よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方がいい、または、まだまだ乗れる!などご意見をよろしくお願いいたします。

ディーラーからは消耗品は交換すれば乗り続けられるが、200,000km前後で電気系統の部品の劣化が目立ってくると言われました。
(買い換えさせるための口実?)


以下、現在の状況です
・次回の車検は平成28年(2016年)1月
・現在の走行距離は約190,000km
・エンジンオイルやATFなどの消耗品はこまめに交換しています
・現在履いている夏タイヤは今シーズンで履き潰し。スタッドレスもこの冬に新しいものを買わないといけない状況。
(もしこのまま乗り続けるとスタッドレスと夏タイヤで15万円くらいかかる)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。



2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。

現在11km/lですから、年間25000km÷11-25000km÷16=年間約710リットルの節約になります。
この先のガソリンの値段がわかりませんが、170円/lとして170×710=約12万円の改善です。

年間にかけて良い修理代は29万円-12万円=17万円
つまりあと5年乗り続けるのに17万×5年=85万円は修理代として払っても良い計算です。
年間17万円以上(あくまでも例です)の修理費用が実際にかかるかどうか考えつつ、数字をはじき出したうえで新車価格とにらめっこしてみてください。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

わかりやすい数値で解説して頂き助かります。
新車価格を見ながら検討しようと思います。

お礼日時:2014/08/12 11:15

買いたくなったら買い替え時ではないでしょうか?

「車は何万キロまで乗れますか?」の回答画像18
    • good
    • 93

軽自動車でも結構走れますよ。

「車は何万キロまで乗れますか?」の回答画像17
    • good
    • 66

車の寿命は


持ち主が飽きた時
新しいのが欲しいど思った時
見栄を張りたいど思った時

経済的買い替え時期は
20年以上 30万キロ以上でしょう

経済的だけを言うと 買い替えも50万円程度の中古を買った方が安くつく

バイブリットでガソリン代を浮かすよりも 50万円の中古の方が安い
    • good
    • 53

車は走行距離より部品の経年劣化の方が問題



きっちりメンテナンスをするとして
8年で30万キロならほとんど問題ないけど
10年以上で30万キロならいつ壊れてもおかしくない
    • good
    • 25

買い換えるかそのまま乗るのかは年間維持費や今乗っている車の消耗品の交換経費やランニングコストを計算すれば判ると思います。


長期的な10年先、15年先までの車に掛かる経費を買い替えを含めて計算すれば今買い換えるのが良いか判るはずです。
現在19万キロだとぼちぼち修理・交換が増えてくるでしょうね。
私もディーラーの言われるとおりだと思います。

結論的には新しい車を買ったほうが思わぬ出費がいらない筈ですし燃料代が安く済みます。
それに我慢して乗り続けても2年先か4年先には乗り換えるはずです。
7年目の車検を目前にして試算してみれば案外買い換えた方が出費が少なく済んだのかも知れませんね。
タイヤと車検の経費を考えると次回の車検前か次々回の車検前に買い換えなのかも。

20万キロ走行が買い替え時期だとしてVOXYのハイブリッドとハイブリッドでないVOXYとの差額が燃料代を加味してどちらが良いのかは計算されないのでしょうか。
    • good
    • 21

パトカーはクラウンのような大排気量車の場合は40万キロ、ミニパトのような小排気量車の場合は30万キロ位で廃車になるそうです。


もちろん、緊急自動車であるため、一般の車よりは定期的にきちんと手入れをされているとは思いますが、それでもエンジンやトランスミッションは無交換だそうです。

つまり、適切にメンテナンスをしていれば30万キロは持つでしょう。
    • good
    • 20

タクシーが例に出ていますが


LP車の場合は

・トルクが無くエンジンに負担がかからない
・ガソリンと違いオイルが汚れないためエンジン寿命が限りなく伸びる

という特性がありますので
ガソリン車とは比べることは出来ません。
    • good
    • 12

>今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?


使い方、手のかけ方次第で、100万でも走ります。
メルセデスの古い車ですが、ギリシャでタクシーとして使われて、22年間で460万km走ったそうです。
http://carlifenews.jp/life/20041209_449.php

ただ、国産車の場合は、モデルチェンジのサイクルが速いので、古い部品を何十年も保持していませんし作ってはくれません。
2007年のアイシスは2009年に型式変更になっていますから、2025年前後ぐらいまでは部品はありそうです。確実じゃ無いけど。

小さな部品で、簡単に交換できる部品なら良いけれど、車体内部やエンジン・トランスミッションの内部などだと、部品代数百円、工賃数十万と言うこともあります。

それでも直すかどうかはあなた次第です。
貴方自身もそうだけど、家族の意見も聞かないとね。
私も他人なので、乗れとも買い換えとも言えませんけど。当然、壊れて起こったことにも責任は取れません。
それぞれに経済状態は違いますし、車に対する知識も違います。
    • good
    • 16

先日、散歩の途中信号待ちで立ち止まっていたら、カーキ色のジープが止まりました。

ボンネットにUSAと認識番号が白ペンキでペイントされています。いかにもジープという感じなので見ていたら、運転席(もちろん左側)の人が自慢げに話してくれました。1942年製の米軍払い下げだという。42年は真珠湾攻撃の1年後です。おそらく太平洋戦争中に製造されたもので、その後朝鮮戦争でも使われ払い下げられたのでしょう。エンジンは2.3リットル、燃費は7~8キロ走るとのことでした。どうやってメンテナンスしているのか聞こうと思ったら信号が青に変わり、床から伸びているシフト棒をローに押し込んで颯爽と走って行ってしまいました。
何が言いたいかというと、車はその気になれば何年でも何万キロでも乗れると言うことです。軍用車両はパーツが標準化されていて、古い型にも合うのでしょうが、市販車でも戦前のオールドカーを乗りこなしている人がいます。パーツの振り回しが効くのでしょう。

2007年製ならまったく問題ありません。私のレガシィは10年目の2004年製ですがどこも悪くありません。ディーラーに車検に出しても何も言われません。あと少なくとも5~6年は乗ろうと思っています。レガシィは私より古い型がまだまだたくさん走っています。どれも10数年経っているはずです。中には20年20万キロ以上走っている車もたくさんあります。もちろんパーツは劣化してくるでしょうが、取り替えれば済むことです。そんな理由で買い換えを進めるメーカーはロクでもありませんね。

ちなみにハイブリッド車の耐用年数、電装部品の信頼性、劣化のしかたについてはまだまだ時間的経験が足りていません。特に二次電池の。長く乗り続けるなら、ハイブリッドは避けた方が無難です。
    • good
    • 11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平日片道10kmと毎週末200から4、500km(ランダム)。12月下旬〜一月中旬にスタッドレスへ、

平日片道10kmと毎週末200から4、500km(ランダム)。12月下旬〜一月中旬にスタッドレスへ、三月下旬から4月下旬にノーマルに戻す

で、昨シーズンまでに二シーズンになりますが、今シーズンまだ使えるでしょうか? プラットホームまであと少しですが 。 タイヤの触った感じでの硬さは片手で指で力入れると凹むくらいです。保管はカバーを掛けてベランダでです。

Aベストアンサー

整備士です。
本文、画像、拝見しました。
今冬限りの使用はいけると察しました。 次シーズンは新品タイヤに交換して下さいね
(^_^)

Qスタッドレスタイヤについて(年間走行距離2万Km,雪はほとんど降らない地域)

こちら千葉県南部のほとんど雪が降らない地域なのですが、夫が山道を通勤で通るため、たまに路面が凍結して非常に危険なことがあります。
年間走行距離は約2万キロと多く、今乗っているヴィッツもそろそろ10万キロ越しましたので、車の状態をうかがいながら、数年のうちに買い替えを検討することになるかと思います。

タイヤに関してなのですが、今は普通のタイヤで、寒くなった時だけおととしの冬に買ったゴム製のチェーンをつけるようにしています。(使用したのは走行距離600キロ程度です。)
しかし毎回通勤の度に付け外しをするのもちょっと面倒だと思うので、スタッドレスタイヤに目がいってしまうのですが、冬が終わってまた普通のタイヤへの交換費用のことを考えると(タイヤ交換って7000円位しますよね?)、毎回チェーンの付け外しを頑張ってもらう方がいいのかなぁとも思います。
タイヤを自分で交換できればそれに越したことはないのでしょうけど、素人が付替えたタイヤだと不安な気がします。

今そろそろ後輪タイヤが磨り減って交換時期です。
(といっても前輪はまだまだ大丈夫なのですが…。前輪と後輪をローテーションさせて使っているようです。)
路面凍結が年に数回なら、スタッドレスをつける程でもないでしょうか?
それともどうせ走行距離が多くタイヤの消耗が早いので、毎年スタッドレスタイヤを履きつぶしてしまうとか…?!
(スタッドレスは燃費が悪いというのが気にかかりますが…)

考えていたらよく分からなくなってきました。
今のこの状況で、どうするのがおすすめか、アドバイスいただけましたら幸いです。また、タイヤに限らず、何かありましたら何でもおっしゃってくださると有り難いです。よろしくお願いします。

こちら千葉県南部のほとんど雪が降らない地域なのですが、夫が山道を通勤で通るため、たまに路面が凍結して非常に危険なことがあります。
年間走行距離は約2万キロと多く、今乗っているヴィッツもそろそろ10万キロ越しましたので、車の状態をうかがいながら、数年のうちに買い替えを検討することになるかと思います。

タイヤに関してなのですが、今は普通のタイヤで、寒くなった時だけおととしの冬に買ったゴム製のチェーンをつけるようにしています。(使用したのは走行距離600キロ程度です。)
しかし毎回...続きを読む

Aベストアンサー

雪国在住のものです。まず、スタッドレスだから燃費が悪いってことはそんなに無いです。燃費は確かに悪くなりますが、車重の軽いコンパクトカーだとあまり関係ありません。事実私もコンパクト乗りですが、下手すると夏タイヤより冬タイヤのほうがなぜか燃費が良かったりします。燃費が悪くなるのは、どちらかというと、雪道で足をとられるから悪くなるっていうほうが正しいです。あと、気温が上がると、冬タイヤは目に見えるほどすぐに減っていきます。 
年間数回の凍結路面だと、確かにスタッドレスの効果はありますが、そのためだけに、冬タイヤ交換っていうのもさすがに疑問符です。チェーンに慣れていらっしゃるならその方が経済的な気はします。また、冬タイヤはその構造上、雨路面では止まらない、曲がらない、っていう最悪なタイヤに変身しますので、履きつぶしは減り方の多いって点でももってのほか、降雪地域以外での使用はメリットよりデメリットのほうが大きい気もします。
私も走行距離が半端なく多い(年3万km強)ので、冬タイヤの交換を兼ねて、ローテーションをしています。そして結果的に冬期間使用しないことによる夏タイヤの寿命向上。ローテーション代の省略をしています。ということでそんなに、冬タイヤに交換しても、デメリットは無いのかも・・・交換工賃も7000円ってことはないですよ。買ったタイヤ屋に持ち込みの相場は2000円です。最近は行き付けの工場で点検ついでにやってもらうので、タダに近いです・・ 凍結路面だとスタッドレスもある程度止まりますが万能では決してありません。ただ冬タイヤにしているともしものときの保険になるのと、雪国に気軽に行けるということは大きいですね。 
まとめさせていただくと
冬タイヤと夏タイヤは初期投資は倍かかるが、お互いを使用しタイヤ交換時にローテーションもするので、ローテーションが不要となる。 
2本のタイヤを交互に使うので、寿命が延びる。特に長距離を使う場合、その傾向が大きい
降雪路面以外では夏タイヤのほうが好ましいが、凍結路、積雪路の走行性は夏タイヤ+チェーンの比にならないほど大きい ただし冬タイヤも滑りにくいだけであって滑らないわけではまったくない 
私の周りでもタイヤ交換を自分でする人は多いですが、規定トルクで締め付けということは専用工具を買わない限り素人には不可能に近いです
。事実周りでも自分で交換してネジを壊したり、走行中飛ばす人はいます。もし専用トルクレンチを買ったとしても片側ジャッキアップしての作業に慣れないと2時間くらいかかります 車ごとジャッキアップして何人かで交換のプロだと20分もかからず終了 
時給1000円で安心と保証も買ってるって考えると悪くないです(笑
冬タイヤだと、これまでいけなかったスキーや雪国に遊びに行ける。
冬タイヤは夏タイヤに比べ圧倒的に運動能力に欠ける。といっても130kmくらい出す分には問題ないですし、おとなしい運転をしている限り危険になる場面はないと思います。ただし雨の中ではいちぢるしく制動距離が伸びることには要注意です。 

まあ、それくらいでしょうか 冬タイヤ、夏タイヤどちらも必要にはなってしまいますが、冬は冬タイヤにし、凍結した日の安心を買い、せっかくの機会なので雪国に遊びに行ってみるのもいいかもしれません。 

雪国在住のものです。まず、スタッドレスだから燃費が悪いってことはそんなに無いです。燃費は確かに悪くなりますが、車重の軽いコンパクトカーだとあまり関係ありません。事実私もコンパクト乗りですが、下手すると夏タイヤより冬タイヤのほうがなぜか燃費が良かったりします。燃費が悪くなるのは、どちらかというと、雪道で足をとられるから悪くなるっていうほうが正しいです。あと、気温が上がると、冬タイヤは目に見えるほどすぐに減っていきます。 
年間数回の凍結路面だと、確かにスタッドレスの効果はあ...続きを読む

Qスピード違反(30km以上50km未満)の罰金

こんにちは。

一般道30km以上50km未満のスピード違反で免許停止になった際、概ね10万円以下の罰金もありますが、
この金額というのはどういう根拠で決まるのでしょうか?

一番多いのは6万~8万らしいですが、何が原因で2万円も開きがあるんですか?

超過速度が30kmに近いか、50kmに近いかとかでしょうか?

超過速度が全く同じ2者であれば、罰金も同じになるんでしょうか?

Aベストアンサー

ちゃんと裁判官が裁判所で判決を下していますよ。

ただし、未成年の場合これらの処置はありませんし
罰金もありません。

とかくケースバイケースです。

地域性も強い事例です。

Q平成15年式のインプレッサ15i-s(走行距離68500km)に乗って

平成15年式のインプレッサ15i-s(走行距離68500km)に乗っています。
先日納車されたばかりなのですが、レギュラーガソリンを入れて加速するとノッキングが出るので、ハイオクガソリンを入れてみるとノッキングが収まります。
一応8月の頭ぐらいに買ったところに持って行く(保証は付いてる)つもりですが、ノッキングの原因は何が考えられますか?

Aベストアンサー

坂道でビチビチ音でしょうか? 
単に音がそういう音なのかもね。
>>SUBARUディーラーならコンピュータで点火タイミングを調べてくれると思います。

Q3年で45000kmの軽。乗り潰す?買い換えを検討する?経験者に聞きたい

このホームページにはいつもお世話になっています。
軽自動車に乗っていますが、来月車検です。走行距離が45000km越えました。このままですと、5年車検の際には70000km越えるだろうと思います。
車検受けて 下取り査定額70万ちょい
年間総行距離 15000km(通勤で月1000固いため)
燃費 16km/L位 夏14弱
とても気に入って買った車(コペン)だが、不具合が多くうんざりぎみ
買い替えるとすれば軽 ターゲット車 実燃費18km/L
気になるのはコストパフォーマンスです。消耗品、特殊車ゆえの修理部品代を見越したら、買い換え費用で相殺されるかもとか考えています。
とても抽象的だとは思うのですが、こんなことで悩まれた方はいらっしゃらないでしょうか。そんな時どうされましたか?

Aベストアンサー

3年落ち車はそこそこの値段で売れるので、飽きちゃった場合は売り時です。
しかし3年落ちのコペンは市価110~120万くらいで売られているようですので、これを70万で手放すと考えると、もし気に入っているのであればもったいない気もしますね。
シンプルな考え方として、例えば手元に70万余計にあって車は無い状態を想像し、維持費がかかりそうな3年落ち超特価70万のコペンを買うか、あるいは別の車を普通の値段で買うか、という比べ方をしてみてはいかがでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報