人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

○最初に私について書きます、それを知らないと多分ハズレになるでしょう。
東大化学出の理学博士で歳は六十六歳です、少し焦っています、母は七十で認知症になりました、もう時間が無いのです。なおその母は特養でぴんぴんしています、車椅子だが「安易に」車椅子に移ったので歩くのは苦手だが起てます。幸か不幸かうちは長寿、九十前に死ぬと驚かれる。
○エンタメは避けたい、が、もう純文学との境目は無いに等しいから排除はしない。めっくて見ます。
○時代物も避けたい、が、これだけは読ますに死ぬな、なら、めくります。
○ファンタジーも避けたい、指輪物語読、ミヒャエルエンデも読みました、それより上なら大歓迎。
時空の歪みで「自衛隊が……」は絶対嫌、一応学者なので現代の技術を過去に適用する話しは「おぞましい」
○専門家ですから「理論的に間違っている」のは最初からダメ。
○SFは排除しませんが、大規模すぎる舞台は嫌「第六大陸(少し甘いが技術に嘘が無い)」「最終理論(?)」は結構良かった、
○ミステリーは嫌いじゃ無いが、これも「これだけは読め」でしたらお薦め下さい。凄い謎解き(数学の知識がないと訳分らんのは嫌)は大好きだが謎解きのための謎解きは嫌、翻訳でも良いが有名なのはもう読んだ、ほんわかものに凄い謎解きが入っているのはOK、但し米澤穗信さんはほとんど読みましたが「小市民シリーズはおぞましい」氷菓シリーズと「犬はどこだ」は名作だが非常に出来不出来が激しい方で期待して読んでひどい目に遭った。流行の図書館と本屋は「嫌」
○ノンフィクションも避けたい、理由は簡単、同じテーマの「学術書」を読んだ方が良い。だが「学術書は大きすぎるから「この位にまとめたよ」なら良いですが、事実でないことが入っている(同じ事だが時間の整合性が変)のは嫌。
○「ヒツジのおじさん」は不要。
○既に池波正太郎、藤沢周平、宮城谷昌光先生はほぼ全部読みました、「小説」とは言い難いが塩野七生先生の作品もほぼ完読しました。

☆良かったのは、「夜のピクニック」「博士の愛した数式」 少しべとべとの大甘かもしれません。
☆文庫になっている方が嬉しいが、中身が膨大な文庫は老眼にはキツイ。

最後に、大正、昭和期(戦前)は遠慮します。名作ばかりで文庫だが、暗いのは嫌い。
図々しいですが「莫大な数の提案」をお寄せ下さい。あなたの愛読書で良いのです、宣伝してさし上げます
だが不満だと「核爆弾」で潰しにかかりますのでご注意下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

こんばんは。

もう寝るつもりだつたのですが、doc_somdayさんの質問がふと目につきましたので、書かせてください。私は、doc_somdayさんのやうに、ご自分のことを素直に書いてくださる方が好きです。

>>「面白い本」を教えて下さい。

ドーキンスやグールドはもう終りなのですね。「ノンフィクションも避けたい」とのことですし。

>>あなたの愛読書で良いのです、宣伝してさし上げます

(1)『不思議の国のアリス』ルイス・キャロル
マーチン・ガードナーの注釈がついたものです。「理論的に間違っている」のは最初からダメ、ともことですが、この物語は、理論も何もありませんから、まちがへやうがありません。

(2)『ジャマイカの烈風』リチャード・ヒューズ
女の子が船旅の途中で、海賊に襲われます。海賊はみなやさしく、海賊船での平穏な生活がつづきます。あるとき、なりゆきで、この女の子は、捕虜を殺してしまひます。故意ではなく、ほぼ無意識のままに。
その後、海賊は海軍に拿捕され、裁判にかけられます。無邪気な女の子は、証言台に立ちます。まつたく嘘をつきませんでした。子供は素直に事実を語りました。私の下手な文章はうまく書けません、実際に殺人を犯したのは女の子ですが、海賊は死刑になりました。裁判官は海賊が殺人犯だと認定したのです。すべて真実が語られたにもかかはらず。
自分をかくさない、といふ点において、「子供」とは究極の人間像です。人間とは何か、を描いた最高の小説です。

(3)『桜もさよならも日本語』丸谷才一
これは、以前私の質問ページに回答してくださつたときに、書きました。同じ著者では『後鳥羽院』が好きです。

私のやうな者が回答するのは、おこがましいのですが、たぶんdoc_somdayさんの初めての質問ではないかとおもひましたので、つい投稿してしまひました。

>>だが不満だと「核爆弾」で潰しにかかりますのでご注意下さい。

私は貧乏人ですので、anonym14さんのやうに、シェルターをつくれません。なにとぞご容赦ください。

この回答への補足

有り難うございました。
実のところ「ありがた、迷惑」になって仕舞いました。
丸谷才一先生の「後鳥羽院」お好きだという事で、期待して手を付けたらとんでもない事になりました。
正面衝突してしまって一歩も進めなくなってしまったのです。幸か不幸かショッピングモールの書店で、何冊か上げて聞いたら在庫があったので、「厚いなー」とは思ったけど買いました。
だが読んでビックリこれ「評論」ですよね、しかも内容が「新古今」、丸谷先生は日本語の最大級の論客ですが、作家では無く「文学者」。これが好きなあなた様は凄い。丸谷先生の和歌の感性に圧倒されますが、新古今と私は非常に不幸な関係。高校の時だから丁度半世紀前、高校の古典を教えて頂いた先生は非常に私を買ってくれました、だけどそれは当たり前、だってクラスで古典すらすら読むの私しか居ないんだから仕方が無い。この方の趣味に新古今は合わなかった、だから一切無視、出て来りゃ罵る。しっかり刷り込まれてしまった。だから編者である後鳥羽院は鬼門中の鬼門、だから正面衝突してしまったのです。50ページほど読んだら動きが取れなくなり、他の本も読めない。元研究者だから理系文系を問わず、開いて読み始めたら終わりまで読まないと気が済まない。だが、読めない。仕方が無いので小説書く方に逃げ込んだ。ムチャクチャ大甘な小説です、十月が締め切りの新人賞に応募します。多分そいつを郵送するまで、何も読めない。

補足日時:2014/08/29 18:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも真摯な会話、大変感動して読んでおります。
グールド教授は亡くなられてから、十年経つでしょうから無理でしょう。
ドーキンス教授の本は最近「暴走気味」なので避けております、ミームの「定義」は歴史に残るでしょう。
注釈付きのアリスは読みたいです。
「ジャマイカの烈風」多分読みます、不条理物は結構好きです。
丸谷才一先生の物は「これからゆっくり」になります、私は「江戸弁」ですが、先生の日本語に掛ける深い思いをまともに食らうと、言語学者同様失語症になりまねません。
有り難うございました。

お礼日時:2014/08/12 09:47

こんにちは。

  『the book』はお気に召さなかったようですね。

それではZig Ziglarの書いた『Over The Top』はいかがでしょうか? Zig Ziglarアメリカの実業界で活躍された人材開発のエキスパートです。 

http://en.wikipedia.org/wiki/Zig_Ziglar

スマイルが素敵で彼の主催する人材開発セミナーはいつも長蛇の列だったと聞いています。 残念ながら一昨年お亡くなりになりました。

彼の著書の中でも『Over The Top』は彼のキャリアーを集大成された名著として知られています。 彼は12人兄弟姉妹の10番目に生まれ、苦労を重ねた末、『Motivational Speaker』として揺るがぬ地位を確立されました。 彼の売り込み方はユニークです。 彼のセミナーに参加された方々の賛辞を集めて、著書の中に散りばめる。 他の人に自分を褒めさせる。 これって客観的ですよね。 自称こんなに凄い。 これって『それ自称、、でしょう』って一蹴されてチョン、、。 

彼はどんな人の賛辞でもちゃんと整理しておいてちゃっかり借用する。 さすが苦労人はやることが違う。 一度お読みになってはいかがでしょうか。

http://www.amazon.com/Over-Top-Zig-Ziglar/dp/078 …
    • good
    • 0

Doc Somdayさまごきげんよう。


たまたました私の回答の隣にDocのがあり、その清々しいまでのウルトラ断定的な物言いに大変感心し、それ以来のフォロワーです。

ご質問の件ですが、丁度今私が読んでいる本をお勧めします。
ジャンル的には教養書(?)なのかもしれないので、却下されるかもですが。

この本は、まさしくこの発言広場にインスパイアされて読み始めました。
ぜひDocにおすすめしたいと思って、まだ読みかけですがこの質問が締め切られる前にとフライングで投稿します。

Cognitive Surplus  CLAY SHIRKY

もともとこの作者の有名なTEDのレクチャー“How cognitive surplus will change the world”を聴いて、面白いと思ったまま数年が過ぎていました。
そして、こちらで皆様のCognitive Surplus振りを目の当たりにして、思わずアマゾンで速攻購入(中古654円)してしまいました。
ハードカバーですが、今どきの本なので軽いし、文字も大きく少ないので、持ち運びも苦じゃないと思います。
ぜひお試しください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>その清々しいまでのウルトラ断定的な物言いに大変感心
どれかなー恐いです、社会性が欠落した最近流行のアスペルガーど真ん中という性格で、相手も構わず世界的科学者でも素晴しい講演の「少し弱いな」と言う場所をもろにえぐるので、私の分野では「疫病神」扱い。
討論会で冒頭に座長が「お手柔らかに」と頼みに来るのに「では2,3質問させて」と言うから爆笑される。
本当は講演の合間にコーヒータイムがあるからその時聞きゃ良いのだが、お前には「海馬」が無いのかと言う程瞬時に忘れ、次の講演に熱中するから「あとで聞く」事は無理なのです。自画自賛ですが我が国の学会は中身が薄く「儀式化」していました、春の学会も秋の討論会も爆弾質問するからやたらに密度が濃くなり、その内「院生」が、ここでは幾ら噛み付いても良いのだと「うれしい誤解?」をしてくれて「キツイ」質問が飛び交うようになったので、俺の役は終わった、俺の部門だけは「世界レベル」の学会になった、で、もう聴くだけにしました。うれしい。
さて本論、非常にうれしいですが、脳の体力が「あきれる程落ち」原語で読めなくなりました、院生の頃は「海賊版」を地下鉄内でケラケラ笑いながら読むからみんな引く、だったのですが半世紀は重いですね。
有名な「通りすがり教授が」ここのサイトで活躍されていて、とても面白いので、貼り付いていたのですが、ウツが悪化しているうちに以前のハンドルネームでログインできなくなったので(早い話、パスワード忘れで済む話しをバグの山でもつれさせてしまった)以前はu、今はo、遡及してもあまり意味無いと思いますが、物凄く暇で困るなら笑って下さい。「教授」もハンドルネームが変わったことに疑問を感じられたようでしたが、それだけのことです。なお、ちゃんとコピーを取ります。有り難うございました。

お礼日時:2014/08/15 13:16

再びお邪魔します。

コメント有難うございました。
同じ御質問を「文学」カテゴリーに出されたようで、私は、こちらへ投稿したことに気付かず、「文学」カテゴリーの方に回答が全くないことを、悪意による削除要請と勘違いいたしました。それで、「回答がすべて消えてしまっています」と投稿して、逆に削除の憂き目にあいました。
前回は、御質問の最後の「核爆弾」が先に目に飛び込んでしまい、その前に「莫大な数の提案」とお書きになっていたのを見落としました。本のアンケートならもっと回答が集まるかと思っていたのですが、少し寂しいようなので、爆死覚悟で追加させていただきます。なお、地下シェルターは架空のものです。Plapotaさんが当意即妙のフォローをしてくださいました。

田中優子 「江戸の想像力」、「江戸の音」(武満徹との対談を含む)
谷川健一 「常世論―日本人の魂のゆくえ」

なぜこの本かと申しますと、私は、現在日本や世界の大部分で主流となっている傾向とは違うスタイルで作曲をしていますが、自分の作風を築くにあたって、日本の伝統音楽を研究しました。その際、日本文化についても調べる必要があり、いろいろなものを読みましたが、上記のものが特に印象に残っています。作曲家はこんなものも読むということで、御紹介させていただきます。

良知力 「青きドナウの乱痴気」
ウィーン世紀末文学選(岩波文庫)
ネストロイ 「ウィーンの茶番劇」

音楽の都ウィーンの文化の一側面を知るのに適した本です。ネストロイはオーストリアの国民的喜劇作家で、私は留学中、師匠の勧めで劇場へ行って見ました。

リュディガー・ザフランスキー 「ロマン主義」 (叢書・ウニベルシタス)

名著の評価が固まりつつあります。ブルックナーやマーラーがお好きでいらっしゃるなら、お役にたつと思います。私は、翻訳が出ているのを知らず、原書を買ってしまいましたので、まだ少ししか読んでおりませんが、なかなかスリリングです。

ロシアから西欧へ―ミルスタイン回想録
音楽に生きる―ダニエル・バレンボイム自伝
マーラーとシュトラウス ある世紀末の対話 往復書簡集1888~1911

書名の通りの内容です。ミルスタインは、語り手としても一流です。ラフマニノフやホロヴィッツの思い出が語られています。面白いエピソードはたくさんありますが、ネタバレにしない方が良いと思いますので、隠しておきます。
最後に小説を追加させていただきます。

ジャン:パウル 「陽気なヴッツ先生」
マルレーン・ハウスホーファー 「壁」
イタロ・カルヴィーノ 「木のぼり男爵」

私のお勧めの音楽に興味をお持ちくださいまして、光栄に存じます。ただ、質問と関係ない投稿を削除されたばかりですので、またの機会にいたします。
マーラーの第10は、1楽章だけしか演奏すべきではないという意見もありますが、私は全曲聞く価値があるという意見です。最後の方はスケッチがほとんど残っていないためスカスカですが、旋律だけでも聞く価値があります。私は若いころ、第9と第10に影響された曲を書いたことがあります。もちろん足元にも及びませんでした。次の機会にお答えできるようにお聞かせいただきたいのですが、ヤナーチェクなどはお好きですか。現代音楽には全く御興味がありませんか。

長くなって失礼いたしました、御参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御存知だと思いますが、以前このサイトは「アンケート」は削除対象だったので、しばらくぶりで来たら「アンケート」がカテになっていたので驚きました。それが理由で音楽カテに同じ文章を先に載せてしまいご迷惑をおかけしました。お詫びするべきか、感謝するべきかよく分かりませんので、一応両方だと思って下さい。
作曲家と名乗る方とは初めてお会いします。今後ともよろしくおねがいします。
ブルックナー七番の冒頭、評価して下さって非常に嬉しいです、あそこだけ切り出して、は無理なので「宣伝」して回っても、全曲は長いので誰も乗ってくれません。
多くの書籍有り難うございます。マーラー「幻の10番」デリック・クック版とレモ・マゼッティ版、私には少ししか違いが分りませんが、アーミードラムから始まる終楽章は泣く程美しいので、スカスカだとは知りませんでした、有り難うございます。ヤナーチェク好きですが、既に御存知の様にブルックナーキチガイで大好きな七番30枚を中心に60枚程持って居り、最近疲れて(歳で長いのが苦痛なのです)余り買わなくなってしまいました。シェーンベルクはロマン派風なのしか知りませんが「グレの歌」「浄められた夜」好きです、ようやくバルトークになれてきましたが、ピアノ協奏曲を紛失しました、そこから先は無理そうです。逆方向へ行きますと、ベートホーフェン、素晴しいが「全身全霊を詰め込むから密度」が高すぎて室内楽一曲で既に疲労困憊、モーツアルトは少し軽過ぎるし、バッハやヘンデルの「巨大な宗教曲」は苦しい、お薦めがあれば考え直します。長くなりましたが、再拝して終えます。有り難うございました。

お礼日時:2014/08/14 19:49

 追記


『「青二才からの読書の勧め』
 d先生からすれば、社会科学や歴史学といった学問領域はショーもないやくざ者がやる領域でしょう。そんなやくざ者が敢えてお勧めする書物は「絵本」や「児童文学」の作品です。
 新美南吉さんの『手袋を買いに』や『ごんぎつね』といった作品にも色々な種類がありますが、黒井千次さんが挿絵を提供するものがベストです。絵の醸し出す雰囲気に温かみがあり、その絵も見開きページでの中心となる部分をスポットとして描くことで、物語の展開との相乗効果を生んでいます。この他にも佐野洋子さんの『100万回生きたねこ』、やスーザン・バーレイの『わすれられないおくりもの』、ジャン・ジオノの『木を植えた男』もあります。
 今年、読んだものでは、ミシェル・ヌードセンの『としょかんライオン』と黒柳徹子さんの書き下ろした『木にとまりたかった木のはなし』です。
 でもd先生からは、鳥たちが木を運ぶなどの事実は科学的にありえないからダメ!と一笑に付されてもしまうのでしょうね。
 心がカラカラに渇いた大人達には一滴の水が持つ意味などもはや何の意味もないのかもしれませんが。
    • good
    • 1

 理学の先生であり、また相当な自信家でおありのdoc_somday先生には少し失礼かもしれませんが、僕は敢えて純文学をお勧めします(学問的裏付けがおありですので、そうした領域に共感もしつつ逆に反発とも言える感性をお持ちなのかもしれませんが)。


 最初は安部公房の一連の作品です。『壁-S.カルマ氏の犯罪』に始まり、『赤い繭』そして『方舟さくら丸』。その次に挙げるのが丸谷才一の作品、創作ならば『笹まくら』『女ざかり』『裏声で歌へ君が代』『輝く日の宮』があり、評論(エッセー及び対談を含む)では『闊歩する漱石』『とくとく歌仙』『双六で東海道』『桜もさよならも日本語』『日本語そして言葉』。
 これに続くのが辻邦生の一連の作品群です。『安土往還記』『嵯峨野明月記』『西行花伝』『風の琴―二十四の絵の物語』。『風の琴』は評論ともいえますが、西洋絵画の24作品を選び、それを短編小説として観たならばどうなるかとの言葉が持つ可能性と言葉の冒険に基づいた作品で、読み応えがあります。
 で、恐らくはd先生が最も毛嫌いされるであろう、哲学書から「これらの本」というのであれば、それは間違いなくキェルケゴールの『死に至る病』『あれかこれか』そして『人生行路の諸段階』をはじめ、ニーチェの『ツァラトゥストゥラ』(こちらは手塚富雄さんの訳をお勧めします)、ハイデガーの『存在と時間』『ニーチェ』があります。
 日本の近代作家では漱石と芥川ほど現代性を持っている書き手も他にはいないでしょう。
 >専門家ですから「理論的に間違っている」のは最初からダメ。
それでは専門家の名前も泣いてしまいますよ?。専門家だから余計に他の領域に好奇心を示すのが普通で、その典型が寺田寅彦であるともいえます。
 物理学者である寺田がなぜ音楽に人一倍の興味を持っていたのかを掘り下げた作品もありますので、ついでに紹介させていただきます。『寺田寅彦-バイオリンを弾く物理学者』ですね。
 後は古典や歴史書をお読みになることもお勧めします。芭蕉や世阿弥そして西行といった書き手の言葉を訪ねてもそれだけでその背景を探るための入り口ともなりますから、世界は広がりそして深淵ともなります。
 歴史書ならば、阿部謹也さんや黒田日出男さんして村井章介さんや笠松宏至さんといった、皮膚感覚や言葉から歴史の生々しい姿を掘り起こすとの手法もありますから、社会科学としての歴史学のあり方と同時に文学が持つ表象性との二つの要素を中心に歴史を掘り下げるとの新たな視点もあります。これは今後の方向性として既に定着しつつもあります。
 こんな琴ばかり書いていますと、恐らくは一刀両断もしくは一蹴される形で「核爆弾」で潰されてしまう可能性も多分にありますね 笑

 おまけ
寝転がって読むならば、『百人一首の魔方陣』をお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「また相当な自信家でおありのdoc_somday先生」済みません、三歳頃から神童扱いで学位まで取ったせいで余り評判が良くないです。だが一生が詰まっているので、方向転換出来ません。二回もお教え頂いて恐縮です。純文学、これが一番知りたかったのです、巨大な書店へ行ってもリコメンデーションサービスが貧弱で、更に作家数が莫大、「出版社半分潰れろ」と叫びたい、小説家の「粗製濫造」は既に少女漫画の世界と同じ。
安部公房先生、重そう。丸谷才一先生、日本語は見直したいので少なくとも二冊は読むと思います。辻邦生先生、挙げられた本は読まずに最後期の莫大なシリーズものだけ読みました。キェルケゴール、読んだつもりでまるっきり読まず。ニーチェ、『ツァラトゥストゥラ』既読です、大学の授業に使われた「悲劇の誕生」素晴しい、がどこまで「狂って」居るのか分らない。ハイデッガー、これも読んだ積もりで読まず。漱石先生、米国留学したとき友人らと「文明の断絶で狂っただろう」、初期作品は当然読みましたが、次第に重くなるので逃げた。芥川先生、「天才は狂う運命か」で読まず。寺田寅彦先生、研究者としても大先達だが著作の量が莫大で付いて行けない。古典は高校の時「全釈物」をケラケラ笑いながら読みましたが、徒然草が非常に気に入ったがあとは全部忘れた。阿部先生からの方々は名前も知らない。だが歴史を掘り下げるのは大好き。
ここで夕食、一段落して良かった。有り難うございます、また来ます。

お礼日時:2014/08/14 20:31

 趣味が天文関係なんですが、今は入手が困難になるけど 藤井旭「星の旅」ですね。



 天体写真などでも有名ですが、世界に旅をされていて、旅行記ですが、本当に綺麗な星空が紹介されていて、一度は見てみたいと思えるのです。
 子ども向けになるけど、「星になったチロ」も読みやすく、また楽しく読めますね。犬の天文台長としてのチロを通じての星仲間達の話しですね。
 
    • good
    • 0

こんばんは。


本と限定されず、映画じゃダメですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E9%AB%98% …
http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/

>あなたの愛読書で良いのです、宣伝してさし上げます
>だが不満だと「核爆弾」で潰しにかかりますのでご注意下さい。
現代は、東大卒でもクビになる時代です。
No.1の方は、何を書いていたのか知りませんが、削除されたのでしょう。
東大卒。上から目線は通じません。ご注意ください。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

こんにちは。

失礼いたします。

残り時間を気になさるより、若い女性を見て長生きをする、というのはいかがですか。

アメリー・ノートン チューブな形而上学
トレイシー・シュヴァリエ 貴婦人と一角獣

なお、私は音楽家ですので、音楽の本を1冊

ナターリエ・バウアー=レヒナー グスタフ・マーラーの思い出

ブルックナー派でいらっしゃることは、plapotaさんとの会話で存じ上げております。ブルックナーの7番の出だしは、作曲家から見ても、ブルックナーの全作品の中で、最も印象深い個所だと思います。

地下シェルターに入って、待機しております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございます、探します。

私の解答に遡及して頂き非常に感動しております。
マーラーも好きです。アダージョが美しいのでアダージョばっかり集めた一枚も持っています。
補訂版の十番二種類を持って居ます、途中で死んだのは非常に残念ですが、バーンスタイン同様自分のオケを持って居て、書いては直し、していたら力尽きても当たり前。

あなた様のお薦めの音楽は何でしょう。とても期待が膨らみます。

地下シェルターを造られたのは音楽のためでしょうか?その目的の方も多いので。

書き損ねるところでしたが、私は若い女性は好きですが、美少年の方が好き、でも悪さをしたい訳では無い、白痴美は要らない、次期の我が国を背負ってくれそうな超秀才の美少年と会いたい。でも無理だ。

お礼日時:2014/08/11 19:29

面白いオッサンが来たなぁ。


私も#1に一票。

さて、ミステリが嫌だとほざいている方に

藤原伊織『テロリストのパラソル』
ご存知でしょう、直木賞。江戸川乱歩賞同時受賞
文句なしに面白い。あなたの母校もでてくる。
きっと同世代かな。

これいっこで我慢しなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「あまりにも有名な一冊」
だからわざと読まなかった、私は「群れる」「つるむ」のが嫌い、だから書店に平積みにされたとき、嫌悪した。
冷えたので読みます。
有り難うございました。

なおなぜか#1が「読めない」、うちのPCのバグか、鯖に撥ねられたのか不明です。

お礼日時:2014/08/11 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング