ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

デリダの差延の概念で、リベラリズムとリバタリアニズムの違いとか、新自由主義と新保守主義の違いとか、そういう政治・経済用語の微妙な違いを説明することはできませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

差延の概念はデリダのフッサール批判である「声と現象」で初めて言われた考えで、差異と時間的なズレを合成したものです。


差異はすでに言語学者のソシュールが言語の意味は「語と語とのネガティヴな差異から生じる」と言っていたことに由来し、ソシュールのいう言語の性質、パラディグム(範型)とシンタグム(文法)の内のパラディグムに相当し、1つの語の意味はその家族類似の他の語との差異によって、生じる、ということ。
たとえば、猫は犬や猿や他の動物との差異によって成り立っているということです。
デリダはフッサールが自我は根源的な声から生じると言ったのに対して、意識と意識の差異から生じる、しかも時間的なズレから生じると言って批判しました。
言い換えると自我という実体は存在せず、それは「差異の戯れ」なのだということ。

このようにデリダの差延はフッサールをはじめとする近代哲学の根源が存在するという思想に対する批判として持ち出されたもので、リベラリズムとリバタリアニズムの違いとか、新自由中主義と新保守主義の違いに応用できるものではありません。
もともと哲学の中の自我とか心に対する批判として言われたもので、それを政治・経済問題の微妙な違いを説明するのに使えるとは思えません。

もし、使えるというのなら、デリダの「声と現象」をぜひ読んでみてください。
たぶんそれを読んだなら、あなたのイメージする差延とはまったく違うことが分かると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、私の理解が浅すぎたようです。もっと、ちょっとした創意工夫で応用できるような概念ではないか?という期待があったのでガックリでしたが…詳しい解説をいただき、ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/02 22:20

直接の回答ではありませんが、まず、この手の話では「何を定義して言っているか」を明確にしないと無意味です。




例えば、新自由主義と言っても、ネットで議論されている「新自由主義」は定義が怪しいものが多いです。

デヴィッド・ハーヴェイの新自由主義の定義によれば、「"自由競争"の大義名分を掲げつつ、実際には"不公平な競争"を助長するものであり大企業優先の国家介入を指す」との事。


ネットでよく言われる、「自由競争をするのが新自由主義」とは全く逆の意味になりますね。




wikiにも「新自由主義の代表的な論者であるフリードリヒ・ハイエク[27]、ミルトン・フリードマン、デヴィッド・ハーヴェイ[28]、ノーム・チョムスキー[29]などによる説明の間でも、新自由主義の意味に合意は見られないため、偏見や曖昧さの無い新自由主義の定義の作成は困難である。」と書いてある通り(ハーヴェイは、結構明確にしてるんだが)、提唱する人によって定義が異なります。




だから、同じ「新自由主義」でも「○○の提唱する新自由主義の定義によれば」と言うように、定義を確認しないと議論がちんぷんかんぷんになります。


当然、比較もちんぷんかんぷんな事になります。


新保守主義も同じです。新自由主義に関しては、誰かの提唱する定義を紹介できるほど、私は詳しくありませんが、その学者によって定義は異なるでしょう。
    • good
    • 0

差延の本質は、主体との相対的関係性に由来する。


しかし、主体の根源である自覚自体が、その根拠である
「現在」を失い、「記憶(過去)」による「予測(未来)」
として得られる場合、あえて差延を主張する=先入的な
存在性を疑うのは、今さらな古典的な努力である。
「存在とは、存在しない事が分からない事」であり、
量子的相補性を成す時間軸と空間軸の虚数関係が、
自我仮説(記憶(時間の流れ)=過去=超光速)と時空
仮説(予測(空間の広がり)=未来=光速下)の相補分化
である時、存在の根拠となる現在(実体)はどこにも
なく、差延自体が実体なのだ。

政治・経済用語は、そうした幻想の上に成り立つ思い
込みの概念(人間の作ったもの)なのだから、信じる
事でのみ成り立つものであって、差延の適用など必要
としない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q差延と、〈差異と反復〉

デリダのいう「差延」と、ドゥルーズのいう〈差異と反復〉が同じことを指しているように思えてしまうのですが、どなたか詳しい方、この二つの概念の違いをご教示いただけませんでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お早う御座います。
なかなか難しい問題で、やはり回答がすぐつきませんね。
私もど素人ですから、専門家の回答を待っていたのですが。

取り敢えず、個人的な感想としては、
「同じようなものを、別の切り口で見ている」とか「前者が作用に中心をおき、後者が作用内容に中心をおいている」といった感想ですが、全く自信無です。

そこで、すでにご存知かもしれませんが、一冊の本をご紹介して、回答とさせていただきます。

「ベルクソン読本」法政大学出版局

この本は、当然、ベルクソンの解説本ですが、後半に、「ベルクソンとフッサール」「ベルクソンとデリダ」「ベルクソンとドゥールズ」といった小論文が掲載されています。これらの諸論文が、ベルクソンの持続との関わりで、差異と反復・差延・強度といった概念の説明をしています。それと、この本は色々な人の論文が載っており、専門の研究者を探すにも便利かと思います。
例えば、「ベルクソンとドゥールズ」の著者の檜垣さんは、ドゥールズが専門のようで、彼の他の本を当たる事もできるかと思います。

ご紹介した本は、個人的には、難しすぎて、重箱の隅をつついているような感想ですが、専門にやられる方なら、理解できるかもしれませんのでご紹介してみました。

すでに、ご存知でしたら、失礼しました。

お早う御座います。
なかなか難しい問題で、やはり回答がすぐつきませんね。
私もど素人ですから、専門家の回答を待っていたのですが。

取り敢えず、個人的な感想としては、
「同じようなものを、別の切り口で見ている」とか「前者が作用に中心をおき、後者が作用内容に中心をおいている」といった感想ですが、全く自信無です。

そこで、すでにご存知かもしれませんが、一冊の本をご紹介して、回答とさせていただきます。

「ベルクソン読本」法政大学出版局

この本は、当然、ベルクソンの解説本ですが、後半に...続きを読む

Qデリダの哲学とは!?

デリダの哲学のエッセンスを、なんとか中学生にも分かるくらいのレベルで解説していただけませんか?

Aベストアンサー

 よく使われる哲学的表現に、自分と「自分」があります。「」なしの自分は実際の自分で、カッコつきの「自分」はOOだと思われているレッテルを貼られた自分です。他人がレッテルを貼るときもあれば、自分でレッテルを貼るときもあります。同様に、ものと「もの」も使い分けられます。

 私たちが考える「もの」とは、常にそれ自身から遅れています。しかし、私たちは、「もの」はつねにひとつの同じ「もの」だと考えてしまいます。デリダはこのように「もの」が安定して目の前にあるように見なす態度を批判します。この偽〔いつわり〕の安定を取り除かなくてはならないと主張します。
 偽りの安定を打ち破るためにデリダが持ち出したのが、脱構築〔だつこうちく〕と呼ばれる独特な方法概念でした。外側から壊すのではなく、内側から変化させるものです。男と女、人間と自然などのような二項対立に揺さぶりをかけ、意味の内側から、これまで受け入れられてきた意味を書き換えてしまうのです。

 デリダの前から“差異”という言葉は使われていました。イヌとオオカミの違いは?。では、ヤマイヌとは?私たちがものを識別しているのは差異によってですが、その区切り方によってはちがう名前がついてしまいます。ところがそのイヌでさえ、さっきまでの「イヌ」は、いまの「イヌ」とは違っているという点を考慮していません。このことをデリダは、空間的な差異と時間的な遅延の2つの意味をあわせもった、差延〔さえん〕という造語で表現しました。

 では、脱構築の例は、どう言えばいいのでしょう。OO主義を批判して、『OO主義はよくない!』と叫ぶのではなく、『OO主義はいいね!』と言いながら、OO主義の意味する中身を変えてしまう、といったことではないかと思います。・公共事業を批判するのではなく、公共事業の意味する中身を変えてしまうようなことです。

 私たちは、すでに文化の仕組みの内側に入っています。だから外に出たと思っても、それは幻想かもしれません。この時代の、この世界の常識の枠からはみ出して考えることはできないのかも知れません。・脳のある部分の役割が何であるのか表現しようとしても、今流通している表現でしか考え付きません。右脳は空間認識と感覚をつかさどり、左脳は理論と言葉をつかさどる。そうでしょうか。右脳は新奇性をつかさどり、左脳は慣例をつかさどると表現し直されたりしています。

 ・『ねぇ、仕事が大事なの、私が大事なの?』という質問には、そのまま答えず、二項対立の構造自体を崩すように答えるのが賢い答え方ですネ。

  ・ジャック・デリダと言えば、“差延”と“脱構築”を押さえておけばいいでしょう。

 ・は僕の独自の理解・見解・例です。
 

 よく使われる哲学的表現に、自分と「自分」があります。「」なしの自分は実際の自分で、カッコつきの「自分」はOOだと思われているレッテルを貼られた自分です。他人がレッテルを貼るときもあれば、自分でレッテルを貼るときもあります。同様に、ものと「もの」も使い分けられます。

 私たちが考える「もの」とは、常にそれ自身から遅れています。しかし、私たちは、「もの」はつねにひとつの同じ「もの」だと考えてしまいます。デリダはこのように「もの」が安定して目の前にあるように見なす態度を批判し...続きを読む


人気Q&Aランキング