位置情報で子どもの居場所をお知らせ

たまたま鳥取県のホームページが目に入って驚きました。

『身元調査お断り運動』
http://www.pref.tottori.lg.jp/36321.htm

 私(生まれ育ちが東京)は身元調査は身近に目にしたことがありません。でも少なくとも鳥取県ではあるのですね。

(1) 皆さんの地方では、この習慣が今でもありますか。東京でも、私が知らないだけで一部(家柄が高い人?)ではあるのでしょうか。

(2) 上記の鳥取県のQ&Aでは身元調査の意義を否定していますが、同感でしょうか。それとも、世間を知らない役人の作文でしょうか。もし自分やお子様が調査されたらどうお感じですか。知られて恥ずかしいことは何もないので抵抗はない、とお感じですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 恥ずかしながら俺の親父は俺に無断でしやがった。

団塊以上のバカ世代は、今の北朝鮮的教育と自分が戦後苦労した分人を見下げることで生きてきたから、差別感満載なので仕方がないね。また、お隣さんの息子が就職した時も、「どんなお子さんですか」と、興信所の探偵さんが身元調査に来た。母子家庭だったからかなと思ったね。お隣に言うかどうか嫁さんと悩んだが、「何も言っていないですけどね」と言っても疑いたくなるのが人間かなと思ってやめた。
 こういう話はなかなか表面には出てこないので、思っているよりもあるんだろうなと思ったね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/25 22:30

鳥取県のホームページに書かれているQ&A は、明らかに同和問題を意識したものです。

人権(差別問題)に抵触するので身元調査はダメだといっていますが、知る権利については何も言っていません。これは著しくバランスを欠いています。明らかに同和団体の要望を取り入れた作文です。又、めけ道として9月を身元調査禁止の月間にするとか・・・書いています。

差別をするしないは、その事実を知らなければ差別は出来ません。知る権利は、公共性とか社会性とか書いていますがとんでもありません。知る権利は個人の権利であって、それが公共性にかなうかどうかは問題外です。むちゃくちゃな理屈です。明らかに団体から強制された形の条例だと思います。(同和と在日、という本は、鳥取グループというグループが同和問題を糾弾した本がも出ています。)

人間すべて平等なんて現実的にあり得ません。それぞれが向上心を持って社会参加しています。まずは物を所有する豊かさを求めて、次に精神的な豊かさを求めて、というようにです。この精神的な豊かさの時に差別問題は出てきます。

(1)は、どこの地区でもあります。東京から西の日本ではあります。家柄はそれはそれなりに昔から今日まで続いていたことですから、あって当然です。それが歴史です。しかし、それを根拠に何事かのものを言うのはいけないのです。家柄をどうのこうのというのは、その個人の家の問題です。家柄とかそういう歴史があるので恥ずかしいことは出来ない。等という意識にも結びついているようです。家柄を否定するのは歴史を否定するのに等しいです。

(2)先に申し上げましたが、鳥取県の身元調査の意義は否定します。おっしゃるとおり役人の作文で差別問題と知る権利のバランスを欠いています。以前、新聞社の偉い人に聞いたことがあります。その人曰く、今は知る権利がおとなしくしている時期なのでおとなしくしているのです、と。

子どもが結婚などの際に、家族の身元調査をされても当然だと思います。なぜなら結婚は家族になる相手の人はどの様な人なのかを、その家族を含めて知ることで結婚後の家庭のありようも想像出来ます。恋愛結婚であるので相手をよく知っているようでも、それは、恋愛中の相手です。恋愛中はお互いに相手に嫌われないことを優先して行います。結婚生活は現実優先の生活になります。

人間は誰でもそうですが、家庭環境によって、親の教育によってその人の基礎であるキャラクターが築かれます。そういう意味で当事者の親の人柄、親が作った家庭環境で当人は何を身につけたのか、どういうことを身につけられなかったのかが推定出来ます。これは、結婚生活をイメージするには大いに役立ちます。同和問題を抜きにして、離婚率を下げる意味でも身元調査は行うべきです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>知る権利については何も言っていません。

いいえ、はっきり言及していますよ。回答者さまが納得されるかどうかは別として。

お礼日時:2014/08/25 22:30

どこでもあると思いますが。



東京都 - 6 わが国固有の人権問題です -同和問題-
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/10jinken/tobira/ …

| 東京都は、同和問題への理解と差別意識の解消に向けた教育・啓発のほか、就職差別をなくすための企業などへの啓発や、差別につながる調査をしない、させないための啓発など、様々な取組を進めています。


> (1) 皆さんの地方では、この習慣が今でもありますか。

直接関わることは無いですが、同和問題自体はあります。

> (2) 上記の鳥取県のQ&Aでは身元調査の意義を否定していますが、同感でしょうか。

自分や自分の家族、友人がそういう差別を受ける立場だったら?がんばって就職内定受けたけど身元調査の結果で内定取り消しなんか受けたら?とかって想像してみれば、自明かも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/25 22:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q聞き合わせってどんなやり方??

結婚を考えている彼がいます。両親にも最近会ってほしい人がいると報告しました。会ってくれるとは言っていましたが、今日は聞き合わせしたいから彼の住所とか教えてって言われました。聞き合わせってどういう風にするんですか?誰かに頼んだりするんでしょうか?彼には借金があってそういうこともバレたりするんでしょうか?すごく不安です!!

Aベストアンサー

ANo2の方がおっしゃっているように、私が結婚する時(30年前)はよく行われていました。
興信所に頼んだり、お母さんが聞き合わせをされる方もあったようです。
どちらが多かったかは分りません。

しかし、地方にもよるかもしれませんが、私の友達で、子供のことで、聞き合わせをしたり、興信所にかけたりしたと言う人は、聞いたことがありません。

私たちの時代は、お見合いをして2.3回会っただけで結婚、と言うことも珍しくなかったでしょうが、今は、御本人たちも、何度もデートを重ねて御自分の目で確かめることが出来ますものね。

御両親は、まだ、お会いになったことがないのですね、御不安なのは当然のことと思います。
あなたの目を信用していらっしゃらない訳ではないでしょうが、
20数年の経験より、50数年の経験の方が確かかもしれません。

大切な彼なら、事を急がず、御両親にも何度か会っていただき、少しずつ、御理解をいただけるようにしてください。

最初つまずいてしまうと、後々しこりが残らないとも限りません。

余計なお世話でした。ごめんなさい。
お幸せを願っております。

ANo2の方がおっしゃっているように、私が結婚する時(30年前)はよく行われていました。
興信所に頼んだり、お母さんが聞き合わせをされる方もあったようです。
どちらが多かったかは分りません。

しかし、地方にもよるかもしれませんが、私の友達で、子供のことで、聞き合わせをしたり、興信所にかけたりしたと言う人は、聞いたことがありません。

私たちの時代は、お見合いをして2.3回会っただけで結婚、と言うことも珍しくなかったでしょうが、今は、御本人たちも、何度もデートを重ねて御自分の目で確...続きを読む

Q部落出身かどうか調べるって・・・。

 今日彼と話してたんですが、彼の親は、私が部落出身者でないかどうかを調べるっていうんです。彼は怒って親と口も聞いてないみたいです。私は自分がそうなのかどうかは全くわからないけど、もしそうだとしたら結婚は無理なのかなぁ・・と考えてしまって悩んでいます。調べるってどういう方法があるのですか?彼との話で「部落出身者は他の地区の人と結婚できないから身内同士で結婚したりするらしい」って言ってたんですけど、うちの親戚も身内同士で結婚したりしているし、また私の両親はかなり田舎の出身なのでもしかして・・・って思ったりします。なんか自分がこういうのを気にしないといけないっていうのがすごく悲しいです。引越ししていても調べたら分るものなのですか? もし私の文章を読んで気分を悪くされた方がいらっしゃったら申し訳ありません。無知なので何もわかりません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

私の父は探偵をしているため、娘(あるいあh息子)の結婚相手を調べて欲しいという親からの以来がとても多いです。
つまり部落出身かどうか。
それは、住民票をみます。
住民票は手書きです。
同和地区の住所というのが昔ありました。
それが同和地区差別を無くそうってことで
住所を変えたり引越ししたりします。
そういう方が非常に多いので
いちいち全部の住所を書き直してられないため
一部分に二重線を引っ張って住所を一部分手書きで訂正します。同和地区の差別反対が起こってから
昔、急速にその作業が行われました。
その修正をしているかそうでないかで
分かるそうです。
あくまでも同和出身を調べる一つの手段であるため
これだけで分かる場合も有るし
分からない場合も有ります。
以上、父から教えてもらったことです。

Q結婚前に身辺調査された方いらっしゃいますか?

彼の母親に、私の身辺調査をされました!!

彼とは来年2月に結婚が決まっています。
挨拶に伺った時に「ちょっと一癖ありそうな母親だなぁ」とは思ったのですが、まさかそんなことされるなんて・・・。
私は四国の田舎に住んでますが(彼は隣県です)母の話では、確かに昔はそういうことする人もいたそうです。
でも今はもう時代が違うし、ご近所でも「した・された」の話を今まで一度も聞いたことがありません。
今回の場合は彼の母親がうちのご近所に聞いてまわったらしいのですが。

聞いてまわられたこともかなりショックだったのですが、たんなるご近所の噂を鵜呑みにされたこともショックでした。
うちは田舎なので、家族構成から、兄弟は今どこで何をしている、昔何してた等などご近所はみんな知っています。
でも、ほんとに仲のいい今でも交流のあるご近所は「本当のこと」を知っていますが、幼い頃以降交流のないご近所はただの噂しか知らないのです。

私は、短大時代から付き合っていた元カレと24歳の時から2年間だけ他県で同棲をしました。
付き合いも長かったのでそのまま結婚するつもりでしたが、元カレの度重なる浮気が原因で別れて実家に戻ってきました。
その事実が何故か「他県にお嫁に行ったのに離婚して出戻ってきた」になっているらしいのです。私は一部のご近所からそんな目で見られていたのかとショックでした。

それを彼の母親が彼に報告したそうです。
「お互いが納得しているならそれでいいと思うけどぉ」と。
納得?!!!何に?!!!
彼はもちろん私のことを100%信じてくれているので、母親のこの行動に激怒し、怒りまかせに家を飛び出し、夜遅い時間ではあったのですが私の家に来てそれを教えてくれました。
「いずれ近所から耳に入るよりは直接言っておいたほうがいいかと思って」ということで。

本当にショックが大きくて少しパニックです・・・。
自分の母親と姉に話したら、姉が結婚に反対し始めました。
「そんな姑では将来絶対苦労する。やめときなさい。」と。
彼のことはとても大好きなので「別れる」という選択肢は無いのですが、確かにあの姑では将来色々不安です。
結婚の挨拶に行った時にいきなり同居の話をされ、彼に「最初は二人で暮らす」と言ってもらうということがあったのですが
今回のことがあってから彼に「もう同居は一生無理。二世帯住宅でも無理。」と伝えました。
彼も「それでいいよ。僕も無理。」と同居しなくてもいい約束はしてくれましたが、正直心中穏やかではありません。
彼の母親とも、今後どんな顔して会えばいいのかわかりません。

すみません。自分の心が乱れているのでうまく文章にできず、言いたい事がちゃんと伝わっているかどうか心配ですが、疑問点あれば補足します。
色々ご意見、アドバイスお願い致します。

彼の母親に、私の身辺調査をされました!!

彼とは来年2月に結婚が決まっています。
挨拶に伺った時に「ちょっと一癖ありそうな母親だなぁ」とは思ったのですが、まさかそんなことされるなんて・・・。
私は四国の田舎に住んでますが(彼は隣県です)母の話では、確かに昔はそういうことする人もいたそうです。
でも今はもう時代が違うし、ご近所でも「した・された」の話を今まで一度も聞いたことがありません。
今回の場合は彼の母親がうちのご近所に聞いてまわったらしいのですが。

聞いてまわられた...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さまと同じ四国の田舎に住んでいます。

私も、結婚前に(恋愛結婚でしたが)夫の母親が私や家族のことを聞いて回っていたようです。
これは近所の方が「お宅のことを聞く人が訪ねてきたわよ」と教えてくださいました。
当地では『聞き合わせ』と言い、結婚前にはよくあることのようです。
しかし、あまりいい気はしませんでしたねぇ。
その上『釣書』と呼ばれる、学歴や職歴、母の出身地まで記したものを書いてくれと言われました。
知られて困ることなど何も無かったので言われるがままに書きましたが、見下されている感じで母と憤慨したものです。

質問者さまのお姉さまが結婚に反対なのも今の私なら分かります。
結婚後、姑とは別居でしたが、夫は事あるごとに姑の味方で、姑のことだけが原因ではありませんが、結果的に離婚という形になりました。

彼のお義母様がどのような感情で、聞き合わせをしたのかは分かりませんが、愛する息子の選んだ人をあれやこれやと調べたてるというのはやはり許しがたいことだと思います。

質問者さまも、悩んでおいでとは思いますが、今一度、彼とよく話し合っておく必要がありますね。
場合によっては、質問者さまのご両親とかお姉さまに同席してもらって「将来なにがあっても姑と同居はしない」と明言してもらうのもひとつの手だと思います。

せっかく「結婚したい!」という方にめぐり合えたのですから、後から後悔することのないよう、しっかり話し合って、納得し合ってください。

同じ四国の空の下で質問者さまのお幸せを祈っていますね。

質問者さまと同じ四国の田舎に住んでいます。

私も、結婚前に(恋愛結婚でしたが)夫の母親が私や家族のことを聞いて回っていたようです。
これは近所の方が「お宅のことを聞く人が訪ねてきたわよ」と教えてくださいました。
当地では『聞き合わせ』と言い、結婚前にはよくあることのようです。
しかし、あまりいい気はしませんでしたねぇ。
その上『釣書』と呼ばれる、学歴や職歴、母の出身地まで記したものを書いてくれと言われました。
知られて困ることなど何も無かったので言われるがままに書きまし...続きを読む


人気Q&Aランキング