x86とARMの性能の違いについて教えていただきたいです。
それぞれの設計に基いたご説明をいただけるとなおありがたいです。
また、性能の違いの結果として、
それぞれどのような場面でよく使われるのかも知りたいです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず違いを知るなら以下を読むべきかと、有志が書いているとはいえ、日本サイトのただの年表とは段違いに情報があるはずです。


http://en.wikipedia.org/wiki/ARM_architecture
http://en.wikipedia.org/wiki/X86

といって、読める人なら、質問しないのでしょうけど。
概略的に説明すると、ARMは reduced instruction set computing(RISC)プロセッサです。 それに対して、x86はベーシックに言えば、complex instruction set computer(CISC)プロセッサとなります。まあ、世間では既に差はあまりないのですけど、思想としてはCISCとRISCでは演算の基点が違います。

x86と呼ばれるプロセッサは、i8086を始まりとして(86を冠した世代が4世代目まで続いたことから)現在のCore i7プロセッサに至るまでの製品を指します。ただし、64bitモードであるx64(AMD64/Intel64)は、このx86を開発したIntelではなく、AMDが先に実装しています。このx86/64系のプロセッサは、高度で複雑な演算を行うために開発されたプロセッサであり、現在においてHPC用のプロセッサを除けば、世界最速を誇るプロセッサとなります。尚、x86/64系は処理速度を高めるために、スカラユニットの採用と分岐予測、パイプラインによる高速動作などを実現しているため、消費電力が大きなパーソナルコンピュータ、ワークステーション、サーバー分野においてこれまでは使われてきました。価格的にも高性能故にそこそこの値段であり、インテルとAMD以外のメーカーでは、VIAなど一部が進出するのみで、Intelの市場での強さもあり、他のメーカーが力をもつことはありませんでした。


ARMは、元々組み込み向けとしての素質を持つプロセッサで、コンパクトで指向性の高い命令を、速やかに処理することに長けたプロセッサとして登場しています。要は、何でも処理するというよりは、命令の方向性をある程度定め、その範囲内で処理をこなすことがARMの特徴となっていました。その代わり、消費電力はミリワット単位から数ワットまでと劇的に小さな電力/パッケージングに収まるものが主流でした。しかも、それ故に製造単価や開発単価も安く、そもそもARM.LTDは製品のライセンスビジネスで利益を出しており、インテルのように開発製造販売などを一手に手がける垂直型ではないことから、多くのメーカーが使ってきたのです。


本来この2つの製品が能力的に接近することはないと思われるほど性能差がありました。しかし、携帯電話の普及によって、ARMプロセッサは急速に進化を遂げ、スマートフォン時代に、市場規模ではインテルとAMDが開発してきたx86/64系のプロセッサに匹敵するか、それを超える市場規模になる可能性が出てきたのです。(金額ベースでは、インテルプロセッサにはまだ及びません)

ARMが急速に性能を伸ばすことになったのは、スマートフォンが登場したことが大きな理由です。当初は搭載していなかったSIMDの実装や、高機能レジスタの搭載によって、たった5年ほどで多くのラインナップが登場し、多くのメーカーがARM.Ltdとライセンス契約し新しい技術の搭載を進めたのです。
結果的に、現在ようやくインテル社が持つx86に迫る程度に性能が向上しました。ただ、性能面で上回るほどになるかというと・・・。今の段階ではまだ難しいでしょう。


尚、性能の違いの結果という点は今の段階では、高性能なx86、安価で省電力なARMです。
ただ、今後もそうである保障はありません。

単価やブランドイメージの違い、販売における製造ラインの確保の問題などもありますからね。
ただ、ARMの場合は、ライセンスさえ取得すれば、製造はある程度できますから、需要があれば数は伸びる傾向があります。ただ、単価が安いため、数が大量に出ているから、売上げが凄いわけではないのです。そのかわり、一定以上の販売が伸びれば、ソフト開発も活況を呈するため、ハードの性能も総じて向上します。
そうすると、性能が上がることで単価があがるというラインに今さしかかっています。

それに対して、x86/64は元々ブランドとして一定の地位を持っている高性能汎用プロセッサです。アプリケーション資産は既にPC市場において過半数を占めており、現在はゲーム機市場でもWiiUを除けば、PS4とX-BOX Oneに採用されています。1つのプロセッサあたりの単価もそこそこ高くなります。
高性能故にダイサイズもARMとは比べものにならないほど大きなものが主流です。最近になって、そこから性能を抑えて、ARMに対抗できる製品や、ARMより少し大きくとも消費電力が低く、性能は高い製品を出すようになりました。

尚、x86とARMでは、処理方法に違いがあり、実行できるマイクロコードの記述方法にも差異があります。そのため、x86の性能が高いからといって、ARMから簡単に移植したり、その逆にARMが普及しているからといってx86の資産を簡単に移せるわけではありません。まあ、アプリケーションはOSさえ対応し、アプリケーションの開発環境に準じた実行APIを備えてくれれば良いですけど、それを支えるAPIやOSは、ハードに最適化したプログラミングをしないと、そのハードが備えるピーク性能を発揮することはできません。

といったところでしょうか?

最後に、プロセッサには他にもMIPS(MIPS)、SPARC(SPARC/旧Sun Microsystems)、Power(IBM)、SX(NEC)、IA-64(Intel/HP)などなどのアーキテクチャが存在します。性能の違いだけで見るなら、これらの製品の方が、競争する市場が似ているものもありおもしろい製品が多いですけど。MIPSなどは、最近は少し弱いですが、MIPS-III世代では、ソニーのプレイステーション2のCPUであるEmotion EngineがこのMIPSアーキテクチャでした。SPARCはスーパーコンピューター京、Power系は、そのクライアント版(PowerPC)が、Intel Macになる前にMacintoshに使われていました。
SXは、地球シミュレーターです。IA-64は・・・。不運なプロセッサ。

設計で考えるなら、プロセッサ全体を見渡すのも大事です。そして何より、重要なのは開発されるOSやアプリケーションがどういうものかを見るのが妥当です。特にそれを如実に示すのは、SXとその他のプロセッサの違いでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

非常にご丁寧に教えていただいて感謝しております。

お礼日時:2014/08/16 11:01

X86はCISCと言う概念で作られたCPUで、ARMなどはRISCと言う概念で作られたCPUです。


CISCが複雑な命令を演算プロセスを組み込む事で行うのに対しRISCは単純命令で、OS側で複雑な命令に対処すると言う方向性の物です、どちらも一長一短がありますが、RISCは使用目的に合わせて、OSをコンパクト化出来、単純命令の演算子なので小型、低消費電力が簡単に行える。
CISCは相対的な演算能力は高いけれど、組込み機器の様なシステムでは、その大半の演算システムが不要で、大きく、消費電力が桁違いに多いと言う面があります。
その特性の為RISCの出だしは、ワークステーションなどにMIPSと言う会社のRISC CPUが使われてPSP等のCPUと採用されましたが、高度化する演算に対応しきれなくなり、現在はCISCX86がPCでは有利な状態です(MIPSが解体してしまったのも大きな要因です)
ただ産業機器分野では無駄な部分が多いSISCより、最適化が可能で、比較的安いライセンスを取得すれば(Intelは一切ライセンスは出しません)目的とする機器のチップに組み込むことが可能なARMがシュアのほとんどを取る形となりました、その進化過程で、消費電力が大きなテーマであるスマートフォンにおいて各社はX86を選択する事が出来ず(何社かはあるのですが、動作速度を極端に落とした低消費電力な為非力なので売れなかった)、また、その時Windowsに対抗するため、LinuxをベースにGoogleがAndoroidと言うOSを開発しこれをARMベンダーが採用したため、スマートフォンの元祖であるAPPLE iphone(iosもLinuxでCPUはARMでライセンスはしない)に対抗すべき、androidスマートホンが出来たと言う経緯があります。
>それぞれどのような場面でよく使われるのかも知りたいです
家電や組込み機器の32Bitを使用する物の大半です、小型、低消費電力、OSがコンパクトなのでバグが極端に少なく、ネットでアップデートが頻繁に行われるWindowsの様な物はネットに接続できない、途中で再起動される物は機器にはあまり使えません。
なのでARMのCPUの集大成がスマートフォンでそれ以上の性能を求められる、PCには不向きなCPUですから、特性上ARMとX86を比較する事はあまり意味が無いといえます。
ただ、PCの販売台数の低下を、インテルが打破するためにARMの牙城である、スマートフォンに食い込もうとあがいています、その手始めに大きなバッテリーが搭載可能なタブレットPCにターゲットを絞ってきたため、比較すると言う場面が増えてきたと思われます。
逆に世界トップの集積度を誇るインテルでさえ、ARMに対抗できる消費電力に達していない。
スマートフォンはPCと異なり、最重要課題がバッテリーの持続時間だと言う点につきます、いくら高性能でも1時間で動かなくなるスマートフォンはゴミの様な物です。
逆を言えば、消費電力無視できるなら、ARMももっと高速化は可能なのですか、動作時間が重視されるため性能を抑えた物しか作らないのです。
インテルのX86CPUだって、性能と言う面では圧倒的に高いCore i7などありますが、低消費電力ではその性能の1/10以下の超低消費電力のATOMを作っていますが、それでさえARMの消費電力に並べません、本当に比較という事であるなら、比較対象は
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai …
ATOMのQuarkとしなければ真の比較とは言えません、と言いたい所ですがQuarkはまだインテルの構想でしかなく、実現できるのか?と言うレベルです、現実的には。
Intel Atom Z2760
http://ark.intel.com/ja/products/70105
1.6Wと
http://www.nvidia.com/object/tegra-3-processor.h …
の比較
http://cpuboss.com/cpus/Nvidia-Tegra-3-(T33)-vs-Intel-Atom-Z2760
このコンパニオンコアを持たないATOMには実際の消費電力では対抗できない(消費電力0.5WのATOMをもう一個積んでも焼け石に水でしかないから)。
実再の使用ではATOMが不利と思われます、ARMで最も高い性能が要求される、スマートフォンは、複数の制約があり、単に高速であれば良いと言う物では無いので、演算性能だけで比較する意味がどこまであるのか?と言う問題があります、またスーパーコンピューターは、消費電力当たりの性能が重視され始めています、この分野でARMが主導権を握る可能性が高いと言われています。
その根拠としてはスパコンで上位を占めるAMDがARMCPUの64Bitにシフトしようとしている、事、クアルコムがARMCPUのスパコンの開発を始めいているという事からも、十分あり得る物だと思えます(CPU単体の性能で無く数万のCPUの総合性能なので、電力的、コスト的に遥かに有利なARMのCPUを数倍もしくは数10倍使って同じ価格なら、ARM有利となるから)。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ご丁寧に教えていただき感謝しております。

お礼日時:2014/08/16 11:55

>それぞれどのような場面でよく使われるのか


x86-PC用
ARM-PC以外
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/16 10:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qapt-get install ****** でinstallしたものをuninstallするには?

御世話になります。
vncserverだけをinstallするつもりが
誤って
apt-get install vncとうってしまいました。
これをuninstallしたいのですが
どのようにすればよろしいでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

# apt-get remove パッケージ名
では、設定ファイルは削除されずに残ります。

完全に削除するときは、
# apt-get --purge remove パッケージ名
です。

Q「x86」と「amd64」の違い

CPUの種類で「x86」と「amd64」がありますが、その違いについて教えてください。

先日、AMDプロセッサのマシンにUbuntu8.04のAMD版をインストールしようとしたところ、「AMDではありません」のようなエラーが出てインストールできませんでした。そこでx86版を試してみたら正常にインストールできました。
しかしインストール直後から動作が不安定で、高い確率でフリーズします。
特に重要な設定を変更した訳でもなく、マシンの性能が悪いとも思えず、唯一思い当たる節がインストールしたUbuntuが「x86」版か「amd64」版かくらいです。

私の認識では、
  x86 … Intel系
  amd64 … AMD系
と思っているのですが、もっと複雑なのでしょうか?
またUbuntuを不安定する原因が何かあれば教えてください。
よろしくお願いします。

●環境
CPU:AMD Athlon 64, 2200MHz 3500+
メモリ:2G
HDD:160G × 2

Aベストアンサー

AMD64はお考えの通りAMD CPUが元になってできた用語で、ごくごく大雑把に言うと
x86→Intel,AMD問わず32ビット版のプログラム
AMD64→Intel,AMD問わず64ビット版のプログラム
となります。64ビット対応はIntelではPentium4の末期から、AMDではAthlon64からになります。

AMD64ではありません~というメッセージですが、当方Ubuntuを使ったことはないので想像になりますが、BIOSに64ビット命令の有効無効を指定するような項目はないでしょうか?
確か古いマザーにはそういうスイッチが設定されているという話を聞いたような…(かなり自信なし)

QARMマシンへのOSインストールをするための知識

やりたいこととしては、様々なARM系CPUを積んでるマシン
(スマートフォン~タブレットその他)にARM用のlinuxであるとかFirefoxOSであるとかを入れてみたいと言うのが内容です。

普通のPCに入れるのは問題なく、netwalkerやdynabookAZにも入れたりはしましたが、
記事など情報がある場合だけで、自分の力だけで入れるには程遠い状況です。

クロスコンパイルとか組み込み系の知識だとかなんとなくの感じは分かるのですが、
何をどう学べば良いのかという全体像が見えて来ません。

書籍かサイトでもいいので、どこを理解すればインストールしたり、もしくは
難しいとか判断できるようになるのでしょうか。

ちょっと漠然としてしまっているとは思うのですが、
方針だけでもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

私も、具体的なことは理解できませんが、おおむね、三つの要素があって
1.ストレージにOSを書き込む方法
2.ブートローダーの操作
3.起動に必要なデバイスドライバーの調達と組み込み

2は、自分でシステムディスクのイメージを作成するなら
それなりに理解する必要があります。

NetWalkerへの、Ubuntu10.04LTS導入とか
dynabookAZへのUbuntu12.10導入などは、公開されているイメージを書き込むことで
私も簡単に体験することができましたが、それ以上のことは私もわかりません。

ブートローダーやファームウェアに、デバッグモードなどのメンテナンス手段が提供されていて
そのモードに切り替える方法が発見できれば
1の作業ができるし、そうでなければできないと考えていいでしょう。

NetWalkerにはリカバリー作業のための仕組みがあったので
標準のリカバリーイメージを解析した人が
より新しいUbuntu用のリカバリーイメージを作ることができたと記憶しています。

これからは、ARM搭載のシステムに
SATAのストレージを差し替えてOS入れ替えなんて場面は無いでしょうから
そういった仕組みが見つからない機種、誰かが発見してくれなそうなマイナー機種では
そうそう素人がいじれるものでは無いんだと思います。


Androidではu-bootを使ったものが多いか、あるいはすべてのようで
関連する情報は、そのへんから探す必要があるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Das_U-Boot


3は、既にドライバーが存在しているのに
自分が持っているAndroid端末に
Ubuntu Phoneは導入できないのか?みたいな疑問は、私も持っています。

でも、クロスコンパイル環境を作るのがめんどうくさいし
ソースさえ採ってくれば、必ずドライバーバイナリーが作れるわけでも無いでしょうし
もともと、手軽で面倒くさいことが少ないからLinuxを使っているのに
ARM化のために、そこまで手間をかける気分にはなれません。


まぁ、ステップとしては、この次はドライバーがあるけど、入っていないという状況への対応でしょう。

例えば、dynabookAZに、USB接続してもたぶんDisplayLinkのVGAアダプターは
動かないんじゃないかと思っています。
(HDMI付きモニターやTVも持っていないので、AZでマルチモニター運用は試したことがありません)

だから、既存のディスクイメージを元に、DisplayLinkのドライバー入りのディスクイメージを作ったり
最新カーネル化を自分でやったりするところからじゃないかと思います。

すでに起動しているシステムなら、そこでmakeしてもいいんですけど
あえて、クロスコンパイルでやるという体験で、経験値を稼ぐべきだと思います。
(でもAZ用Ubuntuイメージって、WacomとかUSB UVCとか、たいていのドライバーは入っています)


それができるようになれば、次は、グラフィックドライバーやサウンドドライバーが
カーネルツリーに組み込まれていないような機種を相手にしたり…

ディスクイメージを書き込む手段が公表されていない機種を相手に
その手段を模索したりなんてことになるんだと思います。


AZも、せめて1280x800液晶で、駆動時間がもっと長ければ実用的なんですけどね。
ARM+デスクトップLinuxという組み合わせで、一般人が理解し欲しくなるほど
画期的に魅力的なものは、未だ無いなぁと思っています。
なるほど、セキュアUEFIがゴリ押しされた理由はここにあったのかと orz


まぁ、そういう開発を目的にしている集団を探して
そこのMLなどに参加するといいんじゃないかと思います。

インターネットのコアな開発者は、ウェブ以前からインターネットを使ってきた人も多いから
掲示板などのWeb媒体ではなく、MLやNetNewsに巣食っているイメージがあります。
必然的に、英語力も必要になるとは思いますけどね。

注:「UUCPすげぇ」とか「WHIPももっと流行らないのかなぁ」とか言ってた年寄りの持つ偏見です

私も、具体的なことは理解できませんが、おおむね、三つの要素があって
1.ストレージにOSを書き込む方法
2.ブートローダーの操作
3.起動に必要なデバイスドライバーの調達と組み込み

2は、自分でシステムディスクのイメージを作成するなら
それなりに理解する必要があります。

NetWalkerへの、Ubuntu10.04LTS導入とか
dynabookAZへのUbuntu12.10導入などは、公開されているイメージを書き込むことで
私も簡単に体験することができましたが、それ以上のことは私もわかりません。

ブートローダーやファームウェア...続きを読む

Q【CPUはX86であるか否かを確認する方法】

CPUがX86であるか否かを確認する方法について教えていただけないでしょうか。よろしくおねがいい致します。

Office2007の修正プログラムを入手するため、マイクロソフトのサポートセンターに電話しました。
以下は私とマイクロソフトのオペレーター(以下「MS」という。)との電話でのやり取りです。

MS 「CPUはX86ですか?」

私 「『X86』であるかどうかは、PCのどこをみれば確認できますか?」

MS 「コンピュー右クリック→プロパティ→デバイスマネージャー→プロセッサをクリックしてCPUを選択して右クリック→プロパティの詳細タブの下のほうに「X86」と書いていないですか?」

私 「書いていません。」

MS 「普通は書いてあるはずなのですが・・・。」

皆さんにお聞きしたいのは、ここに書いていないということはX86ではないということでしょうか。
それとも、X86であるか否かを確認する画面はこの画面ではないのでしょうか。
ちなみに、デバイスマネージャーのプロセッサの所に表示されている文字は「Intel(R) core(TM)2 Duo Cpu E6750 @2.66GHz」です。

X86であるかを確認する方法を教えていただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

CPUがX86であるか否かを確認する方法について教えていただけないでしょうか。よろしくおねがいい致します。

Office2007の修正プログラムを入手するため、マイクロソフトのサポートセンターに電話しました。
以下は私とマイクロソフトのオペレーター(以下「MS」という。)との電話でのやり取りです。

MS 「CPUはX86ですか?」

私 「『X86』であるかどうかは、PCのどこをみれば確認できますか?」

MS 「コンピュー右クリック→プロパティ→デバイスマネージャー→プロセッサをクリックしてCPUを選択...続きを読む

Aベストアンサー

x86の記述ですが、探してみましたら
システム情報の中にありました。
スタートボタンをクリックして
検索の開始の窓の中に直接
msconfig
と入力してエンター。
システム構成というウインドウが立ち上がります。
ツールというタブをクリックして
システム情報をクリック。反転表示させたら
下にある起動ボタンをクリックします。
システム情報ウインドウが立ち上がりますので
システムの概要のシステムの種類を見てください。
私の場合(プレスコットのペンティアム4の3.2GHzですが)
x86-ベースPCになってます。
C2Dの場合はどうなんでしょ?確かめてみてください。

Qint型からchar型への変換

タイトル通り、int型からchar型への変換の仕方がわかりません!><
どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#include <stdio.h>


char buf[5];
int no;

no = 10;
sprintf(buf, "%d", no);

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QLinuxのgccのインクルードパス?

Linuxのgccで、インクルードファイルやライブラリのパスを設定する方法が知りたいのですが、gccについて詳しい書籍やサイトがありましたら、教えてください。

gccとccの違いも知りたいです。

例)
#include "example.h"

このままだと、example.hが無いと表示されます。

Aベストアンサー

標準ライブラリのパスは、gccのインストール時に指定して、Cプリプロセッサの中に組み込まれます。

#include "example.h"
は、まずカレントディレクトリを探し、次に gccコマンドラインの -I オプションで指定したディレクトリを探し、最後に標準ライブラリが探されます。

#include <example.h>
は、カレントディレクトリを探さない点が異なります。

ccも基本的には同じですが、Unixの種類によって機能が異なる可能性があります。Linuxの場合はcc=gccです。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報