痔になりやすい生活習慣とは?

私は今高3で 受験勉強してはいるのですが やはりやる気が出ないことが多く
将来が想像できたら 勉強もはかどるといわれ 将来を想像したのですが。
「大学(建築学部)入ったら 今遊べない分 思いっきり遊んでやるー」「夏休み入ったらネトゲだー」「大学卒業したら建築士に…」「バイトも楽しみだなー」などと考えていたのですが
「あれ? バイトしてたら遊ぶ暇なくないか?」「そもそもバイトするほど(勉強面で)余裕があるのだろうか?」「就職もちゃんとできるのだろうか」とネガティブなことばかり増えていって 建築士のメリット と検索し何とか立て直そうとしたのですが メリットよりデメリットの方が書かれてばっかりで「最近は1級建築士持ってる人が多く需要がない」「収入があまり良くない」「工学系は実験ばかりでバイトする時間がない」「耐震がどうのこうので信頼を失っている」などと書かれており トドメを刺された感じで 今は何になりたいかもわからなくなりそうです。

建築はこんなにいいところがあって目指した方がいい みたいなコメント をもらえると幸いです。
建築士のメリット デメ・・・(汗(デメリットは控えめ程度で)を教えてもらえないでしょうか><


追記
昔から物を自分で考えて描くのがあまり好きではなく(いじられるから)彫刻とか本棚を作ったりする 完成図が決まってるものを作るのが好きでした。何か作ってるときだけかなり集中できて 面白さもあって 彫刻はよくほめられていたので 木関係がいいなーと思い親と同じ建築系の仕事をしようと思いました。建築といっても設計だのありますが 造る専門をしたいと思っています。ちなみに親は離婚していて父とはたま会ってもらう程度です(母と住んでます)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

設計を生業として半生 街を訪れ設計に関与した建物を見ると最高の気分



今は 設計業務は少なくして 頭を主に使うコンサルが多くなっています

人間は是までも 又是からも 衣食住が基本 その住にかんする仕事です

学問的にも哲学から精神界&宗教 それらに科(化)学地球上の凡てに及ぶ

職業其の物が 日常生活から趣味や未来観に通づる広範囲性は他には無い

質問者さんと同じく 切っ掛けは大工や職人さんの手から作りだされる物

技能者への憧れから専門科で勉強する間に 設計業は凡てを考え出す基本

独りの発想で創れる物 多くの知恵を濾過して最後の形にする過程に興味

体力的に弱体化してきてからは 経験値とまだまだ新たに考える力は残る

如何様にも人生を設計出来 仕事そのものが人生と合致している処が魅力
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

仕事=趣味 と思えるようにこれから頑張りたいと思います。

お礼日時:2014/08/15 22:08

資格の最後に「士」がついているのは、国家から特別な能力を持つものとして認定されていて、それを持っていない人がやってはいけない作業が法律で決められている、ということを表しています。


そんな高度な資格ですから、勉強も大変です。社会人になってからも勉強が欠かせません。

>「最近は1級建築士持ってる人が多く需要がない」
団塊世代がリタイアする時期に入っているので、これから先、不足が予想される資格です。
就職率も、他の資格より良いはずです(たぶん、より好みしなければ100%)。十分経験を積めば、自分で開業もわりあい簡単にできます。

>「収入があまり良くない」
残念ながら事実です。しかしこれは「士」資格全般に言えることです。弁護士でさえ、個人の年収の平均値は、驚くほどよくありません。

>「工学系は実験ばかりでバイトする時間がない」
当然です。バイトしながら勉強なんて考えが甘すぎます。(まぁ、バイトしながらの人もいますが)

>「耐震がどうのこうので信頼を失っている」
どんな仕事でも失敗すれば信頼を失います。裏を返せば、失うほどの信頼を期待されている資格だということです。
また、何と言われようと、耐震設計は1級建築士(住宅規模なら2級建築士以上)でないと、やってはいけない仕事です。

>昔から物を自分で考えて描くのがあまり好きではなく(いじられるから)
「いじられる」の意味がよくわかりませんが、「自分で考えて描ける」ことが要求される資格ですよ。

この回答への補足

色々調べていたら

私がしたいのは大工の方だったようです。
建築士=大工+設計者 と思っていましたが 建築士と大工は別物だったのですね。
建築士の平均年収が約550万で 大工が平均年収300万と 給料の差を見て驚きました。
物を造る というのは 仕事でなく ただの趣味でやっていこうと思います。

補足日時:2014/08/15 23:01
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

箇所を指しながら意見していただきありがとうございます。分かりやすかったです。
就職率が高いというのはメリットとして大きいですね。収入の価値観がよくわからないのですが 個人的には1時間あたり1500~2000円あれば十分で 900~1200円で普通にいい方 ~700円が安い 後は自分が楽しめてるかによって変動する感じです。
バイトと勉強の両立は難しそうなので その辺はバイトの時間短くして何とかしようと思います。耐震に関しては 自分が考えたものが使われたらいいなー と思いがんばれるのがいいですね。作図より組み立てが好きなので 考えるほうでなく 家などを造る方を主にできることを願っています。

やっぱり作図が主な仕事になるのでしょうか;

お礼日時:2014/08/15 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築学部からの就職ってどんなのですか?

高3なんですが建築学部に行こうと思っています。はっきり言ってなりたいだけで中身がわかってないのですが、就職がどのようになってるかは知っとかないと思って質問しました。やはり親にお金出してもらうので。
一応事務はしたくないわけでありませんが、やはり夢は何か大きなものを立ててみたい。漠然ですみません。あと住宅の設計もしたいです。
こんな私はどんなところに就職したほうがいいのでしょうか?
そのための最低条件は何なんでしょうか?

はてなが多くてすみません。どんななことでもいいので書き込んでもらえるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井不動産、三菱地所など)
公務員(国土交通省、経済産業省、地方上級など)
が主なところではないでしょうか。

私の主観ですが上の業種は以下のような感じだと思います。
アトリエ・・・仕事に夢はあるが労働時間長く給料低いアルバイトのよう。
将来的に独立する人が多く、その中から有名建築家になる人もいる。
組織設計事務所・・・仕事に夢はあるが労働時間長め、給料は少し良いが福利厚生は△
ゼネコン・・・労働時間長めだが、給料は良い。福利厚生も◎。現場と設計でだいぶ違うらしい。
また担当する物件の種類(オフィス、マンション、工場など)によっても忙しさ、やりがいが異なる。
ハウスメーカー・・・生活にもっとも身近でやりがい◎、給料は普通。
火・水休みが一般的で他業種の友人とはあまり遊べない。福利厚生は◎。
ただし客商売なので売上が非常に重要。労働時間は客次第。
不動産業・・・労働時間は長めだが、給料、福利厚生は◎。やりがいもある。
しかし入社は最難関ですさまじい倍率+コネがないと厳しい企業も・・・。
公務員・・・一番安定しており、給料普通、福利厚生◎。国家公務員はかなり難関。
仕事内容は多種多様。知り合いはあまり夢はないと言っていたが定時帰り可だそう。

大学に入ってからも十分時間があるので講義を受けながら進みたい道を
決めるのが良いと思います。
就職の為の最低条件ですがある程度レベルの高い大学のほうが
就職しやすいのは事実です。
アトリエは才能次第ですが、組織設計事務所は旧帝大、早慶が多く、
ゼネコンでは旧帝大、早慶、MARCH、日大などが多いです。

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井...続きを読む

Q建築士だと特する資格はないでしょうか

二級建築士だと試験の一部が免除されるような
資格はないものでしょうか?
暇を利用して他の資格を取得したいと考えているのですが
少しでも負担をへらしたいので。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

念の為ですが、「2級建築士」ですよね。
施工管理技士の1次が免除されるのは「1級建築士」です。その他で一部免除されると言えば・・・「インテリアプランナー」のインテリアII(計画)だとか、「マンションリフォームマネージャー」は学科III(建築一般)ですかね。ちなみに「土地家屋調査士」は何も免除にはなりませんよ。
又、資格試験ではありませんが、「2級建築士」をお持ちであれば、講習を受講する事によって、「特殊建築物等調査資格者」や「建築設備検査資格者」のような資格を取る事が出来ます。
その他にも直接免除などはありませんが、「宅地建物取引主任者」や「施工管理技士」、「管理業務主任者」のように試験科目に建築士受験の時の内容がダブってくる物もあります。
※但し、2級の取得(勉強した時)した時がかなり以前となると厳しいかも・・・。
やはり試験となると難しいですが、取ればそれなりに活かしようもありますし、逆に講習などで取得できる資格には『ステータス』となるようなレベルのものは無いようです。
仕事の内容にもよるとは思いますが、現在は一般の木造住宅に関わる仕事をしているにも関わらず、「2級建築士」では事足らず、「1級建築士」でないとと言われる事がよくあるそうですね。しいて言うならば、難しいとは思いますが、やはり「1級建築士」が一番ですかね。
ある方の不祥事によって問い質されてはおりますが、大手ゼネコンを始め「1級建築士」の激減に歯止めをかけるべく躍起になっているようですし・・・。
まあ、暇つぶしに取得できるとは思いませんが、1次試験が学科で計画・法規・構造・施工で2次試験が設計製図で試験時間が1時間長いだけで同じような内容です。
※勿論難易度や出題範囲は「2級建築士」の10倍はあると思いますが・・・。
後はじっくり<marimo44>さんがお考えになってみてください。

念の為ですが、「2級建築士」ですよね。
施工管理技士の1次が免除されるのは「1級建築士」です。その他で一部免除されると言えば・・・「インテリアプランナー」のインテリアII(計画)だとか、「マンションリフォームマネージャー」は学科III(建築一般)ですかね。ちなみに「土地家屋調査士」は何も免除にはなりませんよ。
又、資格試験ではありませんが、「2級建築士」をお持ちであれば、講習を受講する事によって、「特殊建築物等調査資格者」や「建築設備検査資格者」のような資格を取る事が出来ます。
その他...続きを読む

Q日建学院か総合資格学院か…迷っています。

経験者や詳しい方に質問です!
実際の学校名をあえて出しています!
この2校が一級建築士の通学講座では抜き出てると思うし実際私はこの2校で迷ってるからです。
私の説明から…2006年に受験資格(建築系大学卒→実務経験2年)に達する今は設計事務所でアシスタントとして働いています。

最近教えてgooで一級建築士の勉強について質問しました。その中で私なりに調べて行って通学で学校に通うなら日建学院or総合資格学院か?というところまで考えています。
が!どちらの学校もお互いの悪口をいったりして…正直ちょっと解らなくなっています。
学科&製図のセットにしようと思うのですが基本的な事は営業の方に聞いて知っているつもりです。自分でも見学にもいきました!
けどやっぱり経験者の方等に良いアドバイスを貰いたくて質問しています!
私は関西(仕事は大阪のミナミ方面です)ですのでその辺も踏まえて、ぶっちゃけ私の条件だとこの2校に絞られると思います。自分ではやる気あるのでどちらにいっても合格を目指せると思うのですが…(両方の営業の方に最後はやる気、みたいな事いわれました)
日建も資格学院も準備講座(本講座前の基礎固めらしいです)が始まるのでそれまでに決めたいと思っています。長々となりましたが大事な事だと思いますので解る方お願いします!!!

むしろどちらかの営業の方もこれをみたら書き込んで下さい!!!

経験者や詳しい方に質問です!
実際の学校名をあえて出しています!
この2校が一級建築士の通学講座では抜き出てると思うし実際私はこの2校で迷ってるからです。
私の説明から…2006年に受験資格(建築系大学卒→実務経験2年)に達する今は設計事務所でアシスタントとして働いています。

最近教えてgooで一級建築士の勉強について質問しました。その中で私なりに調べて行って通学で学校に通うなら日建学院or総合資格学院か?というところまで考えています。
が!どちらの学校もお互いの悪口をいったりして…正...続きを読む

Aベストアンサー

この2校は、現在どちらがトップといっても間違いではないくらいの実績はありますね。

私が聞いたところによると、学科では、Nは、DVD講習。Sは、講師による講義だそうです。
Nの利点は、多くの専門家がチェックし、漏れのない間違いのない講義が受けられること。欠席しても同じ条件でDVDが見れること。などが上げられます。
Sの利点は、講師による講義なので、分からないところの質疑がその場でできること。講師の持っている裏情報が生の声で聞けるなどです。しかし、常識のない生徒が同じクラスにいると、授業が進まず、最後まで終わらずに終了になることがあると聞きます。

2次試験は、担当の講師次第ですね。どちらも条件は同じだと思います。学校の仲間と両方に分かれ、情報交換しながら課題をこなすとさらにレベルアップするのではないでしょうか。

以前私が通っていた頃は、Sは借り教室だったので、欠席して宿題をもらうのに、次の授業まで受け取れないのに対して、Nは固定教室を常駐しているので常に事務局があり、そこに行けばいつでももらえるという違いがありましたが、最近はどうなのでしょうか?

どちらにしても頑張ってください。

この2校は、現在どちらがトップといっても間違いではないくらいの実績はありますね。

私が聞いたところによると、学科では、Nは、DVD講習。Sは、講師による講義だそうです。
Nの利点は、多くの専門家がチェックし、漏れのない間違いのない講義が受けられること。欠席しても同じ条件でDVDが見れること。などが上げられます。
Sの利点は、講師による講義なので、分からないところの質疑がその場でできること。講師の持っている裏情報が生の声で聞けるなどです。しかし、常識のない生徒が同じクラスにいると、...続きを読む

Q志望理由書添削お願いいたします

私は将来様々な視点から考えた建物を創造する建築士になりたいです。
興味を持ったきっかけは、両親が新築を建てたことでした。図面と模型に興味を持った私に対し、建築士の方が人々のために空間をデザインしそれが形になる建築士という職業の素晴らしさを教えてくれました。その時の建築士の方の情熱をみて強い憧れを抱きました。そして、興味を持つことにより、建築物に注意がいく機会が増え、また自身で調べていくにつれ、芸術的観点だけではなく、その建物の目的や安全面などその他にも多くのことを考えなければならないことを知りました。それ故に、広く深い知識を持たなければならない、大変根気のいる職業だと考えました。しかし、同時にそれだけ自身の職業に情熱をかけられることは幸せなことだと思いやりがいにもなると考え、建築士になることを決意しました。その思いをより強くした出来事は、ヨーロッパへの留学でした。多彩な建築様式、中世時代の景観がのこる町並み等、それらはどれも崇高で美しく感動を覚えました。また、そこで建築を学んでいる学生たちとも知り合い語り合うことによって、彼らが建築について話している姿に心惹かれると同時に、自身の建築士になりたいという思いもより強いものとなりました。 貴校では、実力主義を唱っていることから、自身に確実な実力がつくと思い志望させていただきました。また、素晴らしい経歴を持つ教師の方々、授業カリキュラムにも魅力を感じました。他にも、第二部ということもあり様々な年齢層や境遇の人々がいることで、自身の人間的成長にもつながると考えました。
貴校に入学した後には、常に目標を形成しそれを見失わず勉学に励み、高い知識ー技術をみにつけた情熱を持った建築士になりたいです。

添削お願いいたします。
かなり要点をまとめて書いたのですが、もっと具体的に書いたほうがいいのでしょうか?

私は将来様々な視点から考えた建物を創造する建築士になりたいです。
興味を持ったきっかけは、両親が新築を建てたことでした。図面と模型に興味を持った私に対し、建築士の方が人々のために空間をデザインしそれが形になる建築士という職業の素晴らしさを教えてくれました。その時の建築士の方の情熱をみて強い憧れを抱きました。そして、興味を持つことにより、建築物に注意がいく機会が増え、また自身で調べていくにつれ、芸術的観点だけではなく、その建物の目的や安全面などその他にも多くのことを考えなけれ...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 あなたの文章を見て感じたことは「感想文であって論文ではない」というものです。
 確かに、志望理由書は評論文でもなければ小論文でもありません。しかし、志望理由書は採点官が「自分はしっかりと物事を考えられ、またそれを書面で表現できる」という視点で見ていることも事実です。大学入学後に、レポートや卒論を書くにあたって、こうした「しっかりした文章」の書き方ができるか・できそうかを見ています。あなたの文章は、「あなた自身の思いは存分に込められているが、それを読む人のことを考えての文にはなっていない(考えて文章を構成・書いていない)」形になっています。「やる気(モチベーション)は感じられるが、学業・業務遂行能力に疑問符がつく」というのが採点官の印象でしょう。次の段落は私がそのように感じた理由を書きます。


 建築家の人が、建築の素晴らしさを教えてくれたのはいいですが、それが「どのようなアドバイスで、それを聞いてあなたがどう感じたか」がありません。あなたの頭の中にはあるかもしれませんが、読んでいる人には分かりませんし、読む側に(書かないという不足が原因の)補足をさせることは、書き手として「情報をしっかりと入れられない」と判断されます。小説などはわざと情報を入れないことによって、読み手に想像させるスペースを作り、多くの人の満足を引き出しますが、志望理由書では一切不要です。他にも「ヨーロッパ」とありますが、具体的な国名や地域を書くべきです。志望理由書であえて抽象的な言葉を使い、面接で細かい内容を話すことを考える人がいますが、「ヨーロッパ→国名」のところはそれをしても無意味であり(面接官がそこを細かく聞きたいわけではありませんし)、最初の段階で書かない時点で「書く能力の不足」と判断される確率の方が高いです。
 さらに、文章の最初に「さまざまな~」とありますが、その様々である理由が建築家の話で納得できるものでもありませんし、大学自体にそうした特徴があることも書かれていません。仮に最初がその志望理由書の主題であるとすれば、下の内容はその主題に対する説明でもなければ具体例・理由でもありません。そうしたことから、私は「主題以外のところは自分の思ったことを書いているだけ」と判断しました。

 「相手に補足させる(想像させる)」という意味が分かりにくいかもしれないので、ひとつ例を挙げます。
今回、あなたの文に書かれている「両親が新築を建て~」とありますが、犬の小屋の設計に建築士を使うとはさぞ大金持ちなんでしょうね。また「中古を建てる」という表現がおかしいことから、「新築を建てる→家を建てる」という表現で十分です。新築に住んでいることを自慢したければいいですが、それだけでも「考えて書いていない感丸出し」です。

 何かこの文章で分からないことがあればお礼にでもお書きください。再度回答させていただきます。またそのために質問がある場合にはすぐに締め切らないでください。
ご参考までに
 

元塾講師です。

 あなたの文章を見て感じたことは「感想文であって論文ではない」というものです。
 確かに、志望理由書は評論文でもなければ小論文でもありません。しかし、志望理由書は採点官が「自分はしっかりと物事を考えられ、またそれを書面で表現できる」という視点で見ていることも事実です。大学入学後に、レポートや卒論を書くにあたって、こうした「しっかりした文章」の書き方ができるか・できそうかを見ています。あなたの文章は、「あなた自身の思いは存分に込められているが、それを読む人のこ...続きを読む

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Q1級建築士に独学で受かった方。(独学でなくても受かった方)

1級をできれば独学で取得したいと思ってます。

独学なんて自分にはとても無理、とはわかってますが、
学校に行く時間確保が現実無理なので、
独学でチャレンジしてみようと思いました。

Q1:独学・学校、どちらでしょう?
Q2:何年目で受かりました?
Q3:一日何時間勉強してましたか?
Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベストだと思いますか?
Q5:学習時間確保のために工夫したこと
Q6:オススメの勉強方法、参考書、問題集、など。

その他アドバイスご意見お願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

設計の仕事をしている者です。一級建築士です。
Q1:独学・学校、どちらでしょう?
   N建学院に通学しました。
Q2:何年目で受かりました?
   1年目で学科合格、2年目で製図合格です。
Q3:一日何時間勉強してましたか?
   平日は夜9時頃から深夜2時頃まで(4~5時間)
   休日は学校の授業を合わせて、12時間程度だったと思います。
   勉強を開始したのは、試験年の前年の10月ごろだったと思います。
Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベストだと思いますか?
   量より質だと思います。でも、最低3時間程度、1年間は勉強しないと無理かな・・・。頭のいい人はもっと短くても大丈夫でしょう。
Q5:学習時間確保のために工夫したこと
   仕事を早く終わらせる工夫を色々考えました。
   凝り性なので、図面製作等に時間が掛かっていたのですが、受験勉強中は効率最優先で仕事をしてました。
   また、プライベートで遊びに行くことはまったく無かったです。勉強漬の2年間でした。
Q6:オススメの勉強方法、参考書、問題集、など。
  予備校の問題集が良かったです。たぶん3~4回したと思います。
  それから、〈一級建築士受験〉スーパー記憶術 重要事項600 / 原口秀昭 も試験前に読みました。ゴロあわせで、試験の重要項目を暗記できます。勉強に飽きた時や、通勤時間等でも効率よく勉強できるので、お勧めです。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31381172

設計の仕事をしている者です。一級建築士です。
Q1:独学・学校、どちらでしょう?
   N建学院に通学しました。
Q2:何年目で受かりました?
   1年目で学科合格、2年目で製図合格です。
Q3:一日何時間勉強してましたか?
   平日は夜9時頃から深夜2時頃まで(4~5時間)
   休日は学校の授業を合わせて、12時間程度だったと思います。
   勉強を開始したのは、試験年の前年の10月ごろだったと思います。
Q4:一日何時間勉強時間を確保するのがベストだと思いますか?
   量より質だ...続きを読む

Q1級施工管理と2級建築士

1級建築施工管理と2級建築士
どちらが取るのに難しいと思われますか?
感覚的でかまわないので、大体で教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

#2です。
なんだ既に1級建築施工管理技師資格をお持ちなら2級建築士ではなく1級建築士を目指して下さい。
今年から1級建築士の学科は1科目増えて5教科、製図試験では、構造及び設備に関する問題が増えます。
当然の事ながら試験時間も1時間増えています。
試験教科は、「計画」「構造」「法規」「施工」「環境設備」です。
「施工」に関しては、1級建築施工管理技師ですので特別に勉強しなくても大丈夫でしょう。
残りの教科は、それなりの努力が必要です。

二次試験の「製図」に関しては、日頃からの練習がかかせません。
試験用のA2判の製図板とT定規、勾配定規等を買ってきて手書きの練習が必要です。
勾配定規にはつまみが付いていて下手な三角定規より使い勝手が良いです。
施工図くらいは引っぱった経験もあるでしょう。
後は、専門書の売っている本屋さんへ行って各種問題集を買ってきて、勉強時間を作って勉強する事が大事となります。
仕事が忙しくてうんぬんは、理由になりませんよ。

建築士試験に関する関係URL
(財)建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/
上記のサイトは、試験の実施機関です。
受験申込及び資格制度などの大事な情報が書いていますので目を通すようにしましょう。

私が受験したころは、パソコンの無い時代でしたので、製図には苦労しませんでした。
今の時代、図面はパソコンが主流ですので、試験対策には昔以上の練習が必要です。
では、頑張って1級建築士を目指して下さい。
ご参考まで

#2です。
なんだ既に1級建築施工管理技師資格をお持ちなら2級建築士ではなく1級建築士を目指して下さい。
今年から1級建築士の学科は1科目増えて5教科、製図試験では、構造及び設備に関する問題が増えます。
当然の事ながら試験時間も1時間増えています。
試験教科は、「計画」「構造」「法規」「施工」「環境設備」です。
「施工」に関しては、1級建築施工管理技師ですので特別に勉強しなくても大丈夫でしょう。
残りの教科は、それなりの努力が必要です。

二次試験の「製図」に関しては、日...続きを読む

Q建築士を持って働ける公務員の仕事は何がありますか?教師以外でお願いします。

建築士を持って働ける公務員の仕事は何がありますか?教師以外でお願いします。

Aベストアンサー

元公務員です、
国家公務員でも地方公務員でも探せばいくらでもでてきますよ。

国土交通省の技術職
http://www.mlit.go.jp/saiyojoho/event/synthesis_tech.html

東京都職員採用(技術職員)(他の自治体もある)
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/pc/

関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験(他地区もある)
施設系技術職員
http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/job/technology_index/

Q2級建築士の勉強方法について。

はじめまして。よろしくおねがいします。

去年、独学で受けたのですが、全く駄目で今年もうけようと思ったのですが、自信がなく来年にしようと思っています。

今まで独学で勉強をしてきたのですが、各学科をある程度までは理解ができたとしてもある一定期間1学科をして(例えば法規かた計画へなど)次に違う学科をしても忘れてしまって、なかなかうまくいかなんです。

みなさんどのように繰り返し勉強されているのでしょうか?

また過去問は最低何回されていますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

学科試験は基本的に問題集を解きましょう。一日時間くらい毎日やれば大丈夫でしょう。試験問題を覚えるくらいやれば通るでしょう。

例えば、AはBである。という問題が一度出たとします。しかし、その次の年以降に、AはBではない。とい問題が出ることも有るのです。つまり、焼き直しがよく出るのです。ですので♯3さんの言うとおり何度も解きましょう。そうすれば通りますよ。

頑張ってください。

Q二級建築士を持っていると就職できるでしょうか

私は建築工学科に在籍している大学4年生(女)です。

地元(福岡)での就職を目指していますが、未だに一社からも内定をもらえていません。
卒業研究が忙しい事もあり、受かる気がしないためモチベーションが上がらないという事もあり、正直もう新卒での就職は諦めています。

卒業したらフリーターをしながら二級建築士の勉強をし、
資格を習得してから就職をしようかと考えていますが、
この考えは可能だと思いますか?

二級建築士がどのくらい必要とされているのかよく分からないのでその辺も含めで教えていただきたいです。
また、二級建築士を持っていると具体的にどのような職種に就けるでしょうか?

Aベストアンサー

一級建築士が余ってる建築業界で二級建築士だけではあまり意味無いです・・

私は二級建築士しか持っていませんが個人で設計事務所をしています。1年ほど前までは会社員でしたが倒産。
高校卒業後~15年住宅系の設計、施工、不動産の仕事を勤め、資格の取得は10年前です。
自分は経験、技術、知識には自信がありましたが転職活動は殆ど相手にされなず、二級建築士では応募資格はあっても書類選考で一級建築士にはかなわないのが現実でした。(建築士が有り余っているので予想通りでした)
今の建築業界は倒産が多く、一級建築士もかなり余っているのが現状です。実際小さな工務店やハウスメーカーにも一級建築士は結構います。(安月給で・・)
元々建築について設計・施工・法律・申請業務について自信はありましたので一人で個人事務所を始めました。今は取引先の無知な一級建築士に怒鳴り散らしてやっています。
何を言いたいかと言うと資格を武器と思ってはいけません。建築の技術職(設計者、施工管理者)に一番大事なのはやっぱり技術力、経験、知識、プロとしての意識、使命感です。その取組みの課程に資格があるのです。
貴方はどちらかと言うと若さの方がセールスポイントでは無いかと思います。やる気があって若くて、建築が好き。というところが伝われば新卒を募集している会社(未経験を者を前提に募集している会社)には内定の見込みがあるのではないのでしょうか?

多分、今後建築業界での資格の考え方は変わっていくと思っています。今までは資格を持っているだけで仕事になりました。しかし、それでは生産性が無く何も利益を産まないんです。だから沢山倒産してるし、建築士の失職者が多いんです。もうお飾りだけの建築士資格者は相手にされない時代になっていくと思います。

一級建築士が余ってる建築業界で二級建築士だけではあまり意味無いです・・

私は二級建築士しか持っていませんが個人で設計事務所をしています。1年ほど前までは会社員でしたが倒産。
高校卒業後~15年住宅系の設計、施工、不動産の仕事を勤め、資格の取得は10年前です。
自分は経験、技術、知識には自信がありましたが転職活動は殆ど相手にされなず、二級建築士では応募資格はあっても書類選考で一級建築士にはかなわないのが現実でした。(建築士が有り余っているので予想通りでした)
今の建築業界は...続きを読む


人気Q&Aランキング