い続けたり、(「もう5~10年後には死ぬのだから何をしても無駄」「私の言う事に文句あるんですか」など)
リハビリが必要な病気なのにリハビリの
申請書を出す書類を「行く必要がない」と書いてくれないなど、個人的に
気に入らないのか、嫌がらせに近い仕打ちを受け、毎回行くのをすごく
嫌がります。
しかし、父の病気は難病の為、地元ではそこの病院しか治療できません。
できれば今後、他の内科医に担当を変更してもらいたいのですが、
そういう事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

1です。
周3回とのことですが、本当の理由は違うのですから
例えば、月 水 金 がこの医師の担当だとしますね。
医師に直接言わないでそこの看護士に
今後 月 水 金 が家庭の事情で都合が悪いので
火曜日に変更してください。
と申し出る。

どうして都合が悪いのだ?とかは聞かないと
思います。プライバシーですから。

もちろん、この医師の言動を告発するのが正しいと思います。
でも無記名とかでは出来ないと思います。
もめごとにならずに医師を変更はこうすれば良いのです。
たいてい毎日接していますから看護士はわかっています。
さりげなくどの曜日の医師がやさしいか聞くのも良いと
思います。

私、担当医変更しました。
すごくあっさりでした。

Q診療情報提供料算定について

医療事務従事者です。

当院におかかりの患者様が、救急で他院に入院する事になった場合、入院先の病院から現在の状況、服薬内容を教えて頂きたいとの連絡が入り、FAXにて取り急ぎ送らせて頂く事がありますが、この際、患者さまから請求出来る算定内容を教えて頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過去に総合病院にて医療事務をしていました。
ちょっと状況が読みずらいのですが・・・
通常、そういったやりとりはドクター同士の連絡で行うはずですが、その場合はそのドクターに通常でだしている診療情報提供書を書いていただき、後日相手方病院に郵送で送れば通常の診療情報提供料が算定できます。またその際の再診料等は取りません。初診も再診もなく純粋に診療情報提供料のみの算定です。

もしドクターを介せず事務方で行ったとしても、相手方が要求してくるのは必ずドクターの指示なので、こちらも必ずドクターに確認を取りすぐに記入してもらえるか?と聞き、無理であればカルテをみながら事務方で簡易的な物を作成し、必ずドクター(主治医が不在なら同科のドクターに確認)に確認を入れ、「とりあえずこちらをFAXするので後で提供書を記入してください」と簡易書類の確認と後で記入してもらう話だけは通しておくこと。相手方の病院には簡易的にドクターの指示の元記入してあるので後日正式な提供書をお送りする旨伝える。どちらにせよ、後から正式に書類化された物を相手方に持ち込むか郵送しなければなりません。
なので診療情報提供料は取れます。
取れる物はそれだけですが、レントゲンのフィルムコピーなどがあればフィルムコピー代も算定して下さい。
検査結果のコピーやレントゲンでもフィルムでなくコピー機で紙にコピーした物(滅多にないけど)は算定できません。心電図のレシートみたいなのも算定不可です。
この診療情報提供料に時間外などは算定不可です。

過去に総合病院にて医療事務をしていました。
ちょっと状況が読みずらいのですが・・・
通常、そういったやりとりはドクター同士の連絡で行うはずですが、その場合はそのドクターに通常でだしている診療情報提供書を書いていただき、後日相手方病院に郵送で送れば通常の診療情報提供料が算定できます。またその際の再診料等は取りません。初診も再診もなく純粋に診療情報提供料のみの算定です。

もしドクターを介せず事務方で行ったとしても、相手方が要求してくるのは必ずドクターの指示なので、こちらも必ずド...続きを読む

Q宛先の違う診療情報提供書を持っていくことの不都合

S病院からJ医科大学宛の診療情報提供書を渡されました。

診察の予約は、FAXで病院同士で行うとのことで任せていましたが、3ヶ月待っても返事はこないため、J医大は諦めて、N病院へ行くことにしました。
(双方のFAXのやりとりに問題があったようですが、なぜか私の方に矛先を向けられ、揉め事になってしまい、これ以上関わりたくなかったので・・・・・)

自分で電話予約できるN病院では、「宛先が違うものは困るので、宛先をN病院宛に変えたものをもってきてほしい」と言われましたが、再度S病院へ出向く気力がなく、そのまま宛先の違うものをN病院へもっていき、受理されないならば5000円の加算額を支払ってもいいと考えています。

この件で想定される不都合があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

S病院にどれくらい関わり合いがあるか? ということが問題です。何年も前からS病院に通っているのであれば、S病院に行く気力がなくても、把握している情報が多いので行って紹介状を書いてもらった方がいいでしょう。一方、S病院には1-2回行っただけと言うことであれば、疾患にもよりますが、お持ちの紹介状にある情報で十分ではないでしょうか? 進行性の疾患で3ヶ月も経過していれば、検査をし直すでしょう。ただ、診察する医者の心情が若干違ったものになるかも知れませんし、やはり可能なら紹介状を書き直してもらう方がいいと思います。


人気Q&Aランキング