人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

SSD の先ほどの質問に書き忘れましてお手数をおかけし
すみません。

ちょっと考えたんですがSSD のノートをいろいろ調べると
CPU がCore i7 からセレロンまであります。

SSD というものがそんなに劇的に早いのならCPU なんて
どれでも大差ないのではないんでしょうか?

パソコンの大きな価格差でCPU や液晶があると思うので
すがSSD を選んだらそんなにCPU は気にしなくていいの
ではないでしょうか?

間違ってますか?どうかご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

補足



>SSDの高速化とともにHDDも高速化されています。
>SSDに以前ほどのアドバンテージは無くなっています。

と仰っている方がおられますが、私は大きな間違いだと思います。

下記のように現在売れ筋のSSDとHDDを比べてみると

SSD CT256MX100SSD1
http://review.kakaku.com/review/K0000660265/Revi …

HDD WD30EZRX-1TBP
http://club.coneco.net/user/14407/review/122563/ …

PC操作上で大きく体感差が出る「512K」「4K」のランダムアクセスが桁違いに
SSDはHDDより最新同士で比べても速いので圧倒的なアドバンテージがあります。
それに以前はSSDが苦手だった書き込みですら最近のSSDだと上な事が多いので
OSに利用するならSSDのHDDに対するアドバンテージは以前よりも広がっています。
(急速に進化するSSD比べてHDDの性能はここ数年、ほぼ停滞したままです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
SSD によって読み書きの速度などが違う・・・と先日読みました。購入する時の選択が難しいですね。
昨晩BTO のパソコンを見てたのですがDVD ドライブでもSSD でもメーカーが記入してあってそれから選ぶようなメーカーもありました。
素人がその中から選ぶって基準がわからないから普通、安いの選んじゃいますよね。
奥が深いです。勉強になります。
また教えてください。ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/11 11:55

> SSDとHDDは役割が違うんですね。


いえ、速度が違うだけで基本的に同じですが・・・。
もしかして、「SSD(またはHDD)とCPUは役割が違う」を書き間違えましたか?
(他の方へのお礼ではそのように記載されているようですし。)

> SSDの仕様ってあるのかわかりませんがSSDによっても速度が違うみたいですね。
> どれぐらい差があるんでしょう・・・。
本当に遅いのは条件によってはHDD以下です。
もっとも現在では定評のあるSSDを購入しておけばそんな外れを引くことはないでしょう。
というか、今普通に売っているSSDでそんな外れはたぶん無いと思う。

価格.comのレビュー、クチコミあたりをみれば情報はいっぱいありますよ。


> このCPUならこのSSD,こっちのCPUならこっちのSSDっていうのないのかなあ・・・・。
CPUとSSD(HDD)それぞれについて、自分が欲しいもの選ぶだけなので、
組み合わせなんて気にしたこともないですし、気にする意味も無いでしょう。


> それともどんなCPUでもSSDの速度の方が余裕になってしまうのかもしれないですね。
CPU性能は不要だけど、ディスク(HDD,SSD)の性能の影響を大きく受ける最たる例は
ただのファイルコピーですね。

まあ、普通はCPUが忙しくなる作業と、ディスクが忙しくなる作業の両方があるので、
CPUもディスクもそれなりに性能の物にしておくという
ある意味普通の選択が無難だったりしますが。


> いろいろ質問したのですがやはり文章より実際使って体感することによって
> HDD以上のものを感じるだろうと思いました。
私の場合だと、HDDが遅いノートPCだとSSDにするとかなりストレスが減りましたが、
デスクトップPCだともともとHDDでも不満が無かったのもあってSSDにしても
そこまで変わったとは感じませんでした。起動速度とかはもちろん速くなりましたが。
それでもデスクトップPCにもSSDを入れることにした一番の理由はSSDが安くなったからですね。
(たしか256GBで2万円くらいだった気がする。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、書き間違いました。失礼しました。

頭ではだいたい理解できましたが
やはり一番の理解は自分で使ってみることと感じました。
使ってみて体験したいと思います。
いろいろ教えていただいて何度も回答ありがとうございました。
是非また教えてください!

お礼日時:2014/08/13 20:16

>実際使って体感することによってHDD以上のものを感じるだろうと思いました。



それが一番です。
私も以前は
「SSDなんて高価だしHDDで十分だよ…」
と思っていました。
しかし値段も安くなってきたし試しに導入してみたところ、
あまりの快適さにシステムドライブはSSD以外は考えない状態ですね。

値段の方も5年くらい前は64GBとかが数万円したのが今では
それよりも遥かに高性能で容量の大きい120GBクラスが1万円くらいで買えます。
安いのですと6500円くらいです。

ぜひ実体験してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんでも新しいものも試してみないとわからない。
是非使って体感しようと思います。
何度も回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/13 20:14

>SSD の先ほどの質問に書き忘れましてお手数をおかけしすみません。



「SSDの先ほどの質問」と書かれても何の事かわからないですよ。
カテゴリーも異なるところに書かれていますし。

>SSD というものがそんなに劇的に早いのならCPU なんて
>どれでも大差ないのではないんでしょうか?

SSDはCPUの処理そのものを手助けするようなものではないです。
例えば、図書館に優秀な司書がいて読みたい本を即探し出してくれたり元の場所に戻してくれたりしたとしても、本を読む時間そのものが短くなったりはしませんよね。

この回答への補足

ごめんなさい。
深夜だったので疲れてて体調も良くなかったのでリンク付けるの忘れてました。
カテゴリは「こっちの方がいいのかな?」と思っちゃって選ぶときに突然こちらのカテゴリに変更してしまいました。
今後ご迷惑かけないように注意します。
すみませんでした。

補足日時:2014/08/11 11:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんの回答を拝見してSSDとCPUは役割が違うということに気づきました。
恥ずかしい質問をしてしまいました。
いろいろ質問したのですがやはり文章より実際使って体感することによってHDD以上のものを感じるだろうと思いました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/11 23:59

PCで何かをするときの処理速度は全体のバランスで決まります。


例えばディスクアクセスだけ極端に遅いとそこが足を引っ張って
CPUにデータが送れないのでCPUが遊んでしまい処理速度が落ちます。
逆に、CPUが遅いと、ディスクアクセスが速くても処理が間に合わないのでやっぱり処理速度は落ちます。
もちろん、CPUやディスクアクセスだけでなく、メモリ容量やGPUなどが足を引っ張る場合もあります。
なので、足を引っ張っているところを改善するのが基本です。
なお、この足を引っ張っているところをボトルネックと言います。

では、CPUとディスクアクセスのバランスはどうなっているかというと、
それは用途(利用するプログラムの処理内容)によって変わるので一概には言えません。

もしCPU依存が強い処理があると
「SSDにしたけど、特定の処理で待たされる時間は大して変わらない」のようなことになります。



SSDとHDDの差は、特にノートPCだと大きいですね。
ノートPCに搭載されるHDDはデスクトップ向けより遅いので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

暑いですがお元気ですか?回答ありがとうございます。
SSDとHDDは役割が違うんですね。
低レベルの素人質問をしてしまって結構恥ずかしいです。
SSDの仕様ってあるのかわかりませんがSSDによっても速度が違うみたいですね。どれぐらい差があるんでしょう・・・。CPUにあった速度でないとどちらかが余ってしまいますね。
まあそれってパソコンで各個人が行う作業とパソコンのCPUやメモリとかと一緒なんですが、このCPUならこのSSD,こっちのCPUならこっちのSSDっていうのないのかなあ・・・・。
それともどんなCPUでもSSDの速度の方が余裕になってしまうのかもしれないですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/11 23:57

>SSD というものがそんなに劇的に早いのならCPU なんて


>どれでも大差ないのではないんでしょうか?

貴方がやる作業によります。
SSDはアプリの起動などが速く体感的にHDDと比べてかなり速く感じます。
CPUは重い作業(動画編集、重い3Dゲームなど)をしなければ
体感差をローエンドCPUとハイエンドCPUで感じることは現行CPUならないと思います。
私もWin7エクスペリエンスで7.8のCPUと6.3くらいの2つのCPUのPCを
SSD環境で使っていますがネットやOFFICEなどでの文章作成や表作成など
通常の作業では体感差は全く感じません。
(動画編集などになると5倍くらい7.8のCPUの方が高速ですが)
※Win7エクスペリエンスで7.8以上(満点7.9)のスコアが出るのはi7かFX8350以上くらいです。


ちなみに現行のCPUだと最低レベルでも超省電力版CPU以外は6.0は
セレロンでも超えていると思います。
つまり重い作業をしないのならCPUにお金をかけるよりもSSDにお金を
かけた方が快適ですよ、、、ということです。
ただSSDは容量が少ない(GB単価が高い)のが欠点ですけどね。
容量を喰うデーターはノートでも外付けHDDにでも入れればほとんど問題にならないと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。回答ありがとうございます。
CPUとSSDは基本的に担当作業が違うんですね。
一部でカバーできてるところもあると思うんですが。
ここ数日で急にSSDをいろいろ教えていただいて「なんで?なにが?」という質問より使ってる皆さんが評価なさっているのを実感するには文章でなく自分で使ってみないとわからないのではないかと思いました。
そしてそこにはきっとSSDを使うとHDDに戻れなくなってしまう魅力があるのではないかと感じています。
ご親切に回答ありがとうございました!

お礼日時:2014/08/11 23:51

>SSD というものがそんなに劇的に早いのならCPU なんて


どれでも大差ないのではないんでしょうか?

SSDは計算が出来ないのが、弱点?
CPUはデータを保存できないのが、弱点?

ってことで、種類が違うだけかも。

が、遅いCPUにすると、SSDが送ってくるデータを処理しきれないかもですね。

>1.SSD HDD でのデータの保護(消えないこと)について
 ~~~
 そういう不安は不要なのでしょうか?

以前、私が寿命でSSDを壊したことがありますが、
そのときは、部分的にファイルがどうとかではなく、
認識すらしなくなってましたね。そういう意味では、
助かる可能性がまだ、HDDのほうが、高いのかな?という
気持ちは確かにあるので、バックアップは必須なのかも。

私の多少、偏見のある回答として・・・
SSDを導入した後、やけに、
パフォーマンスモニターを開いて、SSDへの無駄アクセスを
確認するようになった気がします。書き換えは寿命に影響するだろうという意味で。
なので、なんとなく、安心感は、HDDのほうに、まだあるようにも、
感じる自分はいますね。

バックアップという回答は、普通に多く、正しいのですが、
いつどんなときも、バックアップをしているわけでもなく、
バックアップは所詮は、それを行ったときの「過去のデータ」なので、
今、SSDに入っているデータが、常に最新かな?
って気もするので。。
いつか、SSDとかのデータを起動中に、バックグラウンドなどで、
HDDにコピーしていく?(クローン化)
なんてのも、ありなのかな~とは、思ってます。
速度だけ見たら、RAMDISKが最高ですが^^
当然電源切ったら、確実に消えますけど。
#終了時に書き出せるRAMDISKもありますけどね。

なんて感じを、私は感じてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
#1さんのお礼にも書きましたがSSDとCPUってやることが違うんですよね。
本当に恥ずかしい素人質問をしてしまいました。
でもいただいた回答と私の感覚が似てるところがあってUSBメモリが原因不明で一瞬ですべて壊れて読めなくなった経験があるんです。データ復旧に数日作業しましたが無理でした。それがHDDだったら救える部分がある場合はあるのではないでしょうか?バックアップは私は1週間に1回ぐらいだし最新がSSDに入ってて一種ですべて消えたら1週間の作業やりなおしです(^_^;なんか不安なんですがみなさん「壊れるときは一緒」「HDDの方が壊れやすい」というご意見ですね。壊れやすさより全部消えるという壊れ方も気になるところではあります。
回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2014/08/11 23:34

SSDと高速CPUは速さに寄与するアプローチが違います。



車で言うと高速CPUとは高性能エンジンです。
エンジン性能が良ければそれだけ高速が出ます。
(周辺機器がついてこれればの話ですが)
しかし、いくら高速な車でも渋滞があれば速度が発揮できません。
SSDとは渋滞を抜ける高性能カーナビのようなものです。

パソコンでの速度のボトルネックは津上はディスクアクセスです。
SSDはれを物理的なメモリーから静的なメモリーに変更することに
よって速度を上げるものです。ですから、ディスクアクセスがほとんど
ないExcelの演算や多くのネット閲覧などではSSDの効果は
起動時以外にほとんどありません。

また、現在ではSSDの高速化とともにHDDも高速化されています。
SSDに以前ほどのアドバンテージは無くなっています。
ノートPCの場合は消費電力が少なく、小型化できるというメリットが
大きいのでお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私ってバカですね。恥ずかしいです。
CPUは頭脳、SSDは手足、
担当が違うということですよね!
素人質問にわざわざ回答いただきありがとうございました!

お礼日時:2014/08/11 23:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低性能PC、SSDに変えても起動終了以外変わらない

スペックはE350のメモリー2GBで250GBHDDから256GBSSDに変更しましたが起動速度と終了速度あとはwindowsのスコア、それが変わっただけで他はitunesもfirefoxも体感できる速度差がありません。こんなものなんでしょうか。それともたとえばCPU性能がi7でメモリ性能が8GBぐらい余裕がないと低スペックだとドライブだけSSDにしても無意味なんでしょうか?何かこれをしたら低性能でもSSDの早さを体感できるってのがあったら教えてください。

Aベストアンサー

SSDを体感できるのは、Windowsの起動、終了と、大きめのアプリ(PPT等)や大きなファイルを開ける時ぐらいで、ブラウザなどは対して変化することはありません。(ストレージへのアクセスがそれほど頻繁でないため)

体感して遊ぶのであれば、「Crystal Disk Mark」でのベンチマークでしょうか。

QCeleron、Coreの違いは?

こんにちは。
PCのCeleron、Coreの違いを教えてください。
CPUの動作周波数GHzなども関わってくると思いますが、
呼び名が違うCeleron、Coreの内容が知りたいです。
Celeron、Coreの何千Mは数字が多い方が性能が良いようで。
また、CeleronよりCoreの方が良いのかと。
Coreでも i3 より i5 の方が動作向上になると思いますが。

詳しく分かる方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

CPUの比較は、世代をまたぐと、非常に複雑になるので
基本的な概念だけを、まず理解しましょう。

原則として、CPUはブランディングされているものです。
ですから、CoreiはCore2やCoreよりも新しい新世代のものとして
より高性能のCPUブランドとなっています。

実際に、技術的に高速化が進んでおり、同じ動作周波数でも
コアあたりの性能が向上しています。


それに対して、Celeronは低価格CPUのブランドですから
「とにかくCeleronは嫌だ」という人もいますし…
あまり性能を求めない層にとっては
Celeronは手軽でお買い得なブランドとして受け止められたりもします。

現在のCeleronは、2,3世代のCeleronに比べれば
デュアルコア化していますし、2,3世代前のCore2Duoより高性能の場合もあります。

Pentiumは、Coreシリーズが出てくる前は、パーソナルのハイエンドがPentiumでしたから
「とにかくPentiumを買っておけばいい」という層がいるので
あえて、CeleronとCoreiの間に、Pentiumというブランドを復帰させています。
Celeronでも充分だけど、Pentiumブランドを支持する人にとって、これは良い選択肢です。


ともかく、CeleronやPentiumは、名称の歴史は10年以上ですから
単に、Celeronと言っても、その性能を推し量ることはまったくできないのです。


そういったブランディングがあるので、基本的には
上級ブランドのものは、同じクロックでは性能が上となります。

これはCPUアーキテクチャーの差や、CPUキャッシュの量の差
メモリーとのインターフェイスの速度の差などから生じます。


ただ、コア数が多いからこそ、上級ブランドであり高速という場合もあります。
(たとえば典型的にCore2QuadとCore2Duoがそういう関係でした)

しかし、実際にはソフトウェアの処理内容によっては
デュアルコアの効果が期待できず、上級ブランドでありながら
処理性能が同等になることもありえます。

CPUキャッシュが多くても、処理内容によっては
速度差は小さくなります。

ですから、細かいところを気にして比較しても
気に病むだけ無駄という場合もあります。

私は、メインのパソコンは動かしっぱなしで
エンコードや動画再生などを行いながら、さらに負荷の高い処理をしたりもするので
Core2Duoから買い換えるなら、4コアは欲しいなぁ…と考え
実際、パーツ販売店に行ったら、4コアでお買い得そうなものがCorei5 2405Sだったので
それとM/Bとメモリーを揃えて、購入しました。

ほかのCPUとの比較なんか、あんまり難しく考える必要は無いと思っています。
それは、市場原理が、お買い得なものを自然に作り出していくからです。

まぁ、完成品PCで考える場合は、考える要素がGPUやメモリーなど
より複雑な要素が必要になるので、CPUの差は、あまり難しく考えないほうが楽ですよ。
多少の性能差は、スペック厨とかベンチマーク厨だけが気にしてればいいんです。


より正確にCPUを選ぶためには

自分が、どういったソフトをどう使うのか?
そこに、マルチコアやHTによる多スレッド環境がどのくらい有効なのか?
速度低下の原因となるものが、どこにあるのか?

いろんな要素を、充分に把握する必要があります。

あるいはCPUのランクを落としてでも
メモリーをより多くしたほうがいい場合もありますし
CPUもメモリーもそこそこのまま、SSD+HDDにするほうが良い場合もあります。


ノートPC特有の問題としては、CPUもGPUも換装できないという基本則があります。
(例外はありますけどね)

ですから、Celeronなどを選ぶ場合は、ちょっと踏み込んで
CPU内蔵GPUが何か?そこも確認しておきましょう。

似たような性能の二つのCeleronやPentiumなどの間で
実際には、GPU性能に格差があるような場合もあるのです。

CPUの比較は、世代をまたぐと、非常に複雑になるので
基本的な概念だけを、まず理解しましょう。

原則として、CPUはブランディングされているものです。
ですから、CoreiはCore2やCoreよりも新しい新世代のものとして
より高性能のCPUブランドとなっています。

実際に、技術的に高速化が進んでおり、同じ動作周波数でも
コアあたりの性能が向上しています。


それに対して、Celeronは低価格CPUのブランドですから
「とにかくCeleronは嫌だ」という人もいますし…
あまり性能を求めない層にとっては
Celeronは手...続きを読む

Qメモリは4GBで充分ですか? PC初心者

こんにちは。
タブレットPCまたはノートパソコン(Win8 64bit)の購入を考えている者です。
メモリについて質問があります。

使用目的としてはゲーム(将棋などのボードゲーム) をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。
私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。
色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。

家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
ニコニコ動画30分の動画1つ+いつもしているゲームを起動→2.1GB~2.2GB
ニコニコ動画30分の動画×5つのウィンドウで同時再生+いつもしているゲームを起動→2.8GB~3.0GB

これを見てみると4GBで足りているようです。
しかし、PCは数年たつとメモリ不足になり動作が重くなるとよく聞きます。
あとあと増設できない分、「その時のために初めから8GBを積んでおいた方が良いのか」とかなり悩んでいます。

皆さんはどれくらいのメモリを積んでいますか?
また、そのメモリが必要となるような作業とはどのようなものなのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

こんにちは。
タブレットPCまたはノートパソコン(Win8 64bit)の購入を考えている者です。
メモリについて質問があります。

使用目的としてはゲーム(将棋などのボードゲーム) をしながら動画サイトで動画・音楽の視聴などです。
私が購入を考えているPCですと購入後のメモリ増設ができません。
色々と調べてみると「4GBで十分」という意見や「8GBは積んでおいた方が良い」という意見が混在していました。

家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
ニコニ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい判断ですね。
通常は4Gで足りると思います。
ただし、これは将来に重くなったときに、入らない常駐ソフトをはずせる
知識がある場合です。
それがなければすなおに8Gにするか、少々遅くなってもがまんするかです。
4Gあれば使えなくなると言うことはないでしょう。


>家族で使っている購入後1年未満のデスクトップPC(Windows7 homepremium 64bit)で試してみました。
>ニコニコ動画30分の動画1つ+いつもしているゲームを起動→2.1GB~2.2GB
>ニコニコ動画30分の動画×5つのウィンドウで同時再生+いつもしているゲームを起動→2.8GB~3.0GB

上記はあくまで目安程度の数字にすぎません。
年収400万円の人と年収800万円の人がハワイ旅行にいったとき、食事やオプションツアーなどが
異なるので、費用総額がかなり変わるはずです。
同様に、Windowsは現有メモリーにオ.維持手メモリーを使います。
ですから、他のマシンでのメモリー占有率はあくまでも目安程度のものです。


人気Q&Aランキング