人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ご閲覧ありがとうございます、21歳学生男です。
幼なじみの友人が最近インターネット上での情報販売ビジネスを始めたそうで、一緒にやらないかと言われて興味がわき、友人にそのビジネスを教えた人を紹介してもらいビジネスの内容を詳しく聞きました。

この仕事はまず「塾」という名のセミナーに4ヶ月通います。
入塾料は30万だそうです。
その塾ではインターネット上での情報販売のノウハウを教えてくれるそうで、自分のサイト(ブログ)の作り方、内容(売る情報。自分の趣味でもなんでも可)の設定、プロのコピーライターが客がその情報を買いたくなるような文の書き方をレクチャー、そして顧客の集め方、効果的な宣伝の仕方などを教えてくれるそうです。

例えば自分がピアノを弾くのが得意なら「素人でも1週間でピアノを自由自在に演奏出来るようになる方法!!」というようなすこし大げさな見出しで記事を書き、詳しく知りたい人は情報を9800円で買ってくれ、という仕組みです。
その情報の説明文を買いたくなるような心理にする書き方をコピーライターが教えてくれるという事です。

情報の単価は9800円~29800円まで設定出来て、もし自分の記した情報が売れる事ができたらその売れた情報の代金はそっくりそのまま自分の口座に入る仕組みだそうです。

その塾には1万人程の受講者がいるそうで、合宿やハイキングなどのイベントも行っているそうです。

これを始めたら5ヶ月後には20万から50万程月に入るそうです。
僕の友人も来月末に20万振り込まれるそうです。

友人はセミナーでいろんな人と交流して、本当に振り込まれるというのは確認済みだそうです。

そして、この仕組みを一度作ればその後は少しずつメンテナンスや記事の更新をするだけでまた何十万か振り込まれるので、入塾料の30万はすぐに元が取れるそうです。

わかりにくい文章で申し訳ないのですが、これは詐欺だと思いますか?
私個人的にはどうも怪しい気がするのですが、親しい友人ですし、もともと疑い深かった友人が何も疑わずに入塾しているので大丈夫なのかな…?という気持ちも少しあります。

ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

30万円の元がすぐ取れるならなぜ彼らはその手段で稼がずわざわざセミナーを開くのか…


つまり普通に考えればセミナー開く方が儲かるからです。
それにビジネスの手法を教える事は自分のライバルを増やし自分の食い扶持を減らす行為でもあります。

と考えれば自ずと答えは出るでしょう。
そのセミナーを経て儲ける事ができるのはこの仕組を知った人間です。
つまりセミナーの開き方を学びにセミナーを受けるのですよ…それが一番儲かるから。
ビジネスとは摂取する側と摂取される側に分かれます。
自分が今どちらにいるかを確認するべきでしょう。
そうすれば彼らの真の稼ぐ方法が自ずと見えてくるはずです。
稼がせてるのは誰なのかという話にもなりますね。

極論を言えば稼ぐより稼ぐ方法を売る方が儲かる訳です。
欲の皮が突っ張った連中が集まってくるのですから後は突いてやればいいのです。

実際それで稼ぐ人はいるでしょうから詐欺では無いでしょう。
商売に絶対はありません。
ただ成功者は一握りです。
少なくともこのビジネスの構造に気がつかない人間は成功者にはならんでしょう。
    • good
    • 0

情報商材の販売ですね。


マニアル人間には有る程度売れるでしょうが、元々は宣伝では無く『喧伝』に近い。

物事は正解が一つで有る訳がないから幾ら情報商材を買っても出来無い人は存在する。

情報商材は販売された時に『古い情報』に成ります。

例えれば
今度の商品は画期的な商品で誰でも使いこなせる!
と喧伝して何割か価格を上げる。
利益が確保出来たら値下げして、
又新商品を同じ喧伝文句で行う。
使えねと言われればスキルアップ乃為とXX学校を紹介する
そしてXX学校の指定機種を購入させられる。
最後にどうしても使えなくてPC2台と授業料数十万がゴミに成り家族から
馬鹿にされ、会社も窓際族に転属その後病院行き

此の様にして情報商材は販売されます。
業界ぐるみの詐欺に近い事をする訳。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/17 01:21

すてきな話をありがとう。

こういう話は大好きです。ボクは完全には詐欺とは思いません。一部にはそれなり儲かる人がいるんですよね。しかし、大半はそういうことです。

それだけでなく「騙されやすい人リスト」に載りますので、一生その種の商売の人々に追い回される立場になります。怖いもの見たさ、もしくは社会経験として騙されてみるのもおもしろいですが、もう少しリスクが低い詐欺で騙されてみるのがおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/17 01:20

 マルチですね。


友人が受け取る予定の20万には、貴方が振り込む予定の30万の一部が入っています。
友人は貴方をだまして自分の出資金を取り戻そうとしています。
そのような友達とはすぐに縁を切ることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/17 01:20

よくある「情報商法」「マルチ商法」ですね。


詐欺的ではあっても詐欺ではなく、儲かる人もごく一部です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/17 01:19

 


典型的な悪徳商法ですね

儲かる前に、返金の訴えをされて、裁判で負けるパターンでしょ
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/17 01:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「情報商材」販売がなぜ詐欺にならないのか分かりません。

こんにちは、よろしくお願いいたします。

ネットをしていて先日、とあるリンクから「情報商材」なるものを売っているサイト(Infoなんとかとか…)を発見しました。
なんぢゃこりゃと思いながらいくつか商品を見てみると、その説明がけっこうトンデモな内容です。
(1日で200万稼ぐとか、早漏が直るとか^^;、株素人が3日でウン千万稼いだとか(苦笑 )
こんな嘘をならべた説明で堂々?と売りつけるのって「詐欺」にはならないのでしょうか??
それとも詐欺にならないような書き方をしているのでしょうか?
(見たところ明確に詐欺なんですが…。。)

なんだか「普通」にこういうサイトがあるのでびっくりしてしまいました。
これは犯罪行為ではないのでしょうか???

Aベストアンサー

ふたたびです。

今日、たまたまクレジットカード決済代行の会社の担当者と話す機会があって「最近、売り上げを伸ばしているのは?」と聞いたらなんと「情報販売」との返事が返ってきました。

リアルタイムな話題であったのでいろいろ聞いてみたのですが、他の方も回答しているとおり「ウソである根拠」がないために情報を売ること自体にはまったく問題がないそうです。日本の法律でも取締りをするものはなく、いわば「法の盲点」をついた今が旬のビジネスとのこと。

ただ大手の代行会社の場合、ユーザーとのトラブルを防ぐために「いかにもおかしい」というものや価格が高いものについては審査が相当厳しく、100%、その代行会社で受け付けるとは限らないとのことです。

見出しでいかに気を引いて買わせるか・・・の商売だそうでたとえば・・・

「女にモテル3か条」
1.ベンツSクラスに乗る(Cクラスはダメ、最低でもE)
2.ヴィトンで着飾る(財布やバッグは誰でも持っているので靴とかシャツ、時計もすべて)
3.ドコモの携帯を使う(AUやソフトバンクはダメらしい・・・笑)

こんなのでもまったく問題ないそうですね。実際にその通りに実行して「もてる人」もいれば「もてない人」もいます。「もてる人」がいる時点でこの情報はウソではありません。こういう情報を500円とかで売って月に何百万も稼いでいる人は結構、いるみたいですね。安いけど中身は・・・みたいな。でもウソでないから文句は言えないわけです。
言ってみれば「○○したい」とか「○○ほしい」ということに対する「助言」「アドバイス」にお金を払うというようなものですね。「携帯電話を使いすぎちゃう人に・・・通話料ゼロ円」「携帯解約すればゼロ円です」・・・これでも立派な情報だとか。ゼロ円になったけど携帯電話が使える使えないは別問題。とにかく携帯代金がゼロになったので情報としては有効です。

でも犯罪に加担するような情報については「幇助」になる恐れがあるためまともな業者は手を出さないそうです。ただ法の盲点を突くことで「安く」とか「タダ」とかは問題ないそうです。

現在、主だった被害がないこともあり、情報商材に対する規制はまだまだ先だろうとのことです。子供(未成年)がその情報でトラブルに巻き込まれたとか、重大な犯罪を引き起こしたなど日本ではありがちな「何か起こらないと規制されない」ということを利用しているような感じですね。

実際に「こんなのムリ」と思っても「できる、できない」は購入した人の都合であって販売者には関係ないということですね。

それと現状では「購入した人の自己責任」になるようです。たとえば1万で買ったとして、その内容がすでに知っていることであったとしても「1万程度でおいしい情報が買えるわけない」と購入しない人もいるわけですよね。そもそも知っていた情報ならなぜ、お金を出して買ったのか・・・購入者に1万の価値がないと判断してもあくまでも個人の価値観であって販売者は1万の価値があると思っている・・・など。また100万の情報を買ったけど実行するのに1000万かかる、でも1億儲かる・・・という情報なら100万で情報を買えるのだから1000万くらい用意できるでしょう・・・というような価格と情報の内容、その成果のバランスもあるみたいですね。

結論としては法律で規制されていないものなので「野放し」状態というのが現状で今、セコセコと情報を売っている人は「ラクして金儲け」しているということだそうです。

以前、どこかの販売サイトは海外サーバー、海外拠点、海外カード決済(ドル建て)だったので日本の法律の及ばないところで・・・と思って先の書き込みをしましたが、現状では日本で販売してもまったく問題ないとのことで警察に行っても相手にされないそうです。(刑事罰の対象とならないので民事で訴えて返金を求めるしかない)

>なんだか「普通」にこういうサイトがあるのでびっくりしてしまいました。

法的に問題ないし、ラクして稼げるからですね。そういえば某オークションの情報商材もそこそこ盛り上がっているようです

ふたたびです。

今日、たまたまクレジットカード決済代行の会社の担当者と話す機会があって「最近、売り上げを伸ばしているのは?」と聞いたらなんと「情報販売」との返事が返ってきました。

リアルタイムな話題であったのでいろいろ聞いてみたのですが、他の方も回答しているとおり「ウソである根拠」がないために情報を売ること自体にはまったく問題がないそうです。日本の法律でも取締りをするものはなく、いわば「法の盲点」をついた今が旬のビジネスとのこと。

ただ大手の代行会社の場合、ユーザー...続きを読む

Q原付の連続走行距離は?

よく原付スクーターは、長距離を走るとエンジンが焦げ付くっていいますよね?

では、どれくらいの距離なら走り続けてもいいんでしょうか?

50CCのスクーターと100CCのスクーターを持ってますので、それぞれわかる方がいらっしゃったら、教えてください。

GWにお金をかけずに、できるだけスクーターで遠くに出掛けようと思ってます。

Aベストアンサー

以前、原付で、九州の阿蘇山を登っているとき、前に進まなくなりました。
エンジンが膨張して、ピストンとシリンダーの間に隙間が出来たようです。
エンジンは止まりませんが、前に進まないのです。
でも、一時間も休んだら、また、普通に動きました。
でも、何回も原付でツーリング(旅)をしましたが、一番困ったのが、パンクです。
何キロも押すのは、ほんと肉体的にも、精神的にも、疲れました。
ひとけのないところへのツーリングは、十分注意して下さい。
あと、ゴリ&モン(ゴリラ&モンキー)は、50ccでしたら、リッター50~80キロ(長距離)は走りますので、8リットルですと、8×80=640キロなんて事になります。
ちなみに、今の愛車は、88ccモンキーです。
でもタンクが4.5リットルの為、遠出で約40キロ/リットルです。
ですから、ガンガンに走ると、一日に2回、給油するときもあります。
まあ、私の例は、極端な例ですので・・・(^_^;)

Q妻がアムウェイの無水鍋を欲しがっています

ちょっと相談させてください。

妻がアムウェイの無水鍋を欲しがっています。
知人からアムウェイの無水鍋をプロモーションされて、興味を持ってしまったようです。

1つ3万円もするのですが、その鍋があれば料理のレパートリーが増える等と言っています。

昨日、妻の部屋で偶然、「なぜアムウェイを選んだのか―自分のための働きかたを実現した人々」
という本も見つけてしまいました。

「無水鍋なんて他のメーカーでもある」というと、どうしてもアムウェイでなければならない説明をし出します。

そこで私は「アムウェイに洗脳されたのか?」というと、妻は「自分は正常」「なぜアムウェイをそんな批判的な目で最初から見るの?」と言います。


アムウェイは悪い噂しか聞かないので批判的な目で見ていましたが、本当のところはどうなんでしょうか?

本当に、フライパン(無水鍋)1つ、3万円も出す価値があるのでしょうか?

アドバイス頂ければと思いますので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アムウェイの無水鍋に3万・・・価値はないと思います。

ですが、本当に粗悪品ですぐに壊れてしまったら?
もしかしたら、アムウェイに傾きかけた奥様の考えが
変わるかもしれません。

ほかのものを絶対に買わない約束をして、
目を覚ますというのも一つの手かもしれません。


人気Q&Aランキング