初めてパンを作ろうと材料を買ってきましたが、
ドライイーストは、醗酵しなくても良いものを買ってきたんです。
でも、ホンを見るとちゃんと「一時醗酵をする」と書いてあります。
この場合どうすれば良いんでしょうか?
なにぶん初めてなので、ドライイーストを使った
失敗知らずのレシピを添えて下さるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

おはようございます。


発酵しなくても良いってことは、「予備発酵を必要としない」と言う意味だと思います。
一度入れたら、2回発酵させますからね。

で、私の作り方ですけれど…
強力粉(こねるので振るいません) 300g
ドライイスート     6g(こさじ2)
砂糖          40g
食塩          5g(こさじ1)
バター(マーガリン)  45g
溶き卵         30g
ぬるま湯        175cc

(1)ボールなどで、全部を混ぜ合わせます。まとまってきたらまな板など平らなところに打ち付けたりして、ひたすらこねます。ストレスたまってた?ってくらいバンバンしてください。15~20分頑張りましょう。
(2)丸くまとめたらボールにもどして、ラップを掛けて冷蔵庫(野菜室)に入れて一晩置きます。低温発酵(一次発酵)させます。翌朝取り出して少し押してガスを抜きます。
8~12個に切り分けて軽く丸めたらふきんを掛けて休ませましょう。(ベンチタイムと言います)
(3)円錐形など好きな形に成形します。巻き終わりは下にして、クッキングシートを強いた天板に間隔をとって並べ置きます。ここで、2次発酵。オーブンにその機能があれば活用してください。無ければボールに50度くらいのお湯を張ってその上に天板を置きビニール袋に入れるなどして置きましょう。さめてきたら熱いお湯を足して。
(4)30~40分経ったら表面に溶き卵か牛乳を刷毛で塗ります。艶出しね。
(5)200ccに暖めたオ-ブンに入れて10分~13分焼きます。
きれいな艶と焼き色がでたら、焼き上がり。

(3)の成形の時に、角切りチーズ、レーズン、ウインナなどを巻き込んでもいいです。

とりあえず最初のこねるがポイントですから、汗が流れるくらい頑張って。いろいろやって自己流を身に付けてください。楽しいですよ。
    • good
    • 0

miyonさん、こんにちは。

私がいつも作るパンの材料と作り方を教えます。                   「材料」                      強力粉・・・250g  砂糖・・・大さじ2     塩・・・・・小さじ3/4 バター・・・25g     卵1個と牛乳で・・・・150から180cc    ドライイースト・・・小さじ1・1/2  です     「作り方」                     1、大きなボールに強力粉を入れ、砂糖はドライイーストの上に乗せ、塩・バターを加える。この時、塩はイーストから離れた所に置く。                2、卵&牛乳を混ぜたものを砂糖とイーストめがけて一気に注ぐ。                      3、手早くかき混ぜ、粉がまとまってきたらこね台に移す4、ベトx2を我慢してこねる。           5、生地が滑らかになるまでこねまくる。[15分以内]6、丸めた生地をバターの塗ったボールに入れ30度前後の温度で約50分発酵させる。            7、発酵が終わったらそっと取り出して、上から軽く押さえてガス抜きをする。                8、よく切れる包丁かスケッパ-で12個に分ける。そして好きな形に成型し、ラップをかけ10分間生地を休める9、30度前後の温度で約40分2次発酵させる。   10、終わったら生地の表面に溶き卵を塗り、180度のオーブンで約12分焼く。 焼けたらすぐに網の上に乗せる。 もし、甘めがいいのなら砂糖を大さじ4入れます。ちなみに私の家では、甘めです。  どうですか? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やってみます。

お礼日時:2004/01/28 23:23

「失敗知らずのレシピ」というのは難しいでしょうね。


分量や手順じゃなくて、作業の工程で失敗するのだと思います。
こね不足や発酵温度などが、なかなか難しいですね。
逆にこねすぎや発酵させすぎとか、パンは難しいです。
繰り返し挑戦して体で覚えるしかないのかもしれません。

一般的にどの程度を「失敗」というのかはわかりませんが
たぶんふくらみが悪い、重たいパンの事だと思います。
私は、そんな失敗を数回繰り返したので、「手こね」をあきらめて
生地作りを機械にまかせる事にしました。
(パン焼き機で生地だけを作ります)
これにより、失敗はなくなりました。
それでも生地の仕上がりは毎回微妙に違いますよ。
使用する粉によっても全然違うし、
湿度なんかも関係していると思います。

手作りパン、がんばって下さい~。
焼きたては、おいしいですよ。毎日焼いてます~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まいにち・・・大変ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/28 23:23

私は、kieさんと同じく「予備発酵がいらない」ということだと思います。



イーストには生イースト、ドライイースト、インスタントドライイーストの3種類があり、生イースト、ドライイーストには予備発酵(ぬるま湯に入れて溶かして発酵するか確かめる)が必要です。
インスタントドライイーストは予備発酵せずに、そのまま粉の中に入れて捏ねられます。
昔はドライイーストしかなかったのですが、最近は売っているものも、作り方もインスタントドライイーストです。

作り方はkieさんのものが基本的で、詳しいので、書きませんが・・・
発酵は、kieさん、deagleさんのどちらの方法でもいいと思います。
本をお持ちでしたら、そのとおりに作ってみるのもアリです。
本屋さんに行けばいろんなパンの本があると思います。

パンは奥深いものなので、そのたびに出来上がりが違ったりします。
何度か作って自分好みの物を見つけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/28 23:22

こんばんわ。



ごめんなさい、記述ミス、発見。
(5)の200ccに~  ってのは、もちろん

  200℃      のことデース。

失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました。

お礼日時:2004/01/28 23:22

 はい、呼ばれて補足です。



 ドライイーストは最初に小麦粉をふるいにかける段階で混ぜます。目安としては50グラムに対して1~1.5グラムといったところが慣例のようです。

 ところで、suuzy-Qさんによれば、お手持ちのイーストは1次醗酵はいらないようですね。
 ということは、レシピとしては、

1.こねる
2.冷蔵庫でなじませる
3.形を整える
4.いきなり2次醗酵する
5.焼く

 という順序になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/28 23:22

deagleさんのおっしゃるとおり、最初から、失敗なく美味しいパンが作れる人は、パンの神様のお気に入りの幸運な人で、そう多くはいないでありましょう。


でも、パン文化の国の人は、毎日だか週一だか、作っているモンだった訳ですから、そう、ビビルことでも、特別なものがいるワケではないのであります。種無しパンと呼ばれる醗酵なし(イーストなし)のパンだってあるしね。
買われたドライイーストの、醗酵しなくても良いっていうのは、一時醗酵がいらないだけ。二次醗酵しなければ、ふっくらパンにはなりません。
イーストは生き物なので、えさとして、甘味を与え、一番居心地がいい温度にしてあげると、ムクムク成長して、小麦粉を膨らましてくれるんですね。 イースト君のお気に入りの温度は、何度か作って、miyonさんが、体っていうか、目で、覚えるのが一番ですよ。本とかは、あくまでもガイドラインでしかありません。 パンの神様のお気に入りになれますように。

この回答への補足

下の方の補足にも書いたんですが、どの手順で作り、どの段階でイーストを入れるのかなど、初心者にわかるように書いて下さい。また醗酵のいらないイーストでも1時醗酵をするとかかれている場合どうすればいいのか。
イーストの理屈はわかっているので、醗酵の煎らないイースト菌を使う場合の手順をレシピ形式で教えて下さい。

補足日時:2001/06/08 18:19
    • good
    • 0

 失敗知らずのレシピというのは非常に難しいんじゃないかと思いますが(笑)



 醗酵というのは、パンを膨らませる作業のことです。パン自身は焼くときにはまったく膨らまず、醗酵段階で出来上がりの大きさが決まってしまいます。
 ですから、醗酵させずにパンを作る方法は、特殊なパンでない限りないんじゃないかと思います。

 で、醗酵の方法ですが、これは、醗酵機能の付いたオーブンを使う方法、ホームベーカリーを使う方法などがありますが、俺の場合は、湯を張った鍋にボールをカポッとはめて、ポットのお湯(沸かしたてのお湯は温度が高すぎて駄目みたいです)を鍋の方に入れておき、簡易の蒸し器を作ってやっています(10分~15分に1回お湯を入れ替える)。
 あと、風呂桶にお湯を張った風呂場においておくのも可能なようです(ただし湿度の管理が難しいけど)。

 ただし2次醗酵は簡易蒸し器ではできないので、オーブンの醗酵機能を使うか、風呂場に置くかしかないんですが、俺の場合、そのために風呂を沸かすのももったいないし、かといってオーブンに醗酵機能もついていないので、オーブンを100度で温めてOFFにし、そこに整形したパンを入れてやってます。このとき、内部の温度が5分くらいで落ちてしまうので、定期的に30秒ほど温めればOKのようです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。ただ、イマイチ要領を得ません。
醗酵が必要って言うことはレシピに準ずれば良いんでしょうか。
一時醗酵も2時醗酵も両方ともイースト菌を入れるんでしょうか?
どの段階でどうするのかをはじめから書いていただかないと
わからないのです。

補足日時:2001/06/08 18:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベーキングパウダーとドライイースト

今からパウンドケーキを作ろうと思っていたのですが
ベーキングパウダーと間違えてドライイーストを用意してしまいました。。。
ベーキングパウダーの代わりにドライイーストを使用しても作れますか?
教えて下さいッ!!

Aベストアンサー

ドライイーストは発酵させるものですからねぇ、
ちゃんとしたパウンドケーキを作りたいのでしたらベーキングパウダーを買ったほうがいいと思います。

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313419258

Qドライイーストとベーキングパウダー

初めまして。
マフィンを作ろうと思い材料をそろえたのですが、
ベーキングパウダーとドライイーストを買い間違えてしまいました。
やはりベーキングパウダーと指定されているレシピには、
ドライイーストは使えないのでしょうか??
同じ役割を果たしているような気もするのですが…。
どなたかご存知の方いらしたらぜひ教えてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

ドライイーストはイースト菌が生地を発酵させることで膨らませます。
ベーキングパウダーは、化学反応(と言うと大げさですが)によってガスを発生させて膨らませます。
使い方や膨らませる力が違うので、ダメっす。

Qお菓子のレシピで醗酵バターを使う意義。

いつもお世話になっております。

醗酵バターを使うお菓子のレシピはクッキーが一般的でしょうか?
例えば、醗酵バターを使うレシピで、醗酵バターの部分だけを普通の無塩バターに変えた場合、

どれほどの、どんな差があるのでしょうか?

結局、醗酵バターを使うと、どうだというのでしょうか?
良いのだとしたら、なぜスポンジ作りにはあまり使用しないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。パティシィエです。

まず発酵バターのご説明から。
バターに乳酸菌を植え付けて乳酸発酵させ旨みを増したバターを指します。
ちなみに牛乳を乳酸発酵させたものがヨーグルト。
生クリームを乳酸発酵させたものがサワークリームとなります。

> 例えば、醗酵バターを使うレシピで、醗酵バターの部分だけを普通の無塩バターに変えた場合、
> どれほどの、どんな差があるのでしょうか?

やはり発酵バターの方が味わいの深さ強さ、香りの力強さが違うと思います。

> 結局、醗酵バターを使うと、どうだというのでしょうか?
> 良いのだとしたら、なぜスポンジ作りにはあまり使用しないのでしょうか?

ボクの考えでは、ありとあらゆるお菓子作りにおいて普通のバターより発酵バターの方が味わいが優れたものになると思います。
しかしまだまだ日本では、発酵バターは、一般的でなく 仕入れ価格も高いのが現実なので
コスト面で使わないケーキ屋さんが多いと感じています。

また日本人は、発酵バターに慣れていないので その発酵臭がまるでご飯が腐りかかったような匂いに感じられ人もいるようです。

こんな所ですが もしご参考になれば幸せです。

こんにちは。パティシィエです。

まず発酵バターのご説明から。
バターに乳酸菌を植え付けて乳酸発酵させ旨みを増したバターを指します。
ちなみに牛乳を乳酸発酵させたものがヨーグルト。
生クリームを乳酸発酵させたものがサワークリームとなります。

> 例えば、醗酵バターを使うレシピで、醗酵バターの部分だけを普通の無塩バターに変えた場合、
> どれほどの、どんな差があるのでしょうか?

やはり発酵バターの方が味わいの深さ強さ、香りの力強さが違うと思います。

> 結局、醗酵バターを使うと、どうだ...続きを読む

Qごむべらときべらの違い

よく本で、きべらで混ぜるところと、ごむべらで混ぜるとこがありますが、ごむべらときべらでは混ぜるのは違うのでしょうか?一度ごむべらが無くて、ごむべらで混ぜるところをきべらで混ぜたら失敗しました。

Aベストアンサー

No.1の方も仰ってますが、ゴムベラの代わりに木ベラを使って何が失敗したのでしょうか?
「何」部分が書いていないと具体的なアドバイスは難しいです。

ゴムベラはゴムですから、曲がり(正確には「しなる」)ます。
木ベラは当たり前ですが曲がりません。
その違いを踏まえて作業に適したものを使うのがベストです。

ケーキやクッキーなどの生地を作る段階で粘りをなるべく出したくないものは木ベラで。
ボールに付着した生地を最後まで綺麗に掬い取るのはゴムベラで。

ゴムベラは少々高いかもしれませんが、出来れば柄とヘラ部分に継ぎが無く柄からヘラまで一体になっていて耐熱温度が高いゴム製のものを買うと衛生的にも作業的にも大変重宝します。

Q生イーストを使った「蒸し・ふかし」饅頭 レシピ

長崎県の方が作る、生イーストを使った「蒸し・ふかし」饅頭の作り方を教えてください。

いつも、粉に対して生イーストの分量が分からず失敗して困っています。
他に、粉に対して生イーストを何対何の割合で使用したらいいのかも教えてください?

それと、粉と生イーストでいい商品があったら教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

参考になればと思います(^^)
長崎のイースト菓子は、じゃが芋饅頭でしょうか? 作り方が載っていたので↓で確認してみてください。
http://www.nagasakiken-eiyoushikai.or.jp/08_localcooking/15.htm

粉とイーストの比率ですが、私はブリオッシュやパータババを作る時は
粉500gに対して25gの生イーストを入れています。 生イーストとドライイーストでグラムが違ってきますが、ドライイーストを生イーストに置き換えて使用する場合は2.5倍量が生イーストの使用量になります。
生イーストをドライイーストにする場合は0.4かけてください。
イーストを使ったお菓子の場合の多くは、一次醗酵、二次醗酵、三次醗酵があり、醗酵させる時間と温度と湿度が大変関係してきます。これは家庭で作る時どの場所が醗酵に適しているか(30℃で湿度がある)など経験が必要だったりもしますので、安易にイーストの分量だけとは限らないかも知れません(><) 頑張って下さい(^^)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報